1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 18:09:33 ID:dZjbbi8A
 
エレン「……」ボー

アルミン「大丈夫?エレン」

エレン「……なぁアルミンお前は俺の事好きか?」

アルミン「えっ?もちろん好きだけど(友情的に)」

エレン「本当か!?」

アルミン「あ、うん」

エレン「よっしゃあ!」スタタタ


アルミン「あっ、待ってよエレン!君は性的な意味で言ってるのかい!?」

アルミン「……いっちゃった」 




2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 18:26:26 ID:dZjbbi8A
 
~食事時~

クリスタ「それでねそれでね!」

アルミン「(今日もクリスタ可愛いな……)」ボー

エレン「……ッ」

アルミン「(ユミルさえいなければなあ……)」ボー

エレン「…なあアルミンあとで俺と倉庫の見回りに行こうぜ」

アルミン「あ、珍しいねエレンが見回りに行くなんて」

エレン「お、おう……」 



 4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 18:29:23 ID:ylA7ACQk

>性的な意味で
アルミンもおかしいだろwwww 



5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 18:32:38 ID:dZjbbi8A
 
~倉庫~

アルミン「……(もうちょっとだけクリスタ見たかったなあ)」

エレン「あのなアルミン……」

アルミン「ん?」

エレン「お前は本当に俺の事好きなのか?」

アルミン「あはは、あれは友情的な意味で言ったんだ」

エレン「……」

アルミン「……もしかして僕の事好きなの?」

エレン「いや……そんな意味で好きじゃないんだ!あの時は友情的な意味で言ったんだぜ!」

アルミン「そう、ならいいや」

エレン「……」 



6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 18:40:17 ID:dZjbbi8A
 
~男子寮~
アルミン「(僕なんかエレンに悪い事言ったのかな……)」モゾモゾ

アルミン「……(もういいや寝よう)」スースー

ガサガサ ゴソゴソ

アルミン「(なんだろこの物音)」チラッ

エレン「……」カチャカチャ

アルミン「(エレン……何してるんだろ)」

エレン「アルミン今日お前を俺の物にするんだ……」

アルミン「」 



7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 18:43:04 ID:dZjbbi8A
 
アルミン「(とりあえず落ち着いてエレンが持っている物を見よう)」

エレン「……」カチャカチャ

アルミン「(立体起動のワイヤー!?)」

エレン「立体起動のワイヤーでアルミンを椅子に結び付けて無茶苦茶にしてやるんだ」ハァハァ

アルミン「(ヒイッ……)」ガタガタ 



8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 18:50:04 ID:dZjbbi8A
 
エレン「よしまずは捕まえるか……」

アルミン「……(に逃げなきゃ……)」モゾモゾ

エレン「……」ズイイイッ

アルミン「ひ……いやあ……」ガタガタブルブル

エレン「叫ぶなよ……叫んだらこのナイフがお前の首を切るからな」チャキン

アルミン「エレン……どうしてこんな事をするんだ……」

エレン「アルミンがずっと好きだったからだよ」

アルミン「……」

エレン「だってよお前の事見ているだけで俺のイェーガーは巨人だったんだぜ……」 



16 : ◆skmS96jLw.:2013/06/17(月) 05:00:02 ID:86TZBXh.
 
アルミン「だからって酷いよエレン……」

エレン「うるせぇな黙ってついてこい」ガシッ

イヤァアアアア

ベルトルト「……」チラッ

ベルトルト「可哀相に……」

ベルトルト「まぁ仕方ないよね」

ベルトルト「実際アルミンって可愛いし」 



17 : ◆skmS96jLw.:2013/06/17(月) 05:06:09 ID:86TZBXh.
 
~倉庫中~

エレン「都合良く鍵が手に入ったからな……」ガチャッ

アルミン「いやぁ…誰か助けてよ……」

エレン「よしアルミン尻を出せ」

アルミン「ううっ……」ヌギヌギ

エレン「愚痴を言いながらワイヤーで叩くとするか」

アルミン「やめて叩くのはやめて死んじゃうから!」 



18 : ◆skmS96jLw.:2013/06/17(月) 05:18:09 ID:86TZBXh.
 
エレン「なんでミカサ助けちまったんだろうな」バチィイイン

アルミン「ひぎぃい!」

エレン「助けた時は可愛かったのによなんでいきなり過保護になるんだよ」ベチンベチン

アルミン「あぐっ!ひぎっ!(あれ……僕の剣が立ってる)」ピクッ

エレン「いくら恩人でも今でも過保護とかウザいぜ本当によ」バチンバチン!

アルミン「もうやあっ…はな…して」

エレン「いや今までのストレス解消するまで無理だから」 



22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 09:14:19 ID:TtljvDNU
 
続かないならこの続きはいただくぞ

エレン「だいたい、訓練所にまで追い掛けてきやがってよぉ……」ビシッ

アルミン「ぐっ……っ!」

エレン「少なくとも解散まで一緒とか……ふざけんなよっ!」バシイッ

アルミン「うあぁぁっっ!」

エレン「……チッ、強くやりすぎたか。血が出ちまった」ペロ

アルミン「エ、エレン!?ひぁっ……お尻なんて舐めないでよぉ……っ!」ピクッ 



23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 09:20:39 ID:TtljvDNU
 
エレン「尻丸出しの情けない格好でも……まだ俺に口ごたえする気か?」イラッ

アルミン「あ、……違うんだ、ごめん……っ!」ビクビク

エレン「クソッ……でもこれ以上傷は増やしたくねぇな……アンカーはやめて手にしてやる」バシッ

アルミン「あぅっ!」

エレン「どいつもこいつも俺をイラつかせやがって……」ビシッ

アルミン「うあっ……」 



24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 09:27:05 ID:TtljvDNU
 
アルミン(痛い……でもアンカーよりは手の方がマシだ)

アルミン(それに……エレン、傷を叩かないように避けてくれてる……?)

──ピクンッ

アルミン(!……またちょっと反応しちゃった……気づかれたらマズい!)

エレン「あいつの完璧さってもうバケモン級だろ。アルミンもアルミンで座学トップだし……俺は何なんだよ。いつも上を見ればお前らがいて……所詮威勢だけなんだって陰口叩かれて……」ブツブツ



25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 09:33:57 ID:TtljvDNU
 
アルミン「え、エレン?」オドオド

エレン「!……興醒めだ。もう終わりにしてやるよ」スルッ

アルミン「あ……ありが……」

バタンッ スタスタ…

アルミン「行っちゃった……エレン、君があんな風に悩んでいたなんて……」

アルミン「!僕はバカか!?ついさっきまで痛めつけられてたのに同情なんて!……しばらくはエレンを警戒しないとダメだな」 



26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 09:38:15 ID:TtljvDNU
 
~翌日~

アルミン(エレンはもう朝食に行ったんだ……でもどうしよう、気まずいなぁ……)

ベルトルト「アルミン」

アルミン「あぁ、おはようベルトルト。一人?珍しいね」

ベルトルト「おはよう。うん、ちょっと……昨夜は大丈夫だった?」

アルミン「!……見てたの?」

ベルトルト「連れて行かれるところだけね。エレンが冷静じゃなかったから……」 



27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 09:41:11 ID:TtljvDNU
 
アルミン「……誰にも言わないで欲しい」

ベルトルト「言わないよ。僕に出来る事はある?」

アルミン「そ、それなら……良かったらしばらく一緒に行動してくれないかな?一人でいたらまた連れて行かれそうで怖くって……」

ベルトルト「構わないよ。じゃあさっそく朝食に行こうか」

アルミン「うん、ありがとう!」

アルミン(ベルトルトやライナーが一緒なら……エレンも手を出しては来ないよね?) 



28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 09:55:40 ID:TtljvDNU
 
~数日後~

エレン「うるせえなぁ……」

ジャン「なんだてめぇ!今日という今日は──」

ギャーギャー…

ライナー「毎日毎日……よく飽きんなあいつらは」ハァ…

アルミン「そうだね、二人は衝突してでも絶対に無視だけはしないからね」

ライナー「それはそうと……まだエレンとは仲直りできないのか?あいつはいつも通りに見えるんだが……」

アルミン「う、うん。まだなんだ……邪魔をしちゃってごめんね」

ライナー「俺は気にならんがな。まぁ仲直りは早いに越したことはないぞ」 



29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:03:49 ID:TtljvDNU
 
アルミン(うーん……僕から見てもエレンは自然というか……)

アルミン(何事もなかったかのように見えるんだよね)

アルミン(……ただ僕の事を徹底的に避けているだけで)ハァ…

アルミン(!……違う違う!避けてるのは僕の方だろ!?なるべくエレンに会わないように、二人きりにならないように自衛しているんだ、うん)

コニー「──でな、エレンはどう思う?やっぱり俺がバカなのか?」

エレン「そこはサシャに押し切られるのがおかしいだろ」ハハハ 



30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:09:12 ID:TtljvDNU
 
アルミン(マズい!コニーとエレンがこっちに来る……隠れなきゃっ!)コソコソ

コニー「でな?エレン。お前とジャンが毎日ケンカするのは実は仲が良いからじゃねえかって言ったらよ、あいつら可哀想なものを見る目で俺を見やがってさぁ」

エレン「確かに仲良くはねぇよ」

コニー「だって毎日だぞ?毎日。嫌いなら普通は毎日話したくなんてないだろ?」

エレン「……ああ、嫌いではないな。いま俺を真っ正面から見てくれる奴なんてジャンくらいなもんだし」 



31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:14:50 ID:TtljvDNU
 
アルミン(……)ドキッ

エレン「不満をぶつけて、ぶつけられて。殴って殴られながらお互いにストレス解消してるんだろうな俺たち。本当、相性最悪だぜ」ハハハ

コニー「???それは相性良さそうに聞こえるが……」

──…

~倉庫内~

エレン「いるのか?……アルミン?」

アルミン「エレン……」 




33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:21:40 ID:TtljvDNU
 
エレン「自分からここに呼び出すって事は……また叩かれたくなったのか?」

アルミン「!ち、違うよ!僕はただジャンの事を……」ボソッ

エレン「ジャン?あいつがどうかしたか?」

アルミン「エレンが……ジャンにまであんな……縛ったり叩いたりするんじゃないかと思って……その……」オドオド

エレン「はぁ?なんで俺が。……まぁなんでもいいけどよ、俺がジャンを縛って叩いて犯そうがアルミンには関係ないだろ?……あいつを犯すのは文字通り骨が折れそうだけど」クックック 



34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:29:19 ID:TtljvDNU
 
アルミン「関係なくなんてないよ!この前はその……相手が僕だったから問題にならなかったんだよ?でもジャンが訴えたら君は独房どころか懲罰房行きだ!友達をそんなところへは……っ!」

エレン「!……驚いたな。まだ俺を友達だと……思っていてくれたのか?」

アルミン「!あ、それは……僕……」

アルミン(友達?そうだ、僕はエレンの友達だったけど……エレンに告白されて、縛られたり叩かれたり……あれ?)

エレン「お優しいな、アルミンは。それで、今度は特に親しくもないジャンの心配までするのか?……それともお前、あいつに気があるとか……?」 



35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:35:28 ID:TtljvDNU
 
アルミン「……っ!」カッ

アルミン「エレンがいけないんだろ!?僕の事を好きだって言っておいて!」

エレン「……あ?」

アルミン「あんな……恥ずかしい事までしておいて……っ!なんでジャンなんだよ!?ずっと隣にいたのは僕だろ!?」

アルミン「ミカサが世話焼いてくる事だって鬱陶しいって言ってたじゃないか!毎日ケンカするような相手だって鬱陶しいはずだろ!?なのになんで……っ!」

アルミン「なんで君は僕を追ってこないんだよぉ……」 



36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:41:02 ID:TtljvDNU
 
エレン「アルミン……?お前自分で何言ってるかわかってるか?それじゃまるで……嫉妬してるみたいだぞ?」

アルミン「嫉妬してるんだよ!エレンもエレンだよ!嫌がる僕にあんな事したくせに……なんで僕を避けるんだ!?普通避けるのは僕の方だろ!?」

アルミン「なんで僕が……エレンの隣に居られなくて寂しい思いをしなきゃいけないんだ……」ウルウル

エレン「ちょっと落ち着け、アルミン。だってお前嫌がっただろ?だから俺も反省してあの一回で……」

 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:45:00 ID:eU41Pn8s
 
あ^~いいですねえ 



38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:47:14 ID:TtljvDNU
 
アルミン「バカなの!?痛いのなんて怖いし嫌に決まってるだろ!?……でもエレンがジャンなんかと仲良くするのを見るなら……痛い方がマシだよ!」

エレン「だからジャンは関係ないって。……でもそうだよな。痛いのは……嫌だよな」

エレン「ごめん、俺、アルミンには力でしか勝てないから……いつの間にか痛めつけて従わせないとって思い込んでたみたいだ……」

アルミン「……優しくしてよ」グスッ 



39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 10:54:15 ID:TtljvDNU
 
エレン「優しい俺なら……アルミンはそばにいてくれるか?もしここで頷くなら……俺は一生逃がす気はないぞ?」

アルミン「そばにいる……逃げないよ、一生。あの夜の君は確かに怖かったけど……」

アルミン「今は君の目に僕が映らないことが……一番怖い」

ギュッ

エレン「今までごめんな、アルミン」

アルミン「……うん」

エレン「……傷が治ったらちょっとだけ叩いてもいいか?」

アルミン「……うん?」

エレン「……ちょっとだけ」チラッ

アルミン「ちょっとそれは!……ちょっとぉ……」ムムム

アルミン「……ちょっとだけ、ね」


完 



41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/17(月) 11:13:36 ID:YN94Gfao
 
最近ゲスミンが増加してたから癒された

乙 




お勧めSS:

キッツ「し、指令、人がきますよ//」【ホモ注意】

エレン「百合豚?腐女子?なにそれ」

 

元スレ: アルミン「エレンが怖いんだ」
http://jbbs.livedoor.jp/internet/14562/storage/1371373773.html