旧 SSナビ(移転しました)

2chなどに投稿されたSSをまとめていきます。
まだ数も少なく試行錯誤の段階ですが、毎日記事を上げていくのでよろしくお願いします。

ベジータ

ベジータ「な…たった一晩で全ての家庭にプレゼントを配るだと?!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24 16:50:21 ID:Yz0HTjTM0
ベジータ「なんてスピードとスタミナだ……」

トランクス「え?」

ベジータ「そのサンタってヤローはどこにいやがるんだ!」

トランクス「そ、そんなの知らないよ
      聞いてどうするの?」

ベジータ「フン、決まっているだろう
     サンタが一体どれほどの力を持っているのか試してやる」

トランクス「え?」

ベジータ「まぁ知らないのなら仕方ない」スッ

トランクス「ちょ、どこ行くの?」

ベジータ「……それほどのパワーの持ち主ならばカカロットの奴が何か知っているはずだ…」ヒュイン

トランクス「あ、パパ!…ちょっと…
      ……行っちゃった」
続きを読む

ベジータ「地球へ向かうぞ」ナッパ「ラディッツを生き返すんだな?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/05(木) 04:01:28.14 ID:Yg78MA0JO
ベジータ「ああ、勿論だ。俺達は数少ないサイヤ人だからな」

ナッパ「地球人如きが…きっと卑怯な手を使ってラディッツを殺しやがったんだ!許せねえぜ…!!ラディッツが味わった痛みを奴らにも教えてやる!」

ベジータ「泣くなナッパよ。ほら、涙を拭け…」

ナッパ「へへ……すまねえ、ベジータ…」
続きを読む

ベジータ「今日はここまでにするか」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/23(水) 20:43:02 ID:9t60Lab2
ベジータ「もうそろそろ俺は限界だ・・・ハァ・・・ハァ・・・」


悟空「そ、そうだな・・・・オラももう疲れたぞ・・・」


ブルマ「全く・・・・あんたたち働きもせず修行ばっかりできるわね・・・」


悟空「やべぇ、もう晩飯の時間じゃねぇか!
   おらハローワーク行ってることになってんだ!!
   早くけぇらねぇと!!」シュンッ
続きを読む

悟空「チチがぱそこんっちゅうもんを買ってきたぞ」

1: ID:DB/4+QJr0 2011/05/30 19:55:32 ID:XH16al6Y0
悟空「なんだこれ?」

チチ「悟空さ、いくらいっても働かねえだ。だから今都会で話題の「ぱそこん」を買ってきてやっただ」

悟空「ただの箱じゃねえか・・・?」コンコン

チチ「こら!ぱそこんは精密機械なんだ!ゴクウさのパワーで叩いたら壊れちまうだ!」

悟空「ひえ~!すまねえチチ で、これでなにすんだ?」

チチ「これつかって仕事さがすだ!これなら簡単にみつかるってブルマさんがいってただよ」

悟空「仕事ってあの面接っちゅう嘘つき大会か・・・」

悟空「悟飯に操作教えてもらおっと」
続きを読む

悟空「オラ、この世界を滅ぼす」

1: ◆kOHjepsWtM 2011/10/17 23:51:36 ID:jjIEPoUaO
ウーブに修業をつけた悟空は久々に家へと帰ってきた。

家に帰った悟空は相変わらず修業→飯→風呂→寝る→修業の武道家(ニート)の日々を過ごしていた。
そんなある日

チチ「悟空さ~、ちょっと~」

悟空「おう、なんだぁチチー」

チチ「これわりーけど町までいって税金さ払ってきてくんろ」

悟空「あ?税金?なんだそれ?」

チチ「えー?わかっただ。いいからこの書類とお金を持って町の区役所に行って払ってきてくんろー」

悟空「わかったよー。とにかく払ってくればいいんだな。

やれやれ、なんだかわかんねーけど行ってくるか」
続きを読む

ベジータ「このベジータ様がこの世から巨人どもを消し去ってやるぜ!!」 後半

505 : ◆M4ay13U.3s :2013/05/24(金) 20:21:46.31 ID:Ich8tAmNo


・ ・ ・ 

ベジータ「貴様らもだんだんと実力をつけてきたようだな」 

ジャン「当たり前だ!あんな地獄の訓練をこなしたら嫌でもそうなるぜ!」 

コニー「平気で空だって飛べるようになっちゃうんだもんなぁ」 

サシャ「今なら巨人が相手だって素手で倒せちゃいそうな気がしますよ!」 

ジャン「ちげぇねえ!鎧の巨人だろうが超大型巨人だろうが何でも来いって感じだぜ!!」 

ベジータ「ほう?それは良いことを聞いた」 

ジャン「・・・へ?」 


ベジータ「今回の訓練は巨人狩りだ。無論本物のな」 

ジャン「・・・は、はああああああああああああああああ!?!」

続きを読む

ベジータ「このベジータ様がこの世から巨人どもを消し去ってやるぜ!!」前半

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/19(日) 23:05:37.65 ID:GFTtnJ9Ho
ベジータ「く、くくくくく、くーはははははは!!!とうとうこのオレもスーパーサイヤ人3になることが出来たぜ!!」 

ベジータ「カカロットの時代ももう終わりだ!!俺がナンバーワンになる時が来たぜ!!」 

ベジータ「くふふ・・・さぁ、とりあえずこの精神と時の部屋を抜け出すか」 

ベジータ「スーパーサイヤ人3になった今、次元の穴を超えてここから抜け出すことが出来るはずだ」 

ベジータ「ふんっ!!」シュインシュインシュインシュイン!! 

ベジータ「だぁあああああああああ!!!!!!」ドガァアアアアアアアアアアアアア!!!!! 





ベジータ「よし!穴が開いたぞ!!待ってろブルマ!!今帰るからなーー!!!!」


続きを読む

一方通行「あン?二次元に行ける能力だァ?」 

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/07 20:25:44 ID:35IP+EUt0
ラストオーダー「そうなんだよって、ミサカはミカサは言ってみる!」

一方通行「有り得ねェだろーが……演算とか以前のレベルだそりゃ」

ラストオーダー「ところがどっこい!佐天おねーちゃーん!」

佐天「あ、どーもー……」ガチャッ

佐天(怖っ!?目つき悪っ!)

一方通行「……誰だコイツ」

ラストオーダー「お姉さまのお友達なんだよって、ミサカはみs」

一方通行「オリジナルのダチかよ……うぜぇ」

続きを読む

ベジータ「緊急事態だ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/16 19:22:02 ID:bGjhhb4J0
ベジータ『フリーザに兄と父親がいることが判明した!!』

悟空「フリーザの!?」

ラディッツ「なんだ、カカロット!?フリーザがどうした!?」

ベジータ『どうやらフリーザと連絡が取れなくなったことをに気付いて、捜索しているらしいんだ!」

悟空「なんてこった・・・!どうすんだよ、ベジータ!?」

ベジータ『とりあえず、俺とナッパは今全速力で地球に向かっている!ターレスとターブルにも連絡を入れておいたから、じきに到着するはずだ!』

ラディッツ「勘違いするなよ、カカロット」の続編です



続きを読む

ラディッツ「勘違いするなよ、カカロット。」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/28 17:15:01 ID:pjfj03Yj0
ラディッツ「俺はお前に敵対する意思はないぞ。ただ、お前を仲間に引き入れる為に来ただけだ。」

悟空「オラ、おめぇの仲間になんかなんねぇぞ!」

ラディッツ「そう言うな。今はもう血の繋がった、たった二人の兄弟だろう?」

悟空「オラに兄貴なんていねぇさ。オラは地球人、孫悟空だ!」

ラディッツ「まぁ聞けカカロット。」

悟空の兄と名乗るラディッツは、フリーザの事を悟空に話した。この物語は、サイヤ人の結束力がもたらす、あったかもしれない話、である・・・

続きを読む

ナッパ「ちっくしょおおぉーーー!!ちっくしょおおおぉ!!!」プチッ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/28 20:02:44 ID:NcE3eu96O
ズギャオッ  シュインシュインシュイン

悟空「!?」

ベジータ「!?」

ナッパ「な、なんだこりゃあ!!?」

続きを読む

ベジータ「俺が・・・No1なんだ・・・!!」

1: 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 2011/05/24 22:01:44 ID:+GDl/lfd0
魔人ブウとの戦いから半年が経った

ベジータは悟空をNo1認めてからは、自身の限界を知るために相変わらず修行を続けていた

ベジータ「はっ・・・はっ・・・」グググッ・・・

ベジータ「ま、まだまだ・・・!!」

ベジータ「はぁぁああああああ!!!」バシュウウウ!!

ベジータ「ふっ、でやぁ、は!!」バッ、ビビビッ、シュン!!

トランクス「パパ、すごい頑張ってるなぁ・・・」

ブルマ「魔人ブウを倒してからは更に熱があがったみたいよね」

ベジータ(いつまでも、カカロットにいい格好ばかりさせていられん・・・!)

ベジータ(せめて、俺も奴と同じ境地に・・・!!)

続きを読む

ベジータ「サイヤ人の髪は不気味に変化などしない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11 14:14:04 ID:sw5gy3dJ0
ベジータ「地球人の髪は不気味に変化するらしいがサイヤ人はしない」

ベジータ「純粋なサイヤ人は頭髪が生後から不気味に変化したりしない」

ベジータ「俺は純粋なサイヤ人」

ベジータ「だから頭髪が生後から不気味に変化したりしない」

ベジータ「そう、俺は」

ベジータ「生後から頭髪が不気味に変化したりは……」

ベジータ「しない……はずなんだ……」

ベジータは洗面台の前でうなだれた。

トランクス(パパ……)

続きを読む

勇者「お、お前何者だ!」悟空「オラか? オラ孫悟空だ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/10 00:02:27 ID:GcKeit7v0
勇者「たあっ!」ザシュ!

賢者「勇者様、おみごと!」

武道家「これで全部ね」パンパン

僧侶「はふぅ……疲れましたぁ」

賢者「確かに疲れましたね……勇者様、そろそろ街に戻りましょうか」

勇者「そうだなーゴールドも貯まったし、戻って休むか! 武道家の装備も新調しなきゃだし」

武道家「アタシは別にいいって言ってるのに……」

勇者「お前この間もそんな事言って装備交換しなかっただろ。このあたりのモンスターは強いんだからちゃんと整えないと」

僧侶「勇者様の言うとおりですよ。いくら武道家さんが頑強でも、生身の人間の力には限度があるんですから」

賢者「それでは瞬間移動呪文を唱えましょう……ん?」

ゴゴゴゴゴゴゴ……

勇者「な、なんの音だ?」

続きを読む

ベジータ「ご……ご……ごく……」悟空「なんだ?ベジータ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/27 03:53:57 ID:iXJJHYSR0
ベジータ「!!な!なんでもない!貴様になど話しかけていないぞ!調子に乗るな!!」

悟空「?そうか?何怒ってんだよー変なヤツだなー」

ベジータ「ふん!」

クリリン「おーい悟空ー!!」

ヤムチャ「悟空ー!ちょっと来てみろよー!!」

悟空「おー!なんだー!?」

ベジータ「……」

ベジータ(……俺も悟空と呼んでみたい)

続きを読む

医者「悟空さん。よく聞いてください」 2

263:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]2013/03/21() 21:30:58.59 ID: ID:cpznA69rO

 

チチ「…そんな思い詰めたような顔していったい何の話だ? 失業でもしちまっただか?」

 

悟空「…いや、もっと重てえ話だ。チチ…おめえの体のことなんだけどよ。どうもガンっちゅー病気らしいんだ…」

 

チチ「……そっか、おらガンだったんだな…」

 

悟空「な…なんかあんまり驚いてねえみてえだな…」

 

 

続きを読む

医者「悟空さん。よく聞いてください」 1

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]2013/03/20() 01:27:24.11 ID: ID:uGx9f1cz0

 

医者「……チチさんはガンです。すでに全身に転移していて非常に危険な状態です」

 

悟空「ハハッ、大丈夫さ。後半年もすればドラゴンボールが復活するんだ」

 

医者「それがなんなのかはわかりませんが、チチさんの余命は持って後三ヶ月。とてもじゃないが半年は持たないでしょう…」

 

悟空「な…なんとかならねえのか?ほんの半年だけでいいんだ!」

 

医者「残念ですが…。あとは神に祈りましょう」

 

 

 

続きを読む

ベジータ「ここは地球ではないのか?」

以下、名無しが深夜にお送りします2013/04/15() 00:45:12 ID:JLH2GlqU

 

ベジータ「ラディッツの報告では都市開発は進んでいて緑の多い上等な星だと言っていたが…」

 

ナッパ「もしかしたらカカロットのやつが改心して殺ったんじゃあねぇか?」

 

ベジータ「それはあり得んな」

 

ナッパ「そう言えばスカウターの中に太陽系の資料を保存してたよな?」

 

ベジータ「…!それだ、なぜ今まで忘れていたのか」

 

ナッパ「・・・ぉお、あったあったなになに・・・」

 

 

続きを読む
お知らせ
サイトを移転しました。 新しいURLはこちらになります SSなび
http://ss-navi.com/
記事検索
スポンサー
メッセージ

名前
本文
他社サイト紹介