旧 SSナビ(移転しました)

2chなどに投稿されたSSをまとめていきます。
まだ数も少なく試行錯誤の段階ですが、毎日記事を上げていくのでよろしくお願いします。

エレン×アニ

エレン「『幸せの猫』の呪い?」


1 :にゃー :2013/08/20(火) 04:58:19 ID:A8U1Asgg

キャラ崩壊微妙にあります

感動ものをめざします。


続きを読む

エレン「アニの捕獲に成功した」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/27(土) 22:51:29 ID:Zeq8H8aM
また幼児退行ネタだよ

コミック8~10巻未読の人はネタバレ注意な!

※似たようなタイトルの前作とは何の繋がりもございません 


続きを読む

エレン「アニが消えた」

1 :kuripuck :2013/05/20(月) 00:54:37 ID:.vbqz2/g
~休日の男子寮~

ライナー「しっかしあれだな、何故こうも俺ばかり暴行を受けるのだろうか?」

アルミン「あははは・・・それだけ心が広いと認知されてるってことじゃないかな・・・」

ジャン「ようするにあいつなら殴ってもいいだろって事じゃん」

アルミン「物は言いようだね・・・あはは」

ライナー「どうせならクリスタに殴ってもらいたいよ」

ベルトルト「ライナーってそっちの方も持ってたの?」

ライナー「“も”ってなんだよ。。。」

ベルトルト「自分が一番よくわかってるくせに…」 


続きを読む

エレン「負けたらなんでもする」

1 :kuripuck :2013/05/15(水) 00:45:14 ID:HkLnJNOE
~朝食~

エレン「アルミン~一緒に食おうぜー」

アルミン「あ、エレンおはよー今そっち行くよ」

エレン「おう」

サシャ「さぁ待ちに待ったパァンの時間が来ましたよ!!」ワクテカ

エレン「朝からうるせーなサシャは」

サシャ「そりゃあもうこの時間が楽しみですから!」

エレン「はいはいそうかそうか」

アルミン「お待たせー」

エレン「おぅやっときたか」

ミカサ「エレンここ座るわっていいよね」 


続きを読む

エレン「なぁアニ」 アニ「ん~?」ピコピコ

1: ◆qZUCpA/gIM 2013/09/11(水) 23:44:38 ID:V039Q6g2

エレン「夏休みなのにアニと1週間もデートしてない・・・」の続きです

もう1個書いてるほうが行き詰ったので気分転換に

 
続きを読む

クリスタ「ねぇアニ」アニ「何?」

1: ◆qZUCpA/gIM 2013/09/05(木) 19:59:47 ID:vNTYn5A6
進撃中内での話です
続きを読む

アニ「太陽がまた・・・」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/06/12(水) 22:34:27 ID:JBeIwCDc
掲載誌の最新話までネタバレがあるのでアニメ派やコミックス派の方はご注意ください。 


続きを読む

エレン「アニが好きだ」アニ「エレンに恋をした...」

1: アニ・イエーガー 2013/09/02(月) 01:39:39 ID:v5uwUFB60
短いですが...やります!アニエレ・エレアニです!


今日から書き始めます
続きを読む

アニ「...熱か」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 18:50:15 ID:twQAG5ck
エレアニです
オマケにアルミカです
続きを読む

ミカサ「エレンが好き」

1: 妖精さん ◆R4KRL6DLxo 2013/09/03(火) 23:18:50 ID:cP85DtjQ
夜・女子寮

クリスタ「きゃー!やっぱりそうだったんだ!」

ユミル「そりゃあんだけベタベタにくっついてたらな」

サシャ「やっぱりそうだったんですね」

ミカサ「ええ。でもエレンと同じぐらいアルミンも好き」

クリスタ「え…?」

サシャ「アルミンもですか?」

ミカサ「もちろん。二人とも大切な家族」
続きを読む

アニ「あんたはいいよね」 クリスタ「え?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/11(土) 02:37:40.47 ID:LJqlfDy80
アニ「小さくてかわいいし」 

クリスタ「アニ?どうしたの突然?」 

アニ「か弱くって女の子らしくて」 

クリスタ「私はそんなんじゃ…」 

アニ「男はみんなあんたみたいな子を好きになるんだろうね」 

クリスタ「えっと…?」


続きを読む

ミカサ「エレンハーレム」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/29(月) 14:09:50 ID:FwA5GYSI
ミカサ「そのような気がするのは気のせい?」

エレン「何だよそのエレンハーレムって」

ミカサ「エレンは知らなくていい、知る必要もない」

アルミン(胃がまた…)

ミカサ「エレンには私がいれば問題ない、以上」

エレン「勝手に締めんな」
続きを読む

エレン「アニにキスされたんだが」アルミン「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 23:03:43 ID:AT9dt+E70
わからない。

自分がなぜあんな行動をとってしまったのか。

気付いた時にはもう遅かった。

私の唇があいつの……エレンの唇と重なっていた。

数瞬の間を置いて、自分のしでかしたことに気付く。

顔が熱。頭の中が沸騰する。あいつの顔を見ることができない。

混乱する私を尻目に、更に数瞬の間を置いたのちにあいつが口を開く。

ぽかんとした顔をしながら、

「……なぁ、アニ。どうして急にキスなんかしたんだ?」

それは、今から三時間前の出来事。

あの事故から三時間が経った今もなお、私の顔から熱がひくことはない。
続きを読む

アニ×エレン ~私の宝物~

2 : ◆zYQ/uWRKn. :2013/07/05(金) 04:26:03 ID:OtstKbwQ
エレンが相談にのってくれなんて珍しいね。
そう言った幼馴染のアルミンの言葉に夕食を食べながら俺はため息をつく。

「仕方ねえよ。この気持ちに気付いてから、何をやっても上の空になっちまってよ」

俺は胸中をさらけだす。相談なんてのは口実で自分の気持ちを受け入れ、整理をつけたがっているのだ。

「アニは少なからずエレンに対して気持ちがあると思うよ。ただ、それでも通じるかどうかは僕にもわからないけどね」
アルミンの意見を聞いた俺は少し気が軽くなった。

「・・・こんな気持ちになったのはあいつだけだからな」

味気ないパンを齧りながら、俺は初めてアニと接した日を思い返していた。 
続きを読む

エレン「ん?」アニ「わわわ、わたしと、とっ、友達に…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/14(水) 19:44:46 ID:VEjmPYyY
エレン「友達ができない」アニ「友達が欲しい」

エレン「格闘術の成績上げたい」アニ「…(私が教えてあげるよ!)」の続編です。

前回までのあらすじ
『アニはエレンと友達になって、更には格闘術の自主練まで一緒にやるような親友にランクアップした(と思い込んでいる)』
続きを読む

エレン「夏休みなのにアニと1週間もデートしてない・・・」

1: ◆qZUCpA/gIM 2013/08/06(火) 22:13:26 ID:hkiW/Qs6
前から話してたエレアニです。

今回のアニはいつも書いてるようなめちゃくちゃ明るいアニじゃなく、原作のような感じなです
続きを読む

アニ「どうしようか」

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 13:06:56.26 ID:lJgfCXP80
アニ「期待はしてない」の続きです。

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/10(土) 13:07:34.48 ID:lJgfCXP80
アニ「もう少しで終わりだ」 

アニ「私は後のことはまだ迷っていて」 

アニ「もう暖かくなる季節なのに今日は寒いな」 

アニ「このままずっとならいいのにな」 

アニ「暖かくなったらもう・・・」
続きを読む

アニ「期待はしてない」【短編】

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 03:18:51.76 ID:0Kj00qJo0
・進撃のSSです。  
 ・エレンとアニしかでてきません。  
 
続きを読む

エレン「アニ!また遅刻だ!走れ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/25 22:21:14 ID:5usNx20r0
アニ「あんたか。おはよ」

エレン「よう!走るぞ!」


ガラッ!

エレン「すいません、遅刻しました!」

キース「またお前かイェーガー!何度やったら気が済むんだ!」

エレン「すいません!」

アニ「すいません…」

キース「ん?レオンハートもか?お前たちはいつも2人仲良く遅刻だな!罰として放課後の掃除は2人でやるように!」

マタアノ2人ダヨ

デキテルンジャナイノ?

続きを読む

エレン「俺はあいつが好きだった」

2 :タピオカ  ◆qZUCpA/gIM :2013/06/24(月) 00:05:38 ID:oEoqAXuQ
超短編です。

ちなみに場所は8巻の地下でエレンが巨人化しようとしてるあたりを見てくれれば 
続きを読む
お知らせ
サイトを移転しました。 新しいURLはこちらになります SSなび
http://ss-navi.com/
記事検索
スポンサー
メッセージ

名前
本文
他社サイト紹介