756: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 22:25:07 ID:fiBmuDsA0
――ここから三年、エイジ767年の人造人間襲来までの各勢力の動きを覗いてみよう 

~悟空一家~ 

チチ「はー悟空さの戦闘狂いが治ったと喜んでたのに……「オラより強い奴に会いにいくwwww」とか行って出て行ってしまっただ」 

悟飯「仕方ないですよ。じゃ、僕は勉強なんて余裕のよっちゃんなので、幼女ビーデルと戯れてきます」 

~とある荒野~ 

天津飯「はっ! はっ!」 

ピッコロ「まだまだ甘い!」 

天津飯(餃子……必ずカタキはとってやるからな) 

ピッコロ(孫が悪に落ちたなら、地球の害となったなら、俺は容赦なく撃つ!)



前回スレ:
悟空「ドラゴンボール縛りでニューゲーム」前半

763: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 22:34:08 ID:fiBmuDsA0
~カプセルコーポレーション~ 

ブルマ「ねぇベジータ。まだ、パパ見つからないのかな」 

ベジータ「チッ……」 

ブルマ「元気にしてるかな、ご飯ちゃんと食べてるかな、ヤムチャに酷い目にあわされてないかな」 

ブルマ「私、私、ううっ!」 

ベジータ「ごちゃごちゃうるさいぞ! じーさんは俺が見つけてきてやる、ヤムチャの野郎もぶっとばしてやる。だから、泣くな!」 

ブルマ「……本当に? ヤムチャ倒せるの?」 

ベジータ「うっ(ガクガクブルブル)」 

ブルマ「ふふ。でもアリガト、ベジータ」 



~ドクター・ゲロの秘密研究所~ 

ヤムチャ「はかどってますかな? ドクター・ゲロ」
764: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 22:35:05 ID:5/Qnd8oO0
べジータwwwwwwwwww
765: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 22:36:48 ID:SlgJ6RgF0
ビビってんじゃねー!
772: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 22:46:47 ID:fiBmuDsA0
ドクター・ゲロ「おお、コルド大王だったか? 奴の細胞は実にイキが良い。究極の人造人間・セルの基本型は完成しそうじゃ」 

ドクター・ゲロ「じゃがのう、セルはあまりにも複雑で高度すぎる。コンピュータに任せても10年以上はかかるぞ」 

ヤムチャ「その心配はありませんよ」 

ヤムチャは幾重にも積み重ねられた資料をテーブルに置いた 

ドクター・ゲロ「これはなんじゃ?」 

ヤムチャ「タイムマシン理論ですよ」 

ドクター・ゲロ「なんだとっ!」 

流石は天才科学者、ぎっしりと詰め込まれた文字を血眼になってパラパラと読み進めていく
791: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:00:49 ID:fiBmuDsA0
ドクター・ゲロ「興味深い、実に興味深いぞ! しかし、こんなもの一体どこで?」 

ヤムチャ「カプセルコーポレーションから拝借してきたんですよ」 

ドクター・ゲロ「ブリーフ博士か、娘のブルマだな。学会では有名な二人だが、フムム、ここまで進んでいたとは!」 

ヤムチャ「これでひな型を過去に転送、現代で完成するよう調整したら手っとり早いでしょう」 

ドクター・ゲロ「うむ。ではすぐ開発に取り掛かろう」 

ヤムチャ「そうですね」 

ドクター・ゲロ「平行してセルが食いやすいよう17号、18号の調整もせねば。アレらは失敗作だわい」 

ヤムチャ「あーその必要はないでしょ」 

ドクター・ゲロ「?」
797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:07:24 ID:fiBmuDsA0
ヤムチャは懐から仙豆を一掴み分取り出した 

ヤムチャ「サイヤ人の特性を利用した戦闘力の強化、こいつで十分では?」 

ドクター・ゲロ「セルをいたぶるのか!」 

ヤムチャ「コンピュータで計算してみてくださいよ。仙豆はまだまだあります 

ヤムチャ(カリンさまに爆弾を仕掛けて脅迫、定期的に横流ししてもらっているからな) 
799: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:08:18 ID:iRFMs1OU0
なんてことしやがる 
ヤムチャが本気出すとここまで恐ろしいとは 



804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:12:35 ID:fiBmuDsA0
ドクター・ゲロ「ほほ、成程のう。しかし貴様、目的はなんじゃ? 役に立ちすぎて怖いわ」 

ヤムチャ「いやぁ、無敵のセルに悪の科学者ドクター・ゲロ。そのおこぼれを頂戴したいだけですよ」 

ドクター・ゲロ「ふん、そういう事にしといてやろう」 

ヤムチャ「頼みましたよ」 

ヤムチャは、ドクター・ゲロの肩に手をかけた! 

ドクター・ゲロ「慣れ慣れしいのう」 

ヤムチャ(ククク……)
821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:20:13 ID:fiBmuDsA0
ヤムチャ「じゃー17号、18号は廃棄しときますよ」 

ドクター・ゲロ「うむ、任せた」 

ヤムチャ(賢ぶっていても所詮は科学者、もう俺のことを信用してやがる。馬鹿め) 


~カメハウス~ 

コンコン 

クリリン「はいはーい武天老師様なら留守ですよっ……」 

ヤムチャ「よう、久しぶり」 

クリリン「あ、あ、あ……」
826: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:22:07 ID:G9PTT17j0
クリリンがヤバイ
829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:22:29 ID:PDh/T8xB0
悟空ー!はやく来てくれー!
834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:23:47 ID:fiBmuDsA0
クリリン「ヤムチャ……さん」 

ヤムチャ「はは、そうビビるなって。ホレ」 

ドサッ 

ヤムチャは両脇に抱えた17号、18号をクリリンに投げてよこした 

ヤムチャ「お前の奥さんと親戚だ。ブルマに起動してもらいな」
842: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:26:42 ID:fiBmuDsA0
クリリン「え?」 

ヤムチャ「用はそれだけさ。じゃ、もう会うこともないだろ」 

クリリン「ま、待って!」 

ドヒゥン! 

クリリン「……」
844: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:27:22 ID:G9PTT17j0
さすがに兄弟子のクリリンは殺せないか
851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:34:34 ID:qrBMYU+D0
>もう会うこともないだろ 


……胸が締め付けられるな
852: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:34:38 ID:fiBmuDsA0
プーアル「ふんふんふーん」 

プーアル「ヤムチャ様ー! 今日はたんと御馳走を作りましたよ! 一杯食べてくださいね!」 

プーアル「毎日修行、お疲れ様です! ヤムチャ様は頑張り屋ですから、きっと悟空さんにも勝てますよ!」 

プーアル「そうしたら、ちょっと休みをとって、また砂漠を駆け回りましょうよ!」 

プーアル「二人、一緒に……ヤムチャ様と……」 

ヤムチャ「へえ、美味しそうじゃないか」 

プーアル「!!!!????」  
865: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:43:35 ID:fiBmuDsA0
プーアル「ヤヤヤ、ヤム……チャ……様?」 

ヤムチャ「どした、ぼーっとしてたら全部俺が食っちまうぞ」 

プーアル「ははははいぃどうぞ!! 喜んで!!」 

ヤムチャ「ふふ、そうテンパるなって。一緒に食べよう」 

――ヤムチャ様がニッコリと笑って言った 

――その時僕は確信したんだ、これはうたかたの夢だと 

――目が覚めると、またいなくなってしまうことを 

――ヤムチャ様と笑って過ごせるのが、最後だということを
868: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:44:44 ID:H+kQYa4f0
無駄に切ねえ
873: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:47:38 ID:fiBmuDsA0
悟空「………………」 

悟空「ウホッウホホホホホwwwww」 

悟空「ヤームチャーwwwwww」 

悟空「ウワヒャヒャヒャヒャwwwwwwww」 

悟空「強い子はいねーがーwwwww」 

悟空「ぐっふふふふふwwwww」
880: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/18 23:50:19 ID:fiBmuDsA0
悟空「グフフフフフwwwww」 

悟空「……ふぅ、すっきりした」 

悟空「あんまり興奮してても100%の実力を出せねー」 

悟空「それじゃ、強敵に失礼だもんな」
891: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:02:17 ID:wGEXjAO70
悟空「まずは修行しねーとなー」 

悟空「ガチンコで殺り合う実力を付けねーと」 

悟空「だがヤムチャ、オメーは道具を使いまくってるんだ。こっちも多少の小細工はするぞ」 

悟空「それが勝負ってやつだから、な」 

悟空はホイポイカプセルを掲げた! 

悟空「ブルマに開発してもらったコレ……使うことになるかもなー」 

悟空「……くっ」 

悟空「グヒヒヒヒwwwwww」
895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:07:27 ID:Vd1kthhI0
~エイジ767年 5月12日~ 

天津飯「前の世界なら、今日人造人間が町を襲撃するはずだ」 

ピッコロ「奴らにはヤムチャがついている。律儀にこの日を選ぶとも思えんが」 

悟飯「アジトも移されてましたしねー」 

ベジータ「くそったれめ」 

クリリン「……」」
896: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:08:14 ID:Vw6sclrKP
言い出せぬクリリン
900: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:11:48 ID:wGEXjAO70
ドーン! ドーン! ワーワー 

クリリン「町が!」 

ピッコロ「行くぞ、被害が広がる前に仕留めるんだ!」 

悟飯「ヤムチャの計画通りって感じがプンプンしますねーどうでもいいけど」 




キュイーン シュタタタッ 

19号「孫悟空の仲間か」 

天津飯「20号が、ドクター・ゲロがいない!?」
904: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:14:25 ID:5XEmglkc0
悟飯うぜええ
914: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:20:59 ID:wGEXjAO70
ザッ 

ベジータ「おい、そこの肉饅頭、ヤムチャはどこだ」 

19号「答える義務はない」 

ベジータ「嫁さんの親父はどこだって聞いてるんだよ! ハアァァァァ!!」 

ベジータは、スーパーサイヤ人になった! 

戦闘力の大幅アップ! 

19号「なん……だと?] 

ベジータ「フン!」 

19号「ぐおっ」 

ベジータの蹴り上げ! 19号に大ダメージ! 

ベジータ「とどめだ! ビッグ・バン・アタック!」 

エネルギー波が19号を襲う! 吸収する時間など与えない! 

19号「ギギギ……」 

19号は、戦闘不能になった!
926: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:28:26 ID:wGEXjAO70
ベジータ「さて、機械人形に拷問がこたえるとも思えねーが、洗いざらい吐いてもらうぞ」 

19号「ギ、ギ、ギ」 

ピカッ 

19号のボディが激しく発光する! 

19号「い、嫌だ、死にたくない。ヤ……ム……」 

ピッコロ「……!? ベジータ避けろ!」 

ドグゥオォォォォン!! 

大爆発が、ベジータに直撃する!
929: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:33:28 ID:wGEXjAO70
ピッコロ「ベジータ!」 

ベジータへ駆け寄るピッコロ 

ピッコロ「まだ息がある、ふん!」 

シュインシュイン 

ベジータは全回復した! 

ベジータ「う……くそったれ、油断してたぜ」 

ピッコロ「気をつけろよ、ドラゴンボールでの甦りは無いんだ」 

ベジータ「ああ。……済まなかった、ピッコロ」 

悟飯(ベジータさんも別の意味でキモいなー)
937: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:37:00 ID:PYZpQtY90
ピッコロの戦闘力+デンデの回復力とか最強すぎるな
946: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:42:51 ID:wGEXjAO70
悟空「……向こうの騒動はブラフだ」 

悟空「何かやらかすつもりなんだろう。それには気の解放が欠かせない」 

悟空「集団と戦ってハメ技を食らうのはもっとも避けたいことだからな」 

悟空「……西にいこう。オラの勘だが、ヤムチャはそこにいる」 

ズギュン! 

悟空「ヤームーチャくーん!」 

悟空「あっそびっましょーwwwwwwww」
954: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 00:48:28 ID:wGEXjAO70
ドクター・ゲロ「……なぜ勝手に19号を出撃させた?」 

ヤムチャ「いやーアレ、もういらないでしょ? 暑苦しいし、デヴだし。間引きですよ」 

ドクター・ゲロ「ふん、あまり図に乗るんじゃないぞ。アレはわしに忠実な良品だったのに」 

ヤムチャ(爆弾仕掛けたらコロリと言う事聞いたけどねえ) 

ヤムチャ「まま、いいじゃないですか。だってこっちには」 

セル「……」 

ヤムチャ「パーフェクトな人造人間がいるんですから、ね」

 

10: スレ立てありがと。前の>>1だよん 2010/07/19 00:59:52 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「これで打倒、孫悟空なんて楽勝ですよ! ワッハッハッハ」

ドクター・ゲロ「お前も調子がいいのう、クハハハハ。セル、余裕で孫悟空に勝てるよな!?」

セル「……フフ、当然ですよ」

ドクター・ゲロ「ワハハハハ! 頼もしいかぎりじゃ」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:08:04 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「そうそう、ところでこの前の改造手術の件ですが……」

ドクター・ゲロ「ん?」

ヤムチャ「私は博士と取り引きしましたよね? 完全体セルができた暁には、その細胞を一部俺に移植するように、と」

ドクター・ゲロ「おうおう、あの実験は成功じゃ。別に拒否反応もなかろう」

ドクター・ゲロ「お主の人造人間化した右腕、そこにセルの細胞を埋めこんだ」

ドクター・ゲロ「今のお主には、サイヤと、ナメックと、フリーザ一族の特性が詰め込まれておる。右腕限定じゃがの」

ドクター・ゲロ「わしは全身に埋め込んで超パワーアップを図るとするよ。わっはっは」

ヤムチャ「いやーそれは叶わぬ願いですよ」







ヤムチャ「――BOM」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:11:43 ID:wGEXjAO70
ドクター・ゲロの身体が激しく光る!

ドクター・ゲロ「え、な、なんじゃ」

セル「博士ー!」

ドゴン ドゴン ドグォン!

ドクター・ゲロは、木端微塵に消し飛んだ!

セル「ヤムチャ、貴様!」

ヤムチャ「――かかってこいよ」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:18:01 ID:wGEXjAO70
ズズズッ  グオオオオォォォォ!!!!

天津飯「うわぁぁぁぁ!」

クリリン「ごった煮のような気……セルだ! それとヤムチャさん。し、しかし」

ピッコロ「前のヤムチャよりも遥かにケタ違いだ。神のヤローと融合しても、どうにもならん!」

ベジータ「もう駄目だ、おしまいだぁ(ビショビショ)」

悟飯「マジキチ」






悟空「アーッハッハッハッハ! かあぁっとばせーwwwwwww」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:19:45 ID:djR1XhRwP
王子漏らすなwwwwwwwwwwww
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:20:55 ID:5XEmglkc0
このベジータ駄目だ
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:24:39 ID:wGEXjAO70
セル「解せんな」

ヤムチャ「おや、案外冷静じゃないか。俺は親のカタキだぜ」

セル「感謝はしていたが、激昂する程でもない」

ヤムチャ「冷たいこった」

セル「私はパーフェクトセル、唯一無二の存在だからな」

ヤムチャ「奇遇だな、俺も一人ぼっちのハイエナだ」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:34:28 ID:wGEXjAO70
セル「一つ目の疑問は、なぜこの時期に行動を起こしたのか」

ヤムチャ「際限なく強さを加速させるヤローがいるんでな、行動は早いほうがいい」

セル「二つ目は、私に挑んで何のメリットがあるのか」

ヤムチャ「ブリーフ博士に改良を加えてもらった」

右腕を前に突きだす

ヤムチャ「生体人造人間を吸収、支配する能力。俺の右腕に核を入れれば、パーフェクトなあんたをそっくりそのまま支配できるのさ」

セル「ほう、それは恐ろしい。そして三つめは――」

セルの右パンチ! ヤムチャはかろうじて回避した

セル「私を倒せるという、その思い上がりだよ」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:39:27 ID:wGEXjAO70
~カプセルコーポレーション~

ブリーフ博士「……ただいま」

ブルマ「パパ……? パパだ! パパが帰ってきたわ!」

トランクス「ダーダー」

ブリーフ博士「はは、トランクスか……おーよちよち」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:43:13 ID:wGEXjAO70
ブルマ「うう! よかった、二度と帰ってこないかと思ってた」

ブリーフ博士「ブルマ」

ブルマ「逃げだしてきたのね。ヤムチャに酷いことされなかった? 毎日辛かったでしょう」

ブリーフ博士「ブルマ、わしはお前に謝らなければならん」

ブリーフ博士「……わしはな、自分からヤムチャくんに協力していたのだよ」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:44:51 ID:vahxyzi70
なん…だと
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:50:48 ID:wGEXjAO70
ブルマ「……パパなに言って」

ブリーフ博士「いや、この言い方は正確ではないの」

ブリーフ博士「最初は脅された。だがヤムチャくんは毎日のように詫びをいれ続けたよ」

ブリーフ博士「理不尽な扱いをうけたことはなかった」

ブリーフ博士「『あなたの力が必要だ』と熱心に懇願してきた」

ブリーフ博士「ああ、この人は支配だとか欲望に囚われてるんじゃない」

ブリーフ博士「ただ、強くなりたい」

ブリーフ博士「それだけを考えていたんだ」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 01:56:50 ID:wGEXjAO70
ブリーフ博士「ふ……今回の計算高い孫くんを見ていると、妙に寂しかった」

ブリーフ博士「だから、ヤムチャくんに情が移ったのだろうな」

ブリーフ博士「ひたむきに強さを求めるあの姿に――」










悟空「ヤームチャー!!」

悟空のボルテージは、とどまるところを知らない!

ギュイィン!! バチバチバチ

悟空は、スーパーサイヤ人2になった!

悟空「グフッ言葉になんねーぞwwwwwwwww」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 02:05:01 ID:wGEXjAO70
ズズズズズッ!

セル「この気は……!」

ヤムチャ「悟空がきたな、さっさと片付けるか」

セル「片付けるぅ?」

セル「この私をか!? ぶるあぁぁぁぁ!!」

セルのミドルキック! ヤムチャの胴体にクリーンヒット!

ヤムチャ「ぐはっ」

ブレる視界の中、自身の身体にめり込んだ脚を真っ先に掴みかかる!

セル「おっと」

しかし、セルはありえない角度へ脚を折り曲げて回避、そのままバックステップで距離をとる

セル「その手は危ないんだよな」
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 02:16:14 ID:wGEXjAO70
セル「気を吸収する右手、そしてさっきから大切そうに温存している左手……接近戦は明らかに危険だ」

ヤムチャ(バレたか)

セル「ここは少し、けん制してみるとしよう。フン!」

セルの尻尾が、脈を打つ!

セルJr「ギャース!」

セル「いけ、我が息子よ」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 02:22:17 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「舐めやがって。かめはめ波!」

先刻のビック・バン・アタックなど比にもならない威力のかめはめ波!

セルJr「ニギャー!」

セルJrは消滅した

セル「やるな、ではおかわりを差し上げよう」

ボコン ボコンッ!

セルJrを次々と産み出していく

セル「――20体同時ならいかがかな! 隠し玉を見せてくれるとありがたいが!」
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 02:26:37 ID:wGEXjAO70
一斉にセルJrが踊りかかる!

ヤムチャ「くそっ」

前、後ろ、右、左! 四方から繰り出される完璧なコンビネーション!

ヤムチャ「おおお!!」

エネルギー弾、乱射!!

セル「違う違う。私が見たいのはそんなヤケクソではないぞ」
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 02:34:16 ID:wGEXjAO70
3体ほど仕留めることはできた。だが大多数のエネルギー弾は避けられ、空しく彼方へと飛んでいく……

ヤムチャ(背に腹は……代えられねえ!)

打撃ではなく『触る』ことに集中する

ヤムチャ「1体2体3体……」

左手で撫でるように、確実にセルJrと接触する

ヤムチャ「15体16体17体……よし!」

ヤムチャ「『時限操気弾』、爆発しろ!」

セルJrは、一匹残らずはじけ散った!
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 02:42:39 ID:wGEXjAO70
セル「ふむ、ドクター・ゲロを殺ったのはその爆発能力か」

セル「爆発の左手、吸収の右手」

セル「やっかいだな」

ヤムチャ「ハー……ハー……」

ヤムチャはかなりの体力を消耗している!

ヤムチャ(新技は気の消耗が激しい。神経を使うからな)

セル「ここは私のとっておきで、一撃をもってとどめをさすのが上策だな」

セル「――かめはめ」

ヤムチャ「!!」

瞬時に右手を掲げヤムチャ

セル「セルJr!」

セルJr「ギャー!」

ヤムチャ「なっ!?」

セルJrがヤムチャの右腕にしがみつく。エネルギー吸収装置を突きだすことができない!

セル「私の勝ちだ!」
118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 02:52:17 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「ふー……もう一体、隠していたのかい」

セル「そうだ、私の作戦勝ちさ」

ヤムチャ「……ほんと、奇遇だな」

ヤムチャ「――俺も同じだよ」

ズギューン!

セル「……え?」

セルの両脚が、突如切断された!

セル「なにが起こった!?」

態勢の崩れたセルはかめはめ波を中断!

シュルリ シュルリ

ヤムチャ「さっき滅茶苦茶に撃ちまくったのはただのエネルギー弾じゃない」

ヤムチャ「元祖、操気弾さ」

ヤムチャ「ふーふー……クク、足元がお留守だぜ、セルさんよ」
119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 02:52:54 ID:djR1XhRwP
かっこいいwwwwwwwwwwwwww
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 02:58:13 ID:ah8YfI9g0
何このヤムチャかっこいい
129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 03:03:37 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「それも、一つではない! 操気弾よ、あいつをめった撃ちにしろー!」

何十個にもおよぶ操気弾の一斉放火!

セル「ちくしょう……ちきしょー!!」

再生も追いつかない! セルはボロ雑巾のごとく地面に転がった

ヤムチャ「さて、やりますか」

ヤムチャはセルの頭をむんずと右手で掴んだ

セル「ひっ! やっやめ――おおおおぉぉぉ!!!!」

断末魔の叫びをあげながら、セルは一片も残らず吸収された

ヤムチャ「よし、これで右腕の能力はより盤石のものとなるだろう」

ヤムチャ「――ギリギリ間に合ったか」


ズギュン! ズバババッ!!

悟空「ヤムチャーwwwwwwww会いたかったぞwwwwwwww」
138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 03:11:32 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「ちょっと待ってくれ。回復くらいさせろよ」

悟空「仙豆かwwwwどうぞどうぞwwww」

ヤムチャ「いや、違う。公平を期すためだ、――なぜ俺がこれ程の力を持てたのか、1から解説してやろう」

悟空「どうでもいいわんなもんwwwwwwww」
140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 03:16:11 ID:8VrRSH/x0
悟空がマジキチwwwwww
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 03:17:13 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「場所を移そう。もっと広々としたところのがいい」

悟空「おっけーwwww」



~とある荒野~

ヒューイ シュタタッ

ヤムチャ「まず、始まりはこれだ」

ヤムチャは、枯れた大地に種をばら撒いた!

地面に埋まるや否や、みるみるうちに成長していく

「ギギュアー!」

ヤムチャ「サイバイマンの種さ」
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 03:25:56 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「サイヤ人の襲来時……ナッパは荒野の土を良いものだと言っていたが、明らかに栄養も水分も少ない劣悪な環境だった」

ヤムチャ「そして戦闘力1000近くを誇るパワー」

ヤムチャ「明らかにコストパフォーマンスが良すぎる。俺はそこに着目した」

ヤムチャ「ブリーフ博士が繁殖法の確立」

ヤムチャ「俺は増えたサイバイマンを延々と喰っていった。こんな風にな!」

ヤムチャは右手で手刀を繰り出した!

「ギニャー!」

貫かれたサイバイマンは、ミイラのように萎れていく!
153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 03:30:34 ID:wGEXjAO70
悟空(うずうずムラムラ)

ヤムチャ「改良種だからな、腹もちは良くできてる」

更に大量の種をばら撒く

ヤムチャ「はい! はいはいはいはぁ! おー!」

生えては貫き、生えては貫き……


………………

ヤムチャ「待たせたな、全回復だ」

悟空「オラむかむかしてきたぞwwww」
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 03:31:43 ID:nIdlABaB0
むかむかってなんぞwwwwwwwww
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 03:33:56 ID:djR1XhRwP
待たされ過ぎてというか焦らされすぎてもう溢れそうなんだろうwww
158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 03:39:01 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「エネルギー吸収機構はドクター・ゲロを抱き込んで手に入れた」

悟空「うんwwwwwうんwwww分かったからwwww」

ヤムチャ「更に、つい先程セルを支配し取り込んだ」

ヤムチャ「これ以上は教えねえぜ」

ザザッ

狼牙風風拳の構えをとるヤムチャ

悟空「グフュフュwwwwwうほほほほほwwwww」

悟空「……ふぅ」

悟空「――始めっか」
278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 20:36:06 ID:wGEXjAO70
悟空「ダッ!」

跳躍

悟空「オオオおおおおお!!」

殴り、蹴り、突き、体当たり

策など欠片もない

――純然たる暴力の連打!

悟空「うは、ふはははははは!!」

乱れ狂う圧倒的パワーを一身に受けるヤムチャは

ヤムチャ「狼牙風風拳」

――明鏡止水

目の前の獣とは対照的に、平然と攻撃を捌くことのみに没頭した
285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 20:45:09 ID:wGEXjAO70
悟空「どるあああああああ!!」

ヤムチャ(なんて重たい攻撃だ、こっちが攻勢に移る隙が微塵もねえ)

ヤムチャ(こいつは、肉を切らせなきゃなんねえか)

悟空の拳が迫りくる!

ヤムチャは回避動作を止め、右腕を防御に回す

メリリッ ドゴッ!

あまりの威力に捩じり取られてしまった!

ヤムチャ(痛ッ! だが、チャンス!)

もう片方の腕で突きを連発する!

ヤムチャ「はい!はいはいはいはいぃはぃやぁ! おー!」

急所のみを狙った怒涛のラッシュ!

悟空「ぐっ」

流石の悟空も彼方まで吹き飛ばされた
288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 20:53:23 ID:wGEXjAO70
悟空「やっぱ――すげーぞ! ヤムチャ」

舞空術を使い反動を相殺する

地上では、痛みに顔を歪めながらもニヤリと笑うヤムチャがいた

悟空「オラ、このドラゴンボールが無い世界ですげー退屈してたんだ」

悟空「どいつもこいつも命を惜しみやがる」

悟空「オラを救世主か何かみたいに頼りやがる」

悟空「オメーだけだ、ヤムチャ!」

悟空「オメーだけが、オラと全力で殺り合ってくれるんだ!!」

ズオオオッ!

悟空の気が、更に高まっていく!
290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 20:58:23 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「そいつはどーも」

ヤムチャのへし折られた右腕がブルブルと振動する

ブシャアァァァ

以前と寸分違わぬ形で再生された!

悟空「ははは、ほんとにセルみてーだwwww」

ヤムチャ「余裕ぶってる時間はないぜ?」
293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:05:15 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「これ以上昂ぶられたら危険だ。もう終わらせるぞ」

悟空「もっと楽しみたいぞー」

ヤムチャ「BO――

悟空「こーいうくだらん技で終わったら、寂しいだろー?」

ヤムチャ「!?」

悟空「ハアッ!!」

気の奔流が悟空の周囲に迸る!

メコッ ブチチッ!

体内に設置した操気弾が、強制的に放出されていく!
294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:06:17 ID:RUuReyhu0
くだらん技だと
298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:10:53 ID:wGEXjAO70
悟空の身体からところどころ鮮血が吹き出している

悟空「ふんっ!」

……が、筋肉を強張らせることで噴出口を無理矢理塞いだ

ヤムチャ「……なぜ分かった?」

悟空「勘だ」

ヤムチャ「ふふ、勘か」

悟空「アハハハハ」
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:17:53 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「やっぱりお前、化け物だわ」

悟空「ハハハハハ」

ヤムチャ「――今さらだが、手段は選べないか」

ヤムチャはサイバイマンの種を取り出した

ヤムチャ「ふん」

それを右の掌に埋め込ませる

ヤムチャ「ちょいとゲテモノだが……」

掌を地面に掲げ、何かを発射する!

それは着弾するや否や、みるみる成長していき――

ヤムチャ「セルJrだ、いけ!」

セルJr「ギニャー!」
306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:25:19 ID:wGEXjAO70
悟空「おめーが来いよー」

命令通り悟空へと一直線に飛びかかるセルJr

悟空「じゃま」

が、悟空の一振りであっけなく粉砕されてしまった

悟空「オメーがこいよー削りにすらなんねーぞ」

ヤムチャ「いいや、よく見る」

バラバラの肉片が地に落ちる。その瞬間――

セルJr「ギャーギャー!」

セルJr「イギャギー!」

セルJr「ミギャー!」

悟空「おおっ!?」

ヤムチャ「殺せば殺すほど増殖するぜ! いけ!」
310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:29:12 ID:wGEXjAO70
悟空「どりゃ」

セルJr「ギャース!」

グチャリ

ボトボト

メコッ メコッ

セルJrの死骸が地面に付着する

セルJr「ギーギー!」

セルJr「ダーダー!」

増殖は止まらない!

悟空「キリがねーぞwwww」
319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:33:35 ID:wGEXjAO70
悟空「やっかいだなー」

悟空「だが、要はまとめて消しちまえば――」

ヤムチャ「太陽拳!」

右腕から強烈な光が発せらる!

悟空「ギャッ!」

悟空は一瞬ひるんだ!

ヤムチャ(セルの技術、つまりZ戦士の技は大抵使いこなせるようになった)

ヤムチャ「今だ、全員かかれー!」

セルJr「ギャアー!」

セルJr「マウマウ!」
325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:35:23 ID:svH1g2QF0
マウマウwww
いつも思うが太陽拳って万能過ぎるww
そういやヤムチャって太陽拳使えなかったな
331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:44:45 ID:wGEXjAO70
悟空「あああぁぁぁ!! う ざ っ た い !!」

悟空のいらだちは限界まで達する

悟空「あアぁ!」

怒気の入り混じった赤黒いエネルギーが噴出!

セルJr「ワー!」

セルJr「みゅぎっ!?」

セルJrは近づいただけで跡形もなく消滅した!

悟空「おおおおぉぉぉ!!!!」



ヤムチャ「――かめはめ」

時間を稼いでいる間、冷静に気を集中させるヤムチャ

悟空「ヤムチャあぁぁぁ!!」

ヤムチャの元まで突撃する悟空

だが、セルJrの数が多すぎる!

ヤムチャ「――波!!」
341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 21:59:14 ID:wGEXjAO70
全身全霊を込めた、極大かめはめ波!

悟空「おぉぉぉ!! お、お、おおお……」

完全に――直撃した!

ヤムチャ「まだだ」

再び右腕から能力を行使する

ヤムチャ「気円斬」

クリリンを遥かに上回る操作技術を努力により体得したヤムチャにとって、これ以上はない最適な技だ

ヤムチャ「――これで、終わりだ!」

超レベルのエネルギー波の余波で粉塵が巻き上げられ、視界は最悪だ

だが、わずかに感じる気を頼りにヤムチャは気円斬を射出した

ヤムチャ「……」
346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 22:03:30 ID:wGEXjAO70
ギャリリ ギャリリ ギャリリ

肉を抉り切る不快な音が、無言の荒野に響き渡る

ヤムチャ「……」















悟空「ヤムチャああぁぁぁぁ!!!!」
356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 22:12:52 ID:wGEXjAO70
悟空は生きていた!

悟空「今のは痛かったぞー!」

悟空「グッグッグッwwwwwwww」

悟空は二体のセルJrを捕まえていた

そうして迫りくる気円斬を哀れなJr達で挟み込む!

気円斬の勢いを止め、圧倒的エネルギーの奔流でかき消したのだ!

ヤムチャ「……ハハハ、なんて奴だ」




ヤムチャ「もう、策は尽きた」
357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 22:14:16 ID:sAuZQXLq0
うわあぁぁぁ!
371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 22:24:29 ID:wGEXjAO70
悟空「ヤムチャああぁっぁぁぁあ!!」

ヤムチャ「――諦めたわけじゃないさ」

ヤムチャは――若かりし頃から何千何百と繰り返してきた構えをとった



――狼牙風風拳



ヤムチャ「やっぱり、最後はこれだよな」

ヤムチャ「悟空! つまらない駆け引きはもうやめだ!」

ヤムチャ「血を吐き、身を削ぎ、骨となり! それでも終わらない!」

ヤムチャ「純粋な殺し合いを、始めようじゃねえか!」





悟空「…………」

悟空「――最高だ! ヤムチャあぁぁ!!!!」
372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 22:25:45 ID:LlID/UR+0
無駄に熱いwww
385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 22:41:47 ID:wGEXjAO70
悟空「オオォ!!」

ヤムチャを目がけて急降下

シュタッ

ヤムチャ「……」

悟空「……」

ヤムチャ「うおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!!」

悟空「おああああぁぁぁぁぁぁ!!」

守りやブラフは一切存在しない

正義だとか野心だとか、不純なモノはあり得ない

――ただ、闘争のみがそこにはあった!
390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 22:50:21 ID:wGEXjAO70
悟空「おるぅぁぁ!!」

殴る!

ヤムチャ「があっ! ……ハイ!」

突く!

ヤムチャ「爆発しろ!」

すかさず起爆!

悟空「ギグギッ!? ああっ!!」

蹴る!

ヤムチャ「うぼぁ! ぐぐ、ハイ!」

突く!

ヤムチャ「おおお!!」

エネルギー吸収!

悟空「ぐおお……」

悟空「ヤムチャぁぁ!!」
398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 22:59:08 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ(能力の分だけ有利か……?)

ヤムチャ(いや、何も考えるな!)

悟空「ヤムチャっおっオオオ!!」

永遠に続くかのよう繰り広げられる修羅と獣の激突

――が、終わりの時はやってきた



「ぐうっ」




膝をついたのは――





悟空「おおお……」


孫悟空!
399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 22:59:17 ID:DDVs+g1a0
この勝負・・・!熱すぎる・・・・・・!!
408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:09:53 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「か、勝ったのか?」

身を丸めて苦しそうに息を吐く悟空を見下ろすヤムチャ

ヤムチャ「お、俺が勝ったんだ」

ヤムチャも立っているのがやっとの満身創痍である

ヤムチャ「サシの真剣勝負で」

この日のために

ヤムチャ「あの悟空に」

仲間を殺めた

ヤムチャ「最強の男に」

かって愛した女を悲しませた

ヤムチャ「つ、ついにやったんだ」

一番大切な付き人を、一人ぼっちにさせた

ヤムチャ「俺がナンバーワンだー!!」


全ては最強になるため。いや、悟空を見返すためだけに――
413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:12:16 ID:wGEXjAO70
悟空「――ヤムチャ。オラはまだ、切り札をだしてねーぞ」
424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:23:56 ID:wGEXjAO70
ヤムチャ「……え?」

悟空「ぐふっ……ハアッ」

先刻の姿から想像もつかない程フラフラと、みじめに飛び上がる悟空

精根を使い果たしたヤムチャはそれを茫然と眺めていた

悟空「ぐ、ぐ、ぐ……ホイポイ、カプセル……」

悟空はカプセルを取り出し、それを緩慢な動きで真上に投げる

悟空「いちち……オメーの気を喰らい、蓄積するというアイデア」

悟空「素晴らしいもんだ」

悟空「――オラも似たようなこと、考えてたからな」

悟空が両手を天に掲げる

ヤムチャ「まさか!」
450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:34:07 ID:wGEXjAO70
悟空「た……だの元気玉……じゃ、ねー、ぞ」

カプセルが発動する!

ズ、ズズズズズズズ

グオオオオォォオォォッォォォッォ!!!!

特大の――まるで地球中からかき集めたような、弩級の生命エネルギー!

悟空「気、を……搾取して……貯めておいた……少しずつ、何年も……」
464: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:41:25 ID:wGEXjAO70
悟空「オ、オラいつも、追い詰められてから、元気を集めてただろ……?」

悟空「それ、じゃ、遅すぎる、よな」

悟空「オラ、も、学習した、のさ」

悟空「へ、へ、へ」

ヤムチャ「させるか!」

微弱ながらも、今の悟空には十分過ぎる程のエネルギー波を放つ

悟空「うはあぁ!?」

大きくのけぞるが、頭上の元気玉は決して離そうとはしない!

悟空「へ、へ、そんなことして、大丈夫かなー、と。ヤム、チャ」
481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:49:06 ID:wGEXjAO70
悟空「これだけ、の、質量だ。オラの制御、が、なきゃ、地球、壊れちまう、ぞー……」

ヤムチャ「くっ!」

悟空「ドラゴンボール、は、ないんだぞ、と」

正真正銘、ヤムチャに打つ手はなくなった

その点、悟空には瞬間移動という逃げ道がある

極限まで疲労した現状では厳しいが、気を振りしぼり、元気玉を放った後あらかじめ目をつけておいた近隣の星にワープできれば、悟空の勝ちだ

悟空「ヤ、ヤムチャ、最後の、勝負、や、ろうぜ」
482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:49:14 ID:IAJ36t120
なんだこの謎の熱い展開はwwwwwww
483: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:50:28 ID:3R5v3itO0
地球がヤバイ
488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:52:30 ID:PIdz4POp0
どうみても悪役じゃねえかwwwwwwwwwwwwwwwwwww
493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/19 23:55:51 ID:wGEXjAO70
悟空「オラ、は、これから、地球にむけ、て、元気玉、を、放つ……」

ヤムチャ「!?」

悟空「オメー、の、吸収能力、で、防いでみろ……」

悟空「吸いつくせば、オメー、の、勝利」

悟空「仮に、吸収しきれなくて、も、エネルギーを、減らして、地球が、壊れないか、もしれねー……」

悟空「オラは、どっちでも、構わねー、け、ど……へ、へ、へ」



ヤムチャ「……いいだろう」
500: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 00:08:50 ID:97aD2iQV0
ヤムチャ「こいよ、悟空」

ヤムチャは初めて異形のモノと化した右腕に感謝した

――抵抗がなかった訳ではない

科学の力に、第三者の手助けで得た力など、武闘家にとって恥ではないか?

ドラゴンボールが存在するかっての世界で、構想だけはしていた

だが、魔人ブウを倒した後の平和な世界、悟空の圧倒的なパワーを目の当たりにするうちに、そんな気は失せた

「勝てる訳がない」

「俺には俺の幸せが、見守る女が、一緒に暮らす相棒がいる」



そこで今回の世界改変である

シェンロンの意図は分からない

だが、この機を逃したら、俺は一生負け犬のままだろう

――ヤムチャには、戦士として、男として、この道しかなかったのである
505: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 00:21:32 ID:97aD2iQV0
ヤムチャ「――ケジメはつけるさ」

右腕を悟空に向けて掲げる

悟空「さあっすが、ヤ、ムチャ、だ」

悟空「い、く、ぞ」

大きく、ゆっくりと息を吐く悟空

悟空「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」

元気玉を――振り下ろす!

ヤムチャ「うおおぉぉぉぉ!!」

俺は間違いなく死ぬだろう

だが、パーフェクトな再生能力と吸収機構をもつ右腕、こいつに全てを託す価値はある

ヤムチャ「地球を壊させはしない! もう誰も――俺のわがままで、傷つける訳にはいかねえ!」

そして全てが、眩い白に包まれて――
514: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 00:26:15 ID:97aD2iQV0
――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――




………………………………………………………
…………………………………………………
………………………………………………
516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 00:29:11 ID:97aD2iQV0
「ハー……ハー……」



















悟空「やっぱり、オメーはすげー奴だった。た、楽しかった、ぞ」

悟空の眼下には、巨大なクレーター

『それだけ』が広がっていた
534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 00:39:27 ID:97aD2iQV0
悟空「ああ、つ、疲れた」

ほぼ自由落下で空中から落ちる悟空

ゴロン、ゴロン

斜面に力なく転がり落ちていく

悟空「うへへ、ハナクソをほじる力も、のこっちゃいねえ、や」

身を休めたらカリン塔へ行こう。仙豆をぶん取って全回復、瀕死からのパワーアップも見込めるぞ。その後は

悟空「その後は――どうすんだ?」

ブウはベジータが馬鹿な真似をしなきゃ未然に防げる

ドラゴンボール自体ないから、ベビーも一星龍もやってこない。超17号は合体前に仕留めればいい

悟空「はは、みんな手の内が分かってら」

悟空「つまんねえ、の」
535: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 00:40:45 ID:GixdJnGI0
欝エンドの予感しかないな
547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 00:46:44 ID:jgAAvroM0
というか大半がベジータが馬鹿な真似しなきゃいいんだよ!
558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 00:52:25 ID:97aD2iQV0
ゴロン、ゴロン

悟空「うーん、この適度な振動が、気持ちいいな、と」

ゴロン、ゴロン

悟空「はー」

ゴロン、ゴロン

転がる勢いに身を任せて夢心地の悟空。ついに爆心地まで到着した

悟空「はああ……んん?」
572: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:03:05 ID:97aD2iQV0
グニュリ、グニュリ

そこには、テカテカと光沢を帯びた緑色の物体が蠢いていた

悟空「ああ、そっか」

――セルを支配し取り込んだ

悟空「ヤムチャは、確かに死んだ」

ソレは粘液を垂らしながら、ゆっくりと、悟空に近づいていく

悟空「あの右腕だ。たいしたもんだ、死ぬ前に、単純な命令だけ刻みこんだのか」

グニュリ、グニュリ

ぱっくりと大きな口を開けて、瀕死のごちそうを頂こうと企んでいる

悟空「こいつは、弱い」

悟空「だが、今のオラはもっと弱い」

悟空「相討ちか」

悟空「……くっ、わはははは」

悟空「楽しかったぞー! ヤムチャー!」
575: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:04:56 ID:97aD2iQV0
グシャ! グチャリグチャリ



ザクザクッ ザクザクッ


……ゴクンッ!
580: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:07:42 ID:97aD2iQV0
ヒューイ シュタタッ


天津飯「……うっ!」

クリリン「なんてこった……」

ピッコロ「ふん!」

ピッコロは、緑の物体を焼き払った!

ピッコロ「……」

ベジータ「カ、カカロット」

悟飯「さ、流石にひくわ……」
588: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:11:01 ID:97aD2iQV0
ピッコロ「……ともかく、懸念材料はなくなった」

ピッコロ「これからのことを考えよう」


天津飯「わ、分かった」

ベジータ「……」

悟飯「……」

クリリン「……ヤムチャ、さん」
591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:12:09 ID:97aD2iQV0
――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――




………………………………………………………
…………………………………………………
………………………………………………
599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:16:11 ID:97aD2iQV0
――悟空、悟空!





悟空「……んー?」

――私だ

悟空「オメー誰だー?」

――シェンロンだ

悟空「ああ、そう……」
603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:21:05 ID:97aD2iQV0
――どうだった

悟空「なにが?」

――ドラゴンボールに頼ることができない、この世界だよ

悟空「……んー」

悟空「――ちょっと、しんどかった」

――ほう

悟空「ドラゴンボールは無くても、あんまり不便はしなかったぞ」

――それは良かった。人々が願いの力に頼りすぎないようにする。それが私の狙いだ

悟空「でもよー、オマケは正直、いらなかったぞ」
613: >>611 ちょっと修正 2010/07/20 01:31:59 ID:97aD2iQV0
――記憶の引き継ぎか? あれがなければ、失礼だが、絶対に負けていたぞ

悟空「そのほうが良かった」

悟空「計画を立てて、一から十まで作戦通り動くなんて、オラの性にあわねーぞ」

――確かに。それは考えが及ばなかったな、すまない

悟空「敵はみーんな知ってる奴ばっかだしよ」

悟空「いずれオラのパワーが上回ることは知ってるしよ」

悟空「仲間もほとんど、やれ家族だ、やれ保身だ」

悟空「くっだらない」

悟空「オラ気が狂いそうになったぞ」
614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:32:08 ID:RdhB8P98O
あんた一番保身にはしってなかったかwwwww
616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:33:24 ID:Jftc1aOu0
狂いそうっていうかまんま狂ってたじゃねーかwwwwwww
621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:39:14 ID:97aD2iQV0
――ヤムチャがいたではないか。あれは想定外だった

悟空「おーおー、ヤムチャは良かった。久しぶりに楽しめた」

悟空「何よりオラ一人で、世界がどーのとうざったいこと抜きで闘えたのが、いいね」

――危なっかしいヤツだ

悟空「へへ。……なあシェンロン。あのドラゴンボールがない世界、まったくの幻じゃねーよな?」

――違う。平行して存在するもう一つの可能性、そこに手を加えたのだよ

――あの世界はこれからも続いていく

悟空「それを聞いて安心した。ヤムチャとの闘いがまったくの嘘じゃ、寂しいもんな」
627: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:46:38 ID:97aD2iQV0
――では行くぞ、本当は一星龍を倒した時点で出発する予定だったが

――まあ、私のきまぐれだ

悟空「いいぞ、死人は甦らないもんだからな。どこ行くんだ」

――遠いところだよ。私の背中に乗れ

悟空「よしっ。……なーシェンロン」

――どうした?

悟空「ありがとな! なんだかんだで、楽しかったぞ!」


628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:47:09 ID:97aD2iQV0
終わり。ダラダラとやってごめん。あと保守してくれた人ありがとう
フリーザ編から極端に変わったのは連携ネタが尽きたから。オ、オラは悪くねー!
646: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 01:54:47 ID:RBwAm3yh0
乙ー
何か悟空が切ないな
661: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 02:48:56 ID:hHc1ehgA0
おつかれ!久々に面白かったよ
671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 08:30:24 ID:AQ9hhAO70
ひさびさに読みごたえのあるSSだったわ。
おつかれさま~
686: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/07/20 14:18:36 ID:abv7P77h0
悟空が強くてニューゲームするSS思い出した

 

 

 

元スレ:悟空「ドラゴンボール縛りでニューゲーム」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1279468469/