1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:17:35 ID:7CKBy7PI
サシャ「お久しぶりです、マルコ。」トコトコ

マルコ「やあ、サシャ。久しぶりだね」

サシャ「漫画でも、アニメでも、マルコが死んだ話はずっと前になっちゃいましたね。」

マルコ「ははは、本当だ。」

サシャ「どうですか?傍観者の立場は。」

マルコ「うん、色々楽しいかな。」

サシャ「そうですか。」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:18:07 ID:kSw2NyQg
サシャも空気だもんな・・・
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:18:24 ID:7CKBy7PI
サシャ「隣、いいですか?」

マルコ「うん、どうぞ。」

サシャ「失礼します。」ストン

サシャ「どうですか?こうやって皆さんの行動を見るのは。」

マルコ「とても新鮮で、面白いよ。」

サシャ「そうですか。」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:19:36 ID:7CKBy7PI
サシャ「こうやって、世界を眺めて、マルコ的には何が驚きました?」

マルコ「やっぱり、ライナーやベルトルト、アニ、そしてユミルが実は巨人だった事かな」

サシャ「あー……」

サシャ「ですよね……。」

サシャ「私、今度3人に会った時はどんな顔をするか、迷うんですよ。」

マルコ「ははは、サシャはまだこの事実は知らない事になってるからね。」

サシャ「解ってます。」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:20:43 ID:7CKBy7PI
マルコ「特にベルトルトが超大型巨人、ライナーが鎧の巨人だって知った時は、もう心臓が飛び出るかと思ったんだ。」

サシャ「ふふふ」

サシャ「マルコの心臓動いてませんけどね」

マルコ「それは言えてる」ハハハ

サシャ「巨人に殺されたマルコにとっては衝撃は大きいと思います。」

マルコ「僕だけじゃない。──104期皆が驚いた筈だ。」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:22:36 ID:7CKBy7PI
サシャ「それは……そうですよね。」

サシャ「3年間一緒に居て、実は敵でした。なんて。本当にあり得ません。」

サシャ「ライナーやベルトルト、アニの、あの3人は、シガンシナ区の話をどんな気持ちで聞いて、どんな気持ちで訓練兵時代を過ごしたんでしょうね……」

マルコ「少なくとも、ライナーは葛藤があったみたいだけどね。」

サシャ「そうなんですか」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:23:17 ID:7CKBy7PI
マルコ「11巻の裏には、もう3人は描かれて無いね。」

サシャ「ミカサの横がちょっとさみしいです。」

サシャ「あっ、でもこれでエレンの横ですよ。」

マルコ「ははは……」

マルコ「もう、3人は戻って来ないのかな……」

サシャ「解りません。」

マルコ「でも、戻って来て欲しい……」

サシャ「」コクリ
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:24:11 ID:7CKBy7PI
サシャ「あ、マルコ。聞いてください」

マルコ「何?」

サシャ「私の切実な悩みなんですが……」

マルコ「サシャが?珍しいね。もしかして、食料の事?」

サシャ「違います、もっと深刻です。」

マルコ「へえ。何なの?」


サシャ「出番をください」

マルコ「」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:25:01 ID:7CKBy7PI
サシャ「私なんて11巻の裏に描かれているのに、9巻から出てきた覚えがありません……」

マルコ「回想シーンにはたまに出てきてるよね」

サシャ「ですけど!この状況だと、私だけ訳の解らないまま話が進んで行くんですよ?」

サシャ「生きているのに!」

サシャ「生きているのに!!」

マルコ「はは、生きているだけ贅沢だと思ってしまう……」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:28:25 ID:1Jwrzbn6
うわあ切ない
こういう雰囲気の話好き
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:29:20 ID:7CKBy7PI
マルコ「でも、ずっとサシャの独白だったじゃないか。
その代償としてね。」

サシャ「それはそうですけど……。」

サシャ「読者の皆さん、私の事忘れませんかね……」

マルコ「大丈夫、サシャはインパクトが強いから、忘れやしないよ」

サシャ「本当ですか?」

マルコ「うんうん」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:31:52 ID:7CKBy7PI
マルコ「サシャの事なんか『蒸かした芋です』の件で覚えた人が多い筈だよ。」

マルコ「そこからの、晩ごはん抜きやら、放屁やらで、絶対覚えて貰ってる筈さ」

サシャ「悪い意味でですけどね。」

マルコ「それに比べ……正直、僕をモブだと思ったまま死を見た人が沢山居るのに……」

マルコ「僕だって、教官の恒例行事受けたのに……」

マルコ「SSだって僕の出番少ないし……」

サシャ「なんか……ごめんなさい」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:45:18 ID:7CKBy7PI
マルコ「あ、そういえばさ」

サシャ「はい」

マルコ「サシャは死亡フラグが立ってるみたいだけど、それはどう思う?」

サシャ「作者さんの『サシャは9巻で死ぬ筈だった』『でも死に場所はここじゃない』って話ですか」

マルコ「うん。」

サシャ「まあ、仕方ないんじゃないんですか?」

マルコ「意外に淡白。」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:47:11 ID:7CKBy7PI
サシャ「それで、皆さんが巨人を倒せるなら、お安いご用ですよ。」

サシャ「それに、一度助けられた命ですしね。」

マルコ「まあ、まだ決まった訳じゃないけどね。」

サシャ「はい。それまで沢山活躍したいです。」

サシャ「あ、あとお肉食べたいですね、お肉」

マルコ「サシャらしいよ」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 22:53:12 ID:7CKBy7PI
マルコ「久しぶりにサシャと話せて楽しいよ」

サシャ「私も楽しいです。」

マルコ「ついこの前までは、ジャンと話してたんだ。」

サシャ「ジャンも、結構長く出てなかったですもんね。」

サシャ「どんな話をしたんですか?」

マルコ「えっと……」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:02:10 ID:7CKBy7PI
ジャン『マルコ、お前本当に死んでしまったのか。』

マルコ『残念ながらね。』

マルコ『上位10位でも、生き残るのは難しいって事は証明されたね。』

ジャン『なんでお前だったんだ?』

マルコ『さあ。解らないな。でも死んだものは仕方ないよ。』

ジャン『クソッ』
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:04:52 ID:7CKBy7PI
ジャン『でもさ、お前と防衛戦で話した時、お前が死んだ時に、調査兵団にしようと決めたんだ』

ジャン『それで、今俺は大変ながらもうまくやってる。』

マルコ『じゃあ、やっぱり僕が死んで良かったんじゃない?』

ジャン『!!』

マルコ『冗談だって』

ジャン『言っていい冗談と悪い冗談があるんだよ……』
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:10:24 ID:7CKBy7PI
ジャン『でもさ』

マルコ『?』

ジャン『お前が生き残って、お前と一緒に憲兵団に過ごせたらって思う時があんだよ。』

マルコ『それは……きっと楽しかっただろうにね。』

ジャン『あぁ。』

ジャン『……』

ジャン『なんでお前死んじゃったかなぁ……』

マルコ『……』
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:18:18 ID:7CKBy7PI
マルコ『ジャン、僕はここでずっと君の活躍を見てたよ』

マルコ『女型の巨人の時とか君は頑張っていたじゃないか。』

ジャン『マルコ……』

マルコ『やっぱり君は調査兵団が似合ってるよ。』

マルコ『僕はジャンを……人類をずっと見守ってるからさ』

マルコ『僕が倒せなかった分だけ、ジャンが倒してくれよ。』

ジャン『……』

ジャン『おう……』
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:19:22 ID:7CKBy7PI
ジャン『次お前と会う時は、多分死んだ時だな。』

マルコ『僕に会いた過ぎて、あんまり早く来ないでよな。』

ジャン『解ってる。』

ジャン『お前が俺にまた話したくて話したくてたまらなくなっても、戻って来ねえからさ』

マルコ『それは、楽しみだ』






.
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:20:06 ID:7CKBy7PI
サシャ「成る程」

マルコ「まあ、またあっちの世界に戻る時はこの時の会話は忘れるんだけどね。」

サシャ「それは……残念ですね」

マルコ「でも、僕が覚えてるからいいんだ」

サシャ「きっとそれだったらジャンも頑張れる気がします」

マルコ「だといいんだけどね」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:20:59 ID:7CKBy7PI
サシャ「そろそろ私も行かないといけません」

マルコ「もう出番?」

サシャ「いいえ」

サシャ「ですけど、私も次の登場まで体を動かさないといけませんし」

サシャ「死因が運動不足による立体起動の事故なんて、2番目に嫌ですよ」

マルコ「1番は?」

サシャ「食事中の窒息死ですかね。」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:21:40 ID:7CKBy7PI
サシャ「帰ったら、この会話は傍観の世界の事は忘れてしまうんですよね?」

マルコ「うん。名残惜しいけどね。」

サシャ「でも、マルコは覚えてるんですよね?」

マルコ「」コクリ

サシャ「なら、安心出来ます。」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:22:23 ID:7CKBy7PI
サシャ「じゃあ、私も次来る時は出番云々じゃなくて、死んだ時に。」

サシャ「ミーナ達も呼んで盛大に出迎えてくださいね?」

マルコ「ははは、解ったよ」

マルコ「あ、最後にサシャ、ちょっといい?」

サシャ「何でしょう?」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:23:10 ID:7CKBy7PI
マルコ「今本誌では波乱の展開になっているけどさ、サシャは今何をしているの?」

サシャ「まあ、それはおいおいお話しましょう。」

サシャ「覚えてたらの話ですけど」

マルコ「覚えてたら教えてね」

サシャ「解りました」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:24:57 ID:7CKBy7PI
マルコ「調査兵団、頑張ってね」

サシャ「ええ、勿論ですよ。」

マルコ「さようなら、サシャ。」

サシャ「それじゃあマルコ、さよならです。」

マルコ「またいつか、会う日まで──……」



Fin
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:26:02 ID:7CKBy7PI


息抜きに書いたものでした
短いですが、コメント、支援してくださった方有難うございました
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 23:34:08 ID:xlchNWCg
マルコとサシャの再登場を願って乙。
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/21(月) 00:11:47 ID:fImVAPLY
乙。
最近マルコが好きになったから嬉しい。
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/21(月) 08:15:09 ID:.AK1CxRM
いいなぁ、タイトルから良作SSの香りがした。

 

 
お勧めSS:
マルコ「僕からの贈り物」

マルコ「ジャンについて分かったこと」

アルミン「ぎゃふん」
 

サシャ「キスの味、私に教えてください」

 

 

元スレ:マルコ「傍観者の話」
http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1382275055/