2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:18:40 ID:UHurN0dw
エレン「なぁアルミン」

アルミン「なんだいエレン」

エレン「俺達は結局のところどこに向かっているんだろうか」

アルミン「また藪から棒に…」

エレン「だってよ、俺達は曲がりなりにも少年誌で活躍している訳じゃん?」

アルミン「そうだね」

エレン「それにしてはいろいろと問題があると思うんだよ」

アルミン「たとえば?」

エレン「まず、さっきも言ったように『俺達が向かっている場所』、つまりこの漫画の目的だ」

アルミン「ふむふむ」

エレン「俺さぁ、今まで『巨人を駆逐して外の世界に出る』っていってたじゃん?」

アルミン「言ってたね」

エレン「やっぱり少年誌でやっていくにあたってそれは地味すぎると思うんだよ」

アルミン「僕たちの今までを完全否定だね」

エレン「そこで俺は思ったんだ。もっとインパクトのある目標を立てようと」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:19:36 ID:UHurN0dw
アルミン「インパクトか……なら世界征服とかはどう?」

エレン「はぁ?何言ってんだよ。そんな事したらこの漫画のテーマそのものが変わっちまうだろうが」

アルミン「ご……ごめん」

エレン「いいか?俺が言いたいのは『この漫画の主題を変えずに、少年誌らしくインパクトのある目標を立てること』だ」

アルミン「んーそれは難しいね」

エレン「そこでだ、他のヒット漫画を参考にしてみようと思う」

エレン「例えば、日本で一番売れてる漫画の場合、『海賊王に、俺はなる!!』というインパクトのある目標兼キャッチフレーズがあるだろ?」

アルミン「あるね」

エレン「だから俺はそれに習って新たな目標を立てた」

アルミン「おおっ」

エレン「駆逐王に、俺はなる!!」

アルミン「はーいちょっと待った」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:22:51 ID:UHurN0dw

エレン「なんだよ」

アルミン「なんだよじゃないよ。駆逐王ってなんだよ。そんなの聞いたことないよ。目的がまるで見えないよ」

エレン「細けぇこたぁいいんだよ。そんなんだからお前は出番の割に人気出ねぇんだぞ」

アルミン「うるさい、それ気にしてるんだから触れるな」

エレン「とにかく本題に戻るぞ。俺達は巨人を殺して壁の外に出るために戦っているだろ?つまり物語の中心は巨人を『駆逐』することにある訳だ。」

エレン「だから俺は駆逐を続けてその頂点を目指す。それが『駆逐王』ってわけだ!!」

アルミン「全然分からないけどもうそれでいいよ」

エレン「座学一位の癖にそんなことも分からないのか。案外大したことないんだな」

アルミン「コニーと同じ程度の知能しか持ってない奴に言われたくはないんだよ」

エレン「ひでぇなぁ」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:24:23 ID:UHurN0dw
アルミン「それで?駆逐王を目指すんでしょ?ならもう問題は解決じゃないか。頑張ってね」

エレン「いや、まだ問題はいろいろある。」

アルミン「なにさ」

エレン「俺って主人公じゃん?」

アルミン「そうだね」

エレン「……けどさ、ぶっちゃけ俺には主人公としての個性が足りないと思うんだよね」

アルミン「たしかに。髪型も顔も普通だし成績も所詮5位止まりだし威勢の割には喧嘩弱いしこれじゃミカサとどっちが主人公だかわからないよね」

エレン「もうやめて!!エレンのライフは0よ!!」

アルミン「メンタル弱いなぁ」

エレン「うぐっ……と、とにかくだ!!俺には個性が足りない。だからなにか個性をつけようと思う」

アルミン「個性かぁ……じゃあ袖なしの皮ジャン着てモヒカンにしてみたらいいんじゃない?」

エレン「いやさ、確かに俺らの世界も世紀末っぽい雰囲気だけど……」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:26:31 ID:UHurN0dw
アルミン「まぁ冗談は置いといて……けどどうすんのさ?個性なんて簡単につくものじゃないよ」

エレン「いや……手間をかけずに簡単に個性をつけられるものがひとつある」

アルミン「えっ、それは何だい?」

エレン「それはなぁ……『口ぐせ』だ!!」

アルミン「『ヒャッハー!!』ですか」

エレン「だから世紀末はもういいって」

アルミン「はいはい、それでどんな口ぐせをつけるつもり?」

エレン「えーと今回は世界で二番目に人気があるアニメの主人公を参考にしてみようと思う」

アルミン「つ……つまりどういうことだってばよ?」

エレン「発言の最後にうざったいフレーズをつけてみようと思う」

アルミン「そこに気付くとは……やはり天才か」

エレン「そんなこと言われると照れるってばさ」

アルミン「待て」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:31:03 ID:UHurN0dw
アルミン「『てばさ』って何?手羽先?語感悪すぎにもほどがあるぞこのウスラトンカチ」

エレン「だって『てばよ』は著作権的にアウトだろ。そしたらもう『てばさ』しかないじゃん」

アルミン「いやそれだって訴えられたら負けるから」

エレン「だまれメガネ!」

アルミン「いやかけてねーし」

エレン「だいたいアルミンさぁ、さっきから文句言ってばっかじゃん?じゃあお前が口ぐせ考えろよって感じ」

アルミン「なんで僕がエレンの口ぐせを考えなきゃいけないんだよ……もう『ピョン』でいいよ」

エレン「わかったピョン。そうするピョン。」

アルミン「やっぱキモいからやめて」

エレン「じゃあどうすれば!!」

アルミン「あぁもう『てばさ』でいいよ……」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:34:31 ID:UHurN0dw
エレン「なにはともあれこれで完璧ってばさ!!」

アルミン「ふふ……はたしてそれで本当に完璧だろうか?」

エレン「どういうことだよ」

アルミン「口ぐせでキャラ付けするのはいい考えさ。でもそれはデメリットもあるということに君は気付かないのかい?」

エレン「なん……だと」

アルミン「口ぐせキャラのデメリット……それはそいつが『バカ』でなくてはならないということだ!!」

エレン「……!!確かにナ○ト然りア○レちゃん然り口ぐせのあるキャラはバカばかりだ……」

アルミン「exactly. 確かに君はバカだけれど他の口ぐせ主人公に比べるとそのバカのレベルはあまりに低すぎやしないかい?」

エレン「うう……」

アルミン「つまり君が口ぐせ主人公になるにはせめてコニー並みのバカにならなければならないのさ!!ハッハッハ」

エレン「あ、それなら大丈夫だわ。ガイドブックによれば俺とコニーの頭脳レベル同じだったし」

アルミン「あっ……(察し)
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:36:03 ID:UHurN0dw
エレン「よし、口ぐせも決まったところで次の問題に移ろう」

アルミン「まだやるの」

エレン「当たり前だ親友よ」

アルミン「今ここにマナストーンがあったら僕は君の親友から知り合いにクラスチェンジすると思う」

エレン「退化してどうするんだ」

アルミン「何かを変えることが出来る者は何かを捨てることが出来る者だよ」

エレン「ふーん……どうでもいいけどお前さぁ、アニメでそのセリフ使いすぎじゃね?」

アルミン「う、うるさいなぁ!!第一アニメは僕の意思じゃないから!!文句なら監督に言ってよ!!」

エレン「あーあーそんなこと言ったら出番減らされちゃうゾ~」

アルミン「ああもうまた話が逸れた!!で、次の議題は何なの?」

エレン「よく聞いてくれた!!次はこの漫画の『名言』についてだ」

アルミン「名言?」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:38:30 ID:UHurN0dw
エレン「そう、名言だ。この漫画には名言という名言がないだろ?」

アルミン「そういえばそうだね」

エレン「別に君の『思春期自作ポエム(何かを捨てる~)』を名言ということにしてもいいんですが(ゲス顔)」

アルミン「そ、その話はもういいだろいい加減にしろ!!」

エレン「まぁこの辺で許してやろう。とにかくだ、この漫画には名言がない……というわけで考えようじゃないか」

アルミン「うぅ……ってか考えるのは良いけどさ、名言ってのは僕らが決めるわけじゃないでしょ」

エレン「たしかに」

アルミン「だから僕らが必死に考えても読者の皆が認めなきゃそれは名言じゃないよね」

エレン「まいったな……」

アルミン「というわけで、はい!!名言についてはこれで終わりにしようか」

エレン「いやまだだ。今回も他の作品を参考にしながら考えるぞ。」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:39:37 ID:UHurN0dw
ミカサ「それなら私に案がある」ヒョコ

アルミン「うわっ!!いつからいたの!?」

ミカサ「最初から全部見ていた。けれど、参加するタイミングが分からなかった」

エレン「別にタイミングなんて見計らう必要ないだろ。お前空気読むの下手だし」

アルミン「君にだけは言われたくないと思うよ……」

ミカサ「わかった。次からはいつでもどこでも飛び込むことにする」

エレン「さすがに風呂入ってる時とかはやめろよ?」

アルミン「……で、ミカサの案っていうのは?」

ミカサ「この頃援交作家の料理漫画に御三家の座を奪われている死神漫画の名言を私なりにアレンジしてみようと思う」

アルミン「あーあもうこりゃ訴訟不可避だわ」

エレン「とりあえず言ってみろよミカサ」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:41:19 ID:UHurN0dw
ミカサ「剣を握らなければエレンを守れない、剣を握ればエレンを抱きしめられない」

アルミン「もはやただの葛藤になってるよ。それもミカサ限定の」

エレン「でも目の付け所はいいよな。ポエムから持ってくるなんて」

ミカサ「エレンに褒められた……嬉しい。参加してよかった」

アルミン「全然良くないよ。丸パクリじゃないか」

エレン「つーかさぁぶっちゃけあの漫画って『なん……だと』と『心か』くらいしか名言ないよな」

ミカサ「たしかにそう。あとは『錯覚していた?』くらい」

アルミン「やめろよぉおおお!!このままだと三人まとめて一刀火葬されるよ!!」

エレン「じゃあお前はどういうのが名言だと思うんだよ」

アルミン「ぼ、僕的には井○織姫ちゃんの『5回とも同じ人を好きになる』を推そうと思う」

ミカサ「アルミンはあんな女がタイプなの?」

エレン「そうだよ。アルミンのお気に入りは織姫が電車で痴漢される同人誌(byクリ○ゾン先生)だったしな」

アルミン「な、なんで知ってるんだよ!!」

ミカサ「……アルミン気持ち悪い」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:43:03 ID:UHurN0dw
アルミン「うるせぇ!!思春期の男ならエロ本の一つや二つくらい当たり前じゃボケ!!」

エレン「アルミンの場合は百や二百じゃね?」

ミカサ「不潔。アルミン、今すぐ呼吸をやめて。そして二酸化炭素削減に貢献して」

アルミン「遠まわしに死ねっていうのやめろよぉ!!もうこの話はやめよう!!はい!!やめた!!」

エレン「そうだな。とりあえず名言を決めよう」

ミカサ「私もエレンの意見に賛成」

アルミン「で、何か案はあるの?」

エレン「おう。もう決まったぜ」

ミカサ「wktk」

アルミン「じゃあ聞かせてよ」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:44:12 ID:UHurN0dw
エレン「俺自身が、立体機動になることだ」

アルミン「wait,wait,wait.」

エレン「なんだよ」

アルミン「ミカサポエムから何も変わってないじゃないか。というかトランスフォームしてどうする」

エレン「それは違うぞアルミン。なにも言葉通り立体機動装置に変形するわけじゃねぇ」

ミカサ「そう。立体機動になるというのはあくまで比喩表現。エレンは私達の武器である立体機動に全てを賭けるという意味で言ったまで」

エレン「さすがミカサ。話がわかるな」

ミカサ「エレンのことなら髪の毛の一本まで残さず理解している」

アルミン「ああ……もういいよそれで」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:45:42 ID:UHurN0dw
エレン「よし、とにかく名言は決まったな。それじゃあ最後の問題に移るぞ」

アルミン「やっと最後か」

ミカサ「それで最後の問題はなに?」

エレン「ずばりそれはだな……『戦闘の地味さ』だ」

アルミン「それはもう仕方ないよ。僕らの場合ワイヤーアクションか巨人プロレスしか出来ないわけだし」

エレン「そこをなんとかしたいんだよ。ほら魔法とかさ、錬金術とかさ、やりたいじゃん?」

アルミン「もうジャンプとかガンガンに引っ越せよ」

ミカサ「でも魔法ものの漫画とかって伏線ブン投げで終わりそうでこわい」

エレン「ああ確かに。父親と戦ってたらいきなり次週で説明なしの団らんエンドになりそうだよな」

アルミン「おおっと、ネ○まの悪口はそこまでだ」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:47:14 ID:UHurN0dw
エレン「とにかく!!もう巨大化してぶん殴るのには飽きたの!!華がほしいの!!」

アルミン「僕からすれば巨大化できるだけマシだよ。でもまぁ実際エレンゲって負けばっかだし華がないよね」

エレン「うるせぇ厨二ポエム連呼野郎」

アルミン「だまれ無能駆逐厨」

ミカサ「二人ともやめて。エレンは魔法を使えればいいんでしょ?」

エレン「まぁそうだが」

ミカサ「なら私が教えてあげる」

エレアル「!!??」

ミカサ「私の一族には代々伝わる秘魔法がある」

アルミン「そんなの聞いてないよ!!」

ミカサ「だって言ってないから」

エレン「本当に使えるのかミカサ!?どんなやつなんだよ!!教えてくれよ!!」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:50:03 ID:UHurN0dw
ミカサ「わかった。二人は大事な家族だから特別に教えよう」

エレアル「wktk」

ミカサ「まず私の故郷には一族に伝わる宝物庫がある」

エレアル「うんうん」

ミカサ「その中には一族が集めた『日本刀』という刀が大量に保管されている」

エレアル「うんうん」

ミカサ「そして私はそれを引き出し、投射するなどして自在に操ることができる」

エレアル「……」

ミカサ「それが私の最強魔法……『ゲート・オブ・ジパング』であrアルミン「待った待った」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:52:25 ID:UHurN0dw
アルミン「ゲート・オブ・ジパングって何?それアレだよね?英○王のアレの贋作だよね」

ミカサ「違う。私の真名こそジパングの英雄王『ミカサメッシュ』であrアルミン「待った待った」

アルミン「それマジでダメなヤツだから。今のお前ってば完全に痴れ者だから」

ミカサ「思い上がったか雑種が」

アルミン「ああもうダメだ」

エレン「まぁまぁいいじゃねぇか!!かっけぇなミカサ!!それなら俺は騎士王だな!!」

アルミン「やめろぉおおお!!ってかお前は駆逐王になるんじゃなかったのかぁ!?あぁん!?」

ミカサ「落ち着いてアルミン」

アルミン「落ち着かないよ……今の僕ならバーサーカーのクラスで召還されてもおかしくないくらいだよ……」

エレン「あ、アルミンがバーサーカー(笑)」

ミカサ「かわいい(笑)」

アルミン「うるせぇええええええ」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:55:37 ID:UHurN0dw
エレン「アルミンはどっちかっていうとアサシンだろ。語感的に」

アルミン「それならベルトルトのほうが適任だよ……影薄いし」

ミカサ「アルミン最低。そんなこと言ったらタルルートがかわいそう」

エレン「そうだよ(便乗)。紅芋タルトがかわいそうだぞ」

アルミン「かわいそうなのはお前らのオツムだ」

エレン「まあベルモットがアサシンならアニがバーサーカーだよな」

ミカサ「たしかに。あの女狐は凶暴」

アルミン「ならランサーはライナーだね。兄貴キャラだし」

エレン「ライナー、自害せよ(笑)」

ミカサ「ンフッ……エレン、やめなさい(震え声)」

エレン「ライナーが死んだ!!」

アルミカ「この人でなし(笑)」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 01:57:18 ID:UHurN0dw
エレン「ってかさ、なれるんだったら俺はアーチャーがいいな」

ミカサ「どうして?」

エレン「だって『別に巨人〈あれ〉を倒してしまっても構わんのだろう?』とか言いたいじゃん」

アルミン「そのあとすぐ死にたいならなればいいと思うよ」

エレン「……やっぱやめた。ってかサシャのほうが適任だと思うし、弓使い的な意味で。」

アルミン「ってかこの話もうやめようよ。これ以上続けると抹殺される運命〈fate〉が訪れるよ」

エレン「そうだな。悪乗りしすぎたな」

ミカサ「私も悪かった。本当は魔法なんて使えない」

エレン「でもミカサの力が本当だったら壁外調査も楽だよなぁ」

ミカサ「確かに巨人どもを一撃のもとに抹殺できる」

エレン「ところでさ、『壁外調査』って地味な名前だよな」

ミカサ「ならば巨人を成敗するという意味で『成敗戦争』というのはどうだろうか?」

アルミン「やめろぉおおおおおおおおお」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 02:04:43 ID:UHurN0dw
エレン「いいね成敗戦争!!それいただき!!」

アルミン「いただき!!じゃないよ!!僕たちが魔術教会に成敗されるよ!!」

ミカサ「もう……話が逸れすぎた。本題に戻ろう」

アルミン「ほとんどお前らのせいだよ……。まぁ僕もノッてたけどさ」

エレン「とにかく俺は地味な戦闘をどうにかしたいの!!」

アルミン「でもビームとか魔法はさすがに無理だからこれ以上はどうしようもないよ」

ミカサ「たしかにそういうのは無理がある。しかし工夫次第では今のエレンでもハデな戦闘はできる」

エレン「どうやって?」

ミカサ「ここにグラッ○ラー刃牙という漫画がある。この漫画の人たちはとても強いが魔法や超能力等は一切使えない」

エレン「ほうほう」

ミカサ「しかし主人公は違う。痛い妄想で人間大のカマキリを召還することができる。これは立派な魔法と言えないだろうか」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 02:06:49 ID:UHurN0dw
エレン「それはすごいな」

ミカサ「つまりそれにならってエレンも妄想の巨人と戦うべき。違わない?」

アルミン「意味が分からないよ」

エレン「つまり妄想の巨人と戦えば魔法使いっぽくなれるわけだな!!」

アルミン「そういえば君はコニーレベルのバカだったね」

ミカサ「さすがエレン。素直な子」

エレン「妄想の巨人なら勝てる。そんなふうに考えていた時期が俺にもありました」

アルミン「言っとくけど柴千春にすら瞬殺されるレベルだからねお前」

エレン「というわけでこの漫画の問題点はすべてめでたく解決できたわけだ」

ミカサ「さすがエレン、やればできる子」

アルミン「解決どころか一気に増えちゃったさぁどうしよう」

エレン「それじゃさっそく修行開始だ!!」

ミカサ「エレンがんばって」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 02:08:39 ID:VCXGv3tQ
クリスタは乗馬がうまいのでライダー
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 02:15:44 ID:UHurN0dw
数週間後


エルヴィン「これから第58回壁外調査を開始する!!」

エレン「違いますよ団長ッ!!壁外調査じゃなくて成敗戦争だってばさ!!」

エルヴィン「!!??」

エレン「この調査の目的はただ一つ、俺自身が立体機動になることだ」

コニー「な、なぁ!!あいつが何言ってんのか分からないのは俺がバカだからじゃないよな!?」

エレン「剣を握らなければお前らを守れない、剣を握ったままではお前らを抱きしめられない」

ジャン「死に急ぎ野郎のやつ……一体どうしちまったんだ!?」

エレン「ふっ……まぁ別に巨人達〈あれら〉を一匹残らず倒してしまっても構わんのだろう?」

リヴァイ「??……まあいい、答えろグズ野郎。お前がやりたいことはなんだ?」

エレン「そんなの決まってるってばさ!!」


エレン「駆逐王に、俺はなるッ!!」


終わり
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 02:21:01 ID:UHurN0dw
短い上に拙い文章でしたがこれで終わりです。
見ていただいた方々、ありがとうございました。

おやすみなさい。
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 09:58:02 ID:Y78h..0U
面白かったよwww
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/20(日) 15:29:46 ID:lPsC/SzQ
面白かったwww

 
お勧めSS:
エレン「アルミン!レポート手伝ってくれ!」

ミカサ「エレンがストーカー被害にあっている!?」 

 
アルミン「結婚」ミカサ「する」 

 

元スレ:エレン「進撃の巨人という漫画について」
http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1382199457/