旧 SSナビ(移転しました)

2chなどに投稿されたSSをまとめていきます。
まだ数も少なく試行錯誤の段階ですが、毎日記事を上げていくのでよろしくお願いします。

進撃の巨人

エレン「ここのお茶は美味しい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 00:37:58 ID:fRtP0d.M
「失礼…します」

部屋にはいると呼び出し人はすぐ左にいた。反射的に右に飛び退く。

「昨日、見たね」
「あ、あのっ」
「見たね?」

真顔でジリジリと距離を縮められる。

そして、

ドアを閉められた。

ーーーーーー
ーーーーー
ーーー
続きを読む

ユミル「お前は見すぎだ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 08:32:49 ID:DYGZbwBs
ユミル「一部に偉い勘違いされてんぞ」

アルミン「そんなに見てるかな?」

ユミル「無自覚か」

アルミン「いや、自覚はあるんだけどさ」ハハ…

ユミル「なんだ、一部の勘違いじゃなかったか」

アルミン「…わからない」

ユミル「はあ?」

アルミン「時間がありすぎたんだよ 」

ユミル「成る程な。見すぎた結果、感情は迷子か」
続きを読む

ハンジ「THE Reluctant Hero」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/30(水) 21:27:55 ID:71j5jSnU


その日、彼は眉根を寄せ、
ひたすらに押し黙っていた。

何処の誰から見ても、
明らかに不機嫌そうな顔をしていたように思う。

それは彼の上官、まぁつまるところ、我が兵団の団長殿から、
“人類の英雄”は今回の作戦で直接の戦闘には参加せず、
目立った行動を控えるように、との命を受けたからだ。

――もちろん、機嫌を損ねる気持ちは分かる。

仲間が命を賭して戦おうとしているさなか、
自分だけが何もせずじっと耐えていなければならないというのは
心臓を捧げた兵士として、もどかしいことこの上ない。
続きを読む

アニ(8)「身長ちょうだい」 ベルトルト(8)「えぇー…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/11(金) 21:48:55 ID:mwoL1C1A
ネタバレ・捏造あり


【故郷】


ベルトルト「無理だよ…」

アニ「…ケチ」

ベルトルト「ケチって……。なんで急にそんなこと」

アニ「理由なんてどうでもいいでしょ。いいじゃないか、私より大きいんだし」

ベルトルト「アニと僕、そんなに背変わらないよ…? 欲しいならライナーに頼みなよ。僕より高いよ」

アニ「」ピクッ

アニ「今ライナーって言った…?」ゴゴゴ

ベルトルト「え」ビクッ
続きを読む

エレン「ストレッチマン?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/28(月) 22:21:12 ID:ofk8VeHo

チャチャチャチャー♪ チャッチャッチャー♪


ス ト レ ッ チ マ ン !!!



※キャラ崩壊注意
続きを読む

エレン「お前ら、ナニヤってるんだよ!」

1: ◆GYnj2iSHgw 2013/10/25(金) 22:49:00 ID:YE3giQ/Y

エレン「はぁ、暇だな。ミカサもアルミンも掃除当番かよ」テクテク

エレン「心配だな。ジャンも同じ当番らしいし」テクテク

エレン「確か、掃除場所って『第一倉庫』だったよな・・・あ、ここじゃん」

エレン「・・・別に掃除を手伝うくらい良いよな? よし」ソーッ

『ひゃっ!? もう止めて・・・ひっ、ちょっ、あぁ!』

エレン「」

エレン(え? なにこの声?)

『そこは・・・ダメだっ、てばぁ・・・』

エレン(何で喘ぎ声が聞こえんだよ!?)

『あっ・・・うぅ・・・』

『止めてほしいのなら、やり返せば良い』

『そ、それはっ』

『出来ない? アルミン』

エレン(ってアルミンかよぉぉぉ!?)
続きを読む

ユミル「雨下の密会」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/22(火) 21:24:56 ID:WyCeRqIY
私には日課がある。

と言ってもここ一月程度のことだが、それでも一日たりとも欠かしていない。

消灯前の点呼を行う15分前。足を向けるのは今はもう使われていない物置小屋の裏だ。

こんな時間にこんな場所、訪れる者などいるはずもない。

だが私は知っている。そこに先客がいることを。

……ほら、やっぱり。

私より早く来ていたその男は、私が到着したことに気付くと顔を綻ばせ、

「ユミル」

そう名前を呼びながら、私を強く抱きしめた。
続きを読む

モブリット「分隊長を独り占め!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 20:54:41 ID:4xTJNmD2

※モブハンです

以前に書いた、モブリット「分隊長と二人きり!?」 の続きです
前作を簡単に言うと、ラッキースケベにより2人がデキてしまったお話
エロはほとんど無いですが、それっぽい表現が多々出てくるので注意
そんなに長くはならない予定です
続きを読む

ミカサ「立体起動選抜対抗戦」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/22(火) 05:37:17 ID:57F2j0LU
エレン「なんだそれ」

アルミン「そのままの意味だろうね」

ミカサ「…リーダーになっているのはなぜ」

エレン「あっオレの名前もある」

アルミン「1位2位をリーダーにして、去年の10位までを割り振ってるみたいだね」

エレン「なるほどな」

ミカサ「エレンと離れてるのはなぜ」

アルミン「ミカサは群を抜いてるから6位以下と一緒なんじゃないかな」
続きを読む

ベルトルト「屋上的隠れ家」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/19(土) 07:50:55 ID:rzgfgnqg
ユミル「第一発見者はベルトルさんか」ヒョコ

ベルトルト「こんなとこでなにしてるの」

ユミル「話はあとだ、とりあえずこっちきてしゃがめ。目立つ」

ベルトルト「わかった」ヨッ

ユミル「雨どいのフチは踏むなよ。脆いか」
パキ
ユミル「ら…割れる」

「………」

ユミル「黙っててやるよ」

ベルトルト「頼むね」
続きを読む

ベルトルト「見守っトルト」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:24:15 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「休日の昼休み、僕は暇なのである程度離れたところから、いちゃつくライナーとクリスタを見ていたらユミルが来た」

ユミル「は?何言ってんだ?」

ベルトルト「僕に会いにきたの?」

ユミル「別に?偶然会っただけだろ」

ベルトルト「そっかー残念」

ユミル「…つーか、ベルトルさんは何してんだ?」

ベルトルト「ライナーとクリスタを見守っトルト」

ユミル「なんかいらっとした」
続きを読む

エレン「いっただろ?お前は俺が守るって」

1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/07/04(木) 00:58:20 ID:kCeRbqn2
二作目の投稿です!

・エレアニです

・キャラ崩壊はあまりないです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~食堂~


エレン「なぁアルミン?最近おもったんだけどよ・・・」

アルミン「どうしたんだい?」

エレン「なんか、俺ら以外の104期生があからさまにアニを嫌ってないか?」

アルミン「うん・・・僕も思ってたよ。なぜだろう?」

ミカサ「悪質な嫌がらせが酷くなってるらしい」

エレン「悪質って?」

ミカサ「休暇の日とかはみんな部屋を留守にすのだけど・・・その時にアニの服だけゴミ箱に捨てられてたりする」

エレン「ひっでーな・・・」

アルミン「さすがにやりすぎだね・・・」
続きを読む

エレン「ミカサがかわいい」ライナー「アニがかわいい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/17(木) 01:10:07 ID:DJjAqHJI

エレン「ミカサがかわいい」

ライナー「アニのほうがかわいい」

エレン「いや、ミカサのほうが」

アルミン「やめなよ2人とも…どっちにも良さがあるよ、…ベルトルトもそう思うでしょ?」

ベルトルト「アニがダントツかわいい」

アルミン「……ミカサのほうがダントツかわいい」

4人「ムムム」
続きを読む

エレン「アニ救出作戦」

1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/06/30(日) 16:20:16 ID:wmoKSsS.
~壁内~

エレン「アルミン!」スタッ

アルミン「え、エレン!?君はライナーとベルトルトに・・・」

ライナーベルトルト「・・・」

アルミン「ライナー・・・ベルトルト!」ギリッ

エレン「アルミン!詳しい話はあとで話す!今言えることは・・・」

アルミン「・・・?」

エレン「あいつ・・・アニの力が必要なんだ!」

アルミン「なっ・・・!」
続きを読む

ベジータ「このベジータ様がこの世から巨人どもを消し去ってやるぜ!!」 後半

505 : ◆M4ay13U.3s :2013/05/24(金) 20:21:46.31 ID:Ich8tAmNo


・ ・ ・ 

ベジータ「貴様らもだんだんと実力をつけてきたようだな」 

ジャン「当たり前だ!あんな地獄の訓練をこなしたら嫌でもそうなるぜ!」 

コニー「平気で空だって飛べるようになっちゃうんだもんなぁ」 

サシャ「今なら巨人が相手だって素手で倒せちゃいそうな気がしますよ!」 

ジャン「ちげぇねえ!鎧の巨人だろうが超大型巨人だろうが何でも来いって感じだぜ!!」 

ベジータ「ほう?それは良いことを聞いた」 

ジャン「・・・へ?」 


ベジータ「今回の訓練は巨人狩りだ。無論本物のな」 

ジャン「・・・は、はああああああああああああああああ!?!」

続きを読む

ベジータ「このベジータ様がこの世から巨人どもを消し去ってやるぜ!!」前半

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/19(日) 23:05:37.65 ID:GFTtnJ9Ho
ベジータ「く、くくくくく、くーはははははは!!!とうとうこのオレもスーパーサイヤ人3になることが出来たぜ!!」 

ベジータ「カカロットの時代ももう終わりだ!!俺がナンバーワンになる時が来たぜ!!」 

ベジータ「くふふ・・・さぁ、とりあえずこの精神と時の部屋を抜け出すか」 

ベジータ「スーパーサイヤ人3になった今、次元の穴を超えてここから抜け出すことが出来るはずだ」 

ベジータ「ふんっ!!」シュインシュインシュインシュイン!! 

ベジータ「だぁあああああああああ!!!!!!」ドガァアアアアアアアアアアアアア!!!!! 





ベジータ「よし!穴が開いたぞ!!待ってろブルマ!!今帰るからなーー!!!!」


続きを読む

アルミン「過去の話と未来の話」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/13(日) 21:06:20 ID:R1dRlW.A
ベルトルト「思い出話でもしようか」【短編】

↑の続きみたいなもの。
何もかも本当にあり得ない展開になる予定。
先に謝っとくごめんなさい。


※シリーズものですがここからでも読めます、ベルトルトとライナーが捕まって監禁されているという設定です



 
続きを読む

ミカサ「104期生女性陣……!!ダイエットしよう」

1: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 18:06:59 ID:aBPU4VrY

ミカサ(……世の中の可愛いって思われる女の子は、皆軽いのね)
続きを読む

ジャン「クリスマスは」ミカサ「空いている」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 21:14:18 ID:PmHECcio
ヤマなしオチなしss
オマケで少しユミクリ
続きを読む

ライナー「イジメ・・・でありますか?」

2 : ◆51UnYd7yHM  :2013/04/30(火) 23:42:26.92 ID:8fRSg4SAO

―訓練場 対人格闘術― 

ミカサ「エレン。ちょっと、こっちを向いて。」 

エレン「んっ? 何だ?」クルッ 

ミカサ「前髪にゴミがついてる。」 

エレン「えっ? あぁ。多分、さっきジャンに倒された時だな。」 

ミカサ「少し、じっとして。」サッ 

エレン「う、うん。」 

ミカサ「もう少しで・・・・・・。」サワサワ 

ミカサ「・・・取れた。」 

エレン「おっ、サンキュー。」 







アニ「・・・。」ジィー 

ライナー「何やら嫌な予感g」 

ガシッ 

ライナー「えっ?」 


続きを読む
お知らせ
サイトを移転しました。 新しいURLはこちらになります SSなび
http://ss-navi.com/
記事検索
スポンサー
メッセージ

名前
本文
他社サイト紹介