1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 22:51:38.84 ID:zT2JxYVf0
エレン「俺が鈍感だという風潮」 

クリスタ「私が女神って風潮?」 
 
ジャン「俺が死に急ぎ野郎の引き立て役という風潮だと?」 

キース「私が、実は訓練兵に優しいという風潮、か……」 

アニ「私がちょろいって風潮」 
の続きです 

あらすじ 

エレンがコニー、サシャと仲良くなった 
クリスタとユミルの仲が少し深まった 
ジャンじゃん 
キースとコニーとポーンの頭 
エレンたちと、アニ、ベルトルト、ライナーの関係が元通り 

注意点 

なぜか毎回説教臭い 
ネタバレ注意 
あとこれが最後 

では投下 

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 22:53:04.12 ID:zT2JxYVf0
エレン「俺と一緒に行きたいやつ、この指とーまれ!」 

ミカサ「わぁい」 

コニー「わぁい!」 

サシャ「わぁい!」 

ライナー「……アルミンは、あれ、やらないのか?」 

アルミン「流石にこの歳になってからだと、ちょっとね」 

ライナー「だよな」 

ベルトルト「わぁい!」 

アルミン・ライナー「!?」 

アルミン「ちょっと待って、ベルトルト!」 

ライナー「お前は俺ら側の人間だろ、ベルトルトォ!」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 22:55:16.30 ID:zT2JxYVf0
遡る事少し前 


エレン「ボランティア?」 

アルミン「そうだよ。聞いてなかったの?」 

エレン「全然」 

コニー「ある意味、訓練とは関係ない話だからな。脳みそが記憶するの、拒否したんじゃね?」 

サシャ「エレンは訓練馬鹿ですしね」 

エレン「うっせ。で、そのボランティアってなにするんだ?」 

ミカサ「一日街の清掃作業」 

エレン「一日!? 訓練はどうすんだよ!」 

アルミン「お休みだよね、普通に考えて」 

エレン「教官に抗議してやる……」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 22:59:34.34 ID:zT2JxYVf0
コニー「いいじゃねぇか、一日くらい」 

サシャ「そうですよ。のんびりしましょうよ」 

エレン「その気の緩みが致命傷になるんだ」 

アルミン「エレンの言いたい事も理解出来なくはないけど、抗議するのは止めようね」 

エレン「なんで?」 

アルミン「下手をすれば、開拓地行きになるよ。ボランティアは、あくまで訓練の一つって扱いだからね」 

エレン「それは困るな」 

アルミン「だよね。だから、今回は我慢しようか。それに、僕らの衣食住は税金があってこそでしょ?」 

アルミン「その恩返しだと思えば、少しは納得出来るんじゃないかな?」 

エレン「わかったよ。全部が全部、納得したわけじゃねぇけど、そこは目を瞑る」 

ミカサ「聞き分けがいいエレンは偉い子」 

エレン「頭撫でんな」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:03:41.71 ID:zT2JxYVf0
コニー「おっ、教官が来たぞ」 

サシャ「静かにしてないと、頭掴まれて宙に浮いちゃいますよ」 

エレン「そうだな」 

キース「……集まっているか?」 

マルコ「遅れなく、全員揃っております!」 

キース「では、本日の予定を説明する。先日話した通り、街の清掃だ」 

キース「いないとは思うが、影でこそこそ訓練をした者には、罰則を与える。いいな?」 

エレン「クッ……」 

アルミン(エレンを狙い撃ってるなぁ、教官)
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:05:35.15 ID:zT2JxYVf0
キース「あとで麻袋と軍手を支給する。リアカーなどの貸し出しは、個人で申し出るように」 

ジャン「質問があります」 

キース「なんだ?」 

ジャン「個人のノルマは、麻袋一つ、満たす程度のゴミを集める事でしょうか?」 

キース「ノルマは設けていない。どれだけ集めたゴミが少なくとも、罰を与えないと約束する」 

アルミン(……なるほど、そういう事か) 

エレン(なにがそういう事なんだ?) 

アルミン(今回の件は、建前ではボランティアだけど、中身は僕たちの羽伸ばしって事だよ) 

コニー(俺らに羽が生えてるやつなんていねぇぞ) 

サシャ(クリスタには羽くらい生えてそうですけどね。白いのが) 

エレン(そうだったのか。今度、クリスタに羽を触らせて貰おうかな) 

アルミン(生えてないから……)
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:06:53.54 ID:zT2JxYVf0
ミカサ(アルミンが言いたいのは、今日一日、街で息抜きが出来る、と言う事だと思う) 

アルミン(出来る、と言うより、絶対にしろ、って感じだけどね) 

エレン(必要ねぇのに……) 

アルミン(まぁまぁ、折角の教官のご厚意なんだから、有難く休もうよ) 

エレン(わかったよ) 

サシャ「私からもよろしいでしょうか?」 

キース「昼飯は街で食っても、ここの食堂を利用しても構わん」 

キース「しかし、食堂を利用する者は、事前にこの紙に名前を記入するように」 

サシャ「なにも言ってませんのに……」 

キース「ほう、他に聞きたい事があったのか?」 

サシャ「いえ、知りたい事は聞けましたので……」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:08:50.90 ID:zT2JxYVf0
コニー「班分けはどうするんですか?」 

キース「貴様がまともな質問をしてくれて嬉しいぞ」 

コニー「へへっ」 

アルミン(褒めてるには褒めてるんだろうけど、なんとも言い難い褒め方だなぁ) 

アルミン(コニーは喜んでるし、わざわざ指摘したりしないけど) 

キース「こちらで班分けはしない。個々で行うのもよし、何人かで固まるのもよし。好きにしろ」 

キース「他に質問はないな? では、解散!」 

訓練兵たち「ハッ!」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:10:39.24 ID:zT2JxYVf0
エレン「さて、じゃあ一緒に行きたいやつを集めるか」 

アルミン「どうやって?」 

エレン「そりゃ、これ以外ないだろ。俺と一緒に行きたいやつ、この指とーまれ!」 

ミカサ「行く」 

コニー「早ぇ……エレンを指を握ったミカサの手の動きが見えなかったぞ」 

サシャ「しかも、エレンが痛がってない所を見ると、絶妙な力加減をしていたようですね」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/07/05(金) 23:11:49.62 ID:Y5OysAZd0
さすがアッカーマン、ぶれないな
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:11:57.63 ID:zT2JxYVf0
エレン「ミカサ、やり直し」 

ミカサ「どうして?」 

エレン「掴む方は、わぁい、って言うのがルールらしいからな」 

ミカサ「誰にそう教えて貰ったの?」 

エレン「コニーとサシャ」 

コニー「常識だぜ」 

サシャ「そうですよね」 

ミカサ「常識なら仕方ない。一度手を離そう」 

アルミン(常識なのかなぁ?)
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:12:53.15 ID:zT2JxYVf0
ライナー「エレンたちは、また馬鹿をやってるみたいだな」 

アルミン「ライナー。それにベルトルトも」 

ベルトルト「僕たちも混ぜて貰おうと思ってね」 

ミーナ「私たちもいるよ」 

アニ「別に、私は一人でも……」 

ミーナ「はいはい」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:14:25.69 ID:zT2JxYVf0
エレン「じゃあ、改めてやるな。俺と一緒に行きたいやつ、この指とーまれ!」 

ミカサ「わぁい」 

コニー「わぁい!」 

サシャ「わぁい!」 

ライナー「……アルミンは、あれ、やらないのか?」 

アルミン「流石にこの歳になってからだと、ちょっとね」 

ライナー「だよな」 

ベルトルト「わぁい!」 

アルミン・ライナー「!?」 

アルミン「ちょっと待って、ベルトルト!」 

ライナー「お前は俺ら側の人間だろ、ベルトルトォ!」 

アニ「……」 

ミーナ(アニが参加したそうにウズウズしてる)
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:17:45.81 ID:zT2JxYVf0
ベルトルト「えっ? ダメだった?」 

アルミン「ダメって事はないけど、ベルトルトは見守る側の人間でいないと」 

ライナー「そういう事だ。俺らの負担軽減に協力してくれ」 

ベルトルト「なら、仕方ないかぁ……」 

アルミン(あれ? なんか、すっごく落ち込んじゃった?) 

ライナー(エレンとの件で、リミッター外してはっちゃけ出したな、こいつ。今まで抑えてた分、仕方ないと言えなくもないが) 

ミーナ「あれ? エレンの方にクリスタが駆け寄ってる」 

クリスタ「わぁい!」 

アルミン・ライナー「!?」 

見守る側の二人?(……) 

New fool×2「わぁい!」 

ベルトルト「おい」
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:21:21.46 ID:zT2JxYVf0
ライナー「止めるな、ベルトルト。兵士には引けない状況がある。今がそうだ」 

アルミン「勝負は今! ここで決める!」 

ベルトルト「ずるいよ! 僕がやろうとしたら止めたのに!」 

ミーナ「男の子は大変だね」 

アニ「見ない方がいいよ。百害あって一利もない」 

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:23:55.29 ID:zT2JxYVf0
ユミル「わ、わぁい!」 

アルミン・ライナー「!?」 

ミーナ「アルミン達が言い争ってる間に、クリスタの手をユミルが握ったね」 

アニ(ユミルの顔、真っ赤) 

ユミル(下半身で物を考える男なんかに、クリスタの手を握らせてたまるか。それなら私が恥を掻いた方がマシだ) 

ユミル(この程度、この程度……クソッ!) 

クリスタ「えへへ。ユミルの手、大きくて温かいね」 

ユミル(いい人生だった……。この笑顔のために私は生まれ変わったんだな……) 

アルミン「ベルトルトォ! なんて事をしてくれたんだ!」 

ライナー「クリスタの手を握れるチャンスだったんだぞ!」 

ベルトルト「知るか!」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:28:02.50 ID:zT2JxYVf0
マルコ「……ジャン、一番出遅れてるけど?」 

ジャン「ベ、別に俺はエレンと友達じゃねぇし! 一人でゴミ拾いしても、寂しくなんてねぇし!」 

マルコ「そっか。じゃあ、僕は混ぜて貰いに行くね」 

ジャン「待て。本当に待て。頼むから待ってくれ!」 

マルコ「なに?」 

ジャン「ど、どうしてもって頼むんなら、エレンたちと一緒にゴミ拾いをしてもいいんだけどなぁ」 

マルコ「なら、どうしても頼むよ」 

ジャン「そこまで言われたら仕方ねぇ。俺は大人だからな。我慢してあいつらと一緒に行動してやる」 

マルコ(大人ってなんだろね、ジャン)
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/05(金) 23:28:31.30 ID:JYpnyvtFo
わぁい(意味深)
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:33:15.22 ID:zT2JxYVf0
ジャン「じゃあ行くか。スーハー……よし! わぁい!」 

マルコ(うわっ、凄い嬉しそうな笑顔。エレンたちの輪に入ってない普段は、どれだけ寂しがってたんだろ?) 

エレン「なんだ、ジャンも一緒に来るのか?」 

ジャン「マルコに頼まれたんだよ。好き好んでお前と一緒にいたいわけじゃねぇからな」 

マルコ「そういう事にしておいて」 

エレン「そっか。にしても、結構集まったな。俺の指掴んでないけど、アニ達も来るんだろ?」 

アニ「私は、その……」 

ミーナ「もちろん! 私たちも行くからね」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:35:57.50 ID:zT2JxYVf0
エレン「了解。お前ら、手を離していいぞ」 

ミカサ「もうちょっとこのまま……」 

エレン「ダメ」 

ミカサ「この世界は、残酷だ……」 

エレン「なに言ってんだ、お前」 

ミカサ「そして、とても美しい……」 

エレン「本当になに言ってんだよ、自分の掌を頬擦りしながら。まぁ、いいけど」 

コニー「いいのか?」 

サシャ「ミカサが不意に脳内旅行に出かけるのは、いつもの事ですからね」 

コニー「それもそうだな」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:37:28.38 ID:zT2JxYVf0
エレン「おーい、アルミン。なにベルトルトやライナーと口論してるんだよ」 

アルミン「あっ、ごめん。指先まで届いてた希望が消えて、ちょっとおかしくなってたよ」 

アルミン「それで、なに?」 

エレン「これからどうしようかと思ってな」 

アルミン「そうだね。ずっと十三人で回ると流石に効率が悪いから、二人組か三人組になろうか」 

コニー「集まった意味がなくなるんじゃね?」 

アルミン「ずっと同じってわけじゃないよ。二時間毎に面子を変えるようにするんだ。この地図を見て」 

サシャ「街の地図ですね。いつの間に教官から貰ったんですか?」 

アルミン「昨日の内にね。必要になると思ってたから」 

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:41:23.14 ID:zT2JxYVf0
クリスタ「アルミンは気が利くね」 

ユミル「それしか取り柄がないけどな」 

クリスタ「もう! そんな事言ったら駄目だよ! アルミンには良い所がいっぱいあるんだからね」 

エレン「そうだぞ。特にユミルはアルミンの良い所を沢山見ておけよ」 

ユミル「なんで私が、特別こいつの良い所を見てないといけねぇんだよ」 

アルミン「気にしないでいいよ、ユミル。話を戻すけど、地図にいくつか印があるでしょ?」 

ミカサ「もしかして、そこが集合地点?」 

アルミン「うん。最初はこの印に向かって進む。次はここ、みたいな感じだよ」 

アルミン「ルートによって誤差は出るだろうけど、大体予定時間の十分前後で全員が到着すると思う」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:49:28.00 ID:zT2JxYVf0
エレン「そこまで決まってるなら、早速組み分けをするか。アルミンはユミルとな」 

ユミル「なんでだよ! クリスタと一緒にしろよ!」 

ミカサ「いいから」 

ユミル「よくねぇよ!」 

ミカサ「いいから」 

ユミル「目が怖ぇよ! あと、お前が掴んでる肩があり得ないくらい痛ぇ!」 

ミカサ「いいから」 

ユミル「わかったよ! わかったから離せ! 本当に痛い!」 

ミカサ「快く頷いてくれてよかった」 

ユミル「本気でそう思ってそうなお前の頭は幸せだよ……」 

アルミン(僕はもう諦めてる) 

アルミン(何度も何度も、僕はユミルに告白なんかしてないよ、って説明しても、聞いてくれないし)
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:51:13.69 ID:zT2JxYVf0
アルミン「エレンはミカサと一緒に行ってね」 

ミカサ「アルミン。私はいつまでもアルミンの味方であり続けよう」 

ジャン「はぁ!? はぁ!?」 

マルコ「なんで二回も言ったの?」 

ライナー「必死過ぎるだろ、ジャン」 

ベルトルト(エレンと一緒が良かったなぁ。まぁ、何回か変わるみたいだから、一回でも同じになればいいや) 

アニ「……」 

ミーナ「アニ、落ち込んでるの、隠し切れてないよ?」 

アニ「……落ち込んでない」 

ミーナ「二時間後の組み直しの時は、私が推薦してあげるから、安心してね」 

アニ「……そんな事しなくていいから」 

ミーナ(強がっちゃって、この子は全く……)
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:56:55.48 ID:zT2JxYVf0
コニー「俺らも、エレンと離れるのか」 

サシャ「残念ですね」 

アルミン「我儘言ってごめんね」 

エレン「どうして俺がミカサと一緒なんだ?」 

アルミン「今いる場所と最初の集合地点との間に、二人に寄って貰いたい場所があるんだ」 

ミカサ「私たちに?」 

アルミン「うん。前に用事があって街に行った時見つけたんだけど、どうしても二人だけで行って欲しくてね」 

エレン「それってどこなんだ?」 

アルミン「地図で言うと、ここだよ」 

エレン「一回目の集合場所に近いな」 

アルミン「二人は少し遅れてもいいから、そこでのんびりして来てね」 

エレン「わかった」 

ミカサ「うん」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/05(金) 23:59:16.09 ID:zT2JxYVf0
マルコ「事情がありそうだから、最初は僕と組もうね、ジャン」 

ジャン「わかったよ」 

ライナー「ベルトルトは俺と一緒に行くぞ」 

ベルトルト「うん」 

ミーナ「アニ、最初は私と行こうね」 

アニ「いいよ」 

コニー「残りは俺とサシャとクリスタか」 

サシャ「私たちは三人で行きましょう」 

クリスタ「よろしくね、二人とも」 

エレン「んじゃ、軍手とか袋とか貰って、出発するか!」 

一同「おー!」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:00:40.38 ID:5rmyqQDB0
街(道中) 


エレン「あっ、また煙草の吸殻が転がってやがる。全く、ちゃんとした場所に捨てろっての」 

ミカサ「……気にしてなかったけど、シガンシナ区の街も、ここと同じくらい汚れていたのかもしれない」 

エレン「そりゃな。あの頃はハンネスさんも、ただの飲んだくれ親父だったくらいだしな」 

ミカサ「性格の悪いやつらも多かった。賢いアルミンに、ちょっかいばかりかけてた」 

エレン「その度に俺らで返り討ちにしてやったけどな」 

ミカサ「当時からエレンは偉かった。ちゃんと友達のために怒れるいい子」 

エレン「はいはい」
32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:03:30.00 ID:5rmyqQDB0
露店商人「そこのお二人さん。ちょっと寄って行ってみないかのぅ?」 

エレン「ん? 俺たちの事か、ばあちゃん」 

露店商人「そうだよ」 

エレン「悪いな。今、昼飯分の手持ちしか持ってねぇんだ。なにも買ってやれないぞ」 

露店商人「お金はいらないよ。今はね」 

エレン「含みのある言い方だな」 

露店商人「気に障ったのなら謝るよ」 

露店商人「いつの日か、お二人が大きくなった時に、高い物を買ってくれたらと思ってね」 

エレン「面白い言い方だな。歩いてる人、みんなにそう言ってるのか?」 

露店商人「気に入った人にだけだよ」 

エレン「一目で気に入る、気に入らないがわかるのか?」 

露店商人「もちろん。これでも長く人を眺めてるからのぅ。良い人、悪い人はすぐ見分けられるつもりだよ」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:06:24.57 ID:5rmyqQDB0
ミカサ「お婆さんの目に、私たちはどう映ったの?」 

露店商人「長年寄り添った夫婦のような空気が見えたよ」 

ミカサ「あなたは良い人。凄く良い人。売りたい物を言って欲しい。それを買おう。商品全てでも構わない」 

エレン「おいおい」 

露店商人「私が売りたい物じゃなくて、お二人が欲しい物を選んでおくれ。今日はそれをプレゼントするよ」 

ミカサ「お言葉に甘える。エレン、選んで」 

エレン「俺が? 銀細工の良し悪しなんて、わからねぇよ」 

ミカサ「それでも選んで。私はそれを喜んで身につける」 

エレン「結局、お前が欲しいだけじゃねぇか」 

ミカサ「違う。エレンから渡される物が欲しい」 

エレン「違いがわからねぇよ。えっと、どれどれ。……ん?」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:10:23.14 ID:5rmyqQDB0
露店商人「気に入った物は見つかったかのぅ?」 

エレン「これも商品?」 

露店商人「あぁ、そのミサンガもそうだよ。昔、戯れで編んだけど、なかなか売れなくてねぇ」 

エレン「銀細工ばかりのところに、これが一本だけあっても売れないだろうな」 

露店商人「手入れは欠かしておらんから、解れや汚れはないだろう?」 

エレン「そうだな。じゃあ、これ貰ってもいいか?」 

露店商人「それでいいのかい?」 

エレン「あぁ。これで良い」 

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:12:24.69 ID:5rmyqQDB0
エレン「ミカサ、手首に巻いてやるから、袖まくれ」 

ミカサ「わかった。これで良い?」 

エレン「いいぞ。軍手外すからちょっと待ってろ。よいしょ。んじゃ、ジッとしてろよ」 

ミカサ「うん」 

エレン「……こんな感じだな。きつくはないか?」 

ミカサ「丁度良い。ありがとう」 

エレン「どういたしまして。訓練中とか、邪魔にならないようにちゃんと袖の中に入れておけよ?」 

ミカサ「気をつけよう」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:15:10.50 ID:5rmyqQDB0
ミカサ「ところで、どうしてこれを選んだの?」 

エレン「どうしてって、なんとなくだけど?」 

ミカサ「そう……」 

エレン「しいて言うなら、俺と会う前に、よくおふくろさんと刺繍をしてたって言ってただろ?」 

エレン「ミサンガも刺繍糸で出来てるから、少しは気にいるかなぁ、とは考えた」 

ミカサ「覚えてて、くれたの……?」 

エレン「当たり前だろうが。俺をどんだけ馬鹿なやつだと思ってるんだよ」 

ミカサ「……本当にありがとう」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:19:08.24 ID:5rmyqQDB0
エレン「ばあちゃんにもちゃんと礼を言えよ」 

ミカサ「お婆さん、どうもありがとう」 

エレン「俺からも礼を言うよ。ありがとな」 

露店商人「いいよ。その代わり、次に会う時は、お金をたんまり持って来ておくれ」 

エレン「ちゃっかりしてんな、ばあちゃん」 

露店商人「これでも商売だからねぇ」 

エレン「そりゃそうだな。んじゃ、また来るよ」 

ミカサ「絶対にまた来る。その時もエレンと一緒に」 

露店商人「楽しみにしておるよ」 

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:20:44.96 ID:5rmyqQDB0
アルミンに指定された場所 


エレン「ここ、だよな?」 

ミカサ「間違いない」 

エレン「なるほどな。アルミンが、俺たちだけで行けって言った意味がわかったよ」 

ミカサ「私もわかった。ここは凄く似ている」 

ミカサ「私とエレン、そしてアルミンの三人で、外の世界の話をしていた場所に」 

エレン「川沿いにある階段や、傍にある芝生とかもそうだけど、雰囲気もそっくりだ」 

ミカサ「うん」 

エレン「懐かしいな」 

ミカサ「……うん」 

エレン「ちょっと座るか。前みたいに、階段に」 

ミカサ「わかった」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:23:46.06 ID:5rmyqQDB0
エレン「……」 

ミカサ「……」 

エレン「あのさ、ミカサに話しておきたい事があるんだ」 

エレン「今度、アルミンにも話そうと思ってる事なんだけどな」 

ミカサ「なに?」 

エレン「……俺、訓練兵団に入ってよかったと思ってる」 

ミカサ「うん」 

エレン「毎日、巨人を殺すために、色んな技術や知識を学べるからな」 

ミカサ「……」 

エレン「それだけでよかった。最初は、偽りなくそう思ってた」
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:25:56.64 ID:5rmyqQDB0
ミカサ「今は違うの?」 

エレン「……友達が出来たんだ」 

ミカサ「コニーやライナーたちの事?」 

エレン「少し前まで、友達はアルミンだけで良いとさえ思ってたのにな」 

ミカサ「エレンは寂しがり屋だから」 

エレン「悔しいけど、否定出来ねぇな。実際、友達が友達じゃなくなると思って、怖くなったし」 

ミカサ「いつ?」 

エレン「ベルトルトの時。話しただろ?」 

ミカサ「うん。聞いた」
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:29:18.30 ID:5rmyqQDB0
エレン「思い返せば、ライナーやベルトルトと仲良くなったきっかけは、情けなかったな」 

ミカサ「そんな事ない。壊れたベルトで一瞬でも体勢を維持したエレンは凄い」 

エレン「何で出来たか、俺にもわからねぇけどな。そう言えば、アニと話すようになったきっかけも情けなかった」 

ミカサ「いつか私が、然るべき報いを……」 

エレン「すんな」 

ミカサ「冗談」
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:31:22.18 ID:5rmyqQDB0
エレン「コニーとサシャは、不思議と気が合ったな。あいつらは本当に面白い」 

ミカサ「エレンは、その二人と一緒に行動するようになってから、よく笑うようになった」 

ミカサ「今度、改めてお礼を言おうと思う」 

エレン「すんな。俺が恥ずかしい」 

ミカサ「わかった。諦める」 

エレン「クリスタは馬繋がりで仲良くなったよな」 

エレン「最近のクリスタは、今まで以上に頑張ってるから、こっちもやる気が出て来るよ」 

ミカサ「クリスタ繋がりだけど、アルミンがユミルを想っているのは意外だった。早く、成就させてあげたい」 

エレン「俺もだ」 

ミカサ「一緒に頑張ろう」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:34:18.51 ID:5rmyqQDB0
エレン「ジャンは……まぁ、根っから嫌な奴ってわけでもないよな」 

ミカサ「意外。喧嘩ばかりしてるから、嫌いなんだと思っていた」 

エレン「好きでもねぇけど、嫌いでもねぇよ。あいつの言ってる事は正しいからな」 

ミカサ「確かに正しい。内地の安全性、憲兵団所属と言う将来の安定。どちらも普通の人は手に入れたいと考える」 

エレン「そうだな。けど、俺は自分の考えが間違っているとは思ってねぇからな」 

ミカサ「うん。エレンはそれで良い。どんな危険な事からでも、私が守る。安心してていい」 

エレン「やめろ」 

ミカサ「無理」 

エレン「……」 

ミカサ「……」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:38:02.28 ID:5rmyqQDB0
エレン「マルコとは、いつ仲良くなったか覚えてないな」 

ミカサ「それは酷いと思う」 

エレン「俺らの中じゃ、マルコは一番人と接するのが上手いからな。気付いたらもう普通に話してた」 

ミカサ「言われてみれば、思った事を全部口に出すジャンと、最初に仲良くなったのはマルコだった」 

エレン「だろ? そうそう、人付き合いが上手いと言えば、ミーナもそうだな」 

ミカサ「ミーナはアニが孤立しないように頑張ってる」 

エレン「ノリはいいし、他人との隔たりを感じさせない性格だから、アニとも上手くやってるよな」 

ミカサ「マルコとミーナを嫌いな人は見た事がない」 

エレン「俺もないな」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:40:26.05 ID:5rmyqQDB0
ミカサ「……それで」 

エレン「ん?」 

ミカサ「それで、エレンはなにが言いたいの? みんなを褒めるだけの話とは思えない」 

エレン「……俺、夢を更新したんだ」 

ミカサ「更新?」 

エレン「俺とアルミンとミカサ、三人だけじゃなくて、みんなで外の世界を探検したい」 

ミカサ「……」 

エレン「ジャンやアニ辺りは嫌がるだろうし、なにより巨人をなんとかしないといけねぇけどな」 

ミカサ「絶対に叶う。叶えてみせる。さっきエレンがくれたミサンガにも、そうお願いする」 

エレン「ありがとな」 

ミカサ「お礼はいらない。その分、生きていて欲しい」 

エレン「当然だろ」 

ミカサ「エレンは心配。凄く危なっかしい」 

エレン「うっせ」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:42:22.38 ID:5rmyqQDB0
ミカサ「……エレン」 

エレン「なんだよ」 

ミカサ「探検に出ても、私はエレンの隣にいる」 

エレン「家族なんだから、当たり前だろ?」 

ミカサ「……うん。ずっと隣にいる」 

アルミン「じゃあ、空いてるエレンの左側には僕が座らせて貰うね」
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:43:34.23 ID:5rmyqQDB0
エレン「アルミン? なんでここにいるんだ?」 

アルミン「僕だけじゃないよ」 

コニー「俺はエレンの前な」 

サシャ「私はミカサの前に座ります」 

クリスタ「私はアルミンの前にするね」 

エレン「コニー? それにサシャとクリスタも」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:46:16.23 ID:5rmyqQDB0
ユミル「私は――」 

エレン「お前はアルミンの隣な」 

ユミル「私がいる事にも少しは動揺しろよ!」 

ユミル「それと、事情は理解した。けどな、もうアルミンとくっつけようとすんな」 

ミカサ「ユミル」 

ユミル「……わかったよ、こう言えば良いんだろ?」 

ユミル「アルミンとは付き合えない。股のもん切除したら、少しは考えてやる。以上」 

アルミン(面と向かって言われると、こう、胸にクるものがあるよね……) 

アルミン(ユミルを恋愛対象として見てたわけじゃないけどさ、最近ちょっとは仲良くなったから余計に……)
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:47:23.92 ID:5rmyqQDB0
エレン「アルミンをフるなよ! アルミンが可哀想だろうが!」 

ユミル「うっせぇ! 私の気持ちも少しは勘定に入れろ!」 

アニ「うるさい。もっと静かに話しなよ」 

ミーナ「とか何とか言いながら、ちゃっかりエレンの後ろをキープするんだね」 

アニ「……」 

ミーナ「あっ、ごめん。余計な事言っちゃったね。本当に怖いから睨まないで」
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:49:36.40 ID:5rmyqQDB0
ベルトルト「僕はアルミンの後ろに座らせて貰うね」 

ライナー「俺はベルトルトの横で、ユミルの後ろだな」 

マルコ「僕はミーナの隣に良いかな?」 

ミーナ「うん。けど、ミカサの隣も空いてるよ?」 

マルコ「そこに座りたい人がいるからね」 

ミーナ「あっ、そうだったね」
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:52:26.37 ID:5rmyqQDB0
エレン「ぞろぞろ集まって来たな。マルコ、ジャンはどうしたんだよ? 一緒だったんだろ?」 

ジャン「俺ならここだ」 

エレン「そこにいたのか」 

ジャン「……てめぇに言っておく」 

エレン「なんだよ」 

ジャン「俺はお前と一緒に巨人に食われるのなんてごめんだ。絶対に上位十人入りして、憲兵団に行ってやる」 

エレン「それがどうした? 好きにしろよ」 

ジャン「ただ、もしもだ。巨人がいなくなったら、お前の探検に付き合ってやらねぇ事もねぇよ」 

アニ「……」 

ミーナ(言いたかった事をジャンに言われて、アニが口をパクパクさせてる)
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:55:48.32 ID:5rmyqQDB0
エレン「……ジャンの口ぶりから嫌な気がして来たんだけど」 

エレン「なぁ、お前、いや、お前らはどこからどこまで俺の話を聞いてやがった?」 

アルミン「出発してから全部」 

コニー「全て」 

サシャ「漏れなく」 

ユミル「残さず」 

ミーナ「余らせず」 

ライナー「一から十まで」 

クリスタ「その……ごめんね?」 

エレン「」 

マルコ(あっ、エレンが放心した)
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 00:57:05.71 ID:5rmyqQDB0
エレン「……う、う――」 

マルコ「う?」 

ミーナ(エレンの耳、どんどん赤くなってる) 

クリスタ(気付かない内に話を聞かれるのは、流石のエレンでも恥ずかしいんだね) 

エレン「うわあああああ!」 

コニー「あだっ!」 

ミーナ「恥ずかしさのあまり、コニーの頭踏んで川に向かったね」 

マルコ「あっ、飛び込んだ」 

ミカサ「エレン、川の水は冷たい。すぐに引き上げるから、待ってて」 

エレン「こっちくんな、ばかぁ!」 

アニ(エレンの犬掻き……)
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:00:20.01 ID:5rmyqQDB0
ミーナ「ミカサ選手、綺麗なフォームで入水」 

マルコ「ほとんど波が立たなかったね」 

コニー「エレン! 人の頭踏んで川に逃げてんじゃねぇよ!」 

サシャ「コニーも飛び込んじゃいましたかぁ。流れ的に、私もですよね?」 

サシャ「まっ、覚悟を決めますか。とうっ!」 

ミーナ「うん。これは空気を読んで、私たちも続くべきだよね」 

アニ「私、たち? わっ!」 

ミーナ「お姫様だっこ~。じゃあ飛び込むよ。せーの!」 

アニ「ちょっ――」 

クリスタ「私たちも行こ!」 

ユミル「……は? お、おい、クリスタ! それ以上、私の手を引っ張ったら、落ち――」
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:02:55.13 ID:5rmyqQDB0
ベルトルト「ライナー、僕も行って良い? 良いよね? 行っちゃうよ? 行くからね!」 

ライナー「あー……ウキウキしているところ悪いが、ちょっと待て」 

ベルトルト「なに? 話なら短く、要点だけ言ってね」 

ライナー「わかったわかった。……あのな、ベルトルト。俺なりに少し考えてみた」 

ベルトルト「なにを?」 

ライナー「もしこっちを選んだら、俺たちが開けた穴は、俺たちで塞ぐ。それでいいな?」 

ベルトルト「……もちろんだよ。まだ、決め兼ねているけど」 

ライナー「時間は充分残っている。ゆっくり決めろ」 

ベルトルト「うん……」
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:04:15.22 ID:5rmyqQDB0
アルミン「なんの話?」 

マルコ「面白い話なら、僕も一枚噛ませてくれないかな?」 

ライナー「なんでもない。それより、よっと」 

アルミン「うわっ!」 

マルコ「な、なんで僕らを肩に担いだの!?」 

ライナー「これからみんなで水遊びをするからな。ベルトルト、ジャンを捕獲しろ」 

ベルトルト「もう捕まえてるよ」 

ジャン「離せよ、ベルトルト! 俺はお前らと泳ぐ気はねぇ!」 

ライナー「よしっ、このまま飛び込むぞ!」 

ベルトルト「うん!」 

ジャン「止め――ガボガボッ」 

59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:05:38.30 ID:5rmyqQDB0
暫くした後、教官室 


キース「……まさか、川で泳ぎ出す馬鹿がいるとは思ってもいなかった。しかも、これほどの人数とは」 

エレン「すみませんでした!」 

一同「すみませんでした!」 

ジャン(俺は嫌だって、言ったのに……)
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:06:38.75 ID:5rmyqQDB0
キース「これから罰を言い渡す。不満のある者はいるか?」 

マルコ「いません!」 

キース「いい覚悟だ。では、貴様らは調理場に向かえ」 

アルミン「調理場、ですか?」 

キース「そうだ。貴様らは清掃作業を完全に中止して、他の訓練兵の食事を作れ」 

キース「今から始めれば、昼食の時間に間に合うだろう」
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:08:25.54 ID:5rmyqQDB0
キース「昼に食堂を利用する者のリストはこれだ。人数に合わせた量を作るように」 

エレン「あの……罰はそれだけですか?」 

キース「独房に入りたかったか?」 

エレン「滅相もありません!」 

キース「時間が惜しい。今すぐ準備に取り掛かれ。給仕の者たちには、私が連絡をしておく。以上だ」 

一同「ハッ!」
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:09:24.98 ID:5rmyqQDB0
調理場 


コニー「ふっ、やっぱり俺は天才だ。これほどまで完璧に芋の皮を剥けるやつはいないだろうな」 

エレン「裸にした芋見てニヤニヤしてる暇があるんなら、手を動かせ」 

サシャ「……」 

エレン「サシャは逆に、不気味なくらい静かだな」 

サシャ「口を開けると、このまま齧り付いてしまいそうなので」 

エレン「悪かった。黙って皮を剥いててくれ」
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:11:48.84 ID:5rmyqQDB0
クリスタ「エレン、追加のお芋を持って来たよ。どこに置いたらいいかな?」 

アルミン(腰にエプロンを巻いてるクリスタ……最高です) 

ライナー(結婚した) 

ユミル「野菜が入った箱、重てぇ……」 

エレン「ありがとな。その辺に置いててくれ」 

クリスタ「うん」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:12:56.22 ID:5rmyqQDB0
アルミン「ミカサ、火加減はこんなもので良いかな?」 

ミカサ「いいと思う。あとは調理を始められる時まで、火が弱くならないように注意しながら待機」 

アルミン「うん」 

ミーナ「アニ、お皿はどうしよう?」 

アニ「この辺りの物を使えばいいと思う。リストの人数を数えたけど、この棚で足りるはず」 

ライナー「先に皿だけ並べておくか。料理が出来たら鍋ごと運んで、皿に盛ればいいだろ」 

ベルトルト「埃が溜まらないように、お皿に被せる布を探しておくね」 

ライナー「任せた」 

65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:14:53.43 ID:5rmyqQDB0
ジャン「水、持って来たぞ」 

マルコ「あと一回くらい、往復しないといけないけどね」 

アルミン「ありがとね、ジャン、マルコ」 

エレン「ミカサ、ある程度皮が剥けたから、調理を始めてくれ」 

ミカサ「わかった」
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:16:26.89 ID:5rmyqQDB0
クリスタ「食材は運び終わったから、一番忙しそうな皮剥きを手伝うね」 

エレン「おう、頼む」 

ユミル「私もそうすっかな」 

エレン「ユミルは調理の手伝いな」 

ミカサ「こっちをお願い」 

クリスタ「ユミルはミカサとアルミンのお手伝いをよろしくね」 

ユミル「クリスタまで……いいよいいよ、わかったよ!」 

ユミル「おい、根暗金髪チビ。私が手伝ってやる。感謝しろ!」 

アルミン「うん。助かるよ」
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:18:23.47 ID:5rmyqQDB0
コニー「ところで、エレンに聞きたいんだけどよ」 

エレン「なにをだ?」 

コニー「壁の外ってなにがあるんだ? 俺、全然知らねぇぞ」 

クリスタ「私も知りたいな」 

サシャ「私にも教えて下さい」 

エレン「アルミンが詳しく教えてくれるぞ。なぁ、アルミン」 

アルミン「今日はエレンが教えてあげなよ。僕もエレンの口から聞きたいからね」 

エレン「なんで?」 

ミカサ「私もエレンの言葉で聞きたい」 

エレン「わかったよ」 

アニ「……」 

ミーナ(お皿を取るふりをして、聞き耳を立ててるアニ。かくいう私も興味がある話だけどね) 

エレン「いいか、よく聞けよ。外の世界には海ってのがあってな――」
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:20:00.30 ID:5rmyqQDB0
終わり! 

シリーズ物なんて初めてだったから投下する度に緊張度がレッドゾーン振り切ってた 
ウンコ投げてんじゃねぇよ、このゴリラ野郎! って言われないかドキドキしてたよ豆腐メンタルだし 
なにはともあれ、これで風潮は本当におしまい 
お付き合い下さり、本当にありがとうございました
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:21:09.86 ID:qn+L81xSo
乙 

好きなシリーズだったから終わるのは寂しいが楽しかったよ
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  [sage ]:2013/07/06(土) 01:21:11.34 ID:EEaLQGjVo
全て面白かった乙
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/06(土) 01:22:54.16 ID:7M9XX0dp0
乙 
毎作毎作おバカ達に癒されてた 
いいシリーズをありがとう!
 
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:29:26.87 ID:5rmyqQDB0
次回予告 


エレン「雪山での訓練?」 


季節は冬。雪で覆われた山で、訓練が行われる事となった。 

過酷すぎる故に、参加者は希望する者のみ。 

その訓練に挑む第104期訓練兵たちだが…… 


歩む事さえ阻む雪 


ジャン「クソッ、思ってたよりも進んでねぇ」 

マルコ「落ち着いて進もう。焦ったところで、無駄に体力を消耗するだけだよ」 


遊ぶ馬鹿 


コニー「フフフーン。フフン♪」 

エレン(!? コイツ、小便で雪に自分の名前を……負けるか!) 

サシャ「男の子は良いですね。どこでもおしっこ出来て」 

エレン・コニー「こっち見んな!」
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:31:08.63 ID:5rmyqQDB0
深まる友情 


アルミン「エレン、助けに来てくれたんだ……」 

エレン「当たり前だろ。ほら、背中に乗れ。戻るぞ」 

アルミン「うん……」 


忘れられる者 


エレン「あれ? ジャンはどうした?」 

コニー「サシャが拾ったんじゃないのか?」 

サシャ「コニーが助けたんだと思ってたんですけど」 

ジャン「俺を雪山に、忘れ、ないで、くれ……」
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:32:26.03 ID:5rmyqQDB0
夜になっても戻らない者たち 


マルコ「ユミルの班が見当たらない!」 

ジャン「チッ、だからあいつらは参加すんなって言ったのに」 

エレン「ごちゃごちゃ言ってねぇで、探しに行くぞ!」 


そして、別れ 


ミカサ「エレン!」 

アルミン「エレェェン!」 

エレン(絶対に、お前らの所に戻ってやる……だから、安心、し、ろ……) 


雪山行軍訓練~行方不明になったクリスタ、ユミル、そしてダズを救出せよ!(三人は自力で戻るよ)~
78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/07/06(土) 01:33:35.06 ID:5rmyqQDB0
同時掲載、とある三人+一人のかまくら出張版 


アニ「……」 

ミーナ「……」 

ライナー「……」 

ベルトルト「……」 

アニ「……ミーナ、お餅焼けたから食べていいよ」 

ミーナ「……うん」 

ライナー「十人以上入れるように、大き目に作ったんだがな……」 

ベルトルト「来てくれたの、ミーナだけだったね……」 


20013年夏、公開予定
79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/07/06(土) 01:42:13.63 ID:JSHyyIpVo
18000年後か 

期待
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/06(土) 01:47:06.90 ID:MPG9AE+q0
乙 
好きなシリーズやったから終わるの寂しいけど次回作に期待!
84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/07/06(土) 02:03:21.40 ID:ssVeMp440
乙です 
欲を言えばもうちょっと続けて欲しかった。
 

関連スレ:
この書き手の作品
 
 
元スレ: ミカサ「エレンが巨人にしか興味がない風潮は間違ってる
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373032298/