1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:02:47 ID:Q5e3qzU6
巨人中延長

すでに2人が付き合ってる設定です。
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:06:44 ID:Q5e3qzU6
注意

アニがかなり甘えん坊になっています。嫌な人は戻るを押してください

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:09:37 ID:Q5e3qzU6
エレン「うーん」ムニャムニャ

アニ「起きてよー」ユサユサ

エレン「ん…」パチッ

アニ「起きた!」

エレン「あぁ、寝ちまってたのか、って今何時だ?」

アニ「もう5時半だよ」

エレン「まじか、ここの草むらは寝心地がいいからついつい寝ちまうんだよな」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:11:22 ID:Q5e3qzU6
アニ「それよりエレン!遊園地に行こうよ!」

エレン「遊園地?どうしていきなり」

アニ「実はね」ゴソゴソ

アニ「じゃーん!」スッ

エレン「これは?」

アニ「お父さんがお得意先の人にもらった遊園地のチケット!2人分あるし明日は休みだし

行こうよ!」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:17:18 ID:Q5e3qzU6
エレン「明日!?ずいぶん急だな、といっても別に行くのが嫌なわけじゃないからな?

確かに最近デートと言えば2人でここで話して寝るくらいだったし俺も行きたいけど、明日か…」ウーン

アニ「…だめなの?」ウルウル

エレン「よし!行くか!(これで何回目だ…、けど涙目アニには勝てねえよ)」

アニ「やったぁー!」ピョンピョン

エレン「はははっ、それじゃあ今日はもう帰るか、明日の準備もしなきゃだしな」スッ

アニ「あっ!待ってエレン!」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:19:15 ID:Q5e3qzU6
エレン「ん?」

アニ「帰る前にあれして!」

エレン「あれ?」

アニ「ほら!エレンがあぐらして」

エレン「あれか!いいぜ、俺もしたいしな!」スッ

エレン「ほら、来ていいぞ」ポンポン

アニ「失礼しまーす」ポスッ

アニ「はぁ、落ち着くぅ~」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:20:40 ID:Q5e3qzU6
エレン「それで、これだけでいいんだっけか?」ニヤッ

アニ「分かってるくせに」

エレン「言ってくれないとわからないぞ」

アニ「もぉ、いつもみたいにギューってして!」

エレン「はいよ」ギューっ モフッ

アニ「えへへ…」ニコニコ ギューっ

エレン「どうだ?」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:24:14 ID:Q5e3qzU6
アニ「やっぱりエレンにギューってしてもらうと落ち着く//」ギューっ

エレン「俺もアニの髪に顔をうずくめてるとすごい落ち着く、いい匂いだし」モフッ

アニ「しばらくこのままでいたいなぁ」ギュッ

エレン「俺もそう思ってたところだよ」ギュッ

アニ「エレン」

エレン「ん?」

アニ「大好き」ギュッ

エレン「俺も」ギュッ

アニ「へへへっ」ニコニコ

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:26:39 ID:Q5e3qzU6
10分後

エレン「なぁ、もういいか?」

アニ「もう?」

エレン「あぁ、本当はもっとしてたいけどさすがにそろそろ帰らないと時間がな」スッ

アニ「そっか…」スッ

エレン「じゃあ行くか?」

アニ「その前に少し腕開いて」

エレン「こうか?」スッ

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:29:17 ID:Q5e3qzU6
アニ「そっ」ダキッ

エレン「それやられると肩がこるんだよな、お前体重かけてくるから」

アニ「こうしてると落ち着くんだもん」ギューっ

エレン「そうか、アニがそういうなら仕方ないな」ナデナデ

アニ「えへへ、分かれ道までこうしてようね」

エレン「あぁ」

スタスタスタ

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:33:05 ID:Q5e3qzU6
エレン「お前、歩きにくくないのか?」

アニ「んー?」

エレン「かなり体斜めってるぞ」

アニ「そうだね、歩きにくいっちゃ歩きにくいな」

エレン「ならこんなに寄りかかってこないほうがいいんじゃないか?」

アニ「…嫌だった?」

エレン「えっ!い、いや嫌じゃないけどさ(むしろ嬉しいけど)」

アニ「じゃあいいじゃん!」ニコッ

エレン「・・そうだな(あぁ、この笑顔が見れるならもうなんでもいいきがしてきた)」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:39:31 ID:Q5e3qzU6
スタスタスタ

アニ「あっ・・・・」

エレン「残念だけどここでさよならだな」

アニ「うん…」

エレン「(なんでいつもここに来るとこんなにテンションが低いんだ…)」

エレン「毎回言ってるけど、一生会えなくなるわけじゃないんだからそんな顔すんなよ」

アニ「分かってるけど…」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:46:37 ID:Q5e3qzU6
エレン「アニ、顔上げろ」

アニ「何?」スッ チュッ

アニ「あっ//」

エレン「元気出たか?」

アニ「う、うん!エレンからしてくれるなんて…//」

エレン「(そうでもしないと帰れそうになかったからな)」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:48:27 ID:Q5e3qzU6
エレン「じゃあ、俺はそろそろ行くぞ、たしかあそこの遊園地は9時に開演だから8時ごろ迎えにいくぞ」

アニ「わかった」

エレン「じゃあまたしたな」フリフリ スタスタ

アニ「うん!また明日ー!」フリフリ スタスタ

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:51:39 ID:Q5e3qzU6
-
--
---

アニ「ただいまー」

アニパパ「お帰りアニちゃん!」

アニ「あれ?お父さんもう帰ってきてたの?」

アニパパ「今日は午前で帰れる日だったんだ」

アニ「へぇ、あっ、じゃあご飯作らなきゃだね、ちょっと待ってて」

アニパパ「じゃあその間にパパはお風呂を入れてくるよ」

アニ「ありがとうお父さん」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/17(水) 23:55:06 ID:Q5e3qzU6
アニパパ「そういえば遊園地のチケットどうなった?」

アニ「エレンと行くことにした」

アニパパ「そうか、まぁエレン君なら大丈夫だな!楽しんでくるといいよ!」

アニ「うん!そういえばお父さんは明日は休みなの?」

アニパパ「うん」

アニ「じゃあチケットのお礼も兼ねて今日はビール4本まで開けていいよ」

アニパパ「本当!やった!」

アニ「それとおつまみが欲しかったら言ってね」

アニパパ「はーい!」スタスタ

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:05:30 ID:lA4rhYsY
アニ「えーと、そういえば卵の特売でたくさん買っちゃったからオムライスにでも作って

その後にモッツァレラチーズとトマトとベーコンがあるからそれでおつまみを・・」ブツブツ

20分後

アニ「完成!」

アニパパ「待ってました!」

アニ「じゃあこれオムライスね、私はつまみ食いしすぎてお腹いっぱいだから少しでいいかな、

それ食べたらビールをおつまみだすから」

アニパパ「いただきまーす!」モグモグ

アニパパ「かわらぬおいしさ!」モグモグ

アニ「いただきます」パクッ モグモグ

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:08:08 ID:lA4rhYsY
アニパパ「そういえば、遊園地までどうやっていく?もしよければ送っていくけど」

アニ「えっ?でもせっかくの休みだし」

アニパパ「いいのいいの、そのあとグリシャとのみ行くから」

アニ「エレンのお父さんと?」

アニパパ「そうそう、結構話が合ってさ!」

アニ「そうなんだ、じゃあお願いするね!」

アニパパ「任せなさい!」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:12:30 ID:lA4rhYsY
---アニ「ごちそうさま」

アニパパ「ごちそうさまでした」

アニ「じゃあビールとおつまみもってくるから」スタスタ

アニパパ「ありがと!」

アニ「えーと」カチャカチャ スタスタ

アニ「はいビールとおつまみ」スッ

アニパパ「おっ、今日のおつまみはいつもより豪華な気がする」

アニ「ちょうど材料があったからね、それじゃあ私はお風呂入って2階に上がるね」

アニパパ「わかった!食器はどうすればいい?」

アニ「明日の朝洗うから水につけといて」

アニパパ「りょーかい!」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:17:17 ID:lA4rhYsY
スタスタ 

アニ「今日も疲れたなー」ヌギヌギ ポイッ

ガラッ 

アニ「お風呂入る前に体と頭を洗ってと」キュッキュ ジャー

アニ「ちべたい!」

アニ「…よく見たら冷水じゃん」キュッキュ

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:18:54 ID:lA4rhYsY
ジャー

アニ「ふんふふん♪よし、これで終わり!」キュッキュ ピタッ

アニ「あとはゆっくりお風呂に浸かって体を温めよー」チャポン

アニ「きもちぃ~」ホカホカ

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:22:08 ID:lA4rhYsY
アニ「それにしてもエレンには迷惑かけちゃってばかりだなぁー、やっぱりあの別れる瞬間だけは

やっぱりまだ慣れないや…」

エレン『アニ、顔上げろ』

チュッ

アニ「でも今日見たいにエレンからキスしてくれるならもう少しわがまま言ってみようかな//」ブクブク

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:26:07 ID:lA4rhYsY
30分後

アニ「か、考え事しすぎたせいでのぼせた…」ドサッ ゴロン

アニ「扇風機扇風機」カチッ ブルルルル

アニ「はぁ~」パタパタ

ピリリリン!

アニ「あっ、エレンからかな」パカッ

---明日8時に迎えいくからちゃんと家の前で待ってろよー

アニ「そういえばお父さんが送ってくれるんだった」カチカチ ピッ

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:31:54 ID:lA4rhYsY
トゥルルルン

エレン「アニからか」パカッ

---そういえばね、明日はお父さんが休みらしいから送ってくれるって!

そのあとエレンのお父さんのどこかのみ行くみたいだよ?

それよりお風呂でのぼせて暑いよぉー(._.) うちわであおぎに来てー

エレン「のぼせちゃったのかアニ」カチカチ ピッ

ピリリリン

アニ「あーつーいー、エレン来てくれないかなー」パカッ

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:35:37 ID:lA4rhYsY
---アニのお父さんが送ってくれるのか、助かるな。

行きたいけどさすがに今からは無理だぞ、すまん。

けど次から気を付けろよ、のぼせて倒れただけでも心臓が止まるくらいびっくりするからな


アニ「ふふっ、心配性だなぁエレンは」カチカチ ピッ

トゥルルン!

エレン「もし本当にだめそうだったら行こうかな…」パカッ

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:37:23 ID:hKIasXXo
アニ「海に行こう」の続編ですか?


>>1はタピオカ師匠ですか?

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:42:31 ID:lA4rhYsY
画像が1枚貼られています

--そんなことならないから大丈夫だよ、今回も早く気が付いたからそこまででもないし

扇風機に当たってすずむことにするよー、それじゃあ私はこのまま寝るね?

おやすみー!フリフリ

エレン「もう寝るのか、それにしても画像ってなんだろ?」カチカチ

エレン「アニが寝ながらこっちに手を振ってる写真?おやすみのあとのフリフリはこれか

にしてものぼせてるのかやっぱり顔がまだ赤いな、それじゃあおやすみっと」カチカチ ピッ

48: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 00:44:25 ID:lA4rhYsY
>>46

アニ「海に行こう」の続編じゃないんですよね、これはこれで1つの作品でこれで完結です。

そうですタピオカです。そういえばトリつけわすれてた…

50: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 00:46:27 ID:lA4rhYsY
エレン「じゃあ俺も早いけど寝るか、明日はジェットコースター行ったり

コーヒーカップ乗ったり、お化け屋敷行ったり、もちろん最後は観覧車だよなー」ワクワク

エレン「やべえ、眠れる気がしねえ…」

しかし数分後

エレン「・・・zzz」スースー

エレンは寝つきがいいのであった

51: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 00:48:20 ID:lA4rhYsY
-
--
---

チュンチュン

エレン「…ん」

エレン「今何時だ?」チラッ

6:58

エレン「もう少しで7時か、アニの家には10分もあればつくけどもう準備してようかな」

52: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 00:50:03 ID:lA4rhYsY
ヌギヌギ

エレン「…昨日の夜は暑かったし寝汗結構かいたかな?」クンクン

エレン「とりあえず洗濯機に入れて俺もシャワー浴びるか」

ガチャ スタスタスタ

53: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 00:54:43 ID:lA4rhYsY
-
--
---

エレン「さっぱりした!時間はまだ7時15分か…、もうアニの家に行っちゃうか

起きてると思うし」

ガチャ 

エレン「行ってきます」ボソッ タッタッタ

54: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 01:01:16 ID:lA4rhYsY
そのころ

ジリリリリ!

アニ「うーん、…はっ!」カチッ

アニ「えーと、7時32分か…、お父さんはエレンが来たら起こしてって言ってたし」

アニ「…にしても寝汗書きすぎたのかな?べたべたして気持ち悪い」ヌギヌギ

アニ「シャワー浴びてこよ!」ガチャ スタスタ

アニ「着替えは昨日のうちに準備しておいたもんね」

ピンポーン

55: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 01:03:24 ID:lA4rhYsY
アニ「こんな朝早くだれだろ?」スタスタ

アニ「って!私今こんな恰好じゃん!とりあえずのぞき穴だけ見て誰か

確認して…」ソッ

エレン「あちゃー、やっぱ早く来すぎたかな…」クルッ

アニ「あっ!」ガチャ

アニ「エレン!」

エレン「なんだアニ、起きてたのか」クルッ

エレン「・・ぶはっ!」ガクッ

56: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 01:07:12 ID:lA4rhYsY
アニ「えっ?ど、どうしたの?」アセアセ

エレン「お、お前その恰好!」ガクガク

アニ「…あっ//」カァァァァァ

アニ「ご、ごめん!//」バタン タッタッタ

エレン「…ありがとうございました(縞パン…)」ダラーッ

70: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:04:47 ID:lA4rhYsY
10分後

ガチャ

アニ「は、入っていいよエレン//」

エレン「あ、あぁ(いつもの恰好になったか、少し残念…)」

ガチャ

エレン「お邪魔します」

アニ「いらっしゃい」

71: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:07:48 ID:lA4rhYsY
エレン「にしても早く来すぎたよな、悪かった」

アニ「えっ、大丈夫だよ別に」ニコッ

エレン「でも急いでシャワー浴びて来たんだろ?まだ髪が濡れてるし」スッ

アニ「うん、…あっ、そうだエレン!」

エレン「なんだ?」

アニ「せっかくだしドライヤーしてよ!」

エレン「俺がか?」

アニ「そうそう」

エレン「いいぜ、アニの頼みじゃ断れねえしな」

アニ「やった!」

73: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:09:53 ID:lA4rhYsY
エレン「どこですればいいんだ?」

アニ「いま持ってくるから先にリビングで待ってて」

エレン「わかった」スタスタ ガチャ

エレン「ん、ビールの空き缶がおいてるな」スッ

エレン「アニのお父さんが飲んだやつかな?とりあえず捨ててくか」ポイッ

ガチャ

アニ「お待たせ」

エレン「おう」

74: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:12:25 ID:lA4rhYsY
アニ「それじゃあこれね」スッ

エレン「おう、それじゃあコンセントにさしてと」カチッ ブォォォ

エレン「これくらいでいいかな、立ちながらはめんどくさいし座ってするか」スッ

アニ「お邪魔します」スッ

エレン「…アニ」

アニ「何?」キョトン

75: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:15:20 ID:lA4rhYsY
エレン「俺の上に座ったらドライヤーできないぞ」

アニ「あっ、そうだった」スタッ

エレン「俺があぐらかくとすぐ座りにくるよな」ナデナデ

アニ「だって落ち着くんだもん」ニコニコ

76: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:18:27 ID:lA4rhYsY
エレン「そういうもんなのか?まぁ俺もアニと密着してるとすげえ落ち着くけどな」ナデナデ

アニ「えへへ、嬉しいな」

エレン「それじゃ、髪乾かすぞー」カチッ ブオォォォ

アニ「はーい」

エレン「えーと、このくらい離してやればいいか?」ブォォ

アニ「うん、そのくらいでお願い」

エレン「りょーかい」ブォォ

78: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:23:12 ID:lA4rhYsY
-
--
---

エレン「うし、終わり!」

アニ「ありがとー」

エレン「にしても洗ったばかりだからかシャンプーのいい匂いがするな」クンクン

アニ「え、エレン近いよ//」

エレン「そうか?でもいつもはアニのほうからグイグイくるだろ?」

アニ「えー、そんなことないともうけど//」

エレン「いやいや、あるんだって」

79: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:25:23 ID:lA4rhYsY
アニ「そうかなぁ」ウーン

エレン「それよりあと10分で8時になるけどアニのお父さんは?」

アニ「あっ、そういえば起こしてって言われてたんだった、悪いけど起こしてきてくれるかな?

私はかるく朝ごはん作ってるからさ」

エレン「おっけー」

ガチャ

エレン「たしかこっちの部屋だったな」スタスタ

80: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:28:03 ID:lA4rhYsY
---お父さんのお部屋!

エレン「…ここだな」コンコン

シーン

エレン「まだ起きてないのかな」コンコン

シーン

エレン「直接おこしにいくか…」ガチャ

エレン「おじゃましまーす」ソーッ

81: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:30:29 ID:lA4rhYsY
アニパパ「うーん、今日のアニちゃんは優しいなぁー」ニヤニヤ

エレン「アニはいつだって優しいですよ、にしても結構いろいろあるなこの部屋」キョロキョロ

エレン「あれは仕事の書類とカバンか、本も色々あるな」ジーッ

エレン「…ん?」

---アニちゃんアルバムその26

エレン「…多い、その1を見てみるか」スッ ペラペラ

82: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:32:10 ID:lA4rhYsY
エレン「あっ、これは赤ちゃんの頃のアニか、うわぁー、すっごい可愛い…」ペラペラ

エレン「ん?この女の人は…、アニのお母さんか?」

エレン「そういえば病気で・・・・、このアルバムはもうやめておくか」

エレン「その15あたりならいいかな」スッ ペラペラ

83: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:36:01 ID:lA4rhYsY
エレン「おっ、小学生の頃のか」ペラペラ

エレン「これは運動会の時の写真か、・・・って泥だらけで泣いてる!

リレーか何かの時転んじゃったのかな?」ホッコリ

エレン「それでこっちは猫カフェ?猫に囲まれながら寝とる、可愛い」

85: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:40:10 ID:lA4rhYsY
エレン「中学生の時のはないかな」ゴソゴソ

エレン「その22あたりはどうだろうか」スッ ペラペラ

エレン「あっ、2年生の頃のかなこれは?後ろに進級おめでとうって張り紙が…、そういえば

このころはまだアニとそんなに仲良くはなかったんだよな」ペラペラ

エレン「おっ、これは運動会の時のか、1年の時の運動会は悲惨だったからな…」

86: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:48:13 ID:lA4rhYsY
エレン「えーっと、その24は」スッ ペラペラ

エレン「…俺とアニがびしょ濡れになってる写真か、中3の6月のことだったよなー。

そういえばこの日からアニとよく話すようになっていったんだよな俺」

エレン「25はっと…」スッ ペラペラ

エレン「あっ、この俺とアニが2人して喜んでる写真はたしか、アニのお父さんに俺たちが

付き合ってることを告白した時のやつか、最初は反対されたけど1時間くらい話したらわかってもらうことができたんだよなー」

87: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:49:43 ID:lA4rhYsY
アニパパ「うーん」ムニャムニャ

エレン「あっ、そういえば起こしに来てたんだった…」

エレン「起きてくださいお父さん、朝ですよー」ユサユサ

アニパパ「貴様のお父さんになった覚えはないわ!」ブオン

エレン「あぶなっ!」サッ

アニパパ「…ん?あれ?エレン君じゃないか」

エレン「はい、おはようございます」

89: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/18(木) 23:51:59 ID:lA4rhYsY
アニパパ「いやぁ、悪い悪い、いきなりお父さんなんていわれるものだからついね」ハハハッ

エレン「はぁ」

アニパパ「でもエレン君にはお父さんって言われても平気だからね、というかもっと呼んでくれて構わない」

エレン「そうですか、ありがとうございますお父さん」

アニパパ「いいよいいよ、それじゃあ私はシャワーを浴びてくるよ」

エレン「はい、あっ、そういえばアニが今軽い朝食作ってくれてるらしいですよ」

アニパパ「本当か!それなら急がなくては!」ガチャ タッタッタ

90: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:00:22 ID:5LBV2jN6
----ガチャ

エレン「起こしてきたぞ」

アニ「ありがと、あっ、テーブルの上にあるおにぎり食べていいよ」

エレン「おっ、握りたてか、サンキュー」パクッ モグモグ

エレン「うん、うまい!」

アニ「たくさんあるからいっぱいたべてね!」

エレン「あぁ!」モグモグ

91: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:04:40 ID:5LBV2jN6
エレン「あっ、そういえばさ」モグモグ

アニ「ん?」

エレン「アニのお父さんの部屋でさ、俺とアニがびしょ濡れになってた写真がったんだけどさ、

そういえば俺とアニが仲良くなったのってあの日からだよな」

アニ「あー、そうだね、あの日は大変だったよねー」

-
--
---
ザーッ

アニ「ないよないよー」アセアセ

アニ「どこに落としちゃったのかな携帯、雨も降ってきちゃったし…」グスッ

??「おーい、そこにいたら濡れるぞー!」

アニ「…あれはエレン?」

エレン「こっちにこいよー!」

92: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:06:05 ID:5LBV2jN6
タッタッタ

アニ「…」

エレン「ってよく見たらアニじゃねえか、久しぶりだな」

アニ「うん…」

エレン「元気ないけどどうしたんだ?」

アニ「…携帯落としちゃったの」

エレン「それで見つかったのか?」

アニ「…」フリフリ

93: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:09:01 ID:5LBV2jN6
エレン「そうか…、どんな携帯なんだ?」

アニ「青のパカパカの携帯…」

エレン「青のパカパカの携帯か、今日どこに行ったか覚えてるのか?」

アニ「うん、確か家をでてコンビニに行って、その時はまだあったの

お父さんから電話がきて出た覚えがあるから、その後公園に行ってしばらくうろうろして

帰ろうと思ったら…」

エレン「なかったってわけか」

アニ「…うん」コクリ

94: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:10:40 ID:5LBV2jN6
エレン「…公園か、よし!」ヌギヌギ

エレン「これ着てていいぞ」

アニ「パーカー?」

エレン「あぁ、結構濡れてるし温かい恰好してたほうがいいだろ?俺は少し行ってくるからさ」

アニ「行くってどこに?」

エレン「アニの携帯探しに」

アニ「えっ!ほ、本気で言ってるの?」

95: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:12:22 ID:5LBV2jN6
ザーザーッ

アニ「こんなに雨降ってるんだよ!?」

エレン「雨なんて大したことねえよ、大事なものなんだろ?」

アニ「そ、そうだけど…」

エレン「じゃあ早く見つけたほうがいいじゃねえか、アニは天気が良くなるまでここにいていいからな」

アニ「で、でも」

エレン「じゃ行ってくる」タッタッタ

アニ「エレン!・・・いっちゃった」

96: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:14:26 ID:5LBV2jN6
タッタッタ

エレン「えーっと、確か公園だったよな」

ブオォォォ バッシャーン

エレン「うおっ!・・・最悪だ」ビッショリ

エレン「でもここまで濡れたらもう関係ねえ!見つけるまで探しまくってやるよ!」

タッタッタ

エレン「ここか!まずはベンチのあたりだな…」

97: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:19:06 ID:5LBV2jN6
---アニ「…あれから40分くらいたつけどこないな」

アニ「もう帰っちゃったのかな…、そうだよね、こんな雨の中でなんて」

ザーザーッ

アニ「…私も探しにいこ」タッタッタ

98: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:21:07 ID:5LBV2jN6
タッタッタッタ

アニ「ここの公園だよね確か」キョロキョロ

アニ「エレンはやっぱり帰っちゃったかな…」


<ウオー!ドコダー!

アニ「!、今のってエレンの声?」


タッタッタ

アニ「エレン!」

エレン「アニ!なんで来たんだよ!」

アニ「だ、だってエレンが帰っちゃったのかと…」

エレン「はぁ?そんなわけねえだろ」

99: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:23:46 ID:5LBV2jN6
アニ「というか何してるの?」

エレン「ん?もしかしたらこの水が溜まってるところに落ちてるかもしれないと思って探してる」ジャブジャブ

アニ「もう靴もズボンも泥だらけじゃん…」

エレン「そうだな、でもここに来るときに車にすでに水かけられたからな

もうどうでもよくなってきたわ」ジャブジャブ

アニ「わ、私も探すよ!」

エレン「いや、アニは雨が当たらないところに行ってろよ」

アニ「嫌だ!」

100: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:27:03 ID:5LBV2jN6
エレン「えぇ、じゃあ花壇の近くとか探してくれよ、さすがに泥水の中に手と足突っ込んで探させるわけにはいかないし」

アニ「うん、ごめんねエレン?」

エレン「いいっていいって」

10分後

エレン「あったかー」

アニ「…ない」

エレン「そっか、どこだろうなー」ガサガサ

アニ「誰かに取られてたりしてないよね…」ウルウル

エレン「…まぁ、ないとも言えないけど、そうだ!一応アニが行ったコンビニにも行ってみようぜ、

もしかしたらあるかもしれないじゃん」

アニ「…うん」

スタスタスタスタ ウィーン

101: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:31:05 ID:5LBV2jN6
店員「いらっしゃいませー」

エレン「あのー、すいませんけど落し物とかなかったですか?」

店員「落し物ですか?1個だけならありますけど」ゴソゴソ スッ

店員「こちらの青い携帯なんですが」

アニ「あっ、こ、これ私のだ!」

店員「そうでしたか、実は自動ドアの前に落ちてたのをお客さんが拾ってくれたんですよ」

アニ「そ、そうなんですか!?ありがとうございます!」

店員「いえいえ、にしてもお二人ともびしょ濡れですけど大丈夫ですか?」


エレン「俺は大丈夫です」

アニ「私もです、本当にありがとうございました!」ペコッ

店員「はい、2人とも家に帰って体を温めたほうがいいですよ」

ウィーン

102: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:32:50 ID:5LBV2jN6
エレン「いやぁー、まさか最初のコンビニあったなんてな、骨折り損のくたびれもうけってやつだな」ハハハッ

アニ「…本当にごめんなさい」

エレン「いや、いいっていいって」

アニ「怒ってないの?」

エレン「なんで怒らなきゃいけないんだ?」

103: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:34:55 ID:5LBV2jN6
アニ「だって1時間以上探してそんなびしょ濡れになったのに、私の勘違いで…」

エレン「そんなこと気にしてねえよ、それよりも携帯見つかってよかったな」ニコッ

アニ「えっ!あ、う、うん//」キュン

エレン「あぁー、にしても本当にびしょ濡れだな、早く家に帰ってシャワーでも浴びねえと」

アニ「そ、それだったら私の家にこない?」

エレン「アニの家にか?」

104: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:37:29 ID:5LBV2jN6
アニ「う、うん!ここからならすぐだし、エレンか風邪ひいちゃうかもだし…」

エレン「でもこんな恰好でいったら迷惑だろ?」

アニ「ううん!私のせいでそうなっちゃったんだし…、だから来てよ!」

エレン「そうか?んー、ならお邪魔しようかな」

アニ「そうしてそうして!」

-
--
---

107: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:39:22 ID:5LBV2jN6
アニ「それであの後私の家に行ったらお父さんがいて」

エレン「2人で何してたかすっごい聞かれたよな」

アニ「うん、でも私あの時にエレンのこと好きになったんだよ//」

エレン「そうなのか?」

アニ「うん//」

エレン「へぇー、それは初耳だな」

アニ「え、エレンは?」モジモジ

108: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:40:52 ID:5LBV2jN6
エレン「何が?」

アニ「い、いつ私を好きになったの?//」サッ

エレン「お盆で顔を隠すくらい照れるなら言わなければいいのに、本当に可愛いな」

アニ「い、いいから教えて!//」

エレン「わかったわかった」

109: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:43:45 ID:5LBV2jN6
エレン「そうだな」ウーン

エレン「…分からん」

アニ「えぇ!」

エレン「い、いやそういうことじゃなくてな!あの日からアニとよく話すようになったじゃんか?」

アニ「うん」

エレン「それでさ、話してる時に笑ってるアニの顔とか見てるうちに自然にな、だからいつかは自分でも覚えてねえや」

アニ「そうなんだ」

エレン「あぁ、

111: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:46:32 ID:5LBV2jN6
アニ「あれがなかったら私達付き合ってなかったんだよね…」

エレン「そうだな、そう思うとあの日苦労してよかったって思うわ」ニコッ

アニ「そうだね!」ニコッ

ガチャ

アニパパ「上がったよー」

アニ「あっ、お父さんもおにぎり食べる?」

アニパパ「うん!アニのおにぎりはおしいからなー」

エレン「おにぎりだけじゃなくて全部でしょ?」

アニパパ「そういえばそうだったな」

アニ「もぉー、そんなこと言ったて何もでないからね」

アニパパ「分かってるよー」

113: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:48:59 ID:5LBV2jN6
アニ「でもエレンには嬉しいからなにかしてあげようかな//」

エレン「よっしゃ!」

アニパパ「がーん!」

アニパパ「嘘だよ嘘」クスクス

エレン「がーん!」

アニパパ「よっしゃ!」

アニ「遊ぶのもいいけど早く食べてね」

115: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:50:52 ID:5LBV2jN6
-
--
---

アニパパ「食べた食べた、それじゃあ車を用意するから2人とも出てきてくれ」

エレン「はーい」

アニ「気が付いたけどもう9時だね」

エレン「そんなに話してたのか、まぁ1時間くらい大丈夫だろ、それより外にでようぜ」

アニ「うん!」

ガチャ バタン

117: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:53:18 ID:5LBV2jN6
アニパパ「それじゃあ2人とも乗ってー」

エレン「おねがいしまーす」ガチャ

アニ「奥詰めてー」

エレン「おう」スッ

アニ「ありがと♪」スッ バタン

アニパパ「あ、あれ?いつもみたいに助手席にこないのかな?」

アニ「エレンがいるからこっちに座るの!」

エレン「なんかすいません」

アニパパ「ぐぬぬ・・、これがエレン君じゃなかったら殴ってるところだ」

118: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:56:26 ID:5LBV2jN6
アニ「もしエレンを殴ったりしたらお父さんのこと嫌いになるかも」

アニパパ「そ、そんなことしないって!それじゃあいくぞ!」ブォォ

----アニ「うーん、朝早かったから眠い…」

エレン「ついたら起こすから寝てていいぞ」

アニ「そう?じゃあエレンに寄りかかって寝るー」ドサッ

エレン「ははっ、じゃあついたら起こすからな」ナデナデ

アニ「おねがーい」

アニパパ「(…やっぱり1回だけ殴ろう、これは暴力ではない、父親の愛だ!)」

120: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 00:59:09 ID:5LBV2jN6
エレン「(なんか寒気が…)」ブルブル

アニ「うーん」ムニャムニャ ギューっ

アニパパ「(羨ましい)」ギリリリリ

-
--
---

エレン「・・・zzz」

アニ「zzz」

アニパパ「…いつの間にか2人とも寝ちゃってるじゃないか」

123: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 01:01:35 ID:5LBV2jN6
エレン「うーん、アニー」ムニャムニャ

アニ「なぁにー」ムニャムニャ

アニパパ「夢の中でも以心伝心かよ!くそ!」

エレン「…お父さんかっこいいですねぇ」ムニャムニャ

アニパパ「な、なに?」ピクピク

アニ「お父さん大好き~」ムニャムニャ

アニ「…ふっ、やっぱり殴るのはやめておこう」ニヤニヤ

124: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 01:03:32 ID:5LBV2jN6
10分後

アニパパ「到着と、おーい!2人とも起きろー!」

アニ「…ん」

エレン「うーん」

アニ「あれ?もう着いたの?」

アニパパ「うん」

エレン「いつの間に俺まで…、すいません」

アニパパ「いいっていいって、それじゃあ2人とも楽しんできてね」

126: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 01:05:52 ID:5LBV2jN6
エレン「はい、ありがとうございました」

アニ「ありがとうねお父さん!」

アニパパ「あぁ、それじゃあ私も出かけるからこれで、帰りは電車?」

アニ「うん!」

アニパパ「わかった、それじゃあね」ブォォォォン

エレン「じゃあ少し遅れたけど行くか、帰りの電車もあるから5時くらいには帰ろうな」

アニ「そうだね」

135: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 20:58:34 ID:5LBV2jN6
エレン「んじゃいくか」

アニ「うん!えーとチケットチケット」ゴソゴソ

アニ「あった!」

スタスタ

受付「いらっしゃいませ」

アニ「大人2人、このチケットで」

受付「はい、それではこちらがパンフレットになります」スッ

エレン「はい、ありがとうございます」

アニ「早く中いこ!」グイグイ

エレン「分かった分かった」

136: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:03:23 ID:5LBV2jN6
スタスタ

アニ「それでここにはどんなアトラクションがあるの?」

エレン「えーっとな、ここからだったら迷路とコーヒーカップ、あと観覧車が一番近いな」

アニ「うーん、観覧車は最後に乗りたいし、まずはコーヒーカップでいいんじゃない?」

エレン「そうだな、それならこっちのほうだな」スタスタ

アニ「待ってよぉー」ギューっ

137: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:05:53 ID:5LBV2jN6
エレン「こんなところで、って言いたいところだけど俺ら以外にもたくさんしてる人いるから別にいいか」

アニ「わぁーい」ギューっ スリスリ

エレン「だけど少し歩きにくいからもう少し腕を緩めてな」ナデナデ

アニ「はぁーい♪」

138: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:08:28 ID:5LBV2jN6
-
--
---

エレン「着いたな」

アニ「あんまり人並んでないね」

エレン「だな、みんなジェットコースターとかメジャーなほうにいってるのかな?」

アニ「だね、とりあえずならぼならぼ」グイグイ

エレン「そうだな」スタスタ


係員「2名様ですか?」

エレン「はい」

係員「それではこれが終わったら乗れると思いますので少々お待ちください」

アニ「はぁーい」スリスリ

係員「(何この子すごい可愛いんだけど)」

139: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:11:32 ID:5LBV2jN6
数分後

係員「それではお乗りください、カップは5分間回るので回しすぎないように注意を」

エレン「どこ乗る?」

アニ「えーっとね、めんどくさいからすぐそこのでいいや」

エレン「わかった」スッ

アニ「隣失礼します!」スッ

エレン「ははっ、アニは面白いなぁ」ナデナデ

アニ「えへへ//」

係員「(イチャイチャしてんじゃねええええええ)」

係員「それじゃあまわりますので気を付けてくださーい・・・」ピッ

140: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:14:24 ID:5LBV2jN6
<~♪~♪ ウィーン グルグル

エレン「回り始めたな」

アニ「うん、遠心力でエレンのほうに寄りかかっちゃうけど気にしないでね」ダキッ

エレン「まだそんなに回ってないだろ」ナデナデ

アニ「そうでした」テヘペロ

エレン「でもさすがにこのままじゃつまらないから少し回してみるか」グイッ

グルグル

アニ「あっ、早くなった」

141: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:17:53 ID:5LBV2jN6
エレン「あー、これくらいなら結構快適だなぁ」ノビーッ

アニ「…」ジーッ ウズウズ

エレン「…これ以上早くするなよ?俺こういうの苦手なんだから」

アニ「ギクッ、そんなことしないよ」


エレン「いや、今明らかにギクッっていったよな?」

アニ「それは空耳だと思うよ?」

エレン「そうか・・・、ならいいんだが」

142: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:21:59 ID:5LBV2jN6
<アト1フンデース

アニ「あと一分か…」ガシッ

エレン「まて、なんでハンドル握ってるんだ?」

アニ「ん?こうするためだけど」グイグイグイグイグイ

エレン「なっ!なんでそんなに回して・・・・」

グルグルグルグルグルグルグルグル

エレン「うわぁああああああ!」グルグル

アニ「おもしろーい!」グルグル

エレン「や、やめ・・・」ドサッ

アニ「あっ、このままだとエレンが外に吹き飛んじゃう!」グイッ


エレン「あう・・・」ドサッ

アニ「って!エレンに甘えようとしたのにこれじゃあ逆じゃん!」

エレン「(し、死ぬ)」グルグル

145: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:41:12 ID:5LBV2jN6
プシュー

係員「お疲れ様したー」

アニ「エレン、大丈夫?」ツンツン

エレン「…大丈夫じゃない」グテー

アニ「とりあえず膝枕はいいけど、ここだと邪魔になるからベンチまで歩こう?」

エレン「あ、あぁ…」スクッ ヨロヨロ

アニ「ヨロヨロになってるね」

エレン「だ、誰のせいで・・・」ヨロヨロ

147: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:44:05 ID:5LBV2jN6
スタスタ

アニ「ほら、ベンチに着いたよ」スッ

エレン「・・おう」ドサッ

アニ「ベンチ固くない?」

エレン「…固い」

アニ「じゃあ頭だけ動かすね、よいしょっと」トン

アニ「どう?」

エレン「…柔らかくて気持ちいい」

アニ「じゃあ気分がよくなるまでこうしてる?」

エレン「…うん//」

149: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:47:09 ID:5LBV2jN6
アニ「顔赤いよエレン」ナデナデ

エレン「あ、暑いだけだ」フイッ

アニ「可愛い」ナデナデ

エレン「…」カァァ//

10分後

アニ「もう大丈夫そう?」

エレン「ま、まだ少し気持ちわるい」カァァ

アニ「嘘ついてるね、耳が赤いよ?」

エレン「うっ・・・」

アニ「でもエレンがそうしてたいならもう少しだけそうしてていいよ!」

エレン「じゃ、じゃあそうする//」

151: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:49:09 ID:5LBV2jN6
さらに10分後

アニ「そろそろいい?」

エレン「あぁ」ムクッ

アニ「気分はどう?」

エレン「…最高だ」

アニ「ふふっ、ありがと」

エレン「よ、よし!次は迷路行こうぜ!」

アニ「そうだね」ギュッ

スタスタ

152: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 21:57:51 ID:5LBV2jN6
エレン「めちゃくちゃ早く着いたな」

アニ「だね」

エレン「それじゃあ入るか、えーと平均クリア時間30分だと…」

アニ「長いね…」

エレン「あぁ、でもやりがいがあるな!さっそくいこうぜ!」

アニ「うん!」

スタスタ

エレン「まずどっちに行く?」

アニ「じゃあ右で」

エレン「おっけー」スタスタ

154: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:00:04 ID:5LBV2jN6
10分後

エレン「次どっちに行く?」

アニ「まっすぐ」

エレン「分かった」

20分後

アニ「次はエレンがきめていいよー」

エレン「じゃあ右だな」

アニ「はぁーい」スタスタ

40分後

エレン「…ゴールはどこなんだ」

アニ「もう40分もこの中にいるよ…」

156: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:01:30 ID:5LBV2jN6
1時間後

エレン「アニ!光だぞ!」

アニ「てことは!」

エレ・アニ「ゴールだ!」タッタッタ パァァ

エレン「おっしゃ!やっとでれたぜ…」

アニ「一時間も迷ってたんだね私達」

エレン「だな、でも楽しかったな」ニコッ

アニ「うん!」ニコッ

イチャイチャ

係員「(早く行ってくださいよぉ!)」

159: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:09:43 ID:5LBV2jN6
エレン「次はどこ行きたい?」

アニ「うーん、ほかに何があるの?」

エレン「うーんと、お化け屋敷にジェットコースターにあと休憩用の公園、

それとスカイサイクリングにゴーカートだな」

アニ「それじゃあ暑いしお化け屋敷にでもいく?」

エレン「大丈夫なのか?」

アニ「大丈夫大丈夫、よくいうじゃん幽霊の正体見たり枯れ尾花ってさ」

エレン「そうだけど、普通に怖いと思うぞ?」

アニ「その時はエレンに抱き付きますので心配なく」v

160: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:11:04 ID:5LBV2jN6
エレン「それはそれで困るんだがな」

アニ「いいじゃん、とりあえずまずは行こうよ」

エレン「んー、アニがそういうならいいか…」

アニ「じゃ、決まりだね!」

162: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:15:12 ID:5LBV2jN6
-
--
---

エレン「すいません、入りたいんですけど大丈夫ですか?」

係員「はい、2名様ですね?」

エレン「そうです」

係員「えーっとですね、3つ入口があるじゃないですか」

アニ「本当だ」

係員「それでその上に☆マークがあると思うんですけど、それが怖さの段階になっています。

☆はぶっちゃけそこまで怖くないです。普通にあるけば10分で終わるかな?☆☆は怖いですよ、30分くらい歩けば終わります。

それで最後の☆☆☆ですが、これはかなり怖いですよ、なにせ小さい懐中電灯1本で進みますし、仕掛けがそこらじゅうにありますからね

ちなみに普通の人は1時間くらいで出てきますよ、泣いてる人もいるくらいです」

エレン「どうする?」

163: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:17:04 ID:5LBV2jN6
アニ「うーん、なんか☆☆☆が気になるからそこで!」

係員「本当にいいんですか?一度はいるとクリアするまででてこれませんが…」

アニ「はい!」

係員「じゃあこれがライトです」スッ

エレン「うわ、思ったより小さい」

係員「あっ、それとこれも持って行ってください」スッ

エレン「替えの電池?」

164: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:22:27 ID:5LBV2jN6
係員「はい、怖さを引き立たせるためにそっちの電池はあと20分もすれば切れるようなやつなんですよ」

エレン「へぇー」

係員「それではお入りください」ギィー

<キャァァァァァァ!!

エレ・アニ「!?」

係員「あぁ、10分くらい前に入って行ったカップルですね、多分山姥の間に入ったんでしょう」

エレン「や、山姥の間?」

係員「えぇ、ネタバレですけど、ある程度歩くとある部屋にたどり着くんですよ

それで入ると誰もいないんですけど、一瞬電気が消えて後ろをみると…」

アニ「…」ビクビク ギュッ

係員「まぁそれは実際に体験してみてください」

エレン「そうですか、じゃあ行ってきます」

アニ「きます」ギューっ

係員「お気をつけてー」ギィー ガチャン

165: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:24:55 ID:5LBV2jN6
エレン「うわっ、真っ暗だな」

アニ「は、はやくライトつけて!」ガクガク ギューっ

エレン「分かってるよ、てかさっきまでの強気はどうしたんだ?」

アニ「だ、だって思ってたのと全然違うんだもん!」ギューっ

エレン「まぁ、かなり怖そうだな、それじゃあライトつけるぞ」カチッ

お化け「ア゛ぁ゛…」

166: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:30:13 ID:5LBV2jN6
アニ「きゃぁああああああ!」

エレン「うわぁあああああああ!」

ダッ

アニ「な、なにあれぇ!」タッタッタ

エレン「し、知らねえよ!でも追ってくる気はないみたいだから止まるか」タッタッタ ピタッ

アニ「う、うん…」ピタッ

エレン「大丈夫か?」

アニ「もう帰りたいよぉ・・」ウルウル

167: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:34:49 ID:5LBV2jN6
エレン「な、泣くなって」ナデナデ

アニ「だってぇ…」グスグス

エレン「とりあえず進まないと出れないわけだし、先に行こうぜ」ナデナデ

アニ「・・・・わかったぁ」ギュッ

エレン「じゃあ行くぞ?てかさすがに両肩に手を置くなよ」

アニ「えっ?私左の肩しか掴んでないよ?」

エレン「…えっ?」クルッ カチッ

お化け「…」ニタァ

168: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:36:46 ID:5LBV2jN6
エレン「」

アニ「きゃぁああああああ!」バッ タッタッタ

エレン「あっ、おい!離せあほ!」バッ

お化け「ガーン!」

タッタッタ

169: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:39:03 ID:5LBV2jN6
エレン「おーい!アニー!」スタスタ

エレン「ったくどこいったんだか…」

<グスグス

エレン「あっ、いたいた」タッタッタ

エレン「おーい、大丈夫か?」ポン

クルッ

お化け「なにがぁーァァァァァ」

エレン「アニはそんなぶさいくじゃねえ!」バッ タッタッタ

お化け「」ズキズキ

170: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:42:41 ID:5LBV2jN6
タッタッタ

エレン「おーい、どこ行ったんだー!」

<グスグス

エレン「…またお化けか?」カチッ

アニ「うっ、怖いよぉ」グスグス

エレン「アニ!」

アニ「え、エレン!」ダキッ

171: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:47:04 ID:5LBV2jN6
エレン「急に走りだしたりしたからびっくりしたぞ…」ナデナデ

アニ「だってぇ…」グスグス

エレン「まぁ、見つかってよかったよ、にしても本当に広いここは…」

ギューっ

エレン「ん?どうしたアニ?」

アニ「もうエレンと離れない」ギューっ

エレン「そうだな、また走りだされても困るし腕組んでいくか」

アニ「そうする」ギュッ

173: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 22:56:02 ID:5LBV2jN6
スタスタ

エレン「あっ、なんか光が見えるぞ」

---山姥の間

アニ「ここって確か…」

エレン「あぁ、俺たちの前にはいったらしいカップルが叫んでたところだな…」

175: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 23:03:50 ID:5LBV2jN6
アニ「い、行くの?」ギュー

エレン「行かないと出れないだろ」ガラッ

アニ「な、なんで開けるの!」

エレン「いや、だってさ…」

バッ

エレン「あっ、電気が消えた」

アニ「こ、怖いよぉ」ギューっ ブルブル

177: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 23:08:47 ID:5LBV2jN6
バッ

エレン「あっ、着いた」ガシッ

エレン「…ん?」


山姥「へへへっ、うまそうな肉だなぁ」ギラッ

エレン「アニ!逃げろ!」

アニ「結局こうなるのー!?」

タッタッタ

山姥「へへへ、逃がさないよ」ダッ

アニ「さっきまで平気そうだったじゃん!」

エレン「よく見ろ!あいつ包丁持ってるぞ!いかればばあだ!殺される!」

山姥「い、いかればばあとはなんだ小僧がぁ!」

エレン「やっべ、怒ってる!」

タッタッタ

178: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 23:12:21 ID:5LBV2jN6
エレン「…ハァハァ」

アニ「ハァハァ、も、もうだめ・・・」

エレン「くそ・・、しつこすぎるだろあいつ」


アニ「エレンのせいだと思うんだけど…」

エレン「でも逃げ切れたからよしだな」カチッ

エレン「あれ?」カチカチ

アニ「どうしたの?」

182: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 23:15:05 ID:5LBV2jN6
エレン「どうやら電池切れらしいな、新しいのと交換するか」ゴソゴソ

アニ「くらいから早く!」

エレン「わかってるって」カチャカチャ カチッ

エレン「よしついた」

アニ「よかった」ホッ

184: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 23:20:09 ID:5LBV2jN6
エレン「でもあと30分くらいはでれそうにもないなぁー」

アニ「うん・・、もう疲れたよ」ヘナヘナ

エレン「大丈夫か?無理そうならおんぶするか?」

アニ「…そうする」

エレン「わかった、ほらのれ」スッ

アニ「お願い」ガシッ

エレン「よっと」スタッ

189: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 23:28:06 ID:5LBV2jN6
アニ「歩きにくくない?」

エレン「ん?あぁ、そこは全然いいんだそこは」

アニ「?、もしかしてどこか問題があるの?」

エレン「いや、気にしないでくれ(背中にとても柔らかいなにかが当たってるのは気にしないでおこう)」

アニ「?」

エレン「あっ、懐中電灯はアニが持っててくれるか?」

アニ「うん、わかった」スッ

190: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/19(金) 23:30:00 ID:5LBV2jN6
エレン「おっ、いい感じだな」

アニ「じゃあレッツゴー」

エレン「あれ?怖いんじゃなかったのか?」

アニ「エレンとくっついてたらなんか大丈夫になってきたー」ギューっ ムニュムニュ

エレン「そっか(いまギューってされるのはやばいんですが…)」

アニ「それじゃあいこ!」

エレン「おっけー」スタスタ

197: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 16:57:47 ID:Ir4fZSko
エレン「にしても前が見にくいな」

アニ「うん、この懐中電灯少し光が弱いね」

ガッ

エレン「うわ!」ヨロッ

アニ「きゃ!」ガシッ

エレン「す、すまん」

アニ「いきなりどうしたの?」

198: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:01:03 ID:Ir4fZSko
エレン「いや、なんか足元に転がってたような…」

アニ「なんだろ?」カチッ

お化け「アァァ、イテエ」ゴロゴロ

エレン「…みぞおちに当たっちまったみたいだ」

アニ「…これは怖くないね」ガシッ

アニ「ん?」クルッ

お化け「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」


アニ「キャアアアアアアアアアアアアア!」

エレン「!?」

アニ「エレン逃げて!」ブルブル

エレン「お、おう!」タッタッタ

199: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:04:36 ID:Ir4fZSko
--エレン「ハァハァ…、怖いというより疲れる」ゼエゼエ

アニ「私は怖いんだけどぉ」ガクガク

エレン「そうみたいだな、…あっ」

アニ「どうしたの?」

エレン「これ見てみろ」スッ

アニ「ん?」チラッ

---ゴールまであと半分!

エレン「あと半分もあるのか…」

アニ「帰りたい…」

200: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:09:59 ID:Ir4fZSko
エレン「とっとと終わらせるか、なんかまた扉があるし」

アニ「うん…」ギュー

ガラッ

エレン「…なにここ」

アニ「ここになにか書いてあるよ」グイグイ

エレン「ん?」

---お化け迷路にようこそ!ここの迷路には様々な仕掛けがあるよ!

曲がり角を曲がったらすぐお化けがいることも…、この部屋から出ることができたらあとはゴールまで一直線!

それではがんばってね!

エレン「まためんどくさそうなのが・・・・」

アニ「ただでさえびっくりしやすいのに角からいきなりとか無理だってぇ」ブルブル

エレン「じゃあ俺の肩に顔をうずめてたらどうだ?それなら見えないと思うぞ」

アニ「そうする」ギュッ

203: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:12:28 ID:Ir4fZSko
エレン「とりあえず進むぞ」スタスタ

エレン「…右と左か、左だな!」スタスタ

エレン「次はまっすぐか、右か左か…、というかここも相当でかそうだな」

ブシュー!

エレン「おわ!」

アニ「きゃあ!」ビクッ

204: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:15:21 ID:Ir4fZSko
エレン「なんだ、ただの空気か・・・」

アニ「もうやだぁ…」グスッ

エレン「あぁ、泣くな泣くな」ユサユサ

アニ「…それって赤ちゃんが泣くときにやるやつでしょ?」ジーッ

エレン「あっ、うんなんとなく」ユサユサ

アニ「…もう」

205: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:19:55 ID:Ir4fZSko
エレン「それじゃあ落ち着いたところで進むか、まっすぐだな」

アニ「私は見ないようにしてるから」ギュ

エレン「おっけー」スタスタ

エレン「むっ、行き止まりか、…なんかボタンがあるぞ?」


---押さないでね!

エレン「・・・・」ウズウズ チラッ

アニ「…」ブルブル ギュー

エレン「…」ポチッ

ウーウーウーウー!

エレン「な、なんだ!?」

アニ「なにしたのエレン!」

エレン「…ここにボタンがあったから押してみた」

アニ「バカ!」ポカポカ

206: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:21:23 ID:Ir4fZSko
エレン「いてて、でも何にも起きないじゃんか」

アニ「そういえば…」

エレン「ただのサイレンだったみたいだな、じゃあさっき来た道をもどるか」

スタスタ バキッ

エレン「ん?」チラッ

207: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:24:46 ID:Ir4fZSko
<イタゾォー
<コロセェー 

ワサワサ

エレン「さっきいた壁壊して変な奴らがきてるううううう!」ダッ

アニ「えっ?」チラッ

落ち武者「敵だぁー!」ガシャガシャ

アニ「早く逃げてー!」ユサユサ

エレン「わかったから揺らすのやめてくれー!」タッタッタ

落ち武者「(リア充は)打ち首じゃー!」ガシャガシャ

208: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:28:09 ID:Ir4fZSko
--エレン「くそ、なんでお化け屋敷でこんなに走らなきゃならねえんだ…」

アニ「でも振り切ったみたいだよ!」

落ち武者「ここどこだっけ…」

ブシュー


落ち武者「いやぁああああ!」

<いやぁああああ!

アニ「なに今の声!?」

エレン「だれかが仕掛けに引っかかったんだろ、にしてもここどこだ?

ずいぶん真ん中のほうまで走ってきちまったな」キョロキョロ

209: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:36:51 ID:Ir4fZSko
エレン「んー、右だな」スタスタ

-
--
---


エレン「あっ!」

アニ「どうしたの?」ヒョコッ

エレン「あれ見ろよ!」ビシッ

アニ「あれ?」ジーッ

---ゴールおめでとう!

エレン「ゴールについたぞ!」

アニ「や、やったぁー!」

エレン「はぁー、長かった」

アニ「1時間半くらいいたけど、これやっとでられる…」ウルウル

エレン「よし!このままゴールだ!」スタスタ


ガラッ

210: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/20(土) 17:37:34 ID:hOz60SrQ
ミカサ「私だ」

211: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/20(土) 17:40:15 ID:W13wff0g
>>210
怖すぎるわwww

212: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 17:40:18 ID:Ir4fZSko
係員「あっ、ゴールされたんですね、おめでとうございます」

エレン「やっと外にでれた!」

アニ「長かった…」

係員「お疲れ様でした」

エレン「本当に疲れた・・」

アニ「もうここには来ない」グスッ

エレン「俺もだよ、それより今何時だ?」

217: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 20:12:12 ID:Ir4fZSko
アニ「もう1時回ってるよ」

エレン「まじかよ、あと4時間か…」グゥー

アニ「…おなか減ってる?」

エレン「…うん//」

アニ「じゃあご飯食べてからまたまわろ?」グゥー

アニ「あっ//」

218: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 20:13:59 ID:Ir4fZSko
エレン「アニもおなかすいてるのか?」

アニ「うん//」

エレン「じゃあちょうどいいな」ニッ

アニ「だね」ニコッ

係員「(これ以上見せつけないでー)」

219: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 20:18:20 ID:Ir4fZSko
-
--
---

エレン「あったあった」

アニ「おなかすいたー!」

エレン「うーんと、俺は焼きそばにしようかな」

アニ「じゃあ私はスパゲッティにする!」

エレン「わかった、すいませーん、焼きそば一つとスパゲッティ1つ!」

おばちゃん「あいよー、800円になります」

エレン「1000円で」スッ

おばちゃん「じゃあおつり200円ね」チャリン

エレン「ありがとうございます」

220: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 20:20:09 ID:Ir4fZSko
おばちゃん「彼女かい?」ヒソヒソ

エレン「えっ!ま、まぁ//」モジモジ

おばちゃん「顔赤くして可愛いねぇ、たこ焼きサービスしとくよ」ヒソヒソ

エレン「えっ、いいんですか?」

おばちゃん「いいのいいの、それじゃあこれね」スッ

エレン「ありがとうございます!」

エレン「よし、席探して食べようぜ」

アニ「うん!」

221: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 20:22:54 ID:Ir4fZSko
エレン「えっと」キョロキョロ

アニ「!」タッタッタ スッ

アニ「ここあいてるよぉー!」フリフリ

エレン「おっ、ナイス!」スタスタ スッ

エレン「それじゃあ食べるか」

アニ「はぁーい!」

エレン「これがアニので、こっちの焼きそばがおれのだな」スッ

アニ「ありがとぉ~♪」

222: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 20:24:58 ID:Ir4fZSko
エレン「そしてこのたこ焼きはサービスだってさ」

アニ「へぇー、それじゃあさっそく!」

エレ・アニ「いただきます!」ズルズル

アニ「うん、おいしい!」

エレン「こういうところで食べる食べ物は異様においしく感じるよな」モグモグ

アニ「それに迷路とお化け屋敷で体力も削り取られたしね」ズルズル

エレン「だなー」ズルズル

224: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/20(土) 20:27:52 ID:Ir4fZSko
アニ「…」ジーッ

エレン「うめ~」ズルズル


アニ「…」ジーッ

エレン「このたこ焼きもなかなかだな」パクッ モグモグ

アニ「ジィーッ!」

ピタッ

エレン「…どうした?」

226: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/20(土) 21:03:47 ID:EMYKqMCU
アニ「ジィー」

エレン「・・・」チラッ

エレン「あぁ、そいうことか」クルクル

アニ「!」


エレン「ほれ、あーん」

227: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/20(土) 21:07:10 ID:EMYKqMCU
アニ「あーん!」パクッ モグモグ

アニ「えへへ、おいしいね!」

エレン「そうだな」ニコッ

アニ「じゃあつぎは私がしてあげる!」クルクル


アニ「はい、あーん!」

228: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/20(土) 21:09:40 ID:EMYKqMCU
エレン「おっ、嬉しいね、あーん」パクッ モグモグ

アニ「おいしい?」

エレン「とっても」ニッ

アニ「ありがと」ニコニコ

232: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/21(日) 16:25:26 ID:P44tm.S2
1です。PC 直すの10日くらいかかるそうなのでそれまでスマホで投稿さます。PC ないから課題がはかどるはかどる

233: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 17:25:05 ID:P44tm.S2
-
--
---

エレ・アニ「ご馳走さまでした」

エレン「いやぁー、うまかったな」

アニ「だねぇ~、でもゆっくり食べてたからもう2時過ぎちゃったよ」

エレン「だな、とりあえずジェットコースターだけは乗っとくか?」

アニ「あと観覧車ね」

スタスタ

235: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 17:32:41 ID:P44tm.S2
係員「ただいま1時間30分待ちになっておりまーす!」

ザワザワ

エレン「結構まつなー」

アニ「うん、どうする?」

エレン「せっかく来たんだし乗りたいな」

アニ「分かった、二人で話してればすぐだよね!」


エレン「だな」

ペチャクチャ

236: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 17:39:19 ID:P44tm.S2
アニ「でね、シャワー浴びようと思って蛇口ひねったらさ」

エレン「うんうん」

アニ「お湯じゃなくて水がててね!ちべたいって言っちゃったの!」

エレン「ははっ、おっちょこちょいだなアニは」ナデナデ


アニ「てへっ」ペロッ

237: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 17:45:10 ID:P44tm.S2
エレン「もっとアニの話を聞きたいな」ニコッ

アニ「うん!じゃあつぎはね!」


ペチャクチャ


回りの客「(あー、羨ましい)」

アニ「次はエレンの話が聞きたいな!」ギュ

238: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 17:48:33 ID:P44tm.S2
エレン「うーん、あっ!そういえばこのあいださ」

アニ「なになに!」グイッ

エレン「あ、アニ!近い近い」

アニ「あっ、ごめんね」スッ

240: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 19:15:24 ID:P44tm.S2
回りの客「(いいなー )」

-
--
----

係員「お待たせしましたー、次のお客様どうぞー」

エレン「乗るかアニ」

アニ「うん!」

係員「次の人もどうぞー」

次の客「・・・」スタスタ

241: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 19:17:31 ID:P44tm.S2
係員「あれ?次の人もどうぞー」

次の客「はぁー」スタスタ

係員「(あのカップルから後ろのお客さんの目がみんな死んでる・・・)」

242: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 19:21:33 ID:P44tm.S2
<ソレデハハッシャシマース

ゴォォォ

-
--
---

ゴォォォ!

エレン「うっひょー!」

アニ「キャー!」


客「わーい」

243: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 19:25:24 ID:P44tm.S2
ゴォォォ・・・ プシュー

アニ「あぁー!楽しかった!」

エレン「迫力あったな」

アニ「じゃあ最後は!」ギュ

エレン「観覧車だな」ナデナデ

客「(観覧車には近づかないようにしよう)」

245: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 19:34:57 ID:P44tm.S2
スタスタ

エレン「おっ!誰も並んでないぞ!」

アニ「やった!でもジェットコースターが案外長かったから一回乗ったら終わりかな?」

エレン「残念だな・・・」

アニ「うん・・、とりあえずいこっ!」

246: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 20:38:52 ID:P44tm.S2
スタスタ

エレン「すいまーん、二人乗りたいんですけど大丈夫ですか?」

おじさん「あぁ、二個目にくるやつなら誰も乗ってないしそこに乗るといいよ」

エレン「ありがとうございます」

おじさん「ここの観覧車は一周20分で結構ゆっくりだから、ここに来たら扉を開けてそのまま乗っちゃって」

247: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 20:42:28 ID:P44tm.S2
エレン「分かりました」

アニ「ありがとうございます」ペコッ

おじさん「いえいえ、これが仕事ですから、あっ、来ましたよ」

ガチャ

おじさん「ではどうぞ」

スタッ

おじさん「お楽しみをー」フリフリ

248: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 20:49:00 ID:P44tm.S2
エレン「はぁー」ドサッ

アニ「ふぅー」ドサッ

エレン「疲れたな」

アニ「うん、もうくたくただよ」クスッ

エレン「俺もだよ」クスッ

アニ「にしても今日たとっても楽しかったね」

250: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 21:02:31 ID:P44tm.S2
エレン「だな、なんか凄くあっという間だったよ」

アニ「いつもみたいにゆったりするデートもいいけど、やっぱりこういうメジャーなデートもいいよね」

251: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 21:12:04 ID:P44tm.S2
エレン「でも俺はいつものも好きだけどな」

アニ「もちろん私もだよ、最後にギューってされるのが本当に好きだし」

エレン「俺もだよ、にしても夕日がきれいだな」

アニ「うん・・・」

エレン「いまやっとてっぺんの半分あたりだな」

アニ「だね」

252: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 21:15:54 ID:P44tm.S2
エレン「(なんか話が続かない)」ドキドキ

エレン「(それにこのドキドキはなんだ?てか夕日に照らされてるアニ、すげえきれいだな・・・」

アニ「ねえ、エレン・・」


エレン「な、なんだ?」ドキドキ

253: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 21:34:02 ID:P44tm.S2
アニ「いきなりだけどさ、私達がまだ1回しかしたことない行為はなんでしょうか」

エレン「行為?」

アニ「そう」

エレン「うーん・・・」

アニ「よく思い出してみて」

エレン「一回しかしたことない・・・(あれはまだだしなぁ、じゃなくて)」

アニ「・・わからない?」


エレン「ごめん・・」

254: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 21:40:50 ID:P44tm.S2
アニ「はぁー」ガッカリ

エレン「(ガッカリしてる・・・)」

アニ「じゃあ教えてあげるよ、隣いい?」

エレン「ん、あぁ」スッ

アニ「ありがと」スッ

255: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 21:46:36 ID:P44tm.S2
エレン「それで一回しかしてないこことって・ ・ ・ 」

アニ「うん、それはね」ピトッ

エレン「ん(指を唇に?)」

アニ「・・・キスだよ」ニコッ

エレン「・・あぁ」ドキドキ

エレン「(まてまて、なんだこの色っぽい笑顔は)」ドキドキ

257: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 22:16:45 ID:P44tm.S2
アニ「覚えてる?私達が付き合うことになった日のこと、あのとき1回したきりでいままで一度もしてないんだよ?」


エレン「あぁ、そういえばそうだな・・・」

アニ「だからね」ズイッ

エレン「っ!」ドキッ

アニ「またキスしてほしいな・・//」

258: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 22:21:03 ID:P44tm.S2
エレン「・・・そうだな、目、閉じてくれないか?」ドキドキ

アニ「えっ?嫌だよ」キッパリ

エレン「・・・えっ?」

アニ「だってそんなことしたらキスしてるときのエレンの顔見れないし」

エレン「えぇ、凄く恥ずかしいんだけど・・・//」

アニ「それは私もだよ、それにそろそろてっぺんつき

259: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 22:23:46 ID:P44tm.S2
アニ「それは私もだよ、それにそろそろてっぺんついちゃうしするならそこがいいな//」

エレン「あ、あぁ」ドキドキ

アニ「なんかドキドキするね//」

エレン「心臓の音がすげえ聞こえるよ」ドキドキ

260: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 22:27:15 ID:P44tm.S2
アニ「うん//あっ、もうつくよ」チラッ

エレン「あ、あぁ、い、行くぞ?」ドキドキ


アニ「うん、お願い//」

エレン「・・・」ソーッ

アニ「(だんだんエレンの顔が近くなって//)」


チュ

262: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/21(日) 22:30:32 ID:P44tm.S2
エレン「・・・(アニ、すげえ可愛い)」 ダキッ

アニ「んっ(エレン・・・)」ダキッ


エレン「(舌入れていいかな・・・)」ニュル

アニ「ん!//(え、エレンの舌が入って//)」

263: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/21(日) 22:33:58 ID:P44tm.S2
レロレロピチャピチャ

エレン「・・・ぷはっ!」

アニ「んっ」ツー

エレン「あっ、糸が」

アニ「ひいちゃってるね」ペロッ

アニ「エレン」

エレン「な、なんだ?(もしかして舌いれたの怒って・・・)」

264: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/21(日) 22:37:37 ID:P44tm.S2
アニ「上手だったよ//」

エレン「そ、そっか//」

アニ「これからはデートが終わるたびにしてね?//」

エレン「お、おう!」

アニ「エレン、大好きだよ」ニコッ

エレン「・・俺も大好きだ」ニコッ

おしまい

266: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/21(日) 22:41:50 ID:P44tm.S2
ふぅー、とりあえずは完結!
スマホだとやはり書きにくいですね。

それとURL がわからないので、心優しい方がいたら完結スレに貼っていただけるとありがたいです。

そして今のうちに次のカップルリングの安価とります。シチュとかも要望があれば

それでは>>270

270: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 22:57:16 ID:6RUk279Q
ピクシス×キッツ

275: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/21(日) 23:05:09 ID:P44tm.S2
>>270 頑張ってみるわ

ながくならないと思うけど・・・

かきためしたいのでそれまでの穴埋めは

エレン「穴を掘っていたら」
サシャ「お湯が出てきました」というのを書いていきます

276: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/21(日) 23:10:32 ID:nWEcs7dg
書くのか

すげえな

277: ◆qZUCpA/gIM 2013/07/21(日) 23:32:13 ID:P44tm.S2
>>276


多分ひどい作品になると思いますがご了承ください

279: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/23(火) 07:35:17 ID:Xhadiw4k
まさか温泉のやつもでしたか
乙乙
関連スレ:
進撃の巨人SS タピオカさんの作品

(このシリーズ以外にエレン×アニもあります)

元スレ:アニ「エレン!遊園地行こうよ遊園地!」ユサユサ
http://.2ch.net/test/read.cgi/14562/1374069767/