旧 SSナビ(移転しました)

2chなどに投稿されたSSをまとめていきます。
まだ数も少なく試行錯誤の段階ですが、毎日記事を上げていくのでよろしくお願いします。

アルミン

エレン「アルミンの手紙」

1: 少年達の夢 2013/10/03(木) 00:20:09 ID:X.IvYVvM
843年

幼エレン「…」(つまんねぇなぁ~…なんかシゲキテキなことないかなぁ~)トコトコ

「おい!異端者!!」「どうした?弱虫!やり返してみろよ?」ドカッドゴ!!

????「…うぅ……」

エレン「…」(いじめか…まぁ……どうでもいいや…俺には関係無い)トコトコ

「さっき言ったこともう一回言ってみろよ?異端者!!」

エレン「…」トコトコ

アルミン「…ああ…何度でも言うよ……人類はいつか『外の世界』に行くべきだ…!!」

エレン「…!!」(外の世界?)

ドクン…



※レスの名前欄も見ていくと面白さがまします(管理人) 

 
続きを読む

アルミン「僕の秘密」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/19(土) 23:34:14 ID:LaBJCHAk
※キャラ崩壊注意
続きを読む

アルミン「ロケットペンダント」

1: ◆ZQSK2rn59I 2013/11/07(木) 00:26:58 ID:l9Ylwsts
※設定がアニメ仕様です
※ネタがn番宣じ


昔、家族から貰ったものがある。
図鑑、地図、壁の世界の本――。

その中でも、僕の中では特に残っているものがあった。

金色のロケットペンダント。

蓋には花と太陽が彫られている。
何をを願って作られたものかは忘れてしまったけれど。

右には両親の、左にはおじいちゃんの写真を入れていつも持ち歩いていた。

でもある日、いじめっ子にからかわれて、つけなくなったんだっけ。

そこから何処へやったか解らなくなって
だんだん忘れていって

それから月日は流れて――――
続きを読む

アルミン「25万人の行進」短編集

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/05(火) 03:28:13 ID:PPrHUq/Y



これは、死への行進だ。



.
続きを読む

エレン「親友の夢を見た」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/04(金) 22:08:40 ID:Ky3l9x7Q
微ホモ
______



843

シガンシナ区


アルミン「……ひっ……。うくっ。うっ、ぅ」グスッ

エレン「なぁ……。もう泣くなよ……。追い払ってやっただろ?あいつら尻尾巻いて逃げちまったよ」

アルミン「……うぅ……ごめん……」グスッ

エレン「なんだよ。お前が何かわりぃことしたわけじゃないだろ……」

アルミン「君に怪我をさせてしまった……。ほっぺが腫れてる……。唇から血も出てる」

エレン「こんなの唾つけときゃ治るよ。お前なんて泥だらけで俺よりひどい顔になってんぞ?髪はぐしゃぐしゃだし、足も擦りむいてるし……」

アルミン「……」ゴシゴシ

エレン「今日はなんで殴られたんだ?」
続きを読む

アルミン「奇行種が見てる」

1: 1 2013/10/01(火) 21:15:14 ID:d.uvBew.

ジャン「あの奇行種、まだお前のこと見てるぞ」

コニー「手ぇ振ってみれば?」

アルミン「………」チラッ

奇行種「……」ジー

アルミン「………」フリフリ

奇行種「……」ジー

アルミン「………」フリフリ

奇行種「……」ブゥン

コニー「振り返した!」

ジャン「やったな、アルミン」

アルミン「………」
続きを読む

エレン「アルミンの」 ミカサ「誕生日」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/02(土) 03:05:43 ID:NDti2Go2
844年・秋

エレン「ミカサに問題。明日は何の日だ?」

ミカサ「…?分からない。明日は11月3日…じゅういちがつみっか…みかんの日?」

エレン「おいおい、何だよそれ。いいか、明日はな…」

ミカサ「うん」

エレン「明日は、アルミンの誕生日なんだよ」

ミカサ「そうなの?」

エレン「ああ。ミカサにとっちゃ初めてだよな」

ミカサ「アルミンは、何をあげたら喜ぶのだろう。本?」

エレン「あいつ、本読むの大好きだもんな。でもさぁ…」
続きを読む

アルミン「過去の話と未来の話」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/13(日) 21:06:20 ID:R1dRlW.A
ベルトルト「思い出話でもしようか」【短編】

↑の続きみたいなもの。
何もかも本当にあり得ない展開になる予定。
先に謝っとくごめんなさい。


※シリーズものですがここからでも読めます、ベルトルトとライナーが捕まって監禁されているという設定です



 
続きを読む

エレン「進撃の巨人という漫画について」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:18:40 ID:UHurN0dw
エレン「なぁアルミン」

アルミン「なんだいエレン」

エレン「俺達は結局のところどこに向かっているんだろうか」

アルミン「また藪から棒に…」

エレン「だってよ、俺達は曲がりなりにも少年誌で活躍している訳じゃん?」

アルミン「そうだね」

エレン「それにしてはいろいろと問題があると思うんだよ」

アルミン「たとえば?」

エレン「まず、さっきも言ったように『俺達が向かっている場所』、つまりこの漫画の目的だ」

アルミン「ふむふむ」

エレン「俺さぁ、今まで『巨人を駆逐して外の世界に出る』っていってたじゃん?」

アルミン「言ってたね」

エレン「やっぱり少年誌でやっていくにあたってそれは地味すぎると思うんだよ」

アルミン「僕たちの今までを完全否定だね」

エレン「そこで俺は思ったんだ。もっとインパクトのある目標を立てようと」

続きを読む

エレン「5位と4位の間に大きな壁がある」アルミン「うん?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/21(月) 21:31:40 ID:wqC0DWBI
*エレンとアルミンがだべってるだけ
*キャラ崩壊
*ネタバレ
*メタ会話
続きを読む

アルミン「恋をした瞬間だって確信したんだ」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/13(金) 20:35:37 ID:rtJUK2Zs
エレン「そうか」

アルミン「聞いてよ」

エレン「おう」

アルミン「異端者だってイジメられてた頃もさ…、女の子を可愛いなって思う事はあったんだ」

エレン「知らなかったな」

アルミン「女の子は皆可愛いと思ってた」

エレン「そうかぁ?」

アルミン「いくら悲惨な目に遭ってたってさ…生き物だから!人間だから!男だから!」

エレン「まぁ…な…」

アルミン「エレンだって巨人を駆逐したいと思って訓練してても、人との関わりは大事だろ?」

エレン「それはそうだろ?」

アルミン「この年になって気付いたんだよ…!」 


続きを読む

ミカサ「私の家族を返して、盡rメ猤*」【ホラー注意】

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/26(木) 00:19:49 ID:C2eIbYPc
エレン「……ん? アルミン?」

アルミン「おはよう、エレン」

エレン「おはよう……なんかすっげー長い夢を見ていた気がする」

アルミン「……涙が出てるよ、エレン」

エレン「あれ、本当だ。なんでだ?」

アルミン「……はぁ」

エレン「ため息つくなよ」

アルミン「君の相手は疲れるんだよ」

エレン「ひでぇなぁ、親友に対して言う言葉かよ……」

アルミン「…………」 


続きを読む

アルミン「僕達の中に巨人が紛れ込んでいるかもしれない」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/19(木) 20:01:34 ID:MIl9BkZo
エレン「な、何言ってんだよアルミン」

ミカサ「アルミン、気を確かに」

ジャン「いくらなんでも冗談が過ぎるぜ……」

ライナー「まさかお前、巨人が人間に化けてるとでも言いたいのか?」

ベルトルト「ははは、聞いたことがないよ……」

アニ「眉唾ものだね」

マルコ「アルミン、君は頭でも打ったのかい?」

サシャ「そうですよ! 共に過ごした仲間を巨人だなんて!」

クリスタ「いくらアルミンでも……言っていい事と悪い事があるよ!」

コニー「ん? つまりどういうことだ?」

アルミン「いや、僕だって信じたくはないんだ」







アルミン「でも、こんな殺し方は巨人にしかできないんだよ……」 


続きを読む

アルミン(20)「何も捨てることが……」

1: ◆F6lbtBSr3A 2013/10/04(金) 18:34:53 ID:qy0mWXtA
アルミン「出来なかったら、家が所謂ゴミ屋敷化した。どうしよう」

ジャン「掃除しようぜ」

アルミン「一周回って、これはゴミではなく芸術なんだと思えば良い気がしてきた」

ジャン「逃げるなよ。お前俺に言ったじゃねぇか、何も捨てることが出来ない人には、何も変えることが出来ないだろうって」

アルミン「お恥ずかしい。まさか自分がこうなるなんて」

ジャン「とりあえず、この辺のゴミから」

アルミン「ああああああ!!そこはまだ読みかけの古書があるんだよ!」

ジャン「おぉ、悪かったよ」
続きを読む

エレン「どうすりゃアルミンはオレを好きになるんだ?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/30(金) 12:04:07 ID:fL8GNf/w


エレン「」ウーン

アルミン「心配しなくても僕はエレンが好きだよ」

エレン「だよな」

エレン「なら」

アルミン「えっ。エレン、顔が近いよ。歯磨きした?」 グイグイ

エレン「チッ」グググ… 


続きを読む

ライナー「今日ここに集まってもらったのは他でもない!!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/28(日) 17:14:07 ID:Bmh6wTMc
ライナー「覗き兵団への勧誘だ!!」

男子訓練兵一同「!?」 


続きを読む

アルミン「結婚」ミカサ「する」

1: ◆BPuQ7shQ06 2013/10/05(土) 05:03:43 ID:g.dMFIRU

エレン「………」

アルミン「………」

ミカサ「………」

エレン「……は?」

アルミン「結婚」

ミカサ「する」
続きを読む

ミカサ(10)「あの子は確かエレンの友達の・・・」

2 : ◆51UnYd7yHM  :2013/07/12(金) 11:55:23.82 ID:oKyH7EfL0
ミカサ「名前何だったかな?えーと、アルウィン?」 

ミカサ「何してるんだろう」 

『おい、お前生意気なんだよ!』 

『調子のってんなよ!』 

ミカサ「殴られてる・・・何か可哀相」 

続きを読む

エレン「サシャの裸を見ただと?」【微エロ注意】

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/21(水) 22:56:50 ID:qnYXDvYE

とある夜 男子寮にて

コニー「裸というか、まあ半裸だが」

ライナー「詳しく聞かせてもらおうか」

コニー「あいつ、水汲み当番を誰かと替わってるみたいでさ。」

アルミン「なんで?」

コニー「知らねーよ。どうせ食いもんがらみだろ」

ベルトルト「それで?」

コニー「それで、毎日のように井戸まで往復してるらしいことはふだんの雑談とかから、知ってたんだ。俺、さっき食堂に借りた本を忘れてきてさ。取りに行った帰りに井戸にいるサシャを見かけたんだ。声をかけようとしたら‥」

ジャン「続けろ」

コニー「あいつ、いきなり、胸の辺りまで、着ていたシャツをまくりあげたんだ!」

マルコ「おお!」

ジャン「痴女かよ」

エレン「なんで脱ぐんだ?」

コニー「最近あっついからな。冷たい井戸水で、顔や首筋の汗を拭いている流れで体も拭くかってかんじだったな」 

続きを読む

サシャ「怖い話をしましょう!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/11(日) 00:47:59 ID:0rrKwFgA
※短いし、そんなに怖くないので期待しすぎたら駄目 


続きを読む
お知らせ
サイトを移転しました。 新しいURLはこちらになります SSなび
http://ss-navi.com/
記事検索
スポンサー
メッセージ

名前
本文
他社サイト紹介