9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:14:13 ID:aXJhiMV70
佐天「…どのタイミングで使えばいいんだろ」 

佐天「まさかこれで荒稼ぎしようものなら初春に殺されるだろうし…」 

佐天「でも誰かで試してみたいなぁ、せっかくだし」 

佐天「そうだ、お金持ちな御坂さんでまず試してみよう!」 



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:19:52 ID:aXJhiMV70
佐天「ん…?あれは」

御坂「なんとか黒子を出し抜いて街に来れたわ…」

御坂「今日はゆっくり買い物できるぞ~!」

佐天(ナイスタイミング御坂さん!)

佐天「御坂さ~ん」

御坂「ん?…あれ、佐天さん。こんにちは」

佐天「今日は白井さんと一緒じゃないんですね?」

御坂「私だって1人でゆっくり過ごしたい時があるのよー」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:23:53 ID:aXJhiMV70
佐天(御坂さんはどうやら買い物に来たらしい)

佐天(そして手元には偶然ミネラルウォーターが!これはチャンス)

佐天「それにしても、今日は暑いですねー」

御坂「そうねぇ。天気が良いのは大歓迎なんだけど、こうも暑いとダルいわ」

佐天「熱中症には気をつけてくださいよ」

御坂「あはは、分かってるわよ。どこかで水でも買おうかな?」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:27:54 ID:aXJhiMV70
佐天「丁度よかった!」

御坂「?何が?」

佐天「いやぁ、さっき自販機でミネラルウォーター買ったんですけど、壊れていたのか二つ出てきちゃったんですよ」

御坂「へぇ、それはラッキーね」

佐天「でも2本も要らないし、御坂さんにあげます」

御坂「ほんと?助かるわ~」

佐天「でも、タダではあげません!」

御坂「へ?」

佐天「800円でお譲りします!」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:33:31 ID:aXJhiMV70
御坂「…」

佐天「…」

佐天(もしかして、やっちゃった?)

佐天(ですよねー…変な能力だとは思ってたけど、まさか嘘だったとは)

御坂「以外と安いわね」

佐天「へ?」

御坂「貰うわ。はい、800円」チャリン

佐天「えっ?えっ?」

御坂「じゃあ私、買い物に行くから。じゃあね、佐天さん」

佐天「え、あ、はい…」

佐天(売れた…)
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:35:10 ID:Ducb/pMO0
精神系か
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:41:11 ID:aXJhiMV70
佐天「こ、これは能力の効果ってことでいいのかな?」

佐天「それとも御坂さんにとっては本当に安かったのか…」

佐天「…たぶん後者だよね。御坂さんお金持ちだもん」

佐天「あーなんかどうでもよくなってきた…帰ろっと」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:46:49 ID:aXJhiMV70
------

佐天「あれ、あんなとこに初春がいる」

佐天「…」ニヤリ

------

初春(むーこんな日に限って呼び出しを食らうとは…)

初春(暑くてやだなぁ)

バサッ

初春「うわひゃあ!」

佐天「むむ…柄のない白か…珍しい」

初春「ささささ佐天さん!?」

佐天「やっほー」

初春「やっほー、じゃないです!こんな公共の場所でなにやってんですか!」

佐天「まぁまぁ、人はそんなに居ないし、初春も暑そうだったから丁度よかったでしょ?」

初春「たしかに…ってそう言う気遣いは要らないですよ!」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:54:13 ID:aXJhiMV70
佐天「いやぁー今日もツッコミが冴えているねぇ初春くん」

初春「誰の真似ですか…」

佐天「ところで、こんなとこで何してんの?」

初春「ちょっと呼び出しを食らってしまいまして…この暑い中は勘弁してほしかったですね」

佐天「うわ、大変だね。ブラック企業かよ」

初春「その上佐天に無駄に体力を減らされて、本当大変ですよ…喉もカラカラになってしまいました」

佐天「あはは…ゴメンゴメン」

佐天「あ、飲みかけで良ければこれあげる」

初春「え、ミネラルウォーターですか?ありがとうございます…」

佐天「いいっていいって、からかったお詫びってことで」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 02:59:12 ID:aXJhiMV70
佐天(あ、そう言えば売らずに普通に渡しちゃったよ)

佐天(…まぁいいか、なんかしょーもない能力だし)

初春「…でもこれで800円っておかしくないですか?」

佐天「へ?」

初春「いや、払いますけど…ただ頼んでもいない水が800円って言うのはちょっと…」チャリン

佐天「え、ちょっ、初春?」

初春「一般庶民にはちょっと考えられないですね。ボッタクリと言われても仕方ないと思います」

佐天「だ、だからタダであげるって…」

初春「あ、私急がなきゃいけないのでもう行きますね。では佐天さん、また」

佐天「え、あ、うん…」

佐天(なんだ今の)
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 03:04:03 ID:aXJhiMV70
能力:高級水強制販売(タツヤ・カワゴエ)
本人の意思に関係なく、能力者が他人に飲料水を手渡す時、受け取る者は必ず800円を払わなければならない

こうして佐天さんは、以降人に水を渡すことを止めたそうだ

終わり
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 03:06:05 ID:aXJhiMV70
終着点が見えなかったのに始めたことは謝ります。スイマセンでした
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 03:06:32 ID:MICDN1uc0
とりあえずガチクズじゃなくてよかった
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 03:10:41 ID:AMZ0+bAnO
いいオチだった

 
関連スレ:

佐天涙子 能力目覚めたシリーズ
(書き手はバラバラです)

 

 

元スレ:佐天「水を800円で売る能力・・・かぁ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371575345/