旧 SSナビ(移転しました)

2chなどに投稿されたSSをまとめていきます。
まだ数も少なく試行錯誤の段階ですが、毎日記事を上げていくのでよろしくお願いします。

ドラゴンボール

悟空「仕事が決まったぞ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10 20:57:14 ID:m5AQg5Gr0
チチ「どこに?」


悟空「この先の運送屋だぞ。3時には終わるから、
   その後8時まではハイウェイの工事のバイトも決まったぞ」


チチ「やっと決まったべか~。ハローワークに行った甲斐があったべ!!」


悟飯「よかったですねお父さん。」


チチ「ちょうどおっとうの財産もそこが付きそうになってたしよかっただよ」
続きを読む

悟空「ドラゴンボール縛りでニューゲーム」後半

756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 22:25:07 ID:fiBmuDsA0
――ここから三年、エイジ767年の人造人間襲来までの各勢力の動きを覗いてみよう 

~悟空一家~ 

チチ「はー悟空さの戦闘狂いが治ったと喜んでたのに……「オラより強い奴に会いにいくwwww」とか行って出て行ってしまっただ」 

悟飯「仕方ないですよ。じゃ、僕は勉強なんて余裕のよっちゃんなので、幼女ビーデルと戯れてきます」 

~とある荒野~ 

天津飯「はっ! はっ!」 

ピッコロ「まだまだ甘い!」 

天津飯(餃子……必ずカタキはとってやるからな) 

ピッコロ(孫が悪に落ちたなら、地球の害となったなら、俺は容赦なく撃つ!)



前回スレ:
悟空「ドラゴンボール縛りでニューゲーム」前半

続きを読む

悟空「ドラゴンボール縛りでニューゲーム」 前編

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/17 21:22:00 ID:2IZg6DNs0
悟空「えーと、今エイジ何年だっけ?」

悟飯「761年ですよ、お父さん」

悟空「もうちっとでラディッツがくるな……」

悟飯「対策を練らないといけませんね」
続きを読む

ギニュー「次の目標はメタモル星らしい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/23 04:02:45 ID:VPi+cEO60
ドォンドォンドォンドォンドォン!!!

パカッ

ギニュー「着いたぞ。ここがメタモル星か」

ジース「何にもない星ですね」

リクーム「おろ?俺たちの周りだけでっかい穴が開いてるぞ?変な星だな~」

バータ「そりゃ宇宙ポッドが着陸したときの穴だ!!」

グルド「なんでもいいけどよ、さっさと片付けちまおうぜ。俺は任務後のチョコレートパフェを毎回楽しみにしてんだ」

ギニュー「よーし、チョコレートパフェ食うぞ!」

特戦隊「おー!!」



メタモル星人1「な、なんだあいつら」

メタモル星人2「…さぁ?」
続きを読む

ベジータ「な…たった一晩で全ての家庭にプレゼントを配るだと?!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24 16:50:21 ID:Yz0HTjTM0
ベジータ「なんてスピードとスタミナだ……」

トランクス「え?」

ベジータ「そのサンタってヤローはどこにいやがるんだ!」

トランクス「そ、そんなの知らないよ
      聞いてどうするの?」

ベジータ「フン、決まっているだろう
     サンタが一体どれほどの力を持っているのか試してやる」

トランクス「え?」

ベジータ「まぁ知らないのなら仕方ない」スッ

トランクス「ちょ、どこ行くの?」

ベジータ「……それほどのパワーの持ち主ならばカカロットの奴が何か知っているはずだ…」ヒュイン

トランクス「あ、パパ!…ちょっと…
      ……行っちゃった」
続きを読む

ベジータ「地球へ向かうぞ」ナッパ「ラディッツを生き返すんだな?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/05(木) 04:01:28.14 ID:Yg78MA0JO
ベジータ「ああ、勿論だ。俺達は数少ないサイヤ人だからな」

ナッパ「地球人如きが…きっと卑怯な手を使ってラディッツを殺しやがったんだ!許せねえぜ…!!ラディッツが味わった痛みを奴らにも教えてやる!」

ベジータ「泣くなナッパよ。ほら、涙を拭け…」

ナッパ「へへ……すまねえ、ベジータ…」
続きを読む

ヤムチャ「ジョークぐらい言わせろよ・・・な。」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/15(月) 04:35:06.74 ID:A0qppQAI0
俺はそう言った後、かつて愛し合っていた相手に
安いコーヒー代を渡して、上品な喫茶店を後にした。
これは、今までの思い出代・・なんてつまらない事は言わない。
きっと言ったって、アイツは俺を止めなかっただろう。

外に出ると、雨が降っていた。
梅雨らしい、蒸し暑い温度と生ぬるい雨が俺を濡らす

・・・今日は、歩いて帰ろう。

丁度、女房役のお供も居ない。
知り合いが居ないこの街を俺は嬉しく思った。
今見られたら、なんて言えばいいかなんて俺にはわからない。
ブルマにしては気をきかせてくれたんだな・・。と、惚れていた女を無理に褒めてみた。


雨は一層激しくなるばかりだ。
早く帰らないと、そう思う反面、足は重い。
歩きながら俺は、静かに昔を思い出していた・・・。
続きを読む

ベジータ「今日はここまでにするか」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/23(水) 20:43:02 ID:9t60Lab2
ベジータ「もうそろそろ俺は限界だ・・・ハァ・・・ハァ・・・」


悟空「そ、そうだな・・・・オラももう疲れたぞ・・・」


ブルマ「全く・・・・あんたたち働きもせず修行ばっかりできるわね・・・」


悟空「やべぇ、もう晩飯の時間じゃねぇか!
   おらハローワーク行ってることになってんだ!!
   早くけぇらねぇと!!」シュンッ
続きを読む

悟空「チチがぱそこんっちゅうもんを買ってきたぞ」

1: ID:DB/4+QJr0 2011/05/30 19:55:32 ID:XH16al6Y0
悟空「なんだこれ?」

チチ「悟空さ、いくらいっても働かねえだ。だから今都会で話題の「ぱそこん」を買ってきてやっただ」

悟空「ただの箱じゃねえか・・・?」コンコン

チチ「こら!ぱそこんは精密機械なんだ!ゴクウさのパワーで叩いたら壊れちまうだ!」

悟空「ひえ~!すまねえチチ で、これでなにすんだ?」

チチ「これつかって仕事さがすだ!これなら簡単にみつかるってブルマさんがいってただよ」

悟空「仕事ってあの面接っちゅう嘘つき大会か・・・」

悟空「悟飯に操作教えてもらおっと」
続きを読む

ヤムチャ「ニュータイプ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/09 15:26:10 ID:a5yNX/z30
神様「うむ。過去のサイヤ人との戦闘でニュータイプに目覚めたようだ(DBZ第17話)」

ヤムチャ「そのニュータイプというのはいったい……?」

神様「簡単に言えば直感力と洞察力が優れた人の事だ。来るべきサイヤ人との闘いで役に立つやもしれん」

神様「修行の効率も上がるだろう。具体的にはパワー上昇率が2倍+αになる。常に前線で戦っていれば最強の戦士になれるかも」

ヤムチャ「やったぜ! このまま修行すればサイヤ人なんて楽勝だ!」



約1年後

戦闘力
ヤムチャ 3000





これでブウ編までヤムチャ活躍できる?
続きを読む

ナッパ「はぁ…地獄での生活も飽き飽きだぜ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/19 12:36:03 ID:3WS1fXBh0
ラディッツ「ああ…全くだな…」

ナッパ「べジータの野郎…よくも俺様を…」

ラディッツ「しかし…ベジータのやつここに来ないな」

ナッパ「当たり前だ、悔しいがベジータはつええ…カカロットに負けるはずねえからな」

ラディッツ「もうここに来てどれくらいだ?」

ナッパ「わからねえ…時間の感覚が全くねえ」
続きを読む

悟空「オラ、この世界を滅ぼす」

1: ◆kOHjepsWtM 2011/10/17 23:51:36 ID:jjIEPoUaO
ウーブに修業をつけた悟空は久々に家へと帰ってきた。

家に帰った悟空は相変わらず修業→飯→風呂→寝る→修業の武道家(ニート)の日々を過ごしていた。
そんなある日

チチ「悟空さ~、ちょっと~」

悟空「おう、なんだぁチチー」

チチ「これわりーけど町までいって税金さ払ってきてくんろ」

悟空「あ?税金?なんだそれ?」

チチ「えー?わかっただ。いいからこの書類とお金を持って町の区役所に行って払ってきてくんろー」

悟空「わかったよー。とにかく払ってくればいいんだな。

やれやれ、なんだかわかんねーけど行ってくるか」
続きを読む

ギニュー(この体になってからどれくらい経ったんだろう・・・)

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/23 18:22:21 ID:A7IbFm1e0
ギニュー(オレの体はどうなったかなぁ・・・無事ならいいんだが)←カエルの体

ギニュー(はぁ・・・)ぷ~ん ヒュッ パシッ

ギニュー(ハエも条件反射で捕まえるようになってしまった・・・泣きたい)

ギニュー(なんとかあの女から翻訳機を奪い取ることは出来たが・・・)

ギニュー(自分の体じゃないともうチェンジしたくないよなぁ・・・)


#前に書いた フリーザ「・・・いいでしょう」 の続編です



続きを読む

フリーザ「・・・いいでしょう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/12/05 21:33:56 ID:yc6ycFyc0
悟空「やめだ。」

フリーザ「な、なんだと・・・!?や、やめだとはどういうことだ!?」

悟空「今の怯え始めた貴様を倒しても意味はねぇ。もうオレの気は済んだ。おめぇのプライドは既にズタズタだ。」

悟空「ショックを受けたまま生き続けるがいい、ひっそりとな・・・。どうしても決着をつけたかったら、体力を回復させ、更に腕を磨くんだな。」

フリーザ「・・・いいでしょう。次こそ、お前を殺してやるぞ、スーパーサイヤ人、孫悟空!!」

悟空「・・・ふっ、その意気だ。じゃあな、フリーザ。」

悟空は、フリーザを見逃した。フリーザは悟空に破れてからというものの、何年も激しい修行を重ねた。この物語は、宇宙最強の名を失ったフリーザの、あったかもしれない話、である・・・
続きを読む

ベジータ「このベジータ様がこの世から巨人どもを消し去ってやるぜ!!」 後半

505 : ◆M4ay13U.3s :2013/05/24(金) 20:21:46.31 ID:Ich8tAmNo


・ ・ ・ 

ベジータ「貴様らもだんだんと実力をつけてきたようだな」 

ジャン「当たり前だ!あんな地獄の訓練をこなしたら嫌でもそうなるぜ!」 

コニー「平気で空だって飛べるようになっちゃうんだもんなぁ」 

サシャ「今なら巨人が相手だって素手で倒せちゃいそうな気がしますよ!」 

ジャン「ちげぇねえ!鎧の巨人だろうが超大型巨人だろうが何でも来いって感じだぜ!!」 

ベジータ「ほう?それは良いことを聞いた」 

ジャン「・・・へ?」 


ベジータ「今回の訓練は巨人狩りだ。無論本物のな」 

ジャン「・・・は、はああああああああああああああああ!?!」

続きを読む

ベジータ「このベジータ様がこの世から巨人どもを消し去ってやるぜ!!」前半

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/19(日) 23:05:37.65 ID:GFTtnJ9Ho
ベジータ「く、くくくくく、くーはははははは!!!とうとうこのオレもスーパーサイヤ人3になることが出来たぜ!!」 

ベジータ「カカロットの時代ももう終わりだ!!俺がナンバーワンになる時が来たぜ!!」 

ベジータ「くふふ・・・さぁ、とりあえずこの精神と時の部屋を抜け出すか」 

ベジータ「スーパーサイヤ人3になった今、次元の穴を超えてここから抜け出すことが出来るはずだ」 

ベジータ「ふんっ!!」シュインシュインシュインシュイン!! 

ベジータ「だぁあああああああああ!!!!!!」ドガァアアアアアアアアアアアアア!!!!! 





ベジータ「よし!穴が開いたぞ!!待ってろブルマ!!今帰るからなーー!!!!」


続きを読む

ヤムチャ「ついに完成したぞ!薄型操気円斬が!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/09 06:54:30 ID:VKobpLrYO
クリリン「もうすぐサイヤ人が攻めてくるってのに急に呼び出してヤムチャさんどうしたんだろう?」

ピンポーン

クリリン「ヤムチャさーん!クリリンです」

ガチャ

ヤムチャ「来たか……」

クリリン「ど、どうしたんですか、そんなにやつれて!?」

ヤムチャ「あぁ……そうみえるか……まぁちょっと……な」
続きを読む

悟空「天津飯に本当にかめはめ波が効かねえのか、試してみっぞ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/18 00:46:05 ID:Hyx1ghBb0
~ 悟空の家 ~

クリリン「よう、悟空!」スタッ

悟空「クリリン!?」

悟空「おめえがオラんちに来るなんて、珍しいじゃねえか!」

クリリン「いやぁ~、18号とマーロン連れて、都で買い物してたんだけどさ」

クリリン「18号の奴、買い物が長くってさ……」

クリリン「いくら待っても終わりそうもないから、18号に文句いったら」

クリリン「だったら先に帰ってろ、なんていわれちゃってよ」

クリリン「それで適当に飛び回ってたら、悟空の家の近くを通りがかったからさ……」

悟空「ハハハ、おめえも大変だな~」
続きを読む

悟空「ベジータ、一瞬で5億年分の修行ができる空間があるんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/06 13:45:36 ID:ff9CiJVv0
悟空「ついて来いよ。何もオラといっょに修行しようってわけじゃねえから(ニヤニヤ」
続きを読む

ベジータ「緊急事態だ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/16 19:22:02 ID:bGjhhb4J0
ベジータ『フリーザに兄と父親がいることが判明した!!』

悟空「フリーザの!?」

ラディッツ「なんだ、カカロット!?フリーザがどうした!?」

ベジータ『どうやらフリーザと連絡が取れなくなったことをに気付いて、捜索しているらしいんだ!」

悟空「なんてこった・・・!どうすんだよ、ベジータ!?」

ベジータ『とりあえず、俺とナッパは今全速力で地球に向かっている!ターレスとターブルにも連絡を入れておいたから、じきに到着するはずだ!』

ラディッツ「勘違いするなよ、カカロット」の続編です



続きを読む
お知らせ
サイトを移転しました。 新しいURLはこちらになります SSなび
http://ss-navi.com/
記事検索
スポンサー
メッセージ

名前
本文
他社サイト紹介