1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:24:15 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「休日の昼休み、僕は暇なのである程度離れたところから、いちゃつくライナーとクリスタを見ていたらユミルが来た」

ユミル「は?何言ってんだ?」

ベルトルト「僕に会いにきたの?」

ユミル「別に?偶然会っただけだろ」

ベルトルト「そっかー残念」

ユミル「…つーか、ベルトルさんは何してんだ?」

ベルトルト「ライナーとクリスタを見守っトルト」

ユミル「なんかいらっとした」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:25:08 ID:/rg5qF7k
ユミル「それはそうとさベルトルさん…」

ベルトルト「なんだい?ユミル」

ユミル「見ろよあれ」

ベルトルト「うん。ライナーとクリスタだね」

ユミル「仲いいよなあいつら…」

ベルトルト「うん。ライナーが粉砕玉砕大喝采覚悟で告白したら、まさかのクリスタもライナーが好きでしたってオチ」

ユミル「はっ…なんで私を選ばなかったのかな…」

ベルトルト「ライナー…どうして」ボソッ

ユミル「クリスタだ。馬鹿」

ベルトルト「…」スッ

ユミル「なぁベルトルさん……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:26:22 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「ん?なんだい?」

ユミル「私の肩に手回さないでくれるか?」

ユミル「恋人同士じゃねえんだから…」

ベルトルト「え?そうなの?」

ユミル「いやそうだろ」

ベルトルト「なんだぁ」

ユミル「頭おかしいんじゃねえの…」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:27:38 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「あ…ライナーとクリスタがさらにいちゃつき始めた」

ユミル「くそが」

ベルトルト「うんうん、こういう感じで?なるほど」スッ

ユミル「やめろベルトルさん」パシッ

ベルトルト「なんだ釣れないな」

ユミル「なんだじゃねえよ。そういうのは恋人とやってろ」

ベルトルト「え?ユミルは僕の恋人じゃなかったの?」

ユミル「違えよ馬鹿。二度も言わせるな」

ベルトルト「違う?恋人じゃなかったら家族…?」

ユミル「やめろそのミカサ的思考」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:28:44 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「あ…ヤヴァイよヤヴァイ」

ユミル「なんだ」

ベルトルト「ライナーのあの仕草、今すぐヤりたいようだね」

ユミル「…腰揺れてるもんな………殺す」

ベルトルト「ライナーを殺したらクリスタが悲しむよ?」

ユミル「ぐっ」

ベルトルト「そしたら、ユミルも悲しいでしょ?ライナーを殺したその結果、クリスタに嫌われるなんて」

ユミル「まぁな。クリスタに嫌われたら飯が喉を通らなくなるだろうな」

ベルトルト「だから僕が慰めてあげる。今すぐにでも」

ユミル「どうしてそうなる?すごく頭おかしいんじゃねえの」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:29:40 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「大丈夫だって。僕、前も後ろも初めてだけど…ユミルとなら」

ユミル「殺す対象が変わったぜベルトルさん」

ベルトルト「おっかない殺意の波動を感じる。今回は手を引こう」

ユミル「一生引いとけ」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:30:26 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「あ…距離を詰めてるよあの二人」

ユミル「このままキスの展開か?許せん」

ベルトルト「拙者が成敗してくれる!」

ユミル「おうおうその意気だ。邪魔してやれ」

ベルトルト「うっ…ユミル成分が足りない…成敗できない…ってことで補充しないと」

ユミル「キスはしねえからな?ベルトルさん」

ベルトルト「ちぇっ…」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:31:09 ID:/rg5qF7k
ユミル「…私達何してるんだろうな」

ベルトルト「さぁ…独身同士の傷の舐め合い?ではさっそく」ベロン

ユミル「死ね。今すぐ死ね」オラオラオラオラ

ベルトルト「ぐふぅ」

ユミル「ったく…油断も隙もありゃしねえ」

ベルトルト「名状しがたい感覚が体を貫く」

ユミル「痛みを快感に変えただと?」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:32:05 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「残念でしたユミル。僕は全身性感帯なんだ」

ユミル「そうか」

ベルトルト「その鋭く冷たく、ゲロ以下のものを見るような目つき…」

ベルトルト「まだ慣れてないな。早く慣れないと」

ユミル「うげぇーっこいつはゲロ以下の存在だ。駆逐しねえと」

ベルトルト「駆逐怖いやめて」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:33:21 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「あ…ライナーがクリスタの細い腰にぶっとい腕を回したよ。そして抱き寄せるのか」

ユミル「これはやっぱりあの展開だな」

ベルトルト「キース!キース!」パンパン

ユミル「マジ許せん。スナップブレードどこだ?」

ベルトルト「キース!キース!」パンパン





キース「呼んだか?」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:34:33 ID:/rg5qF7k
ユミル「教官」

ベルトルト「キース!キー…」

キース「呼んだか?」

ベルトルト「…なんでもありません」

キース「そうか」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:35:42 ID:/rg5qF7k
ユミル「教官。助けてください」

キース「どうした?」

ユミル「ベルトルさんが勢いに身を任せてキスしようとしてきたりするんです。というか実際に舐められました」

キース「若気の至りだ」

ユミル「は?」

ベルトルト「教官公認きた」

ユミル「死ね」ドゴッ

ベルトルト「快感」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:37:13 ID:/rg5qF7k
ユミル「…教官、もうひとつあるのですが」

キース「なんだ?」

ユミル「ライナーと私のクリスタがキスしようとしてるんです。ぜひ引き裂いてください」

キース「私は訓練兵の恋愛事情に口を挟むつもりはない」

ユミル「ちょっ」

ベルトルト「教官。僕は近々ユミルと初夜を共にする予定なのですが」

キース「身篭ったら開拓地行きだからそのつもりで」

ユミル「ちょっ」

キース「おっと。私は用があるので帰らせてもらおう」

ユミル「ちょっ待てよ」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:38:06 ID:/rg5qF7k
ユミル「…行っちまった」

ベルトルト「何しに来たんだろうね」

ユミル「ベルトルさんもついでに帰れ」

ベルトルト「断りたい。しかしユミルの頼みとあらば、聞かないわけにも…しかしここから帰りたくない。ユミルと離れたくない」

ユミル「死ね」

ベルトルト「断る」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:39:36 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「あ…僕たちが言い合ってる間に、ライクリ誕生の瞬間を迎えようとしている」

ユミル「やばい!お互いの吐息がかかりあう距離だ!」

ベルトルト「あの二人の顔が近づいてる近づいてる。僕たちも」ヌーッ

ユミル「顔近づけるのやめてくれねえ?」

ベルトルト「もうユミル。いい加減勢いに飲まれなよ」

ユミル「クリスタとだったらな」

ベルトルト「僕をクリスタだと思って。僕は、クリスタ・レンズ」

ユミル「クリスタはこんなに大きくない」

ベルトルト「これぐらいかな?」

ユミル「しゃがむな」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:40:21 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「…」

ユミル「どした?ベルトルさん」

ベルトルト「ユミルを下から見上げると、そこには二つの膨らみが」

ユミル「ふざけんなよ」

ベルトルト「さらに、その膨らみから小さな膨らみが一つずつ…」

ユミル「なっ…///」

ベルトルト「デレたデレた。これでご飯三杯いけるよ」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:41:20 ID:/rg5qF7k
ユミル「ちょうど蹴りやすい、いい位置にしゃがんでくれてるなベルトルさん」ベキィ

ベルトルト「ぶっ」ドサッ

ユミル「マジで気持ち悪いよお前。人類史上ここまで気持ち悪いやつはいねぇよ」

ベルトルト「…」

ユミル「…ベルトルさん?」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:42:22 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「…」

ユミル「…おいおい」

ベルトルト「…」

ユミル「どうしたんだ?なぁ」

ベルトルト「…」

ユミル「ベルトルさん?なぁ」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:43:27 ID:/rg5qF7k
ユミル「ベルトルさん?おい聞いてるのか?返事しろよな。なぁ」









ベルトルト「心配するユミル頂きました~」ホッコリ

ユミル「……」ブチッ

ガシッ

ベルトルト「えっ僕の両足掴んでどうするの?そのままベッドイン?」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:45:02 ID:/rg5qF7k
ユミル「振り回すんだよぉぉぉぉぉ!」


ビュウンビュウン


ベルトルト「すごい怪力。ライナーを超えた」


ユミル「ベルトールハンマー!」ビュウン

ベルトルト「まさか床に叩きつけっ」

ドゴォォッ
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:45:57 ID:/rg5qF7k
ユミル「はぁはぁ…」

ベルトルト「」

ユミル「一生そこでのびとけ。つーかそのまま死ね」

ベルトルト「」

ユミル「ったく…なんだか馬鹿らしくなってきた。帰るか」




ベルトルト「帰らせない」ムクッ

ユミル「ひぃっ!?」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:46:35 ID:/rg5qF7k
ユミル「ベルトルさんなんで!?」

ベルトルト「あのぐらいじゃ気絶しない」

ユミル「くっ…そういや痛みを快感に変換できるんだっけか」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:47:47 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「ユミル…」ジリジリ…

ユミル「こっちくんな…」

ベルトルト「ユミルゥ↑」ジリジリ

ユミル「あわわわわ」ゾワッ



ベルトルト「さっきのは気持ちよかった…気持ちよかったよーーー!」ダッ

ユミル「うわあああああああぁぁぁぁぁ!」ダッ
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:48:33 ID:/rg5qF7k
ベルトルト「逃げないでユミル!」

ユミル「逃げるに決まってんだろ!筋肉ゴリラの腰巾着野郎!!」

ベルトルト「僕はユミルの腰巾着になりたいのです!一生!」

ユミル「一瞬たりともお断りだね!」


ドドドドドドド…
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:49:18 ID:/rg5qF7k
ライナー「…」

クリスタ「ライナー?」

ライナー「あいつら仲いいよな」

クリスタ「いっつもあんな感じだよね」

ライナー「ああ」

クリスタ「…ライナー」

ライナー「ん?」


クリスタ「もう一度、キスしよ?」

ライナー「ああ…」


チュッ
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:50:29 ID:/rg5qF7k
終わり

ベルトールハンマーって書きたかっただけです
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/14(月) 23:55:46 ID:uwEPKBso
おつ

そうかキスは避けれなかったか…

しかしキース教官はマジなんで来たんだw
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 09:12:53 ID:TkJMvj9I
このツッコミが追い付かないほどの疾走感ww
ごちそう様でした!お疲れ様
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/15(火) 22:00:54 ID:iY3lilXY
僕は、クリスタ・レンズの下りワロタw
ベルユミ書き手さんの増殖に胸熱。
次回作もまってるよ!

 

 
お勧めSS:
ベルトルト「天体観測。」

ベルトルト「営業」 

ベルトルト「戦士……か………」

ベルトルト「ズッ友だョ・・・!」
 

 

元スレ:ベルトルト「見守っトルト」
http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1381760655/