1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 06:27:52 ID:89m6BZKpP
上条「彼氏いないなら付き合ってくれよ神裂ー、なんてな。」

神裂「は、はい!」

上条「え」

神裂「え」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 08:06:26 ID:/c5ClbE40
上条「(あれ……?)」

神裂「あの…ふ、不束者ですが」

上条「(冗談のつもりだったのに)」

神裂「よ、宜しくお願いします///」ペコリ

上条「あ、こ、こちらこそ」ペコリ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 09:45:31 ID:/c5ClbE40
上条「(でも考えてみると……)」ジー

神裂「……?」

上条「(年上……包容力(おっぱい)……)」

上条「……」

上条「(上条さんの好みドンピシャじゃね!?)」ガタッ

神裂「!?」ビクッ



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 09:53:05 ID:fkS/nVMz0
上条「…マジで?」

神裂「えっ…えっと」

上条「やっぱり冗談か、ふぅー上条さん騙されるところでしたよ」

神裂「冗談ではありませんが…その…」

上条「それじゃ本当に付き合ってくれるのか!?」

神裂「むしろ私でいいのですか?あなたは禁書目録(かのじょ)の事が好きとばかりおもってましたが」

上条「いやいや、俺の好きなタイプは管理人のお姉さんみたいな年上だし…」チラッ

神裂「そ、そうなんですか……その………ありがとうございます」

上条「どういたしまして(あれ?なんでかお礼言われた…)」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 09:58:21 ID:fkS/nVMz0
神裂「不束者ですが、宜しくお願い致します」

上条「こちらこそ(堅苦しいな…っていうか今まで意識しないようにみてたけど…)」チラチラッ

神裂「彼女には、ちゃんと伝えた方がいいでしょうか?それとも」タユンタユン

上条「(いいおっぱいしてるよな…)」チラチラッ

神裂「…上条当麻?どうかしましたか、もしや…!?やっぱり私とでは」

上条「いやいやいや、違うただ…神裂のおっぱいが(ちょっと堅苦しいかな)…すばらしいな……あっ」

神裂「なっ!?」

上条「ノー!!」

神裂「な、なにをいっているんですかあなたは!!!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:03:20 ID:fkS/nVMz0
インデックスへの報告

上条「というわけで、俺たち付き合うことになりました」

禁書「」

神裂「…そういうことです」テレテレ

上条「付き合うっていってもお前はいつも通りでいいし何も気にしなくていいからな」

禁書「」

上条「大丈夫だって追い出したりはしないから、その点は神裂とも話あって3人で仲良く生活していこうと」

禁書「とうまぁ……」ブワッ

上条「お、おいおい…なくほど祝福してくれなくても」

禁書「とうまの馬鹿ぁぁぁ!!」

神裂「(彼女はやはり……それにしても上条当麻の予想通りの鈍い人なんですね…)」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:08:24 ID:fkS/nVMz0
上条「…あいつ急に飛び出してどこにいったんだ」

神裂「……(胸が痛い)」

数分後

上条「…ん、電話…先生から…?」

小萌『上条ちゃん!シスターちゃんに何をしたんですか!!』

上条「何って…特にはなにも?」

小萌『何もしていないのに上条ちゃんに捨てられたとかいって泣いてうちにくるはずがないのですよ!!』

上条「あいつ先生の所にいったんですか?心配したんですよ急に部屋を飛び出たと思ったらすごい勢いで走りさって見えなくなって」

小萌『先生にきっちりかっちり説明してほしいのです、さぁ』

上条「えっと俺が神裂ってわかりましたっけ…まぁいいやそいつ付き合うことになったのでその報告をあいつにしただけなんですけど」

小萌『…えっ』
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:13:26 ID:fkS/nVMz0
上条「そしたらなくほど喜びだして、かとおもったら急に部屋をで先生の所に行ってたって感じです」

小萌『なくほど喜びだして…?(泣くほど悲しくての間違いではないのですか?)」

上条「そうなんですよ、でもあいつがそこまで喜んでくれるなんて俺もうれしいなぁ…隠さず報告してよかったですよ」

小萌『話はわかりました、上条ちゃんは女心が全くわかってないのですね』

上条「はい?」

小萌『先生がちゃんとそのあたりも指導しておけば、シスターちゃんの事ですが今日のところはうちで預かるのですよちゃんと後で迎えにきてください』

ツーツーツー

上条「女心がわかってないって??わかるはずもないけど今のやり取りのどこに関係が…?」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:19:12 ID:fkS/nVMz0
野郎どもには電話で報告

上条「そういうわけだから」

土御門『ほほぅ、結局ねーちんを選んだわけか…決め手はやはり胸かにゃ?』

上条「ば、馬鹿いってんじゃねーよ俺がそんなことだけで」

土御門『あっはははは、隠すな上やん、上やんが年上かつお姉さんタイプかつ巨乳好きなことは周知の事実だぜい?』

上条「ウソだろ…?」

土御門『建宮と五和とねーちん、それとオルソラと誰を選ぶかとかけてたくらいだにゃっておっとこれは内緒だった』

上条「はぁ?五和とオルソラがどうしたって」

土御門『いやいやこっちの話ですたい、それじゃお二人お幸せにだにゃー、最後にちょろっとねーちんに代わってもらえるか?」

上条「神裂、土御門がかわってくれって」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:22:38 ID:fkS/nVMz0
神裂が土御門と電話で会話中

神裂「そ、そういうわけでは…」

神裂「!?」

神裂「そんなもの使ってません!」

神裂「ですからあれはあの後ちゃんと私が処分を」

神裂「えっどうしてその隠し場所を」

神裂「それは…」チラッ

上条「…?」

神裂「とにかく二度と使いませんので結構です」

ツーツーツー

上条「何を話してたんだ?」

神裂「べ、べべべ別になんでもありません///」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:26:33 ID:fkS/nVMz0
上条「…彼氏の俺にもいえないことなのか」

神裂「かれし……いえそういうわけでは」

上条「だったら教えてくれよ、そんなに取り乱すようなこといわれたなんで気になるだろ」

神裂「実は…」ゴニョゴニョ

上条「えっ、あの…天使が再降臨…するのか」

神裂「しません!!///」

上条「しないの?」

神裂「絶対しません!!///」

上条「本当に?」

神裂「本当の本当です!!もぅ」

上条「…そっか…残念だな…///」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:30:53 ID:fkS/nVMz0
神裂「ですからこの話はもうおしまいです///」

上条「はぁ、あの時はあの魅力に負けまいと必死で抵抗していたけど…」

神裂「…なんのことです」

上条「今だったら神裂も『彼女』なわけだし、堂々とあの天使のような魅力を受け入れられるかなって期待しちゃった俺が馬鹿だな…」ガックリ

神裂「上条当麻……?」

上条「はぁ…あのすばらしい神裂を二度と拝むことができないのか…本当に残念だな…」

神裂「……」

上条「……ごめん、気にしないでくれ…うん…」

神裂「…たいのですか?本当にまた見たいのですか?」

上条「…えっ」

神裂「本当にまたあの姿をした私をみたいのですかって聞いているのです///」

上条「も、もちろん!!」

神裂「……」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:35:23 ID:fkS/nVMz0
無言で何かを取り出しおもむろに会話を始める神裂

神裂「はい、あれの準備を…」

神裂「建宮!!余計なことは詮索しなくていいから早く送ってください」

神裂「ですから!!!」

神裂「大至急ですよ、お願いします」

上条「えっと…独り言じゃないよな」

神裂「これは通信術式の一種で…って私はそのような機械(携帯電話)が苦手なので」

上条「そっか、で建宮となにを」

神裂「貴方があそこまでみたいといったので……あ、あれ(堕天使メイドセット)をこちらに送るように…」

上条「あれ(堕天使エロメイドセット)を着てくれるのか!?」

神裂「か、彼氏の頼みですから特別ですよ…わかっていますね?///」

上条「いやっほぉぉぉぉおぉお!!」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:40:15 ID:fkS/nVMz0
察しの良い建宮斎字

建宮「なるほどよな……五和!」

五和「はい、なんですか建宮さん」

建宮「天草式の天使が目覚めた」

五和「!?」

建宮「このままでは上条当麻は……」チラッ

五和「そんな…」ガクッ

建宮「だが策がない訳ではないのよな」

五和「…ま、まさか……」

建宮「そのまさかなのよな」

五和「あれの封印を……」

建宮「負けたくない……のよな…例え女教皇様といえども」

五和「……」コクリッ
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:43:52 ID:fkS/nVMz0
野郎には電話で報告2

上条「ということで俺、神裂と付き合うことになったからさ」

ステイル「そんなくだらないことで僕に電話を…?」

上条「くだらないってお前!」

ステイル「何度か共闘したくらいで、なれなれしく電話してこないでほしいね」

上条「あーそうかよ、悪かったな」

ステイル「それで彼女(禁書目録)はどうするつもりなんだ」

上条「今まで通りだよ、じゃーな」

ツーツーツー
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:55:43 ID:fkS/nVMz0
すているさんじゅうよんさい

ステイル「…クックククク」

ステイル「ク、ハァーッハハハッハハハ」

ステイル「これでようやく彼女から…ハッハッハハハ」

アニェーゼ「頭でもおかしくなっちまったんですか?」

ステイル「いや、正常だよ」

アニェーゼ「でも急に笑い出して気味が悪いってもんじゃ」

ステイル「済まない、喜びの感情が抑えきれなくてね」

アニェーゼ「???」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 10:59:48 ID:fkS/nVMz0
上条「これで粗方連絡できたかな」

神裂「…ほ、本当に私たち付き合っているのですね…」

上条「実感ないか?」

神裂「……はい、まだちょっと」

上条「実は俺もなんだ」

神裂「貴方もですか?」

上条「だってさ…」チラッ

上条「こんな美人で…」チラッ

神裂「///」

上条「(胸の大きい)」チラチラチラッ

上条「黒髪ロングの彼女ができるだなんて、数時間前には想像もしていなかったし」

神裂「わ、私もこんな幸せな気持ちになるだなんて想像もしていませんでした」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 11:04:56 ID:fkS/nVMz0
嵐は突然

ピンポーン

神裂「あっ、荷物が届いたようですね」

上条「えっ!?まだ1時間も経ってないだろ」

神裂「受け取りにいってきますね……その…今回だけですよ?」

上条「お、おう」

神裂「わざわざありがとうございます…ってどうしてあなたが!!」

上条「どうかしたのか」

五和「建宮さんに頼まれました」

上条「あれ?五和…」

五和「お久しぶりです」ペコッ
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 11:12:30 ID:fkS/nVMz0
着替え中

神裂「……これは」

五和「建宮さんに頼まれた堕天使エロメイドセットですけど…違いましたか」

神裂「私が頼んだのは堕天使メイドセットです」

五和「…??」

神裂「まぁいいでしょう…ところでなんであなたも着替えているのですか!!」

五和「私負けませんから」

神裂「…五和?」

五和「わ、私だって上条さんの事が!!」

上条「俺がどうしたって?」

神裂「」

五和「」

上条「あ、あれ……まだ着替え中?……呼ばれたからてっきり……」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 11:16:14 ID:fkS/nVMz0
ラッキースケベの代償は…

神裂「反省していますか?」

上条「ひゃい…」ボロボロ

五和「女教皇様…ここまでしなくても…」

神裂「五和は黙っていてください」

五和「…はい」ビクッ

神裂「全く貴方という人は…」ブツブツ

上条「しゅみましぇん…」

神裂「だ、男性というものがそういう衝動に駆られるのはわかりますけど…」ブツブツ

五和「そうです、仕方ないことかと」

神裂「五和!」

五和「…」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 11:23:43 ID:fkS/nVMz0
神裂「よりにもよって五和も着替えている時に…」

上条「ごめん」

五和「わ、私は気にしては」

神裂「五和が良くても私が許せません」

上条「すみませんでした反省しております」

神裂「そ、そういう衝動に駆られたときは……か、彼女である私に…私だけにしてください!!」

五和「!?」

神裂「ど、どうしてもの時だけですよ???そ、そういうことですから、他の子を覗くようなことは絶対しないでください……わかりましたね?」

五和「い、今なんて…」

神裂「五和、今のは…緊急事態の時の処置で……気にしないでください」

五和「そうではなくて、女教皇様が上条さんの彼女とか…」

神裂「あっ、はい…そういえば報告してませんでしたね///」

五和「」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 11:27:21 ID:fkS/nVMz0
上条「俺たち付き合い始めたんだ」

神裂「はい」

五和「」

神裂「ですから、貴方もわかりましたね?もしもの時は……」

上条「……はい、お願いします」

五和「」

神裂「あくまでもしもの時なのですよ?///」

五和「うわぁぁぁぁーん」

上条「!?」

神裂「…五和?」オロオロ

上条「五和まで俺たちの事を泣いて祝福してくれるなんて」

神裂「(鈍感すぎます……それとやはり……五和も彼の事を……でもすみません、これだけは譲るわけにはいきませんから)」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 11:34:13 ID:fkS/nVMz0
数日後

上条「…(あたってる、柔らかいものがあたってる)」ニヤニヤ

神裂「こうやって休日に貴方と腕を組んで歩く日が来るとはおもってもいませんでした」ニコニコ

上条「そ、そうだな(もうちょっと肘をつきだせば…ち、乳首に…)」

神裂「…ち、ちょっとどこを触っているのです」

上条「わ、わざとじゃないんだ!!ほ、本当だ」

神裂「……当麻のえっち…」

上条「…すみませんって今、当麻って!」

神裂「…い、いけませんか…名前で呼んでは」

上条「い、いや…そういうわけじゃ…」

神裂「それに私もできれば……その……」モジモジ

上条「…火織」ボソッ

神裂「当麻…」ギュッ
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 11:46:40 ID:fkS/nVMz0
そしていつもの…

御坂「こんなところで何してんのよ」

上条「…よぉ、びりびり」

御坂「びりびりゆーなっていっつもいってんでしょ、私には御坂美琴っていうちゃんとした名前がって…えっ」

神裂「どうも」ペコッ

御坂「えっ…あっどうも」ペコッ

上条「それじゃ」

御坂「あっ、うん、じゃなくて!!」

上条「なんだよ、いちいち無駄に絡んでくるなよ」

御坂「その女の人となんで腕なんか組んでるのよ?」バチバチッ

上条「神裂……火織さん…俺の彼女だよ、だからデートしてるんだ」

御坂「…えっ?今なんて」

上条「俺の彼女」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 11:50:54 ID:fkS/nVMz0
御坂「…うそ?」

上条「嘘じゃねーよ」

御坂「何の冗談?」

上条「冗談でもねーよ」

御坂「嘘よ!嘘にきまってる!そんなの!!!」

上条「なんでお前がこのことにこんなにむきになってからんでくるんだ?」

御坂「だって……」

神裂「…(この分だとしばらくこういうことが続きそうですね……)」

上条「……とにかくそういうことだから俺たちデート続けるんで今日はかまってやれないぞ」

御坂「……そんなぁ」ガクッ

上条「いこうぜ」

神裂「は、はい」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 13:07:17 ID:fkS/nVMz0
ダブルデート?

上条「で、映画っていうありきたりなコースなんだけど」

神裂「貴方と一緒ならどこでも」

上条「そういってもらえると…うれしいんだけど…」

打止「あれ?どこからか聞いたことのある声が聞こえるよってミサカはミサカはあたりをきょろきょろ見回してみたり」

一通「…チッ」

上条「打ち止めと一方通行か、どうしたんだこんなところで」

打止「この人に頼んで映画に連れきてもらったんだよってミサカはミサカは満面の笑みを浮かべてみる」

上条「へぇ、こいつがねぇ~、それじゃデートみたいなもんか」チラッ

一通「…」

打止「ところであなたは何をしているの?」

上条「お、俺もデートだよ」

打止「これじゃまるでダブルデートだねってミサカはミサカはちょっと大人びた知識を…」モゴモゴ

一通「聞いてもいないことまで大声で騒ぐンじゃねェーよ糞ガキ」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 13:10:49 ID:fkS/nVMz0
映画にありがちな

上条「……」

神裂「…(えっ、こ、これって…)」ドキドキ

上条「……」

神裂「…(当麻は普通にみて…)」

上条「……うーん」

神裂「……(こんなのでドキドキしてしまう私は…おかしいのでしょうか)」

上条「…なぁ、火織」ボソッ

神裂「ひ、ひゃい」ビクッ

上条「出よう」グイッ

神裂「…はい?」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 13:15:55 ID:fkS/nVMz0
神裂「まだ映画おわっていませんよ」

上条「…ったく、ちゃんといえばいいのに」

神裂「何がですか?」

上条「悪かったな、お前ああいうの苦手なんだろ?何か落ち着きなかったし」

神裂「どうしてそのことが」

上条「まだ付き合って間もないけど、それくらいわかるよ」

神裂「でもせっかくの映画を」

上条「いいんだよ、俺はお前と一緒に楽しい時間を過ごしたいんだし」

神裂「…当麻」

上条「さてと時間半端だけど、飯でもいくか」

神裂「……人のを見るのはいやですけど、当麻にされるのでしたら私は」ポツリッ

上条「ん?何か言ったか?ほらいくぞ」

神裂「なんでもありません」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 16:34:29 ID:fkS/nVMz0
上条「ファミレスっていうのもなんか久しぶりな気がする」

神裂「私はこういうところにあまり来ないので新鮮ですね」

上条「そうだよな、あっちでは食事当番がきまってて食堂でとかだっけ」

神裂「そうなりますね、オルソラの食事当番の日が一番人気です」

上条「ふぅ~ん、そっかそうなんだ、へぇ~」

神裂「食べてみたいのですか?」

上条「いや、別に今は火織が飯作ってくれるし、上条さんは自分のために作ってくれる彼女がいるだけで十分ですよ」

神裂「それだと味よりも私が作るから我慢しているようにも聞こえるのですが…」

上条「そんなことないぞ!」

神裂「冗談ですよ、ごめんなさい興奮しないでください」クスクス

上条「…なっ///」
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 16:39:35 ID:fkS/nVMz0
神裂「ハンバーグ…やはり肉の方が……やはり肉メインの料理にしたほうが…」ブツブツ

上条「まぁ肉は好きだけど、それに男一人だと魚料理って手間がかかるし最近はすごく助かってるんだぜ」

神裂「…そうなると…うーん」ブツブツ

上条「おーい、きいてるー?」

神裂「来週から献立をちゃんと考えないと…」ブツブツ

ぷにゅ~

神裂「ひゃ!?」

上条「きいてますかー」ツンツン

神裂「な、なんですか」

上条「ったく二人きりなのに一人言をぶつぶつといって、さびしいったらありゃしない」

神裂「すみません、つい献立の事を考えて夢中に」

上条「っていうかさ、いま初めて頬さわったんだけどすごく柔らかいな、火織の頬…もういっかい触ってもいいか」プニプニ

神裂「ま、まだ良いって言ってもいないのに…///」
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 16:42:41 ID:fkS/nVMz0
上条「だめか?」プニプニ

神裂「…ダメじゃありません///」

上条「ならいいじゃないか」プニプニ

神裂「ですが、ちょっと食事がしにくいのですが…」

上条「そっか、それじゃ咀嚼しづらいしな…」

神裂「そうですよ…もう」

上条「それじゃ食事時にカップルがやることでもしようか、1つ夢だったことがあるんだ」

神裂「カップルがすること?」

上条「こうやって、スプーンですくって…あーん?」

神裂「えっえ?」

上条「ほら、口開けて、あーん」

神裂「あ、…あーん…///」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 16:46:09 ID:fkS/nVMz0
上条「それじゃ次は火織が俺にしてくれるか」

神裂「ち、ちょっとこれは…はずかしいですね……」

上条「ほら早くあーん」

神裂「い、いきますよ、あーん…///って私の箸で!」

上条「んぐんぐ……あー……間接キスがファーストキスか…いやこういう場合は間接ファーストキスとかいうべきか…それともノーカンか…」

神裂「き、きききき…キス!?」

上条「はじめてのキスの味は塩焼き味と…もぐもぐ」

神裂「///」
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 16:48:59 ID:fkS/nVMz0
上条「ふぅ~くったくった」

神裂「///」

上条「さてと食事のあとは……特に予定もないけどぶらぶらと…」

神裂「///」

上条「火織?」

神裂「は、はい?」

上条「うーん……・そうだな、よし!」

神裂「???」

上条「その服装をどうにかしよう」

神裂「へ、変ですか!?」

上条「まぁそういうファッションもあるんだろうけど……なんというか…」チラッ

神裂「……私の足に何が…」

上条「(他の男にその生足を見せるのは…あまり…)」
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 16:56:15 ID:fkS/nVMz0
上条「なぁ、その服装って術式の関係なんだっけ?」

神裂「はい、そうですが……そんなに変でしょうか…」

上条「左右非対称ならいんだっけ?もうちょっと長いのとかは…?」

神裂「そうなると…」

上条「…これは強敵だな……うーん…見せたくないけど見せなくちゃ魔術に影響するか…」

神裂「この恰好ではあなたは不満なんですね?」

上条「いやいや、不満じゃないぞ!ただ…」

神裂「ただなんですか?」

上条「ほ、他の男どもに…火織の足とか……(ぶるんぶるん揺れるそれを)見られるのが…どうも…許せなくなってきて…って独占欲ってうざいか…」

神裂「独占欲……いや…そんなことは///」

上条「うーん、やっぱりそうなると根本からってことになるよな…俺が強くなって…常に守ってやれるようになれば…」

神裂「…(当麻が私の事をここまで思ってくれるだなんて、うれしくて如何になってしまいそうです…)///」

上条「今すぐには無理だけど、俺頑張るよ…お前に釣り合えるような男になるように」

神裂「こ、これ以上何が貴方に……これ以上になったら私はあなたにどうやってついていけばいいのですか!!」

土御門「……(バカップル乙)」
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:00:59 ID:fkS/nVMz0
土御門「というわけで、この短期間で上やんはねーちんにメロメロですたい」

ステイル「そうかそうか、それは結構…くくく」

土御門「ステイル、上やんがねーちんにベタ惚れっていっても禁書目録がステイルに惚れるってことではないぞ」

ステイル「なっ、土御門」

土御門「どうにか、好きな子を…って気持ちはわからんでもないけど、こうやって裏でこそこそしているような人間にあの禁書目録が惹かれると思うか?」

ステイル「だから僕は!!」

土御門「魔術もいいけど、まずは男を磨けそうすれば…」

ステイル「…ふんッ、貴様に言われなくてもわかっている……それに義妹とただならぬ関係になっている貴様にだけは男を磨けといわれたくはないね」

土御門「…」プチッ

ステイル「全くこういうのが犯罪者にむす…ふげぶ」

土御門「……」ガスガスガスガス

ステイル「き、貴様…」
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:08:44 ID:fkS/nVMz0
とあるミサカネットワーク

「とある情報筋からの話をまとめると、ミサカは危機的な状況にあると断言します」

「10032号はこの状況を打破するために1つの提案をします」

「それはなんですか?と10672号は10032号に問いかけます」

「ミサカ愛人化計画」

「「「「!?」」」」

「彼の本能ともいえる人助け、その弱者を守る能力を最大限に活用してミサカという弱者を囲ってもらいそのまま…

くふふと10032号は一昨日見たドラマを参考にしたとポロリとこぼします」

「17980はそれに賛同します」

「賛同します」
「賛同します」

「み、ミサカは……10039号は…やはり普通に彼女になりたい…です」

「……なりたい」
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:09:09 ID:bkDvfF5C0
妹達が・・・動き出しただと?
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:16:22 ID:fkS/nVMz0
楽しかったデートの終わりに…

上条「だいぶ暗くなってきたな……」

神裂「そうですね…」

上条「なぁ、火織……来月からはまたイギリスの方に戻るんだっけ」

神裂「はい……」

上条「となるとあと1週間ほどか……」

神裂「用事が済めばまたあなたのもとへ…」

上条「慣れって怖いよな……彼女なんていないのが当たり前だったのに…今ではいなくなってしまうことが…」

神裂「いなくなるわけじゃありません、少しの間会えなくなるだけです…それに何かあればすぐにでも」

上条「それでも…寂しい…んだよな、男の俺がいうのも女々しい話だけどさ…」

神裂「…そうは思いません……私は女々しいとは…それだけ私の事を想ってくださるのですから…私も…」

上条「…火織」

神裂「…当麻」



♥♪
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:20:42 ID:fkS/nVMz0
上条「忘れ物はないか?これとかもっていかなくても」

神裂「大丈夫…です、それとこれは…ここに…」

上条「いいのか?愛用品なんだろ?」

神裂「だからです」

上条「???」

神裂「私の居場所はここですから……だから迷惑でなければ…ここに置かせてください」

上条「そ、そうか…そうだよな」

神裂「すぐ戻ります…貴方の元へ」

禁書「あーあ、また二人だけの時間を過ごしているんだね」

上条「い、インデックス!?いつからそこに」

禁書「はじめからずっとみてたんだよ…もうみているだけでお腹いっぱいになりそうなんだよ…」

神裂「あ、あの…」

禁書「かおりがかえってくるまでちゃんととうまに変な虫が付かないように見張っておいてあげるから心配しないでもいいんだよ」

神裂「……ありがとうございます」
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:29:28 ID:fkS/nVMz0
とある(r

「こちらチャーリ、目標宅から敵が出発するのを確認したと10032号は報告します」

「こちらミサカじゃなかったピクシーはピクシーは面白そうだから総司令として指示をだすよっていってみるーそれじゃ作戦開始―」

ゴチンッ

一通「ったく何こそこそしてンだ」

打止「いったぁってミサカはミサカはげんこつをもらった頭をなでてみたり」サスサス

一通「くだらねェことしてないで食ったもンくらい自分で片付けろや」

打止「はーいってミサカはミサカはしぶしぶ食器を流しにもっていってみる…」

「ピクシー指示を!」

打止「ちょっとまってねってミサカはミサカじゃなかったピクシーは今、食器洗い機のすいっちに必死に手をのばして…ぐぬぬぬ…」

ピッ

打止「あっ」

一通「そこに置いとけばいいっつったろ」
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:33:05 ID:fkS/nVMz0
上条「……」ソワソワ

禁書「とうま」

上条「……」ソワソワ

禁書「とうまってば」

上条「……」ソワソワ

禁書「とうまきいてるの?」クワッ

上条「うぎゃああああ、な、なにしやがる」

禁書「さっきから呼んでるのに返事しないのがいけないんだよ」

上条「えっ、呼んでたか?」

禁書「何度も呼んでたんだよ、全く最近はかおりからの連絡待ってばかりで何事もおろそかになってるんじゃないのかな…」

上条「…うっ」

禁書「こんなんじゃかおりがかえってきたとき、愛想つかされるかもしれないんだよ」

上条「うわぁぁぁぁ」
117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:37:02 ID:fkS/nVMz0
神裂「よし、これで」

建宮「さすがの聖人の女教皇様も今となっては恋する乙女なのよな」

神裂「た、建宮、いつからそこに」

建宮「やっぱり注意力が散漫になっているのな」

神裂「…あぅ……」

建宮「そんな姿他の者にみられてもあれだから…」

神裂「すみません、また皆を頼みます」

建宮「…」コクッ

神裂「…(当麻いま、貴方の元へ帰ります」
119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:42:35 ID:fkS/nVMz0
建宮「……集合!」

牛深ら男衆「はっ!」

建宮「…今日の議題は」バンッ

『略奪愛』

建宮「…五和の想い人は既に女教皇様の恋人になってるのな」

男衆「うんうん」

建宮「だが我らが女教皇様の教えを五和にも当てはめると」

『救われぬ者に救いの手を』

『救われぬ五和にも救いの手を』

建宮「つまり……こうなってしまったら愛人または略奪…するしか救いの道はないのよな」

男衆「オォー!!」

建宮「それで作戦なんだが…」ボソボソ
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:44:30 ID:fkS/nVMz0
浦上「五和いいの?また教皇代理が五和で遊ぼうと悪巧みしてるけど」

五和「…た、建宮さんは…私のためをおもって…」

対馬「言っても無駄よ、もうこの子、上条君しかみえてないから」

浦上「……はぁ~こんな純粋な子がおもちゃにされる世の中なんて…」

建宮「ほら五和!作戦会議にまざるのよな!」

五和「はい!!」
122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:46:50 ID:fkS/nVMz0
佐天「だから御坂さんは押しがたりないんですよ」

初春「うんうん、そうですよ」

御坂「で、でも……」

佐天「高校生なんてどうせ長続きしませんってチャンスがすぐきますよ、だからそれに備えていつでも迎え撃てるようにと」

御坂「……うん、頑張ってみる」

佐天「初春は白井さんが邪魔しないように監視よ」

初春「らじゃー!」

黒子「むーむー」ジタバタ
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:52:54 ID:fkS/nVMz0
そして…

ガチャッ

神裂「ただいまもどりました」

上条「おかえり」








禁書「そういうのは私みえないところでやってほしいんだよ!!」



おわっとこう
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 17:55:00 ID:12iWKFc40
ねーちんのあまあまは久々でよい塩梅だったわ乙
130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 18:00:42 ID:2E53Say80
禁書の修羅場はろくなことにならないからな
132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/21 18:18:11 ID:p7tGNCBZO

 

 

 

元スレ:神裂「か……彼女はいるのですか?」上条「いるわけねーだろー」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1329773272/