1: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:00:53 ID:s04t853I

サシャ「美味しいものは、分けあいましょう」の続きです

・今回も長いので分割して投下します


※シリーズもの第1作目はこちら
サシャ「キスの味、私に教えてください」 
甘酸っぱい話です  
2: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:01:29 ID:s04t853I

―― 夜 女子寮 ユミルたちの部屋

ユミル「……」

サシャ「……」カリカリ

ユミル「……ふむ」

サシャ「どうです?」

ユミル「答えが違う。出だしはよかったが途中で間違えたな」

サシャ「え? どこからですか?」

ユミル「それを見つけるのが勉強だろ。……ほら、最初から見直せ」

サシャ「うーん……」ポリポリ

ユミル「人がせっかく時間割いてやってるんだから早くしろよ。ほらほらほらほら早く早く早く早く」

サシャ「ううっ……急かさないでくださいよ、今探してますから……」ジーッ...

クリスタ「ユミル、サシャをあんまりいじめちゃダメだよー」アミアミ

ユミル「愛のムチと言え、愛のムチと」
3: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:02:24 ID:s04t853I

サシャ「……ところで、ユミルが首に巻いてるのってクリスタが編んだマフラーですか?」

ユミル「羨ましいだろ」モフモフ

サシャ「えっと」

ユミル「羨ましいだろ?」モフモフモフモフ

サシャ「……はい、羨ましいです」

ユミル「だろ? だろ??」モフモフモフモフモフモフモフモフ

クリスタ「さっきサシャが来るまでね、布団の上で笑いながらゴロゴロしてたんだよ。ユミル」アミアミ

サシャ「へー……ユミルが」

クリスタ「うん。ふへへって笑ってた」

サシャ「ふへへ、ですか」

クリスタ「うん。ふへへ」

サシャ「それで、今クリスタが編んでるのはなんですか? セーターとか?」

クリスタ「これ? サシャにあげるマフラーだよ」アミアミ
4: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:02:57 ID:s04t853I

サシャ「えっ? 私にもくれるんですか?」

クリスタ「うん。ちょっと長めに作るから時間かかるけど、今月中にはできるよ」

サシャ「わあ、ありがとうございます! ……ん? 長めに??」

クリスタ「んっとね、……これ」ガサガサ

サシャ「どれどれ……? “今年の冬はこれで決まり! 気になる彼とカップル巻き♪”、ですか」

クリスタ「もちろんやるかどうかはサシャ次第なんだけど、できれば見たいなぁって……」

サシャ「……」

サシャ(これは……ちょっと正直、恥ずかしいですが)チラッ
5: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:03:29 ID:s04t853I

クリスタ「だめ?」ジーッ...

サシャ(……まあ、さっと巻いてパッと見せればいいですよね)

サシャ「わかりました、お任せください! 必ずやクリスタの期待に応えて見せましょう!」

クリスタ「やったぁ! ありがとうサシャ、はりきって作るね!」アミアミ

ユミル「その後私の手袋な、クリスタ」

クリスタ「はいはい、わかったよーユミル」アミアミ

ユミル「……ふへへ」

サシャ「あ、笑った」
6: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:04:18 ID:s04t853I

クリスタ「そうだ、サシャも息抜きに編み物やってみる?」

サシャ「うーん……指編みならできるんですけどね、棒編みはやったことないので遠慮しときます」

クリスタ「指編み? できるの?」

サシャ「お父さんが縄の切れっ端で遊んでたのを真似してたので。……ちょっと失礼しますね」アミアミ

サシャ「……はいっ! こんな感じです」ドヤァ

クリスタ「わあ! すごーい、サシャ上手いね!」パチパチパチパチ

サシャ「まあ、大きいものは編めないですし、糸の処理の仕方も知らないんですけどね。実用性がないので完全に暇つぶしの一つですよ」エヘヘ

ユミル「……」チラッ チラッ

サシャ「ユミルが会話に入りたそうにこちらを見ていますね。仲間に入れますか?」

クリスタ「ユミル、こっちおいでよ。一緒に話そう?」
7: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:04:54 ID:s04t853I

ユミル「……私、編み物できないし」ボソッ

クリスタ「もう、だから教えてあげるって言ってるのにー」プクーッ

サシャ「私ができるんですから、ユミルならすぐできますよ。クリスタにマフラー作ってあげましょうよ」

ユミル「……そんなに言われちゃ仕方ないな。ちょっとだけな、ちょっとだけ」イソイソ

クリスタ「うんうん、私たちしつこいからね」

サシャ「はいはい、しょうがないですよね」

ユミル「……ああもう、お前ら生意気なんだよ!!」グリグリグリグリ

クリスタ「ひゃあっ!? ユミル、そこは痛いってばぁ!!」ジタバタジタバタ

サシャ「あははっ、くすぐったいですよーユミルってば!」ジタバタジタバタ

ユミル「うるさいこの馬鹿二人めぇっ! こうしてやるこうしてやるこうしてやる!!」グリグリグリグリ!!
8: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:05:44 ID:s04t853I



                              \コンコンッ/



ユミル「ああ? こんな時間に誰だ?」ピタッ

クリスタ「お客さんかな……来る予定あった?」

サシャ「いえ、心当たりありませんけど……どうぞ、入っていいですよー」





ミカサ「おまたせーしまーしたーわーたしーはみかさー♪」ガチャッ

ミカサ「あーいあーむにーんじゃー♪」バタンッ
9: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:06:25 ID:s04t853I

ユミル「……」

クリスタ「……」

サシャ「……」

ミカサ「……こんばんは。前に言われたとおり、大騒ぎしながら来た」

ユミル「まあ確かに大騒ぎはしてたな」

サシャ「廊下でも歌いながら来たんですか?」

ミカサ「流石にそこまで非常識じゃない。……はず」

ユミル「そこは自信持てよ」

クリスタ「何はともあれいらっしゃいミカサ。今日はどうしたの?」

ミカサ「最近サシャと一緒にいられなくて寂しい。……ので、遊びに来た」

サシャ「なるほど、わかりました……ミカサ、いらっしゃいませ!」バッ!

ミカサ「おじゃまします!!」ダキッ
10: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:07:26 ID:s04t853I

ミカサ「……///」ムギューッ...

サシャ「よしよし、甘えんぼさんのミカサもかわいいですねえ」ナデナデ

クリスタ「……」ウズウズ チラッチラッ

ミカサ「……サシャ、好き」スリスリ

サシャ「はーい、私も好きですよー」ナデナデ

クリスタ「……私も混ざるぅ!」ダキッ

ミカサ「だめ。サシャは私の。クリスタは……私とサシャが仲良くする様を、指をくわえて見ていればいい……くわえて見てろ!」ムギューッ!!

クリスタ「うわーんユミル、ミカサがいじめるー!」ギューッ!!

ユミル「はいはい大丈夫だクリスタ、私がついてるぞー」ナデナデ
11: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:08:05 ID:s04t853I

―― 三十分後

ミカサ「……ふう、堪能した」ホッコリ

サシャ「はい、お疲れさまでした」

ミカサ「ところで、窓際に飾ってあるあのドライフラワーは何?」ユビサシ

ユミル「……それに触るなよ?」

ミカサ「ユミルの? ……見るだけならいい?」

ユミル「ダメだ」

ミカサ「……」シュン

ユミル「それで? ミカサ、本気で遊びに来た“だけ”じゃねえだろ? 何しに来た?」

ミカサ「うん。芋の目処が立ったので、日程を連絡しに来た」

サシャ「芋……?」キョトン

クリスタ「日程……?」キョトン
12: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:09:21 ID:s04t853I

ユミル「夏にみんなでスイカ食ったろ。あれを今度は芋でやるんだとよ」

ミカサ「食堂のお姉さんに都合してもらった。もちろん、参加者からお金はもらうけど」

サシャ「えっ……」ギクッ

クリスタ「? サシャ、どうしたの? 青い顔して」

サシャ「あの、私、今手持ちがちょっと……」モジモジ

ユミル「クリスタの分とお前の分は私が払っといた」

クリスタ「えっ? 私の分も?」

ユミル「クリスタも今財布の中身スッカラカンだろ。知ってんだぞ私は」

サシャ「ううっ……クリスタだけではなく、ユミルも神様だったんですね! 神様ぁーっ!!」ダキッ!!

ユミル「はっはっは。トイチな、サシャ。もしくは来月の水汲み代わってくれてもいいぞ」ポンポン

ミカサ「……暴利」
13: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:10:01 ID:s04t853I

ユミル「まあ金の話はいいんだよ。それで、いつごろになりそうだ?」

ミカサ「再来週。訓練が半日休みの日があるから、その日にしてもらった」

ユミル「ふーん……休みの日丸々潰すのももったいねえし、妥当かな」

サシャ「みんなで遊ぶのってあの日以来でしたっけ? 楽しみですね!」

クリスタ「ねー!」

ミカサ「……あまり浮かれてもいられない。今回は訓練所の外でやるから、みんなで打ち合わせが必要」

クリスタ「? それくらいなら、別にどうってこと――」

ミカサ「そして……近いうち、基礎体力訓練がある」

クリスタ「……あ」

サシャ「……なんですか? それ」キョトン
14: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:10:54 ID:s04t853I

ミカサ「夏に男子がやった、成績順に負荷をかけて営庭を走る訓練。ちなみに女子は四十周。試験ではないけれど、走った時間と終了後の心拍数は記録される。ので、気が抜けない」

サシャ「そういえば、そんな訓練ありましたね」

クリスタ「そっか、忘れてた……私、体力ないから困ったなぁ」ウーン...

ユミル「やっべ、今、私何番だっけ……?」ウーン...

ミカサ「ユミルなら、結構上位にいたと思ったけれど」

ユミル「……もっと手ぇ抜いときゃよかった」

クリスタ「ユミル、ダメだよそんなの!」プンスカ

ユミル「私はクリスタと違ってマジメちゃんじゃねえの! あーやだやだサボりたい……」ブツブツ
15: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:11:39 ID:s04t853I

サシャ「……ねえミカサ。今回の訓練、二人で勝負しませんか?」

ミカサ「私と? 何故?」

サシャ「えーっと、前哨戦と言いますか……立体機動や座学じゃ敵いませんけど、体力なら今の私でもなんとか太刀打ちできるかなぁって……」

ユミル「おいおい、流石にそりゃ無謀すぎるだろ」

ミカサ「……いえ、サシャの体力は侮れない。それに、負荷は私のほうが断然多いはず」

サシャ「あ、そっか……それだとミカサが不利ですよね。すみません、やっぱりこの話はなかったことに――」

ミカサ「大丈夫。確か全員ギリギリ四十周走れるように調整されてるはずだから、条件はほぼ同じ。……だから、受けて立とう」

クリスタ「ミカサ、いいの? そりゃあ、四十周ならほぼ条件は同じかもしれないけど……長引けば不利だよ?」

ミカサ「――私は、誰が相手でも負けない」

ユミル「……おー怖っ。サシャ、どうせ勝てないだろうが気合い入れていけよ?」

サシャ「もう、どうしてやる前からそういうこと言うんですか?」ムーッ...

クリスタ「二人とも、勝負するのはいいけど無理はしないでね? 倒れて参加できなくなっちゃったらダメだよ?」

ミカサ「無理するかどうかは、当日になってみないとわからない。……何にせよ、訓練の日が今から楽しみ」
16: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:12:22 ID:s04t853I

―― 数日後 基礎体力訓練当日 開始前の営庭

サシャ(えーっと……あ、いたいた)キョロキョロ

サシャ「ジャン! ――約束した時から随分遅れましたが、ミカサと一緒に遊ぶチャンスが巡ってきましたよ! よかったですね!」

ジャン「……」ボーッ...

サシャ「……ジャン? どうしました? 嬉しくないんですか? ミカサと遊びに行けるんですよ?」

ジャン「わからねえだろうな……なんでわからねえかわかるか? それはな、お前が俺の域に達してないからだ」フッ

サシャ「えーっと……?」

マルコ「やあサシャ。基礎体力訓練、かなりキツイと思うけど頑張ってね」スタスタ...

サシャ「……あの、マルコ。ジャンはどうしたんですか?」

マルコ「ジャンはね、この前の幸せの余韻に浸ってちょっとおかしくなってるだけだよ。フラッシュバックってやつだね。日程や今日の夜の会議のことは僕から伝えておくから大丈夫だよ」

サシャ「はあ。……じゃあ、よろしくお願いしますね」スタスタ...
17: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:13:04 ID:s04t853I

マルコ「ジャン、いろいろ準備があるからそろそろ行こうか」

ジャン「……俺はミカサと食べさせあいっこしたんだ、マルコ」

マルコ「うん。もう三十回くらい聞いた」

ジャン「『はしたなくてごめんね?』ってミカサが顔を赤らめてたんだ。それも手と手が触れあいそうな、そんな距離だ」

マルコ「話す度にミカサの態度が違ってるなぁ。……そういえば、その日はライナーたちもそこの喫茶店に行ってたらしいね」

ジャン「……」ピタッ

マルコ「ライナーと、ベルトルトと、サシャと……あれ? あと一人は誰だったのかな? 聞かなかったけど」

ジャン「……なあマルコ、今度の芋祭もそいつらが来るんだよな?」

マルコ「芋祭っていう名前がどこからでてきたのか知らないけどそうだよ? 主催はミカサとライナーらしいから」

ジャン「俺たちは、ライナーやミカサがイチャイチャする様を、見せつけられるってことだよな……?」

マルコ「そうなるかもね。わからないけど」

ジャン「……イライラしてきた」ギリッ...

マルコ「おかえりジャン。戻ってくるって信じてたよ」
18: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:13:57 ID:s04t853I

―― 一時間後 営庭 ゴール付近

ユミル「あーっ、疲れた……」フラフラ...

アルミン「お疲れさま、ユミル。これ、タオルと水だよ」スッ

ユミル「どうも。――おらよ、さっさと測れ」ズイッ

ライナー「……なあユミル。サシャが見当たらないんだが知らないか?」

ユミル「計測中に話しかけんな」

ライナー「……終わったぞ」スッ

アルミン「えーっと、ユミルユミルっと……」カキカキ

ユミル「あいつならまだ走ってるぞ。首席様と勝負してるからな」

アルミン「体力訓練なのに勝負? なんでまた?」

ユミル「知らねえよ、どっかの野郎の筋肉イジメがうつったんじゃねえの?」ジロッ

ライナー「は? 俺のせいか?」

ユミル「にぶちん」アッカンベー

ライナー「……謂われのない中傷を受けている気がする」イラッ

アルミン「まあまあ、二人ともその辺で。――仕事も残ってるし、次に行こう?」
19: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:14:35 ID:s04t853I

―― 更に数十分後

ライナー「これで女子は全員か?」

アルミン「マルコやジャンとも手分けしてるから、突き合わせてみないとわからないけど……女子は全員測り終わったと思うよ」

ジャン「――いいや、ミカサとサシャがまだだ」スタスタ...

アルミン「えっ? あの二人、まだ走ってるの!?」

マルコ「うん。どっちもすごい体力だよね」

ライナー「あいつら競ってるんだよな? 今どうなってるんだ?」

ジャン「ミカサが一周半遅れでサシャを追いかけてる。数だけならサシャが一歩リードしてるな」

ライナー「ミカサが負けてるのか?」

マルコ「今の時点ではね。あと五分もあれば逆転されると思うよ。……サシャもなかなかよかったんだけどな」

ジャン「ミカサは最初からずっと自分のペースを崩してないが、サシャの奴はもう虫の息だ。そのうち倒れるだろ」
20: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:15:28 ID:s04t853I

マルコ「……うん、サシャは惜しかったな。四十周時点ではミカサとほぼ同じタイムだったのに」

ジャン「周じゃなくて時間で競えばよかったのにな。ま、結局ミカサには勝てなかったってことだろ」

ライナー「……ちょっと待て、まだ勝負は決まってないぞ?」

ジャン「あのなぁライナー。お前がどんだけサシャのことを贔屓してようが、無理なもんは無理なんだって。見ろよあの走り方。今にもぶっ倒れそうじゃねえか」ユビサシ

アルミン「――ううん、ライナーの言う通りだ。まだ勝負は決まってないよ」

マルコ「僕には、このままジリ貧でサシャが負けるようにしか見えないけど……アルミンが言うからには、何か根拠があるんだろ?」

アルミン「うん。……このままなら、ジャンやマルコの言うとおりサシャが負けるだろうけど――時間切れならどう? サシャが逃げて勝つ可能性もあるんじゃないかな?」

ジャン「……あ」

マルコ「そうか、このまま延長はないはずだから、そろそろ――」



教官「アッカーマン! ブラウス! そろそろ終わりだ、切り上げろ!」



アルミン「……ほらね?」
21: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:16:03 ID:s04t853I

マルコ「ということは……」

ジャン「マジかよ……あいつ、ミカサに勝ちやがった」

マルコ「……サシャはこの展開を予想してたのかな?」

アルミン「いや、それはないんじゃないかな? 言っちゃ悪いけど、サシャはそこまで考えてない気がする。むしろ、ミカサの計算が狂ったと考えるほうが自然かな」

ジャン「……つまり、まぐれ勝ちだろ?」

ライナー「まぐれでも、勝ちは勝ちだ」

ジャン「取り敢えずそこでニヤけてるゴリラ殴っていいか?」

マルコ「計測が終わってからね。……サシャがこっち側に戻ってくるまで時間があるし、ひとまずゴールしたミカサのところに行こうか」
22: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:16:53 ID:s04t853I

アルミン「ミカサ、お疲れさま」

ミカサ「……ふう、疲れた。重い」ズドンッ!!

アルミン「……今ありえない音がしたんだけど」

ミカサ「気のせい」

ライナー「お前、何背負って走ってたんだ?」

ミカサ「立体機動装置を着けたエレン」

アルミン「エレンが聞いたら『俺はお前の荷物じゃねえぞ!』って怒るだろうね」

ミカサ「目標はエレンとアルミン、両方を抱えて走れるようになること」

マルコ「うわっ、そりゃ大変だ」

ジャン「……」シュン

ライナー「おいジャン、お前は抱えられる側でいいのか?」

ジャン「そういうわけじゃねえんだけどさ……でもさ……」ショボーン...
23: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:17:56 ID:s04t853I

アルミン「ねえミカサ。……正直、あと何周いけた?」ヒソヒソ

ミカサ「何周かはわからないけど、あのペースならもう三十分ほど保ったと思う」

アルミン「……わざと負けてあげたわけじゃないんだよね?」ヒソヒソ

ミカサ「それはサシャに失礼。そして、まぐれでも勝ちは勝ち」

アルミン「まあ、サシャは元から五時間以上ぶっ通しで走る体力はあったからね。――でもさ、時間切れの可能性はミカサだって気づいてたろ?」

ミカサ「……正直に言うと、途中から本気でエレンと走ってる気になっていた」

アルミン「ああ……つまり忘れちゃったんだね」

ミカサ「てへぺろ」コツンッ☆

アルミン「ところで、全然疲れてるように見えないんだけど……本当に疲れたの?」

ミカサ「うん、疲れた。へとへと」

アルミン「でも普通に受け答えしてるね?」

ミカサ「私は身体を支配できる。ので、当然」

アルミン「……心肺能力と筋肉は別物だと思うんだけど」

ミカサ「そういうものなの?」キョトン
24: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:18:51 ID:s04t853I

ユミル「よぉミカサ、お疲れさん」スタスタ...

ミカサ「どうも。……ところでエレンは?」キョロキョロ

ユミル「あっちでコニーやベルトルトと一緒にサシャの面倒見てるぞ」ユビサシ

アルミン「……倒れてるね。サシャ」

ジャン「こっち来る前に力尽きたか」

ミカサ「……復活できるだろうか、心配」

ライナー「おい、そろそろ心拍数測りたいんだがいいか? ミカサ」

ミカサ「嫌」

ライナー「……嫌とかじゃなくてだな、測らないと成績にならないぞ」

ミカサ「チェンジ」プイッ

ライナー「……」

ミカサ「そもそも、どうしてあなたがここにいてエレンがサシャのところにいるの? ……私はエレンに褒められたいのに」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

ユミル「そーだそーだ、お前はあっちだろ? お褒めの言葉の一つくらい差しあげてこいよ。水くさい」
25: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:19:59 ID:s04t853I

ライナー「……こっちの仕事が終わったら、行く」

ユミル「マジメか!! 野郎の照れなんざ面白くもなんともねえんだよ! いいから行けっての!!」ゲシッ

ミカサ「いいからエレンを連れてきてエレンエレンエレンエレン!!」ゲシゲシゲシゲシ

ライナー「わかった! わかったから蹴るな! 痛ぇ!」

ジャン「ったく、仕方ねえな……ライナー、ミカサの心拍数は俺が測っとく。お前はあっち行ってこい」

ライナー「そうか? ……悪いな、ジャン」

ジャン「いいから行けって。早くしねえとそっちの二人と一緒に俺もお前を蹴ってやる」

ライナー「お前もかよ!?」

アルミン「僕も参加しようかな」ウフフ

マルコ「じゃあ僕も」アハハ

ライナー「」ダッ

ユミル「あっ、逃げやがった」

ミカサ「これでいい。……あとはエレンを待つばかり」ホクホク
26: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:20:45 ID:s04t853I

ジャン「……さて、エレンが来る前に測っちまうか」

ミカサ「わかった。お願い」スッ

ジャン「じゃあ、う、腕捲るぞ……」ドキドキドキドキ

ミカサ「どうぞ」ピラッ

ジャン「……」ピタッ

ミカサ「……」

ジャン「……」

ミカサ「……?」キョトン

アルミン「ジャン? どうしたの?」

マルコ「早くしないと教官にドヤされるぞ?」

ジャン「……悪い、ちょっと待っててくれ」スクッ

ミカサ「? わかった」
27: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:21:35 ID:s04t853I

マルコ「……ジャン? どうした?」

ジャン「マルコ……代わってくれ……」

マルコ「えっ? せっかくミカサと一緒にいられるチャンスなのに?」

ジャン「だってよ……一分間もミカサと見つめ合うなんて、俺には無理だ……!」プルプルプルプル

マルコ「……ああそっか、計測中に相手は喋れないもんな」

ジャン「しかも……腕を、ミカサの、生の腕を……? 腕が……腕に、俺の……俺の指を……押し当てて……?」ブツブツブツブツ

マルコ「……待たせちゃ悪いし、僕が行ってくるよ」タタタッ



マルコ「ごめんミカサ。僕が測るね」

ミカサ「……ジャンは?」

マルコ「ちょっと出かけたまま帰ってこないんだ」

ミカサ「あそこにいるけど」ユビサシ

マルコ「あれは抜け殻だよ」

ミカサ「? ……よくわからないけど、お願い」スッ
28: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:22:28 ID:s04t853I

―― 営庭 サシャ側

コニー「おーいサシャ、大丈夫か? 扇ぐぞ?」パタパタ

サシャ「……へへっ、やった、みか……っ、みかさにっ、かちっ、かちましたっ!」ヘロヘロ...

コニー「わかったわかった。ほれ水やるぞ水」ドボドボ

サシャ「わぁっ!? 何するんですかぁっ!?」ジタバタジタバタ

ベルトルト「ちょっ!? いきなりかけちゃダメだよ! 男の子じゃないんだから……」

サシャ「そうですよ、コニーと違って髪乾かすの大変なんですよ!?」ジタバタジタバタ

コニー「あ、そっか。……悪い悪い」

サシャ「もう……残ったお水、もらいますね」ゴクゴク

エレン「それにしても、ミカサに勝ったってすげえよな。サシャ」

サシャ「へへ……見直しました?」

エレン「ああ。驚いた」

サシャ「誰だって、変わろうと思えば変われないことなんてないんですよ?」

コニー「でもまぐれだけどなー」

ベルトルト「コニー、頑張ったサシャに悪いよ」
29: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:23:15 ID:s04t853I

ライナー「おいエレン、あっちでミカサが待ってるぞ」スタスタ...

エレン「そっか、タオル渡してこねえとな。――じゃあなサシャ、お疲れ!」タタタッ

サシャ「はい、ありがとうございましたー!」フリフリ

ベルトルト「ねえサシャ、そろそろ起き上がったら? 泥が服についちゃうよ?」

サシャ「そうしたいのは山々なんですけど、疲れて動けなくって……」

コニー「お前その調子で後の訓練受けられんのか?」

サシャ「大丈夫ですよ。この後は全部身体を動かさない訓練ですし」

ライナー「……そろそろ心拍数測ってもいいか? コニー、サシャ」

サシャ「あっ、はい! どうぞどうぞ」スッ

コニー「悪い悪い、話し込んじまったな」
30: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:24:17 ID:s04t853I

ライナー「測るぞ?」ピトッ

サシャ「はい、お願いします」

ライナー「……」

サシャ「……」

サシャ(ライナーの指……)ドキドキドキドキ

コニー(……なんかこっちまで黙っちまうな。ベルトルトも喋んねえし)クチフサギ

ライナー「……終わり」スッ

サシャ「どうでした?」

ライナー「かなり速いな。評価には関係ないが、あまりよくないぞ」

サシャ「……そうですか」ションボリ

ベルトルト(速いのは明らかにライナーのせいだと思うけどなぁ……)
31: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:25:02 ID:s04t853I

サシャ「それよりライナー、さっきの見てました?」

ライナー「ああ、見てたぞ」

サシャ「私、ミカサに勝ったんですよ? ギリギリっていうか、反則勝ちみたいなものですけど」

コニー「あれ勝ったって言えるかぁ?」

サシャ「勝ったんですよ! ……勝ちましたよね?」

ベルトルト「まあ……勝ったことに入るかな?」

サシャ「ですよね……ですよね!」

ベルトルト(……思いっきり『褒めて褒めて!』って顔に書いてある。わかりやすいなぁ)

サシャ「ちゃんと見てましたよね? ね?」ジーッ

ライナー「ああ、頑張ったな。偉いぞ」ポンポン

サシャ「…………ふへへ」ニンマリ

コニー「お、笑った」

ベルトルト(……もうちょっとちゃんと褒めてあげればいいのに)
32: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:25:46 ID:s04t853I

―― 営庭 ミカサ側

ミカサ「……エレン、褒めて褒めて褒めて褒めて」クイクイクイクイ

エレン「おう。――よく頑張ったなー、ミカサ」ポンポン

ミカサ「……///」ホンワカ

アルミン(ミカサ、すっごく嬉しそう……)

ミカサ「エレン……私は今、疲れて動けない。ので、エレンの好きにしていい」

エレン「……なんでもいいのか?」

ミカサ「いい……好きにして」

エレン「よし、わかった」プニッ

ミカサ「……エレン、何をしているの?」

エレン「ほっぺたひっぱってる」ムニムニ

ミカサ「……何故?」

エレン「いや、ミカサのほっぺたって伸びそうだなーって考えてたから……つい」

ミカサ「……そう」

アルミン(あ、まんざらでもない顔だ)
33: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:26:49 ID:s04t853I

―― 夕食後 食堂

ジャン「それで? 面子はこれで全員か?」

ライナー「ああ。男子は全員来てるな」

ミーナ「女子はユミルが掃除当番、アニが水汲み当番だよ。当日の役割分担は勝手に決めていいって」

サシャ「……」ウトウト

クリスタ「サシャ、疲れた? 先に戻ってる?」

サシャ「いえ、すみません……大丈夫です……」ウツラウツラ

コニー「見事に座学の時間も寝てたよなー、サシャ」

サシャ「起きてましたよぅ……」ゴシゴシ

ミカサ「じゃあ、さっさと会議を始めてすぐ終わろう」

マルコ「そうだね。――それじゃあミカサ、進行はよろしく」
34: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:27:45 ID:s04t853I

ミカサ「まず、いつやるかだけれど……半日、午後だけ訓練が休みの日がある。ので、その日はみんなで外出申請を取って外に集合」

コニー「ん? ここでやるんじゃないのか?」

ベルトルト「営庭で火なんかおこしたら、教官がすぐにすっ飛んでくると思うよ」

アルミン「昼ご飯を食べたらすぐ移動して、準備始めてちょうどいいくらいかな」

サシャ「ところで芋は誰が運んでくるんですか!?」ハイッ!

ジャン「少なくともお前じゃねえから安心しろ」

サシャ「えー……」ブーブー

コニー「運んでる途中につまみ食いされたらたまんねえよ。我慢しろって」
35: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:28:42 ID:s04t853I

エレン「芋は俺とライナーで運んでくる。店員の人とはお互い顔も知ってるし、集合場所もわかるからな」

ミカサ「二人で大丈夫?」

エレン「そんなに量も多くねえみたいだから平気だって。俺一人でも大丈夫なくらいだぞ?」

ライナー「そうだな。俺は金の勘定のためについていくようなもんだ」

エレン「……ライナーは頼りになるな! うん!」

アルミン「今度計算問題の特訓をしようね、エレン」

ジャン「そういやお前、この前三桁の足し算間違ってたよな」プーックスクス

エレン「うぐっ……うっせえな! コニーよりはマシだよ!」

コニー「あぁ!? 俺は問題が読み解けねえだけで単純計算は割とできんぞ!?」

アルミン「割と、なんだね」

ミカサ「……どんぐりの背比べ」

マルコ「はいはいそこまで。――それで、どこでやる予定なんだっけ? 目処はついてるんだよね?」
36: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:29:34 ID:s04t853I

アルミン「この前エレンとミカサと三人で散歩してた時にね、いい感じの野原を見つけたからそこでやろうと思ってるよ。後ろが小さい森でね、そろそろ紅葉狩りにちょうどいい頃合いじゃないかな」

サシャ「狩り……!?」ガタッ

コニー「狩りだと……!?」ガタッ

ジャン「三人で散歩だと……!?」ガタッ

マルコ「ジャン、君だけなんか違うよ」

ミーナ「紅葉狩りって何? 何か採りに行くの?」

アルミン「違うよ。山や森に紅葉を見に行くことをね、紅葉狩りって言うんだ」

ミーナ「……? 紅葉を見るだけだよね? なんで“狩り”って言うの?」

アルミン「“狩り”っていう言葉はね、もちろん“狩猟”の意味で使うのが一般的なんだけど、かなり古い時代から“植物を採る”っていう意味でも使われてるんだよ。これが転じて“植物を観賞する”って意味になったって言われてるんだ」

ミーナ「へえ……ところで」

アルミン「他にも語源は色々あってね、昔は実際に紅葉した木の枝を持ち帰ったり――」ペラペラペラペラ

ミーナ「え、あっ、うん……」
37: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:30:18 ID:s04t853I

ベルトルト「……気軽に聞いて後悔してるね」

ライナー「エレン、ミカサ。どっちでもいいからミーナを助けてやれ」

ミカサ「任せて。――アルミン」

アルミン「そもそも“モミジ”っていう名前の植物は存在しないんだよ。“モミジ”は秋になって木の葉が色づく動詞が語源で――」ペラペラペラペラ

ミカサ「アルミン、そこまで。これ以上は長くなってしまう」クチフサギ

アルミン「ええっ!? まだ半分も話してないよ!?」

マルコ「今度僕が聞いてあげるよ、アルミン」
38: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:32:14 ID:s04t853I

エレン「そういやあそこ、少し奥に入ると川があったよな。夏にスイカ食った時に遊んだところよりは広い川」

アルミン「うん。方角から考えて、あの時の川の本流だと思うな」

コニー「なあ! そこの川、魚はいたか? いたか?」ウズウズ

アルミン「そこまでは見てこなかったなぁ……」ウーン...

サシャ「コニー、もしかして川釣りするつもりですか? いてもせいぜい鮎くらいじゃありません?」

コニー「どうせなら大物食いてえよなー……そういや、昔仕留めたクマが鮭咥えてたことあったな」

アルミン「へえ……漁夫の利だったんだね」

コニー「漁夫? いや、俺は狩人だぞ?」

アルミン「そういう故事があるんだよ。昔々のことなんだけど――」

マルコ「絶好調だね、アルミン」クチフサギ
39: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:33:15 ID:s04t853I

―― 一時間後

マルコ「……それじゃあ、当日の分担はこんなところかな」

ミカサ「うん。いいと思う」

ライナー「そろそろ解散するか。風呂に入る時間もなくなっちまうしな」

クリスタ「……あの、ちょっといいかな?」

ジャン「なんだ? もう分担の変更はきかねえぞ?」

クリスタ「そうじゃなくて……サシャ、寝ちゃったみたいなの」ユビサシ

サシャ「……zzz」スピー...

ミカサ「……まあ大変! これはライナーに女子寮まで連れていってもらわなければ!」

ミーナ「棒読みだよ? ミカサ」

ライナー「待て待て、そもそもミカサが連れてってやればいい話だろ?」
40: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:34:21 ID:s04t853I

ミカサ「えっ? そんな……か弱い乙女に人一人を担いで女子寮まで運べなんて、ひどい……!」ウルッ

ジャン「おいライナー、サシャの一人くらい運んでやれよ! ミカサがかわいそうだ!」ガタッ

ライナー「いやいやいや、お前昼間の訓練見てただろ!? ミカサなら人一人くらい運べるだろうが!」

ミカサ「私はこれでも意外と忙しい。ので、暇そうなあなたが最適」

ライナー「……俺も暇なわけじゃないぞ」

エレン「ケチケチ言わねえで運んでってやりゃあいいじゃん、ライナー」

コニー「昼間走ってミカサも疲れてんだろ? 手伝ってやれよそれくらい」

ベルトルト「おっと、思わぬところからの援護射撃だ」ウフフ

アルミン「二人の言葉は悪意がないから精神的にくるよね」アハハ

ライナー「……わかった、連れて行く。――クリスタ、部屋まで案内頼めるか?」

クリスタ「うん、いいよ。――それじゃあみんな、おやすみなさい」ガチャッ バタンッ
41: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:35:10 ID:s04t853I

マルコ「……みんな、少し言い過ぎじゃないか?」ジロッ

ミーナ「だってあの二人、じれったくて……」

ミカサ「あれくらい言わないと、ライナーは腰が上がらない」

アルミン「というか、正直からかわずにはいられないと言うか……」

ベルトルト「うん、いい加減しっかりしてほしいな」

マルコ「でもあんな風にからかわれたら、ライナーだって嫌な気持ちになるだろ? 少しは考えようよ」

ジャン「悪い悪い、いい子ちゃんのマルコには刺激が強すぎたな。……けど安心しろよマルコ。俺にはからかう気なんか微塵もねえ」

マルコ「ジャン……! そうだよね、君はそういう人間だった!」

ジャン「純粋に羨ましくて嫉妬してるだけだからな!」キリッ

マルコ「……そうだよね、君はそういう人間だった」ガクッ
42: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:36:06 ID:s04t853I

―― 女子寮 ユミルたちの部屋

クリスタ「ライナー、待たせてごめんね? 見せちゃいけないものはもう片付けたから入っていいよ」ガチャッ

ライナー「……じゃあ、失礼します」

クリスタ「おじゃまします、でいいんだよ?」クスクス

ライナー「……サシャを置いたらすぐ帰る。いいよな?」

クリスタ「そう? ゆっくりしていってもいいんだよ?」

ライナー「いや、遠慮しておく。――女子の部屋に男を入れるのは嫌だろ?」

クリスタ「……ライナーって、いい人だね」ニコッ

ライナー「正面切って言われると照れるな」
43: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:36:55 ID:s04t853I

ライナー「? 床に何か落ちてるぞ、クリスタ」

クリスタ「あっ、毛糸片付け忘れちゃった」ゴソゴソ

ライナー「毛糸? 編み物か?」

クリスタ「うん、私の趣味。今編んでるのはサシャのマフラーだよ」エヘヘ

ライナー「……ほう」

クリスタ「楽しみにしててね? とびっきり長いの作るから!」エッヘン

ライナー(? ……なんで長い必要があるんだ??)

ライナー「ベッドはここでいいんだよな?」

クリスタ「うん。位置は変わってないよ」

ライナー「じゃあ下ろすぞ」スッ





サシャ「……」ガシッ
44: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:37:44 ID:s04t853I

ライナー「……」

サシャ「……」ギューッ

クリスタ「……」

クリスタ(サシャが、ライナーの身体に、しがみついてる……)

ライナー「サシャ、お前起きてるだろ」

サシャ「……起きてないです」ボソッ

ライナー「起きてるな」

クリスタ「起きてるね」

サシャ「起きてないですったら」
45: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:39:04 ID:s04t853I

クリスタ「ねえサシャ、ライナーを離してあげて?」

サシャ「……離れたくないです」ギュッ

クリスタ「もう……わがまま言っちゃダメだよ?」

ライナー「……困ったな」

サシャ「ねえライナー、知ってますか? 最近、この部屋は夜中になると寒いんです」

ライナー「俺が知ってたらおかしいだろ」

サシャ「このままじゃ凍えて死んじゃいます。嘘じゃありません」

ライナー「……クリスタ。この部屋は真夜中に氷点下になるのか?」

クリスタ「え!? えーっと、どうかなぁ……?」ウーン...

ライナー「それで? サシャはどうしてほしいんだ?」

サシャ「それは……まだ考えてないですけど」
46: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:39:53 ID:s04t853I

ライナー「……」フーッ

サシャ「ひゃあっ!?」パッ ドサッ

ライナー「よし、離れたな」

サシャ「みっ、耳に息を吹きかけるなんて卑怯ですよっ!!///」カァッ

クリスタ「引き止めるなら、せめて理由を考えてからにしようね? サシャ」

ライナー「じゃあ、後は頼む。クリスタ」

クリスタ「うん、ここまでお疲れ様。おやすみなさい、ライナー」フリフリ

サシャ「……」ジトッ...

クリスタ「サシャ、名残惜しそうな目で見ないの。ライナーが帰れなくなっちゃうよ?」

サシャ「……おやすみなさぁい」ヒラヒラ

ライナー「ああ。二人ともおやすみ」ガチャッ バタンッ
47: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:40:35 ID:s04t853I

―― 数分後 男子寮廊下

ライナー「……」スタスタ...

コニー「よおライナー。サシャ置いてきたのか?お疲れ」

ライナー「……」ピタッ

コニー「? ……おいどうした、顔にやけてんぞ? 何かいいことでもあったのか?」

ライナー「……俺だって」ボソッ

コニー「あ? 何か言ったか?」

ライナー「――あんなこと言われたら俺だってお持ち帰りしたいに決まってんだろうがぁっ!!」バンッ!!

コニー「うおっ!? なんだなんだ、どうしたライナー!?」ビクッ!!

ライナー「コニー……俺はこのままじゃ部屋に戻れん。外を走ってくる」クルッ

コニー「は? これからか?」

ライナー「ああ。だから、ベルトルトたちに伝言を頼む。――点呼は任せた、と」

コニー「……おいおい、何時まで走る気だよ」

ライナー「頼んだからな!」ダッ

コニー「あっ、おい! ……行っちまった」
48: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:41:18 ID:s04t853I

―― 男子寮 エレンたちの部屋

コニー「……ということなんだけどよ」

アルミン「……なるほどね」

ベルトルト「……筋肉をイジメに行ったんだね」

エレン「イジメはよくねえな」スクッ

アルミン「言葉尻だけ捉えて解釈するのはよくないよ、エレン」

ベルトルト「さて、女子寮でいったい何があったのかなぁ?」ウフフ

アルミン「あんなことって何だろうね?」アハハ

コニー「点呼ごまかすのはいいとして、営庭で走ってたら結局見回りに見つかるんじゃねえの? ライナーの奴、身体でかいし」

エレン「走るのは早めに切り上げて、後は筋トレでもするんじゃねえの? たぶん」

コニー「……これ以上筋肉つけてどうすんだ?」

エレン「俺が知るかよ」
49: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/18(水) 18:42:34 ID:s04t853I

―― 同刻 女子寮 ユミルたちの部屋

サシャ「……クリスタぁ」ゴロゴロ

クリスタ「なぁに?」アミアミ

サシャ「さっきの、迷惑でしたかね……」ショボーン...

クリスタ「そうかな? ……正直、ライナーも満更じゃなさそうだったよ?」アミアミ

サシャ「どーせどーせ子どもの駄々っ子って思われてますよぉー……きっとそーですぅー……」ウダウダ

クリスタ「サシャ、今日はなんだか拗ねてるね? 何かあった?」

サシャ「……今日の訓練、あんまり褒めてもらえなかったので。つい」

クリスタ「みんなの前で褒めるのは、恥ずかしいんだよ。きっと」

サシャ「二人っきりになったら、褒めてもらえますかね……?」

クリスタ「それはわからないけど……サシャの世界は、ライナーがいないとすっかり成立しなくなっちゃったね?」クスッ

サシャ「……クリスタも必要ですよ」ギュッ

クリスタ「そう? ……ありがと、サシャ」

サシャ「本当ですからね? ちゃんとクリスタのこと好きですよ?」スリスリ

クリスタ「うんうん。私もサシャのこと、大好きだからね?」ナデナデ
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/19(木) 07:45:20 ID:RpgTUFKE
甘酸っぱぁい!
57: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:09:35 ID:kqWwTdCs

―― 休日午後 野原

ミーナ「……芋? これが?」キョトン

マルコ「うん。いつものスープに入ってるのとは違う種類だね」

ミーナ「へー……」ジーッ

アルミン「僕たちが食べてるのはジャガイモっていう品種で、これはサツマイモって言うんだ」

ミーナ「……さつまいも」

アルミン「僕は食べたことないけど、甘くておいしいらしいよ?」

アニ「……確かに、甘かったかも」ボソッ

クリスタ「アニ、食べたことあるの?」

アニ「この前ちょっとね。街で食べた」

クリスタ「へー……いいなぁ……」

ユミル「いいなぁも何も、これからみんなで食べるんだろ?」

クリスタ「……あ、そっか」

ユミル「ところでサシャの奴は? ここに来るまで一緒だったろ?」

ミカサ「あそこにいる」ユビサシ
58: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:10:52 ID:kqWwTdCs

コニー「たきびだたきびだおちばたきー」ガサガサ

サシャ「たきびだわっしょい!」ガサガサ

コニー「魚釣るぞぉー!!」

サシャ「山菜取りましょー!」

コニー「あー、鮭食いてえ――――っ!」

サシャ「食いたいで――――すっ!」



ライナー「ここぞとばかりに叫びまくってるな」

ジャン「野生に返ったんだろ」

ベルトルト「ここの野原広いからね。気持ちはわかるよ」
59: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:11:42 ID:kqWwTdCs

コニー「なあなあ、これから手分けして落ち葉拾いだろ? 男子で競争しようぜ!」

エレン「おっ、いいな! 乗った!」

ライナー「……よし、一番多く落ち葉を集めてきた奴に芋一本でどうだ?」

ジャン「芋が景品か? ……俺も乗った。ベルトルトもやるよな?」

ベルトルト「ジャンがやるなら僕もやろうかな。……アルミンとマルコは火の番だけどいいの? 女子に代わってもらって参加する?」

アルミン「いいよ、僕らのことは気にしないで」

マルコ「どっちにしろ、その面子に混ざっても勝てる気しないしね」
60: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:12:56 ID:kqWwTdCs

ミカサ「麻袋はたくさん持ってきたから、好きなだけ使って」ドサッ

コニー「よっしゃあ! 俺一番!」ダッ

エレン「あっ! 待てよコニー!」ダッ

ライナー「おい、あまり奥まで入りすぎるなよ!」スタスタ...

ジャン「……」ジッ...

ベルトルト「君、ミカサの物なら何でもいいの? ジャン」

ジャン「いや、流石にそこまで変態じゃねえけどよ……」



クリスタ「……あっという間に行っちゃったね」

ミーナ「なんでもかんでも勝負にできるからすごいよね、男の子って」

サシャ「それじゃあ、私たちも行きましょうか?」

ミーナ「そうだね、行こうか。男子にだけ任せてたら悪いし」
61: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:14:15 ID:kqWwTdCs

アニ「……ミーナ」

ミーナ「ん? どうしたの? アニ」

アニ「……気をつけてね。行ってらっしゃい」

ミーナ「うん、行ってきまーす! アニも火の番頑張ってね!」フリフリ

ミカサ「クリスタ、私たちも」

クリスタ「そうだね。――ユミル、他の人に迷惑かけちゃダメだからねー?」

ユミル「へいへい。……子どもじゃねえっての」



アルミン「さてと。みんなが来る前に火をおこしちゃおっか。ユミルとアニはやり方わかる?」

アニ「……見本を見せてもらえれば、なんとか」

ユミル「頼んだぞ。アルミン、マルコ」

マルコ「じゃあ、やってみせるからよく見ててね」
62: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:15:09 ID:kqWwTdCs

―― 森の中

サシャ「男子が根こそぎ回収しちゃったせいで、全然見当たらないですねー」ガサガサ

ミーナ「落ち葉自体まだ少ないもんね。……風景は綺麗だけど」

サシャ「目の保養ですよねぇ……ところでイチョウとか生えてないですかね。ギンナンがあったら欲しいんですが」ウロウロ

ミーナ「もう、そうやってすぐ食べ物に結びつけるんだから」

サシャ「あはは、性分なものでして……すみません」

ミーナ「アニにも見習ってほしいなぁ、サシャのそういうところ」ガサガサ

サシャ「? ……なんでそこでアニが出てくるんです?」

ミーナ「……あのね、最近アニの元気がないんだよね。サシャは何か知らない?」

サシャ「アニですか? ……いつもとあまり変わりないように見えましたが……」

ミーナ「微妙に違うんだよ。今日は気晴らしに誘ったんだけど、あまり変わらないし。なんとかしてあげられないかな……」ウーン...
63: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:15:54 ID:kqWwTdCs

サシャ「そうですね……やっぱり元気がない時はおいしいものを食べるのが一番ですよ! ですから、今日のミーナの判断は間違ってなかったと思いますよ?」

ミーナ「おいしいものかぁ……そういえば、この前お菓子食べに行ったんだよね? 私たちね、来年あそこでモンブラン食べる約束したんだ。サシャもよかったら一緒にどう?」

サシャ「え? 私も一緒にいいんですか?」

ミーナ「もちろん! ね? 三人で食べよ?」

サシャ「なら……ご一緒したいです、ぜひ!」

ミーナ「よーし、じゃあ決まりね! ふふっ、楽しみだなー♪」

サシャ「でも、随分気が早い約束ですよね? まだまだ先の話ですよ?」

ミーナ「えー、そうかな? だって、私たちっていつまでも一緒にいられるわけじゃないでしょ? 今日みたいなこういうお遊びだって、あと何回できるかわからないもん」

サシャ「……そうですね、後悔がないように行動しないと、ですね」

ミーナ「うんうん」
64: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:16:33 ID:kqWwTdCs

サシャ(……そっか。当たり前ですけど、いつまでもみんな一緒ってわけにはいかないんですよね)

サシャ(みんなは、進路をどうするんでしょう……ジャンやマルコは憲兵団でしょうが、エレンは調査兵団ですよね)

サシャ「……」

ミーナ「サシャ? どうかした?」

サシャ「いえ、なんでもないです。……そういえば、アニは栗が好きかもしれませんよ? この前、モンブランをおいしそうに食べてましたし」

ミーナ「栗かぁ……落ち葉はどうせ男子が集めてくるだろうし、探してみようか?」

サシャ「そうですね、今の時期なら結構見つけられると思うんですが……」キョロキョロ ガサガサ

ミーナ「手分けして探せば見つかるよね。よーっし……」ガサガサ
65: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:17:40 ID:kqWwTdCs

―― 野原

ユミル「よく燃えてんなぁ。まだ芋入れなくていいのか?」

アルミン「おき火になってからじゃないと表面が焦げちゃうんだ。だからまだダメだよ」

アニ「……」サスサス

ユミル「アニ、腕が寒いのか?」

アニ「うん。ここまで寒いと思ってなかったから、ちょっとね」サスサス

ユミル「仕方ねえな……私のマフラー貸してやるよ。少しはマシになんだろ」シュルッ

アニ「……ありがと」モフッ

ユミル「絶っっっっっ対に汚すなよ?」ギロッ

アニ「気をつけるよ」モフモフ

マルコ「……ユミルって、結構優しいんだね」

ユミル「はぁ? なんでそうなるんだよ。貸しだよ貸し。後できっちり返してもらうに決まってんだろ」

アルミン「……照れ隠し?」

ユミル「んなわけあるか。考えすぎだ」
66: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:18:24 ID:kqWwTdCs

コニー「おーっす。男子じゃ俺が一番乗りだな!」ドサッ

ミカサ「……大漁」ドサッ

クリスタ「ただいまー! わぁっ、ちゃんと燃えてる!」

アニ「あんたも火に当たる? クリスタ」

クリスタ「えへへ、じゃあちょっとだけ。……隣、座るね?」ポスッ

アニ「どうぞ」

クリスタ「……あったかいねえ」ホンワカ

アニ「……うん」

コニー「盛りあがってたみたいだけど、四人で何の話してたんだ?」

マルコ「ユミルが優しいって話だよ」

クリスタ「ユミルの話?」キョトン

ユミル「おいやめろ、話を広げるな」
67: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:19:47 ID:kqWwTdCs

コニー「優しいかどうかはともかく……まあ、口は悪いよな。男みてえだ」

クリスタ「そうかもしれないけど、ユミルにだってちゃんと女の子らしいところあるよ?」

コニー「女の子らしいところなぁ……そういやユミル。俺がやった花冠、あの後どうした?」

ミカサ「花冠?」ピクッ

ユミル「……虫だらけだからすぐ捨てた」

クリスタ「えっ? あの花冠、コニーがあげたの?」

コニー「ああ。――なんだ、クリスタも知ってんのか?」

クリスタ「知ってるも何も……あの花冠なら、ドライフラワーにして部屋に飾ってあるよ? 腐らないようにちゃんと定期的に風を通してるし」

ユミル「ちょっ!? なんで言うんだよクリスタ!?」

ミカサ「……そういえば、この前私がその花冠を見ようとしたら注意された」

ユミル「~~~~っ!! なんで喋るかなぁお前らはぁっ!!」

ミカサ「大切にしてる証拠。恥ずかしがることはない」

コニー「なんだよ、ユミルもちゃんと女らしいところあったじゃねえか。よかったな!」
68: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:20:35 ID:kqWwTdCs

アルミン「……花冠」チラッ

マルコ「……ドライフラワー」チラッ

ユミル「ああもううるさいな!! なんだよ大切にしてちゃ悪いかよ!!」

コニー「? 何怒ってんだよ、俺もう行くからなー」タタタッ

ミカサ「私も行く」ダッ

クリスタ「じゃあね、また後でね!」ダッ

ユミル「おいこら待てぇっ!! 後で覚えてろよ三人とも!!」

アルミン「……」ジーッ...

マルコ「……」ジーッ...

ユミル「……なんだよ、笑えよ。柄じゃないって思ってんだろ」
69: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:21:22 ID:kqWwTdCs

マルコ「いや……ユミルは優しいだけじゃなくて、ちゃんと女の子らしいんだなって思ってさ」

ユミル「……馬鹿にしてんのか?」

マルコ「うん。誤解しててごめん」

ユミル「……このそばかす野郎が」

マルコ「そうだね。……僕とユミル、お揃いだね?」ニコッ

アルミン「いつもの歯に物を着せない言い方も、本当はわざとやってるんだよね? ユミル」

ユミル「……うるさい」プイッ

アルミン「図星かな?」クスッ

ユミル「~~~~っ!! ああもう、黙ってないでアニもなんか言えよ! マフラーの恩返しに私を助けろ!!」

アニ「これあったかいね」モフモフ

ユミル「……だろ?」ニヤニヤ

アルミン「あ、機嫌直った」

マルコ「早いなぁ」
70: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:22:02 ID:kqWwTdCs

―― 一時間後

アルミン「……すごい数だね」ドッサリ

マルコ「こんなにたくさんあれば充分だ。みんな、お疲れさま」

ベルトルト「まあ、落ち葉はこれで充分だろうけど……」チラッ

コニー「俺のほうが山盛りに積んであるから俺が一番だ!」

エレン「はぁ!? 俺のほうは底までびっちりつめこんでるんだよ、量は俺のほうが上だ!」

ジャン「……みみっちい」ボソッ

ベルトルト「みんなきっちり二袋持ってきたから、決着つかなかったね」

ライナー「しょうがない。無難にじゃんけんで決めるか。……女子で参加する奴はいるか?」グーパー

ミカサ「私は参加する。勝ってエレンとアルミンにプレゼントする」グーパー

クリスタ「私はいらないかな。食べられるだけで充分だし」

アニ「右に同じ」

ユミル「……ん? こういうことにすぐ乗ってくる奴はどこ行った?」キョロキョロ
71: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:22:53 ID:kqWwTdCs

コニー「……そういやいないな」キョロキョロ

アニ「ミーナもいないね。どこ行ったんだろ」

アルミン「僕たちずっとここにいたけど、一度も来なかったよね。サシャもミーナも」

マルコ「もしかして……二人とも、道に迷ったんじゃないよな?」

ミカサ「いえ、サシャが一緒だからそれはないと思う」

エレン「まだ落ち葉拾ってんじゃねえか?」

ベルトルト「それなら、一度もここに来てないのはおかしいよ」

ユミル「まあ、大方サシャが脱線したんだろ。ミーナにあの馬鹿の手綱握れるとは思えねえし」

ジャン「……おい、隅で頭抱えてないで探しに行ってこい。保護者のライナーさんよ」

ライナー「……すぐ戻る」スタスタ...

クリスタ「いってらっしゃい。――さつまいも、ちゃんと残しておくからねー!」フリフリ
72: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:24:32 ID:kqWwTdCs

―― 森の中 大きな栗の木の下

ライナー(……いないな。まだ奥か)スタスタ...

ミーナ「あれっ……? ライナー……?」ヨロヨロ...

ライナー「ミーナか? ――!? どうした、怪我でもしたのか!?」

ミーナ「ううん、違うよ……? ……でも、あれについてくのは、もう無理……」ユビサシ

ライナー「……なんで木に登ってるんだ、サシャは」

ミーナ「えっとね……アニにあげる栗を落としてるの」

ライナー「アニに? ……あいつ、栗好きだったか?」

ミーナ「え? 違うの? 『栗のお菓子おいしそうに食べてた』って、サシャから聞いたんだけど」

ライナー「……よくよく考えたら、あいつの好みは俺も知らないな」

ミーナ「あまり自分のこと話さないもんね、アニったら」クスッ
73: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:25:40 ID:kqWwTdCs

ライナー「……全然降りてくる気配がないな。疲れたなら先に向こうに帰ってていいぞ、ミーナ」

ミーナ「ごめん、そうするね。――あっ、栗は持ってくよ」ガサッ

ライナー「いい、無理はするな。俺たちで手分けして持っていくから」

ミーナ「うーん……気持ちは嬉しいけど、やっぱりこれは私が自分でアニに届けたいから、私がやるよ」

ライナー「なら、半分だけにしろ。そのまま倒れられても困るからな」

ミーナ「……じゃあ、お言葉に甘えてそうしようかな。流石に全部は厳しいし」ヒョイヒョイ

ライナー「ああ。……倒れそうになったら呼べよ?」

ミーナ「ふふっ、お構いなく。……じゃあ、先に行ってるね!」タタタッ
74: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:26:38 ID:kqWwTdCs

ライナー「さてと……おーいサシャ、そろそろ降りてこい!」

サシャ「はーい? なんですかー?」ガサガサ

ライナー「降りてこいって言ったんだ。戻るぞ!」

サシャ「……」

ライナー「……? どうした?」

サシャ「ミーナがライナーに変身した!?」ガーン!!

ライナー「……馬鹿なこと言ってないで早く来い。お前の分の芋も食っちまうぞ」

サシャ「!? それは困ります!」

ライナー「だったら早くそこから――」

サシャ「じゃあ降りますね!」ピョンッ

ライナー「」



                       \ドサッ/
75: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:27:46 ID:kqWwTdCs

サシャ「……」

ライナー「……」

サシャ「あの……下敷きになってもらわなくても、私着地できましたよ?」

ライナー「……降りろ」

サシャ「はあ、すみません」モソモソ

ライナー「……」グニッ

サシャ「……いひゃいでふ、らいなー」ミョーン

ライナー「飛び降りるやつがあるか。後先考えろ」

サシャ「らいりょーぶでふってー」ミョーン

ライナー「反省したか?」

サシャ「しまひた、しまひたから」ミョーン

ライナー「……」パッ

サシャ「あうっ。……もう、ほっぺた伸びたらどうするんですか? 責任取れるんですか?」ヒリヒリ サスサス

ライナー「伸ばさなくても元々頬袋でかいだろ」

サシャ「……否定できません」シュン
76: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:28:41 ID:kqWwTdCs

ライナー「ほら、みんな待ってるから帰るぞ。立て」スッ

サシャ「……」

ライナー「? どうした、早くしろ」

サシャ「……はい」ギュッ

サシャ(さりげなく、手を貸してくれるんですよね)

サシャ(こうやって心配してもらえるのも、少し……楽しみだったりして)

サシャ(……悪い子ですね、私)

サシャ「そういえば、落ち葉集めはもう終わったんですか?」

ライナー「お前が栗拾いに熱中している間にな。……暴走するのは勝手だが、ミーナを巻き込むんじゃない。もう少し周りを見ろ」

サシャ「うぅっ……はい、後で謝っときます」ショボーン...
77: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:29:29 ID:kqWwTdCs

ライナー「それにさっきのもだ。……普段からあんな風に降りてるのか?」

サシャ「いえ、いつもはちゃんと木を伝ってますけど……今日は普通に降りるのがもどかしくなっちゃって」エヘヘ

ライナー「だからってあれはないだろあれは。顔に傷でもついたらどうする?」

サシャ(心配してもらえるのは嬉しいですけど、さっきから怒らせてばっかりですね……どうして私ってこうなんでしょう……)ショボーン...

サシャ「ごめんなさい、今度から気をつけ――」





ライナー「せっかくかわいいのに台無しだろうが」

サシャ「」ピタッ
78: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:30:15 ID:kqWwTdCs

ライナー「……」

サシャ「……今」

ライナー「……」

サシャ「今、なんて言いました……?」

ライナー「……今のはだな、言葉の綾と言うか」

サシャ「嘘だったんですか?」

ライナー「いやいや嘘じゃない! 嘘じゃないぞ!!」ブンブン

サシャ「ですよね!? 私の聞き間違いじゃないですよね!?」ガシッ

ライナー「おい襟元掴むな! 伸びるだろ!!」

サシャ「じゃあもう一回! もう一回言ってください!」

ライナー「はぁっ!? ……い、言えるか、恥ずかしい」ボソッ

サシャ「なんでですかぁっ!? もう一回だけ! もう一回だけでいいですから! お願いします!」ユサユサユサユサ

ライナー「わかったわかった! 言ってやるから揺するんじゃない!!」

サシャ「」ピタッ
79: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:31:11 ID:kqWwTdCs

ライナー「……か、かわいいぞ。サシャ」ボソッ

サシャ「……どこが?」

ライナー「ああもう全部だ全部! これでいいよな! な!?」

サシャ「……本当に?」

ライナー「お前、前に嘘は見抜けるって言ってただろ」

サシャ「……………………………………私も」

ライナー「……“も”?」

サシャ「私も…………私も! 私も、ライナーのことかっこいいって思ってますよ!」グイッ

ライナー「そ、そうか?」

サシャ「はい! 頼りがいがあって! 強くて! 頭もよくて! 私のこと、芋女扱いしないでくれましたし! ちゃんと話も聞いてくれますし! ダメなことはダメって教えてくれますし! えーっとえーっとそれからそれから!」グイグイ

ライナー「わかった、わかったから少し落ち着け、な?」グイグイ
80: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:32:28 ID:kqWwTdCs

サシャ「全然わかってませんって! 手も、私よりずーっとずーっと大きくて! あったかくて! それに私にはないものたくさん持ってて、それを分けてくれて!」グイグイグイグイ

ライナー「もういいから、いいからそろそろやめろ、誰か来たらどうするんだ!」グイグイグイグイ

サシャ「何照れてるんですか全部事実なんですからもっと胸張っていいんですよ! ね!?」ググググ...

ライナー「だああああああああもう!! 割とマジでヤバいからくっつくな!! 一旦離れろ!!」ググググ...

サシャ「何がやばいんですか!? どこか痛いとか――」グンッ





サシャ「あっ」ズルッ

ライナー「馬鹿、押すんじゃ――」グラッ





   \ドスンッ/                      \ガツッ!/
81: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:34:51 ID:kqWwTdCs

サシャ「いたた……すみませんライナー、また上に乗っちゃいました……」サスサス

サシャ「……あれ? ライナー、どうしました? もしもし?」ツンツン



ライナー「    」チーン

サシャ「」



サシャ「……」

サシャ「えーっと……えーっと! 教官……じゃなくて、医務室……でもなくて! ああもう、なんかやったことありますよこの状況!!」アタフタアタフタ

サシャ「私じゃライナーは運べませんし、だ、誰か呼びに行かないと……」オロオロ

サシャ(取り敢えず私の上着をかけといて……)ファサッ

サシャ「あのっ、人を呼んだらすぐ戻ってきますから! そこで待っててくださいね!?」ダッ
82: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:35:44 ID:kqWwTdCs

―― 同刻 野原

ユミル「あいつら遅ぇなあ、芋ができちまうぞ」フミッ

ミーナ「何かあったのかな? ……見てきたほうがいい?」フミッ

ミカサ「いい雰囲気だったらもったいない。ので、もう少し待ってもいいと思う」フミッ

エレン「おい、お前ら何やってんだ?」

ミカサ「ミーナが持ってきた栗を割っている。……エレンもやる?」フミッ

エレン「今日履いてきた靴、底が薄いんだよなー……やめとく。他に何か手伝うことあるか?」

ミカサ「じゃあ、割った栗から実を取り出してほしい。トゲが手に刺さらないように気をつけて」

エレン「よっし、任せろ!」パキッ

ジャン「なあミカサ、俺も手伝おうか?」イソイソ

ミカサ「そろそろ割るのは終わるからいらない。エレンを手伝って」

ジャン「……」チラッ

エレン「なんだよ。嫌ならやらなくていいんだぞ」パキッ

ジャン「……誰もやらねえなんて言ってねえだろ。やるっての」パキッ
83: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:36:56 ID:kqWwTdCs



サシャ「ベルトルトー! ベルトルトー!」タタタッ



クリスタ「あ、戻ってきた。――サシャ、おかえりー!」フリフリ

ベルトルト「……ん? 僕?」キョトン

ユミル「おいサシャ、ライナーはどうした? 置いてきたのか?」

サシャ「はい、ちょっとトラブルがありまして……ベルトルト!」

ベルトルト「何かあった?」



サシャ「あのっ、ライナーを押し倒したら気絶しちゃったので運ぶの手伝ってください!」



ミカサ「」ベキィッ!!

ジャン「」ザクッ!!

ユミル「」バキッ!!
84: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:38:19 ID:kqWwTdCs

ベルトルト「ああ……うん、わかったよ。行くよ」

ジャン「!? ベルトルト、お前……行くのかよ?」

ベルトルト「まあ……どうなったか、大体想像つくから。じゃあ、行ってくるね」スタスタ...



ユミル「なんてこった……ベルトルさんまでもが、サシャのお世話係に……」

ミカサ「……お労しや」ホロリ

ユミル「……余った芋はベルトルさんにやろうな。かわいそうだ」

ミカサ「うん、賛成」

ジャン「……なあマルコ、ハンカチ持ってねえか?」

マルコ「涙でも拭くの?」

ジャン「違ぇよ。……トゲが手に刺さった」ダラダラ...

マルコ「君って奴は……」
85: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:39:34 ID:kqWwTdCs

ミーナ「ねえ、たき火で栗も焼けるんだよね? 入れてもいい?」

ミカサ「確か、そのはず。入れよう」

アニ「私、離れてるから。終わったら呼んで」スタスタ...

ミーナ「はーい。……どうやって入れるんだろ、これ」

ミカサ「適当でいいと思う」

ミーナ「適当ね。わかった」ザラザラ...

ユミル「火が通るように底に埋めとくか」ゴソゴソ



アルミン「……」

アニ「アルミン。眉間に皺が寄ってるよ」

アルミン「なんだっけ、昔、こうやって火に栗を放り込んだ話を聞いたことがあるような……」ウーン...
86: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:40:45 ID:kqWwTdCs

コニー「……おい。栗に切り込みいれたか?」

ミーナ「切り込み? なんの?」キョトン

コニー「いや、何のための切り込みかは知らねえんだけどよ。昔たき火で栗焼いた時に、母ちゃんがそうやって――」

アルミン「ああっ、思い出した!」

アニ「……ちょっと、いきなり大声出さないでよ。びっくりするでしょ」

ミカサ「アルミン、何を思い出したの?」

アルミン「えっと……子どもに聞かせる昔話の一つにね、栗が自分からぶつかっていって相手に復讐するっていう話があるんだ」

ジャン「……なんだそりゃ。今思い出すことか?」

エレン「それ、俺も昔見せてもらったことあるぞ? その部分以外はほとんど内容読めなかったんだよな?」

アルミン「よく覚えてたね、エレン。その通りだよ」
87: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:41:42 ID:kqWwTdCs

クリスタ「それで、そのお話がどうかしたの?」

アルミン「その栗はね、相手に一発お見舞いしてやるために、今みたいな灰の中に隠れてたらしいんだ」

マルコ「……それで?」

アルミン「栗は灰の中にじっと潜んで……自らを爆発させて、相手に一矢報いたんだ。栗をぶつけられた相手は大ヤケドだったらしいよ」

ユミル「まどろっこしいな、とっとと結論言えよ」

アルミン「じゃあ言うけど……今入れた栗って、そのお話と同じ状態だよね?」

ミカサ「……」チラッ



アルミン「……それ、そのうち爆発するんじゃない?」



アルミン以外「……」
88: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:43:23 ID:kqWwTdCs

マルコ「――総員退避!!」ダッ

ジャン「お前らふざけんなよ!? 芋ごと危険物になっちまったじゃねえか!!」ダッ

ミーナ「なっ……!? ふざけてやったわけじゃないよ!!」ダッ

ユミル「そーだそーだ! 知らなくてやったんだからノーカンだノーカン!!」ダッ

ミカサ「そーだそーだ」ダッ

エレン「おいアルミン、爆発ってなんだよ地面が吹っ飛ぶのか!?」ダッ

アルミン「違うよ、吹っ飛ぶのは栗!! ――ていうかエレンだってお話読んだでしょ!?」ダッ

コニー「熱くなったまま栗が飛び出してくるんだろ!? 凶器じゃねえか!!」ダッ

アニ「……芋、焦げたらどうしよう」

クリスタ「爆発した後の栗って食べられるのかなー」
89: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:44:24 ID:kqWwTdCs

―― 森の中 大きな栗の木の下

サシャ「ライナー、まだ目が覚めませんね、大丈夫でしょうか……」オロオロ

ベルトルト「……ねえサシャ、なんだか僕も栗が食べたくなっちゃったな。ちょっとその辺探してきてくれる?」

サシャ「え? もうあっちに残ってないんですか?」

ベルトルト「えーっと……ほら、僕大きいから食べる量が多いんだ。だから足りなくなると思うんだよね。お願いできないかな」

サシャ「そうですか……わかりました、行ってきます!」タタタッ

ベルトルト「うん、よろしくね」





ベルトルト「……さて」チラッ
90: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:45:57 ID:kqWwTdCs

ベルトルト「とっくに起きてるんだろ? ライナー」

ライナー「……」ムクリ

ベルトルト「感想は?」

ライナー「……びっくりした」

ベルトルト「この前僕が言ったことわかった?」

ライナー「ああ……身に染みた」

ベルトルト「それで、生殺しの次は誉め殺しされたってところかな?」

ライナー「……お前もサシャに言ったのか? ベルトルト」

ベルトルト「うん。『その髪飾りかわいいね』って」

ライナー「……それで?」

ベルトルト「顔を真っ赤にして、『ありがとう』って。……素晴らしい照れっぷりだったよ。あの恥じらいは初回限定だろうなぁ」ウフフ

ライナー「……俺は今、猛烈に後悔している」

ベルトルト「ごちそうさまでした」

ライナー「……この野郎」ガシッ

ベルトルト「自業自得だろ? 僕に当たるのは間違ってるよ、ライナー」
91: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:47:00 ID:kqWwTdCs

サシャ「ベルトルトー、ライナー起きましたかー?」ガサガサ

ベルトルト「うん、ちゃんと起きたよ」

ライナー「」ピタッ

サシャ「……喧嘩してたんですか?」

ベルトルト「違う違う。ライナーが肩を組もうとしてきたから僕が逃げただけ」

サシャ「なら、いいんですけど……」ジーッ...

ベルトルト「みんな待ってるから行こうか。……ほら、ライナーも」

ライナー「……お前後で覚えてろよベルトルト」ボソッ

ベルトルト「あーあー聞こえなーい」



                                \パンッ!!/
92: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:47:56 ID:kqWwTdCs

ベルトルト「!? 今のって……」

ライナー「……銃声か?」

サシャ「いえ、それにしては音が軽いような気が――」



   \パンッ!!/       \パンッ!!/   \パンッ!!/         \パンッ!!/



ライナー「……こりゃ何かあったな。戻るぞ!」ダッ

サシャ「は、はい!」ダッ

ベルトルト「なんか、嫌な予感がする……」ダッ
93: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:49:37 ID:kqWwTdCs

―― 野原

アルミン「ねえミカサってば、君は全身を支配できるんだろ!? 頼むから栗拾ってきてよ!!」ユサユサユサユサ

ミカサ「そんなことを言われても……身体の作りは基本的にアルミンたちと同じだから無理」

アルミン「なんか、えーっと……こう……そうだ、硬化とかできないの!?」

アニ「」ビクッ

ミカサ「無茶を言わないで、できるわけがない。アルミン、落ち着いて」

アルミン「ミカサ、何も難しく考える必要はないんだよ! 火の中の栗を取るような技術があればいいんだ!」

ミカサ「えっ? ……あの、そんなピンポイントな忍術はない」オロオロ

アルミン「いつもニンニンやってるじゃないか、あの要領でいいんだよ!? ……あっそうだ、火中天津甘栗拳とかどうかな!?」

ミカサ「!? 技名を考えないで、無理なものは無理!」ブンブン
94: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:50:31 ID:kqWwTdCs

マルコ「……作戦を考えた。立体機動装置を使って水を上からかければどうかな」

ユミル「いや、ダメだな。周囲にアンカーを刺す木がない」

マルコ「くっ……盲点だった……!」ガクッ

コニー「そもそも立体機動装置持ってきてねえよ。――待てよ? 栗が爆発するのって、中にガスが入ってるからだよな? 立体機動装置に栗入れたら最強じゃねえか? 非常食にもなるし一石二鳥だぞ?」

エレン「コニーお前……頭いいな! 見直したぜ!」

コニー「だろ? 俺は天才だからな!」フフン

ジャン「お前らもう少し頭使えよ、本能で喋るな」

エレン「……よしジャン。お前走って行ってこい」

ジャン「はぁっ!? ふざけんなお前が行けよ死に急ぎ野郎!!」

エレン「馬面だから大丈夫だ!! 足速いだろ!」ギャーギャー

ジャン「根拠になってねえんだよ!!」ギャーギャー
95: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:52:04 ID:kqWwTdCs

アニ「……おかえり。三人とも」

ライナー「こりゃ何の騒ぎだ?」

ミーナ「栗をそのままたき火に突っ込んじゃって……いつ爆発するかわからないから近づけないの」

サシャ「流れ栗とかその辺に落ちてないですかねー」ウロウロ

ベルトルト「流れ弾みたいな言い方はやめてよ、サシャ」

ライナー「栗か……何個入れたんだ?」

ミーナ「たぶん二十個くらい……かな?」エヘヘ

ベルトルト「……数がわからないと動きようがないね」

ミカサ「私が覚えている。正確には十七個。ちなみに弾け飛んだ栗の数は十六個」フラフラ...

ライナー「おお……でかしたぞ、ミカサ」

サシャ「……ミカサ、なんだか弱ってません?」

ミカサ「アルミンの期待が、私には重すぎた……」ヨロヨロ...



                               \パンッ!!/
96: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:53:05 ID:kqWwTdCs



        \コロコロ.../



ベルトルト「……転がってきたね。最後の一個」

サシャ「どれどれ、味を確かめてみましょうか」ムキムキ

ミーナ「それ、食べられるの? 危なくない?」

サシャ「ちょっと熱いですけど大丈夫ですよ。……うん、やっぱり茹で栗よりも焼き栗ですね。おいしいです」モグモグ

ライナー「混乱してる奴らは放っておいて、芋の様子でも見に行くか」スタスタ...

サシャ「はーい、手伝いますねー」スタスタ...

ミカサ「私も、手伝う……」フラフラ...

ベルトルト「ミカサ、大丈夫? 足元ふらついてるけど」

ミカサ「アルミンの期待を背負うよりは、マシ……」フラフラ...
97: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:54:17 ID:kqWwTdCs

―― 三十分後

ミーナ「あーあ、栗のせいで何個かヘコんじゃったね……」モグモグ

サシャ「まあまあ、味には変わりないからいいじゃないですか」モグモグ

ミーナ「確かに、甘くておいしいけどさ……」モグモグ

アニ「……ねえ、そもそもなんで栗なんか持ってきたの?」

ミーナ「だって栗が好きなんでしょ? アニ」

アニ「……私? なんで?」

サシャ「えっ、違うんですか? でもこの前、喫茶店でライナーと交換してまでモンブラン食べてましたよね? あれって好きだったからじゃないんですか?」

アニ「あれは……モンブランだけ、名前を聞いても何のお菓子かわからなかったから気になってただけだよ。特に好きなわけじゃない」

ミーナ「そっかぁ、違ったのかぁ……」ガクッ

サシャ「うう……残念です……」ションボリ
98: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:55:31 ID:kqWwTdCs

アニ「ねえ。……まだ栗は余ってるんだよね?」

サシャ「そうですね、さっきライナーたちと三人で運んできた分がまだ残ってます」

アニ「……帰ったらさ、二人でお菓子作ろうか。ミーナ」

ミーナ「え? ……私、料理下手くそだよ? いいの?」

アニ「教えてあげるよ。それくらい」

ミーナ「……えへへ、やった! 楽しみにしてるね、アニ!」ニコッ



サシャ「……あれっ? 私は?」

アニ「あんたはつまみ食いするからダメ」

サシャ「そんなぁ……私もお菓子作りしたいのにぃ……」ションボリ

アニ「できたらあんたにもあげるから、それで我慢して」モグモグ

サシャ「約束ですよ? しましたからね? 後から嘘でしたっていうのはナシですからね? いいですか?」

アニ「……芋、冷めるよ」

サシャ「おっと危ない」モグモグ
99: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:56:26 ID:kqWwTdCs

ベルトルト「あれ? 僕だけ芋が二本あるけど」

ジャン「そいつはお前のもんだ。持って行けよ、ベルトルト」

ベルトルト「……僕、じゃんけんも何もしてないよ?

ユミル「謙遜するなってベルトルさんよ。……今日はお疲れ」ポンッ

ベルトルト「? まあ、もらっておくけど……そんなにいっぱい食べられないから、半分でいいや」ポキッ

ジャン「じゃあ残りは誰にやる? 好きな奴にでもあげるか?」

ベルトルト「そうだね、ア――」ハッ!!

ベルトルト(あ、危ない……アニの名前、言うところだった……!)ダラダラダラダラ

マルコ(アニかぁ……)

ライナー(まあ、アニだよな)

ユミル(アニって言え、アニって)

ジャン「で? 誰に分けてやるって?」ニヤニヤ
100: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:57:47 ID:kqWwTdCs

ベルトルト「――アルミン! アルミンにあげるよ!」

アルミン「……え? 僕? いいの?」

ベルトルト「アルミンが食べたほうがいいよ。うん」スッ

アルミン「なら、お言葉に甘えてもらっちゃおうかな。ありがとう、ベルトルト」ニコッ

ベルトルト「どういたしまして。それより――」チラッ

ジャン「……解散」スタスタ...

ユミル「そうだな」スタスタ...

ベルトルト「――二人ほど、からかう気満々だったみたいだからね。むしろこっちが助かったよ」

アルミン「でもさ、いくら身体を動かしてるからって言っても、女の子は一本でお腹いっぱいになっちゃうと思うよ?」

ベルトルト「……アルミンもそういうこと言うんだね」

アルミン「うん。こうやってベルトルトと冗談を言いあえて、僕は嬉しく思ってるよ? あの二人もそうなんじゃないかな?」

ベルトルト「……買いかぶりすぎだよ。ジャンもユミルもそういう人じゃない」モグモグ

アルミン「じゃあ、そういうことにしておこうかな」モグモグ
101: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 18:58:54 ID:kqWwTdCs

―― 夕方 女湯

クリスタ「……誰もいないね」キョロキョロ

ユミル「みんな午前中に入っちまったんだろ。ほら、とっとと着替えてさっさと入るぞ。脱げ脱げ」

サシャ「片付けしてたらすぐ帰る時間になっちゃって、魚釣りできませんでしたね……」

ユミル「お前が栗拾いに熱中してなかったら時間あったかもな」

サシャ「……」ドヨーン...

クリスタ「まあまあ、魚釣りは今度行けばいいじゃない? ね?」

ユミル「次の計画たてるのは勝手だがな、まずは目の前の予定のことも忘れるなよー」ヌギヌギ

クリスタ「……そっか。私たちで最後だから、終わったら掃除しないとね」

ユミル「あーやだやだ。私はこの後廊下の掃除もあるんだぞぉー」ウダウダ

サシャ「ユミル、なんだか当番多いですね」

ユミル「……夏に無理を通したツケがまだ残ってんだよ。腹立たしい」チッ

サシャ「ツケ?」キョトン
102: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:00:02 ID:kqWwTdCs

アニ(……身体、煙臭い)クンクン

ミカサ「……」ジーッ...

アニ「……何? ミカサ」

ミカサ「アニ、あなたは肌がとても綺麗」

アニ「……どうも」

ミカサ「だから、その胸についてる二つの膨らみの大きさが……とても気になる」ジリッ...

アニ「……」スススッ

ミカサ「どうしたの? 何を怖がっているの?」ジリジリ

アニ「私は本気で抵抗するからね、ミカサ」スッ

ミカサ「どうぞ、ご自由に。……でも、正面だけじゃなくて背後も見ておいたほうがいいと思うけど」





ミーナ「――えいっ!」ムニュ

アニ「」
103: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:00:53 ID:kqWwTdCs

ミーナ「うーん……想像よりちょっとだけ大きかったかなー……」モミモミ

アニ「……ミーナ? 何してるの?」

ミーナ「いや、あのね? 普段は貸し切りじゃないからこういうことできないじゃない? だからミカサに協力してもらったの」

ミカサ「正直私は、アニの胸の大きさはそこまで気にしてない。……ので、あとはごゆっくり」スタコラサッサ

ミーナ「まあ、そういうことだから」

アニ「ミーナ」

ミーナ「……」

アニ「ミーナ」

ミーナ「あ、あはははは……」





                               \イヤアアアアアアアア!!/
104: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:01:43 ID:kqWwTdCs

ユミル「あ゛ー……いい湯だなー……お前らも早く来いよー」チャプチャプ

サシャ「髪洗ったら行きますよー。……でも煙の匂い、取れますかねー?」ワッシャワッシャ

クリスタ「ここの石鹸、泡立ちはいいけど汚れや匂いはあんまり落とせないよね……」ワッシャワッシャ

ミカサ「サシャとクリスタの髪は長いから、大変そう」ヒョコッ

クリスタ「あれ? アニとミーナは?」キョロキョロ

ミカサ「お楽しみ中」

クリスタ「お楽しみ……?」キョトン

サシャ「んー……切っちゃったほうが楽ですかね、髪」

ミカサ「それは是非ライナーに相談するといい。私もエレンに言われて切ったから」

サシャ「じゃあ、今度聞いてみましょうかねー……」ワッシャワッシャ

ミカサ「……サシャ。よかったら、髪を洗うのを手伝わせてほしい」

サシャ「いいんですか? ……じゃあお願いします!」

ミカサ「うん、任せて」ワッシャワッシャ
105: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:02:43 ID:kqWwTdCs

サシャ「念入りにお願いしますよー?」

ミカサ「……」クルクル

サシャ「……あれ? ミカサ、何してるんです?」

ミカサ「……とぐろ」クルリンチョ

サシャ「はいっ!?」

ミカサ「毛先を二つに割れば……蛇」ニョローン

サシャ「ちょっと、人の髪で遊ばないでくださいよぅ!」ジタバタジタバタ

ユミル「だははははははは!! いいぞミカサもっとやれ!」バシバシバシバシ

ミカサ「アフロ」モシャッ

サシャ「――もうミカサ!! 今日という今日は怒りましたよ!!」プンスカ

ミカサ「サシャ、泡をつけたまま走り回ってはだめ。座って」

サシャ「あ、すみません」スワリナオシ

ユミル「おーい、誤魔化されてるぞー」
106: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:03:50 ID:kqWwTdCs

ミカサ「ごめんなさい、もう遊ばない」ワッシャワッシャ

サシャ「……約束ですよ?」

ミカサ「うん。そろそろ泡を流すから、目を瞑って息を止めて」

サシャ「もう、頼みましたよ本当……」

ミカサ「うさみみ」キュッ

サシャ「ミカサぁっ!!」ガタッ

ミカサ「退避」ダッ

ユミル「おーい、風呂場で走るなよー、怪我するぞー」



ミーナ「うう……アニ、お尻が痛くて座れないよぅ……」ヒリヒリ サスサス

アニ「騙し討ちなんかするほうが悪い」プイッ

ミーナ「だからって、お尻を直接蹴ることないじゃないぃ……せめてお風呂あがってからにしてほしかったよぉ……」

アニ「あんたの尻は蹴りやすかったよ、誇っていい」

ミーナ「嬉しくないよ!?」
107: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:04:51 ID:kqWwTdCs

クリスタ「……サシャ、まだ髪洗ってるの?」チャプチャプ

ユミル「どっかの首席様が思いっきり遊んでたからな。――私は先にあがるぞ、クリスタ」

クリスタ「うん、わかった。……ミカサもあがったのかな? 姿が見えないけど……」キョロキョロ

ミカサ「……」ザバーッ...

クリスタ「……」

ミカサ「……水遁の術」ニンニン

クリスタ「ミカサ、今日は随分はしゃいでるね?」

ミカサ「……この前の訓練の、仕返し」

クリスタ「仕返し?」

ミカサ「……負けたのは、ちょっぴり悔しかったから」

クリスタ「ミカサでも悔しがったりするの?」

ミカサ「ないしょ」

クリスタ「……わかった。みんなには秘密にしておくね?」クスッ

ミカサ「……うん」ブクブク...
108: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:06:08 ID:kqWwTdCs

―― 夜 女子寮 ユミルたちの部屋

クリスタ「ふぅ、掃除疲れたぁ……でも今日は楽しかったね、サシャ」ガチャッ バタンッ

サシャ「……」

クリスタ「サシャ? どうしたの?」

ササシャ「……もういいですよね?」

クリスタ「? 何が?」

シャ「……か」

クリスタ「か?」





サシャ「かわいい、って……///」カァッ...
109: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:07:12 ID:kqWwTdCs

サシャ「かわいいって……私のことかわいいって! ライナーが! 私のこと! かわいいって!!」ダッ

クリスタ「サシャ? それ布団……」

サシャ「~~~~!!」バフッ!!

クリスタ(!? ダイブした!?)

サシャ「やったぁ、やったぁ! これって、私のことそういう対象として見てくれてるってことですよね!? ね!?」バタバタバタバタ

クリスタ「さ、サシャ、埃出てるよ、布団抱えたまま暴れないで!」ケホケホ

サシャ「……」ピタッ

クリスタ「あっ……止まってくれたね、よかった……」ホッ

サシャ「……」ウズウズウズウズ

クリスタ「嬉しいのはわかるけど暴れちゃダメだよ? もう夜なんだからね?」シーッ
110: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:08:08 ID:kqWwTdCs

ユミル「ただいまっと。――なんだなんだ、どうした? 部屋の真ん中で」ガチャッ

クリスタ「あっ、おかえりなさいユミル……サシャが暴れ出しちゃって」ユビサシ

ユミル「はぁ? なんでまた」

サシャ「あのですね、さっきですね、ライナーがですね、私のことをですね」モジモジ

ユミル「とっとと言え鬱陶しい」

サシャ「……かわいい、って」ボソッ

ユミル「……………………今更?」

サシャ「……」コクコクコクコク

クリスタ「サシャ、首がもげちゃうからそんなに頷かなくていいよ?」

サシャ「だってはじめて言ってくれたんですよ? わかります? はじめてだったんですよ?」ゴロゴロ

ユミル「おい、床の上を転がるな。――で、今まで我慢してたけど、部屋に帰ってきたら収まりがつかなくなったってとこか?」

サシャ「……」コクコクコクコク
111: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:09:12 ID:kqWwTdCs

ユミル「……」

クリスタ「どうしよう……他の部屋まで響いてないかな」オロオロ

ユミル「あー……させとけさせとけ。今止めて、夜中に騒がれるほうがずっと迷惑だ」

サシャ「……もういいですか?」ウズウズ

ユミル「ああいいぞ。ただし静かに騒げ。叫ぶのは禁止だ。後は床に転がるくらいにしとけ」

サシャ「……えへへへへ」ゴロゴロゴロゴロゴロ

クリスタ「ユミル、いいの? せっかくお風呂に入ってきたのに汚れちゃうよ?」

ユミル「風呂に入ってきたっていう理由で止まるなら、そもそも入団式で芋食ったりしねえよこいつは」

クリスタ「……でも」

ユミル「いいっていいって。水さすなよ」



ユミル「せっかくおいしい思いしてるんだし、しっかり味わっとけばいいんじゃないか?」





おわり
112: ◆H4iwFNXQsw 2013/09/19(木) 19:11:47 ID:kqWwTdCs
というわけで終わりです。前回ネタ提供してくださった方、読んでくださった方ありがとうございました!
ユミルの花冠と女湯で話していたツケの話は、『サシャ「この味だけは、譲れません」』を読み返してくださるとわかるかと思います

次回は秋の山岳訓練です それではまた来週!
115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/19(木) 19:50:00 ID:GVEUz8qc
乙です!
女の子たちが本当に可愛い!
来週も楽しみにしてます
120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/21(土) 14:43:42 ID:e7471uyM
毎回読んでる!!もっと続けて欲しいよ!



私はこのシリーズ大好きです♪


サシャの記憶喪失とか幼児化とか良さそう
でも作者さんの書き方や考え方が好きなんで!!!!!

ハッピーエンドがいいな
頑張って下さい♪♪♪

 

次回スレ:
サシャ「……知りたくない味でしたね」


シリーズ一覧:

この書き手の作品集   


 

元スレ:サシャ「どうぞ、ご賞味ください」
http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1379494853/