1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 21:41:17 ID:XMzr59yE0
シリカ「……ん、あれ、ここは?」

キリト「おはようシリカ」

シリカ「えっ、き、キリトさんっ!? あ、あのえっと……ああっ! ご、ごめんなさい! 昨日あのままキリトさんのお部屋で寝てしまって、えっとえっと!」

キリト「大丈夫だよ」

ギュッ

シリカ「きききキリトさんっ!? あのあのっ!」

キリト「落ち着いて、ね?」

ナデナデ

シリカ「あ、ふぁ……ん……」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 21:46:17 ID:XMzr59yE0
キリト「さ、それじゃあ朝ごはん食べに行こうか」

シリカ「あ、は、はい……」

シリカ(キリトさんの手、優しくて暖かかったな……)

キリト「行くよ」

きゅっ

シリカ「へっ!? き、キリト、さん?」

キリト「……嫌だった?」

シリカ「そ、そんなことないですっ! その、暖かくて……えへへ……」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 21:52:56 ID:XMzr59yE0
シリカ「あ、あの、キリトさん?」

キリト「うん?」

ギュウウ

シリカ「その、どうして私はキリトさんの膝の上に?」

キリト「シリカが可愛いから、ダメかな?」

シリカ「で、でもこれじゃあご飯も食べられませんし……せめて片手だけでも離して下さい」

キリト「はい、あーん」

シリカ「えぇっ!?」

キリト「これなら食べられるだろ?」

シリカ「でも、その……」

キリト「あーん」

シリカ「……ぁ、あーん」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 22:01:37 ID:XMzr59yE0
ナデナデ

シリカ「キリトさん?」

ナデナデ

シリカ「あの、キリトさん?」

ナデナデ

シリカ「きっ、キリトさんっ!」

キリト「どうしたんだ?」

シリカ「あの、は、早くピナを助けに行きたいです!」

シリカ(いつまでも膝の上で撫でられてたら、何も考えられなくなっちゃいそうだから……)

キリト「そっか……」

シリカ「だ、だから行きましょう?」

キリト「ああ」

ヒョイッ

シリカ「きゃっ!?」

キリト「さ、行こう」
シリカ「あのあのあのキリトさん!? お姫様抱っこは恥ずかしいです! ま、待って! 待って下さいキリトさん! お、下ろして下さいぃぃぃいいいいっ!!」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 22:01:55 ID:faoZWh7E0
良い...良いぞ
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 22:10:27 ID:XMzr59yE0
キリト「ここはいつ来てもカップルばっかりだなぁ、なっ、シリカ?」

シリカ「……///」プイッ

シリカ(カップルだってお姫様抱っこなんてしてませんよ、もうっ!)

キリト「せっかくだからカップルみたいなことしてみる?」

シリカ「へ?」

キリト「シリカ……」

シリカ「ええええっとあのそのききききキリトしゃんっ!?」

シリカ(キリトさんが目を閉じて顔が近くに! ち、近いっ! 近いです! あ、あぁっ、私の初めて、キリトさんに!)

シリカ(でも、キリトさんなら……私……)

キリト「なんて、ちょっと冗談がすぎたかな?」

シリカ「なっ! ~~ッ!///」

キリト「ちょっ! シリカ!? 落ち着いてくれって!」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 22:18:48 ID:XMzr59yE0
シリカ「あの、キリトさん?」

キリト「?」

シリカ「どうして私の背中にピッタリくっついてるんですかぁっ!」

キリト「それは」

花「キシャー!」

シリカ「き、キリトさん! モンスターが!」

キリト「よし」

きゅっ

シリカ「ななななななに呑気に私の手を握ってるんですか!? これじゃ戦えn」

キリト「バーチカル・スクエア」

シリカ「え、きゃああ!!」

花「ギャー!」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 22:27:10 ID:XMzr59yE0
キリト「……」

ナデナデ

シリカ(……無茶苦茶です、人の手を握ってそのままソードスキルを使うなんて)

シリカ(私の手、あんなに早く動くんだ……)

シリカ(キリトさんの動きに順応してきたのか、段々普段より速く体が動くようになってきたし)

シリカ(……キリトさんがいたら、きっと私も攻略組にだってなれる)

シリカ(もしそうなったら……プレイヤーホームを買って暮らしたいな、キリトさんt)

キリト「あ、シリカ、あそこだ」

シリカ「えっ」

キリト「さあ取ろうか」

シリカ「……いつの間に」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 22:32:22 ID:XMzr59yE0
シリカ「……複雑です」

キリト「なにがだ?」

ギュウウ

シリカ「こんなに簡単にピナを助けられるなんて、それと……」

キリト「それと?」

シリカ「昨日会ったばかりなのにこんなに暖かいキリトさんのことが、わからないです」ジッ

キリト「……それじゃあ町に戻ろうか」

シリカ「……はい」

「待ちな」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 22:45:48 ID:XMzr59yE0
シリカ「……ロザリアさん」

ロザリア「本当に取って来るなんて、大したものn」

キリト「ロザリアだったか、さっさと仲間のオレンジ達を呼べよ」

ロザリア「は?」

キリト「ほら、武器もストレージにしまった、素手だ、無防備だ、ほら早く呼べよ」

ロザリア「えっと、話くらい聞きなs」

キリト「良いから早く呼べよ、殺すぞ」

ロザリア「なっ!」

盗賊「なんでや! 俺らまだなにもしてないだろ!」

シリカ「ひぃっ、キリトさん! こんなにたくさん!」

キリト「……シリカ、ちょっとだけ目をつぶって耳を塞いでくれ」

シリカ「え」

キリト「頼む」

シリカ「は、はい」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 22:50:45 ID:XMzr59yE0
キリト「さて、お前達」

ロザリア「なによ?」

キリト「牢獄と地獄、どっちが良い?」

キリト「シリカがあんな目遭ってたのはそこのババアのせいだろ? それとオレンジ共は手下だろ?」

キリト「ここに牢獄に繋がるコリドーがある」

キリト「ここに入るか地獄に行くか選べ」

ロザリア「」ポカーン

盗賊達「」ポカーン
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 23:00:19 ID:XMzr59yE0
キリト「あ、なんなら見せしめにあそこのモンスター殺すか、そしたらお前達もすぐに選ぶだろ」

キリト「ババア、あそこにモンスターがいるだろ?」

キリト「このピックを、そらっ!」

花「ギャーナンデヤ-!」

キリト「あれが数秒後の貴様の姿だ」

盗賊「ここのをあんなんで一撃とかパネェ」

盗賊「理不尽や!」

盗賊「ロザリアさん! こいつ黒の剣士です! 攻略組です!」

ロザリア「ど、どうせ偽物よ! 相手は一人、やっておしまい!」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 23:13:31 ID:XMzr59yE0
キリト「こいつらの体力の残りは20未満ってとこか」

盗賊「ウアァ…」

盗賊「タ、タスケテ…」

盗賊「ナンデヤ…ナンデヤ…」

キリト「さてババア」

ロザリア「ひっ!」

キリト「俺も人をこの手で殺したくはないんだ、一日二日オレンジになるのは怖くないけど、人を殺したくはない、コリドーに行ってくれないか?」

ロザリア「わ、わかったよ……」

キリト「その手のテレポート結晶使えなくなるために口を刻むか? あ?」

ロザリア「ひぃぃっ! ゆ、許して……」

キリト「さっさとコリドーに入れ」

ロザリア「……」

キリト「よし」

キリト「シリカをあんな目に遭わせた償いはしてもらうからな」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 23:19:01 ID:XMzr59yE0
キリト「さて、盗賊達、お前らはこっちの牢獄へのコリドーに入れ」

盗賊「クソッ」

盗賊「ナンデヤ…」

キリト「せいぜい反省してろ」

キリト「ふう、終わったな」

キリト「……シリカを騙してたの謝らないとな」

ナデナデ

キリト「シリカ、もう終わったよ、全部、全部終わったからもう大丈夫だ」

シリカ「……あの人達は?」

キリト「……宿で話そう」

シリカ「……はい」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 23:30:02 ID:XMzr59yE0
キリト「……」

ギュッ

シリカ「……」

シリカ(……キリトさん、部屋に戻ってから一度も話してくれません)

シリカ(ただ抱きしめるだけで、ずっと無言……)

キリト「……」

ぎゅうう!

シリカ「……キリトさん、少し、痛いです」

キリト「! 悪い、大丈夫か! ポットは!?」

シリカ「だ、大丈夫ですから! 圏内でダメージはありませんし!」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 23:39:43 ID:XMzr59yE0
シリカ「なにがあったんですか、あの間に」

キリト「ただあいつらをコリドーに入れただけさ」

シリカ「コリドーに?」

キリト「実は俺はビーターで攻略組で依頼を受けてかくかくしかじか」

シリカ「……そうだったんですか」

キリト「騙してごめん、ごめんなシリカ……」

シリカ「そんな騙してなんて、キリトさんがいなかったら私はあの時死んじゃってて、助かってもピナは助けられなくて、あそこに行ってもロザリアさんに殺されてました」

シリカ「キリトさんがいてくれたから今の私がいるんです」

キリト「……ありがとう」

シリカ「キリトさん、私の命はあの時終わっていました、今こうしていられるのはキリトさんのお陰です、だから……」

シリカ「これからの私の人生はキリトさんのものです、騙したとかそんなことは忘れて下さい」

キリト「シリカ……」
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 23:49:01 ID:XMzr59yE0
翌日

シリカ「んぅ……ん?」

キリト「……くぅ……くぅ」

シリカ「ッ!!?///」

シリカ「き、キリトさんの腕、離れないっ!///」

シリカ「……昨日は一晩中なでなでしてくれたんですよね、えへへ///」

シリカ「今まですごく大人っぽく見えてましたけど、キリトさん、寝顔は可愛い……」

シリカ「……寝てますよね?」

シリカ「……ん」

ちゅっ

シリカ「~~ッ!///」

シリカ(しちゃった! キリトさんのほっぺに、ここで、口で……~~ッ!///)
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/06 23:58:19 ID:XMzr59yE0
キリト「おはようシリカ」

シリカ「お、おはようございます」

キリト「……」

シリカ「?」

キリト「可愛い」

ナデナデ

シリカ「なっ!///」

キリト「シリカ……」

ぎゅうう

シリカ「き、キリトさんっ!?///」

シリカ「……そ、そのっ! キリトさんがしたいなら、私、頑張ります!///」

シリカ「したことがないからなんにもわかりませんが、その……///」

シリカ「……キリトさん?」

キリト「……くぅ……くぅ」

シリカ「もうっ!!」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:01:33 ID:KU7aw5eD0
シリカ「うーん……」

キリト「さて、朝ごはん食べに行こうか」

シリカ「あっ、はい」

シリカ「ところでキリトさん、コリドー結晶を二つ持ってましたよね? 片方はわかりますけど、もう片方はどこに繋がっていたんですか?」

キリト「今の最上階のボスの部屋」

シリカ「……え?」

キリト「テレポート結晶持ってたし大丈夫だろう、ボスを目の前にテレポート結晶を使うだけの動きが出来るかは解らないけどな」

シリカ「」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:11:23 ID:KU7aw5eD0
キリト「シリカ、俺はまた攻略に戻ろうと思う」

シリカ「……あ、あのっ、私も連れていってください!」

キリト「どうして?」

シリカ「わ、私はもうキリトさんのものなんです! ずっと一緒に居たいんです!」

キリト「俺はシリカに死んでほしくない、だから連れて行けない」

シリカ「私はキリトさんと離れたくありませんっ! お願いしますっ!」

キリト「……シリカ、それじゃあこうしよう」

────

──
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:17:04 ID:KU7aw5eD0
プレイヤーホーム

キリト「ただいま」

シリカ「お帰りなさいっ!」

ギュッ!

キリト「うん、ただいま」

シリカ「今日もすごく狩ってたみたいですね、お疲れ様ですキリトさん」

キリト「あれ、そんな狩ってた様子あるか?」

シリカ「ストレージのなかのアイテムがどんどん増えていったらわかりますよ」

キリト「ああそっか」

シリカ「たくさん狩って疲れましたよね、すぐにご飯にしますねっ」

キリト「ありがとう」

ナデナデ

シリカ「えへへ///」
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:19:18 ID:Fq3AbRwn0
結婚しやがったwwwwwwwwwwwww
あ、アスナさん・・・
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:23:01 ID:Fq3AbRwn0
もうシリカは料理スキルとか新妻スキルだけに専念できるNE
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:28:46 ID:KU7aw5eD0
シリカ「出来ましたよー!」

キリト「おお!」

ピナ「ピー!」

シリカ「キリトさんがドロップした中にお肉があったので今日はシチューにしました」

キリト「良い匂いだ……頂きます!」

ピナ「ピィッ!」

シリカ「どうですか?」

キリト「! 前のシチューのときよりうまくなってないか!?」

シリカ「えへへ、ついに料理スキルカンストですっ!」

キリト「すごいなシリカ、頑張ったな」

ナデナデ

シリカ「えへへ///」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:34:58 ID:KU7aw5eD0
キリト「美味かったな……なあピナ」

ピナ「ピィピィ」

キリト「そうだよな、コクもあったな、絶妙な味だった」

シリカ「ありがとうございますキリトさん」

キリト「よし、今日はだいぶ狩ったし、シリカの美味い料理も食べたし、あとは」

キリト「シリカを可愛がる」


おしまい
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:36:02 ID:srOmq6WZ0
えっ
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:36:49 ID:2nH/JfWc0
まだベッド上の戦いが残ってるんじゃないのかね
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 00:59:38 ID:KU7aw5eD0
キリト「今日はシリカのレベリングをしよう」

シリカ「え、でもキリトさんは攻略のためにもそんな暇は……」

キリト「あー、それは大丈夫だ、結婚してから5レベルくらいは上げたしさ」

シリカ「結婚してから……ってまだ3日目ですよ!? どうやってそんなに……」

キリト「怒らない?」

シリカ「怒りませんよ」

キリト「……シリカとの結婚が嬉しくて攻略しまくってたら5層分のボス狩ってた」

シリカ「」

キリト「ほらこの3日目で一気に5層解放されただろ? それが」

シリカ「キリトさんのばかぁっ!」

ペチッ!
147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 01:06:48 ID:KU7aw5eD0
シリカ「キリトさんのばかばかばかっ! そんなことしてもしも死んじゃったらどうするつもりだったんですか!」

キリト「そ、それは……」

シリカ「キリトさんっ!!」

ぎゅううう!

キリト「し、シリカ、痛いって、痛くないけど痛いよ」

シリカ「せっかく結婚したのに、ずっと一緒にいれるのに、もしもキリトさんが死んじゃったら私はどうすればいいんですか……」

キリト「……ごめん」

シリカ「もう二度とそんな無茶な真似はしないでください、約束です」

キリト「ああ、約束だ」

シリカ「……本当にダメですからね」

キリト「……ああ」
153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 01:12:26 ID:KU7aw5eD0
キリト「それで、シリカのレベリングだけどさ」

シリカ「はい」

キリト「今のレベルから10くらいアップを目安にしよう」

シリカ「じゅっ、10レベルですか?」

キリト「もしものためにも、護身は出来ないと困るしな」

シリカ「どれだけかかるでしょうか……」

キリト「大丈夫、俺がついてるからすぐに上がるよ」

シリカ「そうですよね、はい、行きましょうか!」
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 01:15:25 ID:KU7aw5eD0
シリカ「……」

キリト「シリカに手を出すなアアア!!!」

キリト「何しようとしてんだくそがアアアアアア!!!」

キリト「はあああああああ! うおおおおおおおおおおおおお!!」

キリト「うあああああああああああああああああああああ!!!!!!」

シリカ「ピナ、あっちで遊んでよっか」

ピナ「ピィッ」
159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 01:22:56 ID:KU7aw5eD0
キリト「ハァッ、ハァッ」

シリカ「キリトさん、今日はもう帰りましょう、ね? こんなに下位の狩場でなんで2レベルも上がってるんですか」

ピナ「ピィピィッ!」

キリト「ああ、ごめんな、シリカのレベリングのつもりだったのに」

シリカ「良いですよ、それより明日はなにするか、私が決めて良いですか?」

キリト「良いよ、それじゃあ帰ろうか」

シリカ「はいっ!」
165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 01:33:23 ID:KU7aw5eD0
翌日

シリカ「さて、最大限のポットは持ちました、行きましょうか」

キリト「な、なあシリカ、本当に行くのか? 今のところの最上階じゃ守りきる自信はないんだよ」

シリカ「良いんです、さあ行きましょう!」

────

──。


キリト「うおおおおおおおおおおお!!!」

キリト「はあああああああああああ!!!」

キリト「でりゃあああああああああ!!!」

シリカ「えいっ!」ヒュンッ

シリカ「あ、投擲スキルがまた上がった」

シリカ「キリトさんは大変だけどこれが一番キリトさんの安全に繋がるよね?」

ピナ「ピィッ」

シリカ「うんうん、ピナはキリトさんをヒールしててね」
168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 01:43:05 ID:KU7aw5eD0
それから数ヶ月後、黒の剣士は次々にフロアボスを攻略していった。

その速度は凄まじく、他の攻略組は最上階付近のフィールドには出られないほどであった。

そうしてある日、アインクラッドは消滅した、どうして消滅したかを知るものは少なく、ほとんどの人々は黒の剣士がアインクラッドを踏破したとは知っていても詳しくはわからないままであった。

かくして茅場晶彦の作り上げた世界は終末を迎えたのであった。

しかし人々は知らない、アインクラッド踏破には一人の少女が大きく関わっていたことを。


おしまい。
169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 01:43:53 ID:KU7aw5eD0
キリトさんを上手く転がせばアインクラッド踏破もできたんじゃないかなと
170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 01:47:10 ID:uQnzkskj0
日付が変わってもアスナかわいい
172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07 01:50:23 ID:f6FzpL2J0


シリカちゃん黒い・・・

 
お勧めSS:
キリト「埼玉県川越市から来ました。桐ヶ谷和人、23歳です」

キリト「アスナがヤンデレだった」

 

 

 

元スレ:キリト「シリカを可愛がる」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344256877/