1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:07:00 ID:bh1FA8MrP
食蜂「そうよぉ。私の能力の応用で作られたバーチャル体験マシンなの。御坂さん使ってみない?」

御坂「こんな怪しげな機械使うわけないじゃない! どうせろくでもないこと企んでるんでしょ!」

食蜂「そう? これがあれば素敵な恋愛を体験できるのになぁ~。好きな人とイチャイチャできるのになぁ」

御坂「……あー、参考までに聞くけど私の知ってる人が出てきたりするわけ?」

食蜂「御坂さん好きな人いるならその人と甘酸っぱいことできるわよ~。仮想世界でね」

御坂「す、好きな人なんていないけどぉ! まぁアンタがそこまで言うなら使ってやってもいいわっ」

食蜂「そうこなくっちゃ! ささ、そこに座って座ってっ☆」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:08:55 ID:bh1FA8MrP
食蜂「さ、これを頭に被って☆」

御坂「SAOに出てきたナーヴギアみたいねぇ。デスゲームさせる気じゃないでしょうね?」

食蜂「サオってなに?」

御坂「まぁいいわ。さぁ被ったわよ。これでいいの?」

食蜂「オッケー☆ それじゃ早速スイッチ入れるわよ~」

食蜂「あ、ぽちっと」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:11:00 ID:bh1FA8MrP
御坂「……? 何よ、何も起こらないじゃない」

食蜂「あ、あら~? おっかしいなぁ」ガサゴソ

御坂「ちょっとまだぁ?」

食蜂「ごめんなさい御坂さん。ちょっとマシントラブルみたい。また今度ってことで」

御坂「ハァ? 期待させておいて何よそれ……」

食蜂「あら? 期待してたの? 好きな人いるんだ?」

御坂「べ、別にぃ! 私もう帰るわよ!」

食蜂「車に気を付けてねぇ~」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:12:49 ID:bh1FA8MrP
御坂「ったく食蜂のヤツ、一体何がしたかったのかしら。冷静に考えたらアイツの作った機械を頭につけるなんてヤバかったわね」

上条「あれ、御坂じゃないか。奇遇だな」

御坂「あ、アンタ! どうしてここにっ!」

上条「どうしてって学校帰りだよ。お前は?」

御坂「わ、私はちょっと……暇だからブラブラしてただけだけど……」

上条「そうか。俺もちょうど暇してたんだ。どこか寄っていかないか?」

御坂「ふぇ!? いいの!?」

上条「ああ、お前さえよければな」

御坂「まままままぁアンタがそこまで私と一緒にいたいって言うなら付き合ってあげてもいいけどぉーッ?」

御坂(って何よこのクソ生意気な言い方! 私の馬鹿馬鹿馬鹿! せっかく誘えてもらえたのに!)

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:16:08 ID:bh1FA8MrP
上条「ハハ。それじゃあマックでも寄ってくか。コーヒー無料券いっぱいあるんだ。ほら」

御坂「へ、へ~そうなんだ」

御坂(よかった。気にしてないみたい)ホッ


上条「ほい、コーヒーお待たせ」

御坂「ありがとう。マックなんていつ以来かしら」

上条「こういうとこ来ないのか?」

御坂「ファミレスにはよく行くけどねぇ、黒子たちと……ん?」ズズ

御坂「何このコーヒーまっず」

上条「え、そうかな。俺はよく飲むけど」

御坂「所詮100円の安物ねぇ。コーヒーは豆で決まるのよ。あーこれ全然ダメ」

上条「あー、そうかぁ。悪いなぁ……」

御坂「まったくアンタも少しはまともなものを……ハッ!」

御坂(奢ってもらっておいて何舐めたこと言ってるの私っ! もし逆の立場でこんなこと言われたらぶん殴ってるわよ!!)

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:18:49 ID:bh1FA8MrP
上条「御坂はお嬢様だから舌が肥えてるんだなきっと」

御坂「え、いやっ! や、やっぱりイケるわよこれ! うん! あースルメみたいに徐々に味わいが出てきたわー!」

上条「そうか?」

御坂「うん、もう最高っ!」

上条「アハハ、御坂って面白いよな」

御坂「そ、そう?」

上条「それに可愛いし」

御坂「かわ……うぇえ!? か、可愛い!? 私が!?」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:21:30 ID:bh1FA8MrP
上条「なに驚いてんだ?」

御坂「だ、だって突然そんなこと……言われるなんて思わなかったし……」

上条「別に思ったことを言っただけだよ」

御坂「そ、そうかな……ってアンタ! 周りの子みんなにそういうこと言ってんじゃないでしょうねぇ!」

上条「言わねえよ、そんなこと」

御坂「……ほんと?」

上条「だって一番可愛いのは御坂だし」

御坂「ブー!! げほっげほっ! コーヒーが食道にっ……げほっげほっ!!」

上条「大丈夫か?」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:25:33 ID:bh1FA8MrP
上条「さっきから変だぞお前」

御坂「変なのはアンタの方よ! そんな……い、一番可愛いとか……」モジモジ

上条「今まで言ったことなかったっけ?」

御坂「ないわよそんな大それたこと!! あったら前頭葉が忘れさせちゃくれないわ!!」

上条「アハハ、御坂ってやっぱ面白いな」

御坂「ま、まったく、調子狂うわねっ」

上条「そういえばさ」

御坂「なによ」

上条「御坂って彼氏いんの?」

御坂「ブー!! んがあああ!! 鼻からコーヒーがあっ!!」

上条「大丈夫か?」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:27:50 ID:bh1FA8MrP
御坂「い、いきなり何聞いてんのよ!」

上条「だって気になるじゃん。付き合ってるヤツいるのか?」

御坂「い、いない……けど」

上条「そっかぁ! よかった!」

御坂(何が!? よかったって何が!? どういう意味なのそれっ!?)

御坂「そ、そそそそそういうアンタはどうなのよ!」

上条「ん?」

御坂「だからっ、付き合ってる人……いるの……?」

上条「ハハ、いないってそんなの」

御坂「ほんとっ?」

上条「好きな人ならいるけどな」

御坂「うぇうぇええぇえ!? 好きな人いるのおぉお!?」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:32:11 ID:bh1FA8MrP
上条「おかしいか?」

御坂「お、おおおおかしくはないけどぉ~」オロオロ

上条「でも中々気持ちを伝えられなくってさ」

御坂「そ、そうなんだ……」

御坂(そんな……嘘でしょ……。一体誰よそれ……心当たりありすぎて全然見当付かない……)

上条「どう思う? やっぱちゃんと伝えた方がいいかな」

御坂「そうね……。伝えた方が……いいんじゃないかしら……」

御坂(私が言えた義理じゃないけど……)

上条「そっかぁ! やっぱそう思うよな! うん、それを聞いたら勇気が出てきたよ」

御坂「そう、よかったわね……」

上条「なぁ、コーヒー飲み終えたしちょっと散歩しないか」

御坂「うん、そうね……」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:35:16 ID:bh1FA8MrP
上条「夕暮れ時の公園っていいよなぁ~。風が気持ちいいしさー。お、空見ろよ。綺麗な夕焼けだなぁ~」

御坂(コイツに好きな人がいたなんて……)

御坂「ねぇ、誰なの、アンタの好きな子って」

上条「ん~、お前の知ってる人」

御坂「いつから好きなの……その人のこと」

上条「そうだなぁ、最初に会った時から気になってたんだけど、好きだって気付いたのは最近かなぁ」

御坂「そうなんだ……」

御坂(それじゃ私がもっと早く気持ちを打ち明けていれば可能性はあったってこと……? そんな……!)

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:37:10 ID:bh1FA8MrP
上条「ん~。この辺がよさそうだな。人いないし」

御坂(コイツが異様にモテるのは知ってたじゃない! それなのにグズグズ何をやってたのよ私……!!)

上条「なぁ御坂」

御坂「なによ……」

上条「俺、お前のことが好きだ」

御坂「そうなんだ……………………は?」

上条「俺、御坂が好き」

御坂「…………うぇえええぇええ!!!?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:40:19 ID:bh1FA8MrP
御坂「だ、だだだだだだってアンタ好きな人がいるってぇええぇえ!?」

上条「うん、だから俺の好きな人ってお前のこと」

御坂「ええええええええええ!!!? マジいいいいいいいいいいいいい!!!?」

上条「うん、マジ」

御坂「え、あっ、あぅ、いや、その、えっと……」カァァァァァ

上条「俺と付き合ってくれ」

御坂「~~~~~っ!!!!」プシュ~

上条「俺じゃ……ダメかな」

御坂「ダメじゃないダメじゃない全然ダメじゃない!!!!」ブンブンブン

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:43:41 ID:bh1FA8MrP
上条「本当か? それじゃ、俺の彼女になってくれるか、御坂」

御坂「ぇあぁあういえっとそのぉ~あうあうあうあ~」

上条「俺と、付き合ってくれるか……?」

御坂「ししししししょしょうがないわねぇ~! わわわ私はアンタのことなんて何とも思ってないけどぉ~!
   どぉ~~~してもって言うんなら付き合ってあげてもいいわよっ!」

御坂(って何よこの最低の返事はぁぁぁーッ!! お前はルイズかっつのー!!
   馬鹿馬鹿私の大馬鹿ぁ~~!! どうしてもっと素直に言えないのよぉ~!!)

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:47:54 ID:bh1FA8MrP
上条「ホントか!? 本当に付き合ってくれるのか!?」

御坂「う、うん……」

上条「すげえ嬉しいよ。正直言うとOKしてもらえるとは思ってなかったから……。俺、お前に嫌われてるかなって思ってたし」

御坂「そ、そんなわけないじゃない!! 私だって……ずっと……その……」モジモジ

上条「お前しょっちゅう勝負とか言って電撃ぶっ放したりキツイこと言ったりしてくるからさ、正直不安だったんだ」

御坂「そ、そそそそれはその! あの、その、勝負とかはその、一緒にいたかっただけで、えっと、口実っていうか……」

上条「そうだったのか。俺も楽しかったよ。お前との勝負」

  ぎゅっ

御坂「あっ」

上条「夢みたいだ。御坂と付き合えるなんて」

御坂(わ、私抱かれちゃってるっ! 抱かれてなんか甘いこと言われてるぅぅ!!)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:51:11 ID:bh1FA8MrP
御坂(伝えなきゃ! 私も自分の想い伝えないとっ!)

御坂「わ、わわわわ私もぉ! あ、アンタのことが……しゅきぃ!!」

御坂(噛んだぁ!!)

上条「本当か? すげえ嬉しいよ」

  ぎゅうっ

御坂「ぁ……」

上条「美琴って呼んでいい……?」

御坂「うん……」

上条「俺のこと当麻って呼んで」

御坂「と、当麻……」カァァァ

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:54:07 ID:bh1FA8MrP
上条「やっと名前呼んでくれたな、美琴」

御坂「と、当麻っ」

上条「美琴」

御坂「当麻っ」

上条「好きだ、美琴」

御坂「ぃっぐ……ぅぅ……っく」ポロポロ

上条「どうして泣くんだよ」

御坂「だって……ずっと夢だったから……こうしてアンタと……恋人になるの……」

上条「俺もだよ」

御坂「本当に夢で見たんだから! 当麻とこうしてイチャイチャする夢何度も見たんだからぁ!
   すっごくいいところで起こされてムカついたから黒子を黒焦げにしたこともあったんだからぁ!」

上条「そ、そうか、白井も大変だな」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:56:16 ID:bh1FA8MrP
上条「なぁ、キス、していい?」

御坂「き、キスっ?」

上条「美琴とキスしたい。ダメか?」

御坂「ダメじゃないっ。私も……したい……」

上条「……目、瞑って」

御坂「……」コク

上条「……」ソォ

御坂「……」ドキドキドキ

御坂(キ、キスしちゃうんだ。今から本当にキスしちゃうんだ。本当に……当麻と……)

  にゅるっ

御坂「……んっ!」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 17:58:23 ID:bh1FA8MrP
  ちゅぷ……

御坂「ン……んん……」

御坂(う、嘘っ。いきなり舌を入れてくるなんて……)

  ちゅ……ちゅぱ……

御坂「ンン……んン……!」

御坂(す、凄い……当麻の唇すごく柔らかい。それに口の中舐められるのって……とっても……気持ちいい)

御坂「ンん……」チラッ

食蜂「あら~。目ぇ開けちゃダメよぉ☆」

御坂「ぶっはっ!!!!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:01:33 ID:bh1FA8MrP
御坂「げほっげほっ!! な、ななななななな何でアンタがここにいるのよ!!」

食蜂「お目覚めのようね。気分はいかが?」

御坂「は? あれ、ここどこよ? 公園にいたはずなのに。あれ? 当麻は?」

食蜂「その様子じゃ随分楽しめたようね」

御坂「は??」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:05:45 ID:bh1FA8MrP
食蜂「御坂さん、ここがどこか分かる?」

御坂「あれ、ここ学校? なに? テレポート?? ちょっと! 元の場所に戻しなさいよ!!」

食蜂「テレポートじゃないわよぉ。最初からずっとここにいたの。
   あなたが見ていたのはこのシミュレーターの仮想世界。おk?」

御坂「……は? 仮想世界?」

食蜂「うん」

御坂「う、嘘よ! だってアンタ、マシントラブルとかって言ってたじゃない! 壊れてるんでしょそれ!」

食蜂「それは仮想世界の中の話ね。スイッチを入れた瞬間、シミュレーターは始まっていたのよぉ?」

御坂「あ、あそこからもうバーチャルだったの……?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:10:59 ID:bh1FA8MrP
御坂「じ、じゃあさっきの当麻は?」

食蜂「全て御坂さんの脳が生み出した錯覚よぉ」

御坂「錯覚??」

食蜂「うん」

御坂「え、じゃあさっきの告白は? あれもバーチャル?」

食蜂「うん」

御坂「……」

食蜂「御坂さん?」

御坂「ふっざけんなああああああああああああああああああああ!!!!」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:16:03 ID:bh1FA8MrP
御坂「ああああああああああああああああああああああああ!!!!」

食蜂「ち、ちょっと、落ち着いてってば」

御坂「あんまりだわああああああああああ!! あれが全部嘘だなんてええええええ!!」

食蜂「最初から仮想体験だって言ったでしょうに」

御坂「鬼!! 散々持ち上げて落とすなんてやっぱアンタはクソ外道女だわ!!」

食蜂「なんでそこまで言われなきゃいけないんだか……」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:21:01 ID:bh1FA8MrP
御坂「本当にあれ仮想世界だったの……? 現実と変わらないくらいリアルだったんだけど……」

食蜂「そこまで言ってもらえるなら頑張って作った甲斐があったわぁ。さすが私の再現力☆」

御坂「コーヒーでむせた感覚も匂いもまるで現実そのものだったわ……。
   それに、キ、キスの感触も……凄い現実感だった……」

食蜂「あ、ごめんなさい。キスしたのは私。御坂さんの寝顔がすっごく可愛かったからついっ☆」

御坂「死ねええええええええええええええ!!!!」ビリビリビリッ

食蜂「ちょ、落ち着こう? ねっ?」

御坂「うわーん! 私のファーストキス返せぇ~!」

食蜂「まぁまぁ、いい思いできたんだから代金だと思ってちょうだい☆」

御坂「あれが現実じゃないと知って死にたい気分よ……」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:27:33 ID:bh1FA8MrP
御坂「……ん? アンタ、私が何を体験してたか分かるの?」

食蜂「ええ、モニターしていたからぜ~んぶ知ってるわよ。御坂さんが何をしてたかっ☆」

御坂「あああああああああああああッ!!!! もう殺してえええええええええええ!!!!」

食蜂「恥ずかしがることはないわよぉ。ごく平均的な女の子の夢じゃないの」

御坂「アンタにそういうこと言われたくなぁーい!!」

食蜂「上条さんステキだったわねぇ。好きだ、美琴」

御坂「あーあー聞こえなーい!!!!」

食蜂「いやぁ、御坂さんのおかげでいいデータが取れたわぁ。人間で試すのは初めてだったから」

御坂「アンタ、私で人体実験したわね……!」

食蜂「上手くいったんだからいいじゃない。あ、でも今日のところは帰って早めに寝た方がいいわよぉ?
   脳にかなりの負担がかかってるはずだからぁ」

御坂「言われてみれば何だか凄く疲れたわ……。帰る……」

食蜂「車に気を付けてねぇ~」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:32:55 ID:bh1FA8MrP
御坂「ハァ、今でも信じられない。あれが全部嘘だったなんて……」トボトボ

御坂「シミュレーターで見た公園に行ってみようかな……。でも余計ヘコむかも」

上条「あれ、御坂じゃん。奇遇だな」

御坂「あ、アンタ! どうしてここにっ!」

上条「どうしてって学校帰りだよ。お前は?」

御坂「わ、私はそのっ、さ、散歩?」

上条「ふーん、暇そうだな。そういえばいつも漫画の立ち読みしてるもんな御坂って」

御坂「い、いつもってわけじゃないけど……」

御坂(あれ! でもこのシチュエーション、さっきと似てる! もしかしたらまた誘ってもらえるかも!)

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:38:05 ID:bh1FA8MrP
御坂「そうなのよねぇ! 暇で暇で! いや~参ったわぁ!」

上条「ふーん。じゃあ俺行くわ。またな」

御坂「ちょっと待ったぁああああああぁぁあ!!」

上条「なんだよ?」

御坂「さっきと違うじゃないの!!」

上条「は?」

御坂「い、いやだからそのっ、えっと、そう! マックに寄っていかないっ?」

上条「ハァ? なんで?」

御坂「だ、だってほら。アンタ、コーヒー無料券いっぱい持ってるでしょ?」

上条「何その決め付け怖いんですけど。お前、俺をどういう風に見てるんだよ。持ってねえよそんなの」

御坂「ええっ!?」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:43:20 ID:bh1FA8MrP
上条「じゃあ俺行くから」

御坂「ま、待って! 私がコーヒー奢るから! ね! マック行きましょう!」

上条「別にコーヒーなんて飲みたくねえって」

御坂「いいから! ほら!」

上条「掴むなって。しょうがねえなぁ……」


御坂「はいお待たせ! コーヒー!」

上条「お、おう。サンキュー」

御坂「えへへ」

御坂(シミュレーターと同じ席に座れたわ。同じように行動すれば同じ結末になるかもしれない!)

上条「ん……」ズズ

御坂「美味しいわよねこのコーヒー。庶民の味って感じでっ」

上条「そうか? 不味いんだけど。残していい?」

御坂「私だって好きじゃないわよ!! こんな安物のコーヒー!!」

上条「は、はぁ? お前が勝手に頼んだんだろ」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:43:42 ID:atW3c+wG0
なかなか面白い

最後の締めは「くぅ~w」でよろしく

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:44:40 ID:BWWf709l0
コントじゃねーか

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:47:36 ID:bh1FA8MrP
御坂「い、いや、それはそうなんだけどっ。アンタこれいつも飲んでるんじゃないのっ?」

上条「は? いや今日初めて飲んだけど?」

御坂「そうなのっ?」

御坂(何よあのインチキシミュレーター!! デタラメばっかじゃないのよ!!)

上条「なんか御坂って面白いよな」

御坂「そ、そう? ってあれ!」

御坂(この台詞さっきも言われたわ! ってことは次は、か、可愛いって言ってくれるはずっ)

御坂「……」ドキドキ

上条「……」

御坂「……うん、それで?」ドキドキ

上条「それでって?」

御坂「いやだから、ほら、次の台詞があるでしょ」

上条「は?」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:50:14 ID:bh1FA8MrP
御坂「ほら! 私の顔見てどう思うっ?」

上条「どうって、あ」

御坂(よしきた!)

上条「御坂、お前鼻毛出てるぞ」

御坂「ぶっっ!!」

上条「うわ汚ぇな。コーヒー吹くなよ」

御坂「ごほっごほっ! んがあああ! 喉にコーヒーがああ!!」

上条「大丈夫か?」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:52:47 ID:bh1FA8MrP
御坂「は、鼻毛って……! くっそ!」ブチッ

御坂「んぎゃあああ!! 痛い!」

上条「お、おいおい、そんな何本も同時に抜くなよ」

御坂「ど、どうっ!?」

上条「あ、ああ、見えなくなったよ。大丈夫」

御坂「それで!?」

上条「は?」

御坂「私のことどう思う!?」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:56:03 ID:bh1FA8MrP
上条「いやどうって言われても……なんだ突然?」

御坂「私の顔見て何か思うところがあるでしょ!?」

上条「睨むなよこえーよ」

御坂「こ、怖い!? 可愛いじゃなくて!?」

上条「ハァ?」

御坂「い、いやだから、あの……」

御坂(何よ! ところどころシミュレーターと同じことが起きるくせに肝心なところだけ違うじゃないの!!)

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 18:58:51 ID:bh1FA8MrP
御坂(こうなったら強引にでも告白の流れを作らないとっ)

御坂「アンタ彼女いないでしょ!」

上条「え、なんだいきなり」

御坂「私も彼氏いないんだ! 意外でしょ! こんな可愛いのに!」

上条「はぁ、そうなんだ」

御坂「やっぱあれよね。好きな人がいるならちゃんと気持ちを伝えるべきよね!」

上条「んー、まぁそうだな」

御坂「うんうんそうよねっ!」

上条「さて、俺もう帰るわ」

御坂「ちょっと待ったああああああああああ!!」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:02:34 ID:bh1FA8MrP
上条「お前さっきから何なんだよ」

御坂「いやえっと、その……アンタ! 好きな人いるでしょ!」

上条「えっ! どうしてそれをっ?」

御坂「分かるわよそれくらい!」

上条「マジかぁ。態度に出ちゃってるかなぁ」

御坂「そりゃもう出まくりよ! アンタ分かりやすいもん!」

上条「アハハ、参ったなぁ」

御坂「アハハ」

上条「じゃあ俺帰るわ。それじゃ」

御坂「だから待てッつーのおおおおおおおおおおお!!!!」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:06:53 ID:bh1FA8MrP
上条「今度は何だよ?」

御坂「私がここまでお膳立てしてあげてるのよ!? 後はもう言うだけでしょ!」

上条「言う? 何を?」

御坂「だ、だからぁ~!」

御坂「あ、そっか! ここじゃないもんね! よし、店を出ましょう! 公園行くわよ公園!」

上条「はぁ? 何で公園なんて行かなくちゃいけないんだよ」

御坂「はいはい、照れなくていいから! 行くわよ!」

上条「お、おい、引っ張るなって!」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:12:08 ID:bh1FA8MrP
御坂「夕暮れ時の公園っていいわよねぁ~。風が気持ちいいし。あ、空見てっ。綺麗な夕焼けねぇ~」

上条「御坂ぁ~、一体こんなところに何の用なんだよ。まさか勝負とか言うんじゃないだろうなぁ」

御坂「違うわよ! ほら、さっきの話!」

上条「さっきの話?」

御坂「だからぁ! す、好きな人がいるならちゃんと伝えなきゃダメって話よ! いるんでしょっ? 好きな人!」

上条「と、突然そう言われてもなぁ。向こうがどう思ってるか分からないし、告白しても今の関係崩すだけかもしれねぇし……」

御坂「大丈夫! アンタの好きな人はアンタに好きって言ってもらえるのをずっと待ってるわ! 自信を持って!」

上条「そ、そうかな?」

御坂「そうよ! ほら、言って!」

上条「……おう! 覚悟が決まったよ! 行ってくる!」

  タッタッタッ

御坂「ってこらー!! どこ行くのよーッ!!」

上条「え?」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:19:14 ID:bh1FA8MrP
御坂「言ってって言ってるでしょ!!」

上条「? だから行こうとしてるんじゃないか」

御坂「ハァ?!」

上条「いやだから好きな人に告白しに行けってお前が今言ってたろ」

御坂「私はここにいるでしょ!!」

上条「は?」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:25:22 ID:bh1FA8MrP
御坂「だ~か~ら~! アンタが愛してやまない美琴ちゃんはここにいるでしょうが!」

上条「ハァ?? お前さっきから何を言って――」


インデックス「とうまぁ~!!」タッタッタッタッ


上条「お、インデックス! どうしたんだ」

インデックス「んも~、とうまの帰りが遅いから外まで様子を見に来たんだよっ」

上条「そうか悪いな。今帰ろうと思ってたところだから一緒に帰るか」

インデックス「うん!」

御坂「ちょ、ちょっとちょっと! 邪魔すんじゃないわよアンタ!」

インデックス「あ、短髪だ」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:29:21 ID:bh1FA8MrP
御坂(どういうことよ! シミュレーターじゃこんなヤツ出てこなかったのにっ)

御坂「ええいっ! お邪魔虫が一匹いようと気にする必要ないわ! さあ、愛の告白をするのよ! 全力で受け止めるから!」

上条「えー? う~ん……そうだな。言わなくちゃダメだよな」

インデックス「なになに? なんの話?」

上条「よし! じゃあ言うぞ!」

御坂「う、うん!」

御坂(遂に来たわ! 私の恋が成就する瞬間が!)

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:34:59 ID:bh1FA8MrP
上条「俺は……お前のことが……」

御坂「……っ」ゴクリ

上条「インデックス!! 俺はお前のことが好きだ!! 俺と付き合ってくれ!!」

御坂「うん! 私もアンタのことが――――…………へ?」

インデックス「私もとうまのことが大好きなんだよ!」

御坂「えっえっ? ……えっ?」

上条「本当か?」

インデックス「うん! これからもず~っと一緒だよ、とうまっ」

上条「ああ! ずっと一緒だ! インデックス!」

御坂「…………は?」

御坂「はああああああああああああああああああああッ!!!?」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:38:58 ID:bh1FA8MrP
御坂「ちちちちょちょちょちょちょっと!! どどどどどどういうこと!!!?」

上条「御坂、お前が勇気をくれたおかげで告白できたよ、ありがとうな」

インデックス「ありがとうなんだよ短髪!」

御坂「あ、あぁああアンタの好きな人って……そいつのこと……なの……?」

上条「? 当たり前だろ? 他に誰がいるんだ?」

御坂「…………」ポカーン

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:44:45 ID:bh1FA8MrP
御坂「……嘘」

上条「え?」

御坂「嘘よそんなの!!!! 当麻が好きなのは私のはずでしょ!!!!」

上条「はぁ? 俺は最初から100%インデックス一筋だが? っていうか突然名前で呼ぶなよ気持ちわりぃな」

御坂「き、気持ち悪いっ!!?? 私たち抱きしめ合って名前呼び合ったじゃない!!!!」

インデックス「ねぇとうま、短髪は一体何を言ってるの?」

上条「さあ……」

御坂「抱きしめ合ってキスしたじゃないのよーッ!!」

インデックス「とうまが短髪なんかとそんなことするわけないんだよ。妄想も大概にしてほしいかも」

御坂「なんですってぇ!!」ビリビリビリ

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:50:06 ID:bh1FA8MrP
上条「やめろ御坂! 暴力を振るうつもりなら本気で怒るぞ!!」

御坂「ぼ、暴力なんて振るったことないわよ!」

インデックス「もう行こうとうま。この女と話してても埒が明かないかも」

上条「あ、ああ。悪いな御坂。俺たちもう行くから。それじゃ」

御坂「ま、待ってっ」


インデックス「とうまぁ、これからは恋人同士だねっ」

上条「ああ、手でも繋ぐか?」

インデックス「つなぐ~」

  きゃっきゃうふふ


御坂「…………」ボーゼン

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:54:26 ID:bh1FA8MrP
御坂「う、ううううううううううああああああああああああああ……」

御坂「ああああああああああああああああああああああああああああッ!!!!!!!!」

御坂「嘘よおおおおおおおお!! こんなの嘘っぱちだわああああああああああああああああッ!!!!」


『――さん』


御坂「ああああああああああああああああああああああああああああああッッ!!!!」


『――御坂さん』


御坂「いやああああああああああああああああああああああああああああッ!!!!」


『――起きて御坂さん!!』

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 19:57:12 ID:bh1FA8MrP
御坂「ハッ!!」

食蜂「よ、よかった! 目を覚ましてくれて!」

御坂「こ、ここ……は……?」

食蜂「いやぁ~焦ったわぁ。もしこのまま死なれたらどうしようかと思ったわよ。私の経歴に傷が付くところだったわ」

御坂「食蜂……?」

食蜂「御坂さんここがどこか分かる?」

御坂「ここ……学校……?」

食蜂「あなたはこのシミュレーターで仮想現実を見ていたの。覚えてる?」

御坂「え……でもシミュレーターはさっき終えたはずじゃ……?」

食蜂「うーん、大分記憶が混乱してるようねぇ。脳波も心拍数も血圧も体温も異常な数値を示してたし……。
   やっぱりまだ人間で試すには早かったかしらねぇ」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:02:58 ID:bh1FA8MrP
御坂「さっきのは仮想現実……? アイツが別の女と付き合うっていうのは嘘……?」

食蜂「何を見てきたのか知らないけど全ては御坂さんの脳が作り出した錯覚よ」

御坂「錯覚……」

食蜂「あ、勘違いしないでね。わざと悪夢を見せて困らせてやろうとか思ったわけじゃないのよぉ? 私も予想外の結果なわけで」

御坂「よかった……夢で本当によかった……」

食蜂「どうして望まない内容になったのかしら。ちゃんと使用者が楽しめるような内容じゃないとダメよねぇ」

御坂「あれ、じゃあ最初のは? そ、そうよ! アンタ私にキスしたでしょ!」

食蜂「キス?? 私が? 御坂さんに? なんで? 私にそんな趣味はないわよ」

御坂「え……あれもバーチャル世界? もうどこからどこまでが非現実なのか分からなくなってきたわ……」

食蜂「色々リポートしてもらいたいけど今日はいいわ。脳に相当な負担がかかってるみたいだから、もう帰って休んで」

御坂「う、うん。そうする……」

食蜂「お疲れ様。また明日ねぇ」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:08:15 ID:bh1FA8MrP
御坂「ハァ、なんだかすっごく疲れた……。今日は早く寝て……ん?」

御坂「ここは……私なんで駅前に来ちゃったんだろ」

上条「あれ、御坂じゃん。奇遇だな」

御坂「あ、アンタ! どうしてここにっ!」

上条「どうしてって学校帰りだよ。お前は?」

御坂「えっ!!?? こ、これって……嘘っ? じゃあこれもバーチャル世界!?」

上条「何言ってんだ?」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:13:22 ID:bh1FA8MrP
御坂「……ねぇ、アンタ本物?」

上条「どういう意味だ?」

御坂「えいっ!」バチバチバチッ

上条「ぬおっ!」ピシャンッ

上条「あっぶねえな! いきなり何すんだ!!」

御坂「うーん、消せるか。でもバーチャル世界ならそれくらい出来てもおかしくないし……」

上条「御坂さん??」

御坂「怪しい……」ジー

上条「あー……、なんか俺、御坂を怒らせるようなことしちゃってたか? 悪かったな。大人しく消えますよ。じゃあな」

御坂「ま、待ちなさい!」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:19:24 ID:bh1FA8MrP
上条「ん? まだなんか用か?」

御坂「し、勝負よ勝負! まだ決着ついてないんだから!」ビシッ

上条「はぁ~~~、またそれかよ……」

御坂(う、ウザがられてる……? あ~~~そっかぁ~~~~これが駄目だったのね~~~~~!!)

上条「あのさぁ……」

御坂(本当は勝負なんてどうでもいいのよ。ただ一緒にいたいだけなのに……。どうしてもっと素直にお茶しようとか言えないの私っ!
   こんなんじゃ本当に別の子とくっついちゃうよ……!)

上条「前から聞きたかったんだけど、お前さ」

御坂「な、なによ……?」

上条「俺のこと好きなの?」

御坂「うぇえ!!!?」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:25:19 ID:bh1FA8MrP
御坂「な、ななななななななっ!!」カァァァ

上条「また顔真っ赤にしながらそれかよ。なんなの? 好きなの?」

御坂「ち、違うし!! 好きとか言うなし!!」ブンブンブン

上条「そりゃよかった。お前ちょっとストーカーじみてるから、惚れられたらどうしようかと思ったよ」

御坂「ス、ストーカー……?」

上条「じゃあ俺はこの辺で失礼――」

御坂「うわああああああああああああああ!!!!」ガンガンッ

上条「な、何やってんだ御坂! 急に電柱に頭ぶつけだしてっ」

御坂「あ゛あ゛あああああああああッ!!!!」ガンガンガンッ

上条「やべえなこいつ……」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:29:56 ID:bh1FA8MrP
御坂「いっだあああああああああああああいっ!!!!」ブシャー

上条「痛いだろうな……」

御坂「じゃあ現実!!!? 痛いってことはこれ現実なの!!!?」

上条「何言ってんだお前……」

御坂「どっちなのよこれえええええ!!!!」

上条「お前怖すぎ。悪いけど今度から街で会っても声かけないでくれ。今日から俺とお前は完全に赤の他人な。バイバイ」

御坂「ち、ちょっと待ちなさいよおおおお!! 待てごらああああああ!!!!」

御坂「ふ、フフフ、アッハッハ! はいバーチャル決定!! アイツが私にあんな酷いこと言うわけないもん!!」

御坂「食蜂ー!! 見てるんでしょー!! 早く私を現実に戻しなさい!!!!」

佐天「あ、あの、御坂さん? 何やってるんですか?」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:35:52 ID:bh1FA8MrP
御坂「こんなモブキャラ出さなくていいから早く現実に戻せっつのー!!」

佐天「あの、御坂さん? 本当にどうしちゃったんですか? 道端で発狂してる人がいると思ったら御坂さんだからビックリしましたよ」

御坂「チッ! 直接食蜂に会いに行った方が早そうね!」

佐天「御坂さんってば!」

御坂「うるさいどけ無能力者!! 都市伝説なんて探してる暇あるならレベル上げろ!!」

佐天「ひ、ひどいっ」



食蜂「さて、マシンを片付けて私も帰ろうかしら」

  タッタッタッタッタッ ドンッ!!

御坂「食蜂ぉぉぉ!!!!」

食蜂「み、御坂さん!? なにっ? どうしたの?」

御坂「アンタぁ!! 私をあんな目に遭わせて楽しいわけ!?」

食蜂「な、なんの話かしら?」

御坂「とぼけんなあああああああ!!!!」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:40:21 ID:bh1FA8MrP
御坂「アンタのクソゲーはもう終わりよ!! 私を現実に戻しなさい!!」

食蜂「落ち着いて。ここは現実よぉ。仮想体験はもう終わってるわ」

御坂「嘘つけ!! じゃあなんでアイツがもう声かけるななんて言うのよ!!」

食蜂「よく分からないけどぉ、それは御坂さんの普段の行動に問題があるからじゃ……」

御坂「なんですってぇ……!」ビリビリ

食蜂「とにかく落ち着いて! 今のあなたはバーチャルマシンを使用した影響で精神状態が乱れているだけよ。一晩休めば良くなるからっ多分っ」

御坂「元に戻せぇ~!!」

食蜂「ほら深呼吸っ☆ ひっひっふー☆」

御坂「っざけんなああああああああ!!!!」ビリビリビリビリッ

食蜂「おごべべべべべヴぇヴぇヴぇヴぇっ!!!!」バチバチバチバチッ

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:45:18 ID:bh1FA8MrP
御坂「ほら! さっさと私を現実に戻しなさい!!」

食蜂「……」プシュウ~

御坂「食蜂!!」

食蜂「……」グッタリ

御坂「……ちょっと、なに死んだフリしてんのよ」

食蜂「……」

御坂「ね、ねぇってば」

  ガチャ

女生徒「食蜂様、このレポートなんですが……え?」

御坂「え?」

女生徒「あ……」

御坂「あ、あの、これは……」

女生徒「きゃあああああ!! 人殺しいいいいいいい!!」

御坂「ふぇ!?」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:50:06 ID:bh1FA8MrP
女生徒「誰かあああああ!! 御坂さんが食蜂様を殺したわああああああ!!!!」

御坂「ち、ちがっ! これは! そう! 現実じゃないもん!! バーチャルだもん!!」

女生徒「誰か来てええええええええええええええええ!!!!」

御坂「し、静かにしなさい! これは現実じゃないから……」

女生徒「誰かああああああああああああ!!!!」

御坂「黙れっつってんでしょうがああああああ!!!!」ビリビリビリビリッ

女生徒「ぎゃああああああああああああああ!!!!」バチバチバチバチッ

  バタンッ

女生徒「……」プシュウ~ プスプス…

御坂「ハァ……ハァ……!!」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:53:31 ID:bh1FA8MrP
教員「何の騒ぎ……ぬお!! こ、これは! 御坂、お前がやったのか!!」

御坂「ち、違う……私は悪くない……。食蜂のヤツが悪いのよ……」

教員「レベル5が殺人事件を起こしました! 大至急アンチスキルを呼んでください!!」

御坂「殺人事件って何よ!! 私は悪くないって言ってんでしょうがあ!!!!」ビリビリビリビリッ

教員「あばばばばばヴぁヴぁヴぁヴぁッ!!!!」バチバチバチバチッ

  バタンッ

教員「……」プシュウ~ プスプス…

御坂「ハァ……ハァ……!!」

御坂「何よこれぇ……早く現実に戻ってよぉ……。お願いだから……」ポロポロポロ

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 20:57:36 ID:bh1FA8MrP
    そして数日後。

TV『常盤台中学校立て篭もり事件の続報をお知らせします。
  レベル5の少女とアンチスキルとの攻防は7日間に渡り続いておりましたが、
  遂にアンチスキル側が犯人の少女を殺害し、現場を鎮圧することに成功しました』

TV『犯人の殺害を実行した、ジャッジメントの白井黒子さんに話を聞いてみましょう。
  白井さん! 今の心境を一言お願いします!』

TV『ぃっぐ……錯乱したお姉様をせめてこのわたくしの手で……ひっぐ……ただそれだけを考えておりました……。
  お姉様ああああああ~~~!! なぜあんなことを~~~~~!!!!』

TV『尚、この事件の犠牲者は生徒17人、教員6人、アンチスキル38人、計61人もの死者を出す大惨事となりました。
  犯人が死亡したことで事件の真相は闇に包まれてしまう恐れがあります。
  しかし犯人は「ここは現実じゃない」などと喚いていて非常に狂乱しており、殺害も止むを得なかったというのが現場の判断です』

インデックス「あ、遂に短髪死んだって」

上条「何がしたかったんだあいつ」


  終

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 21:00:04 ID:sT/4g9b50

楽しかった

102: ちんちん ◆DCPmUu/AIjbw 2013/04/13 21:00:04 ID:YfnpNKQw0
世にも
奇妙な
物 語

元スレ:御坂「恋愛体験シミュレーター?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365840420/