1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:32:42.03 ID:mkvWlrzQ0
エレン「俺が鈍感だという風潮」 

クリスタ「私が女神って風潮?」 
 
ジャン「俺が死に急ぎ野郎の引き立て役という風潮だと?」 

キース「私が、実は訓練兵に優しいという風潮、か……」 

の続きです 

あらすじ 
エレンがコニー、サシャと仲良くなった 
クリスタとユミルの仲が少し深まった 
ジャンじゃん 
キースとコニーとポーンの頭 

注意点 
なぜか毎回説教臭い 
ネタバレ注意 

では投下 



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:33:58.01 ID:mkvWlrzQ0
エレン「第一回、アニを褒めちぎろうの会!」 

コニー・サシャ「わー!」 

エレン「やる事は簡単だ。とにかくアニを褒めろ」 

コニー「やっちゃいけねぇ事は?」 

エレン「特に考えてねぇけど、悪口にならなきゃいいんじゃないか?」 

サシャ「では私から!」 

エレン「言ってやれ、サシャ」 

サシャ「はい!」 

アニ(どうしてこうなった……)
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:35:15.41 ID:mkvWlrzQ0
時遡り、日中(対人格闘訓練) 


エレン「相変わらずサボってるな、アニ」 

アニ「エレンか。あんたには関係ないよ」 

エレン「関係はねぇけどさ、勿体ないだろ? 折角、凄い技術持ってんのに」 

アニ「凄くなんてないよ」 

エレン「持ってるやつは、持ってる物の大きさを理解出来ねぇもんだよ」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:36:13.45 ID:mkvWlrzQ0
アニ「そうかもね。で、あんたがふらついてるのはどうして?」 

エレン「ほら、あそこ」 

アニ「……隅でコニーとサシャが倒れてるね。あれ、あんたがやったの?」 

エレン「ちょっと力加減をミスってな。今は相手がいないんだ」 

アニ「それで私に声をかけたわけ?」 

エレン「そういう事。最近、組んでなかったしな」
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:37:39.64 ID:mkvWlrzQ0
アニ「……悪いけど、他を当たって。今は教える気分じゃない」 

エレン「気分じゃないって、体調でも悪いのか?」 

アニ「考え方次第じゃ、体調不良かもね」 

エレン「考え方次第? どういう事だ?」 

アニ「……隠す事でもない、か」 

エレン「?」 

アニ「ここ最近、私の周りにいる連中が鬱陶しくてね」 

エレン「……なにか言われたのか?」 

アニ「目つきが怖くなってるよ」 

エレン「当たり前だろうが! 誰だ? 誰になんて言われたんだ? 俺がぶん殴って来てやる!」 

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:38:50.81 ID:mkvWlrzQ0
アニ「興奮しないでいいよ。大した事じゃないから」 

エレン「じゃあ、なんで鬱陶しいんだよ」 

アニ「鬱陶しくもなるよ。あれだけ褒められてたら」 

エレン「……褒められる?」 

アニ「そう」 

エレン「なんだ。そうだったのか。安心した」 

アニ「心配してくれた?」 

エレン「当たり前だろ」 

アニ「……ありがと」
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:41:01.30 ID:mkvWlrzQ0
エレン「なんで褒められてるのに鬱陶しいんだ? 素直に喜べよ」 

アニ「逆に聞くけど、あんたはミカサに歩き方を褒められて嬉しい?」 

エレン「馬鹿にされてるような気がするな」 

アニ「私もそんな感じ。ご飯を食べてたら、スプーンの持ち方が綺麗だとか、食べ方が上品とか」 

エレン「スプーンの持ち方? 食べ方?」 

アニ「ぼんやり歩いてたら、姿勢が凛としてるとかなんとかって」 

エレン「反応に困るな、それ」 

アニ「そんなのが続いてて、機嫌が悪い」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:42:11.04 ID:mkvWlrzQ0
エレン「一人のやつがそう言ってるのか?」 

アニ「色んなやつ。共通点と言えば、全部男ってくらい」 

エレン「そいつら、なに考えてんだろうな」 

アニ「私が知りたいよ」 

エレン(うーん、アルミンに相談したら、すぐ解決してくれるだろうけど……) 

エレン「……」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:46:23.33 ID:mkvWlrzQ0
アニ「そういうわけで、今はあんたに構ってあげられる気分じゃない」 

エレン「……よし、わかった」 

アニ「わかってくれた? なら、私は行くよ」 

エレン「俺が解決してやる!」 

アニ「……」 

エレン「その前に、体を動かしてストレスを発散しないとな。どっちがならず者をやる?」 

アニ「人の話、聞いてるの?」 

エレン「聞いてる聞いてる。それで、どっちがいい?」 

アニ「……あんたがならず者。手加減はしないから」 

エレン「おっし。行くぞ!」 

アニ「はぁ……」
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:48:11.44 ID:mkvWlrzQ0
夕食後 


コニー「なぁ、なんでこんな狭い部屋に俺らは集まったんだ?」 

エレン「あまり人が来ない場所を選んだら、ここだったんだよ」 

サシャ「この大樽、この部屋にありましたっけ?」 

エレン「それはあとで話すから」 

アニ「……」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:49:40.99 ID:mkvWlrzQ0
エレン「じゃあ、始めるか。第一回、アニを褒めちぎろうの会!」 

コニー「アニを褒めちぎる?」 

サシャ「どうしてですか?」 

エレン「ちょっとわけがあってな」 

サシャ「理由は話せないんですか?」 

エレン「アニ、話していいか?」 

アニ「その前に、あんたと二人で話がある。ついて来て」 

エレン「わかった。コニーとサシャはちょっと待っててくれ」 

コニー「早く戻って来いよ」 

サシャ「大人しく待ってます」 

エレン「おう」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:52:28.23 ID:mkvWlrzQ0
エレン「部屋から出たけど、なんだ?」 

アニ「……あんたは何をするつもり?」 

エレン「みんなでアニを褒めようとしてる」 

アニ「悪いけど、頭の理解が追いつかない。いや、私の話のせいでこうなったのは想像出来るけど」 

エレン「訓練中、俺なりに考えてみた結果、褒められる事に慣れたらいいって結論に達した」 

アニ「あんたの頭は凄いよ」 

エレン「褒めるなよ」 

アニ「皮肉だから」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:54:51.54 ID:mkvWlrzQ0
エレン「ダメか?」 

アニ(……根本的な解決になってない。けど、エレンが私の事で一生懸命考えてくれた) 

アニ(それを無下にするのも悪い、か。嬉しくないと言えば、嘘になるし) 

アニ「……今回だけね」 

エレン「ありがとうな。それで、あいつらに事情を話して平気か?」 

アニ「隠す事でもない。そう言ったでしょ?」 

エレン「了解。じゃあ、戻るか」 

アニ「いいよ」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:56:30.46 ID:mkvWlrzQ0
説明後 


エレン「――って、わけで、アニを褒めるだけ褒めて、慣れて貰おうってのが今回の趣旨だ」 

サシャ「羨ましい悩みですね。私なんか、怒られるか、芋女って呼ばれるだけですのに」 

コニー「本当だよな。俺も事ある毎に馬鹿って言われてる」 

アニ「なら、代わってあげるよ」 

コニー・サシャ「遠慮します」 

エレン「とにかくだ。集まった理由は理解したな?」 

コニー・サシャ「はーい」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:57:52.37 ID:mkvWlrzQ0
エレン「改めて、第一回、アニを褒めちぎろうの会!」 

コニー・サシャ「わー!」 

エレン「やる事は簡単だ。とにかくアニを褒めろ」 

コニー「やっちゃいけねぇ事は?」 

エレン「特に考えてねぇけど、悪口にならなきゃいいんじゃないか?」 

サシャ「では私から!」 

エレン「言ってやれ、サシャ」 

サシャ「はい!」 

コニー「……その前に、さっきから気になってるんだけどよ。あの樽、ガタガタ動いてねぇか?」 

サシャ「ネズミですかね?」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 10:59:56.50 ID:mkvWlrzQ0
エレン「……忘れてた。ちょっと中断して、あの樽に注目」 

サシャ「いいですけど」 

コニー「エレンがなにか入れたのか?」 

エレン「勝手にあいつが入ったんだけど。それはいいとして、顧問役を招いてる」 

コニー「肛門?」 

エレン「顧問。教官みたいなもんだ」 

サシャ「……」 

アニ「……」 

コニー「ごめんなさい。俺が馬鹿でした。聞き間違えただけなんです。だから、そんな目で見ないで」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:01:39.94 ID:mkvWlrzQ0
アニ「……もしかして、ミーナ?」 

ミーナ「エレンが教える前に気付かないでよ! あだっ!」 

エレン「自分で跳ねあげた樽の蓋が、頭に落ちたぞ、あいつ」 

サシャ「体張った芸ですねぇ」 

コニー「俺でも真似したいとは思わねぇな」 

ミーナ「芸じゃないから! 全く……よいしょ――うわっ、ぶぎゅ!」 

エレン「樽が倒れて、顔面から地面に落ちたぞ、あいつ」 

サシャ「体張った芸ですねぇ」 

コニー「俺でも真似したいとは思わねぇな」 

ミーナ「芸じゃないもん! ウケ狙ったわけじゃないもん!」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:03:38.88 ID:mkvWlrzQ0
アニ「……エレン、なんでこんなのも呼んだの?」 

ミーナ「こんなのって呼ばないでよ! 私たち友達でしょ!」 

エレン「鼻血出てるぞ、ミーナ。ちょっと大人しくしてろ。拭いてやるから」 

ミーナ「うん……」 

エレン「……よし、これで綺麗になった」 

ミーナ「手慣れてるね」 

エレン「ミカサによくやられて、自然と覚えたんだよ」 

ミーナ「ありがとう」 

エレン「どういたしまして。ミーナを呼んだ理由だけど、アニと仲が良さそうだったからだ」 

エレン「俺たちの褒め言葉に間違いあったら、指摘して貰おうと思ってな」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:05:47.64 ID:mkvWlrzQ0
アニ「たった今絶交した」 

ミーナ「泣くよ? 泣いちゃうよ? なんで私、そんなにひどい扱いなの?」 

コニー「絶交はともかく、自爆の件は自業自得だろ?」 

サシャ「一部始終を見聞きした限りだと、アニを驚かせようとして樽に入ってたみたいですしね」 

ミーナ「まさかこの二人に、正論で異議を唱えられなくさせられるなんて……エレン、みんなが苛めるよぉ」 

エレン「続きを始めるぞ。サシャ、アニのいいところはなんだ?」 

ミーナ「無視しないでよ! お願いだから無視はしないで! 一番傷つくから!」 

エレン「はいはい、机をバンバン叩かない。あとで幾らでも慰めてやるから」 

ミーナ「……前の休暇の時、街で見つけたお菓子を奢ってくれる?」 

エレン「もうそれでいいよ」 

ミーナ「やった! 約束だからね? 言質取ったからね?」 

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:08:22.90 ID:mkvWlrzQ0
エレン「わかったわかった。はぁ、やっと再開出来る。サシャ、言ってくれ」 

サシャ「言いたい事、忘れました」 

エレン「……まぁ、変な騒ぎがあったからな」 

ミーナ「私のせい!? エレンが私の存在忘れてたせいでしょ!」 

エレン「ごめんごめん。全部俺が悪かったよ」 

サシャ「今思った事を言いますね。アニは物静かでカッコいいです!」 

アニ「他人とのお喋りが苦手なだけだよ」 

サシャ「それでも、私には真似出来そうもありませんから、憧れます」 

ミーナ「アニはクールな美人さんだよね。サシャの気持ち、よくわかるなぁ」 

エレン「二人は芋と樽だしな」 

コニー「女として終わってるよな」 

サシャ「芋の件は忘れて下さい!」 

ミーナ「樽は今回だけでしょ!」 

サシャ「私が芋盗みの常習犯みたいな言い方しないで下さいよ、ミーナ……」
 
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:10:28.85 ID:mkvWlrzQ0
エレン「コニー、なにかアニのいいところはあるか?」 

コニー「そうだなぁ」 

ミーナ「また、無視された……」 

サシャ「どうせ、私は芋です……」 

コニー「ちっちゃいところ」 

アニ「ちっちゃくて悪かったね」 

コニー「褒めてるんだぞ?」 

エレン「立体機動は小さい方が有利だしな。体格で差が出る対人格闘や斬撃も、アニなら文句ねぇし」 

ミーナ「女の子は小さな方が可愛いって意味なら同意」 

ミーナ「カッコよさと可愛さを併せ持つアニって、女の子として、相当レベル高いよね」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:12:37.61 ID:mkvWlrzQ0
コニー「そもそも、俺より大きい女は、女とは思わねぇし」 

サシャ「女の子です! 私は女の子です!」 

ミーナ「勝手に大きくなっただけだもん! 私、悪くないもん!」 

エレン「なんでだ? コニー」 

コニー「だって、ちゅーする時に男が背伸びするって、いやじゃね?」 

エレン「気にする事ねぇと思うけどな。ちゅーするくらい好きなら、どうでもいいだろそんな事」 

ミーナ「いい事言った! エレンは凄くいい事を言った!」
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:15:45.98 ID:mkvWlrzQ0
コニー「なに必死になってんだ? まさか、ミーナは俺に気があるのか? いやぁ、モテる男はつらいぜ」 

ミーナ「ち・が・う・の! 女の子として、少しは扱って欲しいだけなの!」 

サシャ・アニ(酷く同意) 

エレン「ミーナはコニーが好きだったのか……。二人が上手く行くように協力するぞ?」 

ミーナ「……エレンの純粋なところ、私は好きだよ。けどね、勘違いも程々にしないと、痛い目を見るよ?」 

エレン「……ごめんなさい。俺の勘違いです。その目は止めて下さい。全身に穴が開きます」 

ミーナ「ん。いい子いい子」 

アニ(私、帰っていいかな?)
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:17:45.82 ID:mkvWlrzQ0
エレン「さ、さて! 気を取り直して、今度は俺が言うな」 

エレン「アニは父親思いの良いやつだ」 

アニ「……」 

ミーナ「えっ? なにそれ? 私、知らないよ?」 

エレン「ミーナは知らないのか? アニの格闘術って、親父さん仕込みなんだってよ」 

サシャ「そうだったんですか?」 

アニ「そうだけど、どうでもいいでしょ」 

エレン「って、アニは言うけど、格闘術を披露する時は生き生きしててな」 

エレン「対人格闘の時に組むと、すごく親父さんを大事にしてるんだな、ってのが伝わって来るんだ」 

アニ「……」 

ミーナ「あれれ~? 耳が赤くなっちゃってるよ、アニ。そっぽ向いててもわか――あたっ!」 

アニ「……」 

ミーナ「もう見ないから机の下で蹴らないで!」
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:18:31.46 ID:mkvWlrzQ0
暫くした後 


エレン「結構いい時間になったな」 

コニー「かなり褒めただろ?」 

ミーナ「何度も余計な事で盛り上がったけどね」 

エレン(ホントにな) 

サシャ「アニ、これで褒められる事にも慣れましたか?」 

アニ「どうだろうね」
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:20:50.11 ID:mkvWlrzQ0
エレン「明日一日様子を見てみるか」 

ミーナ「なら、今日は解散だね」 

コニー「じゃあ、また明日な、アニ、芋、樽」 

サシャ「……コニーとは、お休みなさいの前に拳で話す必要がありますね」 

ミーナ「協力するね、サシャ」 

エレン(みんな二文字になって、俺は呼び易いと思ったけどなぁ) 

アニ「……はぁ、馬鹿ばっかり」
29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:22:29.96 ID:mkvWlrzQ0
翌日(訓練後) 


エレン「お疲れ、アニ」 

アニ「ん。お疲れ様。コニーとサシャは一緒じゃないの?」 

エレン「腹が減ったから先に食堂に行ってるって」 

アニ「あんたも食堂に行ったら?」 

エレン「その前に、アニに聞いておこうと思ってな。昨日の成果はどうだ?」 

アニ「相変わらず、鬱陶しくて胡散臭いね」 

エレン「ダメだったか……」 

アニ「……」 

エレン「……」 

アニ「……一つ、気になっていたけど、どうしてアルミンに話さなかったの?」
30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:23:43.24 ID:mkvWlrzQ0
エレン「アルミン?」 

アニ「あんたは悩むと、よくアルミンに相談していた気がしてね」 

エレン「あぁ、それだけど、実は――」 

ミカサ「……エレン」 

エレン「お疲れ、ミカサ。それにアルミンも」 

アルミン「お疲れ様」 

ミカサ「ねぇエレン。エレンはアニとなにを話していたの?」 

エレン「なんでもいいだろ」 

ミカサ「なにを話していたの?」 

エレン「……」
31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:25:32.49 ID:mkvWlrzQ0
ミカサ「私には、言えない事?」 

エレン「ミカサには別にいいけど……」 

アルミン「僕?」 

エレン「その……俺さ、なんだかんだで、いつもアルミンを頼ってるだろ?」 

エレン「だから、なるべく自分だけで考えてみようと思って」 

アルミン「エレンはなにか困ってるの?」 

ミカサ「それで、アニが協力しているって事?」 

アニ「逆。私が困ってるから、エレンに助けて貰ってる」 

エレン「ア、アニ! なんで言うんだよ!」 

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:28:42.84 ID:mkvWlrzQ0
アニ「エレン。あんたにとって、この二人はなに?」 

エレン「ミカサは家族で、アルミンは親友だ」 

アニ「なら、ミカサかアルミンのどちらか、もしくは両方が困った状況の時、あんたはどうするの?」 

エレン「力になってやるに決まってるだろ」 

アニ「逆もそうだと、私は思うよ」 

アルミン「うん。隠し事はなしにして欲しいな。僕だって、エレンに何度も助けられてるんだから」 

ミカサ「エレン、私はいつでもあなたの味方。どんな時でも力になろう」 

アニ「そういう事」 

エレン「……わかったよ。けど、これは貸しだからな! 絶対に返すからな! ちゃんと受け取れよ!」 

アルミン「うん」 

ミカサ「エレンからのお礼を拒否するわけがない」 

エレン「じゃあ、説明するけど――」
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:30:55.38 ID:mkvWlrzQ0
説明後 


エレン「――と言う事を俺は試してみた感じだ」 

アルミン(……アニ、お疲れ様。本当に) 

ミカサ「エレン。エレンはどうしてそんな回りくどい方法を選んだの?」 

エレン「回りくどい?」 

ミカサ「もっと簡単な方法がある。アニに対して変な事を口走る連中を、全て追い払えばいい」 

アルミン「それは極論だけどね」 

ミカサ「自覚している。実行する気は、私にない。けど、エレンはどうしてそうしなかったの?」
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:31:54.74 ID:mkvWlrzQ0
エレン「そいつらは、別に悪い事してるわけじゃねぇからな。無理やり解決するのは嫌だったんだよ」 

エレン「アニだって同じだろ? アニも力でなんとか出来るだけの実力はあるんだからな」 

アニ「迷惑とは思っているけど、頷いておくよ」 

ミカサ「エレンが成長してくれて、私は嬉しい」 

エレン「お前の中の俺は、どんだけ暴力馬鹿なんだよ……」
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:33:17.19 ID:mkvWlrzQ0
アルミン「じゃあ、ここからは僕たちも協力するね」 

ミカサ「うん」 

エレン「悪い。頼むよ」 

ミカサ「お礼は、抱っこでいい」 

エレン「……今回だけな」 

ミカサ「約束。絶対。指切り、そう指切りをしよう」 

エレン「お、おう……」 

アルミン(ミカサが見た事もないほど明るい笑顔を浮かべてる……)
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:35:15.05 ID:mkvWlrzQ0
アルミン「話を纏めると、最近になって、なぜかアニは色んな男子から褒められ始めた」 

アニ「ん」 

アルミン「その原因は不明」 

アニ「ん」 

アルミン「……で、エレンに相談」 

アニ「ん」 

アルミン(返事が面倒なのかはわからないけど、反応が、ん、だけって悲しい……)
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:36:34.40 ID:mkvWlrzQ0
エレン「もう解決策が浮かんだのか?」 

アルミン「解決策はまだだけど、原因には心当たりがあるよ」 

エレン「本当か? 流石だな、アルミン」 

アニ「原因ってなに?」 

アルミン「前に、ちょっとした噂を耳にしたんだ。アニはちょろいって」 

アニ「……」 

エレン「ちょろい? なにがだ?」 

ミカサ「少し褒めれば簡単にアニと恋仲になれる、という意味だと思う」 

アルミン「はっきりと言っちゃえばね」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:38:31.14 ID:mkvWlrzQ0
エレン「へぇー。……ん? って事は、アニを褒めてたやつ、全員アニが好きなのか?」 

ミカサ「全員とは思えない。アニは可愛いから、下心しかない連中もいるはず。むしろ、そっちの方が多いと思う」 

アニ「あんたに可愛いと言って貰えるなんてね」 

ミカサ「客観的に他人を見る事は出来る」 

アニ「主観的に見れば?」 

ミカサ「……ちっさい?」 

アニ「首かしげながら言わないで。可愛く見えて怒れない」 

ミカサ「ありがとう」
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:40:41.88 ID:mkvWlrzQ0
アルミン「下心がある人もいるのは事実だろうね。けど、本気でアニが好きな人もいるはずだよ」 

エレン「そもそも、なんでそんな噂が流れたんだろうな」 

アルミン「さあ? そこまでは聞いてないからわからないなぁ」 

エレン「そっか」 

ミカサ「エレンには関係ないから、その点は気にしなくていい」 

エレン「そうだろうけど……」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:43:22.04 ID:mkvWlrzQ0
アニ(……アルミン。あんたは知ってるの?) 

アルミン(なにをかな?) 

アニ(噂が流れた原因) 

アルミン(言った通り、わからないよ) 

アニ(私は、エレンが私の格闘術を褒めてから、一緒に組むようになった事が原因だと、話を聞いて思ったけど) 

アルミン(……きっと違うよ。だから、エレンには言わないでね) 

アニ(あんたも過保護だね。きっとあんたの子供は、ダメな子に育つよ) 

アルミン(子育てする時があれば、気をつけるよ。その言葉を思い出しながらね)
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:44:41.44 ID:mkvWlrzQ0
エレン「? なんでボソボソ話してんだ?」 

アルミン「なんでもないよ。それで、エレンは本当にアニの事が好きな人たちをどうするつもり?」 

エレン「んー……アニに気があるなら、直接告白させて、付き合わせるとか?」 

アニ「ありえないね」 

エレン「ほんの少しでも、考慮の余地は?」 

アニ「ない」 

エレン「……」 

アニ「……」
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:46:19.59 ID:mkvWlrzQ0
アルミン「いきなり付き合うとかは、順番を飛ばし過ぎてると思うな」 

エレン「じゃあ、友達から」 

アニ「遠回りに愛情表現するような根性なしとは、友達にもなる気はないよ」 

エレン「根性があればいいのか……よし、閃いた!」 

アルミン「どうするの?」 

エレン「対人格闘で、アニから一本取れば、友達になる権利をプレゼント」 

アルミン「うん、良い考えだね」 

アニ(どこが?) 

ミカサ(アルミン、いいの?) 

アルミン(大丈夫だよ)
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:48:11.54 ID:mkvWlrzQ0
アルミン「でもね、悪い言い方をするけど、友達って両者が選んで初めて成り立つものだと僕は思うんだ」 

エレン「そりゃ、嫌いなやつと友達にはなりたくないな」 

アルミン「うん、そうだよね。アニに聞きたいけど、褒めてた人たちをどう思ってる?」 

アニ「気持ち悪い」 

エレン「友達からでもきついのか。なら一時間、アニと二人っきりにして会話をさせるとかは?」 

アルミン「うん、すごくいいと思うよ」 

アルミン「少しアニには我慢して貰うようになるけど、ちゃんと話せば気が合うって事もあるからね」
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:52:01.47 ID:mkvWlrzQ0
エレン「じゃあ、アニから一本取った人は、時間限定でアニと会話する権利を得るって事で」 

エレン「アニ、それでいいか?」 

アニ「その前に確認」 

エレン「ん?」 

アニ「私が負けて、一時間、誰かと二人にさせられたとする。その間、私は無言でもいいの?」 

エレン「話がつまらなかったら仕方ねぇけど、興味が湧いたら反応してやってくれないか?」 

アニ「もう一つ。その空間で私が襲われたらどうするの? 私はか弱い乙女なんだけど」 

エレン(か弱い乙女?) 

エレン「まぁ、その時は、俺がすぐ飛び込む。最初から適当な場所に待機しててな。もちろん、話は聞こえないようにするけど」
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:54:37.92 ID:mkvWlrzQ0
アニ「……いいよ。乗った」 

エレン「ありがとう!」 

アニ「でも、条件を二つ出す。一つ、私の相手は、全員ならず者役」 

アニ「二つ、私が勝つのは、木剣を奪った時じゃなく、相手が足の裏以外を地面に付けた時」 

エレン「そのくらいならいいと思うぞ」 

アニ「認めて貰えるのなら、これ以上、私から言う事はないよ」 

エレン「じゃあ、俺は早速、アニに気があるやつを調べて来るな!」 

アルミン「僕も行くよ」 

エレン「おう!」
46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 11:59:31.00 ID:mkvWlrzQ0
アニ「……あんたの幼馴染も大変だね。自分が考えた答えに近付けるよう、エレンの思考を誘導させるなんて」 

ミカサ「エレンは今回、自分の力で解決しようとした。アルミンはそれを無下にしたくなかっただけ」 

アニ「前から思ってたけど、アンタたちの関係って面白い。嫌み抜きで」 

ミカサ「羨ましい?」 

アニ「ちょっと、ね」 

ミカサ「入る?」 

アニ「入れてくれるの?」 

ミカサ「いや」 

アニ「……」 

ミカサ「……」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:00:56.10 ID:mkvWlrzQ0
アニ「ふふっ、あんたらしくて清々しい答えだね」 

アニ「さて、いつ、何人を相手にするかわからないけど、体力をつけるために食事をしに行こうかな」 

ミカサ「私のパン、分けてあげる」 

アニ「遠慮せずに貰うよ」 

ミカサ「なら、食堂に行こう。一緒に」 

アニ「ん」
48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:02:11.00 ID:mkvWlrzQ0
一週間後(早朝) 


アルミン(あれから、訓練兵の男子の中で、アニに好意を持ってる人を集めた) 

アルミン(少し時間はかかったけど、取り残さず調べられたと思う) 

アルミン(そして、現在進行形で、エレンが考えたイベント真っ最中) 

アルミン(もうすぐ終わるけど……) 

訓練兵16「グッ!」 

アニ「……これで私の全勝」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:06:53.41 ID:mkvWlrzQ0
アルミン(見て下さいこの光景。小さな女の子一人によって、一年以上訓練を積んだ男子訓練兵は全滅です) 

アルミン(誰一人として、ローキック一発に耐える事が出来ませんでした。みんな芋虫状態) 

アルミン(……蹴られて恍惚な表情を浮かべてる人ばかりだから、同情はしないけど) 

クリスタ「アニって本当に凄いよね。あっ、もうちょっとで包帯巻き終わるから、動いたらダメだよ」 

アルミン(クリスタに包帯を巻いて貰って、頬を緩ませてるそこの君。絶対に許さない) 

ユミル「愛情の籠った女の蹴りを一発も耐えれないような男じゃ、アニと釣り合わうわけねぇよな」 

ユミル「あと、鼻の下伸ばしてんじゃねぇよ、てめぇ!」 

クリスタ「け、蹴ったら駄目だよ! しかも、アニに蹴られた部分を的確に」 

アルミン(いいぞ、ユミル! もうそんなモブぶっ壊せ!) 

マルコ「……なんでアルミンは両拳を突き上げてるんだろ?」 

ジャン「知らねぇよ」
50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:09:02.00 ID:mkvWlrzQ0
マルコ「ジャンなら耐えられる? アニのあの蹴りに」 

ジャン「耐える以前に、喰らいたくない。あれはダメージを蓄積させるんじゃなくて、一撃で粉砕する蹴りだ」 

マルコ「大丈夫。ジャンならきっとなんとかなるよ。一回やってみよう」 

ジャン「お前、無茶振りは止めろよ。頼むから」 

マルコ「残念だな。エレンとの一件以来、真面目に対人格闘に取り組んでるから、いい線行くと思ったけど」 

ジャン「冗談だろ?」 

マルコ「結構本気で」 

ジャン「そう言われて悪い気はしねぇけど、やっぱり無理だ」 

マルコ「それなら仕方ないね」
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:12:53.98 ID:mkvWlrzQ0
アニ「エレン、これでいいでしょ?」 

エレン「まだだ」 

アニ「まだ誰かいるの?」 

エレン「今度は俺の番だ!」 

アニ「は? なに? あんたも蹴られたいの?」 

エレン「蹴られたくはねぇよ。痛いし……。けど、アニとは友達になりたいからな」 

アニ「いや、あんたはもう――」 

コニー「待てよ、エレン。教官とのチェス対決は一番を譲ったんだから、今回は最後な」 

エレン「仕方ねぇな。わかったよ」 

サシャ「チェス対決の時、この中では最後だった私が、最初にアニとお喋りして友達になります」 

サシャ「アニ、行きますよ!」 

アニ「……あと三人、付き合ってあげるよ」
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:15:01.62 ID:mkvWlrzQ0
一分後 


ミカサ「サシャ、流石にその姿はダメ。女の子として、色々ダメ。すぐ横にしてあげる」 

クリスタ「私も手伝うよ、ミカサ。ユミルはコニーをお願い」 

ユミル「はいはい」 

ジャン「コニーとサシャも瞬殺だったな」 

マルコ「アニが使った技は、いつだったか、エレンがジャンにした技と同じだったね」 

アルミン「威力と精度は桁違いだけどね。まぁ、エレンもあの時よりずっと成長してるけど」 

ジャン「男でも恥ずかしい格好だな、あれは。ケツを上にして気絶するって……」 

ジャン(エレンが未熟でよかった……) 

マルコ「でも、次はどうだろ? アニと組んだ回数の多いエレンは、どこまで耐えられるかな?」 

ジャン「コニーやサシャと同じ目に遭って、ミカサに幻滅されてしまえ。ケケケ」 

マルコ「うわぁ、悪い顔だなぁ」
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/29(土) 12:16:45.72 ID:IR0KWUnOo
このシリーズの登場キャラはみんなかわいいなぁ
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:19:28.92 ID:mkvWlrzQ0
エレン「今度こそ俺だな」 

アニ「手加減はしないよ」 

エレン「上等っ!」 

アニ「シッ」 

マルコ「おっと、エレンにはローキックから入ったね」 

ジャン「これでエレンも……」 

エレン「~~ッ! ラァ!」 

ジャン(マジかよ、あいつ。耐えやがったよ、おい……) 

アルミン「蹴られる直前、エレンは大きく踏み込んで、アニの脚の芯を微妙に外したね」 

マルコ「それでも、かなり痛いと思うけど」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:21:29.69 ID:mkvWlrzQ0
アニ「残念」 

マルコ「ローキックを耐えて攻撃したエレンだけど、アニは簡単に避けたね」 

マルコ「しかも、木剣を持ってる手首を掴んで、エレンの背後に回った」 

アルミン「あれはコニーやサシャにしたのと同じ技だね」 

ジャン「今度こそ駄目だな。腕を伸ばされながら顎を押し上げられて、エレンの体勢は崩れた」 

ミカサ「これは大丈夫」
56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:26:02.95 ID:mkvWlrzQ0
エレン「こなくそっ!」 

アルミン「アニに蹴りで足を払われる前に、自分から跳んでかわしたね」 

マルコ「バク宙しながら体勢を直そうとするなんて、エレンもすごいよ」 

ミカサ「……でも、逃げ場がなくなってしまった」 

アニ「狙い通りだよ。お疲れ様」 

エレン「グベッ!」 

アルミン「まだ着地してないエレンの背中に、綺麗な踵落としが決まっちゃった」 

マルコ「そのまま地面に叩き落としたね。いや、踏み落としたって言った方が正確かな?」 

ジャン(怖ぇ……アニ、マジで怖ぇ……。なんで冷静に見てられるんだよ、こいつら)
57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:27:34.13 ID:mkvWlrzQ0
エレン「」 

ユミル「あっ、エレンも気絶した」 

クリスタ「エ、エレン! 大丈夫!? 今運んであげるからね!」 

アニ「これで終わりだね」 

ミカサ「まだ。今度は私が――」 

ミーナ「ご、ごめん! 寝坊しちゃった!」 

アルミン「ミーナ?」
58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:29:05.70 ID:mkvWlrzQ0
ミーナ「うわっ、すごい惨状。あっ、やっぱり、エレンたちも挑戦したんだ。白目剥いてるけど」 

ミカサ「今度は私がやる」 

ミーナ「その前に、アニとやらなきゃいけない人がいるよ、ミカサ」 

ミカサ「誰? って、聞いた方がいい?」 

ミーナ「もちろん、この私! アニの一番の友達は誰にも譲らないからね!」 

ミカサ「えっと、うん。その……どうぞ」
59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:31:24.25 ID:mkvWlrzQ0
ミーナ「ありがとう。んっと、木剣は転がってたこれを使うね。ルールはちゃんと聞いてるから大丈夫だよ」 

アニ「……本当にするの? 本気で蹴り飛ばすよ?」 

ミーナ「覚悟してるよ。始めていい?」 

アニ「はぁ……いつでもどうぞ」 

ミーナ「じゃあ、やるね!」 

マルコ「ミーナがぁ! 走り出してぇぇ! ミーナがぁ! アニの傍ぁぁっ! 木剣構えてぇっ! まだ踏み込むぅぅ! ミーナがぁっ! ……つっ近づいてぇっ! ミーナがぁ蹴られたぁぁーっ!」 

アルミン「ミーナ、あっさり膝をついちゃった。完全に予定調和だったね」 

ジャン「……なんでいきなり気合の入った実況を始めたんだよ、マルコ」 

マルコ「なんとなく」
60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:33:58.40 ID:mkvWlrzQ0
ジャン「にしてもアニのやつ、本気とか言いながら相当手加減してたな」 

マルコ「さっきまで重くて鈍い音だったけど、今回は炸裂音みたいな軽い音だったね」 

ミーナ「……痛い」 

アニ「だから言ったのに……ほら、手を貸して」 

ミーナ「うん、ありがと――きゃっ!」 

アニ「お、押さないで――いたっ」 

マルコ「ミーナがアニを押し倒したね」 

ジャン「加減したんだろうが、足は痺れてるだろうしな。不可抗力だろ」 

アルミン「アニに蹴られた人らが次々と、きましたわー、って言ってるのはなんでかな?」 

マルコ「僕もわからないよ」 

ジャン(わかる俺は普通じゃなかったのか……)
61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:37:04.71 ID:mkvWlrzQ0
アニ「ミーナ、立てないからどいて」 

ミーナ「……」 

アニ「ミーナ?」 

ミーナ「……ねぇ、アニ。このままキスしよ――ぐぼぉっ!」 

マルコ「アニ、横になってても、体の捻りだけでミーナの脇腹を抉ったよ。膝で」 

ジャン(あの体勢で、なんであんなに威力があるんだよ……) 

ミカサ「ミーナ、ダメ。女の子として、その声はダメ」 

ミーナ「冗談、だった、の、に……」 

クリスタ「ミーナ、大丈夫? すぐ手当てしてあげるからね。ユミル、お仕事だよ」 

ユミル「面倒臭いなぁ……」 

アニ「ふん」
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:40:03.80 ID:mkvWlrzQ0
アルミン「ねぇミカサ、まだアニとやるつもり?」 

ミカサ「……どうでもよくなった」 

アルミン「うん、良かった」 

アルミン(ミカサとアニが万が一本気でやりあったら、今いる面子じゃ止められないからね) 

アルミン(少しは希望が持てるエレンとユミルだけど、エレンは気絶してるし、ユミルはむしろ煽るだろうし) 

アルミン(ミーナ、身を犠牲にしてくれて、本当にありがとう) 

アルミン(あとでなにかお礼をしないとね。なにがいいかなぁ?)
63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:44:29.35 ID:mkvWlrzQ0
日中(対人格闘訓練) 


ミーナ「う~……まだお腹痛い。非の打ち所がない膝の進入角度だったよ……」 

アニ「馬鹿な事しようとするからでしょ?」 

ミーナ「軽いスキンシップじゃない。ほら、こんな感じで」 

アニ「……重い。後ろから抱きつかないで」 

ミーナ「んふふ。アニは抱きついてて気持ちいい。包み易いし、良い匂いがして気分最高だね」 

アニ「こんなとこ、教官に見つかったら怒鳴られるよ」 

ミーナ「なら、寝技ごっこでもする?」 

アニ「不真面目にやってると、あいつも来るよ」 

ミーナ「あいつ?」 

アニ「そう、あいつ」
64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:46:14.39 ID:mkvWlrzQ0
エレン「珍しくペアになってるのかと思えば、二人で遊んでるのかよ」 

ミーナ「あっ、あいつが来たよ、アニ」 

アニ「来たでしょ? あいつが」 

エレン「あいつで悪かったな。アニ、今日も組んでくれないか?」 

ミーナ(アニ、良かったね。エレンからのお誘いだよ) 

アニ(私は別に……) 

ミーナ(はいはい、照れ隠し照れ隠し) 

65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:48:57.90 ID:mkvWlrzQ0
ミーナ「私は他の人の所に混ぜて貰って来るね」 

エレン「そんな面倒な事しなくても、ミーナも一緒にすればいいだろ?」 

ミーナ「お邪魔虫になっちゃうのはいやだから。またあとでね、アニ、エレン」 

エレン「今度は一緒にやろうな」 

ミーナ「うん!」
66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:50:43.00 ID:mkvWlrzQ0
アニ「またふらついてたみたいだけど、もうコニーとサシャを気絶させたの?」 

エレン「気合を入れ過ぎたみたいでな。誰かさんに完敗しちゃって」 

アニ「一日に何度も意識飛ばされて、その誰かさんも、流石に二人が不憫だと思ってるよ」 

エレン「根性が足りないんだ。そんなんじゃ、誰かさんと友達になれねぇよ」 

アニ「あんたも、その誰かさんにはまだ勝てないだろうけど」 

エレン「それはどうだろうな。……っと、その前にだ。昼食の時とか、周りの様子はどうだった?」 

アニ「そこまで時間が経っていないから、何とも言えない。けど、大分静かになったよ」 

アニ(なぜかミーナと一緒にいる時に、変な視線を感じ始めたけど……)
67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:52:53.75 ID:mkvWlrzQ0
エレン「一安心って所か。……そうだ。少し前みたいに、一緒に飯を食わないか?」 

エレン「最近、アニは離れた席に座ってるし、近くにいれば再発した時、すぐ気付けるからな」 

アニ(サシャに席を取られたから離れた、なんて言えるわけない……) 

アニ(思えば、褒められ始めたのは、エレンたちから離れてすぐ。周りからは、エレンと特別な関係だと思われてたって事?) 

アニ(……なんだ、私は一番簡単な方法を見落としていた。こういうのも、元鞘に収まるって言うのかな) 

アニ(なんでもいいけど。……ふふっ) 

アニ「……いいよ」 

エレン「決まりだな。じゃあ、そろそろ訓練の方も始めるか。俺がならず者になるから」 

アニ「お好きなタイミングでどうぞ」 

エレン「おう!」
68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:54:04.20 ID:mkvWlrzQ0
やったね、ベルちゃん! 


ライナー「アニはとうとう俺らから離れたか。夕食の時も、エレンたちと一緒だったしな、チェック」 

ベルトルト「そうみたいだね。でも、遅かれ早かれの問題だったと思うよ。うーん、これでどう?」 

ライナー「なるほど、その手があったか……。しかし、わかっていても寂しくなる」 

ベルトルト「僕らにとって、アニは妹みたいなものだからね。祝福してあげようよ」 

ライナー「そうだな」 

コニー「おっ、本当にこんなところでチェスやってたぞ」 

エレン「なんだよ、水臭い。チェスやってるなら俺らのところに混ざれよ」 

サシャ「全くです」
69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:55:08.88 ID:mkvWlrzQ0
ライナー「どうしてお前らがここに?」 

エレン「アニに教えて貰ってな、誘いに来たんだよ」 

コニー「俺と勝負しようぜ!」 

サシャ「食堂にはみんなもいますよ」 

ライナー「それは嬉しい誘いだ。けどな……」 

エレン「? なんか不都合でもあるのか?」
70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 12:58:14.92 ID:mkvWlrzQ0
ライナー「俺は別にいいんだが、ベルトルト、お前はどうだ?」 

ベルトルト「気にせず行って来なよ。僕は兵舎に戻ってるから」 

ライナー「そんなわけだ。俺はこいつを一人っきりにさせられない」 

ベルトルト「エレンに対するミカサみたいな事言ってるよ」 

ライナー「お前がいないとつまらないからな」 

ベルトルト「心配症だね」 

ライナー「どうだろうな。悪い、三人とも。誘ってくれた事には礼を言おう」
71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 13:00:44.07 ID:mkvWlrzQ0
エレン「それならそれでいいんだけど……あのさ、ベルトルトにちょっと聞きたいんだ」 

ベルトルト「なにかな?」 

エレン「俺、なにか悪い事でもしたか?」 

ベルトルト「どうしたの? 急に」 

エレン「ここ最近、余所余所しくなったというか。少し前までは、俺やアルミンに話しかけてくれただろ?」 

エレン「アニやライナーとはちょくちょく話してるけど、ベルトルトとはこうして顔を合わせる事自体、なくなってると思って」 

ベルトルト「……」 

コニー「そうだったのか?」 

エレン「あぁ」
72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 13:03:21.73 ID:mkvWlrzQ0
サシャ「私の記憶が正しければ、私とコニーがエレンたちと一緒に行動するようになってから、ですよね?」 

エレン「二人には悪いけど、時期的にはそうだな」 

コニー「……ベルトルト。お前は俺やサシャが嫌いなのか?」 

ベルトルト「そんな事はないよ」 

サシャ「本当ですか? もし私たちが嫌いで、エレンたちと疎遠になるようでしたら……」 

ベルトルト「本当に二人が嫌いなわけじゃない。だから、その先を口にしたら駄目だよ」 

ベルトルト「僕は、君たちの関係が壊れる事を望んでないんだ」 

サシャ「……ごめんなさい」
 
74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 13:04:34.29 ID:mkvWlrzQ0
ベルトルト「謝る必要なんてないよ。むしろ、僕の方こそごめん。みんなに気を遣わせてしまったみたいだね」 

ベルトルト「少し距離を置いてたのは、みんなの邪魔になると思ってなんだ。僕は面白い人間じゃないから」 

エレン「嘘じゃないよな?」 

ベルトルト「嘘じゃないよ」 

コニー「そんな事気にすんなよ。俺なんか、真剣に話してんのに笑われるから困ってるっての」 

エレン「そりゃ、コニーが的外れな事言ってるからだろ」 

サシャ「全くです」
75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 13:07:06.20 ID:mkvWlrzQ0
コニー「エレンやサシャだって、俺と大差ねぇくせに」 

ライナー「コニーの言う通りだな」 

サシャ「私を一緒にしないで下さいよ、失礼な」 

エレン「俺は多少ずれてる自覚はあるぞ、サシャと違って」 

サシャ「う、裏切りですか!?」 

エレン「そうじゃねぇよ。俺はただ、人よりずれてて、鈍感で、頑固で、しかも我儘なんだ」 

サシャ「?」
76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 13:08:55.01 ID:mkvWlrzQ0
エレン「だからさ。行くぞ、ベルトルト」 

ベルトルト「わっ! ちょ、ちょっと! いきなり手を引っ張らないで!」 

エレン「……いやだったら振り解いてくれ、お前の意思で。その時は……もう掴まない」 

ベルトルト「……」 

エレン「……」 

ベルトルト「……ずるいね。君ほど卑怯な人を、僕は知らないよ」 

エレン「俺を友達として選んでくれたやつの言葉だと、褒められてるようにしか聞こえねぇな」 

ベルトルト「……エレンたちを避けちゃって、本当にごめん」 

エレン「覚えてねぇよ、そんな事。だから、ベルトルトも忘れろ」 

ベルトルト「……うん」
77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 13:09:49.14 ID:mkvWlrzQ0
コニー「ライナーはどうするんだ?」 

ライナー「ベルトルトが行くんだ。俺が不参加の理由はないだろ」 

サシャ「では、みんなで行きましょう!」 

コニー「もちろんだぜ!」 

ライナー「おう!」 

78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 13:12:15.75 ID:mkvWlrzQ0
ベルトルト(……ライナー、ごめん) 

ライナー(なにに対して謝ってるんだ?) 

ベルトルト(万が一……万が一、僕が戦士になり損なったら――) 

ライナー(その時はその時だ。エレンの母親の事も含め、問題は山積みだが、一緒に悩もう) 

ライナー(お前やアニがどちらを選んでもいいよう、俺は兵士でも、戦士でもあり続けてやるから) 

ベルトルト(ライナーはそれでいいのかい?) 

ライナー(俺たちは友達だろ? エレンたちの絆にも決して劣らない) 

ベルトルト(……うん。ありがとう) 

ライナー(なんて事ない) 

ベルトルト(それでも、ありがとう……)
 
80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/06/29(土) 13:16:11.86 ID:mkvWlrzQ0
終わり 

俺、次のSS書き終わったら、結婚しよ、って諫山創さんに手紙を出すんだ…… 
どうでもいいけど、ミーナが可愛い過ぎて、ルイズのコピペ貼ろうか悩んだ 
お疲れ様でした
81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/29(土) 13:18:39.86 ID:eRl7rt6vo
兵士エンドが見たくなった 
86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/29(土) 14:47:12.14 ID:M82HPs8R0
この人のSSめっちゃ面白いから大好き!
90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/29(土) 21:10:12.30 ID:ryOgqvoAo
ああ面白い 
雰囲気がすんばらしい
次回スレ:
ミカサ「エレンが巨人にしか興味がない風潮は間違ってる」

関連スレ:
この書き手の作品



元スレ:アニ「私がちょろいって風潮」 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372469561/