1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 19:14:29.36 ID:G0DWIGMN0
西暦2013年3月。 
ぼくももうすぐ29歳になります。 

ああ、すみません。申し遅れました。 
ぼくの名前は『広瀬康一』 


生まれてから今までの間、S市杜王町でずっと暮らしてきました。 
今は妻の由花子と二人暮らしをしています。 

この町は本当に素敵な町です。 
一時期『殺人鬼』なんかもいて苦い時代もあったけれど、 
ジョースター家の三人、 
『仗助』くん、『承太郎』さん、『ジョセフ=ジョースター』さんの活躍もあって、 
ここ十数年は本当に平和です。 

そういえばこの三人と、承太郎さんの愛娘である『徐倫』さんが、 
ちょうど杜王町に集まっています。 

あの『ジョースター』の血筋がこんなに集まるなんて! 



でも、楽しい話はできないかもしれません。 
だってこの四人が数日前から、 

『行方不明』なんですから―― 


※『ジョジョの奇妙な冒険』のifストーリーです。 
徐倫と承太郎達がプッチを無事に『倒した』後の、想像のお話です。 

※一名限定で既存のスタンドが『成長』し、 
オリジナルスタンドとして登場します。 


拙い文章ですが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。
2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 19:15:12.34 ID:G0DWIGMN0
なんだ? 

これはなんだ……? 


『折り紙』 


折り紙……か? 

線が入っている。何度も『折り曲げた』のか? 



ここは『夢』の中……なのか?
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 19:15:57.43 ID:G0DWIGMN0
- 夜 広瀬家 - 

由花子「おなか……すいたわよね、お待たせッ。 
今日のメニューはね、エビのワイン蒸しに、ヒラメのムニエル。 
おいしいそうでしょう?それとね……、康一?」 

康一「……」 

由花子「どうしたの?」 

康一「あ、あぁ……ごめん。ちょっと気になることがあって……」 

由花子「あたしで良ければ……聞こうか?」 

康一「……」 

由花子「……」 

康一「……ありがとう。明日、聞いてもらえるかな」
4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 19:30:41.75 ID:G0DWIGMN0
ボフッ 
康一は、ベッドの上に横たわった。 

気が気じゃないよ。 
仗助くんも含めたジョースター家の四人が、揃って『行方不明』だなんて…… 


承太郎さん達三人の泊まっている『杜王グランドホテル』 
に連絡をしたら、三人共数日前から部屋に戻っていないと言う。 

仗助くんの携帯に何度か連絡をしたけど、一度も電話にでない。 
いつまでも折り返しがないから自宅に電話したら、仗助くんのお母さんがでた。 
お母さんは、 
「どうせどっかで遊んでんのよ。こっちが心配し始めた頃になって、 
いつの間にか戻ってくるんだから」 
と言っていた。 

静は、仗助くんの家で今暮らしている。 
彼女はどう思っているのだろうか? 

お母さんの言うように『何事もなく』戻ってくればいい。 
そうだといいけれど、『嫌な予感』が拭いきれない。 
だって仗助くんだけじゃあなく、承太郎さん達までいないんだから。 

そうだ。明日、『露伴先生』に相談しに行こう。 
仕事も有給休暇をとってるし、ちょうどいい。
5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 19:41:00.63 ID:G0DWIGMN0
- 杜王グランドホテル - 

ホテルマン「あッ!あれはミスタージョースター!」 

ジョセフ「……ん?どうしたんじゃ?」 

ホテルマン「4日間もどちらにいかれてたんですか!? 
何度携帯に電話しても出ないし……。 
一日以上外出する際は、事前に連絡をしてくださいよッ!」 

ジョセフ「んん~~?わし、何日も外出してたかのう?」 

ホテルマン「してましたよ!4日もッ!! 
(はぁ…まぁ90歳を過ぎてるじいさんだ。ボケてるのか?しょうがない…) 
ところで、空条承太郎さんと、その娘さんはどちらにいるかご存知ですかね?」 

ジョセフ「いやあ、知らんのう~~~」
6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 19:51:13.12 ID:G0DWIGMN0
ホテルの自室へ戻ってきたジョセフは、 
バスルームでシャワーを浴びていた。 

ジョセフ「はて……4日か。そういえばわしはどこにいたんだっけ? 
なにか忘れている気がするのう……」 

シャワーを浴び終えたジョセフは、体重計に足を乗せる。 

ジョセフ「おおッ!一ヶ月でこんなに減量できたとはのう~。 
『一ヶ月で20k痩せれます!』の謳い文句が本当だったとは。 
日本の『ダイエット器具』は本物じゃなあ~~~」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

別に外見上は一ヶ月前と『変わっていない』。 
そう、痩せた風には見えないのに…… 
ジョセフの体重は一ヶ月前と比べ、 

『20k』減っていた。
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 20:02:50.00 ID:G0DWIGMN0
- 翌昼 露伴宅前 - 

康一「そういえば、露伴先生は『ピンクダークの少年』の連載が終わってから、 
この新しい豪邸に引っ越したんだよなァ~~。 
前の家も大きかったけど、その比じゃないや。売れっ子漫画家はすごいなあ~~」 

ピンポーン 

「(来たか……康一くん。待ちくたびれたぞ……)」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

康一「……?誰もいないのかな? 
あれッ、でもよく見ると門の鍵は開いてる。部屋も明かりがついている……あっ!」 

露伴「やあ、康一くんじゃあないか。久しぶりだね、どうしたんだい?」
8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 20:12:59.02 ID:G0DWIGMN0
康一「露伴先生ッ!お久しぶりです、髪の毛伸びました? 
ちょっと相談事があって……」 

露伴「相談かい?もちろん歓迎さ。それじゃあどうぞ、上がって……」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

康一「うわああーーッ!内部もシックな感じで、かっこいい邸宅ですねッ!」 

露伴「ありがとう。さあ、二階へどうぞ……」 

康一「あの、今更ですが……連載お疲れ様でした。 
今は次の作品の構想を練っているところなんですか?」 

露伴「ああ、そうだよ。『おもしろいマンガ』を書きたいからね……」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

露伴「着いたよ。この部屋だ」
9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 20:15:11.52 ID:G0DWIGMN0
露伴先生が扉を開けた。 

部屋の中は広くて、家具もほとんどなかった。 

だからそこに『人』がいるってすぐに気付いたんだ。 

部屋の中にいたのは…… 



行方不明中の三人だった。
10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 20:26:03.46 ID:G0DWIGMN0
ゴゴゴゴゴゴ… 

康一「え……?仗助くんに……承太郎さん!?それにその女の子は……」 

承太郎「……この子は徐倫。わたしの娘だ。 
康一くん、久しぶりだな。元気だったかい?」 

康一「え…ええ。あ、あの承太郎さん達はなぜ露伴先生の家に……?」 

承太郎「……」 

仗助「……」 

徐倫「……」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

康一「(こ…この『空気感』は……普通じゃあないッ!? 
ま…まずい。ここは逃げよう!この屋敷から早く……!)」
11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 20:36:08.45 ID:G0DWIGMN0
露伴「さて……康一くんには過去に一度話したことがあったな。 
マンガ家というものは職業柄いつも、 
あらゆる『状況の可能性』を考えるクセがある、ってね」 

康一「……!」 

露伴「ここでこのわたしの考える『康一くんの行動』の可能性は三つだ。 
①この屋敷から逃げる 
②話し合いをする」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

露伴「そして三つ目は…… 
③三人は既に『ヘブンズドアー』で『操られている』と悟り、 
このわたしに攻撃を仕掛けてくる、だ」
12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 20:48:24.30 ID:G0DWIGMN0
ゴゴゴゴゴゴ… 

康一「ろ…露伴先生、い、今なんて……!?」 

露伴「『承太郎達がなぜこの家にいるか?』 
答えは……わたしがヘブンズドアーで『操っている』からだよ」 

な…何を露伴先生は言っているんだ? 
『操っている』? 
よくわからないぞ… 
だって、露伴先生はそんなことをする人じゃあない…… 
そうだ。一人称もいつもは『ぼく』だったのに、 
今日は『わたし』になっている。 
きっと別人だ!ここにいるのは露伴先生じゃあ…… 


露伴「康一くん」 

露伴の声を聞き、康一はハッとした。
13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 20:58:17.07 ID:G0DWIGMN0
露伴「少し『混乱』しているようだから、 
赤ん坊に教えるように、優しく話をしてあげよう…… 
まず結論から言うと、君をわたしの仲間にしたい」 

康一「仲間……?ぼ、ぼくもヘブンズドアーで操るつもりですかッ!?」 

露伴「違う違う。…話は最後まで聞けよ。 
しょうがないな……徐倫。やれ」 

徐倫「ストーンフリーッ!!」 

康一「う、うわッ!?これは…『糸』!?」 

ストーンフリーの糸が康一の体を縛り上げた。 

露伴「いいかい康一くん、君に『黙秘権』をあげよう。 
つまり『黙って聞け』と、いうことだ」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

露伴「仲間という言葉が悪かったかな。 
わたしはね、尊敬している君を服従させ、『僕(しもべ)』にしたいんだ」
14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 21:07:45.71 ID:G0DWIGMN0
康一「だ…誰かに操られているんですねッ!? 
露伴先生や仗助くん達を、操っている奴がいるん……」 

ドゴォッ!! 
クレイジーダイヤモンドの拳が、康一の顔面を殴った。 

康一「う…うあああっ……!!?」 

康一の口と鼻から、血がしたたり落ちる。 

ゴゴゴゴゴゴ… 

露伴「『黙れ』と言っただろうが。次は……『殺すぞ』」 

康一「うぅ……はぁ…はぁ……」 

露伴「話の続きだ。ではなぜ君を僕(しもべ)にしたいか? 
この杜王町は本当に美しい町だ。わたしも大好きだよ。 
しかし、退屈な町でもある。 
『吉良吉影』以降、ろくな『悪』が出てこない」
15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 21:18:18.24 ID:G0DWIGMN0
露伴「『おもしろいマンガ』を書く為には、『リアリティ』が必要だ。 
『リアリティ』こそが作品に命を吹き込むエネルギーであり、 
『リアリティ』こそがエンターテイメント。わかるかい? 
悪がいなければヒーローは輝かない。 
戦争がなければ英雄は生まれない。 
ヒーローは君や、仗助、承太郎達がいる。 
しかしこの町には『悪』のリアリティが不足しているんだ」 

康一「……」 

露伴「ではどうするか?結論だ。わたしが『悪』になる。作品の為に……な。 
そして真の悪は、自身の尊敬する者を『屈服』させてこそ輝く。 
だから康一くん。『君だけ』はヘブンズドアーじゃあなく、 
心から……『服従』させたいんだよ。わたしはなああああァァァーーーーッッ!!!」
16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 21:27:27.64 ID:G0DWIGMN0
ドドドドドド… 

康一「……それだけか?」 

露伴「んん?」 

ザワザワザワザワ… 
康一の髪の毛が逆立ち始める。 

康一「……それで話は終わりかと、聞いているんだ。露伴先生……いや『露伴』! 
おまえはただそれだけの為に、仗助くん達を操っているというんだな!!」 

露伴「わたしにとってはそれが『全て』だ。 
『おもしろいマンガ』を書き『読んでもらう』。それが全て……」
17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 21:34:34.79 ID:G0DWIGMN0
ドドドドドド… 

康一「許さない……許さないぞ!露伴ッ!! 
『エコーズct2ッ!!』」 

康一は『ドヒュウウウ』の文字を床に貼り付け、 
それを踏んだ! 

ドヒュウウウ! 

徐倫「こ…この『パワー』!糸の捕縛を上回っている!?」 

康一は『文字』の効力により背後に吹っ飛ばされ、 
巻き付いていた徐倫の『糸』を振り切った!
18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 21:43:58.48 ID:G0DWIGMN0
露伴「フン。たかが『糸』から逃れただけ。 
わたしたち四人から逃げ切れると思うのか? 
そして次喋ったら……おまえを『殺す』と言っただろうがあああァァァーーーッ!!」 

康一「その殺すって『声』……もらうよッ!!」 

ガシィッ! 

仗助「今のは……エコーズの『ct1』!!」 

康一「全員動くなッ!ct1が露伴の『声』を『文字』にした! 
そして屋敷の外に移動したぞ!いつでも文字を貼りつけることができる! 
そういう新名所もいいかもなッ!! 
町中の人間が知っている人気漫画家の、 
『殺人衝動の声』が繰り返し聞こえる場所ってのもさァーーーッ!! 
そうなれば露伴、おまえのマンガはもう『読まれなくなる』ぞッ!!」
19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 21:49:50.53 ID:G0DWIGMN0
仗助「……グレート。他人の声も『文字』にできるなんてよ」 

露伴「しかし、文字を貼りつけたとして、 
君をしこたまぶちのめせば、それも解除されてしまうんじゃあないのかな?」 

康一「ああ、『解除されるかもしれない』。 
しかし、『解除されないかもしれない』……」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

康一「試してみるか?露伴……」 

露伴「……」
20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 21:57:58.83 ID:G0DWIGMN0
康一「それが嫌なら……三人を『解放』するんだッ!!」 

康一の怒号が部屋に響き渡る。 

露伴「……フフ…フフフハハハハッ!……康一くん。 
少し図に乗り過ぎなんじゃあないのかな? 
わたしは『読者』を見捨てて君を攻撃することもできるんだぞ? 
そうなると君は非常にヤバいと思うんだがねェ~~ッ?」 

康一「……」 

露伴「フフフ……とはいえ、だ。わたしも貴重な『地元読者』を失いたくはない。 
それに、窮地に立ちながらもここまで道を切り拓いた君に『敬意』を表したい。 
そこでだ康一くん。一つ『ゲーム』をしようじゃあないか」 

康一「ゲーム……だと?」
21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 22:06:00.73 ID:G0DWIGMN0
露伴「そうだ。今から10日後に『再戦』をしよう。 
場所はこの屋敷だ。わたしは『この部屋』にいる。 
君は何人スタンド使いを連れてきてもいい。 
それまでわたしはこの杜王町の人間に手は出さない。 
10日の期間で、わたしも『行きたいところ』があるんでね」 

康一「……10日後におまえを倒せば、三人を解放するというわけか」 

露伴「ああ、そうだ。しかし『倒す』というのは少し違うな。 
『倒す』ではなく……」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

露伴はヘブンズドアーで仗助、承太郎、徐倫に新たな文面を書き加え始める。
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 22:15:12.21 ID:G0DWIGMN0
「2013年の3月28日までに、 
①広瀬康一が岸辺露伴に、心からの服従を誓う 
②岸辺露伴を『殺す』 
このどちらかを果たせなかった場合、わたしは自殺します」 

康一「!?」 

露伴「……『殺す』だ。このわたしを殺しに来いよ……康一くん」 

康一「な……!?」 

意味が……わからない。 
10日後までに露伴を……殺す? 
殺さないと、三人は自殺する……だって!?
23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 22:25:08.82 ID:G0DWIGMN0
露伴「そうそう、一つアドバイスだよ。 
『ジョセフ=ジョースター』は戦力外と考えておいた方がいい。 
この露伴には攻撃ができないよう既に『書き込んで』あるからな。 
まあ、落し物を探すくらいはできるかもしれんが。アハハハハッ!」 

康一「……」 

露伴「では……『了承した』と、みていいね?……また10日後に会おう、康一くん。 
たくさんスタンド使いを連れてくるといい。杜王町中から集めなよ。 
わたしはその期間、杜王町の人間には、決して手を出さないと『約束』する。 

君がわたしを『殺し』に来るのを、楽しみにしているよ……」
24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 22:35:26.62 ID:G0DWIGMN0
・ 
・ 
・ 

康一「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ……!」 


気がつくと、ぼくは住宅街を走っていた。夢中で屋敷から逃げ出したのだ。 

「君がわたしを『殺し』に来るのを、楽しみにしているよ」 

確かに、露伴はそう言っていた。 


露伴の言う通り、『気絶』させるんじゃあダメだ。 
気絶させても、三人は助けられない。 
ぼくの目の前で、ヘブンズドアーで書き込んでいた。 

『殺さなくては』、三人を助けることはできない。
25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 22:37:06.09 ID:G0DWIGMN0
まさか、こんなことになるなんて…… 
もうぼくの知っている『岸辺露伴』じゃあないのか。 
……そう思っていた。 



でも……偶然なのか?狙っていたのか?いや、きっと狙っていたんだ。 
『憶えて』いたんだ。 

10日後は…… 
10日後の3月28日は…… 



ぼくの『誕生日』だ。
26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 22:38:10.17 ID:G0DWIGMN0
康一は道の真ん中で足を止めた。 
康一は何を信じればいいのか、わからなくなっていた。 


もう1年近く会っていないのに、露伴はぼくの誕生日を『憶えていた』。 
その露伴は、ぼくを『殺しに来い』と言った。 
なぜ?なぜなんだ?どうしてこうなったんだ!? 

「康一くん!特注のケーキを用意したんだッ!ぼくの家に遊びにおいでよ!」 
こう言ってくれても良かったじゃあないか。 

「君のスケジュールは既に書き込ませてもらった!ぼく主催の『バースデーパーティー』だ!」 
こう言ってくれても良かったじゃあないか。 


康一「うぅ……」 


きっと…きっと、10日後にはこう言ってくれるんでしょう……? 
「君を驚かす為のサプライズだよ!!康一くん!だって、ぼくと君は……『親友』じゃあないか!」 


そうでしょう?露伴…『先生』……
27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 22:39:04.68 ID:G0DWIGMN0

「『殺し』に来るのを、楽しみにしているよ」 
28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/21(火) 22:40:44.34 ID:G0DWIGMN0
康一「うっ…うう…うわあああああああああーーーーッ!!!!!」 



康一は泣いた―― 


辺りは住宅街、買い物に出かける主婦や子供の姿も見える。 

しかし康一は、自身の感情を抑えることができなかった。
33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 01:25:26.51 ID:FJAIPEo
なんだこの引き込まれる導入は 
続きが気になるじゃないかァー!
34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 11:15:32.37 ID:kjyZ69w0
これは……『夢』? 


『折り紙』 


…前と同じ折り紙か? 

この折り紙は『破けて』いるが…… 



なんなんだ一体……
35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 11:16:38.81 ID:kjyZ69w0
- 翌朝 広瀬家 - 

由花子「(結局、康一は『話』をしてくれなかった。 
『明日、聞いてもらえるかな』と、一昨日言っていたのに。 
昨日昼過ぎに家に帰ってきたと思ったら、そこから部屋に籠ったきり……。 
『玉美と賢』がせっかく訪ねてきてくれたのに、それでも出てこなかった。 
なにかあったのね?こういう時に、あたしが支えてあげなきゃ……)」 

康一「由花子、おはよう」 

由花子「え?……康一!! 
……ねえ、昨日なにかあったの?大丈夫?」 

康一「ごめん、心配かけたみたいだね。もう『大丈夫』だよ」 

由花子「……そう。それなら良かったわ。 
ごめんね、すぐに朝食の用意をするから」 

康一「ううん、朝食はいらない。由花子に少し話をしたら、行くところがあるんだ。 
たぶん『一週間』くらいで戻れるとは思うけど……」 

由花子「い、『一週間』ですって!?」
36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 11:29:45.48 ID:kjyZ69w0
ガチャ 

玉美「あッ、康一どのォーーーッ!」 シタ! 

康一「え?た、玉美?それに…『ジャンケン小僧』の大柳賢くん?」 

賢「康一さん、おはようございます」 

康一「ああ……おはよう。そういえば昨日はごめんね。少し疲れちゃっててさ……」 

玉美「とんでもねーッスよ。 
まぁ、それが気になって今日は朝から訪ねてきたんスけどね」 

康一「そうだったんだ……ありがとう。 
ちょうど良かったよ、二人に話があるんだ」 

玉美「え?あっしらにですかい?なんだろうなァ~~~」
37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 11:38:02.09 ID:kjyZ69w0
・ 
・ 
・ 

ゴゴゴゴゴゴ… 

玉美「……ま、まさか露伴先生が!?」 

賢「仗助さんや空条承太郎さんも、露伴先生の手先だなんて……」 

康一「9日後に杜王町中のスタンド使いを集めることに関しては、 
由花子に任せてきたんだけど、ぼくはもう一人『あるスタンド使い』に 
協力をお願いしようと思っているんだ」 

賢「あるスタンド使い?それって……誰なんですか?」 

康一「ジョースターの意志を受け継ぐもう一人の人間。名前は…… 


『ジョルノ=ジョバァーナ』」
38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 11:55:52.60 ID:yvGH3KNR0
ぼくは今、玉美と賢くんと共に『杜王グランドホテル』に向かっている。 
ジョルノが現在もイタリアにいるとは限らないから、 
『念写』で場所の『特定』をしてもらうんだ。 
露伴と直接関係のないジョルノの念写くらいなら、露伴への『攻撃』には含まれないはず。 

それにしても、この二人がジョルノ探しに同行してくれることになって、 
本当にうれしい。やっぱり持つべきは『友人』だね。 
正直、言葉が喋れるイタリアならまだしも、 
他の国だった場合はけっこう不安だから……。 

そうそう。この二人、実は仲がとても良いんだ。 
玉美の『ゆすり』のテクニックに、賢くんが興味を持ったのが 
仲良くなったキッカケらしい。 
波長が合うみたいで、しょっちゅう二人で会っている。
39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 12:03:52.57 ID:yvGH3KNR0
- 杜王グランドホテル 324号室 - 

コンコン 

康一「ジョースターさん、電話した『広瀬康一』です」 

ジョセフ「おお~~~待っておったよ。さあ中へ……ん?そちらの二人は?」 

康一「仲間のスタンド使いの『小林玉美』と『大柳賢』くんです」 

ジョセフ「いつも『静』が世話になっとるの~~」 



康一「それで……早速なんですが、このカメラで『念写』を 
お願いしたいんです。名前は『ジョルノ=ジョバァーナ』です」 

ジョセフ「ああ、わかったよ。わしと同じ『ジョジョ』じゃな。 
……『ハーミットパープル!』」
40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 12:04:43.27 ID:yvGH3KNR0

ジョルノ「まただ……今、何者かに『見られている』感触を味わった……」 
41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 12:12:30.68 ID:yvGH3KNR0
ぼく、広瀬康一は… 

古い歴史と経済危機の国『イタリア』に、12年ぶりに来ていた。 


イタリアでは、欧州債務危機を機に『マフィア』が経済を牛耳る力を強めている。 

反犯罪団体『SOS Impr』によると、 

イタリア・マフィアの近年の年間取引高はおよそ1400億ユーロ(日本円で約14兆円前後)、 

利益は1000億ユーロを超えるらしい。
42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 12:20:39.90 ID:yvGH3KNR0
- 南イタリア ネアポリス空港 - 

康一「念写してもらったいくつかの写真から、 
イタリアの『ネアポリス』にいることがわかったのはいいけど、 
細かい場所までは特定できなかった。ここからは、聞き込みをしていくしかないね」 

賢「ねえェ~、あの人に聞いてみません?なんかフレンドリーそうだしさァ~~」 

玉美「あの『ヘソが見える短い丈のセーター』の男か。 
確かに、なんか人が良さそうな気ィするなあ~~」 

康一「そう?じゃあぼくが聞いてくるよ。二人はそこで待ってて」 

康一は帽子を被った男に近づき、声をかけた。
43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 12:32:40.30 ID:yvGH3KNR0
康一「あのーすいません。今、お時間大丈夫ですか? 
ちょっと『人』を探してるんですが……」 

男性「ん?おまえ日本人か?言葉すげーペラペラだなァーーッ! 
イタリア住んでた事あるのか?」 

康一「いや…その、習ったというか……。 
それで『写真』を見て欲しいんですが……」 

男性「あぁ、そうだったな。いいぜ。どれどれ……」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

男性「……」 

康一「どうですか?見たことあります?」 

男性「……おまえ。この写真の人物とはどういう『関係』なんだ?」 

康一「関係ですかぁ~?知り合いというか…いや、もう知り合いではないかも……」 

男性「そうか……じゃあ死ね!覚悟はして来てんだろ?」 

ガアァァンッ!
44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 12:42:35.19 ID:yvGH3KNR0
玉美「こ…康一どのォーーッ!!」 

男性「……てめーッ!?『スタンド使い』か!」 

ドドドドドド… 

康一「あ…あぶなかったッ!『ct3』で間一髪、銃弾を弾き返せた!」 

男性「野郎…!こんな場所だが、やってやるぜ! 
最近ジョジョは言っていた!『何者』かに見られている気がするとなッ! 
貴様がその要因とみたぜ! 
今度は弾き返せはしねええェェーーーッ!!セックスピストル……」 


ズンッ!
45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 12:51:57.65 ID:yvGH3KNR0
『ACT 3 FREEZE!!』 


男性「か…体が!?……お…重いッ!?」 

玉美「(す…すげえ!これが噂に聞いていた『エコーズct3』!! 
『成長』した新しいエコーズ……!)」 

「ミスタ、なんだ今の『銃声』は……? 
ん?君は……」 

康一「ああ!?やったッ!着いたばかりでいきなり出会うなんて!」 

ジョルノ「君はたしか……『広瀬康一』くん?」
47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 13:06:47.05 ID:yvGH3KNR0
- パッショーネの拠点 - 

ジョルノ「……話はわかったよ。 
君には12年前の『ポルポ』の件で恩がある」 

康一「そ…それじゃあ!?」 

ジョルノ「だが……ぼくも組織のトップとして、 
そう簡単にこの街を離れるわけにはいかない。そこで、だ。ミスタ」 

ミスタ「オ、オレかよおおお~~~ 
予想はしていたが……」 

ジョルノ「『グイード=ミスタ』を同行させよう。腕は確かだ」 

ミスタ「まぁ、というわけだ。よろしく頼むぜェーッ」
49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 13:19:31.96 ID:yvGH3KNR0
・ 
・ 
・ 

康一「ところで、ミスタさんも日本語けっこう喋れるんですね」 

ミスタ「ああ~~割と日本通なんだよ。オレは数字の『4』が嫌いなんだが、 
日本の『忌み数』の文化に影響されているのもあるし(ちなみにイタリアの忌み数は『17』だ)、 
『キャプテン翼』も好きだしな。そうだ。このCD、康一も聴いてみねーか?」 

康一「曲名は……『恋する兵士』ですか。それじゃあ聴いてみますね」
51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 13:23:39.19 ID:yvGH3KNR0
- 杜王町 - 

TV「……の荒野に、謎のクレーターができており……」 

由花子「痛ッ!?……もう、こんな時に虫歯ができるなんて。 
あと3日か。康一は今頃どうしてるかしら。そろそろ戻ってくる頃だと思うけど…… 
こっちのことはあたしに任せてね。みんな力になってくれるわ……」
52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 13:33:48.00 ID:yvGH3KNR0
未起隆くんも。 
未起隆「『宇宙人』は礼儀を重んじます。 
仗助さんには10年前の鉄塔を初め、いつも助けていただきました。彼を助けたい」 

静も。 
静「父さんが……仗助が!みんなが!!そんな目にあってたのかよォーーッ!!? 
当然だッ!この静=ジョースターも喜んで協力するぜッ!!」 

間田さんも。 
間田「露伴先生との出会いはおれがキッカケなんだ。 
そんな話聞いたら……責任感じるよ。ファンとして、露伴先生の目も覚ましてやりたいしね」 

トニオさんも。 
トニオ「ユルセないッ!杜王町はスバらしい所。 
仲間もたくさんイマス。岸辺露伴は……調理場の『バイキン』のような男デスッ!」
53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 13:35:35.54 ID:yvGH3KNR0
噴上裕也も。 
噴上「話はわかった。もちろん協力する。 
『岸辺露伴』をこの町で生かしておくのは、カッコ悪い事だぜェーッ!」 

音石明さんも。 
音石「『ロック』ってのは音量機器と共に進化していった音楽だ。 
だから他のジャンルに比べると、サウンドが非常に重要なんだ。 
町の『ノイズ』の排除だろ?もちろん手伝うぜ……(承太郎とだけはやりたくねーがな)」 

億泰も。 
億泰「露伴……!あのダボがァ~~~ッ!! 
二度もおちょくんなよッ!この虹村億泰をッ!!」
54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 13:36:22.27 ID:yvGH3KNR0
由花子「億泰の家の『ストレイキャット』もいるわ。 
それに『あたし』だって……」 

ガチャ 

康一「由花子……ただいま」 

由花子「康一!!……おかえり。え…そ、その後ろの方は?」 

ミスタ「おおォ~~~奥さん美人じゃあねーかッ! 
安心しな、挨拶だけだ。すぐにホテルに帰るからよオオォ~~~ッ」 

康一「(はぁ……ぼくってノーと言えない性格なのかなあ~~)」
55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 13:37:33.85 ID:yvGH3KNR0
- 数日前 ケープカナベラル - 

露伴「ここでその『プッチ』とやらを倒したのか。中々の神秘性を感じるな」 

徐倫「……」 

承太郎「……」 

仗助「……」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

露伴「しかし、重要なのは『GDt刑務所』だ。あそこには、 
今わたしが『最も』欲している『スタンド使い』がいるからなああァァ~~~」 



それぞれの陣営が新たな仲間を加え…… 

約束の『3月28日』を迎える。 



≪to b continud≫
62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/22(水) 17:01:45.99 ID:5/ufuEFAO
音石と億泰会わせたらヤバイ気が..
63 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 11:46:37.22 ID:TkN/X7X0
『登場キャラ一覧』 

広瀬康一 
広瀬由花子 
大柳賢 
音石明 
小林玉美 
静=ジョースター 
トニオ=トラサルディー 
猫草(ストレイキャット) 
虹村億泰 
間田敏和 
支倉未起隆 
噴上裕也 
グイード=ミスタ 


岸辺露伴 
空条承太郎 
空条徐倫 
東方仗助 
???? 
???? 
????
64 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 11:47:45.94 ID:TkN/X7X0
君のそういうところなんだよ、ぼくが君を尊敬するのは…… 

からかわれていると思うのは、無理もない。 

でも、それでも戻って確かめに来てくれた…… 


やっぱり君は 『親友』 だった!! 





康一「……ハッ!?」 ガバッ! 

由花子「ん……どうしたの康一?まだ午前4時よ……」 

康一「……い、いやなんでもない。起こしちゃってごめん……。 
(『夢』……か。今の場面は『チープトリック』の時の……)」
65 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 11:58:50.64 ID:TkN/X7X0
- 3月28日昼 露伴宅、正門前 - 

音石「億泰、久しぶりだな。 
その……なんつーかよォ~~以前はすまなかったな。 
おめーの『兄貴』を、よ……」 

億泰「ン?音石先輩じゃあねーっスか。 
もう10年以上前の話だろォ~がよおお~~~。 
それに、オレもあの一件で色々『学ばせてもらった』んスからねェー。 
あんたこそ、しっかり罪を償って、 
今は音楽活動に精を出してるそうじゃあねーっスか~~」 

音石「(オレはおまえにまた『殴られる』覚悟で来た…… 
それをこいつは、『学ばせてもらった』っつーのか? 
肩すかしをくったというか、人間がよくできた奴というか……)」
66 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 12:09:11.65 ID:TkN/X7X0
康一「みんな集まったね。 
ぼくがこんなこと言うのもなんだけど……本当にありがとう」 

玉美「へへ、水くせえっスよォーーッ」 

猫草「アギャッ!アギャ!」 

億泰「ン?どうした~ストレイキャット。 
……お、おっとォ!?」 

ミスタ「ん?おおッ!」 

フワ……ガシッ! 
猫草は空気の『ボート』を作り、億泰の手からミスタの手元に移った。
67 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 12:17:55.80 ID:TkN/X7X0
猫草「ンニャン♪」 

ミスタ「な、なんだァ~~~!?」 

間田「……ミスタさんにすっかり『なついてる』ね」 

噴上「(クンクン……猫が『ワキガの匂いが好き』という話は本当だったのか……)」 

ミスタ「植物とはいえ、猫かァ~。 
ガキの頃の『4』匹の子ネコを思い出すから、あまり好きじゃあねーんだよな。 
『寝てる時、ギターの練習をする隣人の学生』程じゃあねーけどよォ~~」 

ピクッ 

音石「……ああ!?てめー……今ギタリストを馬鹿にしたよなァーッ!!」
68 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 12:28:37.65 ID:TkN/X7X0
ミスタ「あ?おめー『ギタリスト』なわけ?」 

未起隆「ム……! 
ここはわたし『ギター』になった方が良さそうですね。『証明』しないと」 

賢「未起隆さん、さすがにそれは空気読めてないよ……」 

トニオ「『ケンカ』デスカ?こんな時にッ! 
二人共、タダじゃあおきませんッ!!」 

静「ちょっと、トニオさんも落ち着いて!」 

康一「ぷっ…………」 

静「……ん?康一サン?」 

康一「…ハハ……アハハハハッ! 
ごめんごめん……フフ。なんか…みんなを見てたら『ホッ』としたよ。 
露伴を『殺す』とか、そういうことを考えてたから……少し、気持ちがほぐれた」 

由花子「康一……」
69 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 12:40:40.09 ID:TkN/X7X0
ミスタ「(いや……康一は、おそらく露伴を『殺せない』。 
躊躇するのはいい、友達なんだから当然だ。 
しかし、その感情を持ってなお『殺すことを厭わない覚悟』。 
目的を遂げる為の覚悟が……足りないように見える。 
『漆黒の意志』だ。彼には、それが必要だ)」 

康一「ミスタさん、ぼくの顔に何かついてますか?」 

ミスタ「いや……なんでもない。 
(場合によっては、オレが露伴を殺すしかないな……)」 

音石「それじゃあ話していた通り、二手に別れて屋敷に侵入しよう。 
康一、由花子、ミスタは正門から先行。 
残りは三人の動向を見て続いて侵入。まずは一階の大広間まで進む」 

康一「それじゃあみんな……行こうッ!!」
70 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 12:52:56.95 ID:TkN/X7X0
・ 
・ 
・ 

ミスタ「しっかし、敷地の広さもそうだが『門』もバカでかいな。 
康一、右側を押してくれ。オレは左だ」 

康一「わかりました。……いつでもいけますよ」 

ミスタ「よし、開けるぜ。せーのッ…………ハッ!?」 

康一「門のところに……『スタンド』!?」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

ミューミュー「二人『さわった』な……『ジェイル・ハウス・ロック』」 

由花子「康一!ミスタ!あそこに女が二人いるッ!銃を持っているわ!」 

グェス「例えば今、ここから四発の銃弾を撃ったとする。 
おまえらは残り一発の弾丸を認識できない」 

ドバ!ドバドバ!ドバッ!
71 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 13:03:55.86 ID:TkN/X7X0
ボッゴォン! 

康一「ぐ…う……ッ!? か…肩がッ!?」 

由花子「なにィィイイイーーーッ!!? 
(康一の『ct3』なら弾丸程度弾き落とせるのにッ!一発くらった!?)」 

ミスタ「①康一がやられたッ!? ②いつの間にか女が二人いる!? 
③離れた!④銃を構えたぞッ!⑤ピストルズで狙撃だ! 
……って…『誰』をだ?誰を撃つんだ?オレは……? ハッ!?いつの間にか女が二人……」 

由花子「な……ミスタ!? 
いったいどうしたっていうのよッ!」 

グェス「『ミスタ』というのか。露伴のデータにはなかったスタンド使い。 
まぁ、何のスタンドかは知らないが……おまえも銃弾をくらえッ!!」 

由花子「……させない、『ラブデラックスッ!!』」
72 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 13:15:45.74 ID:TkN/X7X0
ドッパアアァアアーーーッ 

グェス「なッ!?銃弾が全て外れた!? こっ、これはッ!? 
銃口に『髪の毛』が!銃弾は『髪に沿って』拡散されていたのか!?」 

由花子「……うるせーぞ。あたしは今、康一の傷痕にしか興味がない。 
『折れなッ!!』」 

ギュバアアアァ! 

グェス「か……髪の毛が体に巻き付く!? や、やめろッ!!?」 

ボキボキ! バキィッ!! 

グェス「……あ…ぐはッ!?……ほ……骨が……」 ドサッ… 

ミューミュー「な……グェスッ!?ま…まずい!一旦距離を……!」 


ズンッ!
73 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 13:28:32.57 ID:TkN/X7X0
ミューミュー「お…重いッ!?」 

ドドドドドド… 

康一「あれ?あなた誰です?まぁ……そういう『声』が繰り返し聞こえたんで、 
とりあえず重くしますけど……」 

由花子「『ct1』の文字!『ちぢれ毛金髪女を重くしろ』 
のつぶやきを文字にして、自分の体に貼りつけたのね! 
そして……おまえも捉えたッ!」 

ギュバアアアァ! 

ミューミュー「か、髪が巻き付いてきた!?ま……待ってくれ!」
74 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 13:36:27.45 ID:TkN/X7X0
由花子「おまえも、露伴に操られているのよね? 
どうせ情報は聞き出せない。ここで再起不能になってもらうッ!」 

ボキボキ! バキィッ!! 

ミューミュー「……うぐえッ!?……あ……が……」 ドサッ… 

ミスタ「つ…強い!この『夫婦』はッ! 
一般人と思ってナメていたぜ……!!」 


由花子「康一……傷は大丈夫?」 

康一「うん……痛みでへこたれてなんていられないよ」 

バアアァァーン! 



≪グェス、ミューミュー 再起不能≫
75 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 13:50:07.83 ID:TkN/X7X0
- 一階 大広間 - 

音石「予想していたことだが……屋敷の敷地内には電気が一切通っていないな。 
バッテリーを多めに持ってきていて良かったぜ」 

ミスタ「露伴は二階の奥の部屋にいるんだったな。 
階段を昇った先に『三つの部屋』が見えるが、どこが露伴の部屋に通じているんだ?」 

康一「全ての部屋が通じています。 
だから、もしそれぞれの部屋に敵が分かれていた場合は……」 

音石「突入したはいいが、後ろからも攻撃される。 
つまり、『ハサミ討ち』の形になるわけだな……。それは避けたい。 
とはいえ、戦力はなるべく集中しておきたいな。 
誰がどこの部屋にいるかわかれば、対策も立てやすいんだが……」 

噴上「それなら、オレの出番だな」
76 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 14:03:11.43 ID:TkN/X7X0
噴上「静とジョースターさんに頼んで、三人の『荷物』を用意しておいた。 
これらを拝借して……」 

クンクン… 

噴上「……わかったぜ。承太郎さんは『真ん中』の部屋、仗助は『右』の部屋、 
そしておそらく……徐倫は『左』の部屋だ。 
(左の部屋だけ、なぜか『石鹸』のような匂いもするんだよなァ~~?)」 

音石「基本的には、一番の難敵である『承太郎』の部屋に戦力を集中するってとこかな。 
オレは、仗助のところに行かせてもらうが…… 
(承太郎を避けるのもそうだが、仗助へのリベンジも果たしたいしな。この機会によォ~~)」 

賢「ぼくも仗助さんの部屋に行く、少しでも長く足止めするよ。 
(……『あのジャンケン』以来、露伴と戦っても勝てる自信がないからなあ~~)」 

玉美「賢も行くのか?それならオレも一緒に行くぜェーッ」
77 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 14:18:07.35 ID:TkN/X7X0
由花子「それじゃああたしは、徐倫の部屋に行くわ。 
女には、『女の世界』がある」 

静「それならあたしも……と言いてーが、 
『アクトンベイビー』は今回の作戦の『要』だからな。 
あたしは行けない。由花子サン、どうか気を付けて……」 

間田「それじゃあおれとトニオさんは、この大広間で待機してるよ」 

トニオ「ワタシのスタンドは戦闘には不向きでス、スミマセン」 

ミスタ「よし!決まったな。音石たちも、時間を稼いでくれればそれでいいんだ。 
無理はするなよ。それじゃあ……行くぜッ!!」
78 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 14:26:31.57 ID:TkN/X7X0
- 露伴の部屋 - 

ゴゴゴゴゴゴ… 

露伴「いいか、他の奴らはできる限り『殺すな』。 
再起不能にまで追い込めばいい。康一くんを『服従』させる為の、駒だからな……」 

????「わかった。……『匂い』がまた近づいてきたな。 
報告だ。一階の大広間まで、奴らが来たぞ」 

露伴「……いよいよ来たか。 
楽しみだよ、康一くん。 
ファンタジー世界の『魔王』も、案外こういう気持ちなのかもしれないな。 
『勇者』の到着を、焦がれるように待つ……フフフ…フフハハハッ!!」
79 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 14:40:46.57 ID:TkN/X7X0
広瀬由花子は思い出す。 
屋敷に乗り込む前の、億泰との会話を。 


由花子「……『意外』?」 

億泰「ああ。なんつーかよォ、 
今回露伴に操られたのが、もしも『康一』で、 
『康一を守りたい』ってんなら、わかる。スゲーわかる。 
おまえさんは康一のことをマジに愛してるもんなァ~~ッ。けど、さっきの台詞。 
『杜王町を守りたい』ってのは、『意外』だぜェェ~~」 

由花子「……つまり『同じ』ことよ。あたしにとっては、ね……」 

億泰「グギギ…よくわかんねェーッ!」
80 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 14:51:16.53 ID:TkN/X7X0
・ 
・ 
・ 

徐倫「あなた一人なの?随分、自信があるのね。 
あたしの名は『空条徐倫』。スタンドの名は『ストーンフリー』。 
ねぇ、あなたの名前はなんていうの?」 

由花子「……『知っている』でしょう? 
露伴から、あたし達全員のデータを渡されているはずだもの」 

徐倫「もちろん。でもね……『合図』は必要よ。 
女同士。二人だけの戦い。つまり、これは『決闘』。始まりと終わりには合図がいる。 
だから始まりの『合図』を……言いなよ、あなたの口から」 

由花子「……そうね。あたしの名は…………ハッ!?」
81 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 15:01:35.62 ID:TkN/X7X0
シュルシュルシュル! ガシイィッ!! 

徐倫「フフフ……『油断』したわね。 
既にストーンフリーの『糸』は、這うように迫っていた。 
汚いかしら?でも、勝てばよかろうって思わない? 
あなたの頭部と、体の自由は奪わせてもらったわ。 
……オラァッ!!」 

ドゴォッ!! 

由花子「が…かはッ……!? 
(ま、まずい……!髪も体も……ほとんど動かせないッ!?)」
82 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 15:07:15.62 ID:TkN/X7X0
徐倫「そういえばあなた。夫の康一を高校生の時に、 
『監禁』したことがあるんですってね? 
どう監禁したのかしら?その髪の毛で縛り上げたのかしら?」 

ドガ!ドゴッ! 

由花子「う…く……ッ!?」 

徐倫「今はどう?少しは……その時の夫の気持ちがわかる? 
あたしは今、カキ氷をスプーンで潰してるくらいの気分だけどさあ~~」 

ドカッ!ドゴォ!!
83 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 15:14:27.73 ID:TkN/X7X0
由花子「ぐ……がはッ!?はぁ…はぁ……。 
か…勘違いすんなよこのビチグソが……!! 
あたしは康一に、こんな拷問なんかしていないッ!」 

ドゴォンッ!! 

由花子「あ…が……ッ!? 
(や…やばい、今のは『効いた』……だが、『口に入れた』わ。 
『目にもの見せてやる』……ッ!!)」 

徐倫「別に……どっちでもいいわ。拷問してようがしてまいがね。 
ん?『髪の毛』?髪の毛で……今ッ!『何か』を口に運んだなッ!? 
なんだ?何を口に入れたッ!?」
84 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 15:25:10.61 ID:TkN/X7X0
由花子「はぁ…はぁ……。『パスタ』よ。口に入れたのは……」 

モグモグ… 

徐倫「ぱ、『パスタ』だァ~~? 
どういうこと?最後の晩餐ってこと?」 

由花子「違う違う。 
ここだ、この口の中。よく見てみなよ……」 

徐倫「口の中……ですって?パスタでしょ? 
なにがあるっていうのよ?」 

ドドドドドド… 

由花子「これから『虫歯』が……飛ぶからよ」 

ボオォーン!! 

徐倫「……ハッ!?」
 
86 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 15:34:54.77 ID:TkN/X7X0
ガッ!! 

徐倫「う…うああああぁぁッ!!?目……目がッ!? 
左目に『歯』があああァァーーーッ!?」 

ドドドドドド… 

由花子「はぁ…はぁ……。主婦としては悔しいけれど、美味しいわ……。 
そしてようやく解いたわね、『糸』を。やれやれだわ」 

徐倫「て、てめーッ!!人の家系の台詞をパクってんじゃあないわよッ!」 

由花子「……一つ教えてあげる。 
あなたには『足りないもの』がある」
87 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 15:44:10.09 ID:TkN/X7X0
徐倫「『足りないもの』……だと!?」 

由花子「男は非効率的なものだったり、『遠くを見る』生き物。 
対して女は、何か一つの物事を『深く見る』生き物」 

徐倫「ず、ズタボロの体で何言ってんだァァーーッ! 
歯で撫でた傷一つで、有利に立ったつもりか!?『深く見る』? 
現実を全く『見えて』ねーのは……てめーだコラァァーーーッ!!」 

ドドドドドド… 

由花子「あなたに足りないもの、それはッ! 
思想!理念!頭脳!気品!優雅さ!勤勉さ! 
そしてなによりもォォォオオオオッ!!愛の……」 

徐倫「『ストーンフリーィィィィーーーッッ!!』」 

由花子「『深さ』が足りないッ!!!」
88 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 15:44:37.77 ID:TkN/X7X0
ギュバアアアァ!! シュルシュルシュル!! 
ガシィッ! ガシィッ! 

髪の毛が徐倫の体に巻き付く! 
糸が由花子の体に巻き付き、両の拳が由花子に迫る! 


由花子「うおおあああアアアァァァァーーーーッッ!! 
ラブラブラブラブラブラブラブラブ……ッ!!」 

徐倫「うおおおおおオオオォォォォーーーーッッ!! 
オラオラオラオラオラオラオラオラ……ッ!!」 


ボキボキ!ベキッ!ボキィッ!! 

ドガドゴ!ドカッ!ドゴォッ!! 


徐倫「オラァッ!!」 

ドゴォォンッ!! 


由花子「……!!『怯む』、と……!!…思う?これしきの…… 
これしきのことでよォォォオオオオ!! 
あたしたちはね、何事もなく…みんなでこの杜王町で暮らしていくわ。 
それじゃあね……『空条徐倫』」 


バキィィッ!!!
89 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 15:45:15.20 ID:TkN/X7X0
徐倫「が……がふッ!?……み…見事よ『広瀬由花子』…… 
そし…て……」 

由花子「……『ラブ・デラックス』。 
これが、あたしのスタンドの……『名前』」 

徐倫「そう……愛のある…『名前』……ね」 

ドサッ… 


由花子「はぁ…はぁ……はぁ……た、倒した……! 
けど、あたしももう…… 
クソッ…!しこた…ま……殴りやがって……」
90 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/24(金) 15:45:54.97 ID:TkN/X7X0
広瀬由花子は思い出す。 


康一との出会いを。 
ときめきを。 
恋心を。 
初めての口づけを。 

そして、美しい町『杜王町』の中で育んだ、康一との『愛』を―― 


由花子「あたしが…『守る』…んだ。 
『康一』を……。こ…の『町』…を……」 

ドサッ… 



≪広瀬由花子、空条徐倫 再起不能≫
93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/24(金) 15:58:26.91 ID:BJMEYzxCo
乙 

まさかのダブルノックアウト
94 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 10:19:18.36 ID:rSl910d60
音石明は思い出す。 
屋敷に乗り込む前の、億泰の言葉を。 

「オレもあの一件で色々『学ばせてもらった』んスからねェー」 


……億泰のことを『アホ』だとか言う奴がいるが、そうは思わない。 
億泰は、賢く、豊かな人間だと……オレは思う。 

誰が言ったか、『楽しい思い出を作り、嫌な思い出を忘れる。 
記憶の構築と欠如がなければ、人生はこんなにも豊かなものにはならない』 

その通りだと思う。だが嫌な思い出を忘れるどころか、 
それどころかあいつは『学ばせてもらった』と言った。 
嫌な思い出を、欠如するのではなく、むしろ自分の糧にしたのだ。 
『反省』した人間は強い。 
やはり億泰は、賢く、豊かな人間だと……オレは思う。 


ではオレは……
95 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 10:30:01.10 ID:rSl910d60
音石「……ボロボロの状態から、ここまで成長したオレの『チリペッパー』。 
オレと仗助の『成長』。どちらが上か、確かめてやるぜ……!」 

大柳「音石さん?自信があるのか焦ってるのかわからないけど…… 
一人じゃあ、たぶん『仗助』には勝てない。仗助はちょっとした『百戦錬磨』だよ。 
あのさ、ぼくに作戦があるんだけど……」 

・ 
・ 
・ 

仗助「三人来たか。音石明に、玉美に、大柳賢か。んん~~~? 
おいおい、もう足に『きてる』んスかあ~~?音石先輩に玉美先輩よォ~。 
『お疲れ』ならよ、すぐに……寝かしつけてやるよ」 

賢「待ちな。戦うのはぼくだよ。仗助ッ!」
96 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 10:42:06.75 ID:rSl910d60
仗助「小僧、おめーと『ジャンケン勝負』してる暇はねェーッてよ」 

賢「じゃあさ『スタンド勝負』……しようよ!!」 

ドドドドドド… 

仗助「ああ~~?おめーの『ボーイⅡマン』で、 
オレの『クレイジーダイヤモンド』に勝てるわけが…… 
ンン!?……なんだその『スタンド』は?」 

賢「二人のスタンドを吸収し、『ボーイⅡマン』と『合成』した。 
名付けて……『ロックボーイチリペッパー!!』」 

音石「(だ、ださい……)」 

玉美「(か、カッコイイ……!)」
97 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 10:52:15.95 ID:rSl910d60
仗助「なるほど……スタンドを吸収されたから、 
あの二人は『足にきてた』ってわけか。 
チリペッパーのスピードとパワーを持ち、攻撃されれば『錠前』をつける。 
中々グレートだぜ。だが……『欠点』が二つある」 

仗助「一つ。スタンドはその者の才能だ。 
『チリペッパー』は確かに並外れたパワーとスピードを持っている。 
しかし、てめーが『音石以上』に扱えるわけがねェー」 

賢「……」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

仗助「そしてもう一つ。これが『致命的』だな。 
『ザ・ロック』は罪悪感の大きさに比例して効果が増していく。 
だがオレはてめーらを血祭りにあげることに…… 

そもそも『罪悪感』なんか感じない」
98 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 10:58:23.09 ID:rSl910d60
賢「うおおおおッッ!!」 

仗助「これは『自業自得』だ、小僧ッ! 
おめーがイキがってなけりゃあなあああァァッッ!! 
『クレイジーダイヤモンド』、ドララララァーーーーッ!!」 

一瞬…… 
玉美は、何が起こったか理解できなかった。 
勇んで挑んだ『大柳賢』が、自分の顔の横をものすごいスピードで通過していき、 
壁に叩きつけられたのだ。 

ドグァオンッ!! 

賢「…あ…あぁ……う…うぅ……」
99 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 11:10:33.24 ID:rSl910d60
玉美「け……けええェェーーーーんッッ!!!」 

仗助「よええぇぇーなァッ!!『一撃』だッ! 
たかる蚊を振り払う程度の感触! 
この弱さはたしかに『可哀そう』だぜええェ~~ハハハハハッ!! 
……んん?合成は『解除』されたようだな…… 
じゃあ次は…おめーかい?音石……先輩よォ~~」 

ドドドドドド… 

音石「仗助……てめェーーーッ!!見せてやるぜ!本場のオレの…… 
『レッドホットチリペッパー』をォォーッッ!!」 

仗助「ドララララララァァーーーーッ!!」 

ドババッ! ドバババッ!!
100 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 11:24:02.63 ID:rSl910d60
ドガ!ドゴッ! ドグォンッ!! 

音石「か…はッ……!?せ…競り……負けただ…と……!?」 

ドサッ…… 
強烈なボディブローを受け、音石は地面に倒れ込んだ。 

仗助「一度オレを競り負かしたスピードとパワー! 
あれは『町中』の電気があって初めてできるようだな。 
『ノロい』ぜええェェーーーッ!! 
電気を『味方』にできないてめーのスピードじゃあ、 
『クレイジーダイヤモンド』は捉えられんよのォ~~ッ!」 

音石「こ、ここまで…力の差が……あるなん……て」 

仗助「『反省』だらけの人生だなァーーッ!ハハハハッ!! 
さァて……玉美ちゃんはどーすんだああァァ~~~?」
101 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 11:35:54.36 ID:rSl910d60
ドドドドドド… 

玉美「……てめーが罪悪感を感じるっつーのは、 
『そうなればラッキー』くらいに思っていた。それは賢も同じだ。 
賢は初めから、合成したスタンドじゃあ勝ち目がないとわかっていた。 
なのになぜ、賢は最初に挑んだのか? 
それは……てめーを少しでも『疲れさせる』為だ。 
それだけのためによォ……!!自分を犠牲にしてえええェェーーーッ!!」 

ダッ! 
玉美が拳を握りしめ、仗助に向かって駆け出した! 

玉美「賢はッ!後はオレ達に『任せた』って言ったんだよォォーーッ!!」 

仗助「ああ~~?チンケな錠前しかないオメーが『殴り』に来てんのか? 
ハハハハッ!こりゃケッサクだぜッ! 
玉美ッ!!テメーのスタンドが一番なまっちょろいぜ!何もできねーんだからなァ!! 
ドララララララァァーーーーッ!!」 

バギ!ドゴォッ! ドゴォンッ!!
102 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 11:47:03.73 ID:rSl910d60
玉美「ぐ…お……か…はッ……!?」 

仗助「玉美ちゃ~~~ン。強烈だろ~~?」 

玉美「はぁ……はぁ……あ、安心しろ……。安心…しろよ……! 
オレがお前を……必ず『守る』ぜ、け…ん……!!」 

仗助「ハハハハッ!もう息も絶え絶えだな。 
ん?なんだ、玉美の体に……『錠前』がついている? 
……ひょっとしてあれか?あまりに自分が弱過ぎて、 
『自分への罪悪感』でも感じたのかーーッ!? 
アヒャヒャヒャヒャーーーッ!!!」 



ズンッ!!
103 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 12:01:53.11 ID:rSl910d60
仗助「か、体が……『重い』ッ!?」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

仗助「こ…康一か!? 康一が近くにいるのかッ!? 
……い、いや違う。これはまさか……」 

ザワザワザワザワ… 
玉美の髪の毛が逆立ち始める。 

仗助「……康一が、以前言っていた。 
自分でもよくわからないが『スタンドが成長する時』に、 
ドラゴンボールのように『髪の毛が逆立つ』ことがあると!!」
104 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 12:13:15.34 ID:rSl910d60
ドドドドドド… 

玉美「そう……これは『支配』という名の束縛だ。 
この『錠前』がついた者を攻撃すると、そいつを束縛する。 
『ザ・ロック』はオレの気持ちに呼応し、成長した。 
『守りたい』。自分を…そして『賢』を……」 

仗助「な、なに言ってやがる!……ハッ!? よ、よく見ると玉美だけじゃあねぇ。 
小僧にも『錠前』がついている……!」 

玉美「名づけるぜ、この成長した能力。 
『ザ・ロック・ラブレイン(愛の支配)』!!」
105 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 12:26:40.11 ID:rSl910d60
仗助「そ、その…『錠前』を攻撃したから、 
オレの体が……『重くなった』っつーのかよォォーーーッ!?」 

ドドドドドド… 

音石「はぁ…はぁ……よく…やったな玉美。 
動けないモンを殴るなんてことは、普通なら感じるだろうが…… 
今のてめーには、全く感じねーぜ……仗助。 
『罪悪感』……なんてなァーーーッ!!」 

仗助「や…やめ……ッ!?」 

ズドズドッ! ズドォオンッ!! 

仗助「……ぐ…ばッ!?こ…この……オレが……」 

ドサッ… 

音石「……一つ勘違いしてるぜ、仗助。 
オレの『味方』は、電気だけじゃあ……ねェんだぜ」
106 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 12:35:46.84 ID:rSl910d60
玉美「仗助は…倒したが……はぁ……はぁ……」 

音石「オレたち三人も…ここで……脱落だな。 
何ヶ所か骨が折れてやがる……急に痛みが出てきやがった。はぁ…はぁ……。 
まぁ、これはヘブンズドアーが解除されたら、仗助に『治して』もらおうぜ」 

玉美「そうだな……ん?賢、どこに行こうっつーんだ?」 

賢「『思い出した』ことが……あるんだ。露伴を『殺す』必要なんてない…… 
はぁ…はぁ……。ぼくは…一人でも、露伴のところに…行…く……」 ドサッ… 

玉美「け、賢ッ!?」 

音石「……気絶しちまったみたいだ。 
なんだ?……なにを『思い出した』んだ?」 



≪大柳賢、東方仗助 気絶≫
107 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 12:36:23.64 ID:rSl910d60
オリジナルスタンド名『ザ・ロック・ラブレイン(愛の支配)』 


玉美自身、もしくは玉美が守りたいと願った者に『錠前』をつけることができる。 
その『錠前がついた者』を攻撃すると、ダメージ量に比例し行動の束縛を受ける(体が重くなる)。 

愛とは、『ある物事を好み、大切に思う気持ち』であり、 
『個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心』である。 


名前の由来は、イギリスロックバンド『Th Who』の 
アルバム『Qudrophni』内の楽曲『Lov Rin o'r M』に由来。 

※ちなみに錠前の元ネタと思われる楽曲『Th Rock』は同アルバムのディスク2の6曲目、 
『Lov Rin o'r M』はその次の曲となっている。 


なぜ、『重くする』能力になったのか? 
それは康一への『憧れ』が影響したのかもしれない。
108 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 12:44:47.72 ID:rSl910d60
噴上裕也は、自分の『ハイウェイスター』を見る時いつも思い出す。 
『レイコ』、『アケミ』、『ヨシエ』の三人を。 
自分が入院した時に、献身的に尽くしてくれたあの三人の女性を……。 


近所の住人「噴上さん。お宅の裕也くんは、彼女をいつも三人連れています。 
特定の一人と会っているところを、見たことがありません」 

母「それが…恥ずかしいことですが… 
親であるわたしにも、なにが原因なのか……」 


一生で真に気持ちが通い合う異性がいったい何人いるのだろうか…? 
母には父がいる。父には母がいる。自分には…… 

杜王町で暮らしている三人のことを考えると、胸が熱くなる。 
彼女たちを…彼女たちのいるこの町を……『守りたい』
109 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 12:52:58.08 ID:rSl910d60
ドドドドドド… 

承太郎「……後ろにも一人いるようだが、まずはおまえが最初か。 
噴上裕也、そして『ハイウェイスター』」 

噴上「(康一たちの情報によると、承太郎の時間停止は『2秒程度』だ。 
この間合いなら、ギリギリ攻撃は届かない……)」 

承太郎「(この間合い……停止時間が『2秒』しかないと、勘違いしているな?) 
ならば……味わいな。スタープラチナの真の能力は、 
まさに『星の明滅を体感する』能力だということを! 
『スタープラチナ・ザ・ワールド!!』」 

ドオォーンッ!
110 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 13:10:33.98 ID:rSl910d60
承太郎「……オレは今『5秒』時を停止することができる。 
残念だったな……噴上裕也。オラァッ!!」 

ドッゴオァンッ!! 

承太郎「……『星が瞬く』が如く、 
貴様は次の瞬間には吹っ飛ばされる。時は動き始めた……」 


ドッバアーーーッ 
バグォンッ!! 

ミスタ「こ…これはッ!? い…いきなり…… 
壁まで吹っ飛ばされている!!ば、ばかなッ!?承太郎は一歩も動いていない! 
停止できる時間から考えても、奴はなにもしていない! 
『他に』スタンド使いがいるのか!?」 

噴上「い…いったい……何が起こったのだ… 
やられてしまったのか……う…動けない……」
111 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 13:25:37.66 ID:rSl910d60
噴上裕也が気絶する前に思うこと…… 
それは最後に浮かんだ『奇妙な疑問』だった。 

なぜ、承太郎は一歩も『動いていない』のだろう。 
なぜ、承太郎から突然微量の『汗』の匂いを感じ始めたのだろう。 
一歩も『動いていない』のに……、この汗のタイミングは、『動いた』としか思えない。 
なぜ……? 

わ…わかったぞ。それしか考えられない…… 
承太郎は、『5秒以上』時を止められるのだ…… 
5秒あれば、近づき、攻撃し、そして元の場所に戻ることも可能……! 

噴上「ミ…ミスタッ!!他には誰もいない!……ゴフッ!?はぁ…はぁ…… 
ご、『5秒』だ!承太郎の停止できる…時……は!5秒…以…上!な……んだ……」 

ドサッ… 

ミスタ「ご…『5秒以上』だって!?」 

ドオォーンッ!
113 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 13:37:17.38 ID:rSl910d60
承太郎「わかったところで……遅かったようだな。 
『ミスタ』とやらまでは、十分近づける距離だぜ。 
……時は動き出す」 


ミスタ「うっ!?じょ、承太郎が……き、消えたッ!」 

承太郎「……後ろだぜ。まずは、空気を操り防御するスタンド使い。 
その手に抱えた『ストレイキャット』を奪わせてもらう。オラァッ!!」 

ミスタ「し…しまっ……!?」 

未起隆「させませんよッ!!」
114 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 13:49:05.52 ID:rSl910d60
ブオンッ!! 

承太郎「な、なにッ!?間一髪、避けられただと!?」 

ドドドドドド… 

未起隆「『スニーカー』に変身していて良かったッ! 
『ミスタさんの力』と『わたしの力』で、速さも跳躍力も2倍になってますからね!」 

ミスタ「や…役に立つじゃあねーか……オメーッ! 
承太郎!!これを食らいなッ!『セックスピストルズッ!!』」 

ガーン!ガァン!ガアァーン!! 

承太郎「どこに向かって撃……ハッ!?」
115 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 14:02:40.94 ID:rSl910d60
ミスタ「……狙いはバッチリだぜ、 
ピストルズの跳弾はなァァーーーッ!!」 

ピストルズ「キャモオオオーーーン!パスパスパース! 
イイイーーーッ!ハァアアアーーーッ!!」 

承太郎「『スタープラチナ!!』」 

バシッ!バシ!バシィ!! 

ミスタ「三発……全て弾かれたッ!? 
クソッ!康一が『最強』というだけはある……!!」 

承太郎「あの『スニーカー』は中々厄介だな、一瞬で距離をとられる。 
しかし、2倍の速さで動く相手だろうが、リング上のボクサーと変わらない。 
動く範囲は限られている。 
『スタープラチナ・ザ・ワールド!!』」 

ドオォーンッ!
116 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 14:07:35.17 ID:rSl910d60
承太郎「……おっとミスタ。そういえば空気弾でガードしているんだったな。 
仗助の記憶によると、この『猫草』はそれが可能らしい。 
だが猫草は今『奪い取って』やった。……そして時は動き出す」 


ミスタ「ハッ!? 
て、手元にいた『猫草』が奪われているッ!? 
ミキタカッ!早く離れ……」 

承太郎「遅いぜ。オラ……」 


ズンッ!!
117 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 14:17:20.16 ID:rSl910d60
『ACT 3 FREEZE!!』 
「射程距離5メートルに到達しました!S・H・I・T!!」 

パッ パッ 
康一と億泰のスタンド、 
『エコーズ』と『ザ・ハンド』の姿が、突如部屋内に現れた。 

ドドドドドド… 

康一「『射程距離内』ですよ、承太郎さんッ!!」 

承太郎「こ、これは『エコーズ』と『ザ・ハンド』!? 
……アクトンベイビーは物体と生物の『透明化』ができる。 
透明化した康一くんと億泰のところに……ミスタは『誘導』していたというわけか」
118 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 14:30:28.72 ID:rSl910d60
億泰「リタイア、してもらいますぜェェーーーッ!! 
ウオオオオオ!ウダラァーーーッ!!」 

ドカッ!ドゴ!バギ!! 

ミスタ「続けてくらいなッ!!」 

ガアァーンッ! 
ボゴォッ!! 

承太郎「う……」 ドサッ… 

康一「弾丸は皮膚と頭蓋骨をちょっぴり削り取り、かすめていった! 
承太郎さんは完全に気を失ったぞッ!!」 

ミスタ「あとは……露伴の部屋だな」 



≪噴上裕也、空条承太郎 再起不能≫
119 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 14:42:46.47 ID:55OJyBjE0
・ 
・ 
・ 

気絶している噴上裕也の姿を、康一は眺めている。 

康一「あ、あの……ミスタさん!」 

ミスタ「ん?どうした?」 

康一「……なんでミスタさんたちが『先行』するんですか? 
透明化をして全員で向かって、それで露伴を叩けばいいと思うんですけど……。 
承太郎さんも透明化には気付かなかった、露伴もきっと気付かない」 

ミスタ「……その方が、先行した『噴上裕也』のように、 
犠牲を出さないと思うからか?」 

康一「はい……そうです」 

ミスタ「康一、その考えは間違いだ」
120 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 14:51:10.46 ID:55OJyBjE0
ミスタ「相手がもし透明化の能力を『知らなかった』場合だろうが、 
『全員』で挑むことに、オレは賛成できない」 

康一「……」 

ミスタ「もしも、最初に戦った女二人のような『新手のスタンド使い』がいて、 
そいつの能力が部屋全体に効果を及ぼすものだとしたら? 
オレたちは全滅だ。『全滅』だけは避けなければならない。 
だから、オレたちが『先行』するんだ。 
戦力はできるだけ集中する。しかし、全滅の可能性も考慮する。 
両方やらなくちゃあならないから、このミッションは大変なんだ。 
操られている仲間を救うんだろう?」 

康一「はい……」 

ミスタ「ピストルズの跳弾を、『ヘブンズドアー』では防ぐことはできない。 
新手がいなけりゃあ、オレがそのままケリをつけてやるぜ。安心しな」
121 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 15:03:08.78 ID:55OJyBjE0
康一「……わかりました。ミスタさんの言う通りだ。 
ぼくらには『やらなければならない』ことがある」 

ミスタ「よし、まずはオレと猫草、ミキタカで突入する。 
その10秒後に、おまえらも突入してこい」 

康一「はい、わかりました!」 

未起隆「わたしも了解しました!また『スニーカー』になっておきますね」 

猫草「アギャッ!」 

静「パパッと、やっつけちゃっていいからねェ~~~」 

億泰「ミスタさん、頼りにしてんぜェーーーッ!」 


『頼りにしてる』……か。ここまでの戦いぶりを見て、 
オレはおまえを『頼り』にしているんだぜ、『康一』…… 


ミスタ「じゃあ……突入だッ!!」
122 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 15:15:17.34 ID:55OJyBjE0
10…9…8…… 

康一「(10秒……あっという間だ。 
いよいよ……決着の時だぞ、露伴!!)」 

「……てめーが『露伴』だな?一人だけか?」 

「『見えない』かい?『ボディガード』もいるよ……ほら、そこにね」 

メキャッ!!!ドゴァオオン!!! 

「ニ…ニギャーーーッ!?」 

「ぐ…ああアアァァーーーッ!!?」 

「な!?ミスタさ……」 

シュバ!シュバ!ズッバァ!!! 

「う…うあああああーーーッ!!?」 

康一「(な…な、なにが起こっているんだ!?……クソッ!!)」 

ダッ!
123 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 15:27:38.06 ID:55OJyBjE0
ゴゴゴゴゴゴゴ… 

露伴「康一くん。ついに辿り着いたね……」 

康一「こ…これ…は……」 



康一がそこで見たものは…… 

花(顔の部分)がねじ曲がり、呼吸のままならない猫草。 

人間業とは思えない力で、壁に張り付けにされたミスタ。 

そして鋭利な刃物で全身を切られ、気絶し変身の解除された未起隆。 

だった。 



康一「た……たった10秒の間に…… 
な…なにを……なにをしたんだッ!!ろはァァァーーーーんッッ!!!」
124 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 15:38:17.95 ID:55OJyBjE0
露伴「フフフ……『わたしは』何もしていない」 

康一「この部屋にはおまえしかいない!!嘘をつくなッ!!」 

露伴「おいおい、知っているだろう? 
わたしのスタンドは『ヘブンズドアー』。 
人間を壁に『張り付け』にしたり、『切り刻む』なんてことは、 
『わたしには』できないよォォ~~~」 

康一「貴様……!!」 


静「(いいぜ康一サン!そのまま引きつけといてくれ! 
その間に、あたしと億泰が露伴を……)」 



ズッバァッ!!!
125 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 15:55:01.50 ID:55OJyBjE0
静「え……?う…あ……ああああァァーーーッ!!?」 

康一「あ…『脚』が……!!?」 

そこには、切断され透明化の解除された、静=ジョースターの『脚』が転がっていた。 

露伴「『女』の叫び声……。 
そしてあの脚のサイズ、声の主は『静=ジョースター』か。 
透明化でそろそろ接近してくる頃だと思っていたぞ。しかし残念だ。 
この部屋には、『究極の』ボディガードがいるのでねェ~~~ッ」 

ジワアァーーッ… 
叫び声がした方向の床に、血が滲みだしている。 

ゴゴゴゴゴゴ… 

康一「(そんな……透明化はすでに読まれていたなんて……!?)」 

露伴「フン。アクトンベイビーを解除しないな。姿が見えん。 
片脚を切断されたのに、まだスタンドを保ち続けるとは大した精神力だ」 

億泰「(静おめー……そんな無茶を!!)」 

静「(……だ、黙ってろよ!億泰サン。はぁ…はぁ……)
126 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/25(土) 15:55:50.80 ID:55OJyBjE0
康一「クソッ…!誰だ!?誰がここにいるんだ!?」 

露伴「静の脚を『切った奴』のことを言っているのかなァ~~? 
んッン~~~でも『人』ではないんだよなあ、これがああ~~~」 

康一「人じゃあない!?『動物』か!?動物がここにいるのか!?」 

露伴「ハ ズ レだよ~~~~ン!アハハハハハッ! 
『動物』でもないんだよなァ~~~。答えを知りたいかい康一くゥゥ~~~~ン?」 

康一「……クッ!」 

露伴「フフフ……ハハハハッ!!冗談だよ、康一くん。教えてあげるよ。 
わたしはな…… 



『究極の生命体(アルティメット・シイング)』を、我が僕(しもべ)としたのだ」
128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/25(土) 15:58:23.71 ID:yS5v5Rwo
え? 

……カーズ様?
 


131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/25(土) 16:30:54.78 ID:HpN78Lh0
カーズ様が敵とか…… 
これもう無理ゲーじゃね?
135 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 11:37:18.71 ID:5YPM90
~お詫び~ 

申し訳ありません。 
原作で死亡しているであろう『ヴィヴィアーノ=ウエストウッド』が、 
実は『生きていた』という前提で、話の続きを書かせて頂きます。 

今の今まで、原作で『死んでいない』と勘違いしていました。 
よくよく読み直してみたら、死んでるっぽいですね…… 

話の破綻から打ち切りも考えましたが、 
ウエストウッドが存命していたというifのもと、最後まで書ききる方向で進めます。 


本当に失礼いたしました。 
それでは続きを書き込ませて頂きます。
136 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 11:39:01.18 ID:5YPM90
- 回想 - 

ペラ…ペラ… 

露伴「ジョースターの記憶。中々興味深い。 
『カーズ』という名の『柱の男』は地球を追放された……か。 
『究極』の力を持とうとも、地球に降り立てないならば意味はないな。 
……いや、待てよ。徐倫の記憶にあったあの『スタンド使い』」 

ペラ…ペラ… 

露伴「これだ……隕石を『引き寄せる』能力。 
こいつの能力をヘブンズドアーで『書き換えれば』、何とかなるかもしれん。 
場所は『GDt刑務所』か……」
137 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 11:50:29.63 ID:5YPM90
- GDt刑務所 - 

露伴「おい……そこの職員」 

職員「ン?」 

露伴「『ヘブンズドアーッ!』 
……貴様に命令する、この『三人』を呼び出してこい」 


「はい、そうです。あなたに用があるとのことです。『ミュッチャー=ミューラー主任看守』」 

「……お前に面会だ、準備しろ。囚人番号FE18081『グェス』」 

「ええ、何か話があるみたいですよ。『ヴィヴィアーノ=ウエストウッド看守』」 


露伴「『ヘブンズドアー!!』 
……これで三人は傀儡と化した。必要な権力者へのヘブンズドアーによる根回しも済んだ。 
あとは場所だな。行くぞ……無人の荒野がいい」
138 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 11:54:31.85 ID:5YPM90
・ 
・ 
・ 

- 荒野 - 

露伴「……よし。 
それでは能力を二つ書き換えさせてもらうぞ、ウエストウッド。 
書き込む『文面』は…… 

①下記の『生物』だけは燃え尽きて塵に『ならない』。 
②引き寄せるのは『隕石』ではなく…… 

『究極生物カーズ』 だ」
140 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 12:12:46.36 ID:5YPM90
ゴゴゴゴゴゴ… 

ウエストウッド「……来た」 


カッ―― 

ズドドドドオオオオオオオオォォォォォォーーーーーーーーンンンンンンッッ!!!!!!!!! 


ミューミュー「……カーズがきたぞッ!!」 

徐倫「これだけウエストウッドと離れたのに……すごい衝撃ね」 

グェス「小規模ながら、『クレーター』ができている」 

承太郎「ウエストウッドは衝撃で死んだようだな」 

仗助「飛び散ったカーズの肉片が集まっていく…… 
あんな細切れになったのに、もう『再生』しやがった!」 


カーズ「こ、ここは『地球』かッ!?フフフフフ…フフハハハハハハーーーッ!!! 
ついに!ついに帰ってきたぞッ!! 
最高に『ハイ!』な気分だアアアアアアハハハハハハハハハハーッ!! 
ンッンン~~~?なんだ?人間が六人いるなァ~~?」
143 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 12:23:02.44 ID:5YPM90
仗助「カーズがオレたちに気付いたようだ。 
傷は『治す』からよォー、それじゃあ頼むぜェ~~ッ」 

徐倫「やれやれって感じだわ、引き寄せる為の『餌』にされるなんてね。 
……おい『カーズ』ッ!!あたしは『ジョセフ=ジョースター』の子孫! 
おまえを始末しに来たッ!!」 


カーズ「……ほう?奴の『子孫』か。……面白い。 
『波紋の一族』、今度こそ根絶やしにしてくれるッ!!」 

ドシュンンッッ!! 
ドスッ!! 

徐倫「が…はッ……!?あ、あれだけの距離を…一瞬で……!? 
は…速過ぎる……!?」 

承太郎「『スタープラチナ・ザ・ワールドッ!!』」 

ドオォーンッ!
144 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 12:33:47.28 ID:5YPM90
承太郎「だが、止まった時の中なら速さは関係ない。 
ダイヤの硬度すらへし折るラッシュだ……味わってみな。 
オラオラオラオラオラオラオラオラーーーーッッ!!」 

ドゴ!ドゴォッ!ドガ!ドゴォン!! 

承太郎「そして時は動き出す……」 


カーズ「ぐ……ムウッ!? なんだ? 
何十発も『同時』に殴られた……だと?」 

承太郎「!? 
……やれやれだぜ。全く堪えねーとはな。 
初めて出会ったぜ。こんなガンジョーな『生物』は」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

露伴「しかし、それで十分だ承太郎。 
『一手』……遅れたな。『ヘブンズドアーーーッッ!!』 
フフフ…フフハハハハッ!!」
145 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 12:43:19.11 ID:5YPM90
- 現在 - 

ゴゴゴゴゴゴ… 
ゴゴゴゴゴゴ… 

カーズ「……ようやくお披露目か」 

カメレオンやイシガレイのように、 
『背景に同化』していたカーズが姿を現す。 

康一「あ……あぁ……。き、聞いたことがあるッ! 
ジョセフさんから昔!『カーズ』という名の究極生物がいたって……! 
神のような、人間には決して倒し得ない敵がいたって……!!」 

露伴「それが『こいつ』だよッ!!ハハハハッ!! 
視力は天体望遠鏡並。 
聴力はコウモリからクジラの鳴き声まで全てを聞き分けられる。 
そして嗅覚もサメのそれと同様。1km先だろうと『匂い』で探知できる。 
カーズ。そこに転がってるボロゾウキン以外でだ。 
今この部屋に、わたしと康一くん以外には何人の匂いがある?」 

カーズ「『2人』だ」
146 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 12:51:47.98 ID:5YPM90
静「(……クソッ!億泰サンの透明化もばれてやがる!しょうがねぇ… 
『自分だけ』だ!アクトンベイビーを一部だけ解除するッ!)」 

スウゥゥゥー…… 

露伴「おッ!ようやくそのツラを拝見できたよ。静=ジョースタァァァ~~~。 
脚から流れ出る血の量も相当だな。 
その状態でまだ一人分透明化しているとは、大した奴だよ君は」 

静「このゲス野郎が……ッ!!」 

露伴「ンッン~~~。いいねぇ、その眼差し…… 
そうだカーズ。昔『ジョセフ=ジョースターの母親』にお前がやったことをやってみろよ。 
『記憶』っていうのは、こういうことに生かさないとねェ~~~」 

静「な……なにをするつもりだてめーーッ!?」
147 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 12:58:43.85 ID:5YPM90
ガシッ! 
カーズは静の残った片脚を掴むと、そのまま空中に吊し上げた。 
そして…… 

カーズ「ウィンウィンウィン、ウィンウィンウィン……」 

露伴「アハハハハーーーッッ!!」 

康一「ぐ……!!」 

億泰「(あ……あの野郎……!!)」 

カーズ「ん?人間の女のくせに、体重が少しばかり『重い』んじゃあないか?」 

静「……ケッ!気色わりーな化け物。だが、む…胸だけは触るんじゃあねーぞ!」 

露伴「……おやあ?『胸を触ってくれ』と聞こえたなァ~~。 
フフフ……『ないもの』は触れんと思うが、 
折角の『リクエスト』だ。応えてやれ……カーズ」
148 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 13:11:47.21 ID:5YPM90
カーズの手が静の胸部に向かって伸びてくる。 

静「(……もう少し、もう少し手を伸ばせ……よし!)」 

プッツン! 

億泰「うおおあああッ!!もう『我慢』するのは面倒くせェェーーーッ! 
このダボがァァーーーッ!!くらえ『ザ・ハンド』ッ!!」 

静「お、億泰サン!?」 

ドドドドドド… 

透明化していた億泰が『ザ・ハンド』を繰り出し、その『右手』がカーズに迫る! 

カーズ「その『右手』のことは知っている。貴様の自慢の右手……。 
しかし『受けよう』。ジョセフの娘よ、それが貴様の根性に対しての『サービス』だ」 

ガオン!! 

『ザ・ハンド』がカーズの頭部を『削り取った』。
149 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 13:18:53.14 ID:5YPM90
億泰「頭だ…!削り取ってやったぜッ!!や、やったかッ!?」 


カッ!!……ボンッ!!! 



億泰の『左腕』が宙を舞った。 
かつての『ジョセフ=ジョースター』のように…… 



億泰「う……うあああああぁぁぁぁっっ!!!?」 

カーズ「ンンンン、いい声だ!実にいい響きだ。 
その絶叫を……聞きたかったぞ!!」
150 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 13:29:05.20 ID:5YPM90
億泰の透明化が解除されていく。 

億泰「あ…あぁ……お、オレの左腕が……」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

静「け…削り取ったカーズの頭部がもう……『再生』している……!!」 

露伴「カーズはどんな傷も短時間で修復できる。頭部でさえも……な。 
そして、『サービスタイム』はもう終わりだ。 
カーズのスピードはスタープラチナやクレイジーダイヤモンドですら凌駕する。 
貴様のザ・ハンドではもう二度と、攻撃を当てることはできん」 

康一「し、しかし!いくらスピードがあろうと、 
ぼく達のスタンドが『見えなければ』、まだわからないッ!!」
151 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 13:33:15.14 ID:5YPM90
カーズ「……いや見えているぞ。『さっきから』な……」 

康一「!?」 

露伴「マヌケがあああッ!! 
すでにカーズにはスタンドが見えるよう『書き込んで』いる。弱点はない。 
そう、カーズは『神』になったのだ。 
人間は『神』にだけは勝てない。『服従』しかないんだよ。 

わ か る か い?康一くゥゥ~~~~~ン」
152 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 13:33:53.69 ID:5YPM90
ゴゴゴゴゴゴ… 

康一「そ…そんなまさか……ッ!!」 

ブオン! 
康一はct2の拳をカーズに向け振るうが、カーズはそれをなんなく避ける。 

露伴「ん?なんだい康一くん。『エコーズct2』? 
両拳に『ガオン』の文字がついているが……まさか『削り取ろう』っていうのかい?」 

康一「……クソッ!!」 

露伴「まぁ、億泰と二人でなら、カーズの再生力を上回れるかもなあああ~~~。 
だがカーズはスタープラチナやクレイジーダイヤモンドを上回るスピードを持っている。 
しかもスタンドも『見える』。さっき言っただろう?今のでわかっただろう? 
君の亀が垂らすクソ程しかないスピードの『ct2』の攻撃なぞ、かすりもせん…… 
この ダ ボ がァァァーーーッ!!アハハハハッ!!」
153 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/26(日) 13:34:34.20 ID:5YPM90
露伴「さて……康一くん。君たちはよく頑張った。 
仲間を死なせたくないだろう? 
今なら億泰の腕も、静の脚も、そこの帽子男たちも、みんな…… 
クレイジーダイヤモンドで『治す』ことができる。 
君が、この岸辺露伴への『服従』を誓えば……な」 

康一「……」 

露伴「さあ最後の決断だよ。 
『従う』か『死ぬ』か……『みんなの運命』を、君が決めるんだ。康一くん」 

静「……『康一サン』!!」
156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/26(日) 14:55:37.33 ID:2xZBRo
いい絶望感だ
162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/26(日) 19:10:24.85 ID:GG5pTT9D0
この状況から康一たちが勝つのムリじゃね? 
もし勝てたら>>1のこと一生尊敬するわ……
165 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:28:24.32 ID:InU9cwUV0
間田「(き、聞こえたぞ!たしかに『合図』がッ!!)」 

そ~~~ッ… 

間田敏和が部屋の入口に体半分姿を現し、 
そっと部屋の中を『見る』。 
露伴はまだその存在に気付いていない。 

┣¨┣¨┣¨┣¨ドド… 

康一「……」 

露伴「康一くん、今は黙っていい時じゃあないんだよ。 
君が結論は出さないなら、その間二人で『遊ばせて』もらうよ。 
おいカーズ!……億泰と静の指を、一本ずつ切断していけ」 

カーズ「……」 

露伴「ん?…………カーズ?」 

ゴゴゴゴゴゴ…
166 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:29:35.36 ID:InU9cwUV0
カーズ「……」 

露伴「お、おいカーズ!!なぜ返事をしないッ!?」 

ゴゴゴゴゴゴ… 

康一「露伴、おまえは本当に『理解』しているのか?」 

露伴「!? な…なんの話だッ!?」 

康一「あなたの『ファン』の話だよ」 

露伴「脳がゴミクズか!? 
質問の『答え』になってないぞッ!!」 

康一「本当にわからないの?一度は『読んで』いるのに?」 

露伴「さ…さっきから一体なにを言っている!!?」 

ゴゴゴゴゴゴ… 


静「わからないなら……究極生物もこれまでだ!『アクトンベイビー』解除ッ!!」
167 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:34:12.71 ID:InU9cwUV0
- 回想 一階大広間 - 

億泰「わりーな静。『作戦』ってのは、どうも面倒でよォ~~」 

静「人には得手不得手があるからね。 
それに透明化の事は、あたしが一番わかってるし。 
それじゃあ、この『人形』はあたしが運ぶわ。 
……あれ、意外。そんなに重くないしィィ~~」 

間田「見た目の割にはね。高校生の時、学校に持ち運びもしてたし」 

康一「それじゃあ間田さんは最初はトニオさんと一緒にいて、 
後からぼく達についてきてください」 

間田「わかった。 
みんなと違ってスタンドで自分の身も守れないし、そうさせてもらう。 
露伴の部屋にみんなが突入したら、部屋の外で『合図』を待つよ。 
それで、その合図は何にする?」
168 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:41:35.19 ID:InU9cwUV0
静「合図ね。あたしが出すんだよな。 
じゃあ……『間田サン』か、『康一サン』の名前を呼ぶぜ。それが『合図』だ」 

康一「え……?なんでぼくの名前なの?」 

静「『間田サン』の名前を出すと、残った敵に間田サンが攻撃される可能性がある。 
そうなると、せっかくの作戦がおじゃんになるかもしれない。 
一方『康一サン』の名なら、その場にいるし、違和感なく合図を出せる。 
露伴の目的は康一サンを『従わせる』ことだから、 
康一サンが殺されたり、気絶させられることはないし、呼べる機会も多い」 

康一「なるほどね、状況に応じてどちらかをってわけか」 

静「あと間田サン。サーフィスは『見える』ところにいないと『操れない』んだろ? 
合図を聞いたら、体半分チラッと中を『見る』くらいでいいからねェー」
169 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:42:46.42 ID:InU9cwUV0
・ 
・ 
・ 

カーズの手が静の胸部に向かって伸びてくる。 

静「(……もう少し、もう少し手を伸ばせ……よし!)」 


触れた?触れたよな?『人形』に触れたよな? 

これで『コピー』できるよな? 

よし!『コピー』が始まった!だが、時間がかなりかかりそうだ。 

人間とは違う生物だからか?クソッ!早く…早く……! 

体重が『重い』と言われた時は、 
抱えた『人形』のことがバレたかと思ったが……危なかったぜ。 

サーフィスの作戦は露伴用だったがしょうねぇ、この『カーズ』はヤバ過ぎる。 


ああッ!?億泰サンの左腕が……吹っ飛ばされた!!? 

康一サンのエコーズの攻撃も全然当たらない!? 

まだか…まだなのか……!! 


!? よし、『コピー』が終わったようだぞ!! 

『合図』を送るんだッ!反撃の狼煙ってやつだぜ! 

さぁ……『操って』くれよ!『間田サン』ッ!! 


静「……『康一サン』!!」
170 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:47:20.71 ID:InU9cwUV0
露伴「おいカーズ!……億泰と静の指を、一本ずつ切断していけ」 


グググ…ググッ…… 

!! 
な…なんだ?体の動きがに…にぶいぞ? 


露伴「ん?…………カーズ?」 


ち…ちがう。動きがにぶいのではない…… 
う、動けんッ!?ば…ばかな!! 
ま…まったく…か……!?体が動かん!? 


露伴「お、おいカーズ!!なぜ返事をしないッ!?」 


喋れもしない!? なぜだ…… 
『神』となったこのカーズが…… 
『究極の生命体』であるこのカーズが…… 
指一本ですらッ!!『動かせない』だとォォォーーーーッッ!!? 


静「わからないなら……究極生物もこれまでだ!『アクトンベイビー』解除ッ!!」 

スウゥゥゥー…… 


な、何だッ!? 目の前に『おれ』がいる……!!? 


露伴「ま、まさか……『コピー』していたのか!? 
こ、こいつは…間田敏和の……」 

ドドドドドド… 

間田「そう……」 


静「……『サーフィス』だぜッ!!」
171 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:49:33.31 ID:InU9cwUV0
露伴「お、おのれ静ァーーーッッ!!」 

静「へっへっへ……やらせていただきましたァン!」 

露伴「サーフィスの『人形』を隠し持っていたのかッ!? 
脚を切られ、あれだけの出血の中、まだ透明化を継続させていたとは……! 
今にも死にそうな面をしているくせになああァァーーッ!!」 

静「死にそうだからってな…… 
あともうちょっとでノドに食らいつけるって『スタンド』を決して解除したりはしねえ。 
たとえ腕を飛ばされようが、『脚』をもがれようともなッ! 
それが『覚悟』ってやつだぜ……!! 
さぁ、康一サン…億泰サン……やっちまいなァァーーーッ!!」
172 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:52:54.10 ID:InU9cwUV0
ドドドドドド… 

康一「……これでどんなスピードも関係ない。 
動けなければ『再生』もできない。億泰くん、いけるかい?」 

億泰「ああ、いけるぜ。康一!!オレとおまえの『ラッシュ』だッ!」 

康一「掛け声はあの二人に『あやかろう』。……いくよ!億泰くんッ!!」 

露伴「や、やめろオオォォーーーッッ!!カーズには手を出すんじゃあ……」 




億泰「ドララララララララーーーーッッ!!!」 

康一「オラオラオラオラオラオラオラオラ!!!」 




ガオン!ガオン!ガオン!ガオン! 

露伴「ば……馬鹿な!? 究極生物が…カーズが……!!! 
エコーズとハンドにッ!け、削り取られていくゥゥーーーーッッ!!?」 

ガオン!ガオン!ガオン!ガオン! 


億泰「ドラァッッ!!!」 康一「オラァッッ!!!」 

ガオォンッ!!!
173 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:56:11.68 ID:InU9cwUV0
露伴「あ…あぁ……」 

間田「!? サーフィスのコピーが解除されていく……! 
どうやら完全に消滅させたようだなッ!」 

露伴「そ……そんな……究極の生物が…… 
カーズがまさか……」 

億泰「ヘヘ…や、やったぜ!だが……左腕の出血がヤバイ。 
すまねェが……あとは頼むぜ、こうい…ち……」 ドサッ… 

静「女より先にダウンするなんて、何やってんだよ…億泰サン。 
『レディファースト』…だ…ろ……」 ドサッ… 

自身のやるべきことを全うした二人は、 
糸が切れたように、床に倒れた。
174 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:57:49.70 ID:InU9cwUV0
ドドドドドド… 

そしてついに『広瀬康一と岸辺露伴』が、向かい合う―― 


康一「露伴。この距離……お互いのスタンドの射程距離内だな」 

露伴「康一くん……!!」 


ドドドドドド… 

康一「……」 

露伴「……」 

康一「……」 

露伴「……」 

ドドドドドド… 

露伴「ヘブンズ……!!」 


ズンッ!!
175 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 19:59:32.51 ID:InU9cwUV0
『ACT 3 FREEZE!!』 


露伴「ぐ……お…重いッ!? ハハッ!どうやら勝敗は…… 
『決した』……というわけか」 

康一「露伴……」 

露伴「おいおい康一くん、何を俯いてるんだい? 
……『勝つ時』っていうのは、こういう風に……相手を『見下す』もんだぜ」 

グググッ… 
3 FREEZEの術中にありながら、露伴が上体を起こし始めた。 

康一「そ、そんな!?『3 FREEZE』は、軽自動車のタイヤが変形する程重くできる! 
この重さで立ち上がれるなんて……!?」 

露伴「それも、これまで…だよ。わたしももう…限界……さ」 

ドサッ… 
重さに耐えかね、露伴が再び床に突っ伏した。 

露伴「はぁ…はぁ……。わかったかい康一くん?『勝者』の……有り方を」
176 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:02:29.72 ID:InU9cwUV0
……康一くん、君は本当にすごい奴だ。 

そんなに多くの仲間がいて……わたしとは違う。わたしはただ『操っていた』だけ。 

傀儡のカーズは、『部屋内』の匂いが何人かしか教えなかった。 

命令に従った『だけ』。 

もしもカーズが仲間だったら……『部屋の外』の匂いをもかぎ取っていたはず。 

……もうこんなことを考えてもしょうがないがな。 

あぁ、顔を上げたな康一くん。そう、それでいい。君が勝ったんだ。 

君が『勝者』。わたしが『敗者』だ。 





そうだ、思い出したぞ。『夢』の映像が何か。『折り紙』の映像が何か。 

幼少の頃の記憶だ――
177 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:04:08.17 ID:InU9cwUV0
露伴「鈴美おねえちゃん!おりがみちょうだい!」 

鈴美「フフ……露伴ちゃんは本当に『折り紙』が好きね」 

露伴「うん!かけるし、おってあそべるし!だいすき!」 



「折り紙遊びか、楽しかったな……。でも……」 



ビリビリビリ…! 

露伴「う……うわああああんんんっ!!」 

鈴美「ど、どうしたの!?」 

そこには折り過ぎて『破けた』、一枚の折り紙があった。 



「……破いてしまったんだ。おさな心に、これはとてもショックだった」 



よしよし……。いい?露伴ちゃん。 

この折り紙はね、あなたに『教えて』くれているのよ。 

折れた紙はまた『真っ直ぐ』にできるけれど、 

破けてしまった紙は、もう元に『戻らない』。……決してね。 



「……」 



だから今は泣いていいのよ。 

そしてあなたは……『折れていい』。 

この先辛いことがあって、苦しくて、負けそうになったら、 

何度も何度も『折れていい』の。 

だけど…… 



決して『破けない』強い人間になるのよ――
178 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:06:27.10 ID:InU9cwUV0
……わたしは折れただけじゃあない。『破けて』しまったんだ。 

この岸辺露伴はもう元に『戻れない』。 

それだけのことをやってきたのだ。 

クレイジーダイヤモンドでも、僕の悪行は『治せない』。 



康一「露伴……『ヘブンズドアー』を、解除してくれないか? 
やはりあなたを、殺したくはない……」 

露伴「……それはできない。この岸辺露伴が何をしてきたかわかっているか? 
仮に今ここでスタンドを解除しようが、 
またいつか『ヘブンズドアー』を使い、同じことをするだけだぞ? 
……わたしを『殺す』道しか、君にはないんだ」 

康一「……」 

露伴「さあ康一くん。わたしを殺してくれ」
179 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:07:11.47 ID:InU9cwUV0
康一「……」 

露伴「……」 

康一「…………出しな露伴。あんたの『ヘブンズドアー』を……」 



そう、そうだよ康一くん。 

そのままヘブンズドアーの心臓を貫くんだ。 

いや……正直、死にたくはないよ。 

でももう『戻れない』からな。 

鈴美お姉ちゃんのところに行きたいけれど、できるかな? 

いや……それは無理だろうな。 

だがまぁ、君の手で死ねるならいいか。 



露伴「『親友』である君の手で――」
180 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:08:06.64 ID:InU9cwUV0
・ 
・ 
・ 

こうして、一連の事件は幕を閉じた。 



ヘブンズドアーの解けた仗助が、傷ついた体ながらもクレイジーダイヤモンドを振るい、 
全員の傷が『治った』。 

仗助だけはダメージの痕が残っており、ぶどうが丘総合病院に入院したが、 
トニオの料理のおかげか、数日で退院し、今まで通りの生活を送っている。
181 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:09:52.54 ID:InU9cwUV0
それぞれの人物が事件後どうしたかというと―― 


支倉未起隆は…… 
事件に関わりのなかった『鋼田一 豊大』に、今回の話を聞かせてあげに鉄塔へ向かった。 

静=ジョースターは…… 
今回の冒険譚を話しに、杜王グランドホテルにいる父に会いに行く。 
ジョセフも静の成長を認め、あまり話さなかった自身の過去の話もするようになったようだ。 

小林玉美と大柳賢は…… 
4月から賢は、玉美と同じ『借金の取り立て』の仕事に就いている。 
「帰れ!」「ジャンケンに勝ったら帰るよ」 
という不思議な取り立て現場を、S市内でまれに見かけることができるらしい。 

間田敏和は…… 
今回の一件で自信を深め、高校の時から好きだった『順子』に告白。OKをもらった。
182 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:10:52.98 ID:InU9cwUV0
広瀬由花子は…… 
戦いの際のパスタの味に感動した由花子は、トニオに弟子入り。 
料理の腕を一層磨いている。 

空条徐倫は…… 
父承太郎がよく話していた『康一』とその妻の『由花子』をとても気に入る。 
特に由花子とは親密になり、一緒に料理の勉強もしているようだ。 

ミューミューとグェスは…… 
二人はGDt刑務所へと戻っていった。ミューミューは減俸後、看守の仕事に復帰し、 
グェスは『厳正懲罰隔離房』へ収容されることとなる。脱獄の罪科も加わったようだ。 
行方不明のウエストウッド看守については、現在も捜索が続いている。 

音石明は…… 
ミスタが持ってきた『トリッシュ=ウナ』という名の歌手のCDを聴き、 
その歌声に感動。彼女に会うため、単身イタリアへ向かう。
183 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:11:50.47 ID:InU9cwUV0
空条承太郎は…… 
噴上の「徐倫は石鹸のような匂いがしますね」という発言に勘違いし、 
「随分手が早いじゃあねーか、スピードには自信ありということか?」 
とぶち切れ、オラオラをかましてしまう。 

噴上裕也は…… 
オラオラにより、生涯二度目の入院生活を送るはめになる。 
ただ翌日には仗助に治してもらえたようで、ミスタの見送りの際には姿を見せていた。 

グイード=ミスタは…… 
空港での別れ際、億泰と猫草には特に別れを惜しまれる。 
億泰とは立ち位置が近いからなのか、波長があったようだ。 
ミスタ自身も億泰に対し『同じ匂い』を感じると話していたが、 
噴上だけは『同じ匂いは断じてしない』と否定していた。 



そして、広瀬康一、東方仗助、虹村億泰の三人は……
184 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:14:10.98 ID:InU9cwUV0
- 杜王町霊園 - 

仗助「うしッ!鈴美さんのお参りも終わったし、もうそろそろ行くか」 

億泰「イタリア語かぁ、楽しみだぜェーッ」 

康一「二人も本当に行くの?ぼくはミスタさんやジョルノにまた会いたいから、 
習いたいだけなんだけど……」 

億泰「オレもミスタさんに会いてェーよ、 
イタリアの甘いモンを、たらふく食わせてもらう計画もあるしよォ~~~」 

仗助「オレもその『ジョルノ』って人に、いつか会ってみてーし。 
あと社会人になってよ、『勉強』のありがたみがよくわかったしなァ~~」 

康一「(本当は前以上に『孤立』しないか心配してるだけのくせに……もう。 
まぁ、それはぼくも一緒なんだけどね) ……ん?あれは……」 


「おーい、康一く~~~ん」
185 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:16:07.26 ID:InU9cwUV0
- 航空機内 - 

ミスタ「『広瀬康一』か……。もう少し強引にスカウトしてくりゃあ良かったかな? 
だが『殺せねー』んじゃあ、パッショーネには向かねーよなァ~~」 

「当機は、間もなくネアポリス空港に到着致します――」 


……オレは勘違いしていたぜ。そんなもの、必要なかったんだ。 
『漆黒の意志』なんて……な。とんでもねえぜ。漆黒どころか…… 
『黄金』、なんだからな。 

『黄金の精神』か―― 

・ 
・ 
・ 

露伴「……君たちも杉本鈴美の墓参りかい?」 

康一「そうですよ。露伴先生は?」 

露伴「ああ、ぼくも同じだよ」 

億泰「ヒソヒソ…(オレ、気絶しかかってたがよ。康一が露伴を殺すとマジで思ってたぜ)」 

仗助「ヒソヒソ…(そうなのか?オレは結果しか聞いてねーからよ)」 

億泰「ヒソヒソ…(何があったかっつーとだな……)」
186 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:17:41.98 ID:InU9cwUV0
- 回想 - 

露伴「『親友』である君の手で――」 


ガシィッ! 

康一「その『声』……『本音』なのか……?」 

康一は、自分でもなぜこの行動をとったのかわからない。 
だが一切の迷いなく、 
康一は露伴の発した『親友』の声をct1で文字にし、自身に貼りつけていた。 


『親友』か…… 
この声は『うそは言っていない』。心から出た本物の声だ…… 



賢「はぁ…はぁ……。よし……間に合ったッ! 
これで、露伴を『殺す』必要はない!」
187 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:19:21.72 ID:InU9cwUV0
康一「!? 賢くん!! 
『殺す』必要はないって、それはどういう……」 

賢「間田さん、サーフィスの『人形』で露伴に触れて、 
『操って』もらえますか?」 

間田「え……?あ…あぁ、わかった」 

賢「……『思い出した』んだ。 
あなたのヘブンズドアーは、『自分自身』には書き込めない。 
でも奪ったヘブンズドアーなら、ぼくが『書き込む』ことができる。 
間田さん。いいですか?三連続『グー』でお願いします」 

じゃああ~~~んけん……ホイ!ホイ!ホイ!!
188 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:21:28.13 ID:InU9cwUV0
ズキュウーーン! 

間田「『ヘブンズドアー』が賢くんに引き込まれるぞッ!」 

賢「露伴、あなたのその力と考え方は危険だ。 
生半可なことでは、また同じことになりかねない。 
その力をまた『悪』としてふるいかねない。 
だから、封印させてもらいます。 
書き込む『文面』は…… 

『今、術中にあるヘブンズドアーの効果を失う』 
『これから一生ヘブンズドアーを使うことはできない』 

…………だ!!」
189 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:22:24.79 ID:InU9cwUV0
・ 
・ 
・ 

億泰「ヒソヒソ…(ってわけだぜェ~~)」 

康一「あ、じゃあ露伴先生。この後そのままいいですか?」 

露伴「ああ。ぼくの屋敷でイタリア語の勉強だよね。 
ぼくはもう『ヘブンズドアー』を使えないから、前みたいに手軽に覚えることはできない。 
習得までミッチリやらせてもらうよ?」 

仗助「あ……露伴先生ェ~。オレと億泰も一緒にいいっスか? 
イタリア語、オレらも話せるようになりたいんスよォー」 

露伴「君たちもかい? 
そうだな、君たちには借りができたしな…………だが断る」 

億泰「な、何ィ!?」 

仗助「て、てめー何も反省してねーなコラァーーッ!」
190 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:24:32.04 ID:InU9cwUV0
『成長』とは、必ずしも前進から生まれるわけではない。 
後退したり、何かを失うことをキッカケに、結果成長することも数多くある。 

傲慢への『反省』から、ct3へと『成長』した康一。 
兄を『失い』、兄への依存から脱し『成長』した億泰。 
祖父を『失い』、守る使命へと『目覚めた』仗助。 


『ヘブンズドアー』と、町の仲間の多くの信頼を『失い』、 
露伴はどのように『成長』するのだろうか。
191 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:26:25.86 ID:InU9cwUV0
クソ正義感の仗助に、アホ律儀の億泰か。 
イタリア語を話せるようになりたい? 
こいつらが進んで『勉強』にくるわけがない。 

大方、この露伴を『心配』して来たのだろう。 
まぁ……それは康一くんも一緒かもしれないが。 

しかし……『だとしたら』、だ。 
小っ恥ずかしいが、この『言葉』は必要だろう。 
戦いの後も、『まだ』言ってないしな。 
今更言うのもなんだが…… 

だが、ま…それもいいか…… 
これでぼくの気分もけっこう……清らかだ。 


露伴「……冗談、冗談だよ。 
それに反省だって、しているさ。 

仗助、億泰、康一くん。そしてみんな…… 





『ありがとう』     」   



≪ 広瀬康一と岸辺露伴  -完- ≫
192 : ◆8.Hm/ZrB2  :2013/05/27(月) 20:29:12.28 ID:InU9cwUV0
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。 

今回、全体としては『勇者と魔王』をイメージして書かせて頂きました。 
勇者『広瀬康一』と魔王『岸辺露伴』の戦いですね。 
ただ当初の構想以上に露伴が『悪』になってしまったので、 
ヘブンズドアーを封印する、という形での締め括りとさせて頂きました。 

また、途中ご指摘を頂いたように、無理やりな展開や、設定ミスもありました。 
申し訳ございませんでした。 

わたし個人では、今までで一番長いSSだったのですが…… 
長編SS作者様の、話の構成力は本当にすごい。尊敬します。 


次はもっと精進します。 

読んで頂いた皆様、コメントを頂いた皆様、 
本当にありがとうございました。
 

199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/27(月) 21:42:43.33 ID:LZ4R8FIio
サーフィスという手があったか~素直に感心した 
能力の使い方うまかった乙
200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/27(月) 21:50:36.61 ID:mnyRR+3o
ウエストウッド看守の能力でカーズ引っ張ってくるという発想がヤバかった。素直にすごいわ 
乙。楽しかったよ
202 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします  :2013/05/29(水) 04:17:49.54 ID:ofitqJKI0

ラスト鳥肌立ちっぱなし! 布石とかすごすぎィ!  
お疲れ様でした!!


お勧めSS:
仗助「そんなお前が嫌いだったよ」

ディオ「そんな貴様が嫌いだったよ」

岸辺露伴 見滝原へ行く


元スレ:広瀬康一と岸辺露伴 -
http://x14.vip2ch.com/tt/rd.ci/nw4nip/1369131269/