1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 00:21:37 ID:6vlPFu9U
コウ「ああん?」

ニナ「話があるんだけど……」

コウ「はあん」

ニナ「お願い、真面目な話だから、こっち向いて?」

コウ「はあん」

ニナ(……) 

2 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 00:22:31 ID:6vlPFu9U
ニナ「ちょっと!!!」

コウ「今、テレビ見てるから後で」

ニナ「いい加減にしてよ!!!」バンッ

コウ「うるさいなあ……」チッ

ニナ「舌打ちしないでよ!」

コウ「なんだよ話って!」

ニナ「ねえ……今日ハローワークに行くんじゃなかったの?」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 00:23:31 ID:6vlPFu9U
コウ「ああ明日行くよ明日」ゴロン

ニナ「いつもそう言って行かないじゃない」ボソッ

コウ「どうせ仕事なんてないんだから、行ったってしょうがないだろ!」

ニナ「……なんでテストパイロット辞めたのよ」

コウ「……」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 00:24:28 ID:6vlPFu9U
ニナ「グリプス戦役の時もネオジオン抗争の時も家でゴロゴロして」

コウ「いまさら量産機なんて乗れるかよwww」

ニナ「コウの意気地無し!」

コウ「だったら、またガンダム造ってくれよ!」

ニナ「はあ……」

ニナ「こんな事ならモンシア中尉と結婚すれば良かった……」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 00:34:23 ID:/48Git5k
そういやコウ・ウラキのその後って知らないな。
一年服役したその後。年齢にしたら、20代後半~30代前半ってとこか。 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 00:39:37 ID:6vlPFu9U
コウ「だ、だったらモンシア中尉のとこにでも行けばいいだろ!」

ニナ「……行くわけないじゃない」ポロポロ

コウ「」チッ

ニナ「……コウ、あなたまだガトーとの事を根に持ってるの?」

コウ「男はそういうものなんだよ!」 


12 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 14:58:01 ID:CFBC5MWs
ニナ「あの時はしょうがなかったのよ!付き合ってたのもコウと出会う前の事なのよ!?」

コウ「そんな事は分かってるんだよ!」

ニナ「……私なんてコウの過去の女性の事、何も知らないのに」ポロポロ

コウ「……」

コウ「……ニナに会う前は童貞だったんだよ」

ニナ「え?」

コウ「……何でもない」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 14:58:43 ID:CFBC5MWs
『滅びゆく世界ー 駆け抜ける嵐ー 選ばれし者ー MEN OF DESTINY♪』

ガチャ

ニナ「はいもしもし、ウラキです」

ニナ「あら、キース?久し振りね!モーラは元気にしてる?」

ニナ「コウ?いるわよ、ちょっと待ってね」

ニナ「はい、キースから電話よ」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 14:59:31 ID:CFBC5MWs
コウ「もしもしキース?元気にしてたのか!」ハハハ

コウ「今なにしてるんだ?……え?……ロンドベル?」

コウ「……シャアの反乱?……第二次ネオジオン抗争?」

コウ「……ボクも?」

コウ「……うん……え?ジェガン?」

コウ「……あれ?νガンダムってのは……あ、だめなんだ……」

コウ「……あの何て言ったかな、リガゼーだっけ?……そうそうリ・ガズィ……あ、ないんだ……」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 15:00:19 ID:CFBC5MWs
コウ「いやあボクも行きたいんだけど……」

コウ「うーん、ジェガンかぁ……」

コウ「当日、腰痛が治ってたら行くって事でいいかな?……うん、悪いね……じゃあまた」

ガチャ

コウ「」フゥ

ニナ「コウ!あなた、いつ腰なんて痛めたのよ!」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 15:01:14 ID:CFBC5MWs
コウ「ガトーが落としたコロニーのせいで腰が痛いんだよ!」

ニナ「あなたコロニーが落ちた時、宇宙にいたじゃない!」

コウ「あああ!うるさい!うるさい!うるさい!」

コウ「ちょっと出てくる!」

ニナ「どこに行くのよ!」

コウ「どこだっていいだろ!」

ニナ「コウ……」ポロポロ 



19 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 18:17:21 ID:CFBC5MWs
ーパチ屋ー

コウ(クソッ!全然当たらないじゃないか!どうなっているんだ!)

?「全然当たらないじゃないですか!どうなっているんですか!」ドカッ!

コウ「ん?」

コウ「あ、アデル少尉!」

アデル「う、ウラキ少尉じゃないですか!」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 18:18:09 ID:CFBC5MWs
コウ「ど、どうしたんですか?こんなところで!」

アデル「いやあ、お恥ずかしい」

コウ「てっきり戦争に行かれてると思ってましたよ」

アデル「私は元ティターンズですからね……仕事は雑用ですよ」ハハハ

コウ「ではモンシア中尉とベイト中尉も?」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 18:22:11 ID:CFBC5MWs
アデル「お二人は宇宙へ上がって、今回の戦争に参加していますよ」

アデル「……ジム・カスタムで」

コウ(ジム・カスタムwww罰ゲームじゃないかwww)

アデル「……すいませんがウラキ少尉……」

コウ「はい?」

アデル「少しお金を……」

コウ「……」

コウ「すいませんアデル少尉、自分は帰ります……」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 18:24:20 ID:CFBC5MWs
コウ(クソッ!アデル少尉の落ちぶれた姿なんて見たくなかった!)

コウ(ボクもアデル少尉からは同じように見えたのだろうか)

コウ(……)

ピッポッパ

コウ「もしもし?キースか?さっきの話だけど……」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 18:25:40 ID:CFBC5MWs
コウ「ただいま」ガチャ

ニナ「おかえりなさい、早かったのね」

コウ「ああ……」

ニナ「どうかしたの?」

コウ「キースの誘い……受ける事にしたよ」

ニナ「ど、どうしたのよ?急に」

コウ「チョビヒゲが気づかせてくれたんだ……」 



28 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 20:14:37 ID:wcSubPhg
ニナ「うれしい!うれしいわ!コウ!」ギュッ

コウ「ニナ……」

コウ「ニナ!ニナ!ニナああ!!」ガバッ

ニナ「ちょっ、だめよコウ!」

コウ「今日ぐらいいいだろ?就職祝いに!」ムフームフー

ニナ「あ、あのね……実は、お腹に赤ちゃんがいるのよ///」

コウ「……」

コウ「……ほ、本当かい?ニナ!」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 20:15:21 ID:wcSubPhg
ニナ「ええ本当よ、コウ///」

コウ「よ、よーしニナとお腹の子供の為に、頑張るぞおおお!」

ニナ「ふふふ、頼もしいパパね」サスサス

コウ「ニナああ!!」ガバッ

ニナ「ちょっ、だからだめだって!」

コウ「前祝いに!前祝いに一回だけ!すぐ終わらせるから!」


コウ「ウラキ少尉、突貫しますッ!!」キリッ 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 20:16:29 ID:wcSubPhg
ーーーーーー

コウ「じゃあ行ってくるよ」

ニナ「行ってらっしゃい」

コウ「お土産に赤い彗星の生首でも持って帰ってくるよ!」

ニナ「ふふふ、楽しみにしてるわ」

コウ「体にさわるから無理するなよ、ニナ」

ニナ「ええ、気をつけてね、コウ」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 20:17:41 ID:wcSubPhg
コウ(ジェガンってのが残念だが贅沢は言えないな)

キース「おーい!コウ!」

コウ「キース!」

キース「宇宙船ドックまで一緒に行こうぜ」

コウ「ああ、またよろしく頼むよ」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/02(金) 20:18:29 ID:wcSubPhg
コウ「ところで……」

キース「ん?」

コウ「キースの乗る機体は、やっぱりガンキャノンⅡ(笑)かい?」

キース「いや、コウと同じジェガンだけど、どうかした?」

コウ「……いや、なんでもない」

コウ(クソッ!) 



36 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 11:03:18 ID:Ys2qYxAs
キース「楽しみだなあコウ!」

コウ(今からでもボク専用のガンダムを造るべきじゃないのか!)

キース「まずは月での任務らしいぜ」

コウ(こっちはガンダム経験者だぞ!)

キース「月も久し振りだよなあ」

コウ(よりによってキースと同じ扱いなんて!)

キース「聞いてる?コウ?」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 11:04:00 ID:Ys2qYxAs
コウ「あ、ああ、聞いてるさ、キース」

キース「そう緊張するなよ、大丈夫だって」

コウ「分かってるよ」

キース「俺達はデラーズ紛争を生き残ったんだぜ?」

コウ「ああ」

キース「……きっとバニング大尉も見守っててくれるさ」

コウ(そんな事はどうだっていいんだよ!) 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 11:04:50 ID:Ys2qYxAs
キース「お、着いた着いた、あれが俺達の母艦だな」

コウ「……」

キース「どうだ?懐かしい雰囲気だろ?」

コウ「……なんだよ、これは?」

キース「なにが?」

コウ「なんなんだよ、これは!」

キース「?」

コウ「なんでサラミスなんだよ!」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 11:05:39 ID:Ys2qYxAs
キース「なんでって言われても……」

コウ「ロンドベルの艦隊はラー・カイラム級じゃなかったのかよ!」

キース「それは主力だけだよ」ハハハ

コウ(だめだ……ロンドベルの上層部は何も分かっていない!)

キース「さあ、早く乗り込もうぜ」

コウ「……分かってるよ」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 11:07:08 ID:Ys2qYxAs
コウ(……)スタスタ

キース「コウ、どこ行くんだ?」

コウ「ブリッジへ行ってくる……」

キース「ブリッジ?何か用事でもあるのか?」

コウ「ボクのジェガンを、パーソナルカラーに塗装する許可をもらってくる!」

キース「パ、パーソナルカラー!?」

コウ「そうだ」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 11:07:58 ID:Ys2qYxAs
キース「コウのパーソナルカラーって聞いた事ないんだが……」

コウ「今、思いついたからな」

キース「……で、それは何色なんだ?」

コウ「……」

コウ「……サーモンピンクだ」

キース「やめとけよwww怒られるってwww」

コウ「メガネは黙ってろ!!!」 



44 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 23:30:27 ID:NTC34XgE
コウ「というわけで、塗装の許可を願います!」

艦長「いや、そう言われても困るんだが……」

コウ「地球の命運がこの一戦に懸かっているんです!」バンッ

艦長(こいつは何を言っているんだ……)

コウ「お願いします!お願いします!」

艦長「その様な事は認められない!持ち場へ戻りたまえ!」

コウ「……獅子身中の虫め!」チッ 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 23:31:04 ID:NTC34XgE
キース「コウ、そう落ち込むなよ」

コウ「……」

キース「月に着いたら、昔みたいにアナハイムガールズに慰めてもらおうぜ♪」

コウ「……」

コウ(月か……)

コウ(昔、片腕でカニみたいなモビルアーマーに乗ってた人がいたな)

コウ(誰だっけ?まあどうでもいいか) 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 23:31:56 ID:NTC34XgE
ーアナハイム・工場ー

チェーン「チェーンです、よろしく」

キース「俺はキース、で、こっちがコウ」

コウ「よ、よろしくお願いします」

キース「こいつ美人に弱いから」ニヤニヤ

チェーン「あら、弱いのは美人にだけかしら?」

チェーン「では警護の方、よろしくお願いします」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 23:32:43 ID:NTC34XgE
コウ「なあキース」

キース「なんだ?」

コウ「なんで工場なんて警護しないといけないんだ?」

キース「そりゃあ、新型ガンダムを盗まれない様に、だろ」

コウ「ガンダム盗まれるとかwwwそんなマヌケいないだろwww」

キース「……」

コウ「じゃあ見回り行ってくるよ」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 23:34:03 ID:NTC34XgE
コウ(……)スタスタ

コウ(ん?)

コウ(こ、このシルエットは!?)

コウ(ガンダム!!)

コウ(これが新型ガンダムなのか!?)

コウ(ど、どうしよう……乗りたい!) 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 23:34:57 ID:NTC34XgE
コウ「おい、そこの君!」

整備士「は、はい」

コウ「こいつが新型のガンダムか?」

整備士「はい、そうですが」

コウ「素晴らしいな……で、核弾頭の装填は済んでいるのか?」

整備士「……え?核弾頭?」

コウ「試してみるか……」スタスタ

整備士「?」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/03(土) 23:36:22 ID:NTC34XgE
コウ「凄い……五倍以上のエネルギーゲインがある!」ポチッ

ウィーン

コウ「こいつ……動くぞ!」

チェーン「ウラキ少尉!」

コウ「!!!」

チェーン「何をやっているの!」

コウ「……」 



52 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 00:02:18 ID:kT/STFW2
何だこのコウ・ウラキwwww
価値観とかモラルとか軍規とか常識とか
どこに置いてきたwwwww 



54 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 06:07:11 ID:S6BIngiM
チェーン「どうして無断でガンダムに乗り込んだりしたの!」

コウ「チェーンがチャーミング過ぎるからさ」キリッ

チェーン(この人は何を言っているの?)

コウ「……すいませんでした」

チェーン「……」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 06:07:52 ID:S6BIngiM
ーーーーーー

キース「ガンダムの受け渡しも済んだ事だし、そろそろ前線かな」

コウ「……」

キース「どうしたんだよ?コウ」

コウ「気になっている事があるんだ」

コウ「アムロ大尉がνガンダムに乗るんだろ?」

コウ「じゃあリ・ガズィには誰が乗るんだ?」 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 06:08:37 ID:S6BIngiM
キース「さあ……」

コウ(マズイ!)

コウ(このままだと、ラー・カイラムのパイロットにとられる!)

コウ「キース!前線へ急ごう!」

キース「え?」

コウ「敵は待ってはくれないんだ!」

キース「わ、分かったよ」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 06:09:46 ID:R3PZJLAA
コウ(クソッ!ここからで間に合うのか!?)

キース「コウ!ジオンのギラ・ドーガに張り付かれた!」

コウ「邪魔を!」チッ

キース「今なら2対2だ、やろう!」

コウ「キース!ここは任せる!」

キース「え?」

コウ「ラー・カイラムで落ち合おう!」

コウ(間に合え……間に合え……間に合えええ!!) 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 06:10:38 ID:S6BIngiM
コウ「こちらコウ・ウラキ、ラー・カイラム聞こえるか?」

通信兵「こちらラー・カイラム、どうかしたか?」

コウ「着艦許可を願う」

通信兵「了解した、こちらから誘導の……」

コウ「ガイドビーコンなんか出すな!やられたいのか!」

通信兵「!!!」ビクッ

コウ「」チッ 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 14:43:41 ID:hs.13ZEE
ーラー・カイラムー

コウ(さてと、リ・ガズィはどこだ?)

ケーラ「ん?ラー・カイラムでも見学に来たのかい?」

コウ「いや、リ・ガズィを受け取りに来たんだ」

ケーラ「え?リ・ガズィの受け取り?」

コウ「ああ、アムロ大尉の代わりにボクが乗る事にしたんだ」

ケーラ「ええと……アタシが乗る様に言われてるんだけど……」

コウ(こ、こんな宝塚みたいなのが、リ・ガズィのパイロットだと!?) 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 14:44:16 ID:hs.13ZEE
アストナージ「ケーラ、どうかしたか?ランチにしようぜ」

ケーラ「アストナージ……」

アストナージ「とっておきのサラダ作っておいたぜ」

コウ「ニンジンいらないよ」

アストナージ「……え?」

コウ「ニンジンいらないよ」

アストナージ(誰だよ……お前の分までは作ってないんだが……) 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 14:44:54 ID:hs.13ZEE
コウ「とにかく!リ・ガズィはもらって行く!」

ケーラ「何を勝手な事を……」

コウ「貴様に話す舌たど持たんと言ったはずだ!」

ケーラ(いや、言われてないから)

コウ「こうなったら、直接責任者に話をさせてもらう!」スタスタ

ケーラ「……」 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 14:46:21 ID:hs.13ZEE
コウ「失礼します!」

ブライト「誰だ貴様は?」

コウ「はっ!自分は元アルビオン所属でGP01ゼフィランサス、GP01Fbフルバーニアン、GP03デンドロビウム、GP03Sステイメンのパイロットで、デラーズフリート及びシーマ艦隊を単機で壊滅させ、ソロモンの悪夢ことアナベル・ガトーを討ち取った、コウ・ウラキ少尉であります!」

ブライト「……」 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 14:47:31 ID:hs.13ZEE
ブライト「で、なんの用だ!」

コウ「はっ!リ・ガズィを頂戴したく、その直訴に参りました!」

ブライト「だめだ!帰れ!」

コウ「!?」

コウ「ラー・カイラムにガンダムとリ・ガズィがいて、サラミスにジェガンだけっておかしいだろうが!」

ブライト「誰かこいつをつまみ出せ!」 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 14:48:13 ID:hs.13ZEE
コウ(クソッ!ロンドベルにはボンクラしかいないのかッ!)

キース「コウ!」

コウ「キース!無事だったのか!」

キース「ああ、それよりサラミスに帰ろう、艦長がカンカンだ」

コウ「……分かった」 


70 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 21:01:42 ID:24zM0eKw
コウ(結局、ジェガンでやるしかないのか……)

キース「コウ!敵が来てる!」

コウ「ん?」

キース「こいつ……ギラ・ドーガじゃない!?」

コウ「……」

コウ「聞こえるか!ジオンのパイロット!」

ギュネイ(連邦のパイロットから通信?)

コウ「ジェガンなんか相手にしてないで、ガンダムを狙えよ!ガンダムを!!」

ギュネイ(……逃げやがった……) 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 21:02:28 ID:24zM0eKw
ーーーーーー

コウ(ん?ガンダムが交戦中なのか……助けて恩でも売っておくか)

コウ「キース!ガンダムを援護しに行こう」

キース「分かったよ、コウ」

コウ「……」

コウ「うわっ、とんでもない激戦区じゃないか!」

キース「コウ、ここは俺たちじゃ無理だよ……」

コウ(……あれは!) 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 21:03:09 ID:24zM0eKw
コウ「見ろよキース!」

コウ「ガンダムの周りのピラミッドの中!」

コウ「あそこ安全地帯だろwww」

キース「だ、大丈夫なのか?あれって弾かれるんじゃ……」

バチィィィン!

コウ「うわあああああ!!!」 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 21:03:49 ID:24zM0eKw
ーーーーーー

コウ「……くっ」

整備兵「ウラキ少尉!」

コウ「……ここは?」

整備兵「サラミスの中です、少尉は気を失ってしまって」

コウ「そうだったのか……」

整備兵「それにしても少尉のジェガン、酷い損傷です」

コウ「……ガンダムにやられたんだ!」

整備兵「……え?」

コウ「アムロ・レイのトラップに引っかかったんだ!」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 21:04:56 ID:24zM0eKw
整備兵(本当かよ……)

コウ「ボクのジェガンは出られるか?」

整備兵「少尉のジェガンで戦闘は無理です!」

コウ「……他の機体はないのか!?」

整備兵「パイロットが戦死して、機体の損傷が軽微なのが一機」

コウ「よし、そいつをまわしてくれ!」

整備兵「はっ!」 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 21:05:42 ID:24zM0eKw
コウ「……」

コウ「こいつかよ……」

整備兵「はっ!今、動かせるのはこいつだけです!」

コウ「……」

コウ(……まさかのジム・カスタム…)

整備兵「御武運を!」

コウ「勝利の栄光を君に!」キリッ 

76 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/04(日) 21:06:26 ID:24zM0eKw
コウ(なんで、こんな旧式がここにあるんだよ……)

コウ(ん?座席に何か挟まってるな)

コウ(……これは)

コウ(昔のニナの写真!?)

コウ(……)

コウ(これモンシア機じゃないかwww) 



81 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/05(月) 17:22:22 ID:T50bpxtA
コウ「おーい!キース!」

キース「ん?そのジム・カスタムはコウなのか?」

コウ「ああ、色々あってモンシア中尉から受け継いだんだ」

キース「この宙域にモンシア中尉もいるのか!?」

コウ「そんな事より戦局はどうなっているんだ?」

キース「ああ、今、アクシズが大変な事になってるんだ」 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/05(月) 17:23:22 ID:T50bpxtA
コウ「こ、これは……」

キース「……」

コウ「もうアクシズの落下は止められない……」

コウ「遅かったのか……」

キース「ん?」

キース「こ、コウ!あれを見てよ!」 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/05(月) 17:24:03 ID:T50bpxtA
コウ「あれは……ガンダム!?」

キース「ま、まさかアクシズを押し返そうと」

コウ「……」

キース「ガンダムだけじゃない!ジェガンも……ギラ・ドーガまで!」

コウ(……嫌な予感がする……)

キース「コウ!俺たちも行こう!」

コウ「!!!」 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/05(月) 17:24:45 ID:T50bpxtA
コウ(こいつ……ジム・カスタムであれをやれと!?)

キース「さあ!急ごう!」

コウ(逃げるか?)

コウ(しかし、もしアクシズを押し返せたら英雄)

コウ(……)

コウ(よし、ギリギリまで粘って無理そうなら逃げよう)

コウ「了解だ、キース!」 



87 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 20:47:40 ID:lK/9sDVc
コウ(ボクはすぐ逃げられるように、できるだけ上の方で……)

キース「よし、取り付いた!」

コウ(キースの奴、あんな下じゃ危ないだろ……)

キース「行くぞおおおお!!!」

コウ「お、おいキース!そこは危ないぞ!」

キース「うおおおお!!!」 

88 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 20:48:10 ID:lK/9sDVc
コウ(ん!?)

コウ(あそこのジェガン……)

コウ(ギラ・ドーガの腕を掴んだ?)

コウ(……吹き飛んだのを助けたのか)

コウ(よく見たら、かなりのモビルスーツが飛ばされているな)

コウ(爆発しているのまで……) 

89 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 20:48:52 ID:lK/9sDVc
コウ(あっ!?)

コウ(き、キースのジェガンから火が!!!)

コウ「キース!聞こえるか!それ以上は無理だ!」

キース「まだまだあああ!!!」

コウ「キース!!!」

キース「う、うわあああ!!!」

コウ「キース……」

キース「モーラああああ!!!」

ドカァァァンンン!!!

コウ「モーラwwwwww」 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 20:50:34 ID:lK/9sDVc
コウ「……さてと」

コウ「これ以上の長居は危険だな」

コウ「吹き飛ばされた振りをして脱出しよう」

フワッ

コウ「……」

ガシッ!

コウ「!!!」

コウ「ぎ、ギラ・ドーガに腕を掴まれた!?」 

91 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 20:51:14 ID:lK/9sDVc
コウ「ま、まさかこいつ……」

コウ「さっきのジェガンのように、ボクを助けようとしているのか?」

コウ「……や、やめるんだ!」

コウ「はなせ!離してくれええ!」

ビーッ!ビーッ!ビーッ!

コウ「う、うおおおお!!!」

コウ「南無三!!!」 

92 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 20:52:28 ID:lK/9sDVc
コウ「あ、あれ?」

コウ「なんだ?」

コウ「緑色の光りが……」

コウ「とても……あたたかい……」

コウ「……」

コウ「ああ……刻が……みえる……」 



94 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 20:53:18 ID:lK/9sDVc
ー地上ー

ニナ「……」

ニナ「ああ……」

ニナ「コウの命が….」

ニナ「吸われていく……」ポロポロ 

95 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 20:54:10 ID:lK/9sDVc
ああ もう一度君に

巡り会えるなら

メビウスの宇宙を

越えて

BEYOND THE TIME



『終わり』 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 20:58:06 ID:lK/9sDVc
以上で終了となります
情けない終わり方ですが、これが私の限界でした

見て下さった皆様、ありがとうございました 



98 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 22:06:18 ID:N6/Mgomw
活躍しねぇのかよwwww 

99 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/11/06(火) 23:54:47 ID:rzLowJCA
乙、結局クズのまま終わったwww

でも事情を知らない人達からは英雄扱いされるんだろうな 



http://jbbs.livedoor.jp/internet/14562/storage/1351783297.html