1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 20:54:41 ID:4xTJNmD2

※モブハンです

以前に書いた、モブリット「分隊長と二人きり!?」 の続きです
前作を簡単に言うと、ラッキースケベにより2人がデキてしまったお話
エロはほとんど無いですが、それっぽい表現が多々出てくるので注意
そんなに長くはならない予定です
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 20:55:53 ID:4xTJNmD2


ラシャド「モブリット、お前勇者だな~」

ゴーグル「普段から傍にいるからもしやとは思っていたが遂にか!」

ラウダ「公私共に副官かぁ~」

おかっぱ「ひゅーひゅー」

モブリット「…………」



モブリット「あのさ……ケイジ…」

ケイジ「ん?何だ?」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 20:57:21 ID:4xTJNmD2


モブリット「何故言ったし……」

ケイジ「え、駄目だったのか」

モブリット「駄目に決まってるだろおおおおおおおお」ギャアアアア

ケイジ「何でだ?分隊長から止められてないぞ」

モブリット「だ、だからって……!」ワナワナ...

ケイジ「いやぁ~お前の気持ちは知っていたが、まさか上手くいくなんてなぁ?」ニヤッ

モブリット「うっ…」///カアアアアッ
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 20:59:04 ID:4xTJNmD2


ケイジ「で、どっちからなんだよ?」ニヤニヤ

モブリット「…………………ぶ…分隊長から……」///モゴモゴ

ケイジ「だよなーそうだと思ったぜ」

モブリット「………」///

ケイジ「んで?その後どうなったんだ?」

モブリット「え?」

モブリット「 …それきりだけど……」

ケイジ「はぁあ?」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 21:01:12 ID:4xTJNmD2

ケイジ「付き合ってんじゃねぇのかよ!?」

モブリット「いや…まぁ………」

モブリット「どうなんだろう………??」ウーン?

モブリット「そ、そういうことでいいのかな……?」///テレテレ

ケイジ「おい、照れてる場合じゃねぇだろ」

モブリット「だ、だってさ…」///テレテレ

ケイジ「……曖昧なら、はっきりさせた方が良いと思うぞ」

ケイジ「他に取られても知らねぇからな」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 21:03:15 ID:4xTJNmD2

モブリット「他?」

ケイジ「リヴァイ兵士長とか。」

モブリット「ぐっ…」

モブリット「で、でもっ、そういう関係じゃないって否定してらしたし…!」

ケイジ「まぁ、あれだ。そうやって安心してもたついてると…」

ケイジ「何が起こるか分かんねぇってことよ」

モブリット「…!」

ケイジ「男女の関係なんて、壁外調査と一緒で、確実なことなんて無いもんだ」

モブリット「………」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 21:05:17 ID:4xTJNmD2

ケイジ「あの人はどっからどう見ても奇行種ではあるが…」

ケイジ「誰に対しても気さくだし、まぁ、よく見ると美人だしな」

モブリット「よく見るとじゃなくて何処からどう見ても美人だ!」ムッ

ケイジ「へーへー」

モブリット(奇行種なのは否定しないけど…)ムゥゥ

ケイジ「んでもって、実は愛情深くて、寂しがり屋だ。知ってんだろ?」

モブリット「……………」ム-...




------
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 21:10:29 ID:4xTJNmD2




ナナバ「…へぇ、じゃあ久々に貫通したわけだ?」

ハンジ「ちょ、貫通て…」

ハンジ「…下品だなぁナナバ」

ナナバ「本当のことでしょ」

ハンジ「ま、まぁそうだけど…」

ナナバ「で、どうだったの?」

ハンジ「うん……それがさ……」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 21:18:09 ID:4xTJNmD2

ハンジ「すげぇ良かったんだわ……」

ナナバ「へぇ…」

ハンジ「なんか普段はオドオドしてるのに、最中はちょっとSっぽくなるっていうか……」

ハンジ「身体の相性が良い、ってやつだな」ウンウン

ナナバ「…大人しそうな顔して、立派なもん持ってるってことね」

ハンジ「さっきからズバズバ言うなぁ…」

ハンジ「ま、そういうことなんだけど…」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 21:24:15 ID:4xTJNmD2

ナナバ「良かったじゃない、巨人以外に興味のあるものが出来て」

ハンジ「う~ん……」

ハンジ「でもさぁ…それでスイッチ入っちゃったのか何なのか」

ハンジ「妙にムラッとするんだよね……」ウーン

ナナバ「アラサーだもんね」

ハンジ「ナナバもでしょ」

ナナバ「私は間に合ってるから」

ハンジ「だよね~」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 21:26:10 ID:4xTJNmD2


ナナバ「誘えばいいじゃない。付き合ってるんでしょ?」

ハンジ「そうなんだけど~…」

ナナバ「何」

ハンジ「…そればっかりな女、って思われるのも嫌で…」

ナナバ「実際そうじゃん」

ハンジ「ちっがああああああう!!!」ギャアアア

ハンジ「私だって、普通にラブラブイチャイチャもしたいんだよ!」

ナナバ「ふーん…」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/24(木) 21:27:13 ID:4xTJNmD2

ナナバ「それなら、普通に甘えてみればいいんじゃない?」

ハンジ「え~…」

ハンジ「普通に~…?」

ナナバ「うん」

ハンジ「そ、そんなの恥ずかしいよ……」///テレテレ

ナナバ(そこ照れるのかよ…)




------
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 20:13:32 ID:lMHpnFfY




ハンジ(甘える…ねぇ…)ムゥゥ...

モブリット「分隊長、どうかされました?」

ハンジ「いや、ちょっと考え事…」

ハンジ(うーん……こんないつも通りの空気で、突然甘えるのとかむずいなぁ…)

ハンジ「…あ、そだ!モブリット」

モブリット「はい、何でしょう?」

ハンジ「ここら辺の本、あっちの棚まで運ぶの手伝ってもらっていい?」

モブリット「了解です」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 20:16:35 ID:lMHpnFfY

ハンジ「流石にここに置いておくのはやめろって、エルヴィンに怒られちゃったよ~」アッハッハ

モブリット「だから掃除しましょうって言ったじゃないですか…」ハァー

モブリット(分隊長、いつもと変わらないな…)

モブリット(やっぱり意識しまくってるのは自分だけなのか…)

モブリット(……………)

モブリット(………ん?)

モブリット「!」ハッ

モブリット(な、なんかこれって…先日と状況が似てないか…!?)ガーンッ
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 20:18:09 ID:lMHpnFfY

モブリット「………っ」////カアアアアッ

ハンジ「?どしたの?」

モブリット「いっ、いえ…これも運んでおきますねっ」クルッ

ハンジ「あ、うん、よろしくー」

モブリット(やばい、分隊長の顔まともに見られない…!)///カアアア

ハンジ「…………」チラッ

ハンジ(…先日みたいに、この部屋で二人きりなのに…全然普通だなぁ)

ハンジ(こっちなんてすっごい意識してるっていうのにさ……)ムー...
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 20:20:14 ID:lMHpnFfY


ハンジ「………」

ハンジ(………モブリットは、どう思ってるんだろう…)

モブリット「………」

モブリット(はぁ…これじゃ自分から話を振るなんて無理だな…)

ハンジ「………」

ハンジ(うーん……全然気にしてないって感じ?)

モブリット「………」

モブリット(あんまり聞いて、がっついてると思われるのもなぁ…)
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 20:21:53 ID:lMHpnFfY

モブリット(…う、うん!そうだ)

モブリット(やっぱりもう少し時間をあけて……)

モブリット(そういう雰囲気になったら聞いてみよう…)

モブリット(と、とりあえずは普通に振る舞わなきゃだな)アセッ

ハンジ(わっかんねー……)

ハンジ(貴方のことが欲しいって言われたから、勘違いしてたけど…)

ハンジ(もしや…単なるあの場だけのお申し込みだった……?)ウウーン

ハンジ(……………聞いてみるか)
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 20:23:17 ID:lMHpnFfY


ハンジ「あのさぁ……」

モブリット「は、はいっ!?」

ハンジ「この間の…、ことなんだけど…」

モブリット「!」ビクッ

モブリット「は、はい………」

ハンジ(やっぱり…気まずそうな顔してる……)

ハンジ「……………」

モブリット(…………あ、あれ?)

モブリット(言いづらそうにしてらっしゃる……?)
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 20:27:10 ID:lMHpnFfY

モブリット(…ということは……忘れたい出来事なのか………?)

モブリット「……………」

ハンジ「その………」

モブリット「だっ…大丈夫です…!」

ハンジ「え?」

モブリット「わっ、私は気にしてないですから…!」

モブリット「ぶ、分隊長も、お気になさらないでください…!!」アセアセ

ハンジ「…………」

ハンジ「…うん、分かった」




------
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 22:41:56 ID:lMHpnFfY




ハンジ「ナナバ………」ドヨーン

ナナバ「どうしたの」

ハンジ「なんか……」

ハンジ「付き合ってるつもりになってたの……私だけだったみたい………」ズーーーーン

ナナバ「あら、ドンマイ」

ハンジ「…………………」

ハンジ「…はは、まぁそりゃそうか…」

ハンジ「モブリット、まだ若いもんなぁ」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 22:45:08 ID:lMHpnFfY

ナナバ「…確か、ペトラとかオルオの少し上だっけ?」

ハンジ「うわ、そうだ!」

ハンジ「マジか~そう考えるとやっべぇな~」

ハンジ「付き合うどころか、むしろ後悔してるくらいじゃないか?」アハハ

ハンジ「……………」

ハンジ「…もし、そうだったら……」

ハンジ「どうしようかな………」

ナナバ「…………」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 22:50:02 ID:lMHpnFfY

ナナバ「……柄にもなく可愛いね、ハンジ」クス

ナナバ「キスしたくなっちゃうな」

ハンジ「しようぜ!」

ナナバ「お断り」

ハンジ「ええっ!?」ガーンッ



ハンジ「……………」

ハンジ「…………うーん…」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 22:51:26 ID:lMHpnFfY

ハンジ「しかし……ちょっとだけ、切ないな…うん」

ハンジ「…久々に……ドキドキしたんだけどな………」

ハンジ「……………」グスッ...

ナナバ「…………」

ナナバ「…ハンジ、」

ナナバ「キスはしないけど、ハグしてあげようか?」

ハンジ「……うん、お願い」




------
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 22:54:07 ID:lMHpnFfY




モブリット「ケイジ………」ドヨーン

ケイジ「どうした?」

モブリット「どうやら……」

モブリット「付き合ってなかったっぽい………」ズーーーーン

ケイジ「あ、そうなん?」

ケイジ(ぽい…?)

ゴーグル「やっぱりか!だと思ったわ~」

おかっぱ「分隊長がモブリットなんか相手にするわけないって思ってたよ」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 22:55:50 ID:lMHpnFfY

モブリット「お、お前たち………………」ズーーーーーーン

ケイジ「…………」

ケイジ「……まぁいいんじゃねぇの?」

モブリット「え…?」

ケイジ「ずっと好きだったんだし、一度だけでもイイ関係になれたんだろ」

モブリット「…………」

モブリット「……………嫌だ」

ケイジ「何が」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 22:58:10 ID:lMHpnFfY

モブリット「………一度だけじゃ……嫌だ」

ケイジ「………」

おかっぱ「あ、何?溜まってんの?」

ゴーグル「知り合いの女紹介しようか?年上好みならそういう…」

モブリット「いらないッ!!!!」


シーーーーーーーーーン



モブリット「あのひとが……ハンジさんだけが……欲しい」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/25(金) 23:00:05 ID:lMHpnFfY


ケイジ「……………」

ケイジ「………お前さ、」

モブリット「……うん?」

ケイジ「さっき付き合ってなかったっぽいとか言ってたけど…」

ケイジ「もしかして、そういうの伝えてないんじゃねぇの?」

モブリット「え…」

ケイジ「あの人は、はっきり言わないと分かんないタイプだぞ。マジで」

モブリット「…………」




------
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:27:28 ID:jECfWdys



モブリット(と言ってもなぁ……)ハァァ...

モブリット(やっぱり、本人を目の前にすると……)

ハンジ「で、前回の実験結果を踏まえるとさ」

モブリット「ふむふむ」

ハンジ「ほら、こういう風にも見えると思うんだよね」

モブリット「あぁ、なるほど、確かにそうですね」

ハンジ(………………)

ハンジ(…………まぁいっか)

ハンジ(私も…ヤリたいっちゃヤリたいし……)
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:30:59 ID:jECfWdys

ハンジ(そういう関係、でも…………)キュッ...

ハンジ「…………」

モブリット「?分隊長?」

ハンジ「…ねぇモブリット」

モブリット「はい、何でしょう?」

ハンジ「次、いつする?」

モブリット「はっ?何…」

ハンジ「え?何ってセッ
モブリット「わあああああああああ!!!!!」

モブリット「わ、分かりました分かりました…!!」ワアアアア
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:32:47 ID:jECfWdys


モブリット「つっ…次も…していいんです…か……」///カアアアッ

ハンジ「うん、もちろん!」ニコッ

ハンジ「いつがいい~?」

モブリット「え!?」

モブリット「え、えと……その……」///モジモジ

ハンジ(…んん?)

ハンジ(やっぱり、したくない感じ?)

ハンジ「……………」ムゥゥ

ハンジ(だったら……断ればいいのに……)
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:33:58 ID:jECfWdys

ハンジ(…上官には、逆らえないってこと?)ムカムカ

モブリット「あの……っ」

ハンジ「嫌ならいいよ~」

モブリット「へっ?」

ハンジ「それなら、他の人とするから」プイッ

モブリット「えっ、えええっ!??」アタフタ

ハンジ(そんな相手…いないけどさ……)

ハンジ(……いい年して、失恋とか……)

ハンジ(立ち直れんのかこれ………)ウル..
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:35:32 ID:jECfWdys

モブリット「だ、駄目です!!!!!!」

ハンジ「え…」

モブリット「わ、私はっ………」

ハンジ「…………」

モブリット「そ、その………」

ハンジ「…なんで?」

モブリット「え?」

ハンジ「なんで私が…他の人としちゃ駄目なの?」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:39:10 ID:jECfWdys


“あの人は、はっきり言わないと分かんないタイプだぞ”


モブリット(………)


モブリット「それは……」


“あのひとが……ハンジさんだけが……欲しい”


モブリット(い…言わなきゃ………)




モブリット「貴方のことを……っ」

モブリット「独り占めしたいから……です」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:40:48 ID:jECfWdys


ハンジ「…………」

モブリット「…………」///

ハンジ「…………」

ハンジ「無理!」

モブリット「えっ!?」

ハンジ「だって私、みんなの分隊長だもん~」フイッ

モブリット(あ、あれ………)

モブリット(なんか…機嫌悪い……;;?)ダラダラダラダラ

モブリット「あ、その、えと……すみませ………;;」

ハンジ「……………」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:42:13 ID:jECfWdys


ハンジ「……ちょっと、誤解が無いように聞きたいんだけどさぁ」

モブリット「は、はい…」

ハンジ「私達って、身体だけのお付き合い?」

モブリット「え…」

モブリット「ぶ、分隊長は…そういうおつもりで…?」

ハンジ「じゃなくて、貴方の意思を聞いてる」

モブリット「そっ、そんなの……」

モブリット「嫌に…決まってます………」

ハンジ「…………」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:44:21 ID:jECfWdys

モブリット「貴方の、身体だけじゃなく……」

モブリット「心も……独り占めしたいです………」

ハンジ「…………」

ハンジ「………分かった」

モブリット「…………」ドキドキ...

ハンジ「――それなら、」

モブリット「は、はい……」

ハンジ「今から聞くことを答えられたら……貴方だけのものになるよ」

モブリット「聞くこと……?」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:45:47 ID:jECfWdys


ハンジ「……大事なことを、言われてない気がするんだけどな」

モブリット「え?」

ハンジ「私のこと…どう思ってるの?」

モブリット「え…あ……」

モブリット(あれ………?)

モブリット(言ってなかったっけ……;;?)ダラダラダラ

ハンジ「……そんなこと、わざわざ言わなくていいような女だと思われてるなら、心外だな」プイッ

モブリット「えっ、いえ、そそそそんなことは…!!!」アセッ
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:47:06 ID:jECfWdys

ハンジ「…それとも、私から言って欲しい感じ?」

モブリット「い、いえ……!」

モブリット「その…………」

グッ...

ハンジ「ん~?」

モブリット「あ、貴方のことが………」ドキドキ...

ハンジ「うん」

モブリット「そ、その………」

ハンジ「うん」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:48:24 ID:jECfWdys


モブリット「好き…です……」

ハンジ「うん…」

モブリット「大好きです……っ」

ハンジ「……うん」

ハンジ「私も…」

ハンジ「貴方のことが、大好きだよ」

モブリット「…!」



ドキン...


ドキン...
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:53:33 ID:jECfWdys


モブリット「こ、これからも…」

モブリット「ずっと傍で………」

ハンジ「うん…」

モブリット「私と………一緒にいていただけますか?」

ハンジ「……うん!宜しくね」

モブリット「…!」





------
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:55:34 ID:jECfWdys



ハンジ「んじゃ、今からしよっか~♪」

モブリット「今!?ちょっ、分隊長待っ…」

ハンジ「こういう雰囲気の時にするのが一番でしょ?」

ハンジ「大体、女性に誘わせるなんて甲斐性ないよ~モブリット」

モブリット「す、すみません…;;!」

ハンジ「リードするのは、今回だけだからね」

グイッ

ハンジ「ほら、おいで」///

モブリット「あ、あの…分隊長……」///カアアア
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:56:51 ID:jECfWdys

ハンジ「ん~?」

モブリット「えっと、その……こ、こちらに、来ていただけますか?」///

ハンジ「へ?う、うん…」

ハンジ「なに……?」///ドキドキ




ガチャッ


リヴァイ「遅ぇな、クソメガネ」

ハンジ「え」
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 18:59:06 ID:jECfWdys

リヴァイ「この部屋も掃除しておくように、今朝方言ったはずだが?」

ハンジ「」

ハンジ「あー……えーっと…………」チラッ

モブリット「分隊長!!!ごめんなさいッッッ!!」(リヴァイ兵士長のご命令には逆らえず…!!)クウウ

バタンッ

ハンジ「」

ハンジ「モ、モブリット……」ワナワナワナ..



ハンジ「謀ったなぁあああああああ!!!!!!」ギャアアアア





終わり。
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 19:00:44 ID:jECfWdys
以上で終わりとなります!
全員キャラ崩壊していてすみませんでした…

次はリヴァハンかミケナナを書きたいなーとか104期も書いてみたいなーとか色々妄想していますので、
またお目に留まる機会がありましたらよろしくお願いいたします
58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 19:44:14 ID:sT.LRXq6
乙!ミケナナいいな!楽しみにしてます!
59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:00:47 ID:7hbi9RJw
乙!
二人ともかわいかったー
リヴァハンミケナナも楽しみに待ってます!
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/26(土) 20:48:56 ID:mC1D/y8Q
乙乙!
リヴァハンもミケナナも好きだから楽しみにしてるよ

 

お勧めSS:
ハンジ「あなたの言葉を胸に、私は生きていく」

エレン「ハンジさんとクリスタと座談会?」 

 

 

元スレ:モブリット「分隊長を独り占め!?」
http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1382615681/