旧 SSナビ(移転しました)

2chなどに投稿されたSSをまとめていきます。
まだ数も少なく試行錯誤の段階ですが、毎日記事を上げていくのでよろしくお願いします。

エレン

エレン「俺、お前のこと好きだ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/05/17(金) 18:21:55 ID:sGjwQKr2

エレン「俺、お前のこと好きだ」

ベルトルト「…は?」

エレン「結婚しよ」

ベルトルト「」 

続きを読む

エレン「そういやこの前ミカサの腹筋を撫でてたんだけど」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/05/26(日) 22:04:50 ID:iqaqWThA
アルミン「……え?」

エレン「ん?」

アルミン「い、いや……続けてどうぞ」

エレン「おう。引き締まっててなかなかいい腹筋だった」

アルミン「そ、そう……っていうか、そもそもなんでミカサの腹筋を撫でたの?」

エレン「いや、話の流れでな?」

アルミン「一体どう流れたんだ……」 


続きを読む

エレン「ミカサが小っちゃくなった!?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/05/18(土) 00:56:01 ID:NxWMfBC2

~~5年前~~

グリシャ「ミカサ。君に良いものをあげよう」

ミカサ「なぁに?おじさん」

グリシャ「これは私が作った皆から愛される薬だよ」

ミカサ「えーそんなのいらない~!」 

続きを読む

アニ「太陽がまた・・・」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/12(水) 22:34:27 ID:JBeIwCDc
掲載誌の最新話までネタバレがあるのでアニメ派やコミックス派の方はご注意ください。 


続きを読む

エレン「面倒くさい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/23(月) 04:31:49 ID:AMvs2NP2

アルミン「え?」

エレン「話聞くのも面倒くさいなー」

アルミン「いやいや!エレンが暇だから本読めって言ったよね?!」

エレン「覚えてる訳無いだろー」

エレン「面倒くさい」

アルミン「言った事くらい覚えててよ!!」
続きを読む

ペトラ「私の調査兵団日記」1【エロ注意】

1: ベータカロチン ◆0nzp4nOekk 2013/09/15(日) 19:27:39 ID:Nwoc0UeY
※ エレペト作品です
※エロ注意
※なるべくキャラは崩壊しないようにします。
※書き溜めです。
※更新は不定期です

では投下
続きを読む

グリシャ「あの子達と別れて数年、ついに完成した……!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/18(水) 04:22:20 ID:iOCm8Iow
アニ父「イェーガーさん、ついに完成したんですね!?」

グリシャ「はい!我々の悲願とも言える装置、これがそうです!」バッ

アニ父「おお……これが悪魔の末裔達が我々に隠していた装置か……」

グリシャ「そうです、私が長年スパイ活動を行い、手に入れた設計図をもとに作り上げた……」

グリシャ「おっぱい機動装置です!」ドヤァ

アニ父「これがあればどんなおっぱいでも思いのまま!」

グリシャ「その通り!」

アニ父「うおぉぉぉおお!!早くアニよ帰ってこいぃぃい!!」

グリシャ「ミカサァァアァアァァア!!」
続きを読む

エレン「…またですか」ペトラ「…ごめんなさい」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/03(水) 22:30:07 ID:E2Wr2Y/6
エレン「いい加減にしてくださいよ…隔日で漏らすとかやばいですよ?」

ペトラ「しょ、しょうがないでしょ! 出ちゃうものは…」

エレン「…普通、子供の内に治るもんでしょ。俺だって5歳には完治しましたよ」

ペトラ「わっ、私だって4歳で治ったよ! 訓練兵団の時には…ねえオルオ!」

オルオ「女子寮のことなんざ知りたくても知らん」

ペトラ「裏切り者ぉ!」 

 
続きを読む

アルミン「エレンなんて大っ嫌いだ!!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/03(土) 22:56:02 ID:xOlNCc7E
注意事項)この物語は、アルミンとエレンが大喧嘩する物語です。
あとライナー、ベル、アニが白いです。ちょっと設定変わってる
かもしれませんがご了承ください。 
続きを読む

アルミン「」ブルブル

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/03(土) 03:39:51 ID:ZvPeTMbw
アルミン「あ、何だろうこれ」カパ

アルミン「…赤色の…食べ物かな」ヒョイ

アルミン「…」 


続きを読む

アルミン「戦士として壁の中を滅ぼすんだ」エレン「……」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/23(火) 21:38:56 ID:IcfkFgEk
エレン(どうしてこんな事になってしまったんだ…)

アルミン「ここからは計画通り、ミカサが超大型巨人に変身してシガンシナの壁を破壊する」

ミカサ「わかってる。その次にエレンが巨人を壁の中に招き、人々に混乱をもたらす」

アルミン「そして最後は僕が鎧の巨人に変身して、奥に続く壁を破壊しウォールマリアを滅ぼすんだ」

アルミン「後は人類が更に壁の奥に籠るのを数年かけて待ち、今度はそこで同じ事を繰り返す」

アルミン「これが成功すれば人類は確実に滅びるだろうね」

ミカサ「ええ、必ず任務を成功させて皆で私たちの故郷に帰ろう」

エレン(俺は……俺は…兵士として巨人を駆逐すると心に誓ったはずだ)

エレン(なのに、何で俺は巨人の戦士として人類を滅ぼす側に回っているんだ!!)

エレン(そもそも俺は、あの時ライナーやベルトルトと戦った末に死んだはずなのに……) 


続きを読む

ジャン「また会おうな――親友」エレン「また会おうぜ――親友」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/20(金) 23:18:53 ID:zz72S7Ic
注 ネタバレ 捏造 if展開


貸切の店。
騒ぐは仲間達。
残酷な世界で、今も尚、生きている腐れ縁の同期達。
オレの隣に座るのは。
死に急ぎ野郎。

「……何で最後の晩餐で、隣にお前なんだかね」
「そりゃお前が寂しそうにしてるからだろ」
「馴れ合うのは主義じゃねぇだけだ」
「構ってやってんだから感謝しろよ」
「誰が感謝するか。チェンジだチェンジ」
「誰に」
「決まってるだろ」

オレは睨みつける。
ヤツは笑った。

「ミカサか」
「ミカサ以外にいねぇだろ」
「お前も懲りねぇな」
「懲りてたら、こんな場所にいねぇさ」
「スッパリと振られたクセに」

グラスを持ち上げ、喉を潤す。
苦味を飲み干すように。
続きを読む

エレン「ミカサに夜這いかける!」【エロ注意】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 23:47:08 ID:y5UqHOmY
※エロくないです
※キャラ崩壊してます
※短いです
続きを読む

エレン(9)「ままごとしようぜ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/12(木) 13:02:09 ID:l3u/XvNs
―844年シガンシナ区・エレン宅―

エレン「アルミン、ミカサ。ままごとしようぜ。」

アルミン「ままごと?」

ミカサ「………」

エレン「ああ。」

アルミン「え、何でいきなり。」

ミカサ「………」
続きを読む

イアン「恋人を守るためだからな」ミカサ「…家族です///」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/21(土) 14:24:44 ID:XT31fNvQ
―休日・公園―

ミカサ「…ということがあった」

エレン「へえ…」

ミカサ「………」

エレン「………」
続きを読む

リヴァイ「俺のフルネームだと?」エレン「はい!」【短編】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/17(火) 19:59:11 ID:MH9bIOpw

エレン「リヴァイ兵長のフルネームを教えて下さい!?」

リヴァイ「あ?なに言ってやがる……
フルネームならさっきからお前が呼んでるじゃねぇか」

エレン「えっ?どういう事ですか?」
続きを読む

アルミン「気の弱いエレン?」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/16(日) 22:46:40 ID:IoqZExvE
ジャン「あぁ、訓練中に頭をうったらしくてな」

アルミン「そうなんだ、というかとりあえず。気の弱いエレンってどういうことなの?」

ジャン「まあ見てろよ。おい!エレン!」ガシッ

エレン「ひっ!な、なに?」ブルブル

ジャン「こんな感じになっちまったんだ…」

アルミン「oh・・・」

ジャン「とりあえずそろそろ夕食だしいくか」

アルミン「うん」

エレン「お、俺もいくよ!」

ジャン「あぁん?」

エレン「ひっ!」オドオド 


続きを読む

アルミン「初めての集団生活で、やっていけるか心配だ…」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/15(土) 15:09:37 ID:E8582.Wc
~寮入り初夜~

アルミン「今日からここが僕らの家になるんだね…!」

エレン「あぁ…明日からの訓練が楽しみだな。やっと…やっとこの日が来たんだ!!」

アルミン「でも…集団生活でやっていけるか僕は心配だ…」

エレン「そんなの心配ないだろ。俺もミカサもいるんだからな!」

アルミン「ありがと。でも、自立できるように僕も努力しなきゃね。みんなと仲良くなれるといいけど…」

エレン「とりあえず急いで風呂入ろうぜ!入団式で冷や汗かいたしな」

アルミン「ハハハ…そうだね」

――――――
――― 

 
続きを読む

キース「罠を疑う?」アルミン「はい!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/23(日) 09:47:25 ID:LqST8fss
アルミン「たとえば机の上に誰のものかわからないパンが置いてあったとします!」

アルミン「教官ならどうなさいますか?」

キース「普通無視するだろう」

アルミン「それが普通の考えであります!」

アルミン「ですが…他の訓練生はどうでしょうか…」

キース「?」


※独断と偏見で構成されています 


続きを読む

ミカサ「それだけ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/16(月) 00:03:30 ID:t2CU9QrQ
会話のみでフワッとしたエレミカです
続きを読む
お知らせ
サイトを移転しました。 新しいURLはこちらになります SSなび
http://ss-navi.com/
記事検索
スポンサー
メッセージ

名前
本文
他社サイト紹介