1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:39:49 ID:Ym8wslyy0
悟空「やべぇぞ!これじゃあ地球に戻るのが大幅に遅れちまう!!」

ラディッツ「やかましいぞ貴様!何を騒いでい・・・!」

悟空「あ・・・おめぇ!!」

ラディッツ「カ、カカロット!?」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:40:34 ID:Ym8wslyy0
神様「な、なんですと!?孫悟空が地獄に落ちた!?」

閻魔大王「うむ・・・調子に乗って飛行していて失速、そのまま墜落したようだ」

神様「なんという事だ・・・」

閻魔大王「残念ながら、一度地獄に落ちた者を救い出すのは不可能だ」

神様「あのバカモノめ・・・!なんの為に界王様の元まで修行に行ったのだ・・・!」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:41:36 ID:Ym8wslyy0
地球

ヤムチャ「どうやらこいつらの強さは大した事なさそうだな・・・残りも俺が纏めて片付けてやるぜ」

ベジータ「ふ・・・それはどうかな?」

ヤムチャ「?」

サイバイマン「」ザッ

クリリン「! あいつまだ生きて・・・!」

ヤムチャ「・・・!」

天津飯「どどん波!」

ビッ
サイバイマン「!」

ドゴオンッ


パラパラ・・・

ベジータ「ちっ・・・」

天津飯「油断するな、ヤムチャ」

ヤムチャ「あ、ああ・・・すまない。助かった」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:42:26 ID:Ym8wslyy0
ナッパ「情けねぇサイバイマンだぜ!!相討ちにも持ってけねぇとはよ!!」

ベジータ「頼りになる仲間を持っていて良かったな」

ヤムチャ「ちっ・・・馬鹿にしやがって・・!」

天津飯「熱くなるな、ヤムチャ」

ベジータ「どうやら俺達が予想していた以上の戦闘力を持っているようだな」

ナッパ「ベジータ、サイバイマンどもが相手じゃゲームにもなりゃしねぇぜ。俺にやらせてくれよ、な?」

ピッコロ「!」

ベジータ「ふん、・・・まぁいいだろう。しかし、あのナメック星人は殺すなよ」

ナッパ「へっへっへ、ありがとよ。ベジータ」

ヤムチャ「みんな!来るぞ!」

ピッコロ「ちっ、もう少し時間を稼ぎたかったがな・・・!」

天津飯「餃子、気を引き締めろ!」

餃子「う、うん!!」

クリリン「悟飯!気をつけろよ!」

悟飯「は、はい!!」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:43:08 ID:bvYwj7joO
ヤムチャが生き残った……だと

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:43:58 ID:Ym8wslyy0
地獄

ラディッツ「ふはははは!!こいつはいい気味だ!わざわざ地獄に落ちてくるとはな!!」

悟空「笑うんじゃねぇ!!ちっくしょー・・・!それよりどうしたら・・・!」

ラディッツ「ふはは、カカロットよ。この地獄からは決して抜けだせん。俺も何度も試したが何処にも出口はなかった」

悟空「・・・ちっ」

ラディッツ「今頃、地球ではベジータ達がお前の仲間を散々に打ちのめしてくれているだろうな!!ふはははは!!!」

悟空「(みんな・・・なんとか持ちこたえてくれ!オラは必ず戻ってみせる!)」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:45:08 ID:Ym8wslyy0
地球


ナッパ「はああああああぁぁぁ・・・!!!!」
ゴゴゴゴゴゴ・・・

クリリン「ち、地球が震えてる・・・!」

ピッコロ「(こ、これほどとは・・・!)」

ヤムチャ「ち、こんなのアリかよっ!」

ナッパ「あああぁぁぁ・・・・おぐぅっ!!?」

悟飯「え?」

天津飯「なんだ?」

ナッパ「うおっぐ・・・!?おがが・・!」

ベジータ「? ナッパ、何をふざけている?」

ナッパ「うおご・・き、急にハラが痛くなってきやがった・・・!!」

クリリン「まさか!?」

餃子「やった!超能力が効いた!!」

天津飯「でかしたぞ、餃子!!!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:47:04 ID:Ym8wslyy0
ピッコロ「チャンスだ!!奴を仕留めるぞ!!」

ヤムチャ「おおーーーっ!!!」

ナッパ「!」


クリリン・ヤムチャ・天津飯「かめはめ波ーーー!!!!!」

ズッギャボルオオオオオオオッッッ

ナッパ「!」

ドグオオオオオオオンッッ!!!


ピッコロ「悟飯!!!」

悟飯「は、はい!!」

ピッコロ・悟飯「魔閃光ーーーーーッッ!!!!」

ズオオオオウッ


チュドオオオオーーーーーンッッッ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:47:54 ID:Ym8wslyy0
ベジータ「・・・!」ピピピピ・・・


シュウウウゥゥゥ・・・・


ヤムチャ「や、やったか!?」

天津飯「いや・・・まだだ!」


ナッパ「て、てめぇらぁ~~・・・!!」

クリリン「ダ、ダメージは食らってるけど、大した事なさそうだ・・・!」

ベジータ「ナッパ、悪ふざけもいい加減にするんだな」

ナッパ「わ、わかってるぜベジータ・・・!てめぇら俺に血ィ流させやがって・・・!」

ピッコロ「バケモノめ・・・!」

餃子「て、天さん!僕の超能力が効かない!!」

天津飯「奴の怒りの方が腹痛を上回っているんだ!!」

悟飯「ど・・・どうしたら・・・!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:48:47 ID:Ym8wslyy0
ナッパ「全員消し飛んじまえーーーッッ!!!!!」

餃子「く、来る!!」

天津飯「クリリン!!合わせろ!」

クリリン「え?・・・あ!!」

ザッ

ナッパ「あ?」

悟飯「クリリンさん!?」

ベジータ「なにを・・・」


ヤムチャ「あの構えは・・・!皆、目を閉じろ!」


クリリン・天津飯「太陽拳!!!!」

ボッ

ナッパ「!!!!」
ベジータ「!!!!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:49:36 ID:Ym8wslyy0
地獄


悟空「ちくしょう!ここも駄目だ!!」

ラディッツ「何度足掻こうと無駄だと言っているのがわからんのか!!」

悟空「うるせえぞ!オラに付きまとうんじゃねぇ!!」

ラディッツ「貴様、兄に対してその口の効き方はなんだ!?」

悟空「オラはおめぇを兄ちゃんだと認めてねえ!!どっか行ってろ!!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:50:39 ID:Ym8wslyy0
地球


ナッパ「ぐわああああああーー!!」

ベジータ「ぐおおぅっ!?め、目が・・・!!」

ヤムチャ「やった!上手く行ったぞ!!!」

クリリン「はあああぁぁーーー!!!」

天津飯「クリリン、その技は・・・!」

クリリン「気円斬ーーーー!!!」

ギュルルルルルルッ!!

ナッパ「め、目が・・・!」

ザンッ
ナッパ「お・・・ぐぉ・・・!?」

ドサドサッ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:51:53 ID:Ym8wslyy0
ベジータ「ナッパ!?」

悟飯「やった!ぶった切った!!」

ピッコロ「悟飯!!邪魔だ、どけ!!」

悟飯「え?」

ヤムチャ「ピッコロ!いつの間に魔貫光殺砲の準備に・・・!!!」

クリリン「やれーーー!ピッコローーーー!!!」

ピッコロ「魔貫光殺砲ーーーーーー!!!!!」

ズドウッ

ギャルルルルルル・・・!!

ベジータ「なんだ!?なんの音だこれは・・・」

ズボッ
ベジータ「・・・か・・・は・・・!!」

ドサッ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:52:35 ID:Ym8wslyy0
地獄


悟空「波ーーーーー!!!!」

ズドオオウッ

ラディッツ「いくら貴様が強かろうが、地獄の天井を破壊する事は出来ん!!」

悟空「くっそ・・・こんな所で使いたくなかったけどよ・・・!そんな事言ってられねぇ!!」

ラディッツ「?」

悟空「界王拳だ!!3倍界王拳のかめはめ波で・・・!!!」

グゴゴゴゴゴ・・・
ラディッツ「な、地獄が震えている・・・!?」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 17:53:57 ID:Ym8wslyy0
悟飯「やったぁ!!サイヤ人を倒せたんだぁ!!」
クリリン「俺達だけでやったんだぜ!!すっげぇーーー!!」

ピッコロ「孫悟空の出番はなかったようだな・・・」

ヤムチャ「はぁ・・・これで地球の危機も去ったってわけか」

天津飯「しかし、恐ろしい相手だった。まともに戦っていたら俺達に勝ち目はなかっただろう」

悟飯「餃子さんが隙を作ってくれたお陰ですよ!!ありがとう、餃子さん!」

餃子「え、えへへ・・・」

クリリン「俺を苦しめた技に救われるなんてな、まいったまいった」

ヤムチャ「さあ皆、カメハウスに戻って武天老師様達に報告に行こう!!」

クリリン「そうですね!みんな心配しているでしょうし!!」

悟飯「ピッコロさん、行きましょう!」

ピッコロ「・・・俺は、いい。悟飯、修行を怠るなよ」

悟飯「あ・・・」

クリリン「ピッコロ!お前の力がなかったらアイツらには勝てなかった!ありがとうなーー!!」

ヤムチャ「気が向いたら遊びに来いよーー!」
天津飯「・・・元気でな」
ピッコロ「・・・フン」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 18:46:19 ID:Ym8wslyy0
カメハウス

ブルマ「へえー!!凄いじゃない!サイヤ人二人に勝つなんて!!」

ヤムチャ「ふ・・・惚れ直すなよ、ブルマ」

クリリン「これも全て老師様の修行の賜物です!!」

亀仙人「ほっほっほ、わしも鼻が高いのぉ」

天津飯「孫の奴、この結果を聞いたらさぞ驚く事だろう」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 18:47:46 ID:Ym8wslyy0
ポポ「邪魔する」

クリリン「あ、ミスターポポさん!」

悟飯「どうしたんですか?」

ポポ「孫悟空の事で話がある。神殿来い」

餃子「え?」

ヤムチャ「悟空に何かあったのか?」

ポポ「神様が教えてくれる。早く来い」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 18:48:57 ID:Ym8wslyy0
神殿

神様「みな、よく来てくれた」

クリリン「神様、話ってなんなんですか?」

悟飯「お父さんはまだつかないんですか?」

神様「・・・実は、その孫悟空の事なのだが――――



天津飯「地獄に落ちた・・・ですと?」

ヤムチャ「そ、そんな・・・」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 18:51:00 ID:Ym8wslyy0
神様「残念ながら、悟空は二度と地球には戻れなくなってしまった」

悟飯「そ、そんなぁ・・・」

クリリン「ドラゴンボールじゃ駄目なんですか?」

神様「残念だが、私はもう少しで寿命が尽きる。私が死ねばドラゴンボールはただの石に戻ってしまうのだ」

ヤムチャ「なんですって・・・」

天津飯「では、孫の事は諦めるしかないと・・・?」

神様「・・・むう」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 18:52:33 ID:Ym8wslyy0
ピッコロ「待て」

神様「!」

ヤムチャ「ピッコロ!」

クリリン「何時の間に・・・」

ピッコロ「寿命が尽きかかっている事は俺も感じている。しかし、ドラゴンボールはもう一つある筈だ」

天津飯「もう一つあるだと・・・?」

餃子「あ、もしかして・・・!」

神様「・・・そうか、ナメック星か!」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 18:56:11 ID:Ym8wslyy0
――こうしてZ戦士一行は神様が昔乗ってきた宇宙船を探しブルマに改修させ、悟空を救うべくナメック星へ向かうのであった


ブルマ「みんな、集まったわね?」

天津飯「ああ」

クリリン「悟飯、元気だせよ・・・ナメック星でボールを揃えればこの前死んだピッコロも生き返らせる事が出来るんだしさ」

悟飯「はい、僕・・・頑張ります!」

ヤムチャ「ブルマ、お前も行くのか?」

ブルマ「あたしが行かないと、何か異常があった時対応出来ないでしょ?」

餃子「天さん・・・」

天津飯「餃子、留守番は頼んだぞ」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 18:59:36 ID:Ym8wslyy0
界王星


界王「ほう、孫悟空の他にわしの元にたどり着く者がおったとはなぁ」

ピッコロ「・・・」

界王「おぬしは確かナメック星人だだっけか。なんの用だ?」

ピッコロ「孫悟空は死んだ後、ここで修行を積んだと聞いた。俺にも修行をさせろ」

界王「ほう、しかしわしの修行をやるにはある試練に合格しなければならん」

ピッコロ「ふん、なんでも来い」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:01:47 ID:Ym8wslyy0
ナメック星

ヤムチャ「ここがナメック星か・・・」

悟飯「ピッコロさんと修行した場所に似てます」

クリリン「な~んか殺風景な土地だなぁ・・・」

天津飯「お前達、無駄話をしている場合じゃないぞ。まずこの星の人に会いに行って訳を話そう」

クリリン「そうだな。よし、行こう!」

ブルマ「ちょっと!レディー一人置いていく気なの!?」

ヤムチャ「安心しろブルマ、俺が側にいてやるよ・・・」

クリリン「じゃあヤムチャさん、お願いしますね!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:03:35 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「ずっと宇宙船の中で生活していたからな・・・二人っきりになるのも久しぶりだな」

ブルマ「え・・・ちょ、ヤムチャ!こんな所で止め・・・」

ヤムチャ「いいだろ、俺ずっと我慢してたんだからさ」

ブルマ「こ、こんな所みんなに見られたら・・・・・・・」


フリーザの部下「ん?なんだあいつら」

フリーザの部下「ナメック星人じゃないな・・・」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:05:26 ID:Ym8wslyy0
長老「く・・・持っていけ・・・どうせお前達には願いは叶えられん・・・!」

フリーザ「ほっほほ、ありがたく頂戴しますよ」

ザーボン「フリーザ様」

フリーザ「どうしましたザーボンさん」

ザーボン「この先に大きな戦闘力が3つ向かってきております」

フリーザ「ほう、またナメックの若者が邪魔をしに来ましたか」

ドドリア「フリーザ様、私にお任せを!」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:07:30 ID:Ym8wslyy0
シュタタッ

クリリン「どーもー!」

悟飯「こ、こんにちは」

長老「・・・?」

フリーザ「・・・・・・・?」

天津飯「二人とも、挨拶出来るような和やかな雰囲気ではないぞ」

ドドリア「なんだあぁ~?てめぇらは?」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:25:56 ID:Ym8wslyy0
天津飯「怪我をしているのがナメック星人・・・どういうわけか知らないが、こいつらは敵のようだ」

クリリン「おい!その人達からボールを返せ!!!」

ザーボン「貴様ら!頭が高いぞ!!」

ドドリア「てめぇら!フリーザ様になんて口を利きやがる!!」

フリーザ「ほっほっほ、子供なのに見上げた度胸ですねぇ」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:31:07 ID:Ym8wslyy0
ピピピピ・・・
ドドリア「へっ!戦闘力1000と500!俺が相手するまでもねぇな」

ザーボン「お前達、奴等を片付けろ」

部下達「はっ!」

クリリン「天津飯、来るぞ!」

天津飯「俺がやる。お前達は怪我をした人達を非難させろ」

悟飯「わ、わかりました!気をつけて・・・!」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:32:33 ID:Ym8wslyy0
ドドリア「あぁ?」

ザーボン「ふ、仲間を置いて逃げるとはな」

フリーザ「ザーボンさん、追いなさい。邪魔者は生かしておけません」

ザーボン「は、はっ!」

天津飯「はああああぁぁ~~・・・!!!」

ピピピピピ・・・
ドドリア「!? な、なんだ?戦闘力が上がっていくぞ?」

部下達「うおおおーーーー!!!!」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:34:01 ID:Ym8wslyy0
天津飯「気功砲!!!」


フッ

部下達「!」
ドドリア「!」
ザーボン「!」
フリーザ「!」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:36:16 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「超狼牙風々拳ー!!!」

バキバキバキバキベキ

ヤムチャ「はいやぁーーー!!!」

ドゴスッ
部下「ぐえ・・・」ドサッ

ヤムチャ「ふう、いい所で邪魔しやがって・・・」

ブルマ「な、なんなのこいつら?ナメック星人なの?」

ヤムチャ「いや、これはきっと宇宙人だろう。ピッコロとは似ても似つかない」

ブルマ「この星・・・もしかして宇宙人に攻められてるの?」

ヤムチャ「・・・かもしれないな。3人とも無事ならいいが」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:38:08 ID:Ym8wslyy0
ゴゴゴゴゴゴゴ・・・

天津飯「(・・・雑魚達はまとめて散ったが・・・)」


ドドリア「いでででで・・・!」

ザーボン「フリーザ様、ご無事ですか?」

フリーザ「ほっほっほ、大丈夫ですよ」

天津飯「(こいつら、あのサイヤ人達より強いのか・・・!)」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:40:35 ID:Ym8wslyy0
ザーボン「貴様はもう終わりだ」

ドドリア「ただ殺すだけじゃねぇ、じわじわとなぶり殺しにしてくれるぜ!!」

天津飯「ふっ、それはどうかな・・・?」

ザーボン「? まだ何かあるのか?」

ドドリア「おもしれぇ、やってみろよ」

天津飯「太陽拳!!!」


カッ
フリザボドドリア「!!!!!」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:42:16 ID:Ym8wslyy0
ドドリア「ぐあああーー!!目がーー!!!」

フリーザ「うぐっ!こ、これは・・・!!」

ザーボン「うおおおぉっ・・・!!」

天津飯「(俺一人でこの3人相手はキツイ・・・一時退散だ)」シャッ


ドドリア「ち、ちっくしょー!なにしいあがったーー!!?」

ザーボン「ドドリア、奴は何処だ!?」

フリーザ「逃げられたんですよ!!早く追いなさい!二人で!」

ザーボン「は、ははっ!!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:44:28 ID:Ym8wslyy0
ドドリア「あのハゲ頭がーー!!スカウターから逃げられるとでも思ってんのかー!」

ピピピ・・・
ザーボン「つかんだ!3キロ先にいるぞ!!!」

ドドリア「ぶっ殺してやるぜ・・・!!!」




天津飯「む!・・・奴等、追ってきたか。奴等も気を探れるのか・・・?」

天津飯「だが、ここで捕まるわけにはいかん・・・はああっ!」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:46:15 ID:Ym8wslyy0
ピピピピ・・・
ザーボン「む!?」

ドドリア「な、なんだ!?奴が4人に別れたぞ!?」

ザーボン「馬鹿な!どういう事だ?」


天津飯「!」

ドドリア「いたぞ!一人見つけた!!食らいやがれーーー!!!」
ズドウッ!!

天津飯「うおおおお!!!」
ドゴオオーーーン


ピピピ・・!!
ザーボン「! あそこか!」

天津飯「!」
ザーボン「はあああーーーっ!!」
ズドウッ

天津飯「うおああーーー!!」
ドゴーン

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:48:10 ID:Ym8wslyy0
ザーボン「後二人いる筈だ!」

ドドリア「ちくしょー・・・何処だぁ~!?」

天津飯「ここにいるぜ」

ドドリア「! てめぇ・・・妙な技使いやがって・・・!」

ザーボン「ドドリア、そいつはお前が消せ!私は残りの一人を探す!」

ドドリア「おう、任せろ!」

天津飯「そうはさせん!太陽拳!!」カッ

ザボリア「!!!!!!!」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:55:20 ID:Ym8wslyy0
ドドリア「ぐああーーー!!ち、ちくしょおおおーーーー!!!」

ザーボン「ぐあっ・・・くっ!愚か者め!二度も引っかかるな!!」

ドドリア「てめぇが言うんじゃねぇ!ザーボン!!!」




天津飯A「はぁ、はぁ・・・危なかった」

天津飯B「だが、これで大分距離が取れた。また見つかる前にクリリン達と合流しよう」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 19:58:03 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「ん・・・!気が近づいてくる!」

ブルマ「ええ!?また、あの宇宙人じゃないでしょうね!?」

ヤムチャ「いや、これは悟飯とクリリンの気だ。その後ろから知らない気が多数・・・」

ブルマ「え、知らない気って・・・?」


シュタタッ
クリリン「ヤムチャさん、大丈夫ですか?」

ヤムチャ「あ、ああ・・・実は変な奴に襲われたんだが」

悟飯「この服・・・奴等の仲間ですよ!」

ブルマ「奴等?仲間?一体なんなの?それにこのピッコロにそっくりな人達は?」

ナメック「・・・」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:03:11 ID:Ym8wslyy0
なんとかヤムチャ達と合流する事に成功した悟飯とクリリンと生き残りのナメック星人

その数分後に天津飯A、Bも無事に帰ってきた


ヤムチャ「・・・フリーザ?」

悟飯「あの乗り物に乗ってた奴ですか?」

長老「はい、奴は多くの惑星を支配する悪党一族の一人でして・・・」

ナメック「ドラゴンボールで不老不死を得ようとこの星に接触して来たのです」

ヤムチャ「不老不死・・・悪人が考える事はみんな同じだな」

天津飯A「あのフリーザという奴の戦闘力は並じゃない。あのサイヤ人どもを遥かに上回っていた」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:07:24 ID:Ym8wslyy0
天津飯B「それに奴の側近二人もだ。分裂したとはいえ、俺が一瞬で倒されてしまった」

クリリン「俺達も悟空を助け出すのにドラゴンボールが必要だから・・・ここで逃げるってわけにもいかないよな」

長老「お願いです、ナメック星を救う為、力を貸して下さいませんか?」

ヤムチャ「どうするんだ、みんな?」

天津飯A「こんな時、悟空ならなんていう?」

クリリン「そりゃあモチロン・・・」

悟飯「オラに任せておけ!・・ですね」

天津飯「B「・・・決まりだな」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:11:16 ID:Ym8wslyy0
天津飯A「しかし、戦力差がありすぎるのも事実だ」

ヤムチャ「なぁに、あのサイヤ人を倒した時みたいにチームプレイでやればいいんだよ!」

クリリン「ピッコロと餃子がいればなぁ・・・」

悟飯「・・・ピッコロさん」

天津飯B「無いものねだりをしたって何も変わらん。俺達だけでやるしかないんだ」

長老「いえ、まだ望みはありますぞ」

クリリン「ん?」

長老「我々の生みの親、最長老様に力を貸してもらうのです」

天津飯B「最長老?」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:14:23 ID:Ym8wslyy0
フリーザ「ほう・・・取り逃がしてしまったと?」

ザーボン「も、申し訳ありません・・・」

ドドリア「フリーザ様!奴等は必ず我々が見つけ出してみせます!」

フリーザ「当然です。我々の邪魔をした者を生かしておくわけには行きません。すぐに探し出しなさい」

ザーボン「は・・・ははっ!」

ドドリア「必ずや!」

フリーザ「・・・次はありませんよ?」

ザーボン「!・・しょ、承知いたしました!」

ドドリア「行って参ります!」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:18:04 ID:Ym8wslyy0
最長老の家

最長老「ほう・・・あなた、あの伝説の三つ目星人ですか・・・」

天津飯A・B「・・・」

悟飯「天津飯さん、宇宙人だったんですね・・・」

クリリン「俺も始めて知ったよ・・・」

ヤムチャ「どうりで強いわけだ」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:19:31 ID:Ym8wslyy0
ズオウッ

天津飯A「・・・!」
天津飯B「こ、この力の漲りは・・・!!!!」」

クリリン「す、すげぇ!天津飯の気が大幅に上がった!」

悟飯「これが最長老様の力・・・!」

最長老「次・・・その顔に傷のあるお方」

ヤムチャ「は、はい!」

ブルマ「ヤムチャ、気をつけてね・・・」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:21:14 ID:Ym8wslyy0
最長老「あなた・・・女好きですね」

ヤムチャ「え・・・」

最長老「ほお・・地球に10人のガールフレンドが・・・」

ヤムチャ「ちょ、何覗いて・・・」

ブルマ「ヤムチャ、地球に戻ったらゆっくり・・・ね?」

ヤムチャ「は・・・はい」

ズオウッ

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:21:15 ID:QQkF3WAh0
ここでヤムチャが覚醒するのか!

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:23:44 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「・・・!!!!おおおお・・・!!!」

クリリン「ヤ、ヤムチャさん・・・!」

ヤムチャ「凄い・・・!パワーが漲ってくる!最長老様!ありがとう!!」

最長老「いえいえ・・・では、次にそこのハゲ・・・


ドゴオオオオオンッ

ネイル「むっ!?」

天津飯A「!」

ドドリアの声「雑魚共!!出てきやがれーーーー!!」

天津飯B「あいつらか・・・!」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:26:14 ID:Ym8wslyy0
ザーボンの声「その建物に隠れているのは分かっている!すぐに出てこなければ建物ごと吹き飛ばすぞ!」

クリリン「あいつら・・・!」

天津飯A「俺が行こう」

ネイル「私も行こう」

ヤムチャ「いや、待ってくれナメック星人。・・・俺が行く」

ブルマ「ヤムチャ・・・」

ネイル「・・・大丈夫なのか?」

ヤムチャ「ああ、この力・・・奴等で試してみよう」

天津飯B「油断はするなよ、お前の悪いクセだ」

ヤムチャ「わかってるって」

ブルマ「ヤムチャ、気をつけて・・・!」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:28:48 ID:Ym8wslyy0
ザーボン・ドドリア「!」

天津飯A・B「・・・」

ヤムチャ「よお、出てきてやったぜ」

ドドリア「なんだてめぇは?その三つ目の野郎は知ってるが・・・」

ザーボン「奴も仲間なのだろう。同じ事だ」

天津飯A「ヤムチャ、お前はどっちとやるんだ?」

ヤムチャ「そうだな・・・あのイケメンの顔をブ男にしてやりたいな」

ザーボン「?」

天津飯B「わかった、俺達はあのとんがり頭をやろう」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:31:37 ID:Ym8wslyy0
シュタッ   シュタッ

天津飯A・B「・・・」

ドドリア「ああ?てめぇら二人が俺の相手か?」


シュタッ

ヤムチャ「さ、始めようぜ」

ザーボン「・・・。ははは、これは驚いた!貴様一人で私に勝てると思っているのか?」

ヤムチャ「」シャッ

ビシッ

ザーボン「うぐっ!?」ツ・・・

ヤムチャ「おいおい、油断してるとそのキレイなお顔に傷がついちまうぜ?」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:34:10 ID:fgq1ARq00
ザーボン返信でヤムチャ死亡フラグww

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:36:20 ID:Ym8wslyy0
ドドリア「4人に分裂した時は驚いたがよ、一撃で倒されるんじゃ意味がねえよな!!」

ズドウッ

天津飯A「俺がやろう」

天使飯B「ああ」

ドドリア「なんだ?俺の攻撃なんか避けるまでもねえってか!?」

グオオオオオ・・・

天津飯A「」シャッ  シャシャシャシャッ

ヤムチャ「(あの動きは!)」

天津飯A「かーーっ!」

ドーンッ!!

ドドリア「なにっ!跳ね返し・・・うおおおお!!!」

ズドゴオオオオオオオオン・・・・

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:39:05 ID:Ym8wslyy0
ザーボン「何を余所見をしている!!」ブンッ

ヤムチャ「うおっと!」

ザーボン「私に楯突いた罪、死を持って購うがいい!!!」ビシシッ

ヤムチャ「とっとっと!!!」シャシャシャ


ザーボン「ち・・・避ける事は上手いようだな」

ヤムチャ「(こいつの動きが・・・スローに見える!最長老様の力・・・!!凄いぞ!!)」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:39:21 ID:TI0TcsjcO
天さんの反射技が生きたwww

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:41:04 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「か・・・め・・・は・・・め・・・!」

ザーボン「! ほう、貴様もエネルギー波を撃てるのか?」

ヤムチャ「波ーーーーー!!!!!」
ズッゴブルオオオオオオオ!!!!!

ザーボン「!!!し、しまっ・・・


ズドゴオオオオオン・・・!!!!

ヤムチャ「へっ、どうだ!!!」


シャッ
ザーボン「残像だ。愚か者め」

ヤムチャ「はっ!」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:42:46 ID:Ym8wslyy0
バギッ

ヤムチャ「うごわぁっ!」ドサッ

天津飯B「ヤムチャ!」

ザーボン「貴様も余所見をしている暇はないぞ!」

天津飯A「む・・・!」

ドドリア「てめぇ~・・・!妙な技ばっか使いやがってえぇぇ~~!」

天津飯A「さすがにあの技くらいでは死なない・・・か」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:46:04 ID:Ym8wslyy0
ドドリア「この三つ目野郎が!!もうキレたぜ!!なぶり殺すのは止めだ!!一瞬で塵にしてやるぜ!!」ズギャオッ

天津飯A「・・・ほう、それがお前のフルパワーか・・・」

天津飯B「ならば、こちらもフルパワーでやってやるか」

ドドリア「あぁ!?」

天津飯A・B「はあああああっ!!!!」ズギャオッ

ドドリア「・・・!せ、戦闘力70000、80000・・・・」ピピピピピピ・・・

ピーッ ボンッ!!!
ドドリア「!!」

天津飯A「排球拳!!行くわよーー!」

天津飯B「はーい!」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:48:31 ID:Ym8wslyy0
ザーボン「な、なんだあの戦闘力・・・!」

ヤムチャ「おい、余所見してんなよ」

ザーボン「はっ!」

ヤムチャ「神狼風々拳!!!」

ビシシシシシッ バシッ ドゴスッ
ザーボン「おぐああっ!!」

ヤムチャ「はいぃーーっ!!」バギッ

ザーボン「うごああぁーーーー!!!」ギューーーン

ドッゴーーーン・・・・

ヤムチャ「因果応報って奴だな」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:50:43 ID:Ym8wslyy0
天津飯A・B「アターーーック!!!」

ドドリア「!」

バギィッ

ギューーーーンッッ

ドゴオオオオオオンッ・・・・


ドドリア「・・・」


天津飯A「ナイス、レシーブ」

天津飯B「なに・・・ヤムチャ、こっちは終わったぞ」


ヤムチャ「ああ・・・悪いな、もうちょっと待っててくれ」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:53:02 ID:Ym8wslyy0
ガラガラ・・・

ザーボン「お・・・おの・・・れ・・・!貴様・・・!!」

ヤムチャ「どうやら、あのトゲ頭よりアンタの方が強いみたいだな」

ザーボン「この私の顔によくもこれだけの傷をつけてくれたモノだ!!!貴様は絶対に許さん!!!!」

ヤムチャ「へぇ・・・で、そのボロ雑巾の状態でどうするんだ?」

天津飯A「ヤムチャ、気をつけろ。様子が変だ」

ザーボン「舐めやがって・・・見せてやる!私の真の姿を!!」

ヤムチャ「!」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:55:35 ID:Ym8wslyy0
最長老「はああ・・・!」

ズオウッ
クリリン「・・・!ち、力があ、溢れだしてくる!!!うっひゃーーー!!すっげえーーー!!!」

悟飯「これで全員、パワーアップ出来ましたね!!」

ブルマ「そんなに凄いの?」

クリリン「ええ!凄いってもんじゃないですよ!!うっひゃー!最高の気分だーーー!!」

最長老「どれお嬢さん・・・こっちに来なさい」

ブルマ「え?」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:57:31 ID:Ym8wslyy0
ズオウッッ

ブルマ「・・・!!!あっひゃーー!す、すっげえーーーー!!!」

クリリン「でしょう?でしょう!?」

悟飯「ふ、二人とも喜んでないで、早く天津飯さん達の加勢に行きましょう!!」

クリリン「あ、そうだった!!」

ブルマ「いけない!忘れてた!!

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 20:59:11 ID:Ym8wslyy0
クリリン「ヤムチャさーーん!!」

悟飯「あ・・・」


ヤムチャ「よう、クリリン」

天津飯A・B「遅かったな。今終わった所だ」

ザーボン「はぁ・・・はぁ」

クリリン「・・・なんで土下座してるんですか?その宇宙人」

ヤムチャ「命乞いをしてきたんだよ。どうするか天津飯と話してた所だ」

ブルマ「うわぁ、ぶっさいく・・・」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:02:57 ID:Ym8wslyy0
ザーボン「頼む、助けてくれ・・・このまま戻っても私はフリーザに殺される・・・」

ネイル「貴様は我々の同胞の命を沢山奪った。許すわけにはいかんな」

天津飯A・B「」シュウゥゥ

天津飯「待て、ネイル」

ネイル「む?地球人、何をする気だ」

天津飯「(あのフリーザを倒すには少しでも力が必要だ。奴を始末するのはフリーザを倒した後でもいいだろう)」

ネイル「・・・・・」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:05:20 ID:Ym8wslyy0
ネイル「最長老様がなんというか・・・」

(ネイル、彼の言う通りです。今は少しでも力が必要です・・・彼の言う通りになさい)

ネイル「最長老様・・・。承知しました」

ザーボン「はぁ・・・はぁ・・・」

天津飯「ザーボンとか言ったな。・・・俺達に協力すると誓うのなら助けてやろう」

ザーボン「ほ、本当か!?なんでもやる!協力させてくれ!!」

クリリン「しょ、正気か天津飯!?」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:07:49 ID:Ym8wslyy0
地獄


悟空「80倍だぁーーー!!!」

ズッゴオオオオオオオオオオオオオオオオウウウウウ!!!


ベジータ「ええい、やかましい!奴は何度やる気なのだ!?」

ラディッツ「言っても聞かないんだ。仕方ないだろう」

ナッパ「うるさくて眠れやしねぇぜ・・・」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:09:20 ID:pEOfyot00
80倍とかスーパーサイヤ人よりつよくなってんじゃねーかwww

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:09:27 ID:Ym8wslyy0
フリーザ「・・・ザーボンさんとドドリアさんがいなくなって4時間も経つ・・・・逃げたか殺されたか」

コンコン

「フリーザ様、キュイです」

フリーザ「入りなさい」

キュイ「失礼します」

フリーザ「ザーボンさんとドドリアさんが戻ってきません。惑星フリーザに連絡してギニュー特戦隊を連れてくるように連絡しなさい」

キュイ「ギ!?しょ、承知しました!!」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:13:38 ID:Ym8wslyy0
最長老「ところで地球から来た方々・・・あなた方もドラゴンボールで願いを叶える為にここまで来たとか・・・」

クリリン「はいっ」

悟飯「お父さんを救いたいんです」

最長老「申し訳ないが・・・その願いが叶えられる可能性は低いかもしれない」

天津飯「どういう事です?」

ネイル「最長老様は寿命が近づいてきているのだ」

クリリン「え!?」

悟飯「じゃ、じゃあドラゴンボールは・・・」

最長老「そう、私の死と同時に石になるのです」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:15:51 ID:Ym8wslyy0
クリリン「そ、そんな・・・ここまで来たのに」

天津飯「・・・」

悟飯「あ、後どれぐらいなんですか・・・?」

最長老「もって2日でしょう」

ヤムチャ「そんな、後2日でフリーザを倒せっていうのか・・・」

ネイル「寿命ばかりは、我々もどうしようも出来ない」

天津飯「いや、待て。・・・いい考えがある」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:18:09 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「なんだ?」

天津飯「ブルマがついて来たのは幸運だった。あいつにはホイポイカプセルがあるだろう?」

悟飯「・・・ああ!!!」

クリリン「そういう事か!!」

最長老「?」

ヤムチャ「なるほど!ブルマ、さっそく冷凍・・・あれ?ブルマは何処いった??」

ネイル「(冷凍・・・?)」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:20:49 ID:Ym8wslyy0
ザーボン「・・・くっ」ズキズキッ

ザーボン「(おのれ・・・こんな晴れ上がる程殴りおって・・・!)」

ブルマ「・・・大丈夫?」

ザーボン「!? ・・・女」

ブルマ「さっきは酷い事言ってごめんなさいね。はい、タオル」

ザーボン「フン・・・それは私が一番知っている事だ」

ブルマ「貴方、今のままの方がずっといいわよ。かっこよくて・・・さ」

ザーボン「(なんだ、この女は)」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:23:08 ID:Ym8wslyy0
ギニュー特戦隊「ギニュー特選隊!!!」

フリーザ「ま、待っていましたよ」

ギニュー「ありがとうございます。フリーザ様、ご命令を」

フリーザ「愚かにもこの私に逆らってのうのうと生きている者達がこの星にいます。ドラゴンボール捜索のついでにその者達を始末してきなさい」

ギニュー「了解しました。よし、お前ら!行くぞ!!」

リクーバージーグルド「おーーーっ!」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:25:09 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「ブルマー!」

ブルマ「はっ!」
ザーボン「むっ」

ヤムチャ「見つけ・・・!ふ、二人っきりで何やってんだ?」

ブルマ「ご、誤解よ!何もしてないわよ!!」

ザーボン「・・・」

ヤムチャ「おい、ブサイク。俺のブルマに手を出したらどうなるかわかってるんだろうな?」

ザーボン「フン、安心しろ。地球の女などに興味はない」

ブルマ「・・・」

ヤムチャ「さ、行こうぜ。ブルマ」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:27:30 ID:Ym8wslyy0
地獄


悟空「はぁ・・・はぁ・・・」

ラディッツ「カカロット、いい加減休め」

悟空「オラにかまうなって・・・言ってるだろ」

ラディッツ「お前のエネルギー波の爆音で俺の仲間が迷惑しているのだ。いくら地獄とはいえ、周りの事を考えろ」

悟空「・・・あ、ああ・・・悪かった」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:29:52 ID:Ym8wslyy0
ラディッツ「・・・ん、あれは・・・!」

悟空「ん?」




ベジータ「くっくっく、まさかアンタまで地獄に来るとはよ。ドドリアさんよ」

ドドリア「ベジータ・・・てめぇは相変わらずだな」

ナッパ「そういやさっき、フリーザの部下達も大勢見たな。・・・ドドリアさんよ、一体何があったんだ?」

ドドリア「うるせえ!馴れ馴れしく話しかけるんじゃねぇ!!・・・あの三つ目のクソがっ!!」

悟空「三つ目・・・?まさか・・・」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:32:10 ID:Ym8wslyy0
悟空「おい!トゲトゲ頭!」

ドドリア「あぁ!?なんだてめぇは・・・」

悟空「その三つ目って頭がハゲてたか!?」

ベジータ「・・・まさか、貴様の仲間か?」

ドドリア「ああ、そうだよ!!身体は光る、分裂するは技は跳ね返すは、とにかくムカツク野郎だぜ!!」

悟空「(天津飯・・・今地球を守ってるのはおめぇなのか・・・すまねぇな)」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:32:51 ID:rtUYNYWn0
地獄wwwwwwww

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:34:35 ID:XQu1LTKW0
地獄トークがほのぼのしている

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:34:52 ID:Ym8wslyy0
最長老「私を冷凍カプセルに?」

天津飯「はい、冷凍状態で眠らせておけば寿命も防げる筈です」

ネイル「貴様、最長老様に無礼な・・・」

最長老「いいのです、ネイル。彼等はこの星を救ってくれようとしているのですから・・・」

天津飯「理解が早くで助かります。では早速、カプセルに・・・ん?」

クリリン「お、おい・・・この気って?」

ヤムチャ「なんだ?沢山向かってきてるぞ!?」

悟飯「さっきの二人よりも圧倒的にでかい・・・!!」

ブルマ「なに、このドス黒い気は・・・」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 21:38:09 ID:Ym8wslyy0
ザーボン「キ・・・というのは数もわかるのか?」

天津飯「! ああ、こちらに向かって来ている気は・・・5つだ」

ザーボン「5つ!まさか・・・ギニュー特戦隊か!!」

クリリン「ギニュー特選隊?」

ザーボン「フリーザが宇宙で1番の力を持つとしたら、ギニュー特選隊はその次に当たる」

ブルマ「ひええ・・・」

ヤムチャ「ち・・・今度ばかりは厳しい戦いになるかもな・・!」

天津飯「だが、やるしかないだろう」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:00:41 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「ブルマ!最長老様を早くカプセルに入れろ!」

ブルマ「う、うん!」

ネイル「私も出よう」

天津飯「ああ、助かる」

クリリン「俺も行くぞ!」

ヤムチャ「ザーボン、お前も来い!!」

ザーボン「・・・了解だ」

クリリン「悟飯は中でブルマさんを守ってくれ!頼んだぞ!」

悟飯「わ、わかりました!皆さん気をつけて!」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:02:28 ID:nowEqSKYO
なにこの神スレ

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:04:59 ID:Ym8wslyy0
ギニュー「ほう?貴様達がフリーザ様に逆らう愚か者達か」

天津飯「お前達がギニュー特戦隊か・・・」

ザーボン「・・・」

リクーム「あら?ザーボンちゃんじゃないのー!なんでそっち側にいるんだ?」

ヤムチャ「こいつは俺達と一時的に手を組んだんだ」

ギニュー「ふん、裏切り者めが・・・俺なら敵の仲間につくぐらいなら死を選ぶがな・・・」

ザーボン「・・・」

ネイル「これ以上、貴様達の好きにはさせん。覚悟しろ」

天津飯「よし!行くぞ、お前達!」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:07:46 ID:Ym8wslyy0
クリリン「おうっ!」

ヤムチャ「よしっ!」

ザーボン「(今だ!!)」
ドギュッ

ギニュー「む?」

天津飯「ザーボン!」

ヤムチャ「あの野郎!逃げやがった!!」

クリリン「待て!ザーボンーー!!!」

ザーボン「ふははは!私は勝算の無い戦はしない!!後はお前達で勝手にやるんだなー!!」

バータ「追いますか?」

ギニュー「放っておけ、どっち道死ぬ事に変わりは無いのだからな」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:10:16 ID:Ym8wslyy0
ザーボン「最後に教えてやる!フリーザも私と同様変身してパワーをアップさせる宇宙人だ!!」


天津飯「なんだと・・・!」

ギニュー「おおっと!隙あり!!」バギッ

天津飯「うぐっ!」


リクーム「こんなチビちゃん相手じゃ大して楽しめないなぁ~!」

クリリン「ちっ、なめやがって!」


ジース「クラッシャーボール!!」ドウッ

ヤムチャ「なんの!操気弾!!」

バムッ  バムッ  バムッ

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:12:04 ID:Ym8wslyy0
ザーボン「やったぞ!上手く逃げられた!!後は勝手に潰しあうがいい・・・!」


ギューーーーーーン

ザーボン「む?あれは・・・小型宇宙ポッド?」


ズドオーーーーンッッ

ザーボン「惑星フリーザからの援軍か?・・まぁどっちでもいい。あれを奪ってこの星から脱出するとしよう!」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:14:56 ID:Ym8wslyy0
ポッド墜落現場


シューーー・・・

ザーボン「・・・おい、中にいる奴!死にたくなくば出てこい!!」

プシューッ   ギイィ・・・

餃子「・・・」

ザーボン「・・・・子供だと?」

餃子「ここがナメック星・・・」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:16:36 ID:Ym8wslyy0
リクーム「リクーム・・・!」

クリリン「なんだ!?」

リクーム「イレイザーガン!!」ズボウッ!!!

クリリン「うわっ!!!」


ドゴオオオオオンッ!!!

ヤムチャ「! クリリーン!!」

ジース「隙ありだ!!クラッシャーボール!!」ドギョッ

ヤムチャ「!しまっ・・・!」

ドゴオオオオオン・・・

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:19:41 ID:Ym8wslyy0
リクーム「はっはっは!ちょ~っとやりすぎちまったかな?」

ジース「馬鹿な奴等だ、ギニュー特戦隊に勝てる筈がないのにな!!」

ピピピピピ・・・
リクーム「ん~?おぉ~・・・まだ生きてる」

ジース「もうちょっと遊べそうか~?」


クリリン「はああぁぁ~・・・!」ブウウゥン・・・

リクーム「あらら?その片手に持ってるのはなに?」

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:21:58 ID:Ym8wslyy0
クリリン「気円斬ーーー!!!」

ギュルルルルルッ
リクーム「これは・・・どうしよう?ジース、受けてやるべきかなぁ!?」

ジース「そいつはエネルギー刃だぜ、リクーム!受けてやったら真っ二つだ」

リクーム「それもそ~ねっと!!」ヒョイッ

クリリン「! 避けられた・・・!!」

リクーム「どうやら、これ以上展開にはならなさそうだなぁ?そろそろ死んどくかぁ?」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:24:47 ID:Ym8wslyy0
リクーム「イレイザー・・・・

ザンッ
ジース「!」

リクーム「・・・ザンッ?なんだ?今の音・・・」

クリリン「はぁ、はぁ」

ジース「リ、リクーム・・・!お前の身体が・・・!」

リクーム「ま・・・真っ二つ?な、なんでだぁぁ?俺は避けたの・・・になんで戻っ・・・」
ドサドサッ

ジース「くそっ!追尾型の技だったのか!?よくもリクームを・・・!!」

クリリン「これは俺の技じゃない・・・」

ジース「なんだと!?」

ヤムチャ「俺の新たな技・・・操気円斬だ!」ドンッ

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:27:26 ID:uCIad0Kh0
まさかのwwwwwでも繰気弾とは関係ないよね

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:33:19 ID:QGZWy5esO
ヤムチャ・・・

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:35:13 ID:cEWyUgSw0
悟空につまらない技って言われるぞwwwwwwww

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:48:13 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「お前も真っ二つにしてやる!!食らえ!!」

ギャルルルルルッッ
ジース「うおおおっ!!」

グルド「きえええええーーーー!!!」

ヤムチャ「うっ!?」ビシッ

クリリン「うぁっ!!?」ビシッ

ジース「グ・・・グルド!」

グルド「ジース!今だ、やれ!!」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:50:54 ID:Ym8wslyy0
ヤムチャ「ク、クリリン・・・!なんだコレは・・・!!!」

クリリン「わ・・・わかりません・・・ピクリとも動けない!」

グルド「俺様の金縛りの術は力で解けるもんじゃないんだよー!!」

ジース「食らえ貴様ら!!リクームの仇だ!!渾身のクラッシャーボールを!!」

クリリン「ぐ・・・がぎ・・・!」

ヤムチャ「クリリン・・・!な、なんとか出来ないか・・・!モロに食らうぞ・・・!!!」

クリリン「ど・・努力はしてます・・・よ・・・!!!」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:54:14 ID:Ym8wslyy0
ジース「はーっはっは!死・・・うごうっ!!」

グルド「!? うっ・・・は、腹が・・・!!!」

ヤムチャ「解けた!!」

クリリン「な、なんだ?」

餃子「お前達、大丈夫だったか?」

クリリン「え!?」

ヤムチャ「ぎ、餃子!?」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 22:59:30 ID:Ym8wslyy0
ジース「ぐああ・・!グ、グルド・・・!!」

グルド「わかっ・・・いでででで!!」

クリリン「餃子、どうしてお前がここに・・・」

餃子「そんな事より、あいつらを先に」

ヤムチャ「そ、そうだ!クリリン、行くぞ!!」

クリリン「は、はい!!」

ヤムチャ・クリリン「か~・・・・・・め~・・・・は~・・・・・め~・・・!!!!」

ジース・グルド「ま、待・・・!!」

ヤムチャ・クリリン「波アァーーーーーー!!!!!!」

ズッギョッボオオオウウウウウウウウウウウウウッ!!!!

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:02:00 ID:Ym8wslyy0
ドゴオオオオオオオオオオオオオオオンッッ



ギニュー「なに!?馬鹿な!ジースとグルドが・・・!!」

天津飯「はあっ・・・はあっ・・・!」

ギニュー「あ、あそこに転がっているのはリクームか!?お、おのれーーー貴様らぁ~~!!!!」

天津飯「次はお前がああなるんだ・・・!」

ギニュー「なにを!?その状態でよく言うわ!!」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:04:32 ID:Ym8wslyy0
天津飯「はあああぁぁ~~~!!!」フッ

ギニュー「なにっ!?分裂しただと!?」

天津飯A「四身の拳・・・!」

天津飯B「そして・・・!」

天津飯C「はあああああぁぁ!!!」

天津飯D「うおおおおお!!」

モコモコモコモコッ

ギニュー「な!?なんだ・・・!!」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:05:53 ID:Ym8wslyy0
天津飯ABCD「これが四妖拳!!」

ギニュー「う、腕が増えただと・・・!貴様、宇宙人か!」

天津飯ABCD「16倍のパンチをお見舞いしてやるぜ!!」
ザザザザザッ!!

ギニュー「ぬっ!!面白い、やってみせろ!!!」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:15:19 ID:Ym8wslyy0
天津飯ABCD「うおおおおおおおお!!!」
ドドドドドドドドドドドドド

ギニュー「ぬっ! うっ!くっ!!」バシッ バシッ  バシッ バシッ

天津飯ABCD「どうしたどうしたどうしたどうしたー!!!」

ギニュー「く!捌ききれん・・・!!」

天津飯ABCD「どどん波!!!」ピピピピッ

ギニュー「うおっ」

ドドドドドオオンッ・・・

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:18:36 ID:Ym8wslyy0
ギニュー「げほっ、げほっ・・・おのれ、ちょこざいなぁ~!」

天津飯A「ガードを解いたな・・・!」

天津飯B「四妖拳を使ったのはこれを食らわせるため!!」

ギニュー「なに・・・?」

天津飯C「食らえ!四身の拳四妖拳の!!!」

天津飯D「16倍気功砲を!!!」

ギニュー「なんだとおおぉぉ!??」

天津飯ABCD「はっ!!!」


カッ

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:22:34 ID:Ym8wslyy0
ギニュー「(ま、まずい・・・!この技は別格だ・・・!!これを食らえば俺といえど・・・!!)」


ネイル「はああーーーっ!!」
ドドドドドッ

バータ「はははははーーー!!!当たるかーー!!!」

ギニュー「(バータ!!・・・運はまだ俺を見放してはいなかった!!!)」クルッ

ギニュー「チェーンジ!!!」


ドゴオオオンッ!!!

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:25:26 ID:Ym8wslyy0
パラパラパラ・・・

天津飯ABCD「はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・!」

餃子「天さーーーん!」

クリリン「大丈夫かー!?」

天津飯ABCD「チャ、餃子・・・?どうしたお前がここに・・・!」

餃子「僕は天さんと一緒!何処までも!!」

天津飯ABCD「・・・馬鹿野郎」

ヤムチャ「餃子がいなければ、俺とクリリンは殺されていたかもしれない」

クリリン「頼りになる奴だよ、お前は!」

餃子「へへへ」

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:30:31 ID:Ym8wslyy0
ネイル「ぐあああっ!」
ドサッ

ヤムチャ「!」
天津飯ABCD「!」
クリリン「!」
餃子「!」

バータ「ふっふっふ、何を喜んでいるんだ?まだ俺がいるだろう?」

ヤムチャ「ネイル!」

ネイル「なんだコイツは・・・!?急に強く・・・!」

バータ「それもその通り、俺はバータではなくギニューだからな」

天津飯ABCD「なに?」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:52:42 ID:Ym8wslyy0
バータ「俺は他者との魂を入れ替える能力、ボディチェンジがある」

天津飯ABCD「なるほど・・・気功砲が当たるの直前に奴と入れ替わったのか・・・!」

クリリン「この野郎・・・!仲間をなんだと思ってるんだ!」

バータ「聞こえんな!さぁどうする!?宇宙一のスピードにボディチェンジ!貴様らはもう俺には勝てない!!」ギャンッ

ヤムチャ「は、速い!!」

クリリン「め、目で追いきれない!!」

天津飯ABCD「捉える事は難しいが・・・12の目を持つ俺しか奴の相手は出来ないだろう。俺がやる」

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:54:20 ID:Ym8wslyy0
バータ「ふはははは!!さぁ、誰が掛かってくるのだ!?ふはははは!!!」
シャシャシャシャシャッ

ヤムチャ「さ、さらに加速しやがった!!」

クリリン「声だけしか聞こえない!!」

天津飯ABCD「くっ・・・!」

餃子「天さん、僕がやる」

天津飯ABCD「・・・・なに?」

ヤムチャ「え?」

クリリン「・・・え?」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/10 23:57:43 ID:Ym8wslyy0
バータ「うはははは!!そこのガキが俺を捉えるだと!?お笑いだ!!さぁ、やってみせろよ!!!」
シャシャシャシャシャシャシャ

餃子「・・・」

天津飯ABCD「チャ、餃子!下がれ!!」

クリリン「奴が攻撃してくるぞー!」

ゴオオオオオオオッ

餃子「後ろ」

ドスッ
バータ「おぶっ!?」

天津飯ABCD「な、なに・・・!?」

クリリン「え・・・」

餃子「当たった」

バータ「あがが・・・な・・・なんでやねん・・・」ドサッ

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:00:14 ID:Ym8wslyy0
バータ「」ピクピク

ヤムチャ「や・・・え?やった・・のか?」

天津飯「餃子、お前・・・?」

クリリン「本当にあの餃子なのか?」

餃子「僕、地球で留守番している間に神様の神殿で修行してた」

ヤムチャ「で、でも神殿には今ミスターポポしかいない筈じゃ・・・」

餃子「神殿には精神と時の部屋っていう特殊な部屋があった。そこで修行した」

クリリン「精神と時の部屋・・・」

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:02:41 ID:kNFQtuUw0
ぎ・・・餃子TUEEEEEEEEEE

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:03:13 ID:Ym8wslyy0
餃子「このままじゃ僕は皆について行けないと思ったから、必死で頑張った」

天津飯「そうか・・・偉いぞ、餃子」

クリリン「ネイル、大丈夫か?」

ネイル「あ、ああ・・・なんとかな」

ヤムチャ「しかし、こっちも大分消耗したな・・・」

天津飯「ああ、こいつらまで倒されたとなると次に出てくるのはフリーザだろう」

クリリン「こんなに消耗してて、あいつと戦えるかな・・・?」

ネイル「・・・心配はいらない、地球人よ」

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:06:41 ID:Ym8wslyy0
地獄


悟空「うおああああーーーー!!!!」

ズッドゴオオオオオオオオオオゥゥ・・・

ベジータ「カカロット!いい加減にしやがれ!!」

悟空「うるせぇベジータ!オラの事は放っておけと言っただろ!!」

ベジータ「くそったれが!いくらやっても無駄だと何故気づかんのだ!!?」

ラディッツ「ベジータ、もう奴の事は放っておくしかないんだ」

悟空「なんでだ・・・なんで穴が空かねえんだあああああーーーーー!!!!」プチッ

ズギャオオォッ

ベジータ・ラディッツ「え?」

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:07:30 ID:pLtRCHXq0
ちょwwwwwおまwwwwww

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:08:20 ID:7wfTAU4u0
スーパーサイヤ人だと・・・?

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:11:54 ID:kNFQtuUw0
>>205
悟空「めえったなあ・・・どうしようこれ・・・なあベジータ!」
って感じだよな。
まあこれはこれで良いと思う

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:12:11 ID:TDzXc2ST0
シャオ シャオシャオ・・・


悟空「こ、こいつは・・・?」

ドドリア「なんだてめぇら!うるせえぞ!!」

ラディッツ「あ、あれは?ベジータ・・・!?」

ベジータ「・・・あの野郎、まさか・・・!」

ナッパ「まさかってベジータ・・・もしかしてアレが!?」


悟空「力が漲ってくる・・・!今のオレなら出来る気がする!!」

悟空「か~め~・・・は~・・・め~・・・!!!!」グオオオオオオオ・・・


悟空「馬鹿野郎ーーー!!!!!!!!!!!」

ズッギョブルオオオオオオオオオオオオオオアアアアアアアアア!!!!!!!!

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:14:23 ID:TDzXc2ST0
デンデ「・・・はい、どうでしょうか?」

クリリン「・・・す、すげえ!疲れまで吹っ飛んでる!!」

ヤムチャ「ナメック星人にこんな力があったなんて・・・!」

ネイル「これはデンデだけの特技だ」

天津飯「消耗した分はこれで回復出来たな・・・いよいよ、フリーザか」

悟飯「ゴクリ・・・」

ブルマ「ところで、ザーボンさんは?」

ヤムチャ「ザーボン『さん』?あいつは俺達を裏切って逃げたよ」

餃子「ザーボン・・・緑色の奴か?」

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:14:57 ID:kNFQtuUw0
>>210
ベジータさんみたいだね

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:17:26 ID:TDzXc2ST0
天津飯「ああ、そうだが・・・会ったのか?」

餃子「僕の乗ってきた宇宙船を奪おうと襲い掛かってきたからこらしめた」

ヤムチャ「そ、そうか・・・運の悪い奴だったな」

ブルマ「・・ねえ、あんた達。フリーザには勝てそうなの?」

天津飯「餃子が加入したとはいえ、正攻法では勝てないだろう」

クリリン「ザーボンの話しでは奴も変身する宇宙人だって言ってたしな」

ヤムチャ「なぁに、クリリンと俺の気円斬でバラバラにしてやればいいのさ」

天津飯「それが理想的な決着だがな」

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:20:37 ID:kNFQtuUw0
>>217
そうだな。
SS3以上じゃないと確か無理だったよな

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:21:31 ID:TDzXc2ST0
ネイル「どうする?こちらから仕掛けるのか?」

天津飯「いや、ここにはドラゴンボールが一つある。奴は必ず取りにくるハズだ」

ヤムチャ「待ち伏せするってわけか・・・!」

餃子「それはいい案だね、天さん」

ブルマ「ちょ、ちょっと私はどうするのよ?」

天津飯「悟飯、お前はブルマと一緒に離れに非難するんだ」

悟飯「え・・・でも僕だって戦えますよ!」

クリリン「いや、お前はまだ経験が少ない。俺達に任せるんだ」

天津飯「悟飯、正直言ってお前はこの戦闘にはついていけそうにない」

餃子「戦闘は僕達に任せろ」

悟飯「わ・・・わかりました・・・」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:24:34 ID:94wEkrYb0
ご飯wwww
あんだけ強くなるのにwwwwwwwwwww

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:27:55 ID:TDzXc2ST0
クリリン「万が一、俺達の気が消えた場合は、すぐにこの星から脱出するんだ」

天津飯「地球に戻り、修行を続ければお前はすぐに俺達を凌ぐ実力を身につけるだろう」

ブルマ「ちょっと・・・」

ヤムチャ「大丈夫だ、ブルマ。数々の危機を乗り越えてきた俺達が負けるわけないだろう?」

餃子「そうだそうだ」

ブルマ「ヤムチャ・・・」

ヤムチャ「ブルマ・・・この戦いが終わって無事地球に戻れたら・・・俺と・・・」

ブルマ「え?」

ヤムチャ「・・・いや、なんでもない。地球に戻ってから言うよ」

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:27:57 ID:kNFQtuUw0
悟飯「でも・・・でも・・・!」

悟飯「僕だって・・・僕だって・・・戦えるんだああああああ!!!!」

シュィンシィインシュインシュイン

天津飯「な・・・なんだその姿は・・・?」

クリリン「おいっ悟飯!凄い戦闘力だぞ」

ヤムチャ「俺には敵わんがな」

悟飯「うるさい!」

ヤムチャ「えっ・・・」

悟飯「僕一人であんな奴やっつけてやる!」

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオォ!!!

クリリン「行っちまった・・・」

天津飯「しかし、あれなら俺達が加勢すればなんとかなるかも知れない」

ブルマ「あっあたしはどうなるのよ!」

天津飯「ヤムチャ、正直言ってお前はこの戦闘にはついていけそうもない」

ヤムチャ「えっ・・・」

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:29:24 ID:pLtRCHXq0
あぁヤムチャwwwwww
つか覚醒フラグが軽すぎwwwwww

230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:30:00 ID:4Hh+twocO
ヤムチャ死亡フラグおっ立てよった

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:31:04 ID:mUcf2bYA0
ここでまさかのヤムチャ戦力外www

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:32:34 ID:TDzXc2ST0
天津飯「よし、奴が来る前に作戦を立てるぞ。これが最後の戦いだ!」

ネイル「うむ」

クリリン「おうっ!」

ヤムチャ「やってやるぜ!」

餃子「おー」

悟飯「じゃあブルマさん、行きましょう」

ブルマ「うん・・・みんな、気をつけてね」

ドギュッ  ドギュッ

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:36:33 ID:TDzXc2ST0
翌日

フリーザ「キュイ、アプール」

キュイ「はっ!」

アプール「はっ!」

フリーザ「ギニュー特戦隊の反応が途絶えた場所に向かいますよ。そこに最後のドラゴンボールもあるはずです」

キュイ「了解しました!」

アプール「さっそく出撃の準備を致します!」


フリーザ「(おのれ・・・こうなるんだったら始めっから私が動くべきでしたね・・・)」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:38:34 ID:TDzXc2ST0
最長老の家の前


キュイ「フリーザ様、反応が消えた場所はあの家周囲です」

アプール「ああっ!あれはリクームさんの死体!?」

フリーザ「あのリクームが真っ二つにされるとは・・・余程の実力者なのか・・・」

キュイ「なんて酷い事しやがるんだ・・・!」

フリーザ「部屋の中を調べますよ。ついてきなさい」

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:42:27 ID:kNFQtuUw0
フリーザの宇宙船内

フリーザ「えっと・・・まずセリフの練習しなくては・・・私の戦闘力は5ざん・・・」

フリーザ「また噛んでしまった・・・私としたことが・・・」

フリーザ「53万53万53万・・・よし言えたぞ!!」

フリーザ「私の戦闘力はごじぅざ・・・」

フリーザ「キエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!!!」

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:44:34 ID:TDzXc2ST0
フリーザ「殺風景な部屋ですね」

アプール「・・・あっ!!フリーザ様!!あれを!」

キュイ「! あの椅子の上に飾ってあるのは・・・!!」

フリーザ「ドラゴンボール・・・!遂に見つけましたよ、最後の一個を・・・!」

ピピ・・・
キュイ「ん?反応・・・


シュタッ
クリリン「」

アプール「!?」
フリーザ「お前は・・・

クリリン「太陽拳!!!」

ボッ

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:46:51 ID:kNFQtuUw0
フリーザ「ホッホッホ効きませんよ」

クリリン「何だって・・・!?」

フリーザ「あなた・・・サングラスというものはご存知ですか?」

クリリン「・・・!!!」

フリーザ「さあてジワジワとなぶり殺しにしてくれるわ!」

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:49:21 ID:TDzXc2ST0
――フリーザの側近(臨時)を勤めていたキュイはこの時の様子をこう語っている

「いやぁもう、一瞬の隙を突かれたというか・・・」


「人間がね、いきなり上から降りて来たんですよ。ええ、スカウターに反応はありませんでした」


「それでその人間が妙な事をしたんですよ。こう・・・おでこに指を二本ずつ当ててですね・・・」


「その瞬間でした。何が起こったかスグにわかりました」

「わたしら宇宙人が知るこの世でイチバン強烈な光ですから――」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:51:39 ID:TDzXc2ST0
「みなさんもよく知ってるあの事件――」

             
「バスジャックでも使われたあれですよ」


「包丁持ってようが拳銃持ってようが、あの光を浴びた人間が取る行動って一つしかないんですよ―――




フリーザ「ぐああああーーー!!目がーーー!!」

キュイ「うおがあああ!!」

アプール「うああーー!見えねええーーー!!」

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:54:47 ID:TDzXc2ST0
クリリン「ヤムチャさん!!!」

ヤムチャ「食らえ!操気円斬ーー!!!!」

ギャルルルルルルッ!!!

アプール「うぼあっ!」ザンッ

フリーザ「ぐっ!アプールっ!?」

ヤムチャ「次はフリーザ、お前だ!!!」クンッ

ギャルルルルルッ

フリーザ「(ぐっ・・・この音・・・正面からか!!)」
シャッ

ヤムチャ「なにっ!」

キュイ「目がみえ」ザンッ

クリリン「くそっ!避けられた!!」

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:57:12 ID:TDzXc2ST0
フリーザ「ぐううっ・・!」

天津飯「気功砲!!はあっ!!!!」フッ

フリーザ「ほっ!!!」ドゴオンッ

天津飯「はっ!!はっ!!!はっ!!!」ザンッザンッザンッ

フリーザ「ぐ・・・重力・・・!?」

天津飯「動きを止めた!!ヤムチャ!!殺れ!!!」

ヤムチャ「おう!!!今度こそ、食らえ!!!」

ギャルルルルルルッ

フリーザ「ぐっ・・・動け・・・!」

252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 00:59:37 ID:TDzXc2ST0
フリーザ「(この音・・・恐らくあのリクームをぶった切った技・・・!まともに食らえばこのフリーザといえど・・・!)」

ギュルルルルルルルルルッッ

フリーザ「(仕方あるまい・・・!私はここで終わるわけにはいかない!!)」

ズドオオオオウオッ!!!!

ヤムチャ「!?」

クリリン「な、なんだ!?」

天津飯「煙を巻き上げただけだ!ヤムチャ、決めろ!!」

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:02:00 ID:TDzXc2ST0
ガリガリガリガリガリッ

ヤムチャ「!?」

天津飯「この音は・・・!?」

フリーザ(最終)「はぁ・・・流石の僕も肝を冷やしたよ。一瞬だけどね」

クリリン「あ、あいつも気円斬を仕えるのか!?」

ヤムチャ「お、俺の操気円斬が削られていく・・・!!」

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:03:24 ID:TDzXc2ST0
ガリガリガリガ・・・・ギャリィンッ!!!

ヤムチャ「!」

ギャルルルルルルッ
天津飯「避けろヤムチャーーーー!!!」

ヤムチャ「は、速・・・!!!」ザンッ

餃子「!」

天津飯「!!」

フリーザ「にぃ・・・」

ヤムチャ「ブル・・・マ・・・」


クリリン「ヤムチャさああーーーーーーーん!!!!!!!」

258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:08:12 ID:TDzXc2ST0
フリーザ「僕のデスソーサーが君みたいなチンケな技と一緒にして貰っては困るね」

天津飯「ヤ、ヤムチャ・・・!」

クリリン「く・・くっそったれ・・・!!」

餃子「クリリン、落ち着け」

フリーザ「おっと、後ろから脳天を割ろうだなんて無駄な事はしない方がいいよ、ナメック星人」

ネイル「な・・・!」

フリーザ「君の事は最初から気づいていたよ」ピッ

ネイル「!」

ドゴオオンッ!!!

259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:10:31 ID:TDzXc2ST0
クリリン「ネイルーーッ!!」

天津飯「はあああーーーーっ!!」ブンッ

フリーザ「今度は君か・・・」シャシャシャ

天津飯「はぁ、はぁ」

フリーザ「動きが鈍いね。さっきの技を多用したからかな?」ピッ

ドゴオオンッ
天津飯「・・・・!!」ドサッ

クリリン「て、天津飯ーーーー!!!!」

260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:12:52 ID:TDzXc2ST0
フリーザ「さて、次は誰が相手・・・おや?」

クリリン「お前・・・よくも・・・!」

フリーザ「あの色が白いチビは何処に行ったのかな?」

クリリン「チャ、餃子・・・?」

スィー

ビタッ
フリーザ「! おっ」

餃子「捕まえた」

クリリン「餃子!!!」

フリーザ「何をする気かな?この体勢で?」

餃子「さよなら、クリリン・・・」キュイーーーー
フリーザ「はっ!!」


ドッゴオオオオオオオオオオオン!!!!

クリリン「ぎょ、餃子ーーーーーーーーーーーー!!!!」

264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:14:20 ID:GsAoSpvs0
名前間違えてやるなよwwwww

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:15:21 ID:TDzXc2ST0
パラパラ・・・

フリーザ「うぐっ・・・う!」

クリリン「そんな、まだ生きて・・・」

フリーザ「おのれ・・・!たかが地球人如きがこのフリーザの左腕を吹き飛ばすとは・・・!!!」

クリリン「太陽拳!!!」
カッ

フリーザ「このフリーザに同じ技が二度通用すると思うなーーー!!!」バギッ

クリリン「うわっ!!!」ドザッ

267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:17:57 ID:TDzXc2ST0
クリリン「うぐっ・・・げはっ!!」

フリーザ「ぐっ・・・!この怒り・・・貴様を粉みじんに消し飛ばしたとしても晴れるものではない!!」カッ

クリリン「!? うわわわっ・・・!」フワーッ


フリーザ「このフリーザに逆った罪!地獄で悔いるがいい!!」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:21:31 ID:TDzXc2ST0
クリリン「・・・へへへ」

フリーザ「・・・?なんだ?絶望で頭がおかしくなったか?」

クリリン「お前はさ・・・フリーザ。俺が太陽拳で目を潰して、その隙にお前をぶった切るのが俺達の作戦だと思ったろ?」

フリーザ「・・・?」

クリリン「違うんだぁ・・・フリーザ」

フリーザ「なんだ・・・なにを言っている?」

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:22:41 ID:TDzXc2ST0
クリリン「ここまでが作戦なんだよ」

フリーザ「!?」

ギュルルルルッ!!

フリーザ「はっ!?」

ザンッッ

フリーザ「な・・・そんな・・・?」

ヤムチャ「・・・へへ」

フリーザ「馬鹿な・・・奴は・・・確かに・・・・」

271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:23:19 ID:pLtRCHXq0
ヤwwwwwムwwwwwチャwwwwww

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 01:26:09 ID:TDzXc2ST0
ドサッ

フリーザ「げほっ・・・ごほっ!何故だ・・・お前は俺が・・・」

ヤムチャ「デンデ、助かったぞ」

デンデ「は、はい!」

クリリン「このデンデにはどんな傷も治す能力があるんだ。ヤムチャさんはワザと死に掛けたんだよ」

ヤムチャ「名演技だっただろう?」

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 07:53:34 ID:TDzXc2ST0
デンデ「大丈夫ですか?」

天津飯「う・・・作戦は上手く行ったようだな・・・」

フリーザ「・・・!」

ヤムチャ「フリーザ、これでお前もおしまいだ」

ネイル「地獄で悔いるのはお前の方だ。フリーザ」

フリーザ「げほっ!ごほっ・・・!た・・・助けてくれぇ・・・!」

クリリン「助けてだと?お前はそうやって命乞いをしてきた奴の命をどれだけ奪ってきたんだ!?」

天津飯「これで終わりだフリーザ・・・みんな、やるぞ!」

300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 07:57:05 ID:TDzXc2ST0
クリヤム天津飯「かめはめ波ーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

フリーザ「うわあああああああああああああーーー!!!!」


ドッゴーーーーーーーーーーン!!! パラパラ・・・


天津飯「・・・」

クリリン「これで・・・終わり、か」

ネイル「地球人達よ、感謝する。君達が来てくれなかったら、我々ナメック星人は絶滅していたかもしれない」

301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 07:59:45 ID:TDzXc2ST0
地獄


悟空「はぁ・・・はぁ・・・金色になっても駄目か・・・・・」


ラディッツ「で、ではあれが伝説のスーパーサイヤ人?」

ベジータ「親父が言ってた話ではな」

ナッパ「畜生、なんでラディッツの弟なんかがなれて俺達がなれなかったんだ・・・!」

ギニュー「まさか・・・伝説のスーパーサイヤ人が実在したとはな・・・」

ベジータ「ギニュー・・・!」

ナッパ「お前達も地獄に来たのかよ・・・!」

302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:03:55 ID:TDzXc2ST0
ギニュー「俺達だけではない。この方もご一緒だ」

ベジータ「なに・・・?」

フリーザ「・・・」

ナッパ「フ、フリーザ!・・・様」

ラディッツ「(バ、バカな・・・!フリーザ様まで死んだだと?)」

悟空「ん?なんだ?随分人が集まってんなぁ・・・」

ベジータ「な、何故フリーザ様が・・・?」

フリーザ「・・・見てわかるでしょう。殺されたんですよ!このフリーザが!!あの地球人如きに!!!」

303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:07:40 ID:TDzXc2ST0
悟空「地球人!?おめぇ、地球人って今言ったよな!?」

フリーザ「む・・・?」

ベジータ「こ、こらカカロット!なんて口の利き方しやがる!!」

ギニュー「貴様!この方をどなたと心得る!!」

悟空「おめぇを倒したのって、もしかして三つ目のハゲと普通のハゲと顔に傷がある奴か!?」

ギニュー「貴様・・・奴等の仲間か!」

フリーザ「・・・ええ、その通りですよ。あのような卑怯な手を使われて倒されるなど、一生の不覚・・・!」

悟空「へぇ・・・あいつら、びっくりする程強くなってんだなぁ・・・もう、オラの力は必要ねぇかもなぁ」

305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:11:39 ID:TDzXc2ST0
悟空「よし!おめぇら、オラと一緒に修行しようぜ!!」

ベジータ「・・・なに?」

フリーザ「?」

悟空「こうやって宇宙の強者が何人も集まってきてるんだしよ!一緒に修行して力つけようぜ!!」

ラディッツ「おまえ、何を・・・」

ベジータ「・・・ふ、カカロット。貴様もやはりサイヤ人だな」

ナッパ「これだけのメンツを見て血が騒がないってのも嘘だぜ。なぁ、ラディッツ?」

ラディッツ「え・・あ、ああ。もちろんだ」

ギニュー「貴様、フリーザ様に大して修行しようだと!?」

フリーザ「・・・いいでしょう。どうせここにいたってする事はないですし・・・運動がてら付き合ってあげますよ」

悟空「よーし決まりだ!んじゃはじめっぞー!」

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:13:53 ID:TDzXc2ST0
ブルマ「ヤムチャー!」

ヤムチャ「ブルマ!」

悟飯「みなさーん!」

クリリン「悟飯ー!やったぞ!俺達がフリーザを倒したんだ!!」

天津飯「これで、孫も地獄から戻れるわけだ。長かったな・・・」

餃子「天さん、早くドラゴンボールを使おう」

ネイル「よし、私はボールの準備をしてこよう」

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:16:53 ID:TDzXc2ST0
ヤムチャ「ブルマ、最長老様をカプセルから出してくれ」

ブルマ「うんっ」

ボンッ

最長老「・・・ん」

天津飯「最長老様、フリーザを打倒する事が出来ました。我々の勝利です」

最長老「おお・・・そうですか。あのフリーザを遂に・・・!」

クリリン「早速、ドラゴンボールで願いを叶えさせてください!」

最長老「勿論、約束ですからな・・・」

悟飯「お父さんに・・・やっと会えるんだ!」

308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:20:08 ID:TDzXc2ST0
最長老「タッカラプトポッポルンガなんたらこーたら

シュオオオオーーー


ポルンガ「DBを揃えし者よ・・・願いを言うがいい」

ヤムチャ「こ、これがナメック星の神龍・・・!」

クリリン「で、でっかい・・・!」

天津飯「まず、地獄に落ちた俺達の仲間、孫悟空をここに呼び寄せてくれ」

ポルンガ「了解した。やってみよう」

ポルンガ「・・・・・・・・・・・・・・・・駄目だ、拒否された」

悟飯「え?」

クリリン「きょ、拒否!?」

ポルンガ「孫悟空は地獄にいる強者達と修行をし、満足したら戻るようだ」

天津飯「・・・あいつ、地獄に行っても相変わらずなのか・・・」

314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:41:03 ID:TDzXc2ST0
悟飯「お父さん・・・」

クリリン「落ちこむな、悟飯!元気でやってるそうだから良かったじゃないか!」

ネイル「では、願いは取り止めるのか?」

天津飯「いや、願いはまだある。地球で死んだもう一人の仲間、ピッコロを生き返らせてくれ」

ヤムチャ「そうか、ピッコロもいたんだったな!」

ポルンガ「了解した」

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:43:32 ID:TDzXc2ST0
界王星

ピッコロ「ほ、北海道は・・・でっかいどう!」

界王「ん~ん、まだまだだなぁ」

ピッコロ「く、おのれ・・・」フッ

界王「おお!?お前、天使の輪が消えたぞ?」

ピッコロ「なに!?バカな・・・ドラゴンボールは無いは・・・
シュンッ

界王「あ・・・消えおった」

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:45:31 ID:TDzXc2ST0
シュンッ

ピッコロ「こ、ここは?」

悟飯「ピッコロさん!!」

ピッコロ「悟飯・・・?」

ポルンガ「3つ目の願いは叶えた。さらばだ」シュオオオー

ヤムチャ「ようピッコロ、久しぶりだな」

天津飯「元気そうでなによりだ」

ピッコロ「これはどういう事だ・・・?」

悟飯「僕が説明しますよ!」

318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:46:08 ID:hOGgl0R9O
ピッコロに拒否権はないのかwwwwwwww

321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 08:53:06 ID:TDzXc2ST0
ピッコロ「・・・そんな事があったのか」

悟飯「お父さんがいなくて不安でしたけど、皆さんのお陰で勝てたんですよ!!」

クリリン「厳しい戦いだったけどな」

ピッコロ「そうか・・・」

天津飯「だが、この勝利はピッコロ。お前のお陰でもある」

ピッコロ「なに・・・?」

ヤムチャ「お前が寿命が尽きるギリギリまで、俺達の修行に付き合ってくれたから、俺達はここまでやれたんだ」

餃子「ピッコロ、ありがとう」

ピッコロ「お前達・・・・フ、フン!人間に褒められた所で嬉しくもなんともない・・・!」

323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:02:07 ID:TDzXc2ST0
天津飯「さて、俺達のやる事は終わった。地球に帰るか・・・」

クリリン「そうだな、俺達の勇敢ぶりを老師様にた~っぷり聞かせてやろうぜ!!」

最長老「地球から来た方々・・・本当にありがとうございました。貴方方はまさに正義の使者です」

餃子「へへ、照れる」

ピッコロ「悟飯、地球に戻ったら修行の続きだ。今まで以上に厳しくなるぞ。覚悟しておけ」

悟飯「は、はい!!」

ブルマ「ねえヤムチャ、地球に戻ったら・・・ちゃんと聞かせてくれるんでしょうね?」

ヤムチャ「え・・・あ、ああ!・・・モチロンな」

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:04:21 ID:TDzXc2ST0
――こうして、ドラゴンボールかけたフリーザ一味とZ戦士達の激しい戦いは終わった・・・


しかし、彼等に前にはまだまだ沢山の脅威が立ちはだかるのだが、それはまた別のお話・・・

325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:06:13 ID:TDzXc2ST0
           ――次回  予告――

地球に戻り、平和な生活を取り戻したZ戦士達・・・

しかし、彼等の平和はそう長くは続かなかった!!



天津飯「・・・!?」

餃子「天さん、この気って・・・?」



コルド「・・・あれが地球・・・か」



フリーザの父、コルド大王襲来ッッッッ!!!!!

326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:08:03 ID:TDzXc2ST0
フリーザ以上の戦闘力を有する敵に戸惑うZ戦士達――


ヤムチャ「ハッキリ言ってやろうか?  これで地球は終わりだ」



その時、謎の少年がコルドの前に姿を現す


コルド「なんだ、小僧・・・?」

少年「お前を殺しに来た・・・」

328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:10:32 ID:TDzXc2ST0
クリリン「す・・・すげえ!あの少年が押してる!!」

ピッコロ「何者だ・・・?」


突然現れた少年の強さに驚きを隠せないZ戦士達ッッ!!



少年「皆さん、始めまして・・・皆さんに大事な事を伝えにきました」

悟飯「大事な話・・・?」


少年が語る大事な話とは?そしてこの少年の正体は一体!?

329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:13:51 ID:TDzXc2ST0
ピッコロ「話せ・・・それを知っているお前は何者だ?」

少年「・・・いいでしょう。貴方にだけは教えます・・・お父さん」

ピッコロ「!?」



――そして現れる新たな敵!


            人造人間  登場ッッ


ヤムチャ「み、みんな・・・!」

ドスッ

20号「・・・」

331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:16:45 ID:TDzXc2ST0
そして遂にあの男が帰ってきた!!!


悟空「よぉ、みんな!」

全員「悟空!!!」


地獄帰りのサイヤ人    孫悟空



天津飯「新しい技だと?」

ピッコロ「もったいぶらずに言え」

悟空「ああ、ボディチェンジって技だ!」



混乱の最中、Z戦士達の前に第三の敵が現れるッッ!!


天津飯「な、何者だ・・・」

セル「お前は俺の兄弟だ」

333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:19:59 ID:TDzXc2ST0
数々の強敵が一挙に現れ、再び混乱に陥る地球!!


Z戦士達は再び平和を取り戻す事が出来るのか!?



次回「ドラゴンボールZ ~激戦!地獄帰りのサイヤ人vs人造人間~」

2009年12月24日  放送決定!! 乞うご期待!!!!

334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:25:08 ID:pLtRCHXq0
お前wwwww
乙!

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 09:50:24 ID:sYAEs2gm0
乙wwwwwww
おもしろかったおwwww
次回も期待してるんだぜ

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 10:21:46 ID:Kc7BgBjd0
>>331
天津飯「新しい技だと?」

ピッコロ「もったいぶらずに言え」

悟空「ああ、ボディチェンジって技だ!」


技のチョイスがwww

368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/11 13:20:45 ID:CMoj0z1h0
どこで誰とチェンジするのか楽しみだな

元スレ:悟空「なんてこった!地獄に落ちちまったー!」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1255163989/l50