1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:19:16.55 
ID:I8eC7H4DO 


一方「…はァ?」 

美琴「同棲の意味がわからない。中2だし」 

一方「…誰と誰が同棲してンだよ?」 

美琴「アイツとしすたー」 

一方「誰だよ」 


2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:21:50.68 
ID:I8eC7H4DO


美琴「えとね」 

一方「いやアイツはわかる」 

美琴「アイツ」 

一方「アイツな」 

美琴「私、中2だけどアイツの彼女」 

一方「マジでか」 

美琴「うん」 


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:24:51.46 
ID:I8eC7H4DO


一方「じゃあ同棲相手ってお前じゃねェの?」 

美琴「だから同棲ってなに?」 

一方「ン~…なンだ…?恋人同士が1つ屋根の下で暮らすこと…か?」 

美琴「じゃあ私?」 

一方「じゃねェのか?」 

美琴「私は中1と同じ部屋なの」 

一方「誰だよ」 


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:28:33.29 
ID:I8eC7H4DO


美琴「この前アイツの部屋に遊びに行ったらしすたーがいたの」 

一方「友達じゃねェのか?」 

美琴「一緒に住んでるって言ってた」 

一方「…お前ホントにアイツの恋人なンか?」 

美琴「……」うるっ… 

一方「あァ!?ごめン!俺が悪かった!だから泣きそうになるンじゃねェ!」 

美琴「うん」ぐすっ… 


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:33:27.45 
ID:I8eC7H4DO


美琴「ねぇ」 

一方「なンだよ」 

美琴「同棲って恋人同士でするものなんでしょ?」 

一方「一般的にはそうじゃねェのか?」 

美琴「しすたーはアイツの恋人?」 

一方「だとしたらアイツ二股かけてンのか?」 

美琴「……」うるっ… 

一方「だからそンな顔すンなって!?」 

御坂妹「なにお姉様泣かせてんだよ?とミサカはry…」 

一方「ごめン…ってなンかおかしくねェ!?」 


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:38:21.05 
ID:I8eC7H4DO


美琴「…かなしい」ぐずっ… 

一方「あァもう!中2にもなってグズるなよ!ほらっ、ティッシュ!」スッ… 

美琴「ありがと」ちーん…! 

一方「…ところでお前、自分が何しに来たのかまさか忘れちまったわけじゃねェよなァ?」 

美琴「ティッシュありがと。暗くなったからかえる。バイバイ」 

一方「テメェのお姉様は一体どうなってンだ!?」 

御坂「もう実験とか別に良くね?とミサカはry」 

一方「毎日平和だなァ…」 


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:41:56.57 
ID:I8eC7H4DO


美琴「……」テクテク 

イン「あっ短髪なんだよ」 

美琴「…!しすたー…」 

イン「私の名前はインryなんだよ」 

美琴「私はみさかみこと」 

イン「みこと!」 

美琴「うん」 


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:44:21.18 
ID:I8eC7H4DO


美琴「ねぇ」 

イン「なぁに?」 

美琴「アイツと同棲してるの?」 

イン「とうま?一緒に住んでるんだよ!」 

美琴「私は中1と住んでるのに?」 

イン「だれ?」 


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:46:58.17 
ID:I8eC7H4DO


美琴「黒子は中1なの」 

イン「とうまは高1だよ!」 

美琴「でしょ?」 

イン「うん」 

美琴「かなしい」うるっ… 

イン「よくわかんないけど泣かないで」 


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:50:40.29 
ID:I8eC7H4DO


美琴「つまり」 

イン「うん」 

美琴「私はアイツの恋人なの」 

イン「中1なのに?」 

美琴「私は中2だもん」 

イン「中2なの?」 

美琴「うん」 

イン「じゃあセーフだね!」 

美琴「よかった」 


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:55:54.69 
ID:I8eC7H4DO


美琴「だからね」 

イン「うん」 

美琴「まだ中2だけどアイツと同棲したい」 

イン「……!」 

美琴「しすたーもアイツの恋人なの?」 

イン「私は…」 

美琴「私はアイツの恋人でありたい」 

美琴「まだ中2だけどアイツのこと大好きなの」 

美琴「でもしすたーがアイツの恋人なら…私は…」 

イン「……」 


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 22:59:07.72 
ID:I8eC7H4DO


イン「…私は」 

美琴「…うん」 

イン「…インryはとうまのことが大好きなんだよ」 

美琴「…じゃあ、やっぱり…」 

イン「それでねっ、とうまもこの前大好きな人がいるって言ってた!」 

美琴「えっ?」 


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:05:19.86 
ID:I8eC7H4DO


イン「それが短髪…みことのことなんだと思う」 

美琴「しすたーのことじゃなくて…?」 

イン「みことがとうまの恋人だって言ったじゃない」 

美琴「えっ?」 

イン「みことがそう言うならそうなんだよ」 

イン「みことの恋人はとうま。とうまの恋人はみことだよ」 

美琴「でも私は中2だしアイツはホントはしすたーの方が…」 

イン「それはないんだよ」 


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:11:33.48 
ID:I8eC7H4DO


美琴「どうして?」 

イン「とうまは誰かを本気で傷つけるようなことはしないの」 

美琴「…うん。中2でもわかる」 

イン「とうまの恋人がみことならとうまはみこと以外の女の子に浮気したりしない」 

美琴「私がアイツの恋人。って中2以下のウソをついてるかもしれないのに?」 

イン「ありえないんだよ」 

美琴「えっ?」 

イン「だってこの世界の人達は中2も含めてみんな純粋だから!」 

美琴「なるほど」 


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:16:46.04 
ID:I8eC7H4DO


美琴「でもしすたーはアイツと一緒に住んでる」 

イン「でも一緒に寝てないんだよ」 

美琴「えっ?」 

イン「同棲っていうのは同じ部屋に住んでて同じ布団で寝ることを言うんだよ!」 

美琴「そうなの?」 

イン「それにインryはとうまの恋人じゃないからそもそも同棲の条件が足りないんだよ!」 

美琴「私は?」 

イン「中2だけど条件満たしてる!」 

美琴「……」 

美琴「わぁい」 


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:21:17.31 
ID:I8eC7H4DO


美琴「あれ?」 

イン「どうしたの? 
」 

美琴「じゃあなんで一緒に住んでるの?」 

イン「お家がないんだよ」 

美琴「中1の黒子と同じ部屋で良ければ」 

イン「だからだれ?」 

美琴「美味しいご飯も食べられる」 

イン「もしもし、とうま?インryはお引っ越しするんだよ!」 


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:25:31.79 
ID:I8eC7H4DO


美琴「はい。地図書いた」 

イン「ありがとう!新しい我が家に帰るんだよ!」 

美琴「中1の黒子によろしくね。私も中2だしもうかえる。バイバイ」 

イン「バイバイ!」 

美琴「……」 

美琴「アイツの家に行こう」 


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:28:18.46 
ID:I8eC7H4DO


美琴「だいぶ暗くなっちゃった」スタスタ… 

美琴「あれ?」 

上条「…インryの奴、いきなり家出宣言しやがって一体どこに…」 

上条「…ってあれ?美琴?」 

美琴「みことって言わないで」 

上条「ええっ!?」 


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:32:12.61 
ID:I8eC7H4DO


上条「えっ、なんで?」 

美琴「恥ずかしい」 

上条「じゃあ御坂」 

美琴「やだ」 

上条「ビリビリ」 

美琴「中2だけどかなしい」 

上条「まいったな」 


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:38:15.88 
ID:I8eC7H4DO


上条「それよりこんな時間に一人でなにしてたんだ?」 

美琴「しすたーとお話してた」 

上条「しすたー…ってインryか?」 

美琴「新しい我が家に帰っていった」 

上条「どこ?」 

美琴「私と中1の部屋」 

上条「そっか。なら安心だな」 

美琴「うん」 


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:43:36.20 
ID:I8eC7H4DO


美琴「私も中2だから家出してきた」 

上条「反抗期か。中2だもんな」 

美琴「中2だけど今日からアンタと同棲したい」 

上条「えっマジで?」 

美琴「うんっ」 

上条「……」 

美琴「…だめ?」 

上条「おいで」 

美琴「わぁい」 


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:49:01.18 
ID:I8eC7H4DO


上条「もう中2だから多分大丈夫だろう」 

美琴「もう中2だし恋人だから問題ない」 

上条「そうだな」 

美琴「一緒に寝てくれる?」 

上条「一緒の布団で寝ようか?」 

美琴「ぎゅうってしてね」 

上条「はい」ぎゅう… 

美琴「わぁ、あったかい」 

上条「良かった」 


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:54:30.42 
ID:I8eC7H4DO


美琴「でも今じゃないの。寝る時にして」 

上条「じゃあ今はやめとく」ぱっ… 

美琴「離れちゃ、やっ」 

上条「ごめん」ぎゅう… 

美琴「…うんっ」 

上条「いつでもぎゅうってしてやるから」 

美琴「ありがと。大好き」 

上条「うん。俺も大好き」 

美琴「えへへ」 


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/20(水) 23:59:49.24 
ID:I8eC7H4DO


上条「じゃあ我が家に帰ろうか?」 

美琴「うんっ」 

上条「手は?」 

美琴「はいっ」きゅっ… 

上条「うん。じゃあ行こうか」 

美琴「ねぇ」 

上条「ん?」 

美琴「離さないでね?」 

上条「中3になっても中年になっても離さねぇよ」 

美琴「うれしいっ」 


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:02:38.41 
ID:idKfcNjPO


美琴「ついた」 

上条「ついたな」 

美琴「今日はバイバイじゃない」 

上条「今日から同棲するんだもんな」 

美琴「ただいま?」 

上条「そうだな。ただいま」 

美琴「ただいまっ」 

ぬこ「なー」 

美琴「にゃんこ」 

上条「あースフィンクス…どうすっかな…」 


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:05:29.07 
ID:idKfcNjPO


美琴「ペット?」 

上条「ペットなんだが元々インryが拾ってきた猫でな」 

ぬこ「なー」 

美琴「かわいい」 

上条「かわいいな」 

美琴「しすたーのとこに連れて行ってあげる?」 

上条「寮ってペット大丈夫なのか?」 

美琴「だめ」 

上条「じゃあ、いいか。それでいいかスフィンクス?」 

ぬこ「なー」 

美琴「かわいい」 

上条「かわいいな」 


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:08:52.30 
ID:idKfcNjPO


美琴「ねぇ」 

上条「ん?」 

美琴「まずなにをしたらいいの?私、中2だからわかんない」 

上条「あー…上条さんも高1だけどわかんないや…」 

美琴「おばかさん」 

上条「お前もな」ぺしっ 

美琴「あうっ」 


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:12:31.22 
ID:idKfcNjPO


美琴「これでもだいさんいなのに」 

上条「すごいな」 

美琴「でしょ?」 

上条「うん」 

美琴「でも中2なの」 

上条「そうだな」 

美琴「だから私のこと大事にしてね」 

上条「もちろん」 

美琴「ありがと…んっ」 

上条「ん?」 


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:15:26.76 
ID:idKfcNjPO


美琴「…ん~っ」 

上条「キス?」 

美琴「ちゅう」 

上条「だからお前はまだ中2だろ?」 

美琴「…!」 

美琴「…同棲してるのにっ」ぷくー 

上条「まぁ、そうなんだがやっぱりお口にするのは…」 

美琴「…ちゅう」 

上条「う~ん…」 


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:18:47.48 
ID:idKfcNjPO


上条「中3まで我慢出来ないか?」 

美琴「ちゅう?」 

上条「中3」 

美琴「中3ならちゅうしてくれる?」 

上条「そうだな…中3に進級したお祝いの時にキスしよう」 

美琴「ホント?」 

上条「ホント」 

美琴「わぁい」 


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:21:06.11 
ID:idKfcNjPO


上条「だから今日のところもこれで勘弁な」 

上条「んっ…」ちゅっ… 

美琴「わぁ、でこちゅー」 

美琴「私もする。かがんでっ」 

上条「はい」スッ… 

美琴「んっ」ちゅー 

上条「ん。サンキュ」 

美琴「えへへ」 


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:24:32.66 
ID:idKfcNjPO


美琴「ねぇ」 

上条「ん?どした?」 

美琴「ねむいの…」 

上条「あぁ、もう日付変わったのか。中2じゃもう眠いよな」 

美琴「中2だからねむい…」 

上条「じゃあそろそろ寝ようか。そのベッド使っていいから」 

美琴「一緒に寝てくれる?」 

上条「ぎゅうってしながら寝てやるぞ。約束したからな」 

美琴「わぁい。大好き」 


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:26:55.64 
ID:idKfcNjPO


上条「よいしょ…っと」ぎゅうっ… 

美琴「えへへ…あったかぁい」 

上条「苦しくないか?」 

美琴「うんっ」 

上条「そっか。なら…」 

上条「…って」 

美琴「…くぅ」 

上条「もう寝ちゃったのか」 

上条「……」ちゅっ… 

上条「おやすみ。美琴」 


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:31:32.69 
ID:idKfcNjPO


黒子「なんていうかお姉様の代わりになるには少々色気が足りませんわね…」 

イン「みくびらないでほしい!これでもかすかなふくらみはあるんだから!」 

黒子「なんて真っ直ぐで力強い言葉…お姉様と同じぐらい輝いていますわ…///」 

イン「親愛なるとうまへ。インryは中1に気に入ってもらえたんだよ」 

イン「あっ」 

イン「そういえばスフィンクス忘れてた」 

寮監「つーか、お前誰だよ」 


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:36:42.44 
ID:idKfcNjPO


打止「ミサカもあなたと恋人になって同棲したい!ってミサカはミサカはry」 

一方「…はァ?なに言ってンだ。この怪人マイハニー」 

御坂妹「あっジャッジメントの方ですか?はい、あの白いペドがそうです。とミサカはry」 

一方「いやお前はお前で何やってンだ!?…あっ違いますっ!俺は無罪ですゥ!!」 


美琴「中2だけど同棲をはじめました。学園都市は今日も平和です」 

上条「おわり?」 

美琴「おわり。バイバイ」 


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:38:56.41 
ID:idKfcNjPO


おわりです 
中2だからもう寝なきゃ 

はじめての人も2回目の人も3回目の人もみんなありがと 

3回目だけど中2だから多分このネタももうすぐ打ち止めかも 
バイバイ 


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:39:59.83
ID:zVlI4PyZ0


面白かった、中2だし 


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:50:09.14
ID:o/Cwor8rP


中二だしな 


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/21(木) 00:50:51.09
ID:lefsZl8N0


面白かったです 
おっさんだけど 


関連スレ:御坂美琴 中二シリーズ



元スレ:美琴「同棲ってなに?」

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1287580756/