旧 SSナビ(移転しました)

2chなどに投稿されたSSをまとめていきます。
まだ数も少なく試行錯誤の段階ですが、毎日記事を上げていくのでよろしくお願いします。

進撃の巨人

ベルトルト「僕とサシャが入れ替わっトルト」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 18:49:23 ID:Mxs6JLVg
ベルトルトとサシャに絡んだカップリング要素があるので、苦手な人は注意
続きを読む

ベルトルト「天体観測。」

1 : ◆51UnYd7yHM :2013/07/29(月) 20:53:00 ID:VASVXoDE
こんばんは。

・10巻のネタバレあり

・地の文あり

よろしくお願いします。 


続きを読む

エレン「…猫の声…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/21(月) 00:35:47 ID:zvqQcXe2
アルミン「あ、猫」の続編です
でもたぶん前作知らなくても問題はない
続きを読む

理由のよくわからない無茶な人事がナイル・ドークを襲う!

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 01:31:58 ID:LwATV6yQ
調査兵団と憲兵団の暗闘ものを舞台劇風に。以下ご留意ください。

・重いです。あまり笑えない。

・台詞の長い箇所が多く読みにくいかも。

・展開の都合上、後半で捏造キャラ登場。

ではどうぞ。
続きを読む

エレン「進撃の巨人という漫画について」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:18:40 ID:UHurN0dw
エレン「なぁアルミン」

アルミン「なんだいエレン」

エレン「俺達は結局のところどこに向かっているんだろうか」

アルミン「また藪から棒に…」

エレン「だってよ、俺達は曲がりなりにも少年誌で活躍している訳じゃん?」

アルミン「そうだね」

エレン「それにしてはいろいろと問題があると思うんだよ」

アルミン「たとえば?」

エレン「まず、さっきも言ったように『俺達が向かっている場所』、つまりこの漫画の目的だ」

アルミン「ふむふむ」

エレン「俺さぁ、今まで『巨人を駆逐して外の世界に出る』っていってたじゃん?」

アルミン「言ってたね」

エレン「やっぱり少年誌でやっていくにあたってそれは地味すぎると思うんだよ」

アルミン「僕たちの今までを完全否定だね」

エレン「そこで俺は思ったんだ。もっとインパクトのある目標を立てようと」

続きを読む

マルコ「傍観者の話」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:17:35 ID:7CKBy7PI
サシャ「お久しぶりです、マルコ。」トコトコ

マルコ「やあ、サシャ。久しぶりだね」

サシャ「漫画でも、アニメでも、マルコが死んだ話はずっと前になっちゃいましたね。」

マルコ「ははは、本当だ。」

サシャ「どうですか?傍観者の立場は。」

マルコ「うん、色々楽しいかな。」

サシャ「そうですか。」
続きを読む

エレン「5位と4位の間に大きな壁がある」アルミン「うん?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/21(月) 21:31:40 ID:wqC0DWBI
*エレンとアルミンがだべってるだけ
*キャラ崩壊
*ネタバレ
*メタ会話
続きを読む

エレン「ミカサに恋をした」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/24(土) 00:04:55 ID:tP11ISuU
前に立てた奴が消えたので、立て直しました。

※エレミカ 


続きを読む

アルミン「恋をした瞬間だって確信したんだ」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/13(金) 20:35:37 ID:rtJUK2Zs
エレン「そうか」

アルミン「聞いてよ」

エレン「おう」

アルミン「異端者だってイジメられてた頃もさ…、女の子を可愛いなって思う事はあったんだ」

エレン「知らなかったな」

アルミン「女の子は皆可愛いと思ってた」

エレン「そうかぁ?」

アルミン「いくら悲惨な目に遭ってたってさ…生き物だから!人間だから!男だから!」

エレン「まぁ…な…」

アルミン「エレンだって巨人を駆逐したいと思って訓練してても、人との関わりは大事だろ?」

エレン「それはそうだろ?」

アルミン「この年になって気付いたんだよ…!」 


続きを読む

ミカサ「エレンの誘惑に耐え続ける?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/12(土) 04:16:14 ID:h30Ek9KA
アルミン「3日耐えれば恋人になってくれるって」

ミカサ「耐えれなかったら?」

アルミン「他の女子と付き合うらしいよ」

ミカサ「それは...無理」

アルミン「ね」

ミカサ「ので、やる」

アルミン「検討を祈るよ」
続きを読む

モブリット「分隊長と二人きり!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 21:42:44 ID:YUwmuYEI

※モブハンです

タイトルそのままのベタなお話
超ありがちな設定&ささやかなエロあり?なので苦手な方は要注意
そんなに長くはならない予定です
続きを読む

クリスタ「あなたは、なんなの?」

1 :にゃー ◆Nagei3Y2nU :2013/08/31(土) 00:23:27 ID:JN7bq83I

六作品目を悩んでいます。

気晴らしに八作品目を出したいと思います。 


続きを読む

クリスタ「大人しく、お縄にかかりなさい」

1 :にゃー :2013/08/24(土) 16:19:59 ID:WGzWrlgg

四作品目です。

キャラ崩壊あります。

ネタ重視でいきます

推理ありです 
続きを読む

エレン「小さい頃の約束をお前は覚えているか?」

1 :にゃー :2013/08/21(水) 20:44:25 ID:vPMEkuFc

3作品目です。

拙い文ですが、どうぞ面白かったら読んでください 


続きを読む

エレン「『幸せの猫』の呪い?」


1 :にゃー :2013/08/20(火) 04:58:19 ID:A8U1Asgg

キャラ崩壊微妙にあります

感動ものをめざします。


続きを読む

ライナー「結婚式」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 00:26:09 ID:UFy5OfKo


※ホモ有り
※キャラ崩壊有り
※いろいろ捏造有り
※単行本11巻までのネタバレ有り 

続きを読む

ライナー「カーラース」ベルトルト「なぜ鳴くのー」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/08(日) 17:14:46 ID:UFy5OfKo

アニ「カラスの勝手でしょー」

ライナー「…え?」

ベルトルト「…えー…」

アニ「何だい」

ベルトルト「ひっさびさに聞いた…」

ライナー「そんな子供レベルの替え歌…」

アニ「いや実際勝手に鳴くもんじゃないのかい」 


続きを読む

ユミル「お前…ふざけてんじゃねえぞ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/07/01(月) 21:05:25 ID:BiEgy3es
ベルトルト「…え?」

ユミル「とぼけてんじゃねえよ、ベルトルさんよお。アンタ、私のクリスタに色目使ったろ?」ゴゴゴゴゴ・・・

ベルトルト「? ?」オロオロ

クリスタ「…///」カオマッカ

ユミル「まだ分かってねえようだなぁ…。お前のさっきの行動、胸に手ェ当てて思い出してみろや」

ベルトルト(え、えーと…)スッ

クリスタ(本当に胸に手当ててる…) 



続きを読む

エレン「ミカサは家族」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/13(金) 01:34:33 ID:3elfJbw2
「エレンとミカサって恋人みたいだよね」

…聞き飽きた言葉だ。
その度に否定するのもめんどくさい。

「ミカサは家族。それ以上でもそれ以下でもない。」

「えー」と不満そうな声を上げる。
男と女が一緒にいたらくっついていないと気がすまないのか。
なんとなく隣にいるミカサを見ると微妙な顔をしている。
嬉しそうな、困ったような、安心したような。

「ほら、もう行くぞ」
ミカサの手を引いて歩きだした。




続きを読む

ミカサ「私の家族を返して、盡rメ猤*」【ホラー注意】

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/26(木) 00:19:49 ID:C2eIbYPc
エレン「……ん? アルミン?」

アルミン「おはよう、エレン」

エレン「おはよう……なんかすっげー長い夢を見ていた気がする」

アルミン「……涙が出てるよ、エレン」

エレン「あれ、本当だ。なんでだ?」

アルミン「……はぁ」

エレン「ため息つくなよ」

アルミン「君の相手は疲れるんだよ」

エレン「ひでぇなぁ、親友に対して言う言葉かよ……」

アルミン「…………」 


続きを読む
お知らせ
サイトを移転しました。 新しいURLはこちらになります SSなび
http://ss-navi.com/
記事検索
スポンサー
メッセージ

名前
本文
他社サイト紹介