1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 18:02:04 ID:H9OVg0Ns
※ネタバレ注意
※くっちゃべってるだけなので、エロくないしキュンキュンもしない
※キャラ崩壊してるかもしれない
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 18:02:43 ID:H9OVg0Ns
---訓練兵団 解散式 夜

アニ「・・・びっくりした」

ベルトルト「何してるの?」

アニ「ちょっと疲れたから、抜け出してきた」

アニ「そっちは?」

ベルトルト「僕も。少し人酔いした」

アニ「そっか」

アニ「・・・戻るよ」

ベルトルト「そう?」

アニ「あまり一緒にいない方が良い」

ベルトルト「今は大丈夫じゃないかな。こんな裏の方誰も来ないよ」

アニ「そうかな」

ベルトルト「多分ね」

アニ「じゃあもう少し良いかな」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 18:03:30 ID:H9OVg0Ns
ベルトルト「何見てるの?」

アニ「・・・これ」

ベルトルト「なに?アリ?行列?」

アニ「働いてるなーと思って」

ベルトルト「働いてるね」

アニ「・・・・・・」

ベルトルト「・・・・・・」

アニ「・・・何か引き込まれちゃう」

ベルトルト「・・・そうだね」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 18:16:53 ID:H9OVg0Ns

アニ「こいつ、体に比べて大きいもの運び過ぎじゃない?」

ベルトルト「必死だね」

アニ「・・・エレンみたい」

ベルトルト「そうかな」

アニ「・・・アリン」

ベルトルト「何それ」

アニ「命名。アリン」

ベルトルト「命名しちゃった」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 18:17:23 ID:H9OVg0Ns

ベルトルト「じゃあ、アリエレンの後をついてきてるのはアルミンかな」

アニ「アリエレンじゃない。アリン」

ベルトルト「ごめん」

アニ「後ろのはアリミン」

ベルトルト「アリミンか」

アニ「あんまり変わらないね」

ベルトルト「ちょっと名前が可愛くなったよ」

アニ「ますます可愛くなっちゃうの?」

ベルトルト「可愛くなっちゃったね」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 18:38:24 ID:H9OVg0Ns

ベルトルト「今追いついてきたのはミカサだろうね」

アニ「・・・アリサ?」

ベルトルト「別人になったね」

アニ「アリになっても仲が良いね」

ベルトルト「そうだね」

アニ「・・・あ、アリンがはぐれてく」

ベルトルト「エレンだしね。しょうがないよ」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 18:39:37 ID:H9OVg0Ns

アニ「・・・このエサの塊から離れないのはアリシャ」

ベルトルト「サシャ?」

アニ「うん」

ベルトルト「もうちょっと小さいエサ運べば良いのに」

アニ「食い意地張ってるからしょうがない」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 18:41:11 ID:H9OVg0Ns

ベルトルト「その周りでぐるぐる回ってるのは?」

アニ「コ・・・ア・・・アニー?」

ベルトルト「コニー?」

アニ「うん」

ベルトルト「アニと同じ名前になっちゃったよ」

アニ「違う。アニじゃない。アニー」

ベルトルト「そっか」

アニ「うん」

ベルトルト「歌でも歌いだしそうだね」

アニ「どうして?」

ベルトルト「何となく」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 19:06:50 ID:H9OVg0Ns


ベルトルト「・・・じゃあ、さっきから2匹でつるんでるのは」

アニ「ジャンとマルコかな・・・」

ベルトルト「命名は?」

アニ「・・・ジャン・・・アリ・・・アリャン・・・アリ・・・ジャン・・・」

ベルトルト「そんなに真剣に考えなくても良いんだよ」

アニ「じゃあ、アリジャンでいいや」

ベルトルト「指摘してるだけだね」

アニ「・・・ジャン使えない・・・」

ベルトルト「こんなところで最低評価受けてるとは彼も思わないだろうね」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 18:43:35 ID:/rqMQDb6
なんだこれ、とても可愛らしいぞ……
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 19:54:13 ID:J4aZp2jE
片思いのベルさんにとっては至福のひと時だろうね
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 20:32:51 ID:H9OVg0Ns

アニ「マルコはアリコ」

ベルトルト「サクッと出たね」

アニ「マルコは出来る奴だから」

ベルトルト「評価基準そこなんだ」

アニ「ハマってると思うけど」

ベルトルト「安心できる感じだね」

アニ「安心?」

ベルトルト「急な病気や怪我にも安心かなって」

アニ「どうして?」

ベルトルト「何となく」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 20:41:21 ID:H9OVg0Ns

ベルトルト「こっちも2匹つるんでるのがいる」

アニ「もうアリスタとアリルで良いや」

ベルトルト「飽きたんだ」

アニ「うん」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 20:51:01 ID:H9OVg0Ns

アニ「・・・こっち、種類が違うのがいる」

ベルトルト「本当だ。ちょっと大きいんだね」

アニ「アリナーと、アリトルトと、・・・アリ」

ベルトルト「アリナーは可愛すぎない?」

アニ「そうかな」

ベルトルト「学名ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ、オス。個体名アリナー」

アニ「ぷっw」

ベルトルト「でしょ」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 21:16:45 ID:H9OVg0Ns

ベルトルト「最後のアリはアニ?」

アニ「うん」

ベルトルト「そのまんまだね」

アニ「ひねりようがないよ」

ベルトルト「それに、アニは小さいじゃない」

アニ「・・・」

ベルトルト「僕ら2人が規格外なだけで、アニは・・・」

アニ「小さくない」

ベルトルト「・・・」

アニ「・・・小さくないよ」

ベルトルト「・・・そっか。そうだね」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 21:18:16 ID:H9OVg0Ns


ベルトルト「この小さいの、アリアニの側うろうろしてるね」

アニ「・・・アリーナ?」

ベルトルト「そうなるのかな」

アニ「全然種類が違うのに」

ベルトルト「そうだね」

アニ「・・・気を使ってくれてるのかな」

ベルトルト「好きで寄ってきてるんだと思うよ」

アニ「そうなのかな」

ベルトルト「きっとね」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 22:05:15 ID:H9OVg0Ns

アニ「えいっ」プチッ

ベルトルト「あ」

アニ「えいっ、えいっ、えいっ」プチップチップチッ

ベルトルト「・・・・・・」

アニ「簡単に潰れるね」

ベルトルト「・・・そうだね・・・」

アニ「たくさん死んだね」

ベルトルト「うん」

アニ「こいつら、働くのやめないね」

ベルトルト「そうだね」

アニ「仲間がたくさん死んだのに」

ベルトルト「働かないと食えないから」

アニ「悲しんでる?」

ベルトルト「悲しんでるかもね」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 22:11:58 ID:H9OVg0Ns

アニ「そうは見えないよ」

ベルトルト「心の中ではね」 

アニ「たくさん名前付けたけど、どれが誰かもう分からない」

ベルトルト「そうだね」

アニ「ミーナも死んじゃったのかな」

ベルトルト「アリのね。アリーナ」

アニ「自分で殺したのに、誰を殺したのかも分からない」

ベルトルト「・・・そうだね」

アニ「こいつら、死ぬのが嫌じゃないの?」

ベルトルト「どうかな」

アニ「少しは抵抗すれば良いのに」

ベルトルト「アリだからね」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 22:23:50 ID:H9OVg0Ns

アニ「アリは抵抗しない?」

ベルトルト「抵抗するってことを知らないんじゃないかな」

アニ「知らないのか」

ベルトルト「知らないと思うよ」

アニ「大体、アリの抵抗ってなんなの」

ベルトルト「言い出したのはアニだよ」

アニ「ものすごい数でものすごい勢いで体中這いずり回るとか」

ベルトルト「気持ち悪いこと思いつくね」

アニ「でも、人を倒すまでは出来ないよね」

ベルトルト「一生モノの心の傷にはなりそうだけどね」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 22:31:34 ID:H9OVg0Ns

アニ「人は?」

ベルトルト「抵抗するかって?」

アニ「うん」

ベルトルト「もう、死に物狂いでね」

アニ「方法も知ってるし」

ベルトルト「自分たちで編み出したんだ。すごいよ」

アニ「それだけ必死ってこと?」

ベルトルト「そうだね」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 22:39:00 ID:H9OVg0Ns

アニ「必死に抵抗したら死なないかもしれない?」

ベルトルト「・・・どうかな」

アニ「抵抗すれば生きられるかもしれない」

ベルトルト「・・・・・・」

アニ「抵抗する術を持っているなら生き残れるかもしれない」

ベルトルト「・・・アニ」

アニ「死ななくて済むのかもしれない」

ベルトルト「アニ、ダメだよ」

アニ「期待しても無駄だから?」

ベルトルト「そう」

アニ「抵抗する術を身につけたんでしょ?そのための兵s」

ベルトルト「壁がなければいずれ揉み潰される」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 22:44:39 ID:H9OVg0Ns

アニ「・・・壁が壊れなければ・・・」

ベルトルト「・・・・・・」

アニ「兵士を辞めて、どこかの小さな村で」

ベルトルト「アニ」

アニ「野菜を作って」

ベルトルト「アニ」

アニ「豚でも育てて」

ベルトルト「アニ、やめよう」

アニ「たまには街に出て」

ベルトルト「もう遅いんだ」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 22:47:16 ID:H9OVg0Ns

アニ「ライナーも」

ベルトルト「お願いだ」

アニ「ベルトルトも」

ベルトルト「やめてくれ」

アニ「一緒に」

ベルトルト「アニ!」

アニ「」ビクッ

アニ「・・・ごめん。ちょっと言ってみたかっただけ」

ベルトルト「・・・うん」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 23:05:23 ID:H9OVg0Ns

アニ「少し・・・気持ち悪い」

ベルトルト「余計なことを考え過ぎだよ」

アニ「・・・うるさいな・・・」

ベルトルト「考えるから苦しくなるんだ」

アニ「ベルトルトは考えないの?」

ベルトルト「ん?んー・・・うん」

アニ「そしたら、気持ち悪くならない?」

ベルトルト「・・・・・・ならないよ」

ベルトルト「僕たちは所詮手足だから」

ベルトルト「考えるのは頭の役目だ。手足には考える必要も悩む必要もない」

アニ「そんな風に割り切れないよ」

ベルトルト「・・・そうか」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 06:39:36 ID:MFvVvpFI

アニ「・・・エレンが」

ベルトルト「エレン?」

アニ「さっきの演説で、壁の外に行きたいって」

ベルトルト「ああ、あれか・・・」

アニ「エレンの夢を真っ向から潰しにかかってるんだな、と思って」

ベルトルト「・・・・・・」

アニ「そしたら何だか肩の辺りが重くなって」

ベルトルト「だから抜け出したんだ」

アニ「うん・・・」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 06:43:18 ID:MFvVvpFI

ベルトルト「アニはさ、何がしたいの?」

アニ「何がって」

ベルトルト「エレンの夢を叶えたいの?故郷に帰りたいの?」

アニ「は?」

ベルトルト「全部を実現させるのは無理だよ」

アニ「そんなこと、分かってる」

ベルトルト「分かってない」

アニ「・・・・・・」

ベルトルト「羨ましいよ。余裕があって」

アニ「そんなものある訳ないよ。何?喧嘩売ってるの?」

ベルトルト「違うけど・・・あー・・・もー・・・」グシャグシャ

アニ「頭皮に八つ当たりするのやめなよ。毛根にダメージいくよ」

ベルトルト「ほっといて・・・」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 17:39:20 ID:MFvVvpFI

ベルトルト「僕はただ、怖いんだよ」

アニ「何が」

ベルトルト「・・・この5年間、ずっと馬に乗ってる気分なんだ」

アニ「何?いきなり。馬?」

ベルトルト「そう。鞍もあぶみも手綱もない暴れ馬」

ベルトルト「首にしがみついていないといつ振り落とされるか分からない」

ベルトルト「ここ3年は割と大人しかったんだけど」

アニ「私も?」

ベルトルト「そうだよ」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 17:40:10 ID:MFvVvpFI

アニ「ライナーも」

ベルトルト「・・・ライナーは」

アニ「なに?」

ベルトルト「今にも振り落とされそうで見てて酷く不安なんだ」

アニ「落ちたらどうなる?」

ベルトルト「乗ってた暴れ馬に蹴り殺される」

アニ「嫌な死に方だね」

ベルトルト「嫌だね」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 18:25:42 ID:MFvVvpFI

アニ「ライナーが落ちたら?」

ベルトルト「誰か一人でも落ちたら、遅かれ早かれみんな道連れだよ」

アニ「私は落ちたりしないよ」

ベルトルト「見てて不安なのはアニもライナーも一緒なんだ」

アニ「一緒にしないで。私は」

ベルトルト「変わらないよ、ライナーと」

アニ「・・・・・・」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 18:26:12 ID:MFvVvpFI

ベルトルト「僕は自分の馬にしがみついてるだけで精一杯なんだよ」

ベルトルト「君もライナーも、本当は助けたいんだけど余裕がない」

アニ「・・・助けてもらう必要なんてない」

ベルトルト「そうは見えない」

アニ「覚悟なら、とっくに決めてる」

ベルトルト「そういうことじゃないんだ」

アニ「何が言いたいの」
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 20:58:47 ID:MFvVvpFI

ベルトルト「迷ってしまうんじゃないかって」

アニ「迷う?何を」

ベルトルト「分かってるだろ?自分がどれだけぐらついているのか」

アニ「・・・・・・」

ベルトルト「それが怖いんだよ」

ベルトルト「迷ってタイミングを逃してしまえば、取り返しのつかないことばかりだ」

アニ「・・・ほんとうるさい・・・」
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:01:33 ID:MFvVvpFI

ベルトルト「お願い。ちょっとだけだから聞いてて」

アニ「・・・・・・」

ベルトルト「いざ事が動き出せば、後は各々の力量と裁量に任せるしかないんだ」

ベルトルト「迷ったりためらったりしたら禍根を残してしまうかもしれない。だから何があっても・・・」

アニ「・・・この期に及んで、説教?」

ベルトルト「ごめん。ただ、言わないと不安で」

アニ「そんな縋るような目で言われても説得力がないよ」

ベルトルト「え、そんな顔してる?」

アニ「してる」

ベルトルト「・・・・・・」ゴシゴシ

アニ「顔拭いても変わんないから」
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:02:05 ID:MFvVvpFI

アニ「・・・そんなに頼りない?」

ベルトルト「出来ることなら、ずっとポケットにでもしまっときたい気分だよ」

アニ「私はアリじゃない。無理だよ」

ベルトルト「分かってる」

アニ「臆病だね」

ベルトルト「それも分かってる」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:19:44 ID:MFvVvpFI

アニ「で、お説教で不安は和らいだの?」

ベルトルト「全然」

アニ「私、叱られ損じゃないか」

ベルトルト「叱ってるつもりはなかったんだけど。むしろ僕の方が怒られてるんだけど」

アニ「イラッとしたから」

ベルトルト「ごめん」

アニ「謝り過ぎ」

ベルトルト「もう癖になってるかな」

アニ「嫌な癖だね」
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:28:07 ID:MFvVvpFI

アニ「大丈夫だよ、私は。やらなきゃいけないこともタイミングも弁えてる」

ベルトルト「うん・・・なら良いんだ」

アニ「私が2人を故郷に連れて帰ってあげるよ」

ベルトルト「はは、頼もしいね」

アニ「うん。約束。指切り」

ベルトルト「指切り?」

アニ「バカみたいって思ってるんでしょ」

ベルトルト「思わないよ、そんなこと」
47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:32:46 ID:MFvVvpFI

アニ「じゃあ、はい」

ベルトルト「約束か・・・」

アニ「えー・・・そこで悩まれると、私立場ないんだけど」

ベルトルト「ちょっと考えちゃって」

アニ「そこまで信用してないの?」

ベルトルト「そう言う訳じゃないんだけど」
48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:48:00 ID:MFvVvpFI

アニ「なら、適当に調子合わせといてよ」

ベルトルト「・・・アニとそれはしたくないな」

アニ「何それ」

ベルトルト「とても守れないような約束、散々してきたからね。もう良いかなって」

アニ「誰と」

ベルトルト「いろんな人と」

アニ「最初から約束しなければ守らなくても良いって?」

ベルトルト「そんな感じ」

アニ「今更?」

ベルトルト「ほんとだよね」
49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:49:04 ID:MFvVvpFI

アニ「故郷に帰るつもりもないの?」

ベルトルト「それはないけど」

アニ「じゃあ良いじゃない。約束の一つや二つ」

ベルトルト「・・・破りたくないんだよ」

アニ「めんどくさい奴だね」

ベルトルト「守れる見通しがつくなら100でも200でもしてあげるよ」

アニ「そんなにいらない」

ベルトルト「そっか」

アニ「て言うか、ズルすぎでしょそれ」

ベルトルト「僕もそう思う」
50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:55:06 ID:MFvVvpFI

アニ「?騒がしいね」

ベルトルト「・・・お開きかな?」

アニ「もう戻らないと」

ベルトルト「そうだね。アニ、先に」

アニ「うん。じゃあ」ザッザッ

ベルトルト「・・・・・・」
51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:58:09 ID:MFvVvpFI

ベルトルト「アニ!」

アニ「・・・何?」

ベルトルト「絶対に、迷ったりしないでくれ」

アニ「またお説教?」

ベルトルト「違うよ。僕からのお願い」

アニ「・・・お願いならしょうがないね」

ベルトルト「素直じゃないな」

アニ「うるさいよ」
52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:59:09 ID:MFvVvpFI

ベルトルト「帰るんだ。全部終わらせて」

アニ「約束はしないんじゃなかったの?」

ベルトルト「約束じゃないよ。ただの決意表明」

アニ「そっちこそ素直じゃない」

ベルトルト「お互い様だね」

アニ「・・・・・・」

ベルトルト「・・・・・・」
53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 21:59:50 ID:MFvVvpFI



ベルトルト「・・・明日だ」

アニ「・・・うん」ザッザッザッザッ
54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:00:26 ID:MFvVvpFI

ベルトルト「・・・・・・・・・」





ベルトルト「本当に」グシャ

ベルトルト「こんな風に、アリを踏み潰すように」グシャ

ベルトルト「簡単に終わることが出来たら」グシャ

ベルトルト「・・・楽だったのにね」
55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:00:57 ID:MFvVvpFI




ベルトルト「・・・・・・気持ち悪い・・・・・・」
56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:01:40 ID:MFvVvpFI
おしまい
57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 22:04:20 ID:zPuaYjPc
乙!
可愛かったけど切ない.........
60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 03:46:06 ID:T5sq/rpg
めっちゃ好きだわ

 
関連スレ:

この書き手作品集

 

 

元スレ:ベルトルト「アニ?」アニ「」ビクゥッ
http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1378198924/