9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 00:15:06 ID:SDnfkxwmP
  午前10時、学園都市・路上――――

上条「お前が好きだ、御坂」

美琴「!?」

上条「もしお前が迷惑じゃないなら、俺と付き合ってほしい……」

美琴「ちょ、あ、あんた、いきなりなに言いだすのよ!!」

  タッタッタッタ!! ――――

インデックス「と、とうま!! なに言ってるの!! 短髪は危険だってあれほど言ったのに!!!」

上条「大丈夫だって、ビリビリならどう考えたって安全牌だろ?」

インデックス「あーもう!! とうまのニブチン!!! どう見たって地雷なのに!!」

美琴(な、なによ!! 私に告ったその瞬間に、あのシスターと仲良くして!!!)

美琴「ば、バカじゃないの!! あんたと付き合うなんてまっぴらごめんよ!!!」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 00:20:28 ID:SDnfkxwmP
上条「…………………………」

インデックス「…………………………」

上条「ほらな、インデックス。余裕でセーフだったじゃんか」

上条「変なこといいって悪かったな、御坂。お前なら断ってくれるって信じてたよ」

インデックス「とうまの告白を断ってくれてありがとうなんだよ、短髪」

美琴「…………はい?」

上条「変なこと言って悪かったな。この告白のことは忘れてくれ!」

インデックス「じゃあ、急ごう、とうま。あんまりモタモタしていられないんだよ」

上条「ああ、そうだな。……それじゃあ、生きてたらまた会おうぜ、御坂!!」

美琴「…………ちょ…」

美琴「ちょっと待ちなさいよ! いったいなんなのよ、あんたたち!!!」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 00:30:42 ID:SDnfkxwmP
美琴「わ、私のこと、バカにしてるわけ?」

美琴「返答次第によっちゃ、あんたの顔面に超電磁砲ブチ込むわよ!!」

インデックス「と、とうま…。短髪、ものすごく怒ってる気がするんだよ……」

上条「バカにしてるわけじゃないけど、……さっきの告白は事情があってのことなんだ」

上条「急がなきゃいけないから、今は許してくれないか?」

上条「もしも生きてこのピンチをしのげたら、いくらでも怒られてやるからさ」

美琴「だから、その事情ってのを説明しろって言ってんの!!」

上条「…………うーん、でも、魔術関係に御坂を巻き込むのはなぁ…」

インデックス「……とうま。でも、私は短髪にも協力してもらったほうが早い気がするかも」

上条「…………インデックスがそう言うなら、話したほうがいいのかな?」

美琴「魔術…? いいから話しなさい、納得のいく答えなら半殺しで勘弁してあげるから」

上条「……御坂、実は俺はな………」

美琴「俺は?」

上条「告白が成功すると死ぬ呪いにかかっちまったんだ!」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 00:33:13 ID:YAJGDC/k0
上条さんに呪いなんて通用しないだろ
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 00:37:13 ID:p2r2hJ3r0
上条さんまた何かに騙されたのか
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 00:37:14 ID:SDnfkxwmP
美琴「…………あんた…」

美琴「……もうちょっと、ましな言い訳、考え付かなかったの?」

美琴「じゃあ、予告通り全殺しにしてあげるわよ!!?」

上条「だあ、落ち着け、御坂ッ!!? 冗談じゃなくて真面目な話なんだって!!」

インデックス「と、とうまの言ってることはホントにホントなんだよ!!」

上条「だ、だから、乱暴は止めろ!!」

美琴「…………………………」

上条「…………………………」

インデックス「…………………………」

美琴「…………………………マジな話?」

上条「マジだよ!! 本当に俺は、告白が成功すると死んじまうんだって!!!」

美琴「…………………………」

美琴「…………ちょっと、そこの喫茶店に入りましょう。詳しく聞かせなさい」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 00:48:50 ID:SDnfkxwmP
  午前10時30分、喫茶店・客席――――

店員「ホットコーヒーにオレンジジュース、サンドイッチセット、お待たせいたしました」

店員「それでは、ごゆっくりどうぞー」

美琴「…………………………」

美琴「……で、どういうこと?」

インデックス「昨日の夜、学園都市にとある魔術師が侵入したんだよ」

インデックス「目的は、私の脳の中にある10万3000冊の魔道書」

インデックス「でも、とうまが私を守ってくれたから、その魔術師はやっつけることができたんだよ」

上条「ところがだ、ソイツが去り際に俺にさっき話した呪いをかけていきやがってな」

上条「不思議なことに、その呪いは幻想殺しでも消すことができないみたいでな」

美琴「あんた、また変な事件に巻き込まれてたわけ……」

上条「ああ、相変わらず不幸だよな…。やれやれ……」

美琴「ふーん、その呪いがさっき言ってた……」

上条「ああ、告白が成功する、もしくは24時間以内に10人にフラれないと死ぬ呪いだ」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 00:49:50 ID:O7PMr+2I0
はい死亡確定
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 01:01:10 ID:SDnfkxwmP
美琴「24時間…?」

インデックス「とうまが魔術師に呪いをかけられたのが昨夜の1時ジャスト」

インデックス「つまり、タイムリミットは今夜25時ってことだね」

美琴「なるほどねぇ…」

上条「つまり、あと14時間30分以内に8人にフラれれば呪いを解除できるってことだ」

美琴「そっか、14時間30分以内に8人……」

美琴「…ん? 8人…?? 10-8=2、だから……」

美琴「つまり、私以外にもう1人、女の子に告ってってことよね?」

上条「ああ、インデックスにな」

美琴「え…? 今なんて……???」

上条「だから、まずはインデックスに告ってフラれたんだよ」

上条「お前と同じく、安全牌だからな」

美琴(この男、2連続で地雷を踏んだ!!!)
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 01:11:14 ID:SDnfkxwmP
美琴「……ちなみに、なんでアンタはコイツをフったわけ?」

インデックス「なんの脈絡もなく告白されたから、からかわれてると思ったんだよ……」

上条「一緒に暮らしているインデックスなら、冗談が通じると思ったからな」

インデックス(…………最初は本気にしたなんて…言えないんだよ……)

美琴(この、鈍感男め………)

美琴「……。ま、事情はわかったわ…」

美琴「でもさ、それって、要するにフラれればいいってことよね?」

美琴「だったら、同性に告ったら、もっと話は簡単なんじゃないの?」

上条「いや、それがダメなんだ。昨夜のうちに試しけど無効だった」

美琴「……試した?」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 01:27:50 ID:SDnfkxwmP
  午前1時45分(回想)、学生寮・土御門――――

舞夏「どうした、上条当麻? こんな夜遅くになにか用か?」

上条「ああ、ちょっと土御門を呼んでくれないか?」

舞夏「承った。……兄貴ぃ、客人が来たぞー」

土御門(もう…いったい誰だよこんな時間に……)

土御門(せっかくこれから兄妹で、都内なら確実に規制されるであろうことを始めようと思ってたのに……)

土御門「…誰かと思ったらカミやんか………。こんな時間に、なにか用か?」

上条「ああ、悪いんだが、俺と付き合ってくれないか?」

土御門「……………………悪い、寝ぼけてて聞き逃した。もう一度、言ってくれないかにゃ…」

上条「だから、俺と付き合ってくれないか?」

土御門「……それは、コンビニに行くのに付き合ってくれないか、とか、そういう意味の発言だよな?」

上条「ううん、俺と恋人として交際してくれないか、って意味だ」


  バタン!! ――――

上条「お、おい、待ってくれ、土御門!! ドアを開けて、話を聞いてくれ!!!」

土御門(ドア越し)「カミやん!! 二度と、俺と舞夏に話しかけるな!!!」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 01:46:58 ID:SDnfkxwmP
  午前2時00分(回想)、学生寮・土御門――――

  prrr,prrr ――――

青髪『はーい、もしもし。…………なんやカミやん、こんな夜遅くに…』

上条「ああ、悪いな、青髪。どうしても、今すぐ話しておきたいことがあってな」

青髪『話しておきたいこと…? 明日じゃダメなん?』

上条「できれば、今、話しておきたい。 実はな、青髪……」

青髪『うん……』

上条「俺と付き合わないか?」

青髪『……それは、深夜の散歩に付き合ってくれないか、とか、そういう意味の発言かな?』

上条「ううん、俺と恋人として交際してくれないか、って意味だ」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 01:48:21 ID:SDnfkxwmP
青髪『…………引くわぁ。確かに、ボクはありとあらゆる属性に対応しとるけど、そっちの気は…』

青髪『……つ、土御門とかに告ればいいんとちゃう? ほら、君たち2人、そっち方面で人気やろ?』

上条「ああ、土御門なら、さっき告白してフラれたところだけど…」

青髪『告白した!!? フラれた!!!』

上条「うん。だから次は、お前に告白したんだ」

青髪『ほ、ほなら、あれか!? カミやんは手当たり次第に声かけて、男のケツならどれでもいいってことか?』

青髪『こ、このケダモノ!! 見損なったで、カミやん!!!』

  ガチャッ!! ツーツーツーツー… ――――
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 01:50:44 ID:Y64b1iKg0
メンタル強いな
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 01:59:06 ID:SDnfkxwmP
  午前10時40分、喫茶店・客席――――

上条「その会話以来、俺は土御門にも青髪にも着信拒否されたままだ…」

美琴「……………………」

上条「まあ、2人の誤解はおいおい解くとして、今は呪いをどうにかするのが先だ」

インデックス「この呪いについて、もう少し詳しく説明しておくんだよ」


・名前のないキャラ(通行人A、Bなど)に告白しても無効
・同性に告白しても無効
・既にフラれた人物に告白しても無効
・明らかに交際することができない相手(母親など)に告白しても無効
・呪いについて他人に話したら、ペナルティーで即死亡
(ただし、告白してフラれた異性には話しても構わない)
・わざとフラれるような行為をして告白しても無効 
告白したかに問わず、交際を申し込まれたらアウト

※先の構想なしで書いているので、後々、ルールが追加・変更される場合あり


美琴「なるほどねぇ…。だいたいわかったわ」

美琴「じゃあ、とりあえず、安全そうな奴を呼び出してみるか…」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 02:08:01 ID:SDnfkxwmP
  午前11時20分、喫茶店・客席――――

上条「白井、俺と付き合ってくれ」

黒子「ふざけるなですの」


【残り人数:7人 残り時間:13時間40分】


インデックス「あ、カウントが減ったんだよ!! 成功したみたいだね」

美琴「ま、黒子なら当然そういうと思ったわ」

黒子「…………いったい、なんなんですの?」

美琴「実は、かくかくしかじかで……」


……
………

黒子「ほうほう、それは大変ですわね」

美琴「というわけで、協力してくれる?」

黒子「こんな類人猿などに手を貸すのは気が進みませんが、お姉様の頼みなら断れないですわね」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 02:09:01 ID:8JaYVKsd0
上条さんと知り合いの安全牌って黒子以外に誰かいるっけ?
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 02:20:24 ID:SDnfkxwmP
  午前11時40分、喫茶店・客席――――

上条「なあ、御坂、他に女の子の知り合いっていないか…?」

美琴「うーん、黒子以外だと、初春さんと佐天さんかな」

上条「…………他には?」

美琴「え?」

上条「ほら、お前ってレベル5で人望も厚いから、友達って多いんだろ?」

上条「だから、もったいぶってないで、もっとたくさん紹介してくれよ」

インデックス「お願いするんだよ!」

美琴「………い」

上条「え? なんだって…?」

美琴「この2人しか…いない…………」

上条「……………………」

インデックス「……………………」

美琴「……………………」

美琴「……………………ごめんね、電撃を出すしか役に立たない女で…」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 02:21:19 ID:O1qcPiWh0
ナチュラルに可哀想なことするなよwww
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 02:25:08 ID:vSWSIhkVP
俺が上条さんなら土下寝するレベルの地雷
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 02:29:25 ID:SDnfkxwmP
上条「……………………いや…、俺のほうこそ…、ごめん…」

美琴「…………呼び出すわね」

上条「……………………お願いします」

黒子(…な、なんですの……、この空気………)


  午前11時50分、学園都市・路上――――

佐天「御坂さん、いったいなんなのかな? いきなり呼び出したりして」

初春「口調が重苦しくて、なんだか遊びのお誘いって感じじゃなかったですよね?」

佐天「ま、行ってみればわかるか……。初春、それよりもさ…」

初春「はい?」

佐天「あんた、付き合っている人とかいる?」

初春「……また、唐突な話題ですね? どうしたんですか、いきなり…」

佐天「ほら、もうすぐバレンタインじゃん。だから、初春って彼氏いるのかなって」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 02:40:49 ID:SDnfkxwmP
初春「そんなの、いつも一緒にいるんだから、佐天さん、知ってるじゃないですか…」

初春「彼氏なんて、いるはずがありませんよ! そういう佐天さんはどうなんですか?!」

佐天「いつも一緒だから知ってるだろうけど、初春と同じくいないよ」

佐天「だからさ、2月14日までに、なんとかして恋人ゲットできないかなーって」

初春「うーん、でも、そんなに都合よく、交際できる男の子なんて現れないですって……」

佐天「そこをほら、なんとか頑張りたいって感じかな」


  午後12時10分、喫茶店・客席――――

初春「こんにちはー」

佐天「御坂さんたちはどこかなー、っと(…キョロキョロ」

黒子「おーい、こっちですの!!」

初春「あ、いましたよ!!」

上条「……ほ、ほら、御坂、俺が悪かったって………。なんか奢ってやるから、元気出せよ…」

美琴「…………………………………………」
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 02:49:15 ID:SDnfkxwmP
初春「それで、なんの用ですか、御坂さん?」

美琴「…………………………………………」

初春「あ、あの……、御坂さん…??」

美琴「………………ほら、さっさと用件、済ませなさいよ…」

上条「あ、ああ、……あーっと、2人いるな。どっちからにしよう…」

黒子「佐天さんからで、どうですの? 背が高い方ですの」

上条「ん、じゃあ、そうするか……」

佐天「え? ……私がなんですか?」

上条「会っていきなりこんな話で申し訳ないんだが、俺と交際してくれないか?」

初春「わ、わわ、佐天さん、告白されてますよ!!」

黒子(まあ、こんな出会っていきなりの告白、彼女なら確実に断るでしょうけれど……)

佐天「………………………………」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 02:53:19 ID:0VVAOeUk0
オワタ
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 03:01:26 ID:SDnfkxwmP
佐天「…………うーん、これは予想外の展開…」

初春「……どうするんですか、佐天さん?」

佐天「顔は…悪くないわね。…というか、どちらかといえば、むしろイケメンの分類…かな?」

佐天「……………………」

佐天「すいません。名前と年齢、レベルを教えてもらえますか?」

上条「ああ、上条当麻。高校一年生だ。レベルは無能力者」

佐天「年上かぁ……。良いかも。それに、同じ無能力者なら肩の力を抜いて交際できそうだし」

上条「あ、あれ……?」

インデックス「ちょ、ちょっと、とうま! なんだか、悪い流れなんだよ!!」

佐天「うん、決めた! きっと、悪くない出会いだよね!!!」

黒子「ス、ストップですの!! 佐天さん!!!」

佐天「上条当麻さん、私、さっきの告白……」

上条「ま、待った待った、や、やっぱり止める!! なしってことで!!!」

佐天「オッケーですよ、私と付き合いm」
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 03:12:10 ID:SDnfkxwmP
美琴「10万ボルトぉぉぉぉぉぉぉオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!」

  ビリビリビリビリビリビリッッッ!!! ――――

佐天「!!? ぎゃああああああああああああああああ!!!」

初春「さ、佐天さん!!?」

インデックス「た、短髪がとうまの危機に立ち直ったんだよ!」

初春「さ、佐天さんが、佐天さんがコゲたぁ!!!」

佐天「………………………………(プスプス、プスプス……」

美琴「おい、花……」

初春「は、花?? も、もしかして、私のことですか???」

美琴「あなた以外に、花はいないでしょう……」

美琴「断るわよね?」

初春「へ? な、なにをですか?」

美琴「アイツの告白、当然断るわよね?(ギロッ…」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 03:23:02 ID:SDnfkxwmP
初春「こ、断ります!! もちろん断りますから!!」

初春「だから、私は焦がさないでください!! お願いします!! 助けてください!!!」

佐天「………………………………(プスプス、プスプス……」

上条「い、生きてる…。セーフだったのか、ギリギリで……」

黒子「と、とりあえず、佐天さんの様子は私と初春が診ますので、お姉様たちは逃げてください!」

  ザワザワ、ザワザワ ――――

黒子「さっきの電撃で、すぐにジャッジメントが何事かと駆け付けます」

黒子「ここは、この黒子が上手く誤魔化しますので!!」


  午後12時30分、学園都市・公園――――

上条「ふぅ、危うく、告白が成功するところだった……」

インデックス「九死に一生だったかも」

美琴「…………………………数少ない友達を失ってしまった…(ズーン… 」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 03:37:51 ID:SDnfkxwmP
【残り人数:7人 残り時間:12時間30分】

インデックス「でも、カウントは減っていないみたいなんだよ?」

上条「あれじゃあ、フラれたって見なされないってことか?」

インデックス「多分、『わざとフラれるような行為をして告白しても無効』に抵触したのかも…」

上条「あと、12時間ちょっとで7人か…。いったい、誰に告白すりゃ無事にフラれるんだよ……」

上条「…………お、あそこにいるのは…。ちょうどいいや」

上条「おーい!」


御坂妹「おや、あそこにいるのは……、とミサカはよく知った人物の姿を視認します」

御坂妹「なにか用ですか、とミサカは偶然会ったあなたに話しかけます」

上条「大した用じゃないんだ。実はな、俺と付き合……ふごごふがががが」

美琴「待ちなさい!! あまり不用意に告白すんな!!!」

上条「い、いひゃい!! ひょの手をはなへ、みはか(ふごふがががが…」

御坂妹「……?」
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 03:43:07 ID:MYgxjNdJ0
妹はダメだろ・・・
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 03:47:08 ID:SDnfkxwmP
美琴「ねえ、あんた、どう思う…?」

インデックス「9割くらいの確率で、アウトになると思うんだよ……」

美琴「同感ね。これは、見えてる地雷よね……」

御坂妹「なんの話なのか見当がつかないと、ミサカは戸惑います」

美琴「ああ、ごめんね。こっちの話よ……」

美琴「はぁ…。あんたがセーフ確実だったら、こんな呪い、簡単に解除できるのにね」

インデックス「世の中、上手くは回らないものなんだよ…」

美琴「……………………」

美琴「あ、そうだ。多分、アイツならセーフだと思うのよね」

美琴「ねえ、ちょっとアイツが今、どこにいるのかを教えてくれない?」

御坂妹「アイツとは誰のことでしょうか、とミサカは問い返します」

美琴「アイツって言ったら、アイツよ」

美琴「ほら、ちっちゃくて、騒がしいアイツのこと」
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 03:59:53 ID:SDnfkxwmP
  午後13時30分、学園都市・駅前――――

上条「いきなりで悪いんだけどさ、俺と付き合ってくれないかな?」

打ち止め「それは、男女として交際したいって意味、ってミサカはミサカは問いなおしてみたり」

上条「ああ、そうだ。俺と、男と女として付き合ってくれ」

打ち止め「そんなこと言われても……」

打ち止め「私には他に好きな人がいるからって、ミサカはミサカはお断りしてみる」


【残り人数:6人 残り時間:11時間30分】


インデックス「やった! また一人、カウントが減ったんだよ!!」

美琴「まあ、これは安全牌よね。年齢差もあるし」

上条「そうだよな。こんな小さい子と交際なんて、ロリコン以外ありえないって思うわけですよ」

美琴「さ、じゃあ、あと6人、告白しに行きm」

打ち止め「あ、帰ってきたって、あの人に向かってミサカはミサカは手を振ってみる(ブンブン!!」


「なンなンですかァァあ? いったい、なにを話しかけてやがるんですかァ、三下ァァァあああああ!!!!」
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 04:08:53 ID:k4G98+zx0
上条死んだな。呪いでなく
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 04:17:10 ID:SDnfkxwmP
一方通行「なンなンですかァァあ? なにを話しかけてやがるんですかァ、三下ァァァあああああ!!!!」

打ち止め「おかえりー、ってミサカはミサカはきちんとおやつ買ってきてくれたか気になる様子」

上条「あ、あの……、お、お久しぶりですね…。買い出し中でしたか、あははは……」

一方通行「あァ、コンビニに缶コーヒーを買い溜めしになァ……」

一方通行「そしたらなんですかァ、お前が、付き合うどうのこうのって聞こえた気がするが……」

一方通行「あれは俺の幻聴かなんかですかァァ? どうなんだァ? おいィィ???」

美琴(ちょっと、ちょっと! これってなんだか……)

インデックス(別の意味で死亡フラグを立てちゃった気がするかも……)

上条「あ、あのですね…、それは、ちょっと道案内に付き合ってもらおうかって意味でして……」

打ち止め「あれ、男女として交際だって言ったよねって、ミサカはミサカは首をかしげる」

上条「……………………(余計なことを……)」

一方通行「……………………」

上条「……あの…、もしかして怒ってらっしゃったりしますでしょうか…?」
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 04:33:15 ID:SDnfkxwmP
一方通行「……別にィ………」

上条「そ、そうだよな! 別に、小さな女の子に冗談で告白したくらいで怒ったりしないよな」

一方通行「あァ、怒ったりしねェよ…。当然だろォ……」

上条「そうですよねぇ…、ロリコンじゃあるまいしねぇ……」

一方通行「そうだよなァ…、俺はロリコンなンかじゃねェし、怒ったりしねェよなァ……」

上条「あっはっはっはっはっは!!」

一方通行「あっはっはっはっはっは!! ……………………。だが…」


一方通行「愉快な死体になりやがれェェェェェえええええ!!!!!!!!!!!」

上条「なんなんですか、この不幸はぁああああ!!!!!!(DASH!!」

一方通行「逃げてンじゃねェぞ、三下がァァァァァァああああ!!!(DASH!!」


美琴「ふ、2人とも速い……」

インデックス「追いつけそうにないんだよ………」
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 04:46:36 ID:SDnfkxwmP
  午後14時12分、デパート・食品フロア――――

上条「はぁはぁはぁ……、どうやら………、逃げ切れたみたいだな…」

上条「しかし、御坂とインデックスとははぐれちまった…。どうする?」

  ヒュン!! ――――

黒子「見つけましたの、上条当麻」

上条「!! ……白井。あの女の子は無事だったのか?」

黒子「佐天さんも初春も、別段大した怪我ではありませんでしたの」

黒子「それより、告白は順調に進んでいまして? お姉様の姿が見当たりませんが……」

上条「残り6人だよ。なんとかしないとな……」

上条「…………ん? あれは…」

上条「姫神! 姫神じゃないか!! おーい、姫神!!」

姫神「……あれは。上条当麻。こんなところで会うなんて…」
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:02:02 ID:SDnfkxwmP
上条「姫神こそ、なにしてんだよ? なにも持ってないし、買い物には見えないけど……」 

姫神「私は…。試食コーナーを回ってタダ食い。休日の日課(モグモグ…」

上条「そ、そうか……」

黒子「ちょっと、ちょっと……」

上条「ん?」

黒子「どちらさまですの? この独特な空気を持ったお方は……」

上条「ああ、姫神秋沙、俺のクラスメートだ……。あ、ちょうどいいや!」

上条「なあ、姫神…」

姫神「……なに?(モグモグ…」

上条「俺と付き合わないか? 男女として交際しようって意味で」

黒子「!!?」

姫神「!!!!??(モグモ、グ、グフッ!! グッ!!!…」
171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:14:58 ID:SDnfkxwmP
姫神「ぐ、ぐっふ、た、食べていた焼き芋が、、つ、詰まって……(グググググ……」

上条「お、おいおい、大丈夫かよ、姫神……(トントン…」

黒子「ちょっと! ちょっと!! ちょっと!!!」

黒子「な、なにをやってるんですの!! あなたは!!!」

上条「なにって……、カウントを減らそうとしただけだろ?」

黒子「あ、あなた、ちゃんと相手を考えて告白しているんでしょうね?」

黒子「その黒髪の彼女、あなたに気はないってことは確かですの?」

上条「ああ、大丈夫、学校で毎日会ってるけど、そんなそぶり全然ないし…」

上条「そうだよな、姫神? お前は、俺なんかに全然興味ないよな?」

姫神「ふーふーふーふー…。気道確保完了。……死にかけた」

姫神「ねえ…。上条君……。さっきの。本気……?」
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:23:18 ID:SDnfkxwmP
上条「え…? あ、いや、あの……、本気っていうか、ちょっと姫神の気持ち知りたいなー、なんて……」

上条「あの……、当然、答えはノーですよね?」

姫神「……………………よ」

上条「え?」

姫神「私…。上条君と。付き合ってもいい」

姫神「ううん…。そうじゃなくて……。上条君と恋人になりたい」

姫神「上条君…。私と。付き合ってください……」

上条「……………………えーっと…」

上条「なあ、白井……、これって………」

黒子「試合終了…。享年16歳、短い人生でしたの……。ご愁傷さま」

上条「うわああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

姫神「……?」
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:26:00 ID:j369S84L0
終わったwwww
180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:30:36 ID:SDnfkxwmP
上条「まさか、こんなところで死ぬなんて……、無念だ………」

上条「………………………」

上条「………………………」

上条「………………………」

上条「………………………あれ? 生きてるぞ? …なんで??」

上条「な、なあ、姫神? お前、俺の告白にオーケーしてくれたんだよな?」

姫神「はい。旦那さま(…ポッ!!」

上条「んん、どういうことだ…?」

黒子「……もしかして、このルールに引っ掛かったんじゃありませんの?」

上条「え、どれどれ……?」


【ルール集】
・名前のないキャラ(通行人A、Bなど)に告白しても無効
183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:32:34 ID:j369S84L0
これはひどいwwwwwモブ扱いかよwww
184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:32:36 ID:0MXLIdcFQ
ひでぇwwwwwwwwww
190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:37:40 ID:9XAIVzEC0
姫神哀れすぎるwww
192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:39:22 ID:SDnfkxwmP
上条「ああ…、なるほど!! それで、俺、生きてるのか」

黒子「まったく、あなたは危なっかしいにもほどがありますわ!」

姫神「…………あの…。名前がないってなに?」

姫■「私にはちゃんと。姫■■■って名前が……あれ?」

■■「台詞の左に名前が表示されてない……」

上条「悪かったな姫神、変なこと言っちまって。さっきの告白は嘘だ」

■■「は?」

上条「さっさと忘れちまってくれ。じゃあ白井、残り6人、早くすませようぜ!」

黒子「はいですの」

上条「じゃあ姫神、また学校でな~」

  ポツーン ――――

■■「……………………」

■■「…………なに。この扱い…」
198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 21:54:04 ID:SDnfkxwmP
  午後15時03分、学園都市・路上――――

美鈴「私と付き合いたい? あなた大覇星祭であった…確か、上条当麻くんだったよね」

美鈴「気持ちだけ受け取っておくわ。私、既婚者だし」

上条「あはは、そうですよねー」


  午後15時07分、コンビニ・店の前――――

上条「おーい、白井! カウント減らしてきたぞー」

黒子「…………減ってませんの」

上条「え? だって、さっき御坂の母親にフラれてきたぞ?」

黒子「……それは、無効ですの」


【ルール集】
・明らかに交際することができない相手(自分の母親など)に告白しても無効


上条「あぁ~、交際できないってことは、既婚者はノーカンか……」

黒子「一つ伺いたいのですが……、あなた、本当に呪いを解く気はありますの?」
204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 22:06:37 ID:SDnfkxwmP
上条「なに言ってんだよ、白井……。あるに決まってるじゃないか」

上条「あと10時間以内に6人にフラれないと、俺は死んじまうんだぞ」

黒子「加えて、告白が成功してしまっても絶命する」

上条「その通りだ。だから俺は、知り合いに声をかけて……」

黒子「だ、か、ら!! その相手をもっとよく吟味しろって言ってますの!!!」

黒子「ルールもあんまり覚えていらっしゃらないようですし!!」

黒子「さっきの黒髪の女性のときだって、一歩間違えたら死んでましたの!!!」

黒子「別に、私はあなたが死のうが生きようがどうでもいいですが、それではお姉様が哀しみます」

黒子「ですので、以後は私がOKを出した女性以外には告白しないようにしてくださいませ!!!」

上条「あー……」

黒子「わかりましたわね!!! 返事は、はい、ですの!!!!」

上条「……………はい」

黒子「それでは、残り6人、なんとかしますわよ」

上条(………………俺、中学1年の尻に敷かれてる??)
206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 22:23:27 ID:SDnfkxwmP
  午後15時34分、学園都市・公園――――

黒子「彼女なら身持ちもしっかりしているし、大丈夫だと思いますの」

上条「……いや…、でも…………」

黒子「ああ見えても、彼女はしっかりと教育されたメイド、繚乱家政女学校の所属…」

黒子「貞操観念もしっかりしていますので、あなたの告白などに応じるはずございませんの」

上条「………………や、やあ、久しぶり…」

舞夏「……………………(グルグル…」

上条「えーっと、俺と付き合わないか…?」

舞夏「……なあ、上条当麻…、確か昨日の夜、兄貴に告白してたよな?(グルグル…」

上条「あ、ああ……」

舞夏「そして今は、その妹である私に告白している…(グルグル…」

舞夏「私には、あなたが随分と軽薄な人間に見えるんだが…(グルグル…」

舞夏「同性愛についてどうこう言う気はないけど、優柔不断なのは感心しないぞ?(グルグル…」

上条「……………………」

舞夏「その点について、なにか弁明を聞きたいのだけれど…(グルグル…」
211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 22:34:30 ID:SDnfkxwmP
上条「…………いけないのかよ…」

舞夏「……え?(グルグル…」

上条「兄と妹を、同時に好きになっちゃいけないなんていう決まりがあるのかよ!」

舞夏「……い、いや、でも………、私は、兄貴のことが…(グルグル…」

上条「大丈夫だ、バレないように寝取って二股すれば問題ない!!」

舞夏「!!!?(グルグルッ!!?」

舞夏「………………か野郎…(グルグル…」

上条「え?」

舞夏「上条当麻のバカ野郎!! 見損なったぞォ!!!(グルグル…」

  タッタッタッタ!! ――――

上条「あ、逃げちまった…。泣かしちゃったけど、大丈夫かな……」

上条「呪いが解けたら謝っておこう。とにかく、これで残りは5人か…」


【残り人数:5人 残り時間:9時間26分】
212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 22:37:06 ID:MuFoJIAM0
これ呪いとけてもその後社会的に死んでるだろう上条さん
219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/13 22:55:01 ID:SDnfkxwmP
  午後15時34分(舞夏に告白した同時刻)、デパート・食品フロア――――

滝壺「ねえ、はまづら、あの人、床に座り込んでなにしてるんだろう?」

浜面「ん?」


■■「上条君に弄ばれた。上条君に弄ばれた。上条君に弄ばれた。あはははははは」


浜面「あれは、恋人に捨てられたんだろうな、可哀想に…。そっとしといてやろうぜ」

滝壺「はまづらも、恋人に捨てられちゃったらあんな風になるの?」

浜面「んー、どうだろうな。滝壺に捨てられちゃったら、ああなっちまうかもな」

滝壺「…………大丈夫だよ。私はどんなことがあっても、恋人の浜面を捨てたりしないから」

浜面「ありがとよ。俺も、なにがあっても恋人の滝壺を捨てたりしないからな」

滝壺「……でも、みんなに内緒で交際するのも大変だね」

浜面「まあな。麦野や絹旗たちにバレたら、色々と冷やかされそうだしな」


  同時刻、デパート・食器類フロア――――

絹旗「でも、超珍しいですね、麦野がこんなところで買い物に付き合ってくれなんて」

麦野「ちょっと、作りたいモノがあるのよ」
295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 22:43:13 ID:z3wphI8TP
  午後15時34分(舞夏に告白、浜面・滝壺のデートと同時刻)、学園都市・路上―――― 

インデックス「なんとかあの黒翼のシマシマ服の人から逃げ切ったけど……」

インデックス「とうまとははぐれたまんまなんだよ…。大丈夫かな、とうま……」

美琴「うん、うん、わかった、……じゃあ、今から2人で一緒に行くから待っててね」

  プツッ、プープープー ――――

インデックス「ねえ、短髪、ケータイ電話でとうまと連絡は取れた?」

美琴「うん、黒子と一緒にいるってさ。あと、残り5人だって」

インデックス「そっか! それは良かったんだよ!!」

美琴「じゃあ、さっそく、黒子たちと合流しましょう!」


「あれ、こんなところでなにしてるの?」

美琴「!!?」

「そっちのシスターさんはどなた? 見かけない顔だけど……」

インデックス「…………?」

美琴(厄介な奴に会っちゃったな……。なんとなく、嫌な予感がする…)
298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 22:54:36 ID:z3wphI8TP
  午後15時43分、デパート・食器フロア――――

麦野「会計は、福沢諭吉が一枚とちょっとか……。以外と高くついたわね」

絹旗「ねえ、麦野、そんなに超色々買い込んで、いったい何を作る気なんですか?」

麦野「んー、知りたい?」

絹旗「…………まあ、知られたくないことなら無理に詮索しませんけど」

麦野「まあ、絹旗にだったら話してもいっか」

絹旗(ああ、これは誰かに聞いてもらいたくて仕方ない系ですね)

絹旗「なにを作るんですか?」

麦野「チョコレートよ、バレインタインの」

絹旗「……これは超意外でした。また、随分と乙女なものを…」

絹旗「でも、バレンタインって一か月も先ですよね? なんか、超気が早いっていうか…」

麦野「ま、練習は必要だしね」

絹旗「でも、麦野…。渡す相手はいるんですか?」

麦野「…………………………」

麦野「……………………浜面」
307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 23:10:28 ID:z3wphI8TP
絹旗「…………はい?」

麦野「だから、浜面のバカに義理チョコでも恵んでやろうかなって言ってんの」

絹旗「はあ…?」

麦野「アメとムチってやつよ。……ほら、こき使ってばっかじゃちょっと可哀想でしょ?」

絹旗「…………」

麦野「まあ、そんなわけで、別にそれ以上の意味はないわよ」

絹旗(…………)

絹旗(義理チョコを一カ月前から練習してから渡すんですか……)

絹旗「これはまた、わかりやすいツンデレですね(ボソ…」
309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 23:14:32 ID:z3wphI8TP
麦野「ん? なにか言った、絹旗?」

絹旗「別に、なにも……」

麦野「じゃあ、練習用のチョコの素材を買いに、今度は食品フロアに行こうか」

絹旗「その前に、同じフロアにあるフードコートに行きたいです。小腹が空いたので」


  同時刻、デパート・フードコート――――

滝壺「はまづら、お腹空いたから、ここでなにか食べよう?」

浜面「ああ、そうするか」

滝壺「なに食べたい?」

浜面「理后を(ボソ…」

滝壺「……。は、はまづらのエッチ!!」

滝壺「………………そういうのは、お家に帰ってからだから…(ポッ…」
316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 23:31:07 ID:z3wphI8TP
  フードコート・入口――――

絹旗「麦野、なに食べますか?」

麦野「こういう所って、シャケ弁は売ってない…わよね?」

絹旗「さすがにないと思いますけど……」

麦野「まあ、たまには別のモノを食べるのもいっか……」


  フードコート・テーブル席――――

滝壺「あ、はまづら、口の横にご飯粒が付いてるよ…」

浜面「ん? ……そうか」

滝壺「あ、違うよ。そっちじゃなくて……。私が取ってあげるね」

  チュッ! ――――

浜面「な、あ……、おいおい滝壺、お前も口の横にソース付いてるぞ」

浜面「俺が拭いてやるよ」

  チュッ! ――――
319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 23:34:48 ID:z3wphI8TP
滝壺「あ、……。仕返し!」

  チュッ! ――――

浜面「この野郎! こっちこそ!!」

  チュッ! ――――

滝壺「もう! 仕返しの仕返し!!」

  チュッ! ――――

浜面「やったな! なら、仕返しの仕返しの仕返しだ!!!」

  チュッ! ――――

  チュッ! ――――

  チュッ! ――――


絹旗「……………………。見てはいけないものを見てしまった気がします」

絹旗「まさか、あの2人があんな関係だったとは……」

絹旗「…あ! あの、麦野……」

麦野「…………よ」
322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 23:42:44 ID:z3wphI8TP
絹旗「…え?」

麦野「別に、怒ってねえよ(プルプル…」

絹旗「あの…、私はなにも尋ねてないですけど」

麦野「怒ってねえよ! 悔しくねえよ! なぁんにも悲しくねえよッ!!(プルプル…」

麦野「関係ねぇよ! かァんけいねェんだよォ!! 浜面がどこの誰と付き合ってたってよォ(プルプル…」

麦野「別に、私には…(プルプル…」


滝壺「ダメ! はまづら、そんなとこ触っちゃ!!!」

  チュッ! ――――

浜面「知ってるんだぞ!! 滝壺がココが弱点だってことくらい!!!」

  チュッ! ――――


麦野「ちくしょおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

  タッタッタッタッ!!! ――――

絹旗「あ、麦野!! どこに行くんですか!!!」
325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 23:47:51 ID:lE8iB++c0
これ麦野じゃなくたってウザいと思うだろ
326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 23:49:50 ID:YiXTHFNp0
俺がウェイターなら水ぶっかけてる
328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/14 23:53:36 ID:z3wphI8TP
  午後15時50分(麦野が浜面・滝壺のデートを目撃した同時刻)、学園都市・路上――――

美琴「ちょっと! あんた、なに付いてきてんのよ!!」

心理掌握「んー? 暇だから?」

美琴「私たちはこれから人に会わなきゃいけないんだから、とっとと帰りなさいよね!」

心理掌握「別にいいじゃん。それとも、隠れて会わなきゃいけないような人なの?」

心理掌握「ねえねえ、シスターさん、これから誰に会うの?」

インデックス「えっと、とうまとだよ……」

インデックス「上条当麻っていってね、とうまは普通の高校生だけど……」

美琴「ストップ! ちょっと、この女にあんまり余計なこと話さないで!!」

インデックス「え? でも……」

心理掌握「いいじゃない、ケチ!!」

美琴「とにかく、私たちはこれから用事があるから、帰ってよね」

心理掌握「…………ねえ、私もその、上条当麻っていう人に会ってもいい?」
330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15 00:05:29 ID:iQzFLbVCP
  午後15時50分(麦野が浜面を目撃、美琴と心理掌握の会話の同時刻)、学園都市・駅前――――

土御門「……黒い翼を生やした男が暴れていると聞いて駆け付けたが………」

土御門「正体は、やっぱりお前か……」

一方通行「……うるせェ…。俺はな、あの三下を、上条当麻をブチ殺さなきゃ気が済まねェンだよォ…」

一方通行「止めるってンなら、お前でも殺すぞ……」

土御門「カミやんを…? まさか、お前もアイツから告白されたとかかにゃ?」

一方通行「はァ…? なンで俺が、三下から告白されなきゃいけないンでだよ?」

一方通行「あの野郎は、俺の打ち止めに手を出しやがったんだよ…。これが許せるかってンだ……」

土御門「にゃーんだ、なにも、そんなことでキレたりしなくても……」

  prrr,prrr ――――

土御門「ん? ケータイに着信……。舞夏から、か………」

土御門「おう、舞夏、どうした…? ……お、おい、なに泣いてんだよ…」

土御門「え? カミやんがどうしたって…? 落ち着いて、お兄ちゃんに話してみろって…」
336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15 00:18:21 ID:iQzFLbVCP
土御門「うん…、うん……、そうか………、わかった」 

土御門「ほら、もう泣くな、舞夏。お兄ちゃんが、舞夏の敵をちゃんと取ってやるから…」

土御門「じゃあ、切るぞ……」

  ガチャ、ツーツーツー ――――

土御門「あの野郎……、ホモはともかく…、兄妹で二股をかけようとし、可愛い義妹を泣かすとは……」

土御門「おい、一方通行……」

一方通行「あン……?」

土御門「どうやら俺にも、上条当麻を殺さなければならない理由ができたようだ……」


  同時刻、学園都市・路上――――

麦野「いたっ!! ったく、無様に転んじまっちゃったじゃねぇか……」

麦野「今、私は機嫌が悪いんだよ!! お前、どこに目を付けて歩いてんだァ!!」

上条「どこに目を付けてって……、そっちが猛スピードで走ってて、ぶつかってきたんじゃないですか?」
340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15 00:30:29 ID:iQzFLbVCP
  学園都市・路上(上条当麻から少し離れたところ)――――

黒子「え、すぐにはこっちに来られなくなった? お姉様、それはどうしてですの?」

黒子「ふむ…。ふむ……。では、心理掌握を巻いてからこちらに来られるんですのね」

黒子「わかりましたの。では、お姉様、お気を付けて……」

  ガチャ、ツーツーツー ――――

黒子「やれやれ。黒子、あの類人猿と2人では心細いですの……」

黒子「ん……? あの長髪の女性、確か……」


上条「怪我は大したことないみたいだな…。よかったよかった」

上条「じゃあ、今度からはしっかり前を見て歩いてくださいよ」

麦野「お、おう……」

上条「おーい、白井、さっさとその、固法先輩って人に会いに行こうぜ!」

黒子「はいですの」

麦野「……………………」
344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15 00:40:48 ID:iQzFLbVCP
  タッタッタッタッ!! ――――

絹旗「いたいた! 探しましたよ、麦野!!」

絹旗「超困りますから、勝手にどこかに、走って行かないでください」

絹旗「確かに、浜面が滝壺とあんなことをしてたのを目撃してショックだったのは超わかりますけど……」

絹旗「あれ、麦野、その肘の怪我はどうしたんですか? ハンカチを巻いて手当してあるみたいですが……」

麦野「上条当麻……」

絹旗「え? 誰です?」

麦野「上条当麻っていう、さっき会った男が手当てをしてくれた」

麦野「ねえ、絹旗、私、ちょっとナイスアイデアってやつを思いついちゃったんだけどさ……」

絹旗「は、はあ……」

麦野「浜面のやつ、私の目につくところで無茶苦茶ウザいことしてくれたじゃん?」

絹旗「え、ええ、まあ……」

麦野「私も、浜面の見ている前で同じことしてやれば、仕返しすることができるんじゃない?」

絹旗「……あの、言ってる意味が超よくわからないんですけど…」

麦野「決めた。私は、あの上条当麻って男を彼氏にする。今日中に」
348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15 00:53:16 ID:iQzFLbVCP
絹旗「……お伺いしますが、麦野はその、上条当麻って男が好きなんですか?」

麦野「全然。でも、顔もそんなに悪くなかったし、なんか手頃そうだったから」

絹旗「あの…、相手が同意しなければ恋愛関係になれないってことは理解してますか?」

麦野「拒否したら、襲えばいいじゃない」

絹旗「……はい?」

麦野「もし拒否したりしたら、原子崩しで痛めつけて首を縦に振らせればいいのよ」

麦野「私はレベル5の第4位なわけだし、これくらい楽勝よね」

絹旗「……そうですか。では、根本的な話をしますけど……」

絹旗「麦野がその上条当麻とキスしてるのを見ても、別に浜面は悔しがらないんじゃないですか?」

麦野「なんで? 浜面が滝壺とくっ付いたのって、要するに私に恋人がいなかったのが問題なわけじゃない」

麦野「私が他の男とキスしてるの見たら改心して、滝壺と別れて私と付き合いたくなるってわけよ」

絹旗(なんなんですか、その都合のいい超理論は……?)

麦野「そうと決めたら、絹旗、さっさと上条当麻を探すわよ」
351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/15 01:04:14 ID:iQzFLbVCP
土御門「さあ一方通行、あの男への復讐の狼煙を上げるぜよ!」

一方通行「三下ァ……、見つけ次第、元の姿もわかンねェくらいミンチにしてやンよォ……」


美琴(コイツ、どうしても付いてくる気ね…。なんとしても撒いて、アイツに会わなくちゃ……)

心理掌握(どうしても会わせたくないみたいだけど、それって、その男が第3位のウィークポイントってわけよね?)

心理掌握(こうなったら、絶対にその上条当麻って男に会ってやるわよ……)


絹旗「ちょっと、麦野、もう少しゆっくり歩いてください!」

麦野「上条当麻ァ、痛い目に遭わせてでも、絶対に私の恋人にしてやんよォ……」


上条「それで、その固法先輩のいるジャッジメントの支部までは時間かかるのか?」

黒子「もうすぐ着きますの。急ぎましょう」

【残り人数:5人 現在時刻:16時 残り時間:9時間】
437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/16 22:48:16 ID:9W5IGawbP
  午後16時7分、ジャッジメント第一七七支部・部屋―――― 

固法「白井さん、部外者をむやみやたらに部屋に上げるというのは……」

黒子「申し訳ありませんの。ですが、人の命がかかっていることですので………」

固法「それなら仕方ないけど……。上条当麻君よね? どんな用かしら?」

上条「えっと…、白井、この人は大丈夫なのか?」

黒子「大丈夫ですの。固法先輩には、黒妻綿流という立派な想い人がいますので」

黒子「そうですわよね、先輩?」
438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/16 22:51:48 ID:9W5IGawbP
固法「……………………」

黒子「あ、あの……、先輩?」

固法「でも彼がお勤めを終えて出てくるまで、どのくらいかかるのかしらね……」

固法「ほら、私も女の子だし、ちょっとくらいあの人以外の人とデートしてもいいわよね…」

黒子「こ、この流れ、危険ですの!!」

黒子「逃げますわよ!」

上条「え、お、おい!!」

  ガチャ、バタン!! ――――

固法「どこかに、ちょっとデートに付き合ってくれる男の子はいないかしらなんて……」

固法「…………あれ? 白井さんに上条くん、どこに行ったのかしら?」
443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/16 23:05:14 ID:9W5IGawbP
  午後16時23分 ――――

婚后「はあ? 私と付き合いたい? それはなんの冗談かしら?」

黒子「うん、うん、ナイス反応ですの」

上条「それはつまり、俺とは付き合ってくれないってことでいいんだよな?」

婚后「……と言いたいところですが…」

婚后「社会勉強として、たまにはアナタのような冴えない不幸面な男と付き合うのもいいかもしれませんわね」

婚后「光栄に思いなさい! この婚后光子、特別サービスで今日のみアナタとお付き合いを……」

婚后「…………って、あの2人、どこに行ったのかしら?」


  午後16時42分 ――――

上条「ってなわけで、嫌なら別に断ってくれてもいいんですよ? というか、嫌ですよね?」

木山「……私は研究一筋で生きてきた女だ。だから、普段なら断るんだろうが………」

木山「たまには、羽を伸ばして男女交際というものをしてみるのもいいかもしれないな」

木山「というわけで、君の誘いを…………って、気付いたら2人ともいないな…?」
444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/16 23:06:59 ID:TuGOkxx0P
上条さんマジパネェwwwwwwww
446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/16 23:07:41 ID:JTA4PkORP
上条くたばれww
452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/16 23:17:04 ID:9W5IGawbP
  午後16時48分、学園都市・路上 ――――

黒子「い、いったいどうなってますの……」

黒子「な、なんだか、いつもの5割増しくらいでフラグが立ちやすくなってる気が………」

上条「うーん、これも、呪いの影響なのか……?」

黒子「この調子じゃ、あと5人にフラれるなんて不可能ですわよ!」

上条「なんとか、手を打たないとな……」

黒子「おそらく、普通の女の子に告白していたのでは、攻略は無理だと思われます」

黒子「ですので、なんとかして、変わり者の女の子に告白しないと…」

上条「んなこと言ったって、普通じゃない変わり者の女の子なんて簡単に見つからないだろ…」

黒子「うーん………」


黒子「あっ!」

上条「ん?」

黒子「道の向こうに、変態女を発見いたしましたの!」
456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/16 23:39:28 ID:9W5IGawbP
  アニメイト・店内 ――――

店員「店長…、またあの女の子、店頭のPV見てハアハアしてますよ……」

  アニメイト・店頭のデモテレビの前 ――――

< シンリャク! シンシャク! シンリャク! シンリャク! シンリャク! シンリャク! イカムスメ! チュッ!!!
< ソンナー、ヒドイヨ、イカネーチャン!!
< ゲソゲソ イワナイ イカネーチャン ナンテ、ソンナノ イカネーチャン ジャ ナイ!!


結標「はぁはぁ……、たけるキュン、ショタ可愛いよたけるキュン……(ハアハア…」

結標「はあ…、どうして、たけるキュンは現実じゃなかったんだろう…(ハアハア…」

結標「たけるキュンと私は、どうして二次元と三次元という隔たりを持って生まれてきてしまったのだろう……(ハアハア…」

結標「たけるキュンが現実にいたら、おはようからおやすみまでなでなでしてあげるのにな……(ハアハア…」

結標「たけるキュン、お姉ちゃんとキスしよう!(チュー」

黒子「こら、そこの変態! お店のテレビにチューしようとするなですの!!」


(注釈)たけるとは…?
インデックスにそっくりのキャラクターが登場するアニメ『イカ娘』に登場するショタ

462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/16 23:53:23 ID:9W5IGawbP
結標「……………………もしかして、見てた…?」

黒子「ばっちりですの」

結標「…………………………人生が…終わった……(orz…」

黒子「別に、アナタにどんな性癖があろうと私は気にしませんの…」

黒子「ほら、そんなことより、さっさと目的をすませてくださいませ」

上条「あ、ああ…。なあ、俺と付き合ってくれないか?」

結標「はあ? なんで、アンタみたいなデカい男と交際しなきゃいけないのよ?」


【残り人数:4人 残り時間:8時間12分】


上条「お、なんか、久しぶりにカウントを減らせた気がするぞ」

黒子「さすがですの。変態ショタ属性はちょっとやそっとのことじゃ揺らぎませんわね」

結標「ちょっと、さっきから変態変態ってなによ! 変態百合女に変態呼ばわりされたくない!!」

黒子「なんですって、このショタ萌え女!!」

結標「やる気かしら、このレズ女!!!」

上条「まあまあ……」
465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/17 00:09:56 ID:FKxXPFPXP
結標「おっと、そうだ……。ねえ、上条当麻ってあなたね? 前に会ったことがあるけど」

上条「ん、そうだけど……」

結標「一方通行と土御門が、あなたのこと探してたみたいよ」

上条「え? なんで俺のことを……」

結標「理由は知らないけれど、なんか随分と怒ってた感じね」

結標「三下の野郎をぶっ殺す! ……って」

黒子「あなた、いったいなにをやらかしたんですの?」

上条「……あの野郎、打ち止めに告白したことを、まだ怨んでやがるのか…」

結標「見つけたら連絡してほしいって頼まれてるんだけど……」

上条「ちょ、ちょっと待て! それはまずい!!」

黒子「第一位に追いかけ回されながら告白なんて、絶望的ですの!!」

結標「うーん、どうしようかしらね。一応、彼らとは仲間なわけだし…(ニヤニヤ…」

結標「連絡しちゃおうかなー。ショタ女がどうとか、随分とバカにしてくれたみたいだし(ニヤニヤ…」

黒子「…………では、私たちと取り引きをいたしませんこと?」
467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/17 00:26:55 ID:FKxXPFPXP
結標「取り引き?」

黒子「まず最初に状況の説明を。この男、上条当麻は今夜1時までに残り4人の女性に告白をしなければなりません」

黒子「ですので、あなたにはそれのお手伝いをしていただきます」

結標「なるほど。それで、あなたはなにを提供してくれるのかしら?」

黒子「写真ですの」

結標「え?」

黒子「この男、上条当麻の写真を差し上げますの」

結標「……ふざけてるの、あなた?」

黒子「話は最後まで聞いてくださいませ、この男の、子供の頃の写真を差し上げますの」

結標「子供の頃の……」

黒子「さあ、脳内で、上条当麻の子供の頃の姿を思い浮かべてくださいませ」

結標「えっと……脳内で、目の前の男を子供に修正して………」

結標「!!? ……た、たけるキュン!!!」
468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/17 00:28:57 ID:tzcIiRj40
ワロタww
471: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/17 00:36:55 ID:FKxXPFPXP
結標「め、目の前の男をショタに修正したら……、そこにはたけるキュンがいた!!」

結標「なんという……奇跡………」

黒子「あなた、子供の頃の写真くらい持ってますわよね?」

上条「あ、ああ、家に帰れば何枚かあるけど………」

上条「この女、なにをそんなに興奮してんだ?」

結標「……(ハアハア」

黒子「それは理解しなくてもいいんですの」

黒子「ということで、取り引き成立で構わないですわね?」

結標「たけるキュンの写真が手に入るなら、なんだってする!!」

黒子「では、私たちはこれから写真を取りに行ってきますの」

黒子「その後で、指定する場所で落ちあいましょう。……では、行きますわよ」

上条「お、おう……」
473: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/17 00:48:26 ID:FKxXPFPXP
  午後17時02分 ――――

一方通行「ちくしょう…、三下の野郎、全然見付からねェなァ……」

土御門「ちくしょう…、カミやんの野郎、全然見付からないな…」

一方通行「結標を始めとして、何人かの助っ人に頼んでいるとはいえ……」

土御門「学園都市は広いからにゃ…、簡単には見つけられないぜよ…」

土御門「……助っ人といえば、遅いなアイツら………」

一方通行「あン?」

土御門「いやな、カミやんを見つけるために、別方向の知り合いにも声を掛けておいたんだが……」

土御門「道にでも迷ったのかな?」

土御門「………仕方ない、少し迎えに行ってみるかにゃ……」


  アニメイト・店内 ――――

店員「店長…、今度は別の人が、店頭のPV見てハアハアしてますよ……」

店長「ああ、なんなんだろうな、あのデカい変な服の男は………」
477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/17 01:02:25 ID:FKxXPFPXP
  アニメイト・店頭のデモテレビの前 ――――

< シンリャク! シンシャク! シンリャク! シンリャク! シンリャク! シンリャク! イカムスメ! チュッ!!!
< ソンナー、エイコ、ヒドイジャナイカー!!
< コンナ トコロ ニ オイシソウナ エビ ガ オチテルデ ゲソ!!


ステイル「ま、まさか、インデックスがこんな可愛らしい姿になって放送されてるなんて……(ハアハア…」

ステイル「う、うらやましいぞ、学園都市め……(ハアハア…」

神裂「……………………」

ステイル「これが、科学の力というやつなのか……(ハアハア…」

ステイル「二次元を動かすという点で、魔術は科学に後れを取っているというのか……(ハアハア…」

神裂(…………こいつ、どうしよう…)

土御門「落ち着けステイル。可愛いのはわかるが、それはインデックスじゃなくイカ娘というんだぜぃ」

土御門「あんまり遅いから、迎えに来たぜ、ステイルに神裂のねーちん!」


(注釈)イカ娘とは…?
上条さんをショタにした感じにそっくりのキャラクターが出るアニメ『イカ娘』に登場するイカ

486: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/17 01:23:28 ID:FKxXPFPXP
土御門「わざわざ、出向いてもらって悪かったな、2人とも」 

神裂「いったい、どういうことですか、土御門」

土御門「ああ、実はな……」

ステイル「インデックス…、いや、イカ娘か…、どちらでもいい、かわいいなぁ……(ハアハア…」

土御門「……………………」

土御門「あの…、人の話を聞いてくれるかな、ステイル君……」

一方通行「……おいおい、大丈夫なのかよ、この赤髪はよォ?」

ステイル「い、いや、しかし、僕はこのイカ娘というやつを………」

土御門「全てにカタがついたら、お土産にBD全巻買ってやるから、今は俺の話を聞いてくれぃ」

ステイル「む…。そうか、ならば、ここは大人しく聞かなければな…(BDって、なんだ?)」

土御門「さて、仕切り直しだ」

土御門「2人に来てもらったのは他でもない、上条当麻を探してほしくてな」
490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/17 01:41:24 ID:FKxXPFPXP
神裂「上条当麻を……ですか?」

土御門「ああ、この学園都市の中のどこかにいるはずだにゃ」

神裂「しかし、あなたたち2人は友達ですよね。ならば、電話を用いて呼び出せばいいだけなのでは?」

土御門「色々あってな、そういうわけにはいかないんだよ」

土御門「抵抗するだろうけど、見つけ次第、俺たちのところに引きずってきてほしい」

ステイル「そんな理由で呼び出したのかい? ボクは降りさせてもらうよ」

土御門「……ま、そうくると思ったぜよ。ステイル、ちょっと耳を貸せ!」

ステイル「ん?」

土御門「実はな、上条当麻なんだが、学園都市中の女に手を出しまくっているらしい(ボソボソ…」

土御門「俺の可愛い可愛い義妹の舞夏も、あの男の毒牙にかかり泣かされちまった…(ボソボソ…」

ステイル「それは災難だな。しかし、ボクにはなんの関係もないことだ」

土御門「おいおい、鈍い男だな…。アイツは学園都市中の女に手を出していると言っただろう…(ボソボソ…」

土御門「当然、お前の意中のあの……(ボソボソ…」

ステイル(……インデックスにも!!)
656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 22:21:47 ID:BKlVO4gxP
神裂「土御門、2人でこそこそと、なにを話しているのですか?」 

土御門「あー、…ねーちんは気にしないでくれ。男同士の話だにゃー」

土御門「というわけで、カミやんを見つけてきてほしいんだが…(ヒソヒソ…」

ステイル「見つけるのは構わんが……(ヒソヒソ…」

土御門「ん?」

ステイル「――――別に、アレを殺してしまっても構わんのだろう?(ヒソヒソ…」

土御門「!!? さすが赤い人! 実に頼もしい台詞だぜぃ!」

ステイル「では、行くか、上条当麻を探しに。…………あ、お土産のイカ娘も買うのを忘れないでくれよ」

土御門「わかってるって!! じゃあ、いってらっしゃい、2人に期待してるぜよ!!」


   タッタッタッタッ! ――――

神裂「しかし、探すと言っても、どこに向かえばいいのでしょうか?」

ステイル「うーん、そうだな……」

ステイル「居るとは思えんが、とりあえずは奴の暮らしている学生寮に向かってみよう」
660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 22:36:28 ID:BKlVO4gxP
  午後17時33分、学生寮・エントランス――――

心理掌握「ねぇ、まだー、待ちくたびれたー、その上条当麻って男、ちっとも帰って来ないじゃない!!」

美琴「待ちくたびれたってなら、さっさと帰りなさいよ。勝手に付いてきたくせに……」

インデックス「ねえ、短髪……。とうまは…」

美琴「あんたは、ちょっと黙ってなさい!」

インデックス「むぅ……」

美琴(そう、アイツは10人にフラれるために街を奔走してるんだから、帰ってくるはずがない……)

美琴(だから、ここでずっと待ちぼうけしてれば、コイツも飽きて家に帰るでしょ?)

美琴(心理掌握のやつ、絶対になにか企んでるんだから……)

心理掌握「あ! ねえ、上条当麻って、もしかしてあの人?」

美琴「ん? ああ、あれは……」


上条「インデックスにビリビリ……、お前ら、いったいなにしてんだ?」

美琴「ちょ、ちょっと、なにしに帰ってきたのよ!!」

心理掌握「ふーん、やっぱり、この男が上条当麻なんだ……」

上条「……? えっと、どちらさまですか?」
664: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 22:51:22 ID:BKlVO4gxP
心理掌握「はじめまして! 私、御坂美琴さんの友達です」

美琴(誰が友達よ、誰が……)

美琴「そんなことより、あんた、なにしてんのよ? もう、目的は達成したわけ?」

上条「いや、あと残り4人だよ…」

黒子「実は、とある事情で彼の子供時代の写真が必要になりましたの」

美琴「ふーん、じゃあ、とっとと持って行きなさいよ!」

上条「……なあ、その子は、ダメなのか?」

心理掌握「?」

美琴「!!? ダ、ダメよ!! コイツだけは、絶対になにがあってもダメ!!!」
665: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 22:57:11 ID:BKlVO4gxP
上条「そうか、御坂がそういうなら……」

美琴(やれやれ、セーフね……)

心理掌握「……………………」

上条(この子に告白してフラれることができたなら、残りは3人だったのにな……)

上条(今夜25時までに、10人にフラれなきゃいけないなんて、面倒な呪いにかかったもんだ…)

上条(誰かにOK出されたら死ぬし、呪いのことを口で説明しても死ぬ……)

上条(でも、インデックスに白井、それに御坂にも協力してもらってるんだし、不幸だなんて言ってられないか…)


心理掌握(へー、そういう状況か……。これは、興味深いわね)

心理掌握(そう、私は常盤台中学所属のレベル5の第5位。能力名は心理掌握……)

心理掌握(その概要は、読んで字のごとく、他人の心理や思考を掌握することができる)

心理掌握(御坂美琴の思考は電磁妨害のせいで読めないけど、この男の頭の中はまる聞こえってわけ)

心理掌握(なるほど……、この状況は、御坂美琴いじめに大いに使えそうね)
666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 22:58:42 ID:A8znuCDL0
幻想殺し発動しないんかな
670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 23:08:19 ID:FBvF58PJP
>>666
脳内から直接読み取るから幻想殺しの影響はないんじゃね?

頭抱えたりしたら読めない
671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 23:13:47 ID:BKlVO4gxP
心理掌握「ねえ、御坂さん、ちょっと耳を貸してくれない?」

美琴「…………? なによ?」

心理掌握「……私、彼氏が欲しいなー。上条当麻さん、カッコいいから告っちゃおうかなー(ヒソヒソ…」

美琴「!!?(しまった! コイツの能力、すっかり忘れてた!!)」

心理掌握「ねえねえ、いいよねー、いいよねー、告ってもいいよねー?(ヒソヒソ…」

美琴「…………ダメ」

心理掌握「どうして? どうして? なにか、告白しちゃいけない理由があるのー?(ヒソヒソ…」

美琴「……やめてください。お願いします」

心理掌握「そんなことより、喉が渇いたなー。ジュースが飲みたいなー(ヒソヒソ…」

美琴「は?」

心理掌握「喉が乾きすぎて、なんか余計なこと喋っちゃいそうだなー。告白とかー(ヒソヒソ…」

美琴「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」

美琴「わかったわよ! 私が買ってくればいいんでしょ!!」

心理掌握「待ちなさいよ? 買ってくれば? 言い方、おかしいよね、御坂さん?」

美琴「…………。少々お待ち下さい、ただいま買ってまいりますので…」
673: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 23:26:17 ID:BKlVO4gxP
上条「おいおい、飲み物なら俺の部屋にくればあるぞ?」

心理掌握「うーん、でも、私は御坂さんが買ってきたジュースを飲みたいから…」

美琴「…………いいわよ、私が買ってくるから……」

美琴「あんたたちは、とっとと写真を持って行きなさい……」

黒子「お、お姉様……」

心理掌握「自販機を蹴るんじゃなくて、ちゃんと買ってきてくださいねー!!」

美琴「……………………」


  コンビニ・レジ――――

店員「紙パック飲料1つで、105円になります。……1万円から、お預かりします」

美琴「おつりはいらないから」

店員「え? あ、お客さん……」

  タッタッタッタッ!! ――――

美琴「ったく、最悪な奴に秘密を握られたわ…………」

美琴「心理掌握とアイツを、一緒にしておけない。はやく、戻らないと…」

美琴「なんとかして、あの女をアイツから引き離さないきゃ……」
678: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 23:42:56 ID:BKlVO4gxP
  午後17時47分、学生寮・上条当麻の部屋――――

上条「おっかしいなー、アルバム、どこにやったんだっけ?」

黒子「……ちょっと、まだ見つかりませんの? 結標さん、待ってますわよ?」

上条「ああ、もう少し待ってくれ…」

インデックス「私も手伝うんだよ」

  ガチャ、バタン!! ――――

美琴「買ってきたわよ!!(ゼェハァ、ゼェハァ……」

心理掌握「ご苦労さま! じゃあ、御坂さんの買ってきてくれたジュース、飲ませてもらうわね」

美琴「…………飲んだら、とっとと帰りなさいよ」

心理掌握「ゴクゴク…)……………………マズっ!!」

美琴「はぁ?」

心理掌握「第3位の買ってきたジュース、マズっ!! レベル5なのに、マズっ!!!」

心理掌握「どうして、数あるジュースの中から、わざわざ不味いのが選べるのかしら?」

心理掌握「まったく、第3位のくせに気が効かないわね…。そんなんだから、第3位なのに友達いないのよ……」

美琴「…………すいませんでした」
687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/19 23:56:15 ID:BKlVO4gxP
黒子「ちょっと! アナタ、さっきからお姉様に向かってなんて暴言を……」

美琴「黒子、いいから…………」

黒子「しかし……」

心理掌握「あー、不味いジュースを飲まされたせいで肩が凝っちゃったなー」

美琴「……はい、揉ませていただきます(モミモミ…」

心理掌握「あー、ついでに足も浮腫んできちゃったな―」

美琴「……はい、ふくらはぎも揉ませていただきます(モミモミ…」

心理掌握「なんか、また喉が渇いてきちゃったなー」

美琴「……………………」

心理掌握「誰か買ってきてくれないかなー。買ってきてくれないなら、告っちゃおうかなー」

美琴「…………わかったわよ…」

美琴「このパシリ奴隷御坂美琴ッ!! ジュースでもなんでも買ってきてやるわよ!!!」

  ガチャ、バタン!! タッタッタッタッ!! ――――

美琴「友達は失うし、パシリにされるし、不幸だああああああ!!!」
691: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 00:08:22 ID:/nhOGOHBP
心理掌握(ふふふ、ちょっと攻撃力が高い能力を持ってるから私より順位が高いなんて、不公平だと思ってたのよね)

心理掌握(これは、日頃溜まっていたフラストレーションを晴らすいい機会だわ)

心理掌握(このチャンス、とことん利用しないとね…)

インデックス「ねえ、とうま……」

上条「ん? アルバム、見つかったか?」

インデックス「そうじゃなくて、外でなにかが燃えてるみたいなんだよ??」


「――――吸血殺しの紅十字ッ!!」

  ボウッ!! ――――

心理掌握「!!? ぎゃあああああああああああ!!!」

黒子「メ、心理掌握(メンタルアウト)がコゲましたの!!!」

上条「なんだ! 窓の外から火が飛び込んできたぞ!!」

インデックス「とうま、ベランダに誰かいるかも!!」
696: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 00:29:01 ID:/nhOGOHBP
  ガラッ!! ―――― 

ステイル「見つけたぞ、上条当麻!! まさか、自分の部屋にいたとはな…」

ステイル「土御門の命を受け、お前を掴まえに来た! インデックスの貞操はボクが守る!!」

神裂「おじゃまします…(ペコリ…」

インデックス「……貞操?」

上条「土御門の…? ……じゃなくて、お前、人の部屋になにしてくれてんだ!!」

黒子「消火器! 消火器ですの!!(プシュー 」

心理掌握「……………………(プスプス、プスプス…」

ステイル「お前の部屋などどうなろうが構わない! とにかく、お前を連れていくぞ!!」

上条「いったい、なんだってんだ! 不幸だあああああああああああ!!!!」

  ガチャ、バタン!! タッタッタッタッ!! ――――

ステイル「部屋の外に逃げた! 追うぞ!!」

神裂「おじゃましました…(ペコリ…」
699: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 00:46:18 ID:/nhOGOHBP
インデックス「わ、私たちも、とうまを追うんだよ!!」

黒子「お待ちなさい! 私たちは、この黒コゲを手当てしなければなりませんし……」

心理掌握「……………………(プスプス、プスプス…」

黒子「それに、彼の子供の頃の写真も手に入れればなりませんの……」


  午後18時06分、学園都市・路上――――

ステイル「逃げ足が速いな…、見失った……」

神裂「二手に別れましょう。ステイルはあちらを、私は向こうを探しますので……」


  同時刻、路地裏――――

上条「逃げ切ったか……。やれやれ」

上条「だけど、土御門に一方通行だけじゃなく、ステイルたちまで追手になるとはな…」

  ドン! ――――

上条「っ痛!! …すいません! 考え事してて、前を見てませんでした。………って、お前は…」

オルソラ「あら、あなた様は……。これは、偶然ですね」
701: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 01:03:40 ID:/nhOGOHBP
  午後18時15分、カフェ・テーブル席――――

上条「しかし、まさかオルソラが学園都市にいるなんてな……」

オルソラ「ええ、少しこの街に用事がございましたので」

上条「ふーん……」

上条(……ところで、身を隠す意味を含めて、なんとなくお茶に誘ってしまったが…)

上条(オルソラなら告白しても大丈夫なんだろうか…??)

上条(白井たちがいないと、誰に告白していいんだか、さっぱりわからん………)

上条(でも、まあ、オルソラは安全牌だよな? まだ、2回くらいしか会ったことないし、OKしないだろ…)

上条「……なあ、オルソラ」

オルソラ「はい、なんでございましょう?」

上条「いきなりで悪いんだけど、俺と付き合ってくれないか?」

オルソラ「……あなた様と私が…ですか?」

上条「あ、ああ……なんて、もちろんダメだよな?」
702: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 01:23:45 ID:/nhOGOHBP
オルソラ「…………いえ、そんなことはございませんよ…」

上条「…え? ございませんって…?」

オルソラ「ローマ正教の件では、あなた様には大変お世話になりました」

オルソラ「ですので、私のような貧相な女でもよいとございますのでしたら……」

オルソラ「このオルソラ=アクィナス、喜んであなた様の……」


「おい、貴様、いったいなにをしているんだ?」

オルソラ「……おや?」

上条「吹寄……、お前、なんでこんなところに?」

吹寄「なんでじゃない! 上条当麻、貴様を探していたんだ!! 彼女の頼みでな!!」

姫神「上条君。やっと見つけた」

上条「姫神も……」

吹寄「聞くところによると、なにやら女の子に手を出しまくっているらしいな!」

吹寄「姫神秋沙の頼みで、私たちは『上条当麻被害者の会』を結成することに決めたぞ!!」

姫神「恨み晴らさでおくべきか」
707: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 01:40:07 ID:/nhOGOHBP
吹寄「貴様にはどうやら、灸を据えねばならんようだ。だいたい、普段の生活態度がダラしないから……」

  ガタッ!! タッタッタッタッ!! ――――

吹寄「待て! 逃げるな!!」

吹寄「……もうあんな遠くに…。…まったく、逃げ足が速いやつだ」

姫神「どうしよう?」

吹寄「とりあえず、同盟を組んでいる土御門元春に連絡を入れておこう」

吹寄「まだ、そう遠くには行っていないはずだからな」

オルソラ「あの…、私はどうすればよいのでございましょうか……(オロオロ…」


  午後18時22分、学園都市・路上――――

上条「はあはあはあ……、まったく今度は吹寄たちにまで追われることになるなんて……」

上条「なんなんだよ…。今日はいつも以上に不幸過ぎるだろ……」

上条「まあ、おかげでオルソラのOKを聞かずに済んだのはラッキーか…」

「あれ…? 上条さんじゃないですか……?」

上条「あ、お前は、確か……」
711: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 01:56:16 ID:/nhOGOHBP
上条「確か、アニェーゼ事件のときに建宮たちといた……」

五和「五和です。覚えててくれたんですね」

上条「あ、ああ……。でも、なんでこんなところに?」

五和(……………………言えない)

五和(……用事があってこの街に来て………)

五和(偶然、上条さんと出くわさないかな…なんて考えて街をブラついてたなんて、言えない……)

上条「まあいいや、ちょうどよかった。お前、俺と交際してくれないか?」

五和「!!?」

上条(オルソラは、なんか失敗したみたいだけど、彼女なら大丈夫だよな…)

上条(ほら、なんか地味な格好で、男女交際とか興味なさそうだし……)

五和「あ、あの、あのあのあの……」

上条「ん?」

五和「それ、本気ですか…?」
714: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 01:58:26 ID:C9Cl7/sp0
超弩級の危険牌じゃねーか
716: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 02:06:40 ID:9u95YaFL0
上条さんは地雷全部踏んでかないと気が済まないのかよwwww
719: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 02:13:06 ID:/nhOGOHBP
上条「えー、ほ、本気というかですね……」

五和(まさかの幸福! 彼のほうから、私に告白してくれるなんて………)

五和「もし、本気だっていうなら、私…」

  ツカツカツカ… ――――

神裂「見つけましたよ、上条当麻……」

上条「神裂ッ!!」

五和「女教皇様!! どうして、こんなところに!!」

神裂「お取り込み中のようでしたね。私に構わず、どうか続けてください」

上条「あ、ああ……」

五和「……………………」

五和(天草式十字凄教トップの女教皇様の手前、この告白、受けるわけにはいかないよなぁ……)

五和(凄いビッグチャンスだったのに…、不幸だ………)

五和「……ごめんなさい、上条さんとは付き合えません(orz…」

【残り人数:3人 残り時間:6時間38分】
722: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 02:18:24 ID:9u95YaFL0
まさかの地雷がポイント化とか上条さん超幸運だなwwww
730: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 02:28:40 ID:/nhOGOHBP
神裂「そちらの話は済んだようですので、今度は私の番ですね…」

五和「…………うぅ…」

上条「お、俺を、土御門と一方通行のところに連れていくのか…?」

神裂「それについて、お伺いしたいのですが……」

上条「お、おう…」

神裂「私はなぜ、あなたを捕まえなければならないのでしょうか?」

上条「……はい? なぜって…、土御門たちからなにも聞いてないのか?」

神裂「ええ、いきなり呼び出されて、ただ、あなたを連れて来いとだけ言われましたので」

上条(…………なんか知らないけど、助かったみたいだぞ…?)

神裂「どうしますか? あなたが構わないのであれば、連れていきますが」

上条「いや、見逃してくれ。あと6時間半以内に、しなきゃいけないことがあるんだ」

神裂「そうですか。なんの用事があるのかは存じませんが、お気をつけて」

上条「…………なあ、神裂…、あのさ……」
732: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 02:43:28 ID:/nhOGOHBP
神裂「なんでしょうか……」

上条「いや、やっぱりいいや………。じゃあな、神裂に五和、見逃してくれてありがとう!」

神裂「?? え、ええ……」

  タッタッタッタッ!! ――――

神裂「なにを言いたかったのでしょうか……。気になりますが、それはともかく……」

神裂「地にうずくまって、いったいあなたはなにをしてるんですか?」

五和「…………少しの間、泣かせてください。うぅ…(シクシク…」

五和(またとないチャンスだったのに……)

神裂「……???」



上条(神裂に告白してカウント減らそうかとも思ったんだが……)

上条(なんか神裂の場合、例えNOでも冗談でしたじゃすまなそうなんだよなぁ……)

上条(七閃とか飛んできても恐いし、OKをもらった場合も当然死ぬし……)

上条(タイムロスになるけど、これでよかった…んだよな?)
733: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 03:00:43 ID:9u95YaFL0
ここの上条さんにしては珍しく地雷を踏みに行かなかったwww
734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 03:10:30 ID:/nhOGOHBP
  午後18時34分、公園・ベンチ――――

結標「たけるキュンだ!! たけるキュンの写真だ!! たけるキュンは現実だったんだッ!!!」

結標「わーい、たけるキュン! 私のことをお姉ちゃんって呼んでもいいんだよ!!(スリスリ…」

インデックス「なんなの、この人……」

黒子「どんっっっ引きですの……」

結標「ちょっと、あんただって、御坂美琴に対して似たような反応してるじゃない……」

黒子「むむ…、悔しいですが言い返せませんの……」

結標「まあ、とにかくこれで契約成立ね。あんたたちに協力してあげるわ」

結標「それで、彼はどこにいるの?」

黒子「存じませぬ。行方不明ですの」

結標「はい?」

黒子「加えて、お姉様とも連絡が取れませんし、果たしてどこまでジュースを買いにいったのやら……」

結標「ケータイで連絡を取ればいいじゃない?」

黒子「あの男の番号は知りませんし、お姉様のケータイは私が持っています」

黒子「どうやら、上条当麻の部屋に置き忘れていったみたいですの」
737: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 03:32:43 ID:/nhOGOHBP
  午後18時42分、ファーストフード店・テーブル席――――

絹旗「麦野、もう諦めませんか……。あっちこっち歩き回って、超疲れてしまいました」

麦野「まだよ、絹旗。私は、アイツを恋人にして、浜面に復讐するまで諦めない」

絹旗「えー …………。超やれやれです」


  同時刻、上条当麻被害者の会・対策本部――――

一方通行「見つからねェなァ……」

吹寄「見つからないな……」

青髪「見つからへんなー」

ステイル「見つからないね」

海原「見つかりませんね」

姫神「見つからない」

舞夏「見つからないなー」

土御門「カミやんのやつ、どこに消えてしまったんだにゃー」
739: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 03:52:21 ID:/nhOGOHBP
土御門「ねーちんも音信不通になっちまったし、結標からも連絡が帰って来ない……」

土御門「いったい、なにがどうなっているのやら……」

  ヒョコッ! ――――

打ち止め「ねえねえねえって、ミサカはあなたたちの会議にちょっかいを出してみる」

一方通行「ンだよ、うっせェなァ。俺たちは大事な話をしてンだから向こうで遊ンでな」

青髪「そうやで、これは大人の会話やから、おチビちゃんは向こうに行っときなさい」

打ち止め「あなたたちは人を探してるんだよねって、ミサカはミサカは尋ねてみたり」

ステイル「そうだよ。でも、全然見つからないから、こうやって必死になって……」

打ち止め「それならミサカネットワークを使ったらどうかって、ミサカはミサカは提案してみる」

打ち止め「ミサカは学園都市中にたくさんいるから、きっとすぐ見つかるはずだよね?」

一同「!!?」

打ち止め「良いアイデアでしょって、ミサカはミサカは自分の提案を誇ってみたり」
797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 20:22:06 ID:/nhOGOHBP
  午後19時4分―――― 

風斬「……今のお話、本当ですか?」

上条「風斬が嫌なら遠慮なく断ってくれ、というか、当然お断りだよな?」

風斬「あの…、私、もしあなたが……」

  ツカツカ… ――――

上条「……足音?」

吹寄「いた! 見つけたぞ、上条当麻!!」

上条「!!?」


  午後20時33分――――

土御門「見つけたぜぃ、カミやん!!!」

上条「!!?」

  午後21時26分――――

青髪「カミやん、見ぃ~つけた~」

上条「!!?」
798: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 20:29:15 ID:/nhOGOHBP
  午後22時46分――――

姫神「上条君。あなたはもう、逃げられない」

上条「おいおいおい、なんで、どうして……」


  午後23時8分――――

一方通行「会いたかったぜェ、三下ァァァああ!!」

上条「……なんで、どこに行っても見つかるんだよ!!」

一方通行「諦めろよ、三下ァ!! お前はもう、俺たちから逃げられないんだからよォ…」

一方通行「大人しく投降すれば、半殺しのリンチで勘弁してやるからよォ」

上条「ああ、もう……」

  タッタッタッタッタッ!! ――――

上条「上条さんを見逃してくださいよおおおおおおおお!!!!!(DASH!!!」

一方通行「逃げんじゃねェ、三下ァァァァああああ!!!!!(DASH!!!」


【残り人数:3人 残り時間:1時間52分】
804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 20:43:28 ID:/nhOGOHBP
  午後23時27分、公園――――

一方通行「……あの野郎、どこに消えやがったァ…………」

一方通行「……この辺りにはいねェか。向こうのほうにいる気がするな…」

  ツカツカ… ――――


「……………………。どうやら、行っちゃったみたいね」

「ああ、なんとかやり過ごせたみたいだな……」

  午後23時30分、公園・茂み――――

上条「サンキュー、御坂。偶然いたお前が、隠れ場所を見つけてくれたおかげで助かったよ」

美琴「偶然じゃないわよ。アンタを探して街をウロついてたの!」

美琴「まったく…。パシリから帰ってきてみたら、丸コゲのあの女を残して部屋に誰もいない…」

美琴「おまけに再会してみたら、目的そっちのけで鬼ごっこに興じてるし……」

上条「仕方ないだろ……、逆恨みでアイツらが追いかけてくるんだからさ…………」

美琴「とにかく…、残り1時間半、30分で1人、なんとかミッションをクリアするのよ!」
807: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 20:56:08 ID:/nhOGOHBP
  公園・入口――――

絹旗「麦野……。まだ探すつもりですか?」

麦野「探すったら探すのよ! こうなりゃ、こっちにも意地があるし……」

絹旗「……。だったら、せめてそこの公園の自販機で、飲み物を買ってもいいですか?

絹旗「歩き回って、超のどが渇きましたので」


  公園・自販機前――――

フレンダ「……………………。はあ…」

フレンダ「財布を落とした。ケータイも落とした。もう電車も止まってる……」

フレンダ「麦野たちに迎えに来てもらうこともできないし、こんな夜中じゃ人も通らない……」

フレンダ「これって要するに、八方ふさがり打つ手なしってわけよ…。はあ……」


上条「あれ? あそこの自販機のところ、誰かいるぞ……。こんな夜遅くに…」

美琴「ん……? あれ、あの女の子、どっかで見たような…………」

フレンダ「!!? 人だ! 人が通りがかった!!」
809: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 21:11:35 ID:/nhOGOHBP
フレンダ「って、あんた、レベル5の御坂美琴!!」

美琴「思い出した! あんた、レベル6進化計画阻止で、研究施設で会った子ね!」

フレンダ「んー、この際、あんたでもいいや。ねえ、そこの自販機で飲み物かって!」

美琴「……はあ?」

フレンダ「1人で夜遊びしてたら、財布落としちゃってさ、すごくのどが渇いてるってわけよ」

美琴「……それで?」

フレンダ「もう、鈍いなあ…。だから、奢ってって言ってんの!」

美琴「……断る。私たちは忙しいの! あんたに構ってる暇なんてないの!!」

フレンダ「えー!? ケチ! レベル5のくせに!! 買ってってばー」

上条「………おい、なんかあの子、ものすごくゴネてるぞ? いいのか?」

美琴「あんたは!! 人のことより、自分の心配しなさいよね!!?」

美琴「さあ、さっさと、残り3人、探すわよ………」

フレンダ「ちょ、ちょっと! 私に親切にしないと、麦野に言いつけるわよ!!」

上条「………………やれやれ。仕方ないな…」
811: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 21:26:49 ID:/nhOGOHBP
  チャリン、プシュッ、ガタッ!! ――――

上条「……ほら、缶のお茶でいいよな?」

美琴「ちょ、あんた、なにしてんのよ!!」

上条「いいじゃねえか、缶ジュースの一本おごってやるくらい……」

美琴「あのね…、あと一時間半で死ぬことを少しは自覚しなさいよ!!」

フレンダ「ゴクゴクゴクゴクゴクゴク………)………………ぷはぁ~、生き返った!!?」

上条「そりゃよかった。……じゃ、俺たち、もう行くからな」

美琴「まったく……」

フレンダ「……。この潤いの恩、一日くらいならアンタとデートくらいしてあげてもいいって感じ!!?」

上条「!!!!??」

美琴「!!!!??」

フレンダ「……? なに? アンタたち、なんでそんなに、驚いた顔してんの?」

フレンダ「あ、もしかして本気にしちゃった? 冗談だって、あんたじゃ、私の相手には役者不足だし」

フレンダ「この美脚のフレンダ様、缶飲料一本だけで男になびくような安い女じゃないってわけよ」

【残り人数:2人 残り時間:1時間30分】
812: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 21:28:45 ID:fxH8eOXs0
勝手に減ったw
815: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 21:41:42 ID:/nhOGOHBP
上条「あ…、カウントが減った……」

上条「…………。……な、ビリビリ、人助けってのはしてみるもんだろ?」

美琴「……なによ、たまたま、今回は良い方向に作用しただけじゃない…」

フレンダ「え? なに? なんの会話してるわけ?」

美琴「まあ、でも良かったじゃない。ほら、残り2人、探しに………」


「フぅレンダぁ………。あんた、なにしてんのさ………」

フレンダ「!!? こ、この聞き覚えのある、ドスの効いた声は……」

麦野「デートしてあげてもいいとかなんか聞こえたけどさ……」

麦野「あんたァ、私がこれから告ろうとしてる男に向かって、なに粉かけてくれてるわけェ?」

美琴「麦野沈利!!」

上条「あ、あのお姉さんは、昼間に会った……。なんか、般若みたいな形相してるぞ!!」

上条「いやいやいや、それよりなにより、告るとかなんとか聞こえた気がするんですけど!!?」

フレンダ「ちょ、ちょっと待ってよ、麦野! 私は、こんな男と付き合う気なんか……」

  バシュッ!! ――――
821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 21:58:07 ID:/nhOGOHBP
フレ「!!? ぎゃあああああああああ!!!?」 ンダ「…………(ジタバタ、ジタバタッ!!!」

上条「あの金髪の娘が、真っ二つになった!!?」

上条「なんか、状況がよくわかんないけど、とにかく逃げよう!!」

  タッタッタッタッタッ!! ――――

麦野「待てよォ!! お前ェ、私の告白から逃げられると思ってんのかよォ!!?」

美琴「……逃げられるわよ」

麦野「あァん?」
822: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 21:59:14 ID:/nhOGOHBP
美琴「同じく状況がよくわかんないけど、今、アイツに告らせるわけにはいかないのよ!!」

  ツカツカツカツカ ――――

絹旗「……行ってください、麦野。超電磁砲の相手は、私がしますので」

麦野「……悪いわね、絹旗。…………それと、戦闘が終わったら、ソイツをくっ付けるのもお願い」

  タッタッタッタッタッ!! ――――

美琴「あ、待ちなさい!!?」

絹旗「よそ見をしないでください。あなたの相手は私ですから」


フレ「…………どうして、私がこんな役回りに…(シクシク…」 ンダ「…………(ジタバタッ!!!」
823: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 21:59:39 ID:ZnpuGkwL0
フレンダ…
829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 22:15:02 ID:/nhOGOHBP
  午後23時57分、学園都市・路上――――


  タッタッタッタッタッ!! ――――

麦野「止まれよ上条当麻ァァああああ、私の彼氏にしてやるからよォおおおおお!!!!(DASH!!」

上条「なんなんですか、このターミネーターみたいな女の人はぁあああああ!!!!(DASH!!」

上条「そんな鬼のような形相で追いかけてこられて、止まれるわけがないでしょうがぁあああああ!!!!(DASH!!」

  スタッ!! ――――

「なァ……」

上条「!!? 黒い翼? 目の前に降り立った巨大なカラス…………じゃない、お前はぁ!!?」

一方通行「またまた会っちまったなァ、三下ァァァああああ!!?」

麦野「やっと追いついたぜェ、上条当麻ァあああ!!?」

一方通行「半殺しのサービス期間は終わりだァ、今から、お前に地獄を見せてやるよォ!!」

麦野「今から、お前に、これまで聞いたこともないような熱い告白を聞かせてやるよォ……」

上条「前に一方通行、後ろに恐いお姉さん…………挟まれた!!?」

上条「……………………」

上条「……………………もう、終わりだ」
836: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 22:25:16 ID:/nhOGOHBP
一方通行「棺桶に入る準備は出来たかァ、三下ァ?」

麦野「籍を入れる準備は出来たァ、上条当麻ァ?」


  ヒュン!! ――――

結標「そこまでよ、一方通行、それと麦野沈利!」

麦野「あん? 誰だ、テメぇ?」

一方通行「今頃現れたと思ったら、邪魔する気か、結標ェ??」

結標「…………ある人物を連れてきたの」

  ヒュン!! ――――

黒子「ここですの!」

ローラ「なるほど、便利なものでありけるな、瞬間移動というのは……」

一方通行「……誰だ、お前…」

麦野「……誰よ、あんた…」

ローラ「突然だけれど、上条当麻……」

上条「……え? なに? …………というか、誰?」

ローラ「私は、あなたと交際する気はないでありけることよ」
839: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 22:35:43 ID:/nhOGOHBP
【残り人数:1人 現在時刻:24時05分 残り時間:0時間55分】

上条「…………は? ……へ?」

ローラ「こんなくだらない騒動で、幻想殺しを失くすわけにはいかないからな」

ローラ「まあ、騒動の根の魔術師をミスで逃がしたのは我々イギリス正教、こちらに非がありけるんだが…」

一方通行「……なに言ってンだ、このババァ? 勝手に首を突っ込んできやがって…」

一方通行「わけわかンねェし、知ったことじゃねェ、とにかく三下を殺して……」

  タッタッタッタッタッ!! ――――

土御門「待て、一方通行! アレイスターから連絡が入った!!」

一方通行「……は?」

土御門「今すぐに解散し、カミやんを追いかけ回すのを止めるようにって話だ…」

一方通行「…………納得できるかよォ、ンなの…」

土御門「だが、アレイスター直々の命令だぞ?」

一方通行「……………………」
840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 22:46:56 ID:/nhOGOHBP
上条「……なあ、一方通行…」

一方通行「…………なンだよ?」

上条「俺が色んな女の子に告白してたことを怒ってるっていうなら、全てに決着がついてから謝る」

上条「ただ、理由があってしてることなんだ。納得してくれないか?」

上条「他の女の子たちにも、後できちんと謝罪する。だから……」

一方通行「……………。………ッチ。やめたやめた」

一方通行「邪魔が入ってしけちまった。……帰るぜェ」

土御門「あ、待てよ、一方通行。…………カミやん、後で説明してくれよ…」

  ツカツカツカツカ ――――

黒子「……………………」

黒子「……さ、残り1人のようですわね。時間もないし、早く探しに」

上条「ああ、そういうわけで、お姉さんも……」

麦野「………………よ」

上条「へ?」
841: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 22:48:43 ID:9KoPJe630
まずいな・・・
843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 22:54:38 ID:/nhOGOHBP
麦野「そんなの、私にはかァんけいねェんだよォおおおお!!!!?」

上条「ええええ!!?」

麦野「アレイスターぁぁ? イギリス正教ぉ?? 知ったことじゃねェ!!?」

麦野「私は、私がしたいようにすんだよォォおおおおお!!?」

上条「だぁあああ!! なんなんですか、この無茶苦茶な人ぉ!!?」

  タッタッタッタッタッ!! ――――

麦野「だ、か、らァ、逃げんなって言ってんだろうがァああああ!!!」

  タッタッタッタッタッ!! ――――

黒子「2人とも逃げた!! お、追いますわよ!!?」

ローラ「待った! あなたたち2人には、別の仕事がありけるでしょう?」

ローラ「……最後の1人を用意せねば、呪いは解けない」

黒子「しかし、最後の1人といっても、もう目ぼしい女性が……」

結標「……大丈夫。私にまかせて」

黒子「え?」
845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 23:00:06 ID:/nhOGOHBP
結標「今日は給料日で飲みに行くって言ってたから、どこにいるのか詳しくはわからない」

結標「でも、この学園都市のどこかにいるのは間違いないし……」

結標「生活圏からそう遠くにも行かないと思う」

黒子「どちらさまですの、それは……?」

結標「大丈夫、移動系の大能力者が2人もいるんだから、きっと時間内に見つけられるはずよ」


【残り人数:1人 現在時刻:24時18分 残り時間:0時間42分】


上条「あ、あと40分しかないってのに、追い回されるなんて……」

上条「不幸だああああああああああ!!!?」
848: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 23:01:44 ID:4LcVw7sk0
ローラ事情知ってるん?
だったら、ルールに接触するんじゃないの?

最後の一人は小萌かな?
850: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/20 23:03:25 ID:9u95YaFL0
掛けられた側から言い出すんじゃなく、魔術知識として元々知っていた、なら一応セーフって事じゃ?
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/21 22:43:24 ID:0yNovXSyP
  午後24時39分、カラオケボックス・個室―――― 

小萌「小指が弾くコイン見つめぇ~て、表ならゴー、裏はステイ、まず答えを聞かせて~♪」 

鉄装「へぇ、歌、上手ですね、月詠先生」 

黄泉川「じゃん!」 

芳川「じゃあ、彼女の後は私が予約入れるわね…」 


  ヒュン!! ―――― 

黒子「見つけましたの!」 

小萌「だから今すぐ~♪………え、な、なんですか、あなた!!」 

  ヒュン!! ―――― 

結標「いいから来て! 急ぎの用事なの!!」 

小萌「ちょ、ちょっと、待ってk」 

  ヒュン!! ―――― 


鉄装&芳川&黄泉川「……………………え、連れてかれた??」 

黄泉川「……誘拐じゃん!!」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/21 22:45:17 ID:0yNovXSyP
  午後24時47分、無人ビル・屋上―――― 

麦野「とうとう追い詰めた、上条当麻ァ……」 

上条「あと13分…、マズい………」 

麦野「さあ、諦めて、私の告白を……」 


  ヒュン!! ―――― 

黒子「ドロップキィィィック!!!!(ゲシッ!!」 

麦野「……ぐふっ!!?(ドンッ!!」 

黒子「上条当麻、発見ですの!!?」 


  ヒュン!! ―――― 

結標「最後の1人、見つけてきてあげたわよ!!」 

上条「白井に結標!! …………それと、お前が小脇に抱えてるのは…!!?」 

小萌「……な、なんなんですか? どうして私、廃ビルなんかに連れてこられたんですか??」 

上条「小萌先生!!」 

小萌「上条ちゃん???」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/21 22:57:09 ID:0yNovXSyP
小萌「もう! 上条ちゃん! こんな夜中に人気のない場所で女の子と2人きりでなにしてるんです!!」 

小萌「まったくいつもいつも!! 先生を怒らせるようなことばっかりするんですか!!!」 

上条「先生、お説教なら後で聞くから、とりあえず今はこの言葉を聞いてくれ!」 

上条「小萌先生! 俺と付き合ってくださいっ!!」 

小萌「……は、…………えっと、いきなりなにを言い出すんですか!!」 



  ムクッ!! ―――― 

麦野「……て、てめェ、いきなり現れて、なに私を足蹴にしてくれてんだァ!!!」 

  バシュッ!! ―――― 

黒子「!!? ぎゃあああああああああああ!!!!!」 

結標「白井黒子が焦げたっ!!」 

麦野「邪魔するのは、あとはアンタ1人か? サラシ女ァ??」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/21 23:10:29 ID:0yNovXSyP
小萌「夜中に女の子と不純交友してたと思ったら、今度は先生に手を出すだなんて!!」 

小萌「先生は悲しいですよ!! 上条ちゃんは、少し色んな女の子との間でフラフラし過ぎだと思います!」 

小萌「いいですか! 先生は上条ちゃんを監督する立場として、少しばかりお説教させていただきます!!」 

小萌「た、確かに上条ちゃんは良い男だと思いますし、先生も少しばかりフラッと来てしまいましたが…」 

上条「だああああ! 先生、はやくはやく!! 後ろに迫ってきてるから!!!」 


  バシュッ!! ―――― 

結標「ぎゃあああああ!! 私も焦げたぁぁあああああ!!!!」 

麦野「………さあ、年貢の納め時のようね、上条当麻ァ!!!」 

上条「来たぁあああああ!!!」 

小萌「でも、そこは教師と教え子の関係、先生と上条ちゃんが……」 

麦野「上条当麻ァ、例え嫌がろうが私がお前を……」 

上条「うわあああああああ!!!!!」 


小萌「…付き合えるはずなんてないのですよ!!」 麦野「ラブラブな彼氏にしてやんよォ!!!」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/21 23:21:20 ID:0yNovXSyP
  午後24時52分、公園・自販機前―――― 

絹旗「…………力及ばずに…超無念です………(ガクッ……」 

フレ「ああ! 絹旗がやられちゃうなんて!!」 ンダ「………!!?(ジタバタッ!!……」 

美琴「はあはあ……、レベル4相手に…結構手こずったわね………」 

美琴「現在時刻は……24時52分。リミットまであと8分か……」 

美琴「アイツ、上手くやったかな…?」 

フレ「リミット? …なんの話?」 ンダ「………???(パタパタ……」 

絹旗「……………………」 



  同時刻、廃ビル・屋上―――― 

【残り人数:0人 残り時間:0時間8分】 

【上条当麻にかけられた呪いは、解除されました】 

上条「……………………」 

上条「…はあ……、間一髪、助かった…………」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/21 23:31:11 ID:pCppy/8BP
さて、ここからだ
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/21 23:34:51 ID:0yNovXSyP
上条「ありがとう、小萌先生、おかげで助かった……」 

小萌「は、はあ……。それはどうもです………????」 

小萌「……じゃなくて! 先生は、上条ちゃんのいい加減な異性交遊に本気で怒っているのですよ!!」 

上条「俺だって、好きで女の子に追いかけ回されてるんじゃないんですよ!!!」 

上条「本当は、俺の好みは寮の管理人さんで……」 


  ガシッ!! ―――― 

麦野「……おい、返事は?」 

上条「…………はい?」 

麦野「……告白の返事は?」 

上条「……あの…」 

麦野「ちなみに、断ったりしたらブチ殺し確定よ…。……さあ、返事は…?」 

上条「………………ははは…」 

上条「まだ、死地を脱していなかったぁ!!!」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/21 23:50:02 ID:0yNovXSyP
上条「と、とりあえず、この襟首を掴んでいる手を離せって、痛いから!!」 

麦野「ああ、離してやるよ、てめェの返事を聞いた後にな……」 

上条「だ、だいたい、なんでお姉さんは俺を追い回すんですか? 皆目わかりませんよ!!」 

麦野「理由…? 理由は……なんだっけ? 忘れちまったな………」 

上条「こ、小萌先生も、黙って見てないで助けて下さいよ!!」 

小萌「ふん! いい機会だから、上条ちゃんは少しお灸を据えられるといいのです!」 

麦野「ウダウダ言ってねェで、てめェは私と付き合えばいいってんだよォ!!」 

  バシッ!! ―――― 

上条「勘弁してくれよぉぉ!! 不幸だぁああああああ!!!!(DASHッ!!」 

麦野「……ッ野郎!! 手を振りほどいて逃げやがった!!!」 

麦野「……上等だァ!! 地獄の底まで追いかけて告ってやるからよォ!!!!(DASHッ!!」 

小萌「あ…………」 

小萌「2人とも走って行っちゃいました…。……いったい、なんだったんですか???」 

黒子「………………………(プスプス、プスプス……」 

結標「………………………(プスプス、プスプス……」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/22 00:03:46 ID:M+Yh4jecP
  午後24時58分、学園都市・路上―――― 

「逃げんじゃねェって言ってんだろが、ゴラぁぁあああああ!!!!!」 


浜面「…………ん?」 

滝壺「どうしたの、はまづら?」 

浜面「いや、なんか、遠くから聞き覚えのある声が聞こえた気がして……」 

滝壺「……私には聞こえなかったけど…。どんな声がしたの?」 

浜面「絶叫だった。女がフラれてヒステリーを起こしてるみたいな……」 

滝壺「可哀想だね、はまづら。世の中には、フラれてヒステリー起こす女の人もいるんだ」 

滝壺「……ねえ、私もはまづらにフラれたらヒステリーを起こすのかな?」 

浜面「おいおい、俺がこんなに可愛くて愛している滝壺をフったりなんてするわけないじゃないか!!」 

滝壺「……うん。私も、はまづらとずっと一緒だよ!!」 


「不幸だあああああああああああああ!!!!!」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/22 00:19:58 ID:M+Yh4jecP
  午後25時、学園都市上空・ヘリの中―――― 

ローラ「まったく、逃げだした魔術師の処理のために学園都市に派遣したというのに……」 

ローラ「それも忘れて、お前と神裂火織はなにをしていたんだ……」 

ステイル「仕方ないだろ、インデックスの貞操の危機だったんだから」 

ローラ「それに、お前が大事そうに抱えているそのアニメイトの紙袋はなんでありけるか?」 

ステイル「これは、土御門から貰ったイカ娘の……、いや、なんでもない………」 

ローラ「……? まあいい、帰るぞ…」 

ローラ「……………………あ、忘れていた。もう一度、学園都市に戻りけるぞ」 

ステイル「……はあ? どうして?」 

ローラ「あの呪いなんだが、実は解除したら終わりというわけではないでありけるよ」 

ステイル「どういうことだ?」 

ローラ「きちんと除霊をしないと、あの呪いは消滅しない」 

ローラ「解除後に、感染者――今回の場合は上条当麻だな――に一番初めに触れた人物に呪いが移ってしまいけるのよ」 

ローラ「上条当麻に、呪い解除後は誰にも触れないように言っておかないとな……」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/22 00:29:46 ID:M+Yh4jecP
  同時刻、公園・自販機前―――― 

  タッタッタッタッタッ!! ―――― 

麦野「チッ! どうやら、見失ったみたいね……」 

フレンダ「あ、麦野だ! 酷いよ、いきなり真っ二つにするなんて!!」 

絹旗「くっ付けておきました。…………それで、告白は成功したんですか?」 

麦野「顔見りゃわかるだろうが! 逃げやがって、今、必死に追ってんだよ!!」 

美琴「その様子だと、アイツは無事に生きてるみたいね。…………って、頭の上!!」 

麦野「…………え?」 


【残り人数:10人 残り時間:あと24時間】 

麦野「…………なに、この数字?」 

絹旗「なんでしょうね? 超気になります」 

美琴「あの………説明してあげるから、落ち着いて聞きなさいよ」 

美琴「そのカウントはね。実は、かくかくしかじかで………」 

麦野「………………はあ?」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/22 00:37:10 ID:M+Yh4jecP
  午後26時02分、公園―――― 

垣根「ったく、なんなんだよ、こんな夜中に呼び出しやがって……」 

絹旗「麦野、超頑張ってください」 

フレンダ「麦野、ファイトー」 

美琴「私も乗りかかった船で付き合うから、とっとと済ましてよね」 

麦野「うっせーな! 外野は少し黙ってろっての!!」 

垣根「……なんなんだよ、用事があるなら、早く言えっての!!」 

麦野「……………………」 

麦野「あのさ、垣根……、私と付き合ってくれない?」 

垣根「…………。……はあ?」 

――――――――――――――――――――――――――――――― 

滝壺「…………おしまい」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/22 00:37:35 ID:COd+xFg80
終わったwww
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/22 00:50:05 ID:Cdl+L6HH0
散々理不尽に追い回して邪魔してきたむぎのんまでサポートすんのかよ 
美琴さんいい奴だな・・・www
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/22 20:04:00 ID:dxqCYU0S0
いちおつ!

  


お勧めのSS:




 
 

 

元スレ:上条「お前が好きだ、御坂」 美琴「!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1294841106/