1: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 18:06:59 ID:aBPU4VrY

ミカサ(……世の中の可愛いって思われる女の子は、皆軽いのね)
4: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:00:32 ID:aBPU4VrY
ミカサ(このままではエレンに「不細工」って思われる……(´・ω・`))
ミカサ(確か私、サシャと対して身長変わらないんのに……)
ミカサ(どうしようどうしようどうしよう……)

ミカサ「決めた」

ミカサ(減量……しよう!!)
5: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:04:19 ID:aBPU4VrY
――次の日

サシャ「いっただーきまーすっ!!」はむはむ

ミカサ「……サシャ」

サシャ「んーなんですかー?」

ミカサ「食べて……食欲、ないの」

サシャ「(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?いいんですか!?」
7: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:08:22 ID:aBPU4VrY
サシャ「いっただーき……」

コニー(グシャ)「まてよサシャ」

サシャ「げふっ……な、なんですかぁ」

コニー「な、なあミカサ……何かあったのかよ」

ミカサ「な、何でもないわ。ち、ちょっと食欲がないだけ」

ジャン「ミ、ミカサ……」
8: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:10:18 ID:aBPU4VrY
ジャン「ど、どうしちまったん……」

エレン「少しだけ残ってたからおかわりしちまったぞー」

ミカサ「エレン(ぽわぁ)」

ジャン「」
11: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:12:46 ID:aBPU4VrY
エレン「ん、ミカサ? 食わねえのか?」

ミカサ「い、いいの……!! サシャ、食べていいから!!」

サシャ「もったいないですもんね!! いっただーきまーす!!」


ミカサ「ご、ごちそうさま!!」


ジャン「お、おい!! ミカサ!! どこ行くんだよ!!」
12: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:14:44 ID:aBPU4VrY
ミカサ(タッタッタッ)(いいの、いいのよ……)

ミカサ(エレンには嫌われたくないもの……)

ミカサ(で、でも……)


――ぐうううう……


ミカサ(流石に少なすぎたかもしれない)
13: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:18:36 ID:aBPU4VrY
長官「よーし!! 訓練の時間だ!! 各自配置について対人格闘術を行え!!」

全員「はっ!!」


コニー「よっしゃ!!サシャ!!いくぜー!!」

サシャ「かかってこいですよ!!マイクの巨人!!」

コニー「うるせえ!!!俺の頭はマイクじゃねええ!!!!」

ジャン「はぁ~┐(´д`)┌ヤレヤレ。あいつらまーた走らされるぞwwww」
ジャン「よしっ、今日こそミカサに振り向いても……」
14: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:21:39 ID:aBPU4VrY
エレン「ワーッ!!」(ドサッ)
ジャン「!?」(ドサッ)

ジャン「ってーな!!」

エレン「わ、わりぃジャン……後ろにいたのに気づかなかった」

ジャン「ったく、気をつけろよな!!」
ジャン(ちっ、せっかく大技が決まりそうだったっていうのによぉ……)

ジャン(……?)
15: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:23:44 ID:aBPU4VrY
ジャン(ミ、ミカサ?)

――ふらー……

ユミル「お、おいミカサ……!! 今日は私と組む約束だっただろ?」

クリスタ「どうしちゃったの?」

ミカサ「な、何でもない……昨日眠れなかっただけだから」


ジャン(アイツ……)
ジャン(何があったって言うんだよ)
16: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:26:44 ID:aBPU4VrY
ジャン((*゚ロ゚)ハッ!! そーいやこの前、エレンと2人きりでどっか出かけてやがったな……)
ジャン(ま、まさかコイツ……//////)

エレン「だ、大丈夫かジャン? 熱でもあるんじゃねえか……? 顔があか」
ジャン「ふざけんなこのスケベ!!!」

――ドガアッ!!!

エレン「うわっぷ!!」

ジャン「何してくれんだてめええ!!!」

一同「な、何だ何だ!?」
17: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:30:50 ID:aBPU4VrY
長官「な、何をしている貴様ら!!」

アルミン「ジャ、ジャンが特に理由のない暴力でエレンを襲っています!!」

ライナー「落ち着けジャン!!何があったんだ」

ジャン「この畜生が……!!このド変態が!!!」

エレン「はぁ!?お、俺は知らねえよ!!ち、長官!!俺は何も知らないんです!!」

アルミん「ぼ、僕も見ました!!ジャンが突然怒り出して……!!」

ライナー「貴様はなんて奴だ……!!」
18: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:33:59 ID:aBPU4VrY
ジャン「はぁっ、はぁっ……」

ジャン(俺は馬鹿じゃねえか……。1人で走り回ってよぉ。何でそんな発想に……)
ジャン(いくらエレンと行動を共にする事が多かったからって……)

ジャン(だ、だが……ミカサ、お前は真面目にどうしたってんだ)

ジャン(間違いねえ、ミカサは何かショックでも受けたんだ……)


ジャン「ぜえぜえぜえ……」
19: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:39:12 ID:aBPU4VrY
――次の日

エレン「ミカサ……どうしちまったって言うんだよ……」

ミカサ「ぽわーん……」


エレン「あっ、まさかジャン、てめえ……」

アルミん(僕の胃袋がイエーがああああああ!!!!)

ジャン「あ(怒)? 俺は何も知らねえよ!!」

ミカサ「(え、エレンが心配してる////)ち、違うわ。私は大丈夫だから……」

エレン「だってさ、お前今日もあんまり食ってないだろ?」

ベル「何か……あったのかい?」
20: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:40:57 ID:aBPU4VrY
ベル(あっ、僕だけ省略なんてひどいよ↑)

ミカサ「何でも……ないわ」

サシャ「大丈夫です!! 私のお腹が片付けますからね!!」

ユミル「お前、やっぱ馬鹿だな……」
21: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:44:34 ID:aBPU4VrY
ミカサ「さ、さあ……!! 立体機動の訓練の時間よ……!!」

――ぐうううう

コニー「サシャ~お前ってやつは……」

サシャ「違います!! 今のは断じて私ではありませんよ!!」

ライナー「俺でもない」

エレン「俺じゃないぞ」

コニー「ほらー」

サシャ「ご、誤解ですよおおおお!!!」
22: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:47:03 ID:aBPU4VrY
クリスタ「と、とりあえず皆行こうよ!! ミカサだって頑張ってるんだもん!!」

アルミン「(結婚しよ)それもそうだね」

アニ「ちぇっ」


エレン「ジャン、ほら行こうぜ!!」

ジャン「あ、ああ。うるせえな。わかってるよ」
23: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:50:46 ID:aBPU4VrY
ミカサ(食事って大切なのね……なんだか力が出ない……)
ミカサ(でも、ダイエット中にお腹が空くのは、身体が要らない物を消費してる
って、誰かが言ってた……)
ミカサ(私、無駄だらけだったのね)

――ぐううううう

ミカサ(……)
24: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:54:20 ID:aBPU4VrY
エレン「ミカサ、お前最近おかしいぞ」

ミカサ「おかしい……?」

エレン「医務室とか行ったほうがいいんじゃないか?」

ミカサ(エレンが心配してくれてる……(*´∀`)テレッ)
ミカサ(でも、エレンに心配はかけたくないから……)
ミカサ(エレンに心配されたら、きっと計画は失敗する)

ミカサ「ちょっと……嫌なものを見ただけ。そのうち立ち直るから」

エレン「嫌な……、物?」
25: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 21:58:15 ID:aBPU4VrY
ミカサ「(あっ、どうしよう。適当に言うしかない)……男性陣の寮の辺りで、ちょっと」

エレン「んん!? な、何を見たんだよ……」

ミカサ「ええっと……ラ、ライナーがジャン……」

エレン「ライナーの野郎がどうしたって??」


――ぐううう

ミカサ(バッ)「エレン!! ごめんなさい!!」

エレン「おい!!ちょっ!!ミカサ!!」
エレン「ライナーとジャンが何してたって言うんだ!!!」
26: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:01:45 ID:aBPU4VrY
ミカサ(エレン……、エレン……)
ミカサ「ハァっ、ハァっ……ごめんなさい」
ミカサ(でも、私だって……私だって……)

――ぐううううう

ミカサ(食欲駆逐したい……)
27: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:05:22 ID:aBPU4VrY
ジャン「ミカサ……」

ミカサ「ハァっハァっ……!!」

ジャン「こんな所で何してんだよ。全身汗まみれだぞ」

ミカサ「ち、ちょっといぞぎの用事で……」

ジャン「お、おい、お前らしくねえな……;」

ミカサ「ごめん、ジャン。私行かなきゃ……!!」

ジャン「い、行くってどこへ……っておい!!」
ジャン「行っちまった……」
28: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:09:36 ID:aBPU4VrY
ミカサ「はぁ……」

?(バッ)「だーれだっ」

ミカサ「??? クリスタ……?」

クリスタ「当たりっ!!」

ミカサ「……」

クリスタ「ミカサ、たまにはさ、2人で何か話さない? 私、丁度今1人だったの」

ミカサ「クリスタ……」

クリスタ「ねっ? いいでしょ(@^▽^@)ニコッ?」

ミカサ「……クスッ。ええ」

クリスタ「やったぁ!! ミカサと2人きりで話すって初めてかも!! ちょっとワクワクする✿」
29: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:15:03 ID:aBPU4VrY
クリスタ「そっかぁ……やっぱりミカサはエレンが大好きなんだね」

ミカサ「(コクっ)……このマフラーも、私のお守り」

クリスタ「ミカサは大人っぽいけど、すごく可愛い心の女の子なんだね♪」

ミカサ「//////そ、そう?」

クリスタ「(´∀`*)ウフフ♪ ミカサの顔が真っ赤だwwww可愛いwww」

ミカサ「//////テレテレ」
30: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:20:25 ID:aBPU4VrY
クリスタ「ミカサはエレンのどこが好き?」

ミカサ「ええっと、危なっかしくて、すごく心配になる所……かしら//////(*ノдノ)キャ・・////」

クリスタ「wwwwあはは、ミカサってお母さんみたいねwwww」

ミカサ「く、クリスタ……/////」
ミカサ「く、クリスタはどんな男の人が、す、好き……?」

クリスタ「私ー/////?」
31: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:24:54 ID:aBPU4VrY
クリスタ「わ、私はねぇ……えーっとえーっと……」

――ぐうう

クリスタ「んー、なんて言ったらいいんだろう」

――ぐううううう

クリスタ「そうだなぁ……例えば……」

――ぐううううううう

ミカサ「ご、ごめんなさい!!ちょっと、急に用事思い出しちゃって!!」(ダッ)

クリスタ「えっ、み、ミカサ???」

ミカサ(空腹め……駆逐してやる!)
32: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:29:16 ID:aBPU4VrY
クリスタ「あーあ……せっかくミカサとお話してたんだけどなぁ」

――どっさああああ

クリスタ「きゃあああっ!!!」
クリスタ「あ、あれ? 皆何で倒れてるの?」

ライナー(べ、ベルトルト!!何で倒れるんだ!!)ヒソヒソ
ベル((m´・ω・`)m ゴメン…こけちゃったんだ)ヒソヒソ
ライナー(せっかくクリスタに気に入られるコツをおおおお)ヒソヒソ
アルミン(ベルトルト、お、重たい……)ヒソヒソ
33: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:35:20 ID:aBPU4VrY
――翌日

長官「アッカーマン、どうしたと言うんだ」

ミカサ「だ、大丈夫です」

長官「立体機動の訓練にミスが多いなんて、お前らしくもない」

ミカサ「済みません。以後気を付けますから」

長官「最近のお前にはどうも覇気が見られない。体調の管理を怠っていないだろうな」

ミカサ「はい。だ、大丈夫ですから……」

長官「にしては、やけにやつれている気がするのだが」
34: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:38:41 ID:aBPU4VrY
ミカサ「そうでしょうか」

長官「このままでは、調査兵団の候補から外れることもありえるぞ」

ミカサ「!?」

長官「なるべく早めに医務に行くように!! わかったな!!」

ミカサ「……」

長官「アッカーマン!!」

ミカサ「は、はい!!」
35: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:56:14 ID:aBPU4VrY
エレン「おい、ミカサ。元気出せよ」

ミカサ「……エレン」

エレン「大丈夫だって!!ほらっ」

ミカサ「?」

エレン「食事の時に、パンを半分残しておいたんだ。食えよ」

ミカサ「っ!!!」

エレン「ん? どうしたんだよ……何も食わなきゃ元気が……」

ミカサ「ごめんなさい!!」

エレン「み、ミカサ!?」
エレン「おい、ま、待てよ!!」

ミカサ「ごめんなさい!! 離して!!」
37: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 22:59:51 ID:aBPU4VrY
エレン「おい、待てよ!!何で最近いつも逃げるんだよ!!」

――ポツっ

エレン「あっ、雨か?」

――ザアアアアアア

エレン「うわっ!!いっぱい降ってきやがった!!」

――ゴロゴロゴロ……

エレン(雷まで鳴ってやがる……!!ミカサのやつが心配だ!!)

ジャン「おい、頭がおかしくなったのか!?早く寮に帰るぞ!!」

エレン「ジャン、大変だ!!」
38: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:02:22 ID:aBPU4VrY
ジャン「な、何があったんだよ……」

エレン「ミカサがどっか行っちまったんだ!!」

ジャン「な、何だと!?」バッ

エレン「は、離せって!! 話してたら、急に何かに怯えた顔で行っちまった!!」

ジャン「ま、マジかよ……」

――ピッシャアアアアアン!!!
39: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:04:58 ID:aBPU4VrY
ジャン「お、おい……お前は何を話したんだ」

エレン「長官にきついこと言われて落ち込んでたから、朝に残しておいた
パンを少し分けて慰めようとしたんだ……そしたら急に……」

ジャン(パン……?)
40: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:09:28 ID:aBPU4VrY
――サシャ、食べてくれる?
――最近、ちょっと食欲がなくて……
――エレン(ぽわわん)


ジャン「……チッ」バッ

エレン「うわっ……な、何だよジャン」

ジャン「読めた気がする。クッソ!!」

エレン「なっ……」

ジャン「説明は後でいい!! お前は男子寮に戻って全員呼んで来い!! 先に探してる!!」
41: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:12:20 ID:aBPU4VrY
エレン「わかった!!」


――ダッダッダッダ……

ミカサ(どうして……どうして私は逃げてるの……?)
ミカサ(ごめんなさい……ごめんなさい……)

ミカサ「ぐすっ……」

――ズッシャアアアア

ミカサ「っ……!!」
42: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:17:57 ID:aBPU4VrY
――ピッシャアアアアン!!

ミカサ(……ひ、酷い夕立……)
ミカサ(きっと皆心配してる……か、帰らないと……)

ミカサ「……た、立てない……」

ミカサ(な、何……? 頭がクラクラしてきた……脚も痛い……)
43: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:21:33 ID:aBPU4VrY
ミカサ(さ、寒い……)
ミカサ「グスッ……エレン……グスッ……」

――ザアアアアアアア

ミカサ(雨が……酷い)



悪1「おっ、訓練兵の姉ちゃんじゃねえか」
44: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:24:05 ID:aBPU4VrY
ミカサ「……貴方、誰?」

悪2「こんな所に寝てたら風邪引くぞwwwwへっへっへ」

ミカサ「余計なお世話。」

悪1「うわっ、何だよこの姉ちゃん。怖ええなぁ」

――ズコォッ!!

悪1「ぐほっ!!」
45: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:30:54 ID:aBPU4VrY
悪2「テメエ何しやがる!!」バッ

ミカサ(だ、駄目……一瞬だけ力が戻ったけど……)

悪2(ドカッ)「馬鹿なこたぁやめとけよ……」

ミカサ(駄目……あ、意識が……)
46: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:34:32 ID:aBPU4VrY
ミカサ(エレン……エレン……嫌っ……私……私っ)



「たああああああっ!!」


悪2「!?」
47: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:38:05 ID:aBPU4VrY
悪1「なんだテメエ……」

「離しやがれ!!クソやろおおお!!」

悪2「ってぇな……」


ミカサ(……エ、エレン……?)
48: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:41:06 ID:aBPU4VrY
「ミカサ!!お前な!!そういうことは本気で好きな奴とするんだ!!馬鹿野郎!!」

ミカサ(……)

「この野郎!!お前らなんかより、よっぽどお似合いな野郎がこいつにはいんだよ!!」

悪1&2「ちっ……あんだと?」
49: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:50:58 ID:aBPU4VrY
「ってぇ……やりやがったな!!」
「俺はお前らと違って、真面目に鍛えてんだ。舐めてるんじゃねえよ」

――バシッ!! ズサっ!!

悪1&2「うっ……うぐぐ……」


「……ミカサ」

ミカサ(……)

――ピッシャアアアアン!!
50: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/20(木) 23:55:06 ID:aBPU4VrY
(ヒョイっ)「さっさと帰るぞ。馬鹿野郎」

ミカサ(エレン……)


――タッタッタッタ

「くそっ、雨が止まねえな」
「ミカサ、お前はこんなに軽かったのか……?」

ミカサ(……)

「いつものさ、スッゲー強い、綺麗な黒髪のミカサはどこに行っちまったんだよ」
51: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:04:58 ID:aBPU4VrY
「俺が知ってるお前は、こんなにきゃしゃじゃねえしよ……」

ミカサ(……)

「何で体重落とそうなんて考えた」

ミカサ「……エレン、エレンに可愛いって、思って欲しかった……」
ミカサ「(ぎゅっ)エレン、ごめんなさい……」

「っ……////」
52: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:09:35 ID:aBPU4VrY
「……ば、馬鹿。俺はいつものミカサがいいんだよ!!」
「こんなナヨナヨなミカサは、俺の好きなミカサじゃねえ」

ミカサ「エレ……ぐずっ……エレン……」

「俺は強くて、誰よりもスゲーミカサがいい。だから元に戻れ!!」

ミカサ「エレン……エレン……!!」
53: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:13:33 ID:aBPU4VrY
ミカサ「グスッ……グスッ……」

「……っはー。それによ」

ミカサ「ズッ……くすん」

「お前に筋肉があったとしてもだ、お前を重たいと思うほど、やわじゃねえよ!!」

ミカサ「……」

「だっ、だからよ!!もう二度と馬鹿な事は考えるんじゃねえ!!」

ミカサ「……スー……」
54: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:15:57 ID:aBPU4VrY
「み、ミカサ?」

ミカサ「(ぎゅうっ)スー……スー……」

「/////くそっ!!」
55: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:20:24 ID:aBPU4VrY
アルミン(――どうも。アルミンです。あの後、ミカサは長官に叱られてこってり絞られた
けど、サシャやコニーと一緒に走らされているうちに、あっという間に僕らの知っている、
クールなミカサに戻ってくれました!!)

ミカサ「……エレン」

エレン「今日のパンは特別うま……んぐ? 何か用か?」

ミカサ「この間は……ありがとう?」

エレン「ん? な、何の話だ?」
56: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:23:41 ID:aBPU4VrY
ミカサ「ううん、何でもない////」テレっ

エレン「なんだ、変なミカサだなぁ」モグモグ



アルミン(……顔の腫れは引いたかい? ジャン)コソコソ

ジャン(ん、あ、ああ。チンピラは大した事ない奴らだったしな。痛えけど)コソコソ

アルミン(あ、あのさぁ……)

ジャン(あん?)
57: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:26:10 ID:aBPU4VrY
アルミン(ホントにいいの……? 僕らは確かにあの後、ミカサを介抱したけどさ、
本当にミカサを救ったのは君なんだよ?)

ジャン(うるせえ////俺の傷をえぐらないでくれ)

アルミン(ごっ、ごめん……)
58: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:29:36 ID:aBPU4VrY
ジャン(ミカサのためだよ……。俺のせいでまたミカサが馬鹿なこと考えたら、
巨人に食われてくるつもりだ)

アルミン(ジャン、君って案外いい奴なんだね)

ジャン(コイツ!!(ボカッ)案外はいらねえよ)

アルミン('`,、('∀`) '`,、そうだね(苦笑))
59: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:31:38 ID:aBPU4VrY
ジャン(ミカサが元気になってくれるのなら……今回は目をつぶってやるさ)

アルミン((´・ω・`))
60: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:35:18 ID:aBPU4VrY
ライナー「おいジャン!!」

ジャン「あ? 何だよライナー」

ライナー「////ふざけんじゃねえ!!!俺はお前と恋仲になった覚えはないぞ!!」

アルミン「」
61: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:37:50 ID:aBPU4VrY
ジャン「はああああああ!?」

ライナー「104期の中でじわじわ噂が広がってやがる……!!俺はお前なんかと
結婚した覚えはないぞ!! 何をほざいた!!」

ジャン「しっ、知らねえよ!! 俺はガチムチはガチムチでも、好きなのはライナーじゃねえし!!」

ライナー「ばっ///////何を言ってんだよ!!」

ジャン「ああ!? 正直に言っただけだろ!!」
62: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:41:32 ID:aBPU4VrY
アルミン(ああ、ジャン……君はどうしてこのタイミングで正直になるんだい)

エレン「なんかあいつら、馬鹿な事してんなー」

ミカサ「……」

エレン「どうした?」

ミカサ(エレンより口調が悪い……)

エレン「ん?なんだ、不思議そうな顔して。あのネタでライナーが憤慨してんのは
いつものことだろ」

ミカサ「ううん、何でもない」
63: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:44:13 ID:aBPU4VrY
エレン「そんなことより、このパンいつものよりうまいぜ!!食ってみろよ!!」

ミカサ「……うん(モフっ)。ほんと……美味しい」ニコッ

エレン「なんだか機嫌がいいな。今日のお前は」

ミカサ「エレンとゆっくり食べられて、嬉しい///」
64: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:49:16 ID:aBPU4VrY
アルミン(こうして、ミカサの無理なダイエット作戦は幕を閉じましたとさ。
でも、ミカサが本当に美味しそうにパンを食べるんで、104期の女性陣が感化
されちゃったみたいだ。

なんとアニまでもがだよ!? びっくりだよね!! よっぽどお腹が空いてたん
だね……ミカサ。

もう無理はやめようね(苦笑)。


不憫ジャンと、君に感化されて残り物争奪戦を女性の中で生み出してるみたい
だし┐(´~`;)┌)
65: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/06/21(金) 00:52:20 ID:FaUvsbo2
ジャンっていっつもこんな役回り。でもそれがいい
66: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:53:06 ID:aBPU4VrY
女性陣「最近、ちょっと引き締まり具合が微妙に落ちちゃったね」
女性陣「でも、これ以上運動するのもなぁ……」

エレン(ミカサァ~頼むよ……最近俺、全然おかわりできないんだ……
お前から何か言ってくれ……)

ミカサ(え、エレンが私に頼みごとしてる!!)キラキラ
ミカサ「わかった」
67: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 00:56:15 ID:aBPU4VrY
ミカサ「み、皆っ!!」

女性陣「ど、どうしたの」わらわら


ミカサ「104期生女性陣……!!ダイエットしよう!!」




……終わりです!!

よく考えてみたら、なんだかんだまだ時間があったので、普通に終わらせて頂きましたm(_ _)m


ありがとうございました!!
68: 特徴は(サシャ+ハンジ)÷2だよ! 2013/06/21(金) 01:06:15 ID:aBPU4VrY
ごめんジャン……カッコイイ君が書きたかったのに……orz
69: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/06/21(金) 01:08:17 ID:???
乙です!
70: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/06/21(金) 01:29:38 ID:???
乙 おもしろかった

 
お勧めSS:
ジャン「また会おうな――親友」エレン「また会おうぜ――親友」

ジャン「焼き芋」

ジャン「付き合ってください!」

ジャン「宴会で」 

 

 

元スレ:ミカサ「104期生女性陣……!!ダイエットしよう」
http://.2ch.net/test/read.cgi/6689/1371719219/