6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 13:52:40 ID:rH/asK0G0
小町「おにいちゃん!大学に遅刻するよ!」 

八幡「……もう少し寝かせて」 

小町「だーめっ、そんなだから心配で小町がわざわざ引っ越してきてあげたんだから。あ、今の小町的にポイント高いっ」 


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 14:13:17 ID:rH/asK0G0
八幡「……今日は二限目からだから」

小町「おにいちゃん?おにいちゃんの学部は二年までは全員一限必修だよねぇ?嘘つくおにいちゃんは小町的にポイント低いなぁ」

八幡「なんで俺の学部のシラバス把握してんの……小町さんまじぱねぇ……」

小町「ほらぁ、お布団干しちゃうからさっさと起きた起きた。あ、お味噌汁まだだから先に顔洗ってきてねっ」

八幡「……はぁ」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 14:32:02 ID:rH/asK0G0
八幡「ねみぃ……」

八幡(どうしてこうなったんだ)


小町『ええっ!おにいちゃん春から一人暮らしするの!?』

八幡『まぁな』

小町『なんで!?大学は家から通える距離だよね!?一人暮らしする意味ないよねっ!?』

八幡『まぁなんというか、アレだ。……花婿修行的な?』

小町『絶対嘘だぁ……そもそまおにいちゃんが小町抜きでまともな生活出来るわけないじゃん!』

八幡『おい失礼だな。俺の主夫力は58万ですよ?』

小町『絶対無理!ていうか……あっ、小町ひらめいた!』

八幡『おいやめろ』


八幡(というやり取りから、はや数ヶ月)

小町「あ、今日燃えるゴミの日だからよろしくね~」

八幡(完全に居着きやがった……)
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 14:41:31 ID:rH/asK0G0
八幡「しかも何で俺の大学より総武高に近いんだよ」

小町「ん~?なにが?」

八幡「今俺とお前が味噌汁すすってる場所の住所」

小町「それはぁ……ほら、お父さん小町に激甘だから?」

八幡「ぐっ、納得できないが反論もできないッ……」

小町「ほらほら、そんなこと言ってる間に遅刻しちゃうよ」

八幡「はぁ~……」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 14:58:30 ID:rH/asK0G0
八幡(奇跡的に総武高に受かったからって兄貴の大学進学にかこつけて家出るの許すとか、家の両親甘すぎるだろ)

八幡(俺は高校二年で親元離れるのは早すぎるって言ったのに)

八幡(半分こいつのワガママで通ったようなもんだったけど)

小町「朝から難しい顔してるよ?」

八幡「なんもねーよ」

小町「そう?あ、襟曲がってる~」

八幡「ん?あぁすまん」

小町「……」

八幡「……なに?」

小町「いっらっしゃいのチ」

八幡「ねーから」

小町「ちぇー。今日は帰り遅いの?」

八幡「いや、いつも通り大学終わったら」ピンポーン

小町「……きたか」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 15:26:39 ID:rH/asK0G0
小町「……はいどちら様?」

『あ、こ、小町ちゃんやっはろー、ヒッキー迎えに来たんだけd』

小町「残念ながらおにいちゃんは出かけました。もういません」

八幡「いやまだいるから。やめたげて。取り敢えず開けてあげて」

ガチャ

由比ヶ浜「あ、アハハ、ヒッキーもやっはろー」

八幡「由比ヶ浜、前から聞きたかったんだけどそのバカっぽい挨拶は朝にも対応してんの?」

由比ヶ浜「ば、バカじゃないし!これでもヒッキーと一緒の大学に受かったんだし!」

八幡「確かに俺とお前は同じキャンパスに通う仲だ。がしかし、言うなればそう、あれは……奇跡」

八幡(そうなのだ。雪ノ下をもって、総武高に入学出来たのが不思議でならないと言わしめたコイツが、何を思ったのか三年の夏休みから猛勉強を始め、あまつさえ俺の第一志望に合格してしまったのだ)

由比ヶ浜「むぅーっ、あたしバカじゃないし!バカって言う方がバカなんだし!」

八幡(そのセリフがもう既にバカっぽいですよ、由比ヶ浜さん)
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 15:42:36 ID:rH/asK0G0
小町「そうですよっ!小町聞きました、どうしようもないバカだった由比ヶ浜さんが、血の滲むような受験勉強の末、おにいちゃんと一緒のキャンパスライフを送る権利を勝ち取ったって!その努力の大変さ、小町痛いほど分かりますっ!」

八幡(お前も似たよーな経験してるからな)

由比ヶ浜「あ、ありがとう小町ちゃん、でも何か一言二言余計だったような」

小町「でも!それはおにいちゃんと『一緒の』キャンパスライフであって、『一緒に』ではなかったはずです!なぜ由比ヶ浜さんが毎朝おにいちゃんを迎えにくるのか?小町的にはそれが知りたいっ!」

八幡「要約すると、何でわざわざ途中下車して俺ん家くんの?だとよ」

由比ヶ浜「そ、それはっ……別にあたし定期だしっ、放っといたらヒッキーがホントにヒッキーになっちゃうし!」

八幡「いやならねーよ」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 15:52:58 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「そ、そんなことよりっ、もうこんな時間!早くしないと遅刻しちゃうよヒッキー!」

八幡「げ、マジだ。じゃあ小町、行ってくるわ。戸締まり頼んだぞ、っておい引っ張るな由比ヶ浜」

小町「むむむ~っ……由比ヶ浜さん、忘れ物ですっ」

由比ヶ浜「え?わわっ!」

八幡「……」

八幡(……他人に自分家のゴミ見せるのって恥ずかしくね?)
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 16:05:39 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「あははー……なんか以前より嫌われちゃったかなぁ、あたし」

八幡「まぁ確実にブラコン係数が上がってはいるな。自分で言うのもアレだが」

由比ヶ浜「小町ちゃん、おにいちゃん大好きだもね。仕方ないよ」

八幡「昔は俺と由比ヶ浜や雪ノ下をくっつけたくて仕方なかったみたいだけどな」

由比ヶ浜「なっ、なにそれ!やめてよねっ」

八幡「マジに受けとんなよ……こっちが恥ずかしい」

由比ヶ浜「朝からヒッキーが変なこと言うのが悪いんだしっ、ていうかマジになんかなってないし!」

八幡「へいへいそーかよ。ほら、もうちょい下がれ、電車来るぞ」グイッ

由比ヶ浜「あ、うん……ありがと////」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 16:28:22 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「やっぱり混むね」

八幡「そりゃ千葉から都内行きはな」

八幡(だから大学の近場で一人暮らしするって言ったんだよ俺は。ボッチが毎朝通勤ラッシュに揉まれるとか、拷問にも程があるだろ)

由比ヶ浜「……っ、いたっ」

八幡「どーかしたか」

由比ヶ浜「う、うん大丈夫。なんか他の人のカバンの金具が引っかかったぽいだけ」

八幡「……女性専用車両いけばいいだろ」

由比ヶ浜「だ、だってそれじゃ一緒に登校してる意味ないじゃん!」

八幡(声がでけーよ。横のサラリーマンとかすげー睨んでんじゃん。あ、別に僕達そういう仲じゃないんで)

八幡(しかたない)

八幡「由比ヶ浜、次停まったらもっとこっち寄れ」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 16:29:36 ID:6KlWrDqai
なんだこの男前
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 16:31:47 ID:JBCuF9eXi
大学になって性格までイケメンにジョブチェンジしたか
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 16:49:06 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「っ!?も、もっと寄れって、ヒッキー何言って」

八幡「まて早まるな、もとい勘違いするな。場所を入れ替えるだけだから」

八幡(朝の通勤ラッシュは戦争なんだよ。とくにここJR東◯線直通総◯線は日本でも三指にはいる程過酷な戦場。ボッチマイスターの俺でもドア横ベストポジションをキープするのは骨が折れる)

八幡「ほれ、そこならいくらか楽だろ」

由比ヶ浜「う、うん、ありがと。ごめんねヒッキー」

八幡「べつに……おい、何でこっち向いてんだよ」

由比ヶ浜「え、だってもう動け、っちょっとヒッキー!ひっつきすぎ!」

八幡「俺だって動けねーってのっ……くっ」

由比ヶ浜「……////」

八幡「……次こっちのドア開くのっていつ?」

由比ヶ浜「あたしたちの降りる駅……」

八幡「……はぁ……」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 17:05:34 ID:rH/asK0G0
八幡(ドア横は邪魔だからどけ?)

八幡(ハッハ、乗車率200%を超える車両のどこにどけと言うのかね)

八幡(……はやくどきたい。間が持たない)

由比ヶ浜「……んっ」

八幡(由比ヶ浜さんやめて、もぞもぞ動かないで。当たってるから、柔らかいのが、二つ)

由比ヶ浜「……っ!だ、だって仕方ないじゃんっ、別にそんなつもりじゃ……」

八幡「な、何も言ってねーだろ」

由比ヶ浜「顔見たら一発じゃんっ」

八幡(……なりたい、いっそ貝になってしまいたい)
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 17:19:09 ID:rH/asK0G0
八幡「やっと開放された……」

由比ヶ浜「むぅーっ////」

八幡「いや不可抗力だろ。冤罪だ、正当防衛だ」

由比ヶ浜「何正当防衛って!すっごく恥ずかしかったんだから!」

八幡「なら明日から二、三本分早く起きようぜ。つーかおまえの駅からだと普通に座れるだろ。別に俺ん家寄らなけりゃ」

由比ヶ浜「いいの!あたしはあたしの好きなようにするの!ヒッキーなんて知らないっ!」

八幡(知らないんなら何で来るんだよ……)
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 17:57:13 ID:+yFFcrnK0
通学中

ゆきのん(…あースズメだぁ)テコテコ

授業中

ゆきのん(…今日の晩御飯なににしよー)

スーパー

ゆきのん(…カツ丼半額だー)



ゆきのん(…たまにはスーパーのお惣菜もいいね)

ゆきのん(…もう寝よ)
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 17:58:53 ID:rH/asK0G0
八幡「やっと昼休みか……」

八幡(いや英語はともかく、なんで大学生になってまで数学とか体育とかやんの?俺めちゃくちゃ文系学科なんですけど)

八幡(つーかなんで大学生って全員あんなに馴れ馴れしいの?意味わかんねーよ)

八幡(『ヒキタ二君余ってるの?じゃあ俺と組もーよ。アレ?もしかして結構上手い?じゃあテニスサークルとか興味ない?いや~先輩にあと五人は連れてこいって言われててさぁ』)

八幡(じゃねーよ入らねーよ)

八幡「はぁ、戸塚に逢いたい。もう一度あの笑顔に癒やされたい……」

由比ヶ浜「え?彩ちゃんがどうかしたの?」
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 18:23:57 ID:rH/asK0G0
八幡「なんでもない。つーかお前なんでいんの。体育は男女別だろ」

由比ヶ浜「何それヒドっ!女子の方が早く終わったっぽいから、こっちまで迎えに来てあげたんじゃんっ」

八幡(別に頼んでねーんですが。それにお前がここにくると……)

「ナニナニ?結衣ちゃん女子はもう終わったの?」

「男子も今終わったトコなんだよー。え、まだお昼決めてないとか?なら俺らと一緒にどう?」

「あ、もちろんヒキタ君も一緒にっつーか、まぁ嫌ならいいけどさぁ」

八幡「……」

由比ヶ浜「えっ、あたしはその……」

八幡(ほれきためんどくせぇ)

八幡「……俺はロッカールームの鍵返しにいくから」

「そう?ならしょうがないなぁ、行こうよ結衣ちゃん。近くに結構イケるランチの店見つけて」

由比ヶ浜「ご、ごめんね、また今度誘って?ちょっと待ってよヒッキー!」

八幡「……」
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 18:39:48 ID:rH/asK0G0
八幡「お前あれ、いーのかよ」

由比ヶ浜「ん?あれって?」

八幡「だから今のだよ。昼飯誘われてたんじゃねーの」

由比ヶ浜「あ、あはは、次誘われたらあっち行くし。それよりお昼食べに行こ!お昼!」

八幡「いやだから今」

由比ヶ浜「すっごいオイシそうなパスタのお店見つけたの!生パスタのお店!」

八幡「……はぁ、ナマっすか」

由比ヶ浜「やっぱり都内だと違うよねぇ。全部のお店が美味しそうに見えて、困っちゃうよねぇ」

八幡「無駄に高いわ量は少ないわで良いとこねーじゃん。やっぱおれは学食で」

由比ヶ浜「それは無理!ヒッキーがいないとあたしのお昼がなくなっちゃうしっ!」

八幡「いや意味わかんないんですけど……」
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 18:52:23 ID:rH/asK0G0
八幡「そういうことかよ……」

由比ヶ浜「ね?ね?すっごく美味しそうでしょ?えーっと……あたしカニクリーム!ヒッキーはどれにするの?」

八幡「残念だが由比ヶ浜、お前はシェフおすすめ特製カニクリーム生パスタを食すことはできない」

由比ヶ浜「ええっ、なんで?ヒッキーにも一口あげるよ?」

八幡「別に俺が食いたいからじゃねーよ……そこのポップよく見ろ」

由比ヶ浜「えーっと、カップルペアランチの方は専用のメニューからお選びくださ……」

八幡「はいはい、学食最強伝説」

由比ヶ浜「ちょ、ヒッキー待ってよ!待ってってば!」
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 20:19:48 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「ん~おいしいっ!ねっ、ヒッキー」

八幡「一人1000円もするんだから当然っちゃ当然だろ。これで不味かったら、さすがの俺でも文句の一つも言いたくなるね。ぐ◯なびで」

由比ヶ浜「相変わらず素直じゃないし……ていうかぐる◯びで言うんだ……」

八幡「割引ランチ食いたさに、無理やりテキトーな男誘って食いに行く価値はありません、とかなんとかな」

由比ヶ浜「て、テキトーじゃないし!それに私がいたから1000円のランチが半額で食べられるんじゃんっ」

八幡「お互い様だろそりゃ。ま、たしかに平均以上に美味いの認める」

由比ヶ浜「ホント!?よかったーっ」
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 20:32:47 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「ねぇねぇ、ヒッキーが頼んだのって」

八幡「欲しいか?ならほれ、勝手に食え」ズイ

由比ヶ浜「むぅーっ……あ、こっちもおいしいっ」

八幡「そりゃよかったな」

由比ヶ浜「じゃあほら、あたしのも食べてみて」

八幡「……」スッ

由比ヶ浜「むむむーっ!」

八幡「なんだよ……おいまさか……やめろ、やめろください」

由比ヶ浜「だーめっ!はいアーン」
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 20:48:14 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「ね?ねっ?おいしいでしょ」

八幡「そ、そうだな」

八幡(これなんて罰ゲーム……仕組んだ小町は正直に手を上げなさい。おにいちゃん怒んないから)

由比ヶ浜「んふふ~、あたしがアーンしたげた方がおいしかった?」

八幡「……まぁ、割引が気にならなくなる程度にはな」

由比ヶ浜「え~っ、なにそれ結局意味わかんないし!」

八幡(やめて小町これ以外おにいちゃんをイジメないで)
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 21:18:07 ID:rH/asK0G0
八幡(いかん、高校三年間で研ぎ澄ましたボッチ的第六感が、大学に入ってから急速に失われていく……)

八幡(俺はもっと闇を知っている側の人間だったはずだ……訓練されたエリートボッチだったはずなんだ)

八幡(思い出せ……過去経験した一番深い闇を、人間の本質を)

八幡「……やめた。材木座じゃあるまいし」

由比ヶ浜「そういえば中二もどうしてるんだろうね、まだお話書いてるんだっけ?」

八幡「なんたらアミューズメント専門学校にいかなかったのは幸いだったな」

八幡(まぁあれで現実的なところもある奴だったし)

由比ヶ浜「他のみんなもどうしてるのかなぁ、彩ちゃんでしょ?優美子に姫菜に……あ、ついでに平塚先生も」

八幡(ついでとか言わないであげて、マジ泣きしそうだからあの人)

由比ヶ浜「あと……やっぱりゆきのん」

八幡「あぁ」
175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 21:24:36 ID:nLsJw8zQ0
お、ゆきのんの話
182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 21:34:45 ID:rH/asK0G0
八幡「まぁあいつのことだ。俺達があれこれ言うまでもなく、全てそつなく完璧にこなしてるだろ」

由比ヶ浜「あはは、冗談に聞こえないのがすごいよね」

八幡「なんたって我が国の最高学府の法学部、さらにその中で一番だからな。まぁ今更驚きもしないが」

由比ヶ浜「うん……でもちょっと寂しいよね。分かってはいたけど思い知らされた気分。ゆきのんは私達とは違うんだなって」

八幡「あいつ第一志望余裕だってわかったら、『あらそう、じゃあその中でも一番をとれるように、少しは頑張ってみようかしら』とか言うんだぜ?信じられねーよ……」

由比ヶ浜「ふふ、ゆきのんらしいよね」
203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 21:53:33 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「でもね、三年の終わり頃、一度だけゆきのんがもう頑張るのやめるって言い出した事あったよね」

八幡「……」

由比ヶ浜「ゆきのんがさ、第一志望は受けない、私達と同じ学校を受験するって」

八幡「……」

由比ヶ浜「あれはさ、たぶん私達じゃなくて、ヒッキーと同じって意味だったんだよ」

八幡「……そんなことは」

由比ヶ浜「そんなことあるよ、あたし分かるもん。それを知りながら、あたしは一生懸命受験勉強頑張ってたんだよ。ゆきのん気持ちを知りながら」

八幡「由比ヶ浜……」
231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 22:29:45 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「あはは、なんか今更ながらゆきのんに合わせる顔がないよね。っていうか、怖くて会えないかも」

八幡「べつに、そんなくだらないことを気にする奴じゃないだろ?」

由比ヶ浜「気にするよっ!ゆきのんが気にしなくてもあたしがする……あたしゆきのんに何回勉強教えてもらったと思うの?それなのに嫌な顔一つせずに、合格発表の日も一緒になって喜んでくれて、『私が教えたのだから当然ね。でも本当によかった』って!」

八幡「お、おい」

由比ヶ浜「あたしってホント嫌な女だ。あはは、小町ちゃんに嫌われるのもしかたないかも」

由比ヶ浜「でもね、それでもあたしはっ……ヒッキーのことが」

八幡「やめろ!」

由比ヶ浜「……ごめん」 
241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 22:41:55 ID:rH/asK0G0
由比ヶ浜「……ごめ……ごめんねヒッキー……」ポロポロ

八幡「……っ!いや違う、その、人が見てるから」

由比ヶ浜「……うん……ごめん……」

八幡「取り敢えず……帰るか。あ、歩けるか?」

由比ヶ浜「うん……」
246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 22:59:31 ID:rH/asK0G0
八幡「落ち着いたか」

由比ヶ浜「うん……ごめんね」

八幡「さっきから謝ってばっかなんですけど」

由比ヶ浜「ごめん……」

八幡「……そーいや」

由比ヶ浜「え?」

八幡「そーいや昔、微妙に似たようなことがあったな、とか」

由比ヶ浜「……」

八幡「あんときゃ俺とお前、立場は反対だったけどな。あと俺は泣いてなかった」

由比ヶ浜「別にあのときのヒッキーは何も悪くなかったんだから、全然同じじゃないよ」

八幡「そーかよ」

由比ヶ浜「でも……黙ってあっち行けって言われるんじゃなくて、一緒に帰ろうって言って貰える分、少しは進歩したのかな、なんて。あはは……」

八幡「……」
258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 23:28:35 ID:rH/asK0G0
八幡「由比ヶ浜」

由比ヶ浜「うん……」

八幡「今の雪ノ下がお前の事をどう思っているのかなんて、俺にはさっぱり分からんし、多分知ることも出来ねーよ」

由比ヶ浜「うん……」

八幡「お前が雪ノ下に対して、なんらかの負い目を感じているとして、それも多分、おそらく俺にはどうする事も出来ねーことなんだよ」

由比ヶ浜「……うん」

八幡「それにお前もよく知っての通り、俺はボッチで捻くれてるからな。こんな時、葉山あたりなら気の利いた女子ウケするリア充的フォローで当たり障りなく丸く収めちまうんだろうが……まぁ俺には無理だ、柄じゃねーし」

由比ヶ浜「あは……ヒッキーらしいね……」

八幡「だから率直に、前からお前に言いたかったことを言うとすれば」

由比ヶ浜「……っ」

八幡「感謝してる」

由比ヶ浜「え……」

八幡「その、大学に入ってからのことも、それより前のことも。由比ヶ浜がいなけりゃ多分、大学でも高校と同じようなことになってたんじゃねーかと……と思う」

由比ヶ浜「ヒッキー……」
266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 23:47:05 ID:rH/asK0G0
八幡「少なくとも……お前がいることで、俺は助かってる……部分もある……かも」

由比ヶ浜「……あははっ、もーっ!ヒッキーどもりすぎだしっ」

八幡「ぐっ……うっせーよ。ボッチが感謝とか慣れてねーんだよ言わせんな恥ずかしい」

由比ヶ浜「ヒッキーはいつも感謝される方だもねぇ」

八幡「……ナニソレイミワカンナイ」

由比ヶ浜「もうっ、ホント素直じゃないしっ!」

八幡「……小町から買い物頼まれてるんだった。センドウ閉まるからもう帰るわ」

由比ヶ浜「ちょっ、また!?待ってよヒッキー!」
275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11 00:04:33 ID:YRtuRI/e0
由比ヶ浜「ヒッキーが毎朝ちゃんと来てくれるなら、あたし明日からホームで待ってようかな」

八幡「や、だから降りずにそのまま行くという選択肢」

由比ヶ浜「ごめんなさいそれは無理っ!」

八幡「どっかの誰か思い出すからそれヤメテ……つーかなんで?」

由比ヶ浜「やっぱり小町ちゃんかなぁ、まだまだ認めてくれそうにないし。今日みたいにヒッキーの恥ずかしいゴミ見せられるのも気まずいし」

八幡「なんで小町が……つーか、え?今朝何か見たの?恥ずかしい……何?」

由比ヶ浜「え、それは……ま、まぁ小町ちゃんに認めて貰うのが、今のあたしの第一目標!うん!」

八幡「だから何で小町に」

由比ヶ浜「あ、ほら、次もうヒッキーの降りる駅!」

八幡「だから何で」
295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11 00:27:31 ID:YRtuRI/e0
八幡「小町と仲良くねぇ……」

由比ヶ浜「あ、じぁあねヒッキー、また明日」

八幡「……」

八幡「なぁ由比ヶ浜、今日って時間、大丈夫か」

由比ヶ浜「時間?えと、電話すればそこそこまでは大丈夫だと思」

八幡「じゃあちょっと付き合え」グイッ

由比ヶ浜「え?あ、ちょ……ヒッキー!?」

ダァシャリヤスダァシャリヤスプシュー

由比ヶ浜「あの、電車行っちゃったんだけど……」

八幡「いや実は小町に、お一人様一個の日だから早く帰ってこい。卵は待ってくれねーぞって言われてて」

由比ヶ浜「う、うん?」

八幡「でも結構遅くなっちまったからな。埋め合わせ」

小町「あ、おにいちゃんおっそーいっ!特売の時間終わっちゃったら明日からどーやって生きて……ってなんで由比ヶ浜さんが一緒なのっ!?」

由比ヶ浜「あ、あはは……小町ちゃんやっはろー」
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11 01:00:18 ID:YRtuRI/e0
小町「つ、ついに人様の夕餉時にまで顔を出すようになるなんて……大学生にもなって、小町ドン引きです!ていうか普通に連れてくるおにいちゃんも小町的にポイント低いっ!」

八幡「だが小町、これで頭数は三人。センドウのお一人様一品までが普段の三倍買えるわけだが?卵10パックなら30個だぞ30個、スゴくね?」

由比ヶ浜「私の価値って卵10個分っ!?」

小町「卵30個……30個かぁ……オムレツにかに玉……卵の入ったホットケーキ……えへへ」

八幡「それにだ、お前も知っての通り絶望的に料理の下手な由比ヶ浜が、ぜひ料理上手な小町さんに教わりたいと言っているんだが……」

由比ヶ浜「ぜ、絶望的じゃないし!最近上手くなってるもん!それにあたしはそんなこと言って」

小町「ふむふむ……そういうことなら仕方ありません。卵……っ、もとい絶望的に嫁度の低い由比ヶ浜さんのために!この小町が男の一人や二人コロッと落すことの出来る料理を伝授しようじゃありませんかっ!」

八幡「あー小町さんマジ嫁度たかいわー嫁に欲しいわー」
320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11 01:34:02 ID:YRtuRI/e0
小町「そうと決まれば由比ヶ浜さんは荷物もちですっ、もたもたしてると売り切れますよっ!」

由比ヶ浜「あ、ちょ……小町ちゃん行っちゃったけど、いいのかな」

八幡「まーいいんじゃね。あれで結構面倒見良い方だし。同じ食卓囲んだら親睦も深まる、的な?」

由比ヶ浜「あはは、そうだね……ねぇヒッキー」

八幡「んー」

由比ヶ浜「さっき言ってくれた言葉……私に感謝してるって」

八幡「やめて、思い出させないで」

由比ヶ浜「ちょ、大事なことだしっ、ていうか結構嬉しかったし!」

八幡「そりゃ恥ずかしい思いして言ってよかったよ」

由比ヶ浜「うん……その言葉がさ」

由比ヶ浜「別の言葉に変わる可能性ってまだあるよね?」

八幡「う……ちょっと言ってるイミガ」

由比ヶ浜「もーっ!またそうやってはぐらかす!」
322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11 01:35:26 ID:YRtuRI/e0
小町「コラそこっ!イチャイチャ禁止!小町がちょーっと目を離すとこれなんだからっ」

由比ヶ浜「べ、別にイチャイチャなんてしてないよ!」

八幡「最近小町がメンドクサイ……おにいちゃん的にポイント低い」

由比ヶ浜「……ね、ヒッキー、私諦めないから」

由比ヶ浜「ゆきのんのことも……ヒッキーのことも!」

八幡「……お、お手柔らかに頼みます」

八幡(そう)

八幡(これは)

八幡(まだまだ)



まだまだ由比ヶ浜結衣の初恋は終わりそうにない
330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11 01:53:42 ID:DR6gHQoW0
次は雪ノ下さんのターンですよね?
335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11 03:00:40 ID:5SXBs5+K0
乙 またよろしく
339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11 04:47:13 ID:YRca7/3X0
俺ガイルSSで一番良かったわ

 
お勧めのSS:
小町「雪乃さん!お兄ちゃんに頭撫でてもらうの気持ちいいですよ!」 

 

小町「お兄ちゃーん小町は今日暇なのでーす」八幡「で?」


雪乃「八幡ポイントを上限まで貯めると」結衣「ヒッキーと結婚!?」

 

元スレ:雪ノ下「八幡、大学遅刻するわよ」八幡「……もう少し寝かせろ…」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1381379548/