1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:06:33 ID:0l47TFeE0
DIO「就活ゥ?何だそれは」

カーズ「下らんなァ~~~~ッ!汗水流して働こうなんてなァ~~ッ!!」

吉影「黙っていろ無職共、人間は君達とは違うんだ」

DIO「このDIOは人間をぶっちぎりで超越したのだッ!!」

カーズ「何だァ?餌の戯言が聞こえるぞォ?」

DIO「カーズ貴様ッ!!」ガタンッ

ディアボロ「面接か…昔はポルポに一任していたが…今はどうやっているのだろう」

ヴァレンタイン「ジョルノ君に聞いたらいいだろう?」

プッチ「DIOは働かなくてもわたしが養っていくから問題無いよ」

DIO「プッチ…わたしは良い友人を持ったぞ…!」

カーズ(こういう時だけ友人と呼ぶのだな)

ディアボロ(ジョルノか…娘がいない時に行かないと奴も応対が冷たいからな…)

プッチ(結婚しよ)
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:12:45 ID:QxLj0Yhv0
カーズとDIOの関係が面白すぎる
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:12:49 ID:0l47TFeE0
吉影「…まぁ、わたしは会社に行って来るから…君達」

吉影「大人しくしていろよ…」

ヴァレンタイン「約束する、決して暴れたりしない」STOP

ヴァレンタイン「わたしは口に出して誓った事は必ず実行してきた、『君がいない』からと言って羽目を外しはしゃぐ事は『絶対にしない』」保障OK

ヴァレンタイン「なぁ?」

DIO「フン!無論だ」

カーズ「よかろう…このカーズ!どうしても正々堂々ッ!吉影との約束を守りたくなった…」

プッチ「信用してくれ」

ディアボロ「人が人を選ぶにあたって最も重要なのはッ!『信頼』だ…わたし達を信じろ」

吉影「………フゥ~~~…じゃ、まぁ行って来るよ」

   バタンッ

五人「…………」

DIO「酒持って来ォ―――いッ!!」

ヴァレンタイン「イエスッ!イエスッ!!」

ディアボロ「漬けておいた梅酒の瓶を持って来るんだァーッ!!」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:14:20 ID:2I7df0zW0
ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:17:08 ID:0l47TFeE0
  ~会社~

吉影(あいつ等…ちゃんと約束守ってるんだろうな…)

吉影(クソッ!不安だ…!なんで会社に来る事のストレスより奴等の行動に対してストレスを感じなくっちゃあならないんだ…!)

上司「おはよう川尻君」

吉影「はっ!おはようございます!部長!」ペコォ~ッ

上司「今日は新卒の面接だ、午前の部と午後の部があるから宜しく頼むよ」

吉影「はい!勿論ですっ!将来わが社を担う人材をしっかりと見定めますッ!」ペッコォ~ッ

同僚「お!おい川尻!ちょっとこっち来いよ!」

吉影「ン?なんだ…?今わたしは部長と話を…」

同僚「いいからいいから!面白いモンが見れるぜ!」

吉影「お、おいッ!引っ張るんじゃあない…!!」ズルズル
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:21:12 ID:0l47TFeE0
同僚「いや、さっき新卒の顔見てたらさぁ!」

同僚「スッゲーのがいるんだよスッゲーのがッ!!」

吉影「凄いの…?」

同僚「あれ?さっきまで新卒集めてる会議室に居たんだけどな…」

吉影「トイレにでも行ったんじゃあないのか?わたしもそろそろ履歴書を見なきゃあならないんだが…」

同僚「…あ!あそこだよあそこ!ほら!あの洗面所にいるぜッ!」

吉影(なんだって言うんだ…全くうるさい奴だ…)

仗助「イマイチ髪型が決まんねぇなァ~~~ッ…!」

吉影「」

同僚「な?凄い頭だろ?」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:23:11 ID:ER4kRn6t0
ヤバイ主人公が吉良の会社にIN!
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:25:59 ID:0l47TFeE0
吉影(あ、あいつはッ!!東方仗助ッ!)

吉影(そう言えば奴も高校卒業後は就職するなんて話を聞いてはいたが…)

吉影(なんだあの靴べらのような髪型はッ!!)

  ~回想~

吉影「なぁ仗助、好奇心で聞きたいんだが…君…面接その頭で行くワケじゃあないだろうな…?」

仗助「え?やっぱまずいッスかねー?」

吉影「当たり前だッ!…君がその髪型を『気に入っているのは知って』いるし…今更咎めるつもりはないが…」

吉影「そんなの社会に出て通じると思うんじゃあないぞ…」

仗助「でもよォーッ、吉影さん…こいつぁ俺のポリシーっつーかよォ~~~ッ、譲れねー一線ってヤツでしてねー」

吉影「譲らなきゃ君、無職だぞ」

仗助「ま、そりゃ困りますけどォ…」

吉影「一応社会人の先輩としてのアドバイスだ、ちゃんと考えておけ」

仗助「ウィッス…分かりました、ちっと真剣に考えます…」

   ~~~
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:27:41 ID:fmhElqel0
仲いいなおい
23: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) 2013/09/07 14:29:09 ID:6S8Wwn/g0
仗助が吉良をさん付けwww
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:29:46 ID:0l47TFeE0
同僚「どうした川尻?さっきからヤバい顔になってんz…おいッ!爪から血が出てる!やめろッ!」

吉影「」ガリガリガリガリガリガガリガリガリガリ

吉影「………」ザッ

同僚「お、おい川尻!やーめとけって話かけるのは!」

仗助「うっし!これで完璧…ん?」クルッ

吉影「…………」ザッザッザッザッ

仗助「あれ?あんたここの会社だったのかよ、よs」

吉影「キラークイーンッ!!」ドムスッ

仗助「ぶぅぐッ!?ボ、ボディー…ブローだってェ~~ッ…!?」ドサッ

吉影「!?だ、大丈夫か君!しっかりするんだ!」

同僚(ん?何か今不自然だったような…)

吉影「クソッ!た、立てないのか!?なんて事だ…!すまない、彼は体調が優れないらしい!」

吉影「下の休憩室で休ませておくッ!わたしも付き添うから、君はこの事を部長に言っておいてくれ!」

同僚「お、おう」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:32:59 ID:0l47TFeE0
  ~休憩室~

仗助「……………」

吉影「……………」

仗助「……………」

吉影「………うん」

吉影「とりあえず」

吉影「なんでその頭で来た?」

仗助「…いやぁ……」

仗助「なんか…イケるかと思って…」

吉影「……………」

吉影「………うん」

吉影「バカだろ君」

仗助「あれ?吉影さん今もしかして激おこ?」

吉影「……………」

仗助「スンません…」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:37:00 ID:0l47TFeE0
吉影「それと、この会社だとわたしは『川尻浩作』だからそっちの名前で呼ばないでくれ」

仗助「マジっすか…まだ偽名使ってるとかグレートですね…」

吉影「いいんだよ、川尻家とは示談が済んでるから」

仗助(改めて考えるとブッ飛んでる話だぜ…)

吉影「あのな…わたしは言ったよな?社会人でその髪型をしているとマズいって…」

吉影「会社ってのは出る杭は打たれるんだ」

仗助「直して戻すぜッ!!」グッ

吉影「真面目に聞けェーッ!!」

吉影「…そもそもどうして履歴書は通ったんだ?顔写真あっただろ?」

仗助「あの時は下ろした写真使ったんスよ、吉影さんに言われた通り」

吉影(なんで持続しないんだ…!?)ドドドドド…
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:45:06 ID:0l47TFeE0
仗助「思うんですが、面接っつーのはその『人』の『在り方』っつーのを語る場所でしょ?」

仗助「だったらやっぱりテメーを偽っちゃいけねぇーっつー義務感がよォー…」

仗助「『あ、これは誤魔化しちゃならねー』って…なんつーんですかね、気持ち?」

仗助「これが沸々と沸いてきちまいましてねぇ~~~…」

仗助「ほら、歌の歌詞にもあるじゃないッスか?」

仗助「『生まれた所や皮膚や目の色で いったいこの僕の何が分かると言うのだろう』…ってのが…」

吉影「生まれた所や皮膚や目の色で全部決められるのが会社だから」

仗助「…………」

吉影「…別にわたしは君がこの会社で落ちようとなんだろうと構わないが…わたしも知り合いを落としたとあっては目覚めが悪い」

吉影「この世で最も大切なのは…『信頼』だそうだからな、ディアボロが言っていた」

   ~その頃のラスボス達~

ディアボロ「『信頼』されてるわーッ!おれ達マジで吉良に『信頼』されているわーッ!」グビグビ

カーズ「『たこわさ』買ってきたぞォーッ!あと軟骨の唐揚げだァーッ!ウィンウィンウィン!」

DIO「ヴァレンタイン!あれやれ!缶ビールの一気飲み!!」

ヴァレンタイン「期待に応える時が遂に来たかッ!!」ガタン
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:45:51 ID:QxLj0Yhv0
その頭を社内で指摘されることで発生する問題が一番ヤバい
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:50:39 ID:0l47TFeE0
仗助「吉影さん、俺がどうしてこんな髪型にしてるかっつーとですね…」

仗助「俺がガキの頃、高熱で病院に行かなきゃならねーって時…」

仗助「この髪型をした兄さんに助けられたからなんです」

仗助「あの人がいなかったら、きっと俺は生きちゃいねー筈だった…」

仗助「これはあの恩人への『恩義』をッ!忘れねーっつー俺の『気持ち』の表れなんです!」

吉影「…え、もしかしてそれを面接で言おうと思ってたの?」

仗助「はい、そうですが」

吉影(マジで勘弁してくれないかな…)

吉影「仗助…残念だがその話、内容が真実にせよ虚偽にせよ…」

吉影「会社は考慮しないよ」

仗助「マジすか!?」

吉影「マジだよ」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 14:54:53 ID:0l47TFeE0
吉影「とりあえず…面接前にね、髪の毛…下ろせ?ン?わたしの言っている事理解できるよな?」

仗助「いやでも…」

吉影「でもも何も無いんだこのクソカスがァ――――ッ!仕事したいんだろうッ!」

仗助「やる気はありますッ!!」

吉影「『やる気がある』だけで会社に入れるかッ!わたしの会社はワタミじゃあないぞッ!」

仗助「いやあそこはちっと評判が…」

吉影(なんでこんな頭して仕事を選りすぐっているんだ…!?)ドドドドド…

仗助「それにあのー、髪の毛下ろしてもですね…」

吉影「なんだ?」

仗助「すげぇロン毛ですよ、俺」

吉影「」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:00:20 ID:0l47TFeE0
吉影「…面接の写真は…どうしたんだ…?」

仗助「後ろで縛って隠しときましたッ!!」

吉影「女子か君は…!」

仗助「やる気はありまスッ!」

吉影「もうそれはいいよ!!」

吉影「今日は髪を縛る物…持ってきてないのかい?」

仗助「ないッスねー、あの時もおふくろのゴム借りたもんですから…」

吉影「…………」

仗助「あれ?もしかしてこれ…かなりグレートな状況ッスか…?」

吉影「寧ろ詰みの状態だと思うが」

  ~その頃のラスボス達~

DIO「そこでこのDIOは言ってやったのよッ!『貴様はチェスや将棋でいう』…なんだっけ…」

DIO「そうそう、『詰みにはまったのだッ!』とな…あの時はもう勝ったと思ったぞこのDIOは」

プッチ「羨ましいな…わたしは君たちと違って出来ないからな、『ジョースターの血統敗北自慢』」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:07:00 ID:0l47TFeE0
吉影「…とりあえずもう分かった、髪の毛だけ下ろして来いッ!それだけで印象がかなり変わる!」

仗助「せっかく決めたってのにですかァ!?」

吉影「仕方が無いだろ!」

仗助「き、厳しい…午後から面接だからビシッと朝決めて挑もうと思ってたのによォーッ」

吉影(ん?)

吉影「…午後、から?」

仗助「?はい、面接は午前と午後に分かれてて…俺は午後の部ッス」

吉影「時間は今………」

吉影「…9時30分……」

吉影「……フ、フハハッ…」

仗助「!?よ、吉影さぁん…?」

吉影「フハハハハハハッ!!『運』はッ!この吉良吉影に味方してくれたッ!!」

吉影「仗助」

仗助「は、はい…!」

吉影「髪切って来い」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:12:32 ID:0l47TFeE0
仗助「か、髪をッ!切るですってぇ!?マジか…あんたマジで言ってんのかよォーッ!」

吉影「うるさいな!当たり前だろ!会社の面接に失敗しない為にはこれしかないッ!」

吉影「君の面接が午後の部である事が幸いした…」

吉影「『体調不良だから午前中はずっと休ませておく』とわたしが会社に伝えておく!」

吉影「面接日に体調管理ができない、というのはマイナスになるが…その髪型で面接を受けるよりはダメージは低くて済むッ!」

吉影「その間に君は床屋でも美容室でもなんでもいいから髪形を整えて来い!!」

吉影「はいこれ散髪代」スッ

仗助「…よ、吉影さん……」

吉影「…いいか…『ちゃんと』切ってくるんだぞ…分かっているな…?」

吉影「『ちゃんと』ッ!!…だからな…!?」

仗助「は、はい…」

仗助(吉影さん…目、怖ぇえ~~~~ッ…!!)
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:19:31 ID:0l47TFeE0
  ~午後~

上司「川尻君、午後の部の面接スタートだ。…どうした?なんだか落ち着かない様子だな…」

吉影「いえ、何でもありません……」

吉影(ああは言ったものの…あいつちゃんと髪の毛切ってくるんだろうな…マジで頼むぞ…)

吉影(クソ!頭が痛い…気分が悪すぎる…あいつの面接終わったら早退しよう…帰るの2時くらいになりそうだな…)

  ~その頃のラスボス達~

カーズ「そう言えば餌よ、吉良の奴は何時に帰って来るのだァ?」グビグビ

DIO「フン!会社勤めだからな、精々6時半7時って所だろう!」グビグビ

ディアボロ「4時くらいまでは飲んでいられるな…ハハハハハッ!」グビグビ

ヴァレンタイン「フゥ―――ッ、酒を飲んだら興奮してきた…コンパニオン呼ばないか?」ウーップ

プッチ「いいね」

DIO「貴様は止めとけよ聖職者ァ」フハハフハフハ

  ~~~

上司「じゃあ次の方どうぞー」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:24:51 ID:0l47TFeE0
「はーい」

吉影(!仗助の声だ……)

仗助「どうも!東方仗助です!」ペコォ

吉影(お…おぉッ!やった!髪の毛が短い!短いぞッ!)

吉影(やったな仗助…大人になった……!!)

吉影(ん?)

吉影(…あれ?髪の毛…妙だぞ…なんだ?)

仗助(やっぱり髪の毛切るってのはよォー、無理だよなァーッ!ダッシュで家に戻っておふくろにヘアゴム借りたぜ)

仗助(縛った髪はスーツの内側に収納ッ!完璧な作戦ッスよォ~~こりゃあ~~~ッ!)

仗助(吉影さーん、あとで散髪代返すから許してくださぁ~~~いッ!)
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:30:19 ID:0l47TFeE0
上司「えー、じゃあまずこの会社を希望した動機を…」

仗助「はい、わたしは…――」

……………

………


上司「では、以上で面接を終わります。ありがとうございました」

上司「結果は追って連絡しますので」

吉影(お、終わった……)

仗助「ありやとッス!どーもしたっ!!」ブンッ、ペッコォッ


   ぱさっ


仗助「ん?」

上司「ん?」

吉影「ん!?」

仗助(や、やっべぇ!ヘアゴム……!!)

吉影「おま…ッ!!」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:35:38 ID:0l47TFeE0
仗助「あぁっと…!!」

上司「あれ?君なんだか髪のk」

吉影「あとがつっかえているんだッ!さっさと退室しなさい東方君ッ!!」ダンッ

仗助「は、はいッ!失礼します!宜しくお願いします!!」ペコッ、バッサバサァアッ

   バタンッ!

上司「!?お、おい川尻君…!今、彼の髪型凄い事になっていなかったか!?」

吉影「いえ、なんとも」

上司「お、おい!」

上司「ヘアゴムしてなかったか!落ちてるあれ、ヘアゴムじゃないのかッ!」ガタンッ

吉影(キラークイーン、ヘアゴムを爆破しろッ!!)カチッ

   ボンッ!!

上司「あ、あれ?無いぞ?…ヘアゴムが……」

吉影「………見間違えでしょう、部長…」フゥ~~~…

上司「そ、そうかぁ?…というか川尻君、顔真っ青だぞ…」

吉影「…すみません、部長…体調が優れないので早退します…」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:40:35 ID:0l47TFeE0
  ~帰路~


吉影(…疲れた)

吉影(帰って寝よう…寝た後にお風呂に入って…夕飯食べて…)

吉影(また眠ろう…泥のように…)

    \フッハッハッハハハハハハァーッ/ \オマエハ『タッケイ』ダァーッ/

  \イッパツギャクッ、シニマスッ/ \モウミアキタゾーッ/

    \イッパツギャクッ、イシニナッテカンガエルノヲヤメマスッ/ \ヤレィヤレーィッ/


吉影「……………」

吉影「……………」

吉影「……………」


  ドドドドドドドドドドドドドドド
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:45:17 ID:0l47TFeE0
~~~~~

~~~


ヴァレンタイン「落ち着くんだ……吉良吉影…爆破するなよ」

ヴァレンタイン「まずはわたし達の話を聞くんだ」

ヴァレンタイン「もはやお前がわたし達を爆破する事など簡単だ…取り乱して爆破するなよ…」

ヴァレンタイン「物事の…片方の面だけを見るのはやめろ……」

吉影「……………」

ヴァレンタイン「わたし達の目的は『みんなで楽しくちょっとカワイイ子とお酒を飲む事』…ただのそれだけだ」

ヴァレンタイン「酒を飲む事の結果としてそうなったが、君のストレス促進する事が目的ではない…」

コンパニオン「…………」ハンヌギ

吉影「……………」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:51:49 ID:0l47TFeE0
ヴァレンタイン「ここから話す事はとても重要な話だ」

ヴァレンタイン「それだけを話す」

ヴァレンタイン「わたしの酒飲みは『率先してやった』事ではない」

ヴァレンタイン「全てがDIOが『酒持って来ォ―――いッ!』と言い出したから行動した事」

DIO「おまッ!ふざけるんじゃあない!同調したくせに!!」

ヴァレンタイン「さぁ……『わたし』を『爆破する事』だけは…やめてくれ…」STOP

ディアボロ「こいつ汚ぇッ!!」

プッチ「ふざけるなッ!!コンパニオン脱がせたのは君だろ!」

ヴァレンタイン「吉影ッ!悪魔の囁きに耳を貸してはいけない…!」

カーズ「……………」石化
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:56:54 ID:0l47TFeE0
吉影「わたしは『大人しくしてろ』と言って会社を出た筈だが…?」

プッチ「吉良…!」

プッチ「わたしの職業はなんだ?…そうだ、聖職者だ」

プッチ「聖職者が…酒を飲むと、君は本気で思うのか?」

ディアボロ「梅酒どうだった」ボソ

プッチ「わたしはもう少し甘い方が好きだが」

吉影「……………」

プッチ「違う、待て、そうじゃあないんだ」

吉影「覚悟こそ幸福なんだろ?良かったじゃあないか、君は今『爆破される未来』を覚悟できる」

プッチ「待てッ!…落ち着くんだ…頼む話を聞いてくれ…」

プッチ「わたしは…聖職者だ…」

DIO(さっきと言ってる事一緒ではないか…)
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 15:58:04 ID:xE/30mD+0
責任擦り付けあってるwwwww
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 16:01:39 ID:0l47TFeE0
吉影「…まぁ、いいだろう」

吉影「わたしのキラークイーンは…触れた物を爆弾に変える、『跡形』も残さない」

吉影「そんな能力で触れたら、いかに究極生物だろーと吸血鬼だろーと『完全消滅』して一切残る事はない」

吉影「人間なら尚更だ」

吉影「同居人にはさすがにそんな残酷な事はしないよ」

吉影「……だが、居たよな?この中で『完全消滅』しようと『ゼロに戻る』奴…いたよな?」

DIO「………」スッ

カーズ「………」石化解除スッ

プッチ「………」スッ

ヴァレンタイン「………」スッ

ディアボロ「………えっ」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 16:06:58 ID:0l47TFeE0
ディアボロ「お…お前ら…何故…お、俺から離れるんだッ!」

DIO「…ディアボロよ…我が息子ジョルノに感謝しろ」

ディアボロ「き、貴様ッ!!おいプッチ……!」

プッチ「君の死亡オチは…とても安定している……「天国」はそこだった…」

ディアボロ「カ、カーズ!?」

カーズ「……………」再石化

ディアボロ「ヴァレンタインッ!!貴様…お、おれを見捨てるのかッ!」

ヴァレンタイン「我が心と行動に一点の曇りなし……!全てが『正義』だ」

コンパニオン「あっ…ふッ、んぁああぁっ!…はぁ…ん…っ!」

ディアボロ「コンパニオンのおっぱい揉みながら何を言っているんだ貴様ァーッ!!」

吉影「そろそろいいかな?五回、爆破するけど」

ディアボロ「………」

ディアボロ「ご、五回ッ!!?」
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 16:11:37 ID:0l47TFeE0
吉影「DIO、カーズ、プッチ、ヴァレンタイン…そして君」

吉影「ほら、五回だろう」

ディアボロ「待て待て!絶対にッ!おかしいぞそれは!全責任がこのディアボロだとッ!?」

ヴァレンタイン「…………」保身OK

ディアボロ「おいあいつを見ろォーッ!何か変な効果音だったぞ!いつもの『保障OK』じゃあないッ!」

吉影「キラークイーン」

キラークイーン「にゃーん」

ディアボロ「待て!やめろッ!!こんなの絶対…おかしいよっ」

ディアボロ「お、俺の傍に近寄るなァ―――――ッ!!」


    ドッゴォォォォォォオオオオン……
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 16:17:09 ID:0l47TFeE0
……………

………


吉影「おはようございます、部長ッ!」ペッコォ~

上司「やぁ川尻君、体調の方いいのかね?」

吉影「はい、もう問題ありません!ご心配をお掛けしてしまい大変申し訳ありませんでした!」

上司「いいよいいよ、君はよくやってくれているし…」

吉影「そう言えば面接はどうでしたか?他の人達は…」

上司「いやぁ、まだ選考中だな…しかしあのヘアゴム付けていた疑惑の子は印象に残ったなぁ」

上司「印象付けとしちゃ完璧だったね、ははは!」

吉影(フゥ~~~…苦労したが…ま、やれるだけの事はやった…良しとするか)

吉影(…来年からは新卒採用の面接官の仕事なんて絶対断ろう…そうしよう)
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 16:26:53 ID:0l47TFeE0
  ~その頃のラスボス達~


DIO「なぁディアボロ、機嫌直せ」

カーズ「ほーら、リスだ!可愛いぞぉ~?ピ・ラ・ニ・アだァ~~ッ!可愛いぞォ?ディアボロォ~~」

プッチ「ほらディアボロ…わたしと一緒に賛美歌聴こう…君の為の、鎮魂歌だ…」

ヴァレンタイン「わたしの判断にミスは無かったと信じている」

ディアボロ「段々と謝る気が無くなっていってるぞォーッ!もうやだお前ら!!」

カーズ「よかろうなのだァーッ!!」

ディアボロ「よくないッ!この便器に吐き出されたタンカス共がァーッ!!」

DIO「まぁまぁディアボロよ、落ち着け…今日はお前の慰め会だッ!!」

DIO「飲んで忘れようじゃあないか、なぁ?」

ディアボロ「…………」ピクッ

ディアボロ「…酒…か…!!………ちょっとだけだぞッ!」

四人「イェア―――――ッ!!」


fin.
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 16:29:25 ID:SuLA8TBd0
乙!
面白かったぞ!
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/07 16:42:15 ID:xE/30mD+0
乙!
面白かったぜwww

 

 

 

元スレ:吉良吉影「今日は就活生の面接日か」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378530393/