1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 20:39:20 ID:S.8kMkr.
 
エレン「わ、わん...」プルプルシャガミ

ミカサ「いいこいいこ」ナデナデ

エレン「クッ...///」

ミカサ「次はお手」

エレン「わ...ん...」プルプルポスッ

ミカサ「エレン可愛い///」


アルミン「...何してるの?」

ミカサ「しつけ」

エレン「わん...」

エレンガツイニミカサノイヌニ?
デモナンカニアウナ...
チクショオオオオオオナンデオレジャネエンダ!!!

アルミン「食堂でやる事じゃないよね。どうしてそうなった」

ミカサ「あるゲームで勝った方の言う事をなんでも聞くという条件で勝ったので」

アニ「(あたしもやりたい...)」ソワソワ 



4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 20:56:18 ID:IRXhGNNU
 
アルミン「とにかく食堂ではやめてあげてよ。エレンが不憫過ぎる」

エレン「アルミミカサ「エレンは犬でしょ?」

エレン「わん...」

アニ「~~~ッ!!!」

ミーナ「ア、アニ?どうしたの?」

アニ「」バンッ

ビクッ

アニ「あたしにもそれやらせて!」バンバン

一同「」

エレン「」

ミカサ「それはダメ。今日エレンは私の犬。なんでも言う事を聞くのであなたには近寄らないように言ってある」

アニ「クッ...!」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/26(水) 21:01:06 ID:IRXhGNNU
ミカサ「もう行こうエレン。ご飯は食べ終わった」

エレン「わん」



ミカサ「ふふ...」ボソ

エレン「!?」

ミカサ「わかった?」

エレン「わん...」トコトコ



ミーナ「ミカサ最後に何か言ってたね」

アニ「...そうだね。多分ロクな事じゃないよ」

ミーナ「アニもあれやりたかったんだ?」ニヤニヤ

アニ「明日はやる。必ず」

ミーナ「」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 06:51:45 ID:ZlcNIKJg
 
待ってる 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:06:24 ID:8y2LIQ/w
 
数時間後


ショウトウスルヨー
オヤスミン
オヤスミン
ハイハイオヤスミン

........zzzz


アニ「(...ゲームに勝つって言ってもな...。エレンも警戒してそう簡単には乗って来ないだろう。どうしたものかな...ん?)」

ゴソゴソ

アニ「(まだ起きてる奴がいるのか)」

ミカサ「...」カサカサ

キィー パタン

アニ「(ミカサ?...怪しいなちょっと尾けてみるか)」コソコソ 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:07:55 ID:8y2LIQ/w
アニ「(見失った...どこに行ったんだ?)」

タッタッタッタッ

アニ「!?(マズイ!とっくに消灯なのに見付かったら...!とにかく隠れないと...)」サッ

アニ「(あれは...)」

エレン「...」タッタッタッタッ

アニ「(エレン?こんな時間に何して...。もしかしてミカサか!?クソ、とにかくつけてみるか)」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:08:38 ID:8y2LIQ/w
エレン「」キョロキョロ

エレン「...」トントトトン

キィー

ミカサ「...」ボソボソ

アニ「(!やっぱりミカサか...)」

エレン「...」コクン トコトコ

パタン ガチャ

アニ「(中に入った...鍵まで閉めて何をするつもりだ?そう言えばあっちに覗けるくらいの穴があったはず...)」コソコソ 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:09:15 ID:8y2LIQ/w
アニ「(一体何を...)」ノゾキ

アッアッウッアァ!
ペロクチュペロペロ
ソ、ソウエレンジョウズ!
ワン...

アニ「(こ、これは...あいつこんな事までさせてるのか...!これは所謂バター犬ってやつだよな。ここまで言う事を聞いてくれるのか...)」ドキドキ

アゥッ!エレンモウイキソウ!ツヨクスッテ!
ペロヂュルルル
アンッアァァァァァ
ハァハァ

アニ「(うわ、イッた...!)」ドキドキ

アリガトウトテモヨカッタ
ワン
フフ,モウイヌジャナクテダイジョウブ
アァアリガトヨ.モウイイカ?ネムイ...
エエ,ソレジャオヤスミナサイ

アニ「(マズイ!ミカサより先に戻らないと...)」コソコソコソコソ 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:09:50 ID:8y2LIQ/w
アニ「ふぅ...」パタッ ゴソゴソ

アニ「(すごいもん見たな... 。で、でもあたしもエレンを犬に出来ればしてもらえるのか...?)」ドキドキ

キィー パタン

アニ「!(ミ、ミカサ...。思い出しちゃうじゃないか...!)」ドキドキ

ゴソゴソ...zzz

アニ「(寝たか...とにかく明日も訓練だ。私も寝よう。)」

アニ「...zzzz」クゥ 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:10:30 ID:8y2LIQ/w
エレン『アニ気持ちいいか?』ペロペロ

アニ『あっ...気持ちいいよエレン』

エレン『そうか。じゃあもっと強く行くぞ』クチュッジュル

アニ『アァ!エレン激しい...!』ビクッ

エレン『もうイッていいんだぞ...』ジュルジュルルルル

アニ『イ、イク...!~~~~ッ』ビクビクッ

アニ『ハァハァ』グッタリ 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:11:09 ID:8y2LIQ/w
アニ「」ムク

アニ「(夢か...。昨日あんなとこ見たせいで...)」

アニ「(...ご飯食べに行くか...)」トコトコ



アニ「」モグモグ

ミーナ「おはようアニ!待っててくれてもよかったのに!」

アニ「あぁ悪かったね」フゥ

ミーナ「あれ?元気ないね?」 

アニ「いやちょっと寝不足なだけさ。もう食べたし着替えてくるよ。」ガタ

ミーナ「あ~!待ってよお話しようよ!」 

アニ「悪いね...」スタスタ 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:12:46 ID:8y2LIQ/w
アニ「(朝っぱらから格闘訓練とはツイてる...。サボるか)」


エレン「おーいアニ!」

アニ「!」

エレン「ペア組まないか?」

アニ「べ、別に構わないよ」フイッ

エレン「?なんだ目逸らすなよ。早くやろうぜ」

アニ「あ、ああいいよ。かかってきな 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:13:18 ID:8y2LIQ/w
エレン「よし行くぞ!」ダッ

エレン「フッ!」ビシュ

アニ「!」サッ

エレン「オラッ!」ブン

アニ「焦り過ぎ」ガシッ ブン!

ドシャ!

エレン「いててて...あーまだ全然敵わねえな」

アニ「急ぎすぎなんだよ。もっと相手の動きをよくみて動きな。ほら」スッ

エレン「おおありがとな」ガシッ

アニ「!(そうだ組手で買ったら私にも犬になってくれるのか...?)」ドキドキ

アニ「(言うだけタダか...。よし)」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:15:26 ID:8y2LIQ/w
アニ「な、なあエヘン」

エレン「なんだ?」

アニ「あんた昨日ミカサの犬になってたろ?」

エレン「うっ...思い出させんなよ結構恥ずかしかったんだぞ...」

アニ「それでさ。組手で私が勝ったら...わ、私の犬にならないか?」

エレン「はあ!?何言ってんだ冗談じゃねえよ」

アニ「どうしても嫌かい?」

エレン「当たり前だろもうあんなのは...」

アニ「昨晩の倉庫での行為を見てたって言ってもかい?」ボソ

エレン「!!!み、見てたのか?」

アニ「あぁ、ミカサの様子がおかしくてね。つけてみたらあんな事してるもんで驚いたよ」

エレン「だ、誰にも言うなよ?」 

アニ「さあね、それはあんたの返事次第なんじゃないの?」

エレン「ぐ...分かった勝負を受けるよ...」

アニ「ふふ、それでいいんだよ」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:18:01 ID:8y2LIQ/w
ドシャ!

エレン「グァッ!」

アニ「ふふ、私の勝ちだね」

エレン「ああ...」

アニ「それじゃ早速と言いたいところだけど昼間は勘弁してやるよ」

エレン「ほ、ほんとか!?」

アニ「ああ、その代わり」スッ

エレン「?」

アニ「昨日と同じ時間に昨日と同じ倉庫に来な」ボソ

エレン「!?お、おいアニ!?」

アニ「声がでかいよ。そういう事だ分かるだろ?」 

エレン「分かるけどさ...」

アニ「なんなら...あんたにもしてやってもいいんだぞ...?」ボソ

エレン「っ!」
エレン「わ、わかった...行く...」ドキドキ

アニ「あぁそれでいいんだよ」ニヤ 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:25:50 ID:8y2LIQ/w
もう書けません

次の方どうぞ 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 10:29:02 ID:wBaOyIp.
 
>>18
夜からでも明日からでも、しっかり書いて完結させて下さい 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 12:15:46 ID:TigmgA.U
 
また中途半端か 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 12:55:15 ID:VOU1VFHo
>>18

書けないなら最初から書かない方がいい。批判されても仕方ない 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/27(木) 12:58:10 ID:fql6Ca6E
 
進撃スレ途中で投げる奴多すぎ 



25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/29(土) 23:10:00 ID:/FC63V7E
 
はよはよ 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:03:00 ID:jAABcPUw

....zzzzz


アニ「(皆寝たようだね。待たせるのも悪いしそろそろ行くとするか)」ムク

アニ「(...静かに行かないとね...)」ソロソロ


キィー パタン 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:04:06 ID:jAABcPUw
キィー パタン

アニ「さて後は待つだけだね。...というかなんでベッドなんかあるんだ...。そういう部屋なのか?」 ポスッ

アニ「...それにしても...(緊張する...昨日のミカサと同じ事される...いやさせるのか...。しかもあんたにもやってやるなんて言っちゃったんだよな..)」

アニ「(......調子に乗り過ぎた...)」


トントトトン


アニ「!」ビクッ

アニ「(昨日と同じノック!き、来た!)」

アニ「あ、開いてるよ。さっさと入ってきな」


カチャ キィー.....

ーーーーーー
ーーーーー
ーーー 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:05:55 ID:jAABcPUw
エレン「(...どうしてこうなった)」

エレン「(ミカサに舐めろって言われた時も驚いたが...)」

エレン「(まさかアニまで...)」

エレン「(あの倉庫に来いって事はアニも...な、舐めてくれって事なんだよな...)」

エレン「(!クソ...勃つなよ浅ましい...)」ビキビキ


...zzzz


エレン「...皆寝たみたいだな」ボソ

エレン「(そろそろ行くか)」ムク


キィー パタン


ーーー
ーーーーー
ーーーーーーー 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:09:35 ID:jAABcPUw

パタン


エレン「アニ...」

アニ「き、来たね...。何をするのかは分かってるんだろ?」

エレン「あ、ああ。その...ほんとにするのか?」

アニ「...当たり前だ!」ガッ グイッ

エレン「うわっ!」バタッ 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:11:42 ID:jAABcPUw
エレン「(あ、アニが馬乗りに...!?)」

アニ「...あ、あんたミカサには何もしてもらってないんだろ?...」

エレン「あ、ああそうだな」

アニ「それじゃ...今日は私がしてやる...」カァ

エレン「ッ!いいのか...」

アニ「してやるって言ってるだろ。ほら脱ぎなよ」

エレン「わかった...」


スルッ


アニ「ッ!」

エレン「あんまりまじまじと見るなよ...」ビキビキ 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:12:56 ID:jAABcPUw
アニ「じゃあまずは手ですればいいんだよな?」ギュッ

エレン「ッ!」ビクッ

アニ「」シコシコ

エレン「ぁっ...ふぁッ...」

アニ「...気持ちいいかい?」シコシコ

エレン「あぁ、すげえよ...」

アニ「そりゃよかった。色々試したいからさ、気持ちよかったら言ってよ」スリスリ

エレン「ぁっ...わかった」

アニ「じゃあまず鬼頭だっけ?ここはいいんだろ?」コネコネ

エレン「ッ!...それやばい...ッ」ビクッ 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:16:42 ID:jAABcPUw
アニ「ぬるぬるしてきたね...。さきっぽは?」ニュル

エレン「ッ...ちょっと痛いくらいだ...」

アニ「ふーん...」ペロ

エレン「あぁッ...」ビクン

アニ「ふぉれは?」ペロペロ

エレン「柔らかくて...ッ。気持ちいい...」

アニ「ふぉっか」

アニ「じゃあ次はここだ!」サワワ!

エレン「あ、ちょっと左です」

アニ「あ、はい」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:22:26 ID:jAABcPUw
アニ「」カプッ

エレン「ッ!お、い...!流石にきたね...ッ!」

アニ「ぷはっ...汚いなんて思わないさ。...他でもないあんたのだ」

エレン「は?お前何言って...」

アニ「」カプッ

エレン「くぅ...ッ!」

アニ「」ジュプッジュプッ

エレン「あぁっ!やばいアニ...ッ!そろそろ...!」ビクン

アニ「」ジュプッジュプッジュプッ

エレン「出るっ!もう出すぞアニッ!」 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:27:58 ID:jAABcPUw
アニ「」スッ

エレン「...え?」ハァハァ

エレン「なんで...」

アニ「」スルスル

エレン「お、おい!何脱いでんだ!」ハァハァ

アニ「...いいから見なよ」クパァ

エレン「ッ!(すげえ濡れてる...)」

アニ「もう、ビショビショだろ?...... あんたのそれを挿れる準備が出来てんのさ」クチュ

エレン「!挿れても...いいのか?」

アニ「むしろ挿れて欲しいとすら思ってるよ」

エレン「アニッ!」

「但し!」

エレン「!?」

アニ「今日はお預けだ」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:31:46 ID:jAABcPUw
エレン「な、なんでだよ!?」

アニ「だって今あんたは私の犬だろ?」

エレン「ぁっ...」

アニ「約束だもんな?だから今日はお預けだ」

エレン「グッ...わかった...」

アニ「でもまあ...次の機会にはやらせてやるよ」

エレン「ほ、ほんとか!?」

アニ「あんまり必死になるんじゃないよ」

アニ「まああんたとしたいのは私も同じだ。...でも1つだけ約束して欲しい」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:39:08 ID:jAABcPUw
エレン「なんだ?」

アニ「その...こういう事を私以外の女としないって約束してくれ」

エレン「あ、あぁ。まあそうなりそうな奴もミカサくらいなもんだ。それくらいならなんとでもなる」

アニ「...随分あっさり言うけどさ。あんた私が言ってる事の意味分かってる?」

エレン「?意味も何も言葉の通りだろ?」

アニ「やっぱりわかってないじゃないか...。私はなエレン...あんたが欲しいって言ってるんだよ」

エレン「っ!」

アニ「分かったかい?私はあんたの事が好きなんだ」

エレン「あっ...そうか...うん」

アニ「なんだいそれ」クス

エレン「い、いやそのな。俺もアニの事が好きだ」

アニ「!ほんとかい?」

エレン「ああ本当だ」

アニ「ミカサより?」

エレン「ああ」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:44:32 ID:jAABcPUw
アニ「なんだいそれ。こんな事までして変に遠回りしちゃったじゃないか」クスクス

エレン「はは、そうだな」

アニの「私はあんたを手放す気はないからね。引き続きあんたは私の犬だ」

エレン「犬とはひでえ。だったらアニも一生俺の犬だぞ」

アニ「ふふ。それも悪くないね」

エレン「どっちも犬じゃ締りがねえな」

アニ「いいんじゃないか別にさ」

エレン「そうだな」



アニ「それじゃまあ.....これからもよろしく頼むよご主人様」ニコッ




完 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:47:29 ID:jAABcPUw
>>18です

見てる人もいないだろうけど拙いながら何とか終わらせました

途中で投げてごめんね 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 00:59:50 ID:5gqQhoVA
 
俺は見ているんだよな 


41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 01:04:57 ID:/eCw1E6U
 
>>38 良く頑張った
褒めて遣わす 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 01:08:30 ID:5gqQhoVA
 
この続きは書くべきだ。 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 01:12:03 ID:.EokAC8Q
 
乙!! 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/30(日) 01:22:16 ID:v305e5OM
 
>>42
見ててくれたし書きたいのは山々だかエロシーンくらいしか書く事が無い

そして俺にはエロシーンが書けない
ので終了でございます 

 元スレ : ミカサ「おすわり」
 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1372246760/